トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: U013 エリナー・アップデール Updale, Eleanor
国籍:イギリス 生没年:1953年〜
 イギリス南ロンドンのカンバーウェル生まれ。オックスフォード大学を卒業後BBCに入り、テレビとラジオの番組制作に携わる。子育てのために退職。以来さまざまな仕事に関わりながら、小説を書き始める。
 「怪盗紳士モンモランシー」シリーズで作家デビュー。
エリナー・アップデール
管理番号 書  名 メ  モ
U013-001 怪盗紳士モンモランシー 不思議な二重怪盗になった男
ページのトップへ   Ver. 3.04 
管理番号:U013-001 24 近代冒険小説 出版社:創元推理文庫
書名:怪盗紳士モンモランシー   ISBN978-4-488-21704-4 C0197
原題:Montmorency (2003) 翻訳者:杉田七重
創元推理文庫 Mア17-1 価格:840Yen ページ数:256P 本のサイズ:文庫
初版発行:2016/8/12 購入:2017/2/1 カバーイラスト:森 美夏
カバーデザイン:大野リサ
「怪盗紳士モンモランシー」 エリナー・アップデール 始まりは1875年。ヴィクトリア朝真っ只中のロンドン。
 一年前、盗品を抱えて工場の屋根を走っていた彼は、間違えて天窓を踏み抜きます。落下した所にあったのは研磨機。そのあとの記憶はほとんどない。かすかに、こんな声が聞こえたことだけ。
 「刑務所の療養所には一切、経済的な負担はかけないと保証します。必要な機器類も監視役もすべてこちらで用意します」
 のちにそれはロバート・ファーセット医師の声だったとモンモランシーは知ることとなる。おびただしい傷を負ったモンモランシーを救うことで名を上げたいと考える外科医だった。 (P14)
 ずたずたになった身体ながら、この医師の研究材料になることでようやく生きながらえることができたこの男、実はその名ははっきりしません。刑務所では彼は囚人493であり、療養所ではその職員につけられたモンモランシー≠ナ呼ばれます。やがて本人がその名を名乗るようになったのでした。
 この時代のロンドンとは、シャーロック・ホームズの活躍する年代のちょっと前。身分の差は絶対で、王族、貴族、紳士階層、平民、貧民の差は厳然として、それで安定していたころ。医療福祉はまだまだ充分でなく、警察制度は強権的でずさん、犯罪に対する刑罰は、死か死にも匹敵する労役、あるいは国外追放。そんな時代。
 名誉欲に狩られた医師によって見せ物にされつつ回復していくモンモランシーは、刑務所内では特別扱いのために囚人と看守の敵意と悪意に晒され、療養所では実験材料兼下男として良いようにあしらわれます。しかしその中で、彼はこの先自分が何になるべきなのか、そのためにどうすればいいのかをじっと考えます。
 紳士の顔で故売品を扱う、というのがそのひとつ。そうやって、いままでの生活からはるかに上の階層の贅沢をしようじゃないか。そのために、下水道という都会の下にある迷路を自在に使う新時代の怪盗を操るというのがもう一つ。そのために刑務所内でじっと耐えながら、さまざまな囚人仲間を物色します。
 しかしあるとき気がついた。そんな都合のいい、しかも信頼できる盗っ人を探すのは、おそらく無理。じゃあ、自分がそうなればいいじゃないか。両方を自分がやるんだ。
 そして名前を決めます。
 モンモランシー≠ニいうのは洒落ていて、いかにも上流階級らしい響きがある。墜落事故がきっかけで、いつのまにかそう呼ばれるようになり、以来本当の身元はだれにも明かしていない。そうだ、モンモランシー≠ヘ贅沢な生活をする自分用にとっておこう。
 もう一人の自分──こっそり下水道の中に入りこみ、汚水のはねを上げて盗みに精を出すほう──には、それにふさわしい名前が必要だ。しかし昔の名前は論外で、地方なまりも癖も身ごなしもそのままでいいが、過去の身元につながりそうな名前だけはいけない。結局のところ、そういう過去から自分を解き放すために、今回の計画を考えたのだから。
 そうして考え続けた末に、ひとつの名前が頭に浮かびます。瀕死の重傷を負うことになったあの墜落の時、相棒だった間抜けなベインズが叫んだ言葉。
 「ずらかれ(スカーパー)!」
 かくして、刑務所から出所した493は、モンモランシーとスカーパーになります。

 この男、モンモランシーにはさまざまな顔があります。しかし、モラリストの顔はない。
 下層階層から上流階層に這い上がり、同時に持てる者から平気で盗みを働き、邪魔するものを遠慮なく始末する彼には、善悪の葛藤などはありません。これは、当時の社会の中では普通のこと。
 ファーセット医師はモルモットとなった患者・囚人のことを、傷の具合以外なにも知る気はありません。この医師の研究成果を見る紳士たちも、この囚人が人間だなどと思っていません。刑務所では、看守は自分が罰せられる可能性がなければ、囚人を平気でいたぶり、金品を取り上げます。そんな世の中ですから。
 時代背景を考えるとありそうなこと。現代の、というより自分の美意識で、感覚でこうであったはずの過去を書く作家よりナンボかいい。

 むろんモンモランシーが恥知らずな殺人鬼というわけではない。不要な争いは避けるし、殺しは極力避けます。目だつことが破滅につながるから。むろん、街角で人にぶつかれば帽子のつばに手をやり頭を下げます。取った相手の帽子に。次の紳士にはあたる前にさっと身をかわし、さっと財布を掏り取ります。
 こうして、スカーパーはコヴェント・ガーデンからストランド街の北に抜けるところにあったオンボロの家の最上階をねぐらと決め、モンモランシーは元は億万長者の私邸だった豪華なマリミオン・ホテルに宿を取ります。
 スカーパーの宿では、ミセス・エヴァンズもその娘ヴァイも、掃除にも下宿人にも家賃を払う限りなんの関心もないのはありがたいのですが、マリミオン・ホテルはちょっと困った。ここの支配人ミスター・ロングマンの娘シシーがその原因。なんの仕事もないのにホテル内をうろつき、アメリカの富豪にでも求婚されることを夢見ているとメイドに噂されていますが、後ろ姿以外は容姿は見るに堪えない上にテーブルマナーが最低なため、つねに服にも髪にも食事の残りがこびり付いているというていたらく。虫歯だらけの臭い口で言い寄られれば、リピート客が減るというもの。

 昼間は紳士として街を散策して時に宝石店で家宝を渋々手放し、夜は下水道を走って仕事をする生活はしばらく続きます。その生活が崩れたのは、ジョージ・フォックス・セルヴィンという大柄な紳士と出会ったとき。
 彼の正体はいったい何だったのか。モンモランシーの怪盗紳士の生活はどう変わるのか。

 最初、ルパンとかそう言った系列の、しかしもっとリアルな舞台で語られるピカレスク小説の系譜かと思ったのですが、違った。これは、もっとリアルを求めた数奇な運命の男の物語なのですね。
 これは面白い。続巻も読んでみようか。


 読書メーターの記録より  読了:2017/4/13