トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: W004 作家: テッド・ホワイト White, Ted
国籍: アメリカ合衆国 生没年:1938/2/4〜
 アメリカのSF雑誌編集者。SF作家。毒舌家。
テッド・ホワイト
管理番号 書  名 メ  モ
W004-001
W004-002
W004-003
クワナール・シリーズ
異次元世界の扉
異次元世界の女魔術師
異次元世界の狼
精緻な異次元世界の冒険

上へ
  Ver. 2.16 
管理番号:W004-001 17 ファンタジー類 出版社:東京創元社
書名:異次元世界の扉 クワナール・シリーズ 1  
原題:Phoenix Prime (1966) 創元推理文庫 作家別番号650-1
翻訳:小尾芙佐 価格:\240 ページ数:248P 本のサイズ:文庫
初版発行:1975/3/21
 第2刷:1975/8/15
購入:1976/4/4 表紙イラスト:南村喬之
 マキシミリオン・ケスト、通称マックスは、ニューヨークのタクシードライバーでした。年齢は20代前半、両親を失ったことと、大学に何の興味もなかったため、体を使った仕事についていました。ある日、奇妙な夢を見て、気づくと浮いていました。さらに気づくと、思っただけで冷めたコーヒーを温めることができていたのでした。
 注意をこらすと、コーヒー茶碗とコーヒーの、化学的・物理的な構成分子の相互関係が見え、それを制御できるのでした。時間すらも制御できることも、今さら驚かない。
 彼は超人間になっていたのでした。なぜか、それはわからない。
 孤独な彼に残されたたったひとつの救いは、恋人であったフランシス・トーン、略してフラン。

 超人間となった彼は、謎めいた攻撃を受けます。セントラル・パークの芝生でくつろぐ彼らを、リスや鳥類が襲ってきます。いきなりの落雷も。地下鉄で、ホームに立つ彼を急に押す手が。
 すべてを切り抜けて帰宅した彼ですが、アパートに待つはずのフランの姿がない。そこに電話。
 「娘はあずかっている。たしかにおまえの女だな」
 「ああ」マックスは応えた。沈んだ声だった。
 「あの女はただの人間だから、おまえはもう関心がないんじゃないかね」ぜいぜいという声がする。ねっとりとした口調になっていた。「おまえのいまの力があれば、女など欲しいときにいくらでも手に入るだろうに」
 「彼女をどうするつもりだ?」何という間のぬけた問いだろう。土曜日の午後の二本立てのメロドラマで何千回となく使われる台詞」
 「ワハハ! とうとうおまえの弱みをにぎったぞ。ワハハ!」
               なんだか。紋切り型だなぁ(笑)。

 彼らは、地球を支配する10人だという。いったい何者なのか。
 マックスは、呼び出されたところに行き、要求します。フランのいるところに連れて行け、と。

 そして彼が目覚めたとき、彼は不思議な世界に素裸で横たわっていました。強烈に照りつける太陽。見たこともない植物。そして砂漠。
 彼は今、異次元世界クワナールにいるのでした。なぜか超能力は失われたままで。

 あきらかに地球上ではないこの世界で、彼の生きるための、帰還するための、フランを救出するための戦いが始まります。
 炎天下の中で火ぶくれになった体。モルモットのような小動物の生臭い生血をすすり、オオカミを手なずけ、砂漠からジャングルへ。

 物質転送機の謎、世界の謎、マックスを陥れた陰謀の謎。彼の超能力の謎。
 大団円は、期待を裏切られます。純粋な王子様が無垢の王女様を救い出したのではありません。取り返しの付かない、失われたものがたくさんあり、かわりに得たものもたくさん。。
 ほっとする終わり方です。お花畑を遊ぶのではない、地に足をつけた硬派のファンタジーでした。 (07/6/16)

上へ
  Ver. 2.16 
管理番号:W004-002 17 ファンタジー類 出版社:東京創元社
書名:異次元世界の女魔術師 クワナール・シリーズ 2  
原題:The Sorceress of Qar (1966) 創元推理文庫 作家別番号650-2
翻訳:小尾芙佐 価格:\260 ページ数:260P 本のサイズ:文庫
初版発行:1977/6/24 購入:1976/7/1 表紙イラスト:南村喬之
 第一巻の表紙、異次元への扉を開いてみせる女性がいますね。
 この人が第二巻に活躍をします。二巻の表紙のカップルの一人ですね。

