トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: K099 喜多喜久 きた・よしひさ
国籍: 日本 生没年:1979年〜
 
喜多喜久
管理番号 書  名 メ  モ
K099-001
K099-002
K099-003
化学探偵 Mr.キュリー
化学探偵 Mr.キュリー2
化学探偵 Mr.キュリー3
事務員・七瀬舞衣と沖野准教授の事件簿
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:K099-001 46 ライト・ミステリ 出版社:中央公論新社
書名:化学探偵 Mr.キュリー   ISBN978-4-12-205819-4 C1193
中公文庫 き40-1 価格:629Yen ページ数:336P 本のサイズ:文庫
初版発行:13/7/25 12刷:15/6/30 購入:2015/9/23 カバーイラスト: ミキワカコ
カバーデザイン: 西村弘美
「化学探偵 Mr.キュリー」 喜多喜久 出だし、仁川慎司(にがわしんじ)()という学生が出会う奇妙な事件から始まります。深夜の大学構内で、なにやら穴を掘っている無気味な人影を見ます。そいつが立ち去ったあと、みつけた怪しいメモ。
 <埋蔵金の在り処 正門=109 ホームベース=22>  (P14)
 何かの暗号か?

 と、これはとっかかりで、主人公は別。
 研修期間を終えて四宮(しのみや)()大学で庶務課の職員として初出勤する七瀬舞衣(ななせ まい)()という社会人一年生から始まります。大学内のいろいろな問題を聞かされ、『モラル向上委員会』 なるものに参加するように指示を受けたのち、その委員である理学部化学科の沖野晴彦(おきの はるひこ)()准教授のもとに行くことに。
 なぜかこの人、ミスターと呼ばれているらしい。
 その由来を本人に聞くと、無愛想な表情で説明してくれました。なんでも母方の祖先にキュリー姓の人がいるらしい。
 あのキュリー夫人と血縁なのか、と興奮した舞衣に沖野准教授はそっけなく血のつながりはない、といいます。ただ単にそういう姓だっただけで、マリー・キュリーともその夫ピエール・キュリーとも関係はないのだそうな。その結果 「Mr.キュリー」 という迷惑なあだ名がついてしまい、非常に迷惑しているらしい。

 で、そのモラル向上委員会の初仕事として、大学構内に穴が掘られた事件を解決することとなったのでした。穴は、冒頭出てきたものを含めいくつもあるらしい。その穴の一つで発見された例のメモから、なんと一瞬で沖野は謎を解いてしまいます。
 舞衣は好意を持ち始めますが、なんともこの准教授、無愛想。社交嫌い。化学にしか興味がないらしい。
 このお約束な背景で、珍コンビの謎解きが始ったのでした。

 第一話は、上記の埋蔵金ミステリーから解きあかされる研究成果の捏造にかかわる事件。
 第二話は、ホメオパシー、薬物治療に関する疑似科学に巻き込まれた舞衣の叔父夫婦の事件。
 第三話は、いきなり頭が発火した人間の謎に絡む事件。
 第四話は、同棲したのにまったく触らせてくれない恋人のことを悩む学生の事件。
 第五話は、冤罪に巻き込まれたアイドルの、クロロホルムに絡む事件。

 事件対象といい物語の進行と いい、現実に足がついた、よくありそうな設定。その分スリリングさに書けるかもしれませんが、読んでいて楽ですね。ホメオパシーへの怒り、クロロホルムを 使うというミステリの馬鹿馬鹿しさ、なるほどね。化学探偵とはいっても、理系的にはおとなしすぎる気はするけどまァいいか。
 続巻が出ているそうです。もっ と読んでみたいかも。   (2016/1/31)
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:K099-002 46 ライト・ミステリ 出版社:中央公論新社
書名:化学探偵 Mr.キュリー2   ISBN978-4-12-205990-0 C1193
中公文庫 き40-2 価格:640Yen ページ数:336P 本のサイズ:文庫
初版発行:2014/7/25 購入:2015/11/10 カバーイラスト: ミキワカコ
カバーデザイン: 西村弘美
「化学探偵 Mr.キュリー2」 喜多喜久 ひょんなことで四宮(しのみや)()大学の『モラル向上委員』と『コンプライアンス委員』を引き受けてしまった理学部化学科准教授、沖野春彦(おきの・はるひこ)()と、その助手になってしまった大学庶務課の新人職員、七瀬舞衣(ななせ・まい)()の事件簿、その2。

