トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号:L033 C・S・ルイス Lewis, C. S.
国籍:イギリス 生没年:1898/11/29〜1963/11/22
 イギリスの小説家、学者。北アイルランド、ベルファストで事務弁護士の父と牧師の娘である母との間に生まれる。オックスフォード大学に在学中、第一次世界大戦に召集される。復学後は英文学で優等の成績を収め卒業。その後同学の特別研究員を経てケンブリッジ大学の教授に就任。文学やキリスト教に関する著作を次々と発表。
 1950年より出版された『ナルニア国物語』で有名。
C・S・ルイス
管理番号 書  名 メ  モ
L033-001
L033-002
L033-003
魔術師のおい
ライオンと魔女と衣装だんす
馬と少年
ナルニア国物語の新訳です
ページのトップへ   Ver. 3.04 
管理番号:L033-001 61 童話・ライトノベル 出版社:光文社
書名:魔術師のおい ナルニア国物語[1] ISBN978-4-334-75340-5 C0197
原題:The Magician's Nephew(1955) 翻訳者:土屋京子
光文社・古典新訳文庫 K Aル 1-1 価格:680Yen ページ数:328P 本のサイズ:文庫
初版発行:2016/9/20 購入:2016/12/11 挿絵・地図:YOUCHAN 装画:望月通陽
想定:木佐塔一郎
「魔術師のおい」 C・S・ルイス 「ナルニア国物語」は、かつて岩波書店より瀬田貞二さんの翻訳で刊行されました。そのときは、原作の刊行順でした。しかし、これは実はお話の流れとしてはおかしかったのです。
 ナルニアというファンタジー世界の国ができあがり、いくつかの歴史を刻んで終わる流れが7冊の本で描かれたものがこのシリーズなのですが、そのストーリーの流れは刊行順とは異っていたのでした。
 今回、光人社が新訳としてこの本を再び刊行する順番は、いま海外でも一般的になった、ナルニア国の歴史のストーリー順になっています。
  魔術師のおい The Magician's Nephew(1955年)
  ライオンと魔女と衣装だんす The Lion, the Witch and the Wardrobe(1950年)
  馬と少年 The Horse and His Boy(1954年)
  カスピアン王子 Prince Caspian(1951年)
  ドーン・ドレッダー号の航海 The Voyage of the Dawn Treader(1952年)
  銀の椅子 The Silver Chair(1953年)
  最後の戦い The Last Battle(1956年)

 この順番で、三ヶ月ごとに刊行されるのだそうな。楽しみ。

 「魔術師のおい」は、1800年代の終わり、シャーロック・ホームズがベーカー街にいた頃のロンドンから始まります。
 主人公となるのは、ポリー・プラマーという女の子。そして彼女の友達になった、隣に住んでいるディゴリーという男の子。ディゴリーは、父親がインドに行くことになり母親は病気で寝込んでいるのだそうな。そのため、ポリーの隣の家の、伯父と伯母がいるケタリー家に引き取られたそうな。この、アンドリュー伯父が変人で怖い人らしい。
 この二人が、暇をもてあまして屋根裏部屋で遊んでいるうちに、ポリーがアンドリュー伯父の罠にはまって黄色い指輪に触り、別な世界に飛ばされてしまったのでした。
 なぜポリーが、というとアンドリュー伯父にとってはじつに論理的な理由があります。
 「じゃあ、どうして自分で行かなかったんですか?」
 この単純な質問をされたときのアンドリュー伯父の顔ほど意外にして心外な表情を、ディゴリーは見たことがなかった。「わたしが? このわたしが、だと?」アンドリュー伯父は声をあげた。「おまえは頭がおかしいにちがいない! わたしのような老境にある人間に、わたしのように健康をそこねている人間に、突然別の世界へ放りこまれるショックや危険をおかせと言うのか。そのような非常識な話は、生まれてこのかた聞いたことがない! おまえは自分の言ったことがわかっておるのか? 考えてみなさい、<別の世界>なんだぞ? なにが存在するか、どんなものがおるか、わからんのだぞ?」
 「だからポリーを送りこんだって言うんですか?」ディゴリーは怒りで顔を真っ赤にして言った。「あきれて、ものが言えませんよ。伯父さんだからって、遠慮なんかするもんか。そんなのは卑怯者だ。自分で行くのが怖いような場所に女の子を送りこむなんて、卑怯者のすることだ」
 「黙りなさい!」アンドリュー伯父はテーブルを手でどんとたたいた。「薄汚れた小僧にそんな口をきかれてたまるか。おまえにはわからんのだ。わたしは偉大な学者なのだぞ。老練な魔術師にして、ただいま実験の最中にあるのだぞ。もちろん、実験には実験材料が必要だ。まったくあきれた小僧だ。この調子じゃ、モルモットを使う前に本人たちの許可を得るべきだったなどと言い出しかねん! 偉大なる叡智に到達するには、犠牲が必要なのだ。しかし、わたしが自分で行くなどということは、馬鹿馬鹿しくて話にならん。それでは、まるで大将をつかまえて一兵卒のように戦えというに等しいではないか。もしわたしが殺されでもしたら、わたしの生涯を費やした研究はどうなるのだ?」 (P43)
 つまりは、実績など何もない自惚れた嘘つき臆病者の論理。これを臆面もなく子供向けに書いたことが面白い。
 このお話には、ろくでもない人でなしがもう一人います。ポリーを追ってディゴリーが別世界に飛び、間違えて呼び出してしまったジェイディス女王。自分の目的のためなら周囲をどう扱おうと、どれだけ殺そうと平気。