 で、この表紙絵の右側の男。これが主人公。
 人間としての進化の次の段階に進んだマキシミリオン・ケストは、すでにその領域に一部進化していた地球を支配する人々によって、異次元世界「クワナール」に飛ばされます。クワナールとは、かつて科学技術が驚異的に進歩した世界であったものが、大変動によって退化した世界でした。
 マックスの旅の間に、シャナーラという魔女に出会いました。魔女と名乗っていましたが、彼女は実は、3千年昔に生まれた技術者で、物質転送機の誤作動によってこの世界、この時代に送り届けられた女でした。
 またマックスは、死滅した都市タナコールで、エルロンという男を救い、彼に忘れがたい印象を残しました。

 タナコールの町の大公が、いつの間にかエドワードとアーチャーという二人の男に変わってから、この町は地獄になりました。マックス・ケストの世界から来たらしいこの二人は、次々と町の人間の精神を操って奴隷化していきます。
 エルロンは危ういところを脱出し、マックス・ケストにかつて聞いたゾミノールの魔女に助けを求めようと旅に出ます。かつて古代に通常の交通手段であった物質転送機、つまり魔法の扉を探し、まだ機能するものを選んでくぐり、ようやくシャナーラという魔女に出会いました。
 彼女の力でこの世界を救う... しかしそのために、彼らは転送機をくぐったとき、出た先は砂漠の真ん中。しかも、受け入れステーションは気候のために壊れている。

 二人の苦難に満ちた旅が始まります。砂漠から荒野へ、ジャングルへ。生きるための苦闘。細かいディテールで描かれる世界。
 彼らは目的を果たせるのか。世界を救えるのか。

 これほどまで堅く異星世界を描いたシリーズは、はじめてでした。 (07/6/23)

上へ
  Ver. 2.17 
管理番号:W004-003 17 ファンタジー類 出版社:東京創元社
書名:異次元世界の狼 クワナール・シリーズ 3  
原題:Star Wolf! (1971) 創元推理文庫 作家別番号650-3
翻訳:小尾芙佐 価格:\260 ページ数:245P 本のサイズ:文庫
初版発行:1977/7/14 購入:1977/7/16 表紙イラスト:南村喬之
 原題は Star Wolf。どこかで聞いた名だな、これ。(笑)

 マックス・ケストの旅の途中、彼が元の能力を取り戻した頃、山賊の要塞ラサナラに捕らわれていた遊牧民を救い出した事があります。去る前に彼は、遊牧民の長老に請われて、部族の娘バジューラと一夜を共にしました。彼女は孕み、男の子を産みました。
 しかし部族の長老の意志とは裏腹に、優れた男としていずれは部族を率いてくれるであろうと思われた少年マクスターンは、その外見、色が黒く、毛深く、背が低いその容貌からヒキガエルと罵られます。部族を襲った不幸の中で彼は孤立し、ついに17歳の時村を出ます。
 ともにいるのは、一匹のオオカミ。かつてマックス自身が連れて行ったオオカミを彷彿とさせます。
 彼らは、かつてマックスが歩いた道のりを逆に歩きはじめます。偶然なのか。
 砂漠の地獄をさまよう彼らの、生きるための戦いがすごい。

 クワナールには、人類とは違う別の種族がいました。翼を持った人間です。
 最初、彼らはアラース人と呼ばれる有翼種族でした。人間のほぼ倍の新陳代謝を持ち、空を飛べるが知性は低い。彼らに、宇宙から渡来した原形質生物ロス人が共生し、その頭脳を飛躍的に高めた結果、この新生アラース人は驚異的なテクノロジーをこの世界にもたらしたのでした。高層都市を物質転送機でつなげるテクノロジーは、全惑星をおおいます。
 そののち発生した疫病が、すべての文明を凍結させました。
 文明を持って生き延びたものはごくわずか。

 その一人がマクスターンと出会ったとき、運命が回ります。これが、この異次元世界の冒険の、見事なフィナーレとなります。

 連想としては全然筋違いなんだけど、この本の原題を見ていたら、あの本を読み返したくなりました。あはは。  (07/6/28)