トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類


E・S・ガードナー
作家番号: G010 E・S・ガードナー Gardner, Erle Stanley
国籍:アメリカ合衆国 生没年:1889/7/17〜1970/3/11
ペリイ・メイスン以外のシリーズもの

  検事ダグラス・セルビイ とか
E・S・ガードナー
管理番号 書  名 翻訳者 メ  モ
G010-015 1 検事他殺を主張する 平出 禾 地方検事 ダグラス・セルビイ
ページのトップへ   Ver. 3.05 
管理番号:G010-015 47 法廷・警察小説 出版社:早川書房
書名:検事他殺を主張する ダグラス・セルビイ 1 ISBNなし C0197
原題:The D.A. Calls It Murder(1937) 翻訳者:平出 禾
ハヤカワ・ミステリ文庫 3-15 855 価格:340Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:1978/10/31 購入:1981/3/3 カバー:深井 国
「検事他殺を主張する」 E・S・ガードナー 新たに地方検事に選出されたダグラス・セルビイの横顔から始まります。
 共に選挙戦を戦って保安官の地位についた、25歳も年上のレックス・ブランドンは、馬と馬車の時代からこの街に住んでいる、街のことならなんでも知っている男。
 地方検事や保安官が選挙で選出されるというのは、制度として分かりにくいところはあります。民主主義政体として良いのか悪いのか、なんとも言えない。少なくとも日本では、司法に関わる高官を選挙で選ぶことはありえないので、よその国の変わった制度として受け入れるしかない。

 セルビイが地方検事として立候補した理由は徐々に語られますが、少なくとも前の検事が汚職まみれだったのではなさそうです。ただ、自分だったらもっとしっかりこの街を正せると思う正義感によるものらしい。そこが、既得権を持つ町の大物を敵に回すことにもなっているようですが、セルビイとしては正義のためにそれと戦うことにためらいはない。
 まぁ、そんな人物です。ダグラス・セルビイとは。

 牧師がホテルで死んでいる、という連絡が入ります。新任の地方検事の初仕事。ネバダ州のミルバンクから来て、滞在していたのですが、タイプで妻あての手紙を書いた後で睡眠薬の飲み過ぎで死んだらしい。
 手紙の最後に、睡眠薬をいつもより多く飲んだので眠い、と書かれていたため、警察署長も検死官も、これは事故死だろうと言います。そのようにしか見えない。
 しかしセルビイはいくつかの点で、これは事故ではないと考えます。殺人ではないか。

 これに噛み付いたのが、選挙でもセルビイに敵対していたブレード新聞。こんな馬鹿なことを言い出す検事は即刻辞職させろ、と新聞紙上で連日報道します。
 これに対し、売上げを争っているもう一つの新聞社であるクラリオン新聞の新聞記者、シルヴィア・マーティンがセルビイに接触してきます。情報があるという。その意図を疑っていたセルビイですが、やがていい相棒になることに。

 ペリイ・メイスンものと異なり、セルビイはまず自分の身のまわりを固めるところから始まります。それに、謎やトリックがなんだか浅いような。しかも最後のぎりぎりの危機は、綱渡り過ぎる。危うすぎる。
 でもまぁ、面白い。
 次の巻はどんな話だったかな。 (2019/5/6)

 読書メーターの記録より  読了:2019/4/8