トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号:A055 愛川 晶 あいかわ・あきら
国籍:日本 生没年:1957/5/30〜
 福島市生まれ。1994年『化身』で第五回鮎川哲也賞を受賞。トリッキーな本書くミステリーを基調としながら、サイコサスペンス、ユーモアミステリー、人情ミステリーと幅広く活躍。
愛川 晶
管理番号 書  名 メ  モ
A055-001 高座のホームズ 昭和の名人、林家彦六(正蔵)師匠が名探偵?
ページのトップへ   Ver. 3.04 
管理番号:A055-001 40 ミステリ一般 歴史年表 出版社:中央公論新社
書名:高座のホームズ 昭和稲荷町らくご探偵 ISBN978-4-12-206558-1 C1193
中公文庫 あ79-2 価格:680Yen ページ数:264P 本のサイズ:文庫
初版発行:18/3/25 再版:18/4/15 購入:2018/6/17 装画:森英二郎
装幀:岡本歌織(next door design)
「高座のホームズ」 愛川 晶 プロローグとして、台東区浅草4丁目のとある寿司屋、「柳寿司」から始まります。
 現代が舞台、らしい年の瀬の寒い日、とある中年男が暖簾をくぐると、カウンターの向こうに店のあるじ。70代くらい。元は噺家だったという。
 東橋(とうきょう)師匠の弟子であった、とだけは語ります。
 落語会話を交え、往年の名人、稲荷町の師匠こと林家正蔵師匠のことが話題になり、その余韻を残して次へ。

 第一話の題は、「天災」から「初天神」。どちらも落語噺。どちらも正蔵師匠の十八番。
 寄席を湧かす芸をしている落語家が、明治28年生まれで御年83歳、と言うからこの落語家はまさしく(8代目)林家正蔵師匠(1895-1982)。時は1978年つまり昭和53年。晩年の隠居名のような林家彦六を名乗るのは、この3年後のことです。
 その様子を白黒のモニターで見ながらぼやいているのは、伸び悩む自分にいらついている32歳の二つ目、浅草亭てっ橋。彼がこの本の主人公的なもの。というより、狂言回しと思った方がいいかな。

 いくつかの小ネタのあと、事件は「抜き」つまり出演のドタキャンをやったことで席亭の息子、若旦那に睨まれている中堅噺家、真打の文六師匠の高座で起きます。噺の途中で、罵声と共に高座にミカンを投げつけた女の観客がいたのでした。しかもその客、木戸つまり観客の出入り口から逃げたのではなく、知られていない楽屋から裏口に出るルートでいなくなったらしい。この文楽師匠が女出入りの激しい人なだけに、なにか裏がありそう。
 犯人もわからないままに、その文六師匠が誰かに殴られて重傷となる事件が起きます。前の事件と関係あるのか。
8代目・林家彦六 この、文六の女好きという件で話はなおこじれます。思いあまった警察の刑事が、かつて落語好きが昂じて正蔵師匠に弟子入りしたこともあるとのことですが、てっ橋経由で正蔵師匠に相談したのでした。
 その結果は、どうなったのかというと、何と見事に座ったままで正蔵師匠は謎を解いてしまう。お見事。安楽椅子探偵ならぬ、長火鉢探偵ですな。

 「今」の時代の寿司屋での幕間シーンを挟んで、第二話。
 こっちの題は、「写真の仇討ち」から「浮世床」
 お話は芽が出ない二つ目てっ橋のモテた話、といえば聞こえは良いが、ちょいと無様な色男を演じて火傷をする話。
 これもまた、最後にあだ名の元である、東京都台東区の稲荷町の長屋に住む正蔵師匠が、見事な手並みであっというまに謎を解いてしまう。しかも、てっ橋の嘘まで見抜いて、一喝を食らわせる。
 「おい、てっ橋! お前、あたしの目が節穴だとでも思っているのか!?」 (P237)
 いやあ、格好いいねぇ。

 エピローグで再び「現代」の寿司屋に戻り、店のあるじ、つまりかつてのてっ橋が、あの事件の後どんな人生を歩んだのか、が語られます。その後落語界とも稲荷町の師匠とも疎遠になってしまったけれど、正蔵師匠の名探偵ぶりにはいくつかまだ語れるものがある、という余韻を残して終わり。

 ああこれ、面白いよ。
 正蔵師匠がそんな探偵ぶりを発揮したかはハテナだけど、落語界のあれこれや清貧に甘んじながら落語界の名人として名を残した正蔵師匠のさりげないハイカラなところとか、置いてなおきっちり啖呵を切る様子とか、読んでいて楽しい。ちりばめられた落語界の符丁のてんこ盛り、いいねぇ。

 この本は、正蔵師匠本人ではないにしても、ご遺族の方にきっちり話を通して名前を使わせていただいて書いたそうです。あの稲荷町の師匠が実は名探偵でもあったというお話、面白い。
 続編があるのかな? 出ていたら、ぜひ読みたいな。 (2018/7/26)

 読書メーターの記録より  読了:2018/6/27