トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類


I・アシモフに戻る
アシモフのノンフィクション
管理番号 書名 翻訳者 備考
A003-011
A003-012
アシモフの科学エッセイ
01 空想自然科学入門
02 地球から宇宙へ
小尾信彌・山高 昭
山高 昭
ページのトップへ   Ver. 3.05 
管理番号:A003-011 55 技術史・科学史   出版社:早川書房
書名:空想自然科学入門 アシモフの科学エッセイ[1] ISBNなし
原題:View from a Height(1963) 翻訳者:小尾信彌・山高 昭
ハヤカワ文庫NF21 早川文庫763 価格:380Yen ページ数:336P 本のサイズ:文庫
初版発行:1973/4/15 購入:1978/4/24 カバー:高野紘造
「空想自然科学入門」 アイザック・アシモフ
 1800年までの科学といえば、まるで果樹園のようなものだった。それは、よく耕され、手入れされ、整理されて、香り高く、枝もたわわに実をつけていた。あちらこちらを見ながら、隅から隅まで、散歩することもできた。近くの丘に登れば、全体の様子を眺め鑑賞することもできたろう。
 しかし1800年頃になると、人々があまりせっせと木を植え、手入れし、耕したために、散歩している人たちは、果樹園の一部が暗く生いしげり薄気味悪くなってきたことに気づいた。
 やがて、果樹園が広すぎることに気づいて唖然とする時が来た。もう隅から隅まで通り抜けることはできなかった。人々は道に迷ったり、ぐるっと回って元の場所に戻ってきてしまったりするのだった。近くの丘も、もう役には立たなかった。そこにも、今では果樹園におおわれていたのだ。(P3-4)
 1960年代の初め、アイザック・アシモフは科学の発達と共に、普通の人間では全体を見まわすことができないほどその内容が細分化され、専門化されたことに驚き、あきれていたようです。だからといっていわゆるネクシャリズム──総合科学──の幻影に逃げなかっただけ、アシモフは現実的な人間なのでしょうか。
 と同時に、アシモフはお節介なほどに世の中に知識を広めて上げようというサービス精神に満ちあふれた人です。
 で、こんな科学エッセイを、「S&Fマガジン」に連載し、その後本にまとめました。
 実はアシモフの科学エッセイ集としては、これが最初ではないのです。でも日本で刊行されるにあたり、ハヤカワはこれをトップバッターに選びました。意味がある、と思っていいのではないかな。

 非常にたくさんの分野にわたっています。勉強家の天才アシモフの面目躍如といったところか。

 第一部は、生物学。
 生物の大きさの話から始まります。人間は生物の中で大きいのか小さいのか。単純に重さではなく重さの比で、そして対数でそれぞれの重さを比較するのがアシモフ流。出た結果は、人間はどちらかというと大きい生物なのだという結論。
 さらに、もっと小さい生物を探り、バクテリアからウイルスまで。で、ウイルスは生物なのか。生命の定義とはなんだろうか。われわれが知っている生物だけの定義でいいのか、ほかに生物の定義はないのか。

 第二部は、化学。
 SFの古き良き時代に、無知蒙昧な若い作家たちはなにかというと「新元素」を持ち出したそうな。これは、1898年にキュリー博士がウラン鉱石からラジウムを発見したことに始まるのですが、これから新しい元素を発見するレースが始まります。分光器という装置ができて、元素分析はさらに佳境に入ります。物質を加熱したり、日食時に太陽のコロナを観測したり、遠くの星雲を分析したりして、さまざまな新元素が発見されます。大半が幻想として退けられたあとも、残ったものの中にたしかに新元素はあったのでした。その一つが、ヘリウム。不活性気体と呼ばれる奇妙な元素群の、もっとも軽いもの。
 これを液化し、固化する奮闘と、発見された超伝導という特殊な状態。完全無欠な元素。
 その他、元素に関する化学の話、いろいろ。

 第三部は、物理学。
 古代ギリシャの「科学」とはたいてい間違っていたのですが、ひとつ現代になってようやく追いついたものがあったといいます。それは、イルカのこと。
 イルカは利口な生き物だと、ギリシャの記録は古代から伝えています。またアリストテレスはイルカを魚ではなく、哺乳類に分類したのだという。また音についても、(アシモフが言うには物理学でただ一つギリシャ人が正しかった例だと言うのだそうですが)彼らは正しかったのだそうな。弦の長さと振動数、水谷空気が媒体として存在しなければ音を聞くことはできないこと。音は波動であること。波動は干渉すること。
 それから、極小の時間単位のこと。エントロピーのこと。温度の上の限界値。
 ついでに指摘。第9章の最後の原注か脚注か知りませんが、
 註 ご参考までに、一マイルは1.6キロメートルに等しく、1インチは25.5ミリメートルに等しい。(P179)
 とありますが、勘弁してよ。1マイルは1.60934kmだし、1インチは25.4mmと定義されてます。(笑)

 第四部は、天文学。
 物理学の教科書に「アシモフの法則」や化学の教科書に「アシモフ反応」が載ることは諦めた、という話から。「アシモフの理論」も「アシモフの仮説」もダメだろうな、と。しかし温度に関してもしかしたら残せるかも、というのが最初のネタ。最高の温度についての仮説。
 そして、毎秒あなたの体を100トリリオン(10の14乗)以上貫通しているニュートリノのこと。惑星を構成する元素のこと。太陽系の小惑星帯のこと。ラグランジュ・ポイントのこと。トロイ小惑星群のこと。
 地球=月系のラグランジュポイントに核の廃棄物を集めて廃棄所にしようじゃないか、という面白い提案も。
 最後、太陽系において生物が発見される天体はどこか、という疑問に対し、アシモフはなんと木星と答えます。なぜか。どのような理屈によるのか。

