購読リストによる歴史年表
現在試作中...
トップへ戻る
トップへ戻る
書籍データへ戻る
読んだ本の分類
 自分の構築した世界の年表を作る、という発想は、知っている限りではR・A・ハインラインが初期の自分で作った近未来小説群を年表を付けて未来史年表にしたのが最初でしょうか。
 そのアイディアに基づき、かつて中学生の時に読んだ小説を年表に置いてみたことがありましたっけ。
 数十年たって、それをもう一度やってみます。歴史マニアが読書マニアの中に頭を出してきたらしい。
 とりあえず、世紀で分けてみます。嫌になったら投げ出しますので期待しないでね。(笑)
 年代の区分けは、物語なら最も大事な年代。伝記類なら最も活躍した時代。いずれも鐵太郎の独断と偏見による。
 扱う年代が長すぎるものは、のせません。めんどうだもの。
地質年代(〜BC1万年頃)
有史以前(BC1万年-BC5000)



前6-5世紀(BC600-401)
前4-3世紀(BC400-201)
前2-1世紀(BC200-1)
1世紀(1-100)
2世紀(101-200)
3世紀(201-300)
4世紀(301-400)
5世紀(401-500)
6世紀(501-600)
7世紀(601-700)
8世紀(701-800)
9世紀(801-900)
10世紀(901-1000)
11世紀(1001-1100)
12世紀(1101-1200)
13世紀(1201-1300)
14世紀(1301-1400)
15世紀(1401-1500)
16世紀(1501-1600)
17世紀(1601-1700)
18世紀(1701-1800)
19世紀-1(1801-1850)
19世紀-2(1854-1900)
20世紀-1(1901-1925)
20世紀-2(1926-1950)
20世紀-3(1951-1975)
20世紀-4(1976-2000)
21世紀-1(2001-2050)

22世紀-1(2101-2150)
世紀 年代 書名  作家名   .   Memo
地質年代 5億4,500万年前〜5億500万年前 眼の誕生 アンドリュー・パーカー 新説:生物進化の鍵となったもの
恐竜の時代
約2.5億年前-6550万年前
最新恐竜学 平山 廉 カメの専門家による恐竜のあれこれ
700万年前〜 人類進化の700万年 三井誠 人類の祖先の歴史・新説の整理
ヒトの進化 七〇〇万年史 河合信和 人類の歴史と人類考古学最先端
約80万年前〜
1万2千年
ホモ・フロレシエンシス マイク・モーウッド
 &ペニー・ヴァン・オオステルチィ
考古学史を変えた超小型の新人類の発見記
世紀 年代 書名  作家名   .   Memo
BC6-5C
BC600-401
前480年9月 サラミス 佐藤哲也 サラミスの海戦(ギリシア)
春秋末期
BC450?-400?
呉越舷舷 塚本史 春秋時代末期の呉越戦記
臥薪嘗胆、孫子の伝説などの時代
BC4-3C
BC400-201
白起
? - 前257
白起 塚本史 ある秦の猛将軍の物語
生没年
前259-前210
始皇帝  伴野 朗 秦の始皇帝の一代記
小説 始皇帝暗殺 荒俣宏 映画化された始皇帝の暗殺物語
ハンニバル
BC247-BC183
ハンニバル 長谷川博隆 武将、政治家としてのハンニバル
BC2-1C
BC200-1
李広
BC190?-BC119
飛将軍 李広 塚本史 前漢の時代、変革期に乗り遅れた不遇な名将
漢の武帝
前156-前87 
太陽王 武帝 伴野 朗 漢の第8代皇帝武帝(劉徹)の生涯
史記 武帝紀(一) 北方謙三
霍光
?〜BC68
霍光(かくこう) 塚本史 霍去病の弟として漢王朝を守った文人の物語
事件発生
BC70-63
古代都市ローマの殺人
青年貴族デキウスの捜査
 ジョン・マドックス・ロバーツ
共和制末期のローマのミステリ事件
BC58-BC47 ガリア戦記
内乱期 ガイウス・ユリウス・カエサル
ガリアを制覇したカエサルの名文
共和制ローマ末期の争乱。「ガリア戦記」の続編。
ヘロデ
前37-4頃
狂王ヘロデ 曾野綾子 紀元前後、ユダヤの王の物語
世紀 年代 書名  作家名   .   Memo
AD1C
AD1-100
イエス・キリスト
前30?-後4?