 このジェイディス女王がなんと現代(といっても当時の)ロンドンに現れて大混乱のあと、ディグリーとポリーの懸命な活躍で、何もない世界に再び飛んで行くことになります。その世界に着いたのは、ディグリーとポリー、ジェイディス女王とアンドリュー伯父、そして自分の馬を奪われたロンドンの御者とその馬ストロベリー。
 そこは、真っ暗な世界でした。しかしかすかな光が差し込み、一頭の堂々としたライオンが現れます。そしてそのライオンが歩きまわるにつれて、世界ができてきたのでした。
 このライオンが、アスラン。そしてできあがった世界が、ナルニア。
 こうしてこの壮大な物語が始まるのでした。

 アスランがナルニアの初代の王に選んだのは、偶然に運ばれてしまった御者でした。彼らはアスランに、土地を耕し、住んでいる生き物たちを優しく公平に扱い、自由な民として扱うことを命じます。それが、ナルニア。

 ディゴリーが魔女と戦う場面でキリストの試練とそっくりのシーンが出てきたり、「アダムの息子」といった言葉が出てきたりして、キリスト教文化圏の人々にとってはファンタジーに宗教道徳を持ち込むことについてとやかくあるようですが、日本の子供にとってはそれもこれもすべてエキゾチシズムのなかにあるもの。そういう彩りもまた面白いのではないか、などと考えました。
 次回刊行のものは、たしかもっとキリスト教道徳が前面に出てきたような記憶があります。が、それがナルニア国物語。
 のんびり楽しめばいいんじゃないかな。  (2017/4/22)


 読書メーターの記録より  読了:2017/3/2 
ページのトップへ   Ver. 3.04 
管理番号:L033-002 61 童話・ライトノベル 出版社:光文社
書名:ライオンと魔女と衣装だんす ナルニア国物語[2] ISBN978-4-334-75346-7 C0197
原題:The Lion, the Witch and the Wardrobe(1950) 翻訳者:土屋京子
光文社・古典新訳文庫 K Aル 1-2 価格:660Yen ページ数:304P 本のサイズ:文庫
初版発行:2016/12/20 購入:2017/2/12 挿絵・地図:YOUCHAN 装画:望月通陽
想定:木佐塔一郎
「ライオンと魔女と衣装だんす」 C・S・ルイス 時代は、空襲を避けてロンドンから子供が疎開するというから、1942年頃かな。
 ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーという四人の、個性あふれたきょうだいによる、時系列的には二番目ですが最初に書かれたナルニア国のお話です。
 疎開した先は、都会から離れた田舎の老教授の屋敷。ここには家政婦と三人のお手伝いさんが住み込みで働いているのだそうな。
 ということは、けっこう金満家なのですね、この教授。そこに疎開したということは、このきょうだいの家も間違いなくそういうアッパーミドル階層の人たち。まァそういう階層の人々でないと英国のお話は成り立たないんですが。 ──閑話休題。

