トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類


E・S・ガードナー
作家番号: G010 E・S・ガードナー Gardner, Erle Stanley
国籍:アメリカ合衆国 生没年:1889/7/17〜1970/3/11
ペリイ・メイスン以外のシリーズもの

  検事ダグラス・セルビイ とか
E・S・ガードナー
管理番号 書  名 翻訳者 メ  モ
G010-015 1 検事他殺を主張する 平出 禾 地方検事 ダグラス・セルビイ
G010-021 3 検事出廷す 平出 禾 地方検事 ダグラス・セルビイ
ページのトップへ   Ver. 3.05 
管理番号:G010-015 47 法廷・警察小説 出版社:早川書房
書名:検事他殺を主張する ダグラス・セルビイ 1 ISBNなし C0197
原題:The D.A. Calls It Murder(1937) 翻訳者:平出 禾
ハヤカワ・ミステリ文庫 3-15 855 価格:340Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:1978/10/31 購入:1981/3/3 カバー:深井 国
「検事他殺を主張する」 E・S・ガードナー 新たに地方検事に選出されたダグラス・セルビイの横顔から始まります。
 共に選挙戦を戦って保安官の地位についた、25歳も年上のレックス・ブランドンは、馬と馬車の時代からこの街に住んでいる、街のことならなんでも知っている男。
 地方検事や保安官が選挙で選出されるというのは、制度として分かりにくいところはあります。民主主義政体として良いのか悪いのか、なんとも言えない。少なくとも日本では、司法に関わる高官を選挙で選ぶことはありえないので、よその国の変わった制度として受け入れるしかない。

 セルビイが地方検事として立候補した理由は徐々に語られますが、少なくとも前の検事が汚職まみれだったのではなさそうです。ただ、自分だったらもっとしっかりこの街を正せると思う正義感によるものらしい。そこが、既得権を持つ町の大物を敵に回すことにもなっているようですが、セルビイとしては正義のためにそれと戦うことにためらいはない。
 まぁ、そんな人物です。ダグラス・セルビイとは。

 牧師がホテルで死んでいる、という連絡が入ります。新任の地方検事の初仕事。ネバダ州のミルバンクから来て、滞在していたのですが、タイプで妻あての手紙を書いた後で睡眠薬の飲み過ぎで死んだらしい。
 手紙の最後に、睡眠薬をいつもより多く飲んだので眠い、と書かれていたため、警察署長も検死官も、これは事故死だろうと言います。そのようにしか見えない。
 しかしセルビイはいくつかの点で、これは事故ではないと考えます。殺人ではないか。

 これに噛み付いたのが、選挙でもセルビイに敵対していたブレード新聞。こんな馬鹿なことを言い出す検事は即刻辞職させろ、と新聞紙上で連日報道します。
 これに対し、売上げを争っているもう一つの新聞社であるクラリオン新聞の新聞記者、シルヴィア・マーティンがセルビイに接触してきます。情報があるという。その意図を疑っていたセルビイですが、やがていい相棒になることに。

 ペリイ・メイスンものと異なり、セルビイはまず自分の身のまわりを固めるところから始まります。それに、謎やトリックがなんだか浅いような。しかも最後のぎりぎりの危機は、綱渡り過ぎる。危うすぎる。
 でもまぁ、面白い。
 次の巻はどんな話だったかな。 (2019/5/6)

 読書メーターの記録より  読了:2019/4/8
ページのトップへ   Ver. 3.05 
管理番号:G010-021 47 法廷・警察小説 出版社:早川書房
書名:検事出廷す ダグラス・セルビイ 3 ISBNなし C0197
原題:The D.A. Calls It Murder(1937) 翻訳者:平出 禾
ハヤカワ・ミステリ文庫 3-15 855 価格:340Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:1978/10/31 購入:1981/3/3 カバー:深井 国
「検事出廷す」 E・S・ガードナー ハヤカワHM文庫では二巻目ですが原作では三作目だそうな。そのため、内輪のお話の進展具合がジャンプしちゃってます。地方検事になったダグラス・セルビイと年長の保安官レックス・ブランドン、そしてクラリオン新聞の記者シルヴィア・マーティンの間柄なども和気あいあい度が進んでいます。

