トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号:K043 エーリヒ・ケストナー Kästner, Erich
国籍:ドイツ→西ドイツ 生没年:1899/2/23~1974/9/29
 ドイツの詩人・作家。詩人としては、皮肉の強いパロディや、厭世的でシニカルな作品を多く発表する。また、恋愛を対象としたものも多い。
 「エーミールと探偵たち」に始まる優れた児童小説でも有名。
 反ファシズムの立場で自由主義を唱えたため、ナチス治下のドイツで迫害され、著作は焚書処分とされたが屈せず、亡命を拒んでドイツで執筆を続けた。
 戦後は西ドイツペンクラブ会長として、ドイツ文壇で活躍した。
Erich Kästner
管理番号 書名 備考
K043-002 消え失せた密画  
K043-003 雪の中の三人男   
K043-004 一杯の珈琲から   

★このページはUnicodeです。★
管理番号:K043-002 62 ユーモア・旅行記
書名:消え失せた密画   発行 1935年
原題:Die Verschwudene Miniature 創元推理文庫 508A
翻訳:小松太郎 価格:¥170 ページ数:313P 装丁:文庫
イラスト:真鍋博
初版発行:70/2/13 第四版:72/7/7 購入:75/10/1  
 密画とはなんぞや、とググってみたら、この本の書評ばかり。
 なんだかなぁ。
 とりあえず、密画についいて説明すると、細密に描かれた小さい絵、ということでよろしいかと。むろん、価値あるものとないものがあるのは世の道理。
 消え失せたことが事件になるのですから、この本の中の密画は価値があるのです、ウン、きっとね。

 副題が付いています。
  ─ またはあるセンチメンタルな肉屋の親方の冒険 ─
 ふうん?

 コペンハーゲンの、(とこの本は始まります)王立オペラのある広場はコンゲンス・ニトルフと呼ばれている。非常に気持ちのいい、大きな広場だ。この広場を、時間をかけてゆっくり観察しようと思ったら、オテル・ダングルテールの前に腰をおろすのがいちばんいい。

 なんだか、時間がゆったりと流れそうな情景です。
 ぼくのような気ぜわしい人間は、2分フラットでいらいらと立ち上がるか、手元のバッグから文庫本を取り出して読み始めてしまい、周囲のひんしゅくを買うことは間違いないのでしょうが、それでもなお、ちょっとでいいからそんな気分を味わいたいな、と思わせる情景です。

 さて、ここに登場するのはひとりの中年後半の男。
 緑色の、ぼてっとした、粗(あら)毛布の背広を着て、ビロードの茶の中折れをかぶって、ごま塩の口ひげを生やしています。右手には節くれ立った散歩用のステッキ、左手にはグリーベンの旅行案内書「コペンハーゲンとその近郊」。
 典型的なお上りさん。
 あいたテーブルにどんと座り、ピルスナーの大ジョッキとソーセージの盛り合わせを注文し、椅子の華奢さに呻きます。
 ひとりで隣のテーブルにいた若い娘が、くすっと笑います。
 たちまち仲良くなった娘に、オスカル・シュルツ氏(彼の名前です)は秘密を打ち明けます。
 自分は去年開店30周年をやった肉屋であること。ベルリンのカイザーダムには末息子のオットーが肉屋の店を出し、レバー・ソーセージが得意なのは次男のフーゴーであり、長女の婿のエルヴィンは肉のサラダが得意で、来年は弟のカールが開店30周年で、長男のアルノーがブライテンバッハに店を出しており、もう一人の婿であるゲオルグはウーラント街に店があることを。

 このシュルツ氏、実は肉を見るのがいやでぶらりと旅に出たそうです。毎日毎日肉をさばき、稼ぎ、小金が貯まると子供のひとりが結婚するので店を作ってやる、その繰り返しの毎日の中で、
 「わっしゃあ家族がかわいいですよ。稼業もかわいいですよ。ところが、それがいっぺんに、みんないやになっちまったです。わっしというソーセージの機械が、ピタリッと止まっちまったわけですな。パチッ! ショートして、それっきりになっちまったです!」
 というのです。
 そこで、何時の特急があるかなと調べて、コペンハーゲンに来てしまった、というわけ。しかし、肉屋の話に盛り上がってしまったために、事件に巻き込まれるのです。

 若い娘の名は、イレーネ・トリューブナー。
 「あなたは早く結婚なさらんとあかんですな」
 「どうしてですの」
 「悲しい名前(トリューブナーとは「憂愁」の意味)ですからな! わっしゃあシュメルツ(苦痛)ちゅう男を知っとったですが、こんなふしあわせな人間はおよそおらなんだです」
 「名前がシュメルツだからですか?」
 「そうなんですよ! その男は結婚してもしあわせにならなんだですよ!」


