トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: T086 田中啓文 たけだ・ひろふみ
国籍: 日本 生没年:1962/11/9〜
 大阪府生まれ。神戸大学卒業。
 ミステリからSFやホラーまでジャンルを超えて活躍する作家。
田中啓文
管理番号 書  名 メ  モ
T086-001 シャーロック・ホームズたちの冒険 聖典から離れてあの人この人のホームズごっこ
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:T086-001 42 シャーロック・ホームズ・ノベル 出版社:東京創元社
書名:シャーロック・ホームズたちの冒険   ISBN978-4-488-47504-8 C0193
英題:The Adventures of Sherlock Holmeses (2013)  
創元推理文庫 Mた-6-4 475 04 価格:900Yen ページ数:416P 本のサイズ:文庫
初版発行:2016/10/21 購入:2017/1/3 カバーイラスト:岩本ゼロゴ
カバーデザイン:水野哲也(Watermark)
「シャーロック・ホームズたちの冒険」 田中啓文 ジョン・H・ワトスン医師の遺品の中から発見されたシャーロック・ホームズ氏の探偵譚に関する未発表原稿である、というふれこみで始まる 「スマトラの大ネズミ」事件 から始まり、時代や大陸を越えてさまざまな世界で起きたホームズっぽい話を集めた短編集。意図は真面目なんだろうけれど、パスティーシュと言うよりパロディに分類したいものですかねぇ。

  「スマトラの大ネズミ」事件
 1894年の、ワトスンがホームズと再会して一ヶ月ほど経ったある初夏の日。
 タテマエとしては清教徒的キリスト教精神に支配されたヴィクトリア時代の新聞に、「自殺幇助協会」なるものの広告が出ること、空き家の怪事件の後らしい描写であるにもかかわらず ──ホームズがスイスから戻って来て以来── などという描写があること、など、読み始めて数ページでがっかりする記述があり、前途多難な展開を想像してしまいました。
 お話は、語られざる事件の一つ、マティルダ・ブリッグス号とスマトラの大ネズミの事件。これをどう料理するのか、と思ったら、なんだか血なまぐさい展開だな。しかも、ヴィクトリア時代の実業家の奥方が夫の生首をつかんで暖炉に投げる、という非常識な描写が。うーん。しかもこの奥さん、ベッドで寝たままでホームズを迎える。
 紳士と淑女の時代に、こんなことってあるのか、という描写の後に暴かれた秘密。スマトラの山奥に住む寄生昆虫。そしてゾンビとして生き返ったモリアーティ教授。最後は、哀れな被害者に銃弾を撃ちこむワトスン医師。オンミョージの秘儀。
 なんてこった、読んじまったぜ、というのが正直な感想。

  忠臣蔵の密室
 時代も場所も大きく飛んで赤穂事件、吉良邸討ち入りの場面。元禄15年12月14日、グレゴリオ暦1703年1月30日、赤穂藩の浪人47人が吉良上野介吉央(きらこうずけのすけよしひさ)()邸に侵入します。このとき、武力的な制圧には成功したものの、赤穂浪人たちが上野介の探索に時間をかけたことは歴史的事実。そこでミステリ。
 雪が降っていたにもかかわらず周囲に足跡がない裏庭の炭小屋に、なぜ上野介がいたのか。
 記録によって事実とされているこの現象を、作者は怪しいミステリとして捉え、大きな推理を示します。ふむ。
 あのさ、そもそも炭小屋への経路は、母屋のとある部屋の掛け軸だかなんだかの裏から延びる地下通路、って説が昔からあったんじゃなかったっけ?  という言葉が頭をめぐり、このミステリにはまったく納得いきませんでした。
 最後の、カーター・ディクスンのペンネームに関する一節には、鼻白んだだけ。ふーん、だ。