 事件はマジソン・シティに接近しつつある特急列車の乗務員が死体を発見し、停車しないこの町の駅に連絡文を落としていったことにより始まります。
  人の死体が、693A陸橋の北側にあり、死体の西方約50フィートに、毛布の巻いたものがある。当局に届けよ。 (P8)
 列車と書いてあるのは、おそらく蒸気機関車に牽引された客車と貨車で編成された車両だからと思われます。ディーゼル機関車の可能性もありますが、年代的には蒸気でしょう。ともかく日本人が一般的にイメージする「電車」ではない。またおそらく長大な編成と思われるこう言う列車は、おいそれとは止まれない。止まったら始動するのが大変だから。ちょっと速度を落としただけで終点のロサンジェルスへの運行を進めたという描写になっているのはそのため。
 この報告はすぐにマジソン・シティの検視官兼遺産管理人兼町いちばんの葬儀屋であるハリー・パーキンスに届けられ、浮浪者であろうその死体の指紋はすぐに地方検事ダグラス・セルビイの元に届けられます。これは、セルビイの用心深さによるもの。
 しかしその用心深さが、新任の検事のあら探しをするブレード新聞に突っつかれないか、と警告したのはクラリオン新聞の記者、シルヴィア・マーティン。この二つの新聞とそれに関係する人々でこの町の世論は二分され、片方はセルビイを引きずり落とそうとし、片方はセルビイを守ろうとしています。事件の解決にあたって一つでも失敗があれば、セルビイはたちまち弾劾されてしまう立場なのです。

 浮浪者らしい死体は、所持品より名前はわかったものの、なぜそこにいたのか、死ぬまで何をしていたのか、がどうも解せません。謎が多い。

 セルビイの相棒、父親のような年齢の保安官レックス・ブランドンを通じて、川向こうのラス・アリダスの有力者マーク・クランダルが相談に来ます。今までの町の政治家や地方検事は、選挙の時だけ良いことをいいますが、その後は何もしていなかったもの。セルビイはブランドンと共に、こんなことは止めようと考えていたところ。
 マーク・クランダルの相談とは、ラス・アリダス製材所の会計係ジョン・バークという男のこと。さえない印象ですが堅実な仕事をすると思っていたのに、クランダルがロサンジェルスに商談に行ったところたまたま見つけたのですが、全然別な名前で呼ばれ、別人として事業を進めているらしい。帰宅したクランダルがバークの家に電話すると細君が応え、流感で床に着いているという。
 犯罪がかくされているのかどうかはともかく、どうにも解せないとクランダルがいいます。
 地方検事が町の相談事まで解決することを期待される、なんとも小さな世界です。

 この、列車に轢かれた浮浪者と二重生活をしているらしい会計係の事件が絡み合うとは、最初誰にもわかりませんでした。しかも、セルビイを窮地に陥れる大ピンチの元になったとは。
 この、セルビイ大ピンチにはもう一つネタがあります。アイネズ・ステープルトンというかつてセルビイと訳ありだった女性が、カリフォルニア州裁判所で正式に認められた弁護士として帰ってきたのです。
 セルビイにいまだ思いを抱きつつ、ツンデレ状態で突っかかってくる彼女。クラリオン新聞のシルヴィア・マーティンとセルビイの間柄についてちくちく突っついたあげく、弁護士として法廷でセルビイの敵方となります。
 ふむう?

 この事件では、指紋の分類についての解釈が重要になります。渦状紋、弓状紋、分類法。昔だからけっこう原始的なんだな、と思ったけれど、実は今も指紋の分類法によるとその延長上にあるらしい。この分類法は当時の日本のものとは異なっている、とあとがきにありますが、この説明は面白い。まァ現代では画像や生体認証など、もっと深いレベルの識別法を重ねて使っていますが。

 事件はややこしく二転三転。アイネズの愛憎こもった動きは捜査を進展させたのか。シルヴィア・マーティンとセルビイの二人三脚はどう進展したのか。
 ペリイ・メイスン者に比べて軽いね、という印象です。主人公の若さのせいだけではない、舞台構成の違いでしょうか。でも、緻密な綱渡りはどちらもガードナー。面白いね。 (2019/12/1)

 読書メーターの記録より  読了:2019/10/13