 密画(ミニエチュア)がいよいよ出てきます。
 実は、トリューブナー嬢はシュタイヘーフェルという美術品の募集家の秘書。有名な密画を運ぶ役目を仰せつかったのはいいのですが、なにぶんにも怖い。
 話をすればするほど純朴でまっすぐなシュルツ氏に、自分の代わりに密画をベルリンまで運んでもらいたい、と願います。
 密画は、息子の方のホールバイン描く、アン・ブーリンの肖像画です。しかも宝石で飾られ、裏にはアン・ブーリン自身の愛情のこもった王への献呈の言葉付き。60万クローネで落札されたもの。

 仰天するシュルツ氏。
 しかし、ベルリンの肉屋たるもの、女性の願いを断るなどとはできない。
 かくして、冒険は始まります。
 どたばたと進行します。
 爽やかに幕がおります。
 コメディ、かくあるべし。
 むろん、恋愛もつきますが、シュルツ氏ではない。(わはは)

 1935年という暗い時代に、鬱積する心を抱えながら、ケストナーはこんな大人のおとぎ話を書きました。
 時代背景を考えなくても面白いのですが、考えれば別な意味で深読みしたくなります。  (05/4/16)

管理番号:K043-003 62 ユーモア・旅行記
書名:雪の中の三人男   発行 1934年
原題:Drei Manner im Schnee 創元推理文庫 508-2
翻訳:小松太郎 価格:¥240 ページ数:273P 装丁:文庫
イラスト:真鍋博
初版発行:71/11/26 第三版:74/11/15 購入:75/10/1  
 バンベルクの騎士、というお話で始まります。
 しかし本筋とはまったく関係ないのです。
 バンベルクの騎士を見たことがない人となど、結婚できないわ! と恋人に言われたローベルト(作者の友人)は、作者とはるばるバンベルクへ旅行することになります。
 作者は、もっと有益で費用が節約できる助言をローベルトにしたのですが、彼は、結婚前に妻を殴るものじゃないよ、と時代遅れの返事を返したのでした。
 その道すがら、列車の中で年輩の紳士に聞いた話が、このお話だとか。
 ちなみに、その旅の間に、彼女エルフリーデは、バンベルクの騎士を見たことがない意志強固な歯科医と婚約したそうです。
 人生、こんなものですって。

 トーブラー氏という人物がおります。枢密顧問官で、銀行と百貨店と工場の持ち主。シュレシアの鉱山、ルールの溶鉱炉、大陸をつなぐいくつかの航路も持っています。
 つまり、百万長者ですな。
 事件はこうして始まりました。

 「静かに!」と、トーブラーが命令した。「何ヶ月か前におれがプッツブランク工場に懸賞募集をやれって手紙を書いたの覚えてるかい?」
 一座はうなずいた。
 「しかしおれがこの懸賞に応募したことは、みんな知らないだろう! おれが当選しちゃったんだ、二等賞に!」
 「とんでもございません」と、ハウスキーパーのクンケル夫人は言った。「二等に入ったのはシュルツェという男で、おまけに局留めでございます。新聞でわたくし読みましたですよ」
 「お父様は賞をもらったとおっしゃっているのよ」と、娘のヒルデ。「そして新聞には、受賞者の名前がシュルツェになっているのよ。それから推すと、どういう結論になって?」
 「そういたしますと、新聞が嘘なんでございますよ」と、クンケル夫人。「そういうことはずいぶんございますそうです」
 ほかの連中はもう微熱が出てきた。
 「ところがもうひとつ別な考えがある」と、トーブラーは言った。「おれがもしシュルツェって名前で応募したとしたら?」
 「それも考えられますわ」クンケル夫人はうなずいた。「でも、それだったら重役さんたちは旦那さまを一等賞にしたはずですわ」
 「クンケル、あなたはもう、空気銃で撃たれてしまいなさいよ!」とヒルデは叫んだ。
 「そのあとでマヨナラと林檎をおなかに埋めるんだ」と、下男のヨーハン。
 「議論はもうおしまいにしてくれ」枢密顧問官は叫んだ。「でないと、おれはカーテンによじ登っちゃうよ」
 「それごらんなさい」と、クンケルはヨーハンにむかって言った。「旦那さまがうるさがっていらっしゃるじゃないの!」


