トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号:N073 長岡弘樹 ながおか・ひろき
国籍:日本 生没年:1969〜
 日本の小説家、推理作家。山形県山形市出身、在住。山形県立山形東高等学校、筑波大学第一学群社会学類卒業。
長岡弘樹
管理番号 書  名 メ  モ

N073-001
N073-002
N073-003
教場シリーズ
教場
教場2
教場0
「育てるためではなく篩い落とす」警察官学校で起きたこと
第百期短期課程の学生たちと見守る風間教官
 
ページの先頭へ Ver. 4.01  
管理番号:N073-001 47 法廷・警察小説 出版社:小学館
書名:教場 教場シリーズ 1 ISBN978-4-09-406240-3 C0193
 2013年6月に小学館より単行本として刊行された同名作品を改稿し文庫化したもの。  
小学館文庫 な17-2 価格:630Yen ページ数:328P 本のサイズ:文庫
初版発行:2015/12/13
 第18刷:2023/3/18
購入:2023/7/1 カバーデザイン:山田満明
カバーイラスト:中島恵可
「教場」 長岡弘樹 「教場(きょうじょう)」とは、警察学校における「クラス」のこと。 ──とWikipediaにあります。
 この本と、これに続くお話の中で、この「教場」とは風間公親(かざま きみちか)という教官のクラスのこと。警察官を育てるための学校のクラスにおけるさまざまな人間ドラマ。
 この本は短編を集めたもので、初任科第98期短期課程に風間が前任者の病欠に伴って代理教官となってから、クラスが卒業するまでの数か月に起きた事を描いています。

 宮坂定(みやさか さだむ)という学生の視点で、職質(しょくしつ)、つまり警察官による職務質問の授業シーンから始まります。容赦なく誤りを指摘され、罵倒される学生・平田和道(ひらた かずみち)の次に実習させられた宮坂、これもささいなミスで容赦なく説教を受け、お前は無理だからいつ辞めるんだ、と苛められる。
 警察学校の教場とは、丁寧に警察官を育ててくれる場ではない、少しでも不適格なものを成績不良で次々払い落とす、落とすためのザルのようなもの。生き残ったものだけが警察官への道が開ける。
 そんな世界の中で、起きるさまざまな事件と足の引っ張り合い、騙し合い。
 そして物語として、ひとつひとつの描写それぞれに布石があり、そこから引き出される驚くべき展開。
 すごいね。

 風間公親とは、外観50がらみ、白髪頭、焦点の定まらない義眼のような目。寡黙で狷介、のように見えます。
 95期の教官が病気のため入院したことで、代理として教官となった風間とは、どんな人物だったのか。

 6つの連作短編──職質・老問・蟻穴・調達・異物・背水──をまとめたものがこの一冊。それぞれミステリ短編としてまとまっているだけでなく、「育てるためではなく篩い落とす」学校の中でさまざまな人間模様を見せます。そして見えてくる無愛想で狷介な外観の風間教官の人物像。これは面白いね。こんな世界があったのか。
 次巻も買ってあります。読んでみよう。(2024/2/28)

 読書メーターの記録より  読了:2023/10/8 
ページの先頭へ Ver. 4.01  
管理番号:N073-002 47 法廷・警察小説 出版社:小学館
書名:教場2 教場シリーズ 2 ISBN978-4-09-406479-7 C0193
 2016年2月に小学館より単行本として刊行された同名作品を改稿し文庫化したもの。  
小学館文庫 な17-3 価格:620Yen ページ数:320P 本のサイズ:文庫
初版発行:2017/12/11
 第13刷:2023/3/18
購入:2023/7/1 カバーデザイン:山田満明
カバーイラスト:中島恵可
「教場2」 長岡弘樹 教場シリーズの2。今回は「第百期短期課程」の「風間教場」の学生たちの、6編の連続短編による半年間の物語。

  「創傷」
 入校から約一ヶ月後。風間教場の38人の学生の一人である主人公は、桐沢篤(きりさわ あつし)、27歳。内科医として勤務していたという変わった経歴を持ち、学生としてかなり優秀です。学生仲間にも「ドクター」と呼ばれ信頼される男。
 彼が紛失すれば即座に退校させられる警察手帳を紛失したことで起きた事件の謎。
 南原哲久(なんばら てつひさ)学生が過去になにを犯し、なにを恐れたのか。

  「心眼」
 校内でその体力の無さにより苛めら体質である忍野宗友(おしの むねとも)。変な苛めを受けているとき、体格のいい堂本真佐丈(どうもと まさたけ)に救われます。その彼が直面したのは、奇妙な窃盗事件でした。そもそも警察学校で窃盗というだけで異常なのですが、盗まれた、あるいは紛失したものが使い古されたそんなに価値のない品物であったことが謎を増やします。
 なくなったものは、まずマレット、つまり木琴を叩く枹、棒。運動用具室のファーストミット。パソコン室の旧式なマウス。共通点があるのか、これに。
 「犯人はおそらく、わたしの教場にいる学生だ」(P79)
 断言する風間教官。その根拠はなんだったのか。坂根千亜季(さかね ちあき)学生になにか関係があるのか。
 忍野はなにを、誰をかばおうとしたのか。

  「罰則」
 理不尽ないがみ合いや罰則やしごきの中で、津木田卓(つきだ すぐる)が味わった強烈なストレス。
 そしてその先に、彼が企んだもの。落下するバケツ。
 「思い出した」
 「・・・・・・は?」
 「あのとき見た。おまえを」(P158)
 因果応報なのだけど、悲しいね。

