トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: C073 デボラ・クロンビー Crombie, Deborah
国籍: アメリカ合衆国 生没年:1952/6/6
 テキサス州リチャードソンで育つ。英国に長く居住したのち、テキサス州ダラス近郊に在住。親英家。
 代表作「ダンカン・キンケイド&ジェマ・ジェイムズ」シリーズはイギリスを舞台としている。
デボラ・クロンビー
管理番号 書  名 メ  モ
C073-001 警視の休暇 キンケイド警視とジェマ・ジェイムズの初事件
C073-002 警視の隣人  キンケイド警視の知人が死んだ原因は
ページのトップへ   Ver. 3.04 
管理番号:C073-001 40 ミステリ一般 出版社:講談社
書名:警視の休暇   ISBN978-4-06-185615-4 C0197
原題:A Share in Death (1993) 翻訳者:西田佳子
講談社文庫 く32-1 価格:700Yen ページ数:352P 本のサイズ:文庫
初版発行:94/3/15 第8刷:95/10/31 購入:2017/3/2 カバーデザイン:辰巳四郎
「警視の休暇」 デボラ・クロンビー ロンドン警視庁警視であるダンカン・キンケイドはヨークシャーで休暇を消化することになりました。昇進したての警視としていろいろと張り切ったつけでへとへとになった体を休めるため。会員制のリゾートホテルに泊まるチケットで、会員ではない彼の好みじゃないのですが、従弟が使えなくなったために彼に貸してくれたという訳。
 仕事上のパートナーである10歳年下でシングルマザーのジェマ・ジェイムズ巡査部長は、楽しんでくるように励まし、自分は一週間分の洗濯にと家に帰ることに。

 キンケイドが訪ねた先は、フォローデイル・ハウスというジョージ王朝様式のリゾートホテル。自分の趣味には合わないけど、せっかくのチャンスなのでのんびり休暇を過ごそうか。ロンドンの警官であるという自分の立場はだれも知らないのだし。
 しかし、事件が起きます。翌朝、ここの副支配人であるセバスチャン・ウェイドが、プールで死んでいたのでした。キンケイドが見ると、高電圧の電気コードがプールの水面に差し込まれていたのでした。
 現れた警官にスコットランドヤードの警視であることを話したのち、単なる事故ではないと説明するキンケイド。最初、関わるつもりはなかったのですが、地元のビル・ナッシュ警部に敵意むき出しで邪魔をするなと言われ、その上その捜査の間抜け加減を見ているうちに、口をはさんでしまうことに。警部に付いてきたピーター・ラスキン警部補は好意的なようですが。
 このホテルの、支配人を始めとする人々が、キンケイドが警官だとわかったとたんにだまされたとばかりに敵意をむき出しにするのがお話的に不自然に思えるのですが、どうなんでしょうね。おかげで登場する女性に次々良い関係を築けそうなキンケイド警視の思惑もあっさりと外れることに。(笑)
 この、ラスキン警部補とロンドンの上司の理解、そしてジェマの助け以外では、周囲の敵意ばかりにつつまれた中で、キンケイドは元の教区牧師の娘である老嬢のペギー・マッケンジーが死んでいるという知らせを聞きます。急行すると、彼女はテニスコートで、後から何者かに殴られて死んだらしい。彼女はセバスチャンを殺した犯人について、なにか知っていることが会ったらしいのですが、キンケイドもほかの人もそれを聞く前に殺されてしまったのでした。
 さらに、今まで隠されてきた人間関係の秘密も明らかになる中で、その渦中にあった彼女が襲われることに。
 犯人はいったい誰なのか。

 展開が、いまいちぎこちないという気がします。キンケイドに敵意を向ける人々の考えが不自然すぎないかという感じも。そしてなにより、犯人の考え方がどうも納得しづらい。だからどうもミステリとしてすっきりしない。
 主人公のダンカン・キンケイドのちょっと女たらし的なところが面白いかな。30代だからそんなものなのだろうけど、警視というと警察組織の中では相当高位の地位のはずなのに、なんだか軽い。少なくとも日本では、警視と言ったら現場などには出てこない、会社で言えば部長クラスじゃなかったかな。うーん。