 この屋敷を探検しよう、ということで四人が入った部屋の一つで、古くさい衣装だんすが見つかりました。他の三人が別の部屋に行ったあと、ルーシー一人が残ってこのタンスに入ってみます。すると、たくさん吊されたコートの向こうに、なぜか不思議な世界があったのでした。夜の森の、雪の世界。しばらく行った先にあったのは、街灯の光。そして、半人半獣の牧神フォーン。
 ルーシーは、冬の世界になったナルニアへの道を開いたのでした。

 イブの娘さん、とルーシーはそこで呼ばれます。これはむろん、旧約聖書に記された人類の始祖、アダムとイブ(キリスト教徒にとってはエバ)のこと。つまり、キリスト教徒の言葉。
 のちに少年たちは、アダムの息子と呼ばれます。これも、同じ方向の言葉。
 欧米では、ナルニア国というファンタジー世界にキリスト教的な思想を乗せることは、木に竹を接ぐような不自然な、違和感があるものらしい。それはそうだ、ファンタジーというものはほとんどが異教的な神々の世界や、新しい世界を構築するもの。ある意味過去の遺物であるキリスト教は違和感があるはず。
 しかし日本人にとって、ある意味どちらも、北欧神話だろうが中つ国の歴史だろうが旧約聖書だろうが、エキゾチックな西欧文化という点では大差ないんです。
 この本を読んでいて、いろいろ違和感は感じましたが、普通の日本人はあまり引っかからないんでしょうね。

 下から二番目の次男、エドマンドは、この本では嫌な役です。年上二人にはなにかと突っかかり、年下のルーシーを馬鹿にします。ルーシーの語る別世界の話を信じるふりをして、四人になってその話題になると、彼女を嘘つき呼ばわりしたりします。
 しかも、その後ルーシーの後をつけてナルニアに行くと、白い魔女、悪の女王ジェイディスにたちまち手なずけられてしまう。のちに四人みんなででナルニアに行った際、一人別行動を取って魔女の手下になってしまうのです。
 この物語は、この魔女に支配されたナルニアを、四人のきょうだいがさまざまな手助けによって救い出すものです。エドマンドは最後に心を入れ替えるので途中まで実質三人で、この卑劣で卑怯な弟のせいでいろいろややこしいことになりますが、現れたサンタクロースの手助けを受けて勝利します。むろん、あの偉大なるライオン、アスランも登場します。

 このアスランの死と復活というイベントは、あまりにキリスト教的だとの批判もあったそうな。ローマ神話のフォーンがいるのになんだろね、という気もしますが、サンタクロースもいることだし、要は子供に受ける話を作ったということでいいんじゃない、とも思います。それもまた、ナルニア世界なのかな。

ターキッシュ・デライト(ロクム) ところで、エドマンドが白い魔女に手なずけられたのは、ターキッシュ・デライトというお菓子のおいしさのためだそうな。このお菓子はトルコ語で「ロクム」、英語では「Turkish Delight トルコ風の歓び」というもので、砂糖とデンプンを使った、イメージとしては日本の「ゆべし」のようなものだそうな。
 イギリスではクリスマスシーズンに当時の子供たちが食べたんだそうです。ふうん。
 でも、これまたイメージの問題ですが、福島県人の鐵太郎にとって、ゆべしというと地元のかんのやのゆべしが頭に浮かんで、形からして違和感があるんですよ。文化のズレとはこんなものなんですねぇ。