 第一話 化学探偵と炎の魔術師
 表紙には Fe2O3+2Al → Al2O3+2Fe と。ふむ、どこかで見たな、これ。
 いじめられっ子小学生が見た、謎の炎を操る老人。その魔法を使えるようになりたいと頼まれてしまった七瀬と沖野はどう対応したのか。
 「化学を学べば、魔法が使えるようになる」  (P65)
 という言葉は、素敵な言葉じゃないかな。
 テルミット反応という言葉を始めて知ったのは、たぶん中学生の時。レンズマンの話で読んで、図書館で調べましたっけ。遠い昔の記憶です。

 第二話 化学探偵と盗まれた試薬の使途
 表紙の化学式は 2H2O2 → 2H2O+O2 なんだこれ、過酸化水素の還元か。
 で、お話は大学のアイドルユニット募集ネタ。学園ものではありがちなヤツですな。そこにペットボトル大会での騒動が絡む。
 そこに過酸化水素がどう絡むかなんだけど、途中のセリフに引っかかった。
 「ヴァルター機関だ。1930年代にドイツで開発された推進機関のことだ。過酸化水素の分解によって生じる水蒸気や酸素を噴出させ、推進力として利用する。当時はミサイルやロケットエンジンに搭載されたらしいが、作動時間が短く、事故も多かったため、今はほとんど使われることのない技術になっている・・・」  (P120)
 ってヤツ。鐵太郎の乏しい知識によると、ヴァルター機関とは過酸化水素が発生する酸素を利用して、酸素を供給できない環境で燃焼を起こす内燃機関のシステムのはず。潜水艦内でディーゼルエンジンを回すとか。爆発力を利用するものではないのでミサイルにもロケットにも関係はないでしょう。なに言ってるんだ、この作家は? と思ったもの。
 ま、ラノベだからいいか。(ヲイ

 第三話 化学探偵と疑惑の記憶
 舞衣の高校時代からの友人で、芸能界のアイドルである美馬坂剣也(みまさか・けんや)()が持ち込んだ事件。この剣也の事務所の、若い俳優の女の子が悩んでいるとか。それは、彼女が子どもの頃亡くなった祖母が、アーモンドの香りのするクッキーを食べたあと死んだことによるらしい。それを作った自分が、祖母を殺したのではないか、そしてその記憶が無くなっているのではないか、と。
 だって、青酸カリってアーモンドの香りがするんでしょ?
 この話を、沖野准教授は蹴り飛ばす。
 「そもそも、青酸カリは無臭だ」
 「本質的には無臭だが、胃で分解されて、シアン化水素が発生する」
 「シアン化水素はアーモンドの臭いがすると言われるが、ここで言う 『アーモンド臭』 はチョコレートや菓子に使われる、ローストアーモンドの匂いではない。収穫前のアーモンドの実や花が放つ匂いのことを指している。香ばしいというより、甘酸っぱい匂いがするらしい」  (P158-159)
 ほう。
 そうなのか、だったら面白い──と皮肉な反応をするのは、第二話の記憶があるから。でも本当なら面白いよね、ホントに。
 しかし、ここから始まって彼女はどうやらあけてはいけないパンドラの箱を開いてしまったらしく、物語はちょっとねじれていきます。
 ところで、ゲイの男は必ずノーマルであろうがお構いなく、場所を憚らずいい男に絡みついて求愛するに違いないという腐った発想は、BLに萌える腐女子と同じ感覚で、莫迦としか言いようがない。が、これも売れるためには必要な彩りなんだろうな。ふん。

 第四話 化学探偵と幻を見た者たち
 規格外のデブな彼女を自慢する風邪引き青年が依頼者。その彼女に誤解をあたえてしまったので、それを解きたいという。そこに、農学部で開発・発売している「超脳力水」とやらに関して、賄賂の授受があったのではと言うコンプライアンスにかかわる告発が入ります。
 この二つは,何か関連があるのか。
 まァここで出てくる肉体的にも性格的にも不細工なデブについては、笑いネタなのでしょうけど面白くないなぁ。鐵太郎としてはね。

 第五話 化学探偵と人魂の正体
 占いを趣味にしている経済学部二年の少女が、今までのさまざまな占いにあきたらなくなって、パソコンを使って言葉を組み合わせるCRP占いというものを試してみます。その結果、偶然できた言葉がこれ。
 「人魂(ひとだま)()」「を」「一緒」「に」「見た」「相手」「と」「結ばれる」  (P270)
 これぞ予言、と色めき立った彼女、国見千里(くにみ・ちさと)()は、一息入れようと外のベランダの手すりに腕を預けてぼんやり眺めます。その目の前の夜の景色の中に、人魂としか思えない光が。
 相談された舞衣は、沖野が出張中と言う事もあり、自分で捜査に当たることに。その結果現れたものは。
 ウランガラスの性質について、なにか引っかかるところがあるんだけどまァいいか。