ユダの謎 キリストの謎 三田誠広 キリスト教へのちょっとヒネた豆知識本
ユダの福音書を追え ハーバート・クロスニー キリスト教会を震撼させた異端の書の発見物語
AD20年頃 サロメの乳母の話 塩野 七生 西欧史 短編集
AD29年 この人を見よ マイクル・ムアコック 小心な神秘主義が西暦29年に飛んだとき
クラウディウス
BC10〜AD54
この私、クラウディウス ロバート・グレーヴズ ローマ第4代皇帝クラウディウスの半生
事件発生
AD70→未刊
密偵ファルコ・シリーズ リンゼイ・デイヴィス  紀元一世紀、ローマ皇帝ウェスパシアヌスの時代に密偵として
活躍するマルクス・ディディウス・ファルコのハードボイルド・ミステリ。  (え?)
AD79年 ポンペイの四日間 ロバート・ハリス 古代ローマのヴェスヴィオ火山の惨劇
AD2C
101-200
ハドリアヌス
AD76-138
ハドリアヌス帝の回想
 マルグリット・ユルスナール
あるローマ皇帝の数奇な回想録
AD3C
201-300
AD248年 時砂の王 小川一水 時間の修復のために戦った戦士の物語
三国志の時代
180〜280
呉・三国志 長江燃ゆ 1〜10 伴野 朗 呉の国の視点で見た三国志
荀ケ 風野真知雄 新解釈による荀ケ伝
諸葛亮 孔明 その虚像と実像
魏志倭人伝の謎を解く 渡邉義浩
諸葛亮の生涯とその時代
三国志の時代の日本
曹操残夢 陳 舜臣 曹操の死後の、魏の国の歴史
それからの三国志 内田重久
三国志 姜維伝 小前 亮
姜維を中心にした諸葛亮亡き後の蜀漢衰亡史
諸葛孔明 「三国志」とその時代
 宮川尚志
蜀漢を支えた天下の才人の物語
ディオクレティアヌス
244-311
ディオクレティアヌスと四帝統治
 ベルナール・レミィ
新時代を作ろうとしたローマ皇帝マルクス・アウレリウス・ガイウス・ウァレリウス・ディオクレティアヌス(在位:284-305)の生涯
AD4C
301-400
苻堅
338-385
王道の樹 小前亮 五胡十六国時代、理想社会の求めた前秦の第三代皇帝苻堅の物語
フラウィウス・クラウディウス・ユリアヌス
331-363
背教者ユリアヌス 上・中・下 辻 邦生 キリスト教に背を向けたローマ皇帝の物語
AD5C
401-500
476-? カエサルの魔剣 ヴァレリオ・マンフレディ 西ローマ最後の皇帝の謎
AD6C
501-600
鍾離の戦い
505
奔流 田中芳樹 北朝の北魏と南朝の梁合わせて百万の兵が戦った、世界史上屈指の戦い
継体天皇在位
507-531
継体天皇の謎 関 裕二 古代史の謎・継体天皇の正体
高長恭
547-573
蘭陵王 田中芳樹 美貌を仮面で隠した貴公子・高長恭の物語
AD7C
601-700
隋帝国滅亡
618
風よ、万里を翔けよ 田中芳樹 隋帝国末期、男装の花木蘭の伝説
アイルランド
7c後半
蜘蛛の巣 ピーター・トレメイン
幼き子らよ、我がもとへ
7世紀アイルランドの弁護士・修道女フィデルマの推理
李世民
598-649
李世民 小前亮 唐帝国を実質作った李世民の物語
白村江の戦い
663
「白村江」以後 森公章 日本の朝鮮遠征戦とその意義
乙巳の変
645
蘇我氏の古代 吉村武彦 古代の日本を彩ったある氏族の盛衰
壬申の乱
672年
壬申の乱 遠山美都雄 古代最大の戦乱の再検討
壬申の乱の謎 関 裕二 古代史最大の争乱の真相
王玄策
生没年不明
天竺 熱風録 田中芳樹 玄奘法師のあと、3度もインドに旅した王玄策の物語
AD8C
701-800
     
AD9C
801-900
847年 纐纈城奇譚 田中芳樹 唐の時代の末期、おぞましい陰謀団と戦う男たち
“教皇ヨハンナ”
853-855
女教皇ヨハンナ(上・下) ドナ・W・クロス 存在しなかったはずの伝説の女教皇
793から約300年 知の再発見27 ヴァイキング イヴ・コア 海の王とその神話
AD10C
901-1000
天慶の乱
939-941
絶海にあらず 北方謙三 藤原純友の叛乱・顛末記
趙匡胤
927-976
趙匡胤 小前亮 宋帝国を作った男の若き日
楊家の時代
950-1010?