 読書メーターの記録より  読了:2017/4/23 
ページのトップへ   Ver. 3.04 
管理番号:L033-003 61 童話・ライトノベル 出版社:光文社
書名:馬と少年 ナルニア国物語[3] ISBN978-4-334-75349-8 C0197
原題:The Horse and His Boy(1954) 翻訳者:土屋京子
光文社・古典新訳文庫 K Aル 1-3 価格:720Yen ページ数:384P 本のサイズ:文庫
初版発行:2017/3/20 購入:2017/3/26 挿絵・地図:YOUCHAN 装画:望月通陽
想定:木佐塔一郎
「馬と少年」 C・S・ルイス 前巻よりちょっと後の時代、つまりナルニア王国にピーター上級王(High King Peter the Magnificent)、スーザン女王 (Queen Susan the Gentle)、エドマンド王(King Edmund the Just)、ルーシー女王(Queen Lucy the Valiant)がいて、彼ら名君たちによって治められていた時代のこと。
 ナルニア国の南にあるカロールメンという国の南にある海辺の小さな入江に、シャスタという少年が住んでいました。貧しい漁師のアルシーシュを父と思っていたのですが、村を訪れた<タルカーン>すなわち大貴族が、シャスタの珍しい色白で金髪の風貌を気に入って奴隷として買おうということになりました。シャスタを育てていたアルシーシュにとって彼は単なる召使いにすぎず、気に入らなければ当たり散らして殴る蹴るしたし、大貴族の言葉にいそいそと値段交渉をするような男だったから。
 なんだかなぁと考えごとをしつつ、彼がこのタルカーンの馬になんとなく話しかけると、驚いたことにその馬はいきなりしゃべり出したのです。
ナルニア国と周辺地図
 「なんで口がきけるの?」
 シャスタが言った。
 「しっ! 大きな声を出すな」馬が答えた。「俺の生まれた地方じゃ、ほとんどの動物は口をきけるんだ」
 「それって、どこなの?」
 「ナルニアだよ」馬が答えた。「幸せの国、ナルニア。ヒースの生いしげる山があって、ジャコウソウの香る岡があって、あちこちに川が流れてて、水の跳ねおどる渓谷があって、苔むした洞窟や深い森の奥にはドワーフのふるう槌音がこだまして。ああ、ナルニアの上手い空気が吸いたい! ナルニアで生きる一時間の方が。カロールメンで生きる千年よりずっとマシだ」馬はため息のような低いいななきをもらした。 (P24-25)
 なんでも、子馬の時にアーケン国に迷い込んでそのまま捕まってしまったらしい。しゃべることがわかれば見せ物にされると考えて普通の馬のように振る舞っていたのだそうです。彼≠ヘシャスタにいっしょに逃げようと誘います。馬である自分一人だったら見つかればそれまでだけど、騎乗する人間がいれば旅人のふりができるという。
 この馬、自分の名を「ブリーヒー・ヒニー・ブリニー・フーヒー・ハー」と紹介しますが、長すぎるのでシャスタは「ブリー」と呼ぶことにしました。

 この本の原題は、The Horse and His Boy≠ナす。
 少年と(その)馬、ではなく、馬と(馬の)少年なのです。馬の方がメインなのです。
 こんなファンタジーって、面白いね。

 ここから一頭と一人は北へ、ナルニアへの旅を始めます。途中で出会ったのは、ものを言う牝馬とそれに乗った貴族のような服装の女の子。馬はフイン、女の子はアラヴィスと名乗ります。彼女は由緒正しい貴族の家系で、継母によって老いた貴族と結婚させられそうになったので逃げてきたのだという。高慢なこの娘に引きずり回されるのはお約束ですが、ともかく今度は二頭と二人のナルニアへの旅となります。

 この二頭と二人が、旅の途中で知ったカロールメン国による陰謀と、それによるアーケン国とナルニア国の危機にどう関わったのか、ナルニア人の容貌を持つシャスタはいったい何者だったのか、というのがこの冒険物語の筋書き。
 見事な一作です。一人一人の性格や生まれ育ちがきっちり書き分けられ、キリスト教文化の押しつけもほとんど目だたず、あちこちにめぐらされた子供向けの伏線も適度な流れ。自分が逃げ出すためにだまされた侍女があとで酷い目にあったに違いないという話になり、そんな事は知ったことじゃないと冷淡なアラヴィスがきっちり罰を受けるところなど、適度な教訓話もこめられてます。

 影の中でじっと登場人物たちを見守っていた巨大なライオン、アスランの姿は神の化身なのか、どうか。ここはなにか宗教的なものがあるような気がします。そしてまた、ナルニア国の守護神と言うにはなにか違う感じ。
 なにかのメタファーなのかな。


 読書メーターの記録より  読了:2017/6/9