  「敬慕」
 地元のローカルテレビ局に、警察学校の代表としてインタビューを受けることになった菱沼羽津希(ひしぬま はづき)は、手話を特技とする枝元祐奈(えだもと ゆうな)に、自分の言葉を手話通訳して欲しいと頼みます。自分がスターであり広告塔となることを疑わない彼女らしい、引き立て役を集めようという魂胆。同時に風間教官への思慕の思いを持っています。
 しかし、
 「きみの問題点を大きく三つ挙げてみようか。その一、行動が身勝手で謙虚さに欠ける。その二、容姿や外見にばかり気をとられすぎている。その三、仲間を尊敬できていない」(P185)
 それを見抜いた風間は、彼女に退校届を渡す。
 「これを持っておけ。この一週間、君の言動をよく観察しよう。このまま学校にいてもらっては困る、そう私が判断した場合、これに名前を書いて提出してもらう」(P185)
 津木田は退校したけれど、彼女はこの危機を克服できたのか。

  「机上」
 仁志川鴻(ひしかわ ひろし)は、風間教官に不思議な言葉をかけられます。「タマゴヲミテジヤヲモトム」。
 『荘子』の言葉で、「卵を見て時夜を求む」つまり「まだ孵化もしない鶏卵を見て、時を告げるのを待ち望む」──「物事の順序を考えず、早急に結果を求める」ということ。
 殺人事件を担当したいという彼に、交番巡査にもなっていない学生が今から高望みするな、順序を踏め、という戒めか。
 背伸びしたがる上に自信家である彼は、そのあと変われたのか。
 「きっと被害者は、無念極まりなかったことでしょう」
 この一言をこそ、風間は学生たちの口から聞きたかったのではないか。(P261)
 だめなものは容赦なく落とすが、伸びそうな学生はなんとか引き上げようとする、そんな風間教官の姿。

  「奉職」
 美浦亮真(みうら りょうま)。優秀なのだが、人に暴力を振るえないことを嘲られる、警察官に文句があると広言した学生。ドクターと愛称される桐沢と共に、せまっている卒業時の総代の候補。風間教官は彼を気にしてか、格闘のしかたを教えるのですが、訓練のあと彼に「退校届」を渡します。一週間のうちになんとかならないのならここをやめろ、と。
 彼はかつて教場の仲間と話して、机にシャープペンで薄く書いたメモを見る。「前職が意外なやつベスト5」というもの。
  1.桐沢篤・・・・・・医者
  2.内倉俊司・・・・・・忍者(テーマパーク職員)
  3.保崎あすか・・・・・・米のソムリエ
  4.福井洋太郎・・・・・・花火師
  5.薬師寺研・・・・・・エレクトーン奏者(P281)
 彼の心の思いに、気づいていたのは風間教官、朝永助教だけではなかった。桐沢は、彼の名前から来るあだ名を使い、こう言います。
 「ウラミ巡査、きみは警察官に文句があるんだよな。ついでに言えば、文句がある警察官というのは」
 「きみじゃないよ、桐沢巡査」
 「もちろんだ。おれなんかじゃなくて、たぶん──きみ自身だ」
 「・・・・・・どうしてそう思う」
 「こっちは一応医者でもあるからな。よく顔を合わせている相手なら、どこをどう病んでいるのか、だいたい分かる。きみはいつも怒っていた。一人でいるときもだ。だから怒りの相手はきみ自身しかいないと思った」(P296-297)
 卒業式のあと、風間は美浦にこんな事を言います。
 「一つ言い忘れていたな。わたしが奉職している理由だ」
 「・・・・・・教えていただけますか」
 「会えるからだよ、きみのような学生に」(P316)
 よい締めくくりです。

 ちなみに、さまざまな学生たちの描写も面白いのですが、風間の横に控える31歳の助教、朝永恩美(あさなが めぐみ)巡査部長のすんごい手厳しさがなぜか印象に残りましたw (2024/3/31)

 読書メーターの記録より  読了:2024/3/20 
ページの先頭へ Ver. 4.01  
管理番号:N073-003 47 法廷・警察小説 出版社:小学館
書名:教場0 教場シリーズ 3 刑事指導官・風間公親 ISBN978-4-09-406710-1 C0193
 2017年10月に小学館より単行本として刊行された同名作品を加筆修正し文庫化したもの。  
小学館文庫 な17-4 価格:650Yen ページ数:336P 本のサイズ:文庫
初版発行:2019/11/11 購入:2024/3/25 カバーデザイン:山田満明
カバーイラスト:雪下まゆ
「教場0」 長岡弘樹 風間公親が教場の鬼教官になる前、県警本部で凶悪事件を担当しつつ刑事指導官として後進の教育に当たっていたころの話を、前の二作のように短編集でまとめたもの。つまり、「教場」「教場2」の前日談となります。だから、「教場0」というわけ。

  第一話 仮面の軌跡
 男女の別れ話のこじれで男を殺してしまった日中弓(ひなか ゆみ)


  第二話 三枚の画廊の絵



  第三話 ブロンズの墓穴



  第四話 第四の終章



  第五話 指輪のレクイエム



  第六話 毒のある骸




2024/05/01 ここでも風間は、現場の刑事であると共に容赦なく後進を期限付きで鍛える有能な「教官」であったという短編集なのですが、特徴としては例外はあるけれど「コロンボ的」な犯人側から見た事件の点描であることでしょうか。壮絶な最後のシーンを含め、相変わらずのストイックで冷厳な風間の姿ですが、立場の違いなのか後進の指導の際ちょっと甘めな感じがしますね。不思議。

 読書メーターの記録より  読了:2024/5/1