楊家将
血涙 北方謙三
中国・宋の時代を生きたある軍閥の男たち
世紀 年代 書名  作家名   .   Memo
AD11C
1001-1100
1003年 テクニカラー・タイムマシン ハリイ・ハリスン ヴァイキングの時代へ行った映画マンの騒動記
1000-1050? 旅する石工の伝説 松谷健二 夢を追ったある石工の物語
AD12C
1101-1200
藤原三代
1087-1189
奥州藤原氏 高橋 崇 奥州に覇を唱えた一族の歴史
アリエノール
1122-1204
王妃アリエノール・ダキテーヌ 桐生操 アリエノール・ダキテーヌ(仏・英両国の王妃)
王妃エレアノール 石井美樹子
事件発生
1120-1145
修道士カドフェル・シリーズ エリス・ピーターズ 12世紀、イングランド王位継承戦争の陰で起きた
小さな修道院の歴史ミステリ
采石機の戦い
1161
紅塵 田中芳樹 南宋史に名高い、抗金名将の末裔と金との戦い
サラディン
1137・38〜1193
イスラームの「英雄」サラディン 佐藤次高 エジプト、アイユーブ朝の始祖となったイスラムの英雄
源頼朝
1147-1199
源氏将軍神話の誕生 清水眞澄 頼朝、義経の伝説はどのように作られたのか
頼朝の武士団 細川重男 源頼朝の新しい顔
源義経
1159-1189
源義経の合戦と戦略 菱沼一憲 源義経に関する新しい歴史解釈
1190-1194 シャーウッドの森の物語
 ジェニファー・ロバースン
新しい「ロビン・フッド」伝説
1170?-1190? 平家 池宮彰一郎 平清盛が目指したものとは
AD13C
1201-1300
第4回十字軍
1202-1204
コンスタンチノープル征服記
 ジョフロワ・ド・ヴィルアルドゥワン
目的を失った十字軍・顛末記
チンギス・ハーン
1162-1227
地果て海尽きるまで 森村誠一 チンギスハンの一代記とその後
耶律楚材
1190-1244
耶律楚材  陳 舜臣 チンギス・ハンの重臣となった契丹の男
フリードリッヒ二世
1194-1250
皇帝フリードリッヒ二世の生涯(上・下) 塩野七生 「世界の驚異」 と呼ばれた一人の君主
バトゥ
1207〜1256
蒼き狼の血脈 小前亮 大ハーンにならなかったジンギスカンの孫バトゥ物語
ルイ9世
1214-1270
聖王ルイ ジャン・ド・ジョワンヴィル 第7回・第8回十字軍にその身を捧げたフランス王の記録
1209-1283 オクシタニア 佐藤賢一 中世フランス・13cに起こった宗教戦争の顛末
元寇
1274・1281
モンゴル襲来と神国日本 三池純正 元寇で特をしたのは誰なのか
南宋滅亡
1275
海嘯 田中芳樹 滅び行く祖国に殉じた文天祥
AD14C
1301-1400
1327年 薔薇の名前 ウンベルト・エーコ 中世イタリアの修道院を舞台とした思想ミステリ時代小説
1345年 天翔ける十字軍 ポール・アンダースン AD1345年のあるイングランド領主の大活躍!
