トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号:B083 デイヴ・バラ Bara, Dave
国籍:アメリカ合衆国 生没年:?
 
デイヴ・バラ
管理番号 書  名 メ  モ
B083-001 光速艦インパルス、飛翔! 貴族の次男坊の大活躍…?
ページのトップへ   Ver. 3.04 
管理番号:B083-001 12 新スペースオペラ 出版社:早川書房
書名:光速艦インパルス、飛翔! 連合宇宙軍の誕生 ISBN978-4-15-012071-9 C0197
原題:Impulse(2015) 翻訳者:金子 司
ハヤカワ文庫SF2071 ハ19-1 7773 価格:1100Yen ページ数:576P 本のサイズ:文庫
初版発行:2016/5/25 購入:2018/4/15 カバーイラスト:Stephan Martiniere
カバーデザイン:早川書房デザイン室
「光速艦インパルス、飛翔!」 デイヴ・バラ 主人公おれは、ピーター・コクラン中尉。HMS(王立宇宙軍)<スターバウンド>の主任ロングスコープ将校として配属される命令を受けて赴任する途中、父親からすぐ来いという連絡を受けて航空軍本部に急行します。なにしろ父はクァンター航宙軍大提督ネイサン・コクランですから、一瞬の遅滞も許されない。
 父の執務室の前で父の秘書マドリーに服装を直してもらい、巨大な木製の両開きのドアを入ると、そこにいたのは父と連合航宙軍の最高司令官ジョナサン・ウェズリー中将の映像。
 いかにもアメリカ人好みの展開に、何十年か前のアメリカSFで読んだような歯のうずきを感じ、最高司令官が中将っていったいどの程度の組織だと考えましたが、それはいいか。
 とはいえ、公式の場で軍人が、最高司令官の執務室に入った下級士官が勝手にソファーに座ったさまに驚いたのは確か。ふむ。

 沈痛な顔のウェズリー中将から、おれは王立宇宙艦<インパルス>が主体不明の超時限変位波によってダメージを受け、乗艦していたカリンティア航宙軍の人員が全滅、その中にはおれの婚約者もふくまれていたと知らされます。
 むろん婚約者が死んだことはすべての軍務に優先する悲惨な事ですので、中将と父からまず慰められますが、任務も大事。涙を拭った息子を見て誇らしげになる父親から任務を告げられます。おまえは<スターバウンド>ではなく、クァンター航宙軍の上級士官として<インパルス>に乗り組め、と。
 なにしろおまえは、おまえの兄が死んだ後は大提督たるわたしケンダルフォーク公爵の息子であり後継者なのだから、その責任を果たすのだ、と。

 かくして新任の中尉であるおれは、さらにその上いきなり少佐の階級章を押しつけられ、政治的な意味をうんざりするほど頭に押しこまれ、初めて見る宇宙艦<インパルス>に乗り組みます。しかもその副長は、乗艦前夜パブで飲み比べし、フェンシングの手合わせをしたクールビューティなドブリナ・キールコフ中佐だときたもんだ。
 <インパルス>は連合艦隊の別な一部であるカリンティア航宙軍に属します。そのためカリンティアの軍服を与えられますが、誇りあるおれは、従来のクァンター航宙軍の軍服を付けることを頑として主張します。カリンティア人である艦長ルシアス・ザンダー大佐の命令などなんのその。ほう。

 さて、物語は何のことやらよくわからんロングスコープ装置を扱うスペシャリスト士官であるおれ、ちょっと前まで信認の中尉だったコクラン少佐が、なんだかんだでレヴァントの王女に熱烈に求愛されて婚約し、上官ドブリナの嫉妬を切りぬけていい仲となり、旧宇宙帝国の遺物である巨大なドレッドノートの秘密を解明し、宇宙に平和をもたらしました。
 めでたしめでたし。

 良くも悪くも1970年代のSFの焼き直しってのが、分厚い570ページを読み終えて思った感想です。
 王家の次男坊が大活躍し、出て来る異文化を持った異星人が「話せばわかる」「抱き合えばわかる」という、アメリカ人好みのアメリカ文化万歳の未来像。
 お話として面白いので最後まで読み切りましたが、印象が残らない。
 末尾の翻訳者による美辞麗句も、なんだかなぁ、でした。 (2018/7/1)

 読書メーターの記録より  読了:2018/6/4