トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: G027 ジョゼフ&フランシス・ギース Gies, Joseph and Frances
国籍: アメリカ合衆国 生没年:
 
管理番号 書  名 メ  モ
G027-001 中世ヨーロッパの城の生活 中世の城と文化、点描

上へ
  Ver. 2.17 
管理番号:G027-001 54 歴史点描 出版社:講談社
書名:中世ヨーロッパの城の生活 ISBN978-4-06-159712-4 C0122
原題:Life in a Medieval Castle (1977) 講談社学術文庫1712
翻訳:栗原泉 価格:1000Yen ページ数:297P 本のサイズ:文庫
初版発行:2005/6/10
 第五刷:2006/12/1
購入:2007/4/4 表紙写真:チェプストー城 
  カバーデザイン:蟹江征治
 イギリス西部、セヴァーン川に合流するワイ川は、イングランドとウェールズの境界に当たります。このワイ川が大きく湾曲しながら北上する部分のウェールズ側に、チェプストー城があります。北緯51度38分39秒、西経2度40分30秒。

 ノルマンディー公ウィリアムがイングランドに上陸したのは1066年9月28日。侵略し征服した過去の王を歴史として受け入れる英国の文化って、奥が深いですね。
 この時大陸から伝わった砦や城の建造技術は、発達しつつ徐々に英国全土に広まります。これ以前のサクソン時代のイングランドには、ノルマン人が「城」と呼ぶような要塞はごくわずかしかなかったそうです。国内での戦乱が少なかったためなのでしょうか。

 国王として君臨したウィリアムの当地の中で、幾度となく外国勢力に後押しされた反乱が起きます。王はやがて反乱を鎮圧するたびに、その地に新しい城を建設しました。
 1067年に、ウィリアム王の右腕だったウィリアム・フィッツ・オズバーンは、ウェールズとの境界に近いヘレフォード一帯を任されたとき、彼は拠点をそれまでのドーヴァーからチェプストーに移し、ワイ川の湾曲部にかかるこの地に石造りの居城を建設しました。ノルマン時代のイングランドで最強の砦と言われたチェプストー城の誕生です。
 現代の城の内郭にある大広間を持つキープは、この当時に建てられたものだそうです。

 この本は、この城を中心として、次々と変わっていく持ち主と共に、中世の時代の文化、歴史、生活様式などを描いています。
 歴史を彩った人物はたくさんいます。「カドフェル」の物語で知ったスティーヴン・ブロアとマティルダ・アンジューの抗争からはじまって、ヘンリー二世、エレアノール・アキテーヌ、リチャード一世、意外に歴史上重要な役どころとなるジョン王とその妻など、次々と新しい視点で描かれ、楽しめました。

 そのほか、城の切り盛りから始まって、生活、上下水道、食事とその行儀作法、狩猟のルール、村人の生活、農業技術、騎士の掟、戦時体制など、さまざまなことが描かれます。読んでいて楽しい。

 軍事的な意味まで含めた領主の館としての城は、14世紀から15世紀にかけてその価値を失ったと言われます。砦としての役割はまだまだ失われておりませんが、統治形態が変わり、国家としての中央集権が進むことにより、政治的にその価値を失ったという。
 なるほど、用途的に問題はなくても、用途自体がなくなれば重要ではなくなる。歴史の流れですね。  (07/7/27)