 なんというか、ネタは科学的なんだけど、どうも鬼面人を威すというかなんというか、驚かすわりに科学的なネタが薄いかなぁ。
 もう一冊買ってあるので、そっちはどうかな。  (2016/4/29)
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:K099-003 46 ライト・ミステリ 出版社:中央公論新社
書名:化学探偵 Mr.キュリー3   ISBN978-4-12-206123-1 C1193
中公文庫 き40-4 価格:640Yen ページ数:336P 本のサイズ:文庫
初版発行:2015/6/25 購入:2015/11/11 カバーイラスト: ミキワカコ
カバーデザイン: 西村弘美
「化学探偵 Mr.キュリー3」 喜多喜久 第一話 化学探偵と呪いの藁人形
 大学のソフトボールに誘われた舞衣の話を絡めつつ、ボーイフレンドの自宅に藁人形が投げ込まれるという苦情から事件へ。その藁人形のせいか、ボーイフレンドの体調がおかしくなっているという。巻き込まれるのに迷惑顔の沖野准教授が常にちゃんと巻き込まれて力になるのはお約束。
 今回化学ネタは、ドーピングについての知識的なあれこれのみ。トリックのようなものはなし。

 第二話 化学探偵と真夜中の住民
 理学部生物学科の今津志保理(いまづしほり)()という助教が、担当している学生の一人のことで相談に来ます。なんでも、その学生は人付き合いが急に悪くなった上、生活時間がおかしくなり、研究室には夜中しか顔を出さなくなっているそうな。
 で、海外の賓客の話とか恋愛話などを絡めて、アレルギー疾患にまつわる話。これも、化学的な深さが感じられない気がしますねぇ。うーん。

 第三話 化学探偵と化学少年の奮闘
 「センセイ」を助けたいと知恵を絞る少年と、抗癌剤をめぐるトラブル。ネットに公開されている資料だけでその抗癌剤を作ってしまうとんでもない話。露骨に沖野に嫌われる舞衣。ニーチェの「ツァラトゥストラはかく語りき」について熱っぽく語る老人。
 <警察には連絡するな。薬は諦めろ。さもないと、能勢利秀(のせ としひで)()の飼い犬を殺す>  (P213)
 という脅迫状。殺人事件...にはならなかったけど、なんだかピンと来ない結末。

 第四話 化学探偵と見えない毒
 大学の、「美食探求サークル」に、本当に至高の味を追求して本当の料理を作るんだ、と考える空気を読めない学生の話から。お前はここにいていい人間じゃないんだ、と罵倒されているさなか、料理を食べた学生たちが次々と胸を押さえて倒れていきます。料理に何か入っていたのか? といういかにもそれらしい展開。
 例によってこの事件を捜査し始める舞いの前に現れた、氷上一司(ひかみ かずし)()という准教授。彼はむかし沖野准教授と同じ研究室にいたというその男が、もうそのような子供っぽい事件捜査とやらに沖野は関わらないと宣言します。
 で、沖野の代わりに舞衣の捜査に手を貸し、感謝する舞衣にこう言います。
 「・・・・。勘違いをしているようだな。俺は親切心で世話を焼いたわけじゃない。約束は守ってもらう。沖野以外の人間でも、あんたの疑問を解けることが証明された」
 「そ、それは・・・」
 「・・・・もう、二度と沖野の手を煩わせるんじゃない。いいな」  (P292)
 かつて彼らに何があったのか。氷上は何を考えているのか。
 さて、化学的ネタとしては重水ってものが出てきます。化学式はD2O。無色透明で無味無臭、水と同じ性質を持つが、水よりわずかに融点が高く、わずかに重い。純度が高いものを飲ませれば、内臓疾患を起こすこともできるそうな。こいつは水素原子の同位体である重水素が通常の水を構成する水素と置き換えられたものであり、正確には、屈折率の差により淡い青色で、融点3.81℃、沸点101.4℃、比重1.107。ただしこれは、水の水素が両方とも重水素であった場合。
 この二つの事件と、氷上と沖野の話。さあ、この決着はどうなるのか。

 ふむう。若い読者向けとして、いろいろ面白い展開ですね。鐵太郎としてはもうこの流れに乗りきれないところはあるけど、こんなシリーズもあるんだね、ということで。  (2016/5/2)