 でも、この先に興味をひかれる終わり方でした。最初からシリーズ化をめざしていたのかどうかはともかく、次を読んでみたくなる終わり方で、興味がひかれます。 (2017/5/25)


 読書メーターの記録より  読了:2017/4/19 
ページのトップへ   Ver. 3.04 
管理番号:C073-002 40 ミステリ一般 出版社:講談社
書名:警視の隣人   ISBN978-4-06-185961-7 C0197
原題:All Shall be Well (1994) 翻訳者:西田佳子
講談社文庫 く32-2 価格:700Yen ページ数:384P 本のサイズ:文庫
初版発行:1995/2/15 購入:2017/3/21 カバーデザイン:辰巳四郎
「警視の隣人」 デボラ・クロンビー ジャスミン・デントという女性の描写から始まります。インド生まれで現地人的な風貌をしていますが、純粋なイギリス人。50歳になったところ。末期のガンとの闘病生活に疲れた彼女は、自殺を考えているらしい。彼女を世話してくれるメグことマーガレット・ベラミー、庭の手入れをしてくれる隣人のH・キース少佐、困った弟のシオ、手厳しい看護婦のフェリシティ・ハワースのことを思ったあと、彼女は隣人のダンカンのことを考えます。
 ダンカンとは、隣人のダンカン・キンケイドのこと。
 つまり、主人公のロンドン警視庁キンケイド警視。

 このキンケイド警視が、徹夜の捜査が終わってくたくたになって帰宅し、地下鉄から降りてふと病が進んでいる隣人のジャスミンのことを思い出したのでした。目に付いた花屋で彼女が好きなフリージアを買ってちょっと寄っていくことにします。
 しかし彼女の部屋の前でしきりとノックしている背の高い女の姿を見たとき、いやな予感がします。在宅看護をしているフェリシティ・ハワースと名乗った彼女にヘアピンを借りてジャスミンの部屋を開けてみると、彼女のベッドの上で死んでいたのでした。
 とりあえず後片付けをしていた二人の前に現れたのは30歳前後の女。マーガレットらしい。そんなはずはない、約束したんだもの、という彼女の言葉でキンケイドは胸騒ぎをおぼえます。
 「マーガレット、ジャスミンにいったいなにを頼まれたんだ?」
 マーガレットは泣くのをやめて、とまどった表情で目をしばたたいた。「自殺に手を貸してくれっていわれたのよ、決まっているじゃない」ふたたび目をしばたたくと、大粒の涙がこぼれ落ちた。消え入るような声で話すので、キンケイドは耳をそばだてなければならなかった。「こんなことになって、どうしらたいいの?」 (P29)
 いったいどういうことなのか。
 なにか不審なものを感じたキンケイドは、信頼する部下のジェマ・ジェイムズ巡査部長を呼んで調査してみます。すると細かいところでいろいろ不審なところが。彼女が常備していたモルヒネのこと、あるはずの最新の日記が見あたらないこと、そのほか、いろいろ。
 そしてジャスミンの検死結果がわかり、彼女の遺言書が発見されて不信感は頂点に達します。この影に、なにか秘密があるんじゃないのか。

 静かなイギリス婦人だったと思われていたジャスミン・デントの過去から始まり、関係する隣人たち一人一人の過去。ジャスミンの死は病死なのか、自殺なのか、事故死なのか、それとも殺人なのか。
 やがて現れたのは、異様としかいいようがない過去。そして恨み。その結果。
 なるほど。

 地味な展開だな、というのが読んでいて思ったお話の流れ。しかもほとんど内輪の隣人たちの世界で起きるこの事件は、コージー・ミステリのように狭い。それでも、なかなか面白い展開でした。
 ところでメグは重大な決断をしたのだけど、そのあと上手くいったんだろうか? (2017/7/1)


 読書メーターの記録より  読了:2017/6/7