 ちょっと理論は古いけど、やっぱりアシモフの科学エッセイは面白いねぇ。(2019/8/13)

 読書メーターの記録より  読了:2019/7/7 
iページのトップへ   Ver. 3.05 
管理番号:A003-012 55 技術史・科学史   出版社:早川書房
書名:地球から宇宙へ アシモフの科学エッセイ[2] ISBNなし
原題:From Earth to Heaven(1963) 翻訳者:小尾信彌・山高 昭
ハヤカワ文庫NF22 早川文庫779 価格:380Yen ページ数:328P 本のサイズ:文庫
初版発行:1973/6/30 購入:1978/6/25 カバー:高野紘造
「地球から宇宙へ」 アイザック・アシモフ  アシモフの科学エッセイ、(日本での)2巻目。
 テーマは、方向、化学、星、でいいかな?(笑)
 アシモフは、全方位的に興味を持ち、なんでも知ってやろう、なんでも開明してやろう、そしてなんでもそれを話してやろうという、ある意味はた迷惑な人。話がどこにころがるか、わかりませんからね。

 さて、第一部では。
 まずは、アメリカ合衆国の最北の州、最南の州、最西の州、最東の州はどこか。南北は絶対の規準があるが東西はない理由。
 海の大きさ。面積、体積。世界の塩水湖。淡水湖。
 ああ、そうか。世界で一番高い山が規準によって三種類あるという話はここか。
 一般的には海抜で計ってエベレスト(29,002フィート)ですが、麓つまりその山が聳える平原から計ったら、なんと世界一高い「山」はハワイのマウナ・ケア山という事になるのだそうな。また、高さを地球の中心からの距離と考えるのなら、地球は赤道部が膨れた回転楕円体なので、なんと一番高いのはアンデス山脈にあるエクアドルのチンボラソ山であるのだという。むろん、思考実験的な遊びですが。
 島の話。大陸と島の違いとななにか。グリーンランドより小さなものを島と呼ぶこととした場合、この本が書かれた1960年代初めの時点で最も人口が大きい島は、欧米人にはなじみのない名前、「本州」であること。
 SF作家の価値は、未来を予測することにあるのではなく、変化する未来が何をもたらすかを考察することにある、という。過去のテクノロジーを大袈裟になぞることが仕事であるはずがない。
 そういうわけで、重要な予言とは、自動車ではなくて駐車問題であり、ラジオではなくて安っぽいホーム・ドラマであり、所得税ではなくて出費であり、爆弾≠ナはなくて核の手詰まりであることが、おわかりだろうか? 簡単にいえば、大事なことは作用でなくて反作用なのだ。(P98)
 この章の最後は、ノーベル賞と国籍のこと。それから、自然科学の部門としてされに三つを増やすべきだということ。「天文学(地質学呼び海洋学を含む)」「数学」「人間の科学(人類学、心理学、社会学)」を。

 第二部。
 数学の魅力。「!」記号のこと。配られたブリッジの手札が前と同じものである確率は、5.3644735×1028分の一であること。「アシモフの数列」を発見してみたこと。
 フッ素を抽出する方法。「キセノンとフッ素をニッケルの容器の中で混ぜるだけ」が出来るまでの数十年の苦闘と数十人の科学者の犠牲。
 化学者を見分ける方法(“unionized”をどう発音するかと、“mole”をどう説明するか)。で。モグラではないmole(グラム分子量)の説明。アボガドロ数、ロシュミット数、理想気体。
 19世紀の科学界の思想。「何といったって、僕は、何でもわかるほど若くはないんだから」。不確定性原理。
 アインシュタインと不確定性理論。「破れない規則でも見つからなければ破れる」こと。中間子。
 ミュー中間子、略してミューオンのこと。ミューオン崩壊。存在するのに検出できないニュートリノ。

 第三部。
 1日に二回満潮が起きる訳。潮汐力。太陽と月の地球に及ぼす影響は176:1の差があるのに、なぜ月が地球の潮の満ち干を支配するのか。金星や水星が太陽に対して時点を止めていない訳。
 歴史の始まる前から多くの惑星に降り注いできた隕石のこと。何十万年ごとに巨大隕石が落下してきた可能性。この隕石、地球を掠める星(アース・グレイザー)≠ェ過去に地球生物を絶滅させた可能性。将来その脅威から人類を守るテクノロジーが生まれる希望。
 ケプラーの法則。太陽の支配下にある最遠の惑星とはどのあたりにあるものなのか。ニュートンの介入と、惑星の質量を測定する方法。
 現存するもっとも密度の大きな物質より密度の大きなもの。白色矮星。ニュートロニューム。中性子星。シュワルツしルド半径。質量が大きすぎて光すら脱出できない質量体。
 ブラックホールという名称は、この本が執筆されたあと、1964年1月18日の『サイエンス・ニュースレター』に初めて載り、一般的には1967年にアメリカ物理学者ジョン・ホイーラーに提唱されたものです。
 アルキメデスへのアシモフの敬意のこと。宇宙の大きさとそれがどのように拡大しているか。ハッブルの法則。観測可能な宇宙の大きさ。天地創造となる爆発は、複数回ではなく一回しかなかったのではないか。
 そして、最後の言葉。
 もし結論が不確定なのならば、私は信じるしか手がないことになる。そして、私の信念はこうだ──宇宙は果てしなく無限であり、人類には対決し征服すべきフロンティアがなくなってしまうようなことは、決して、決して、決してないだろう。(P322)

 いま(2019年)の時点ではもう古くなった考えや理論も多いけど、アシモフの未来へのオプティミズムって、好きです。(2019/10/4)

 読書メーターの記録より  読了:2019/9/4