中世のペスト
1347-1450
ドゥームズデイ・ブック コニー・ウィルス ペストの蔓延する中世への悲劇のタイムトラベル
異星人の郷 マイクル・フリン 中世の世界に漂流してきたエイリアン 時代SF
黒死病 ペストの中世史 ジョン・ケリー 中世のヨーロッパの暗黒史
1348-1356 ナイジェル卿の冒険 アーサー・コナン・ドイル 白衣団の団長ナイジェルの若き日
デュ・ゲクラン
1321-1380
双頭の鷲 佐藤賢一 フランスの大元帥ベルトラン・デュ・ゲクランの生涯
1366-1370 白衣の騎士団 アーサー・コナン・ドイル 百年戦争時代、エドワード3世時代のイギリス
百年戦争
1337-1453
暗黒神のくちずけ C・L・ムーア 処女戦士 ジョイリーのジレル
足利義満
1358-1408
足利義満 消された日本国王 小島 毅 足利義満の歴史解釈を正す試み
AD15C
1401-1500
靖難の変
1399-1402
運命 二人の皇帝 田中芳樹 幸田露伴の「運命」のリライト
百年戦争後半 ジャンヌ・ダルクまたはロメ 佐藤賢一 中世フランス・短編集
鄭和
1371〜1434
大航海 伴野 朗 大航海者・鄭和の生涯とその航海
1453年 コンスタンティノープルの陥落 塩野七生 東ローマ帝国の最期・1453年
リチャード3世
1452-1485
時の娘 ジョセフィン・テイ 1950年代のヤードの警部アラン・グラントが過去を見直す話
ヴラド・ツェペシュ
1431-1476
ドラキュラ伯爵 ルーマニアにおける正しい史伝
 ニコラエ・ストイチェスク
ワラキア公ヴラド・ツェペシュの生涯
ドラキュラ公 ヴラド・ツェペシュの肖像
 篠田真由美
ブラム・ストーカーとヴラド・ツェペシュの物語
1460-1507
くらいの期間
ボルジア家 悪徳と策謀の一族
 マリオン・ジョンソン
中世に悪名高いボルジア家の物語
AD16C
1501-1600
16世紀 500年のトンネル スーザン・プライス 「タイムチューブ」で行き来できる先のスコットランドの蛮族
マキアヴェッリ
1469-1527
マキァヴェッリの生涯 その微笑の謎
 マウリツィオ・ヴィローリ
ルネサンスのイタリアに生きたある人物の記憶
1522- ロードス島攻防記 塩野 七生 ロードス騎士団とトルコ帝国・1522年
アン・ブーリン
1507?-1536
ブーリン家の姉妹(上・下) フィリッパ・グレゴリー アン・ブーリンとその妹の物語
1536-? カルチェ・ラタン 佐藤賢一 16世紀、ルネサンス時代のパリの学生街
武田信玄
1521-1573
武田家臣団 近衛龍春 記録と文献から見る武田武士たち
春日虎綱
1527-1578
高坂弾正 近衛龍春 武田信玄の股肱の臣・春日虎綱の一生
上杉謙信
1530-1578
上杉謙信の夢と野望 乃至政彦 上杉謙信の新しい人物像を描く
川中島合戦
1553-1564
徹底分析 川中島合戦 半藤 一利 信玄vs謙信 異説
桶狭間の戦い
1560年
新説 桶狭間合戦 橋場日月 桶狭間の戦いへの道程と新説
桶狭間の戦い 藤本正行 桶狭間の戦いに関する藤本説の提示
明智光秀
1528?-1582
明智光秀 谷口研語 謀反の悪名ばかり有名な異色の武将
織田信長
生没年
1534-1582
信長軍の司令官    谷口克広
信長と消えた家臣たち
信長の親衛隊
織田信長合戦全録
検証 本能寺の変
信長の天下所司代
殿様と家臣 信長に仕えた男たちの幸運と不運
信長・秀吉と家臣たち
信長と家康
織田信長の外交
谷口克広氏の織田信長研究書いろいろ
信長 歴史を動かした「ただひとり」の男
 加来耕三
織田信長・異聞
信長の家臣団 樋口晴彦 織田信長配下の武将たちの、新解釈
信長とは何か 小島道裕 織田信長と戦国時代への一つの考察
偽書『武功夜話』の研究
 藤本正行・鈴木眞哉
奇書「武功夜話」の信憑性への反論
織田信長 戦国最強の軍事カリスマ 桐野作人 軍事カリスマとして見た織田信長の生涯
信長の天下布武への道 谷口克広 .「戦争の日本史13」 信長に絞った戦国史点描
日本・戦国時代
1500年代後半
戦国軍事史への挑戦 鈴木眞哉 戦国時代の軍事に関する考察
信長の傭兵 津本 陽 根来鉄砲衆として戦場を駆けた男の物語
竹中半兵衛と黒田官兵衛 嶋津義忠 戦国に生きた二人の軍師の物語
群雄、賤ヶ岳へ 岳宏一郎 軍師・策士、黒田官兵衛
真説 鉄砲伝来 宇田川武久 鉄砲伝来の起源についての異説
戦国時代の大誤解 鈴木眞哉 ドラマが描く「歴史」への苦言
長篠の戦い
1575
長篠の戦い 藤本正行 長篠の戦いに関する通説への反論
織田信忠
1557-1582
織田信忠 近衛龍春 「本能寺の変」に散った信長の長男の生涯
信長と信忠 鈴木輝一郎 新しい視点で見た信長像
1571年 レパントの海戦 塩野 七生 トルコ帝国対西欧・海の戦い
1572年 王妃マルゴ アレクサンドル・デュマ・ペール 聖バルテミーの虐殺と悲劇の王妃
本能寺の変
1582
本能寺 池宮彰一郎 織田信長・明智光秀・異聞
信長の棺
秀吉の枷 加藤 廣
本能寺の変とそれ以後の新解釈・歴史ミステリ
織田信長 最後の茶会 小島 毅 本能寺の変の新しい解釈
「本能寺の変」はなぜ起こったか 津本 陽 信長暗殺の謎への仮説
本能寺の変 光秀の野望の勝算
 樋口晴彦
「本能寺の変」では、何が起こったのか
信長は謀略で殺されたのか
 藤本正行・鈴木眞哉
本能寺の変、明智光秀の乱は謀略ではない
忍城の戦い
1590
のぼうの城(上・下) 和田 竜
水の城 いまだ落城せず 風野真知雄
絶対多数の敵と戦った孤城の物語
圧倒的な敵に落城しなかった城
佐々成政
1536?〜1588
史伝 佐々成政 遠藤和子 佐々成政への新しい解釈
豊臣秀長
1540-1591
秀長さん 鞍馬 良 天下人の補佐官として生きた男
黒田孝高
1546-1604
黒田官兵衛 諏訪勝則 豊臣政権を支えたある武将の記録
森長可
1558-1584
戦国の鬼 森武蔵 鈴木輝一郎 森蘭丸の兄、森長可(もり・ながよし)の生涯
安国寺恵瓊
1537?-1600
戦国の交渉人 渡邊大門 安国寺恵瓊の生涯
李舜臣
 1545-1598
弧将 金薫(Kim Hoon) 朝鮮の英雄・李舜臣の物語
1500年代末期 海狼伝
海王伝 白石一郎
倭寇とも言われた、対馬・瀬戸内の海の男たち
エリザベス1世
1533-1603
エリザベスとエセックス リットン・ストレイチー 女帝とその愛人の物語
エリザベス一世 青木道彦 エリザベス1世の評価とその時代
エリザベス 華麗なる孤独 石井美樹子 英国史に名高いエリザベス女王の物語
愛憎の王冠(上・下) フィリッパ・グレゴリー メアリとエリザベスの王家の争い
豊臣秀吉
1537-1598
秀吉神話をくつがえす 藤田達生 新しい秀吉像の探索
島津義弘
1535-1619
関ヶ原 島津退き口 桐野作人 戦国史に名高い島津義弘の撤退戦の行程
島津奔る 池宮彰一郎 島津義弘の晩年の活躍
島津義弘の賭け 山本博文 島津義弘の生涯
メアリ・ステュアート
1542-1587
メアリー・スチュアート
 アレクサンドル・デュマ・ペール
数奇な運命に生きた悲劇の女王
加藤清正
1562-1611
加藤清正 朝鮮侵略の実像 北島万次 ある無骨な戦いの職人の物語
黒田長政
1568-1623
黒田長政 徳永真一郎 知将・黒田官兵衛の息子
結城秀康
1574-1607
結城秀康 志木沢郁 家康と秀吉を父とした「制外の家」の主
関ヶ原の戦い
1600
修羅走る 関ヶ原 山本兼一 男たちが戦った関ヶ原、か
AD17C
1601-1700
徳川家康
1543-1616
徳川家康の詰め将棋 安部龍太郎 家康の天下統一までの長い道のり
遁げろ家康 池宮彰一郎 小心者と称した徳川家康の人物像
慶長遣欧使節
1613-1620
伊達政宗の遣欧使節 松田毅一 支倉常長の遣欧使節の虚像
藤堂高虎
1556-1630
主を七人替え候 小松哲史 「変節漢」藤堂高虎の生涯
立花宗茂
1567-1643
小説 立花宗茂 童門冬二 ある型破りな戦国武将の生涯
1614 片桐且元 鈴木輝一郎 大阪冬の陣直前のお話
スペイン
1623-1626
アラトリステ T〜X
 アルトゥーロ・ペレス=レベルテ
17世紀スペインの快男児の物語
リシュリュー
1585-1642
宰相リシュリュー 小島英記 17世紀の仏王国を支えた政治家の一生
三銃士の時代
1625〜1626
新・三銃士 少年編
新・三銃士 青年編 藤本ひとみ
妖婦ミラディの視点から見た新しい三銃士
恋愛血風録
 ガチアン・クウルティルス・ド・サンドラス
デュマ『ダルタニャン物語』の原作
三銃士(上)
三銃士(下) アレクサンドル・デュマ・ペール
かつて少年たちを熱狂させたフランスの快男児の物語
ダルタニャン
1615-1673
ダルタニャンの生涯 佐藤賢一 史実のダルタニャン伯爵
1632/12 天下騒乱 鍵屋の辻  池宮彰一郎 江戸初期、荒木又右衛門の仇討ちの顛末
大久保忠教
1560-1639
強情・彦左 小島英記 戦国末期から江戸初期を生きた、強情っ張りの侍
李厳
1606-1645
李巌と李自成 小前亮 明国を滅ぼし、新たな王朝を立てた男たち
フロンドの乱
1648-1653
我は王軍、友は叛軍
謎の修道僧
復讐鬼 アレクサンドル・デュマ・ペール
「三銃士」続編、「二十年後」
中年となったあの四人の物語
保科正之
1611-1673
保科正之 中村彰彦 家光の異母弟・江戸初期の名政治家の肖像
渋川春海
1639-1715
天地明察(上・下) 冲方 丁 暦の改正に人生を賭けることとなった男の物語
徳川綱吉
1646-1709
徳川綱吉犬を愛護した江戸幕府五代将軍
 福田千鶴
悪名高き「犬公方」の素顔
1693年 太陽の王と月の妖獣 ヴォンダ・マッキンタイア 17世紀