 一等賞を取ったのは、職にありつけない母親思いの青年、フリッツ・ハーゲドルン。
 不況の時代です。優秀な人間も、運しだいで貧乏にあえがなくてはいけませんでした。

 一等と二等の賞品は、ブルックボイレンのグランドホテルに十日間の滞在、と言うものでした。
 トーブラー氏は、貧乏人のシュルツェとして行くつもりです。下男のヨーハンを、もしものために、まったく面識がない金持ちの滞在人として、ホテルに行かせます。
 しかし娘はちょっと心配。
 そこでホテルに、滞在している懸賞に当たった貧乏人は、実は大富豪なのだとこっそり教えます。

 さあ、お約束です。
 ホテルは、最初に入ってきた男を、若い男を、お忍びの大富豪だと思いこみます。

 ここから始まるドタバタ、ユーモア、ペーソス。ラブコメディ。
 雪の中で遊ぶ、トーブラー氏、ヨーハン、そしてフリッツ。
 心が温まります。
 トーブラー氏の大笑いで幕がおります。

 1933年2月、トーマス・マンなどをはじめとして、ナチス・ドイツが「好ましからざる、政治的に信用できない」作家の書物を発禁処分とし、文字通り焚書としました。この中に、痛烈な風刺でナチスとヒトラーをいたぶっていたケストナーも、むろん入っています。
 執筆を禁じられたケストナーは、他の作家たちと違って、病弱の母親をおいてドイツを去ることができません。
 この時代にこの本は書かれました。
 この本の中には、政治も、風刺も、世の中のあるべき姿の展望も、何も残っていません。

 にもかかわらず、ケストナーのこの本には、奇妙な明るさと暖かさが満ちています。
 どんな気持ちでこの本を書いたのでしょうか。  (05/4/16)

管理番号:K043-004 62 ユーモア・旅行記
書名:一杯の珈琲から   発行 1938年
原題:Der Kleine Grenzverkehr 創元推理文庫 508-3
翻訳:小松太郎 価格:¥140 ページ数:161P 装丁:文庫
イラスト:真鍋博
初版発行:75/9/26 購入:75/10/1  
 1937年にこの本の構想を得たとき、ドイツとオーストリアの間には国境があり、異なった郵便切手がありました。
 1938年にこの本が出版されたとき、ドイツとオーストリアの間には国境がなく、同じ郵便切手が使えました。
 1948年にこの本が再版されたとき、ドイツとオーストリアの間には再び国境が生まれ、郵便切手も別々でした。そして、ドイツは国の名前を変え、ふたつに分裂していました。

 いま、ドイツはひとつになりましたが、オーストリアは別の国です。

 この本の出版社も作者も挿絵画家も、かつては同じ都市、ベルリン市に住んでいました。1948年には、ひとりはロンドンに、ひとりはミュンヘンに、ひとりはトロントに住んでいます。
 世界は、驚きに満ちています。

 この本には、こんな題詞がついています。
  ─ Hic habitat felicitas! ─  (ここに幸住めり)


 これは、ゲオルク・レントマイスターという青年の日記です。
 当時、ドイツからオーストリアに旅するものは、毎月10マルクしか持ち出せない、という法律がありました。たったの10マルクです。
 (実は、もうちょっと話はややこしく、ゲオルク氏の滞在許可の問題なのですが、まあこれは別として)
 ザルツブルグの舞台を見に来ないか、と旧友カールに誘われたゲオルグは、ドイツ領内のライヘンハルに滞在して、一文無しで国境の向こうのザルツブルグを往復する事を思いつきます。芝居はオーストリアで、食事と寝るのはドイツで。面白いことになりそう。

 さて、そう簡単にいっては面白くない。(おいおい)
 ザルツブルグのカフェでコーヒーを飲みながらカールを待つゲオルグ。
 しかし、カールはこない。時間は経つ。
 どうする?
 意を決して、誰かにコーヒー代を物乞いしようとしたそのとき、彼の目に入ったかわいい女性に彼は一目惚れしたのでありました。
 安易な展開かって? むろん、ラブコメディかくあるべし。

 だれひとり悪い人間はいないお話の、いったいどこが楽しいのか。
 そう思ったら、この本を読めばいい。一つの答えがわかります。
 モラリストの看板を下ろしたケストナーの、上品で、軽妙で、優美なユーモア小説です。心が暖かくなります。

 1938年から7年間、終戦の時まで、ケストナーのこの小説すらもドイツ国内では発禁処分だったそうです。世の中は、不可思議なもの。
 さらに不可思議なことに、この発禁処分の本を元に、1942年ドイツで映画化されたそうです。
 ケストナーの名前はなく、匿名作家の作品として。

 世界は、驚きに満ちています。むろん、楽しい驚きだけではないのですけれどね。  (05/4/16)