  名探偵ヒトラー
 ナチ党総裁アドルフ・ヒトラーの個人秘書兼官房長を長らく務め、ヒトラーが自殺したのち数日間だけ存在したゲッペルス内閣のナチス担当大臣であり、ヒトラーの遺言執行人でもあったマルティン・ボルマンが側近の兵士たちに語ったメモの抜粋である。 (P159)
 というふれこみで始まる、戦後一時行方不明になったボルマンの手記。彼はヒトラーの近辺にあって常に厚遇される存在でしたが、それだけではなくヒトラーと二人きりになる夜などは、名探偵ヒトラーと助手のボルマンくんとして推理ゲームを楽しんだのだそうな。
 しかし、名推理を披瀝するヒトラーには、それを持つものは世界を制すると言われた「ロンギヌスの槍」をひそかに部屋に飾るという奇妙なオカルティズムに沈溺していたのだそうな。しかしその槍が、謎の「光る盗賊」により盗まれた事により...
 こんな事があり得たかも知れない、という第二次大戦秘史、としたかったのでしょうが、どうなのかな。

  八雲が来た理由(わけ)()
 小泉八雲。1850年、イギリス領ギリシャ生まれ。出生名はパトリック・ラフカディオ・ハーン Patrick Lafcadio Hearn。そのファミリーネームを誤読したことにより、へルンという名で知られていたこともある。1896年に日本国籍を取得。1904年に狭心症のため、東京府大久保村で死去。
 彼がはじめて日本の山陰地方、松江に来たとき、山里でたもとに女の生首をぶら下げた男に出会います。殺しなのか、なになのか。しかもその死にざまからみて、この男の許嫁だったらしいこの女は、どう見ても生きたまま遠くから首が飛ばして男に襲いかかったようにしか見えない。ろくろ首、という言葉を発するものもいます。
 こうして始まったさまざまな不思議を、小泉八雲が解いていき、それがあの『怪談』に結実したんだね、というお話。
 ふむ。そりゃ面白い話かもしれないけど、ホームズに結びつけるにはどうなのかね。
 でもって、最後におまけとして書かれた
     エピローグ2
 小泉八雲は明治期の文化人として、森鴎外、福沢諭吉と並び称される存在であった。その三人は、ヤックン、モックン、フックンとして、後世「明治のシブがき隊」と呼ばれるようになった。   (P313)
 とは、いったい何のために書かれたのか。
 ギャグのつもりなのかもしれないが、鐵太郎的には、つまらん、としか評しようがない。ふん。

  mとd
 アルセーヌ・ルパンの曾孫にあたるという南恭一郎氏の屋敷の蔵から発見された原稿、というふれこみの一文。
 しかも全編日本語で綴られた原稿の末尾には、モーリス・ルブランと恭一郎氏の祖父である南洋一郎氏の署名が入っており、その南洋一郎というのはアルセーヌ・ルパンの変名の一つとされているのだ、と1ページ目に書かれています。
 すなわち南恭一郎氏は、アルセーヌ・ルパンの曾孫であると共にその同一人物である洋一郎氏の孫であるという、まことに愉快な家系に生きたらしい。近親相姦はどのように発生したのか、それは公式に記録されているのか、などと想像をたくましくさせるシチュエーションが真っ先に出てくると、この先にあるものへの興味がガラガラと崩れていってしまいます。なんだろうね、この流れ。
 そして始まるのは、アルセーヌ・ルパンとそれを描写する私、ルブランが語る物語。ジュノアール伯爵の所持する古代エジプトの秘宝「サン・ラー王のスカラベ」を盗み出すというルパンの予告上を受け、ルパン逮捕に命をかけるパリ警察のガニマールに同行してルパンを追うことになる私。
 宝物を守るミミズク、石になった少女、突然現れるシャーロック・ホームズ、アメリカで発明されたという嘘発見器(ポリグラフ)()
 変装の名人であるルパンは、一体今誰になっているのか。多重人格。
 不思議。


 いろいろなネタをはめ込んだミステリックな物語、なのでしょうけれど、シャーロッキアンの末席に連なる鐵太郎としては、波長が合わなかった、という言葉で締めくくるしかないか。
 ま、こんなこともあるさ。  (2017/3/16)


 読書メーターの記録より  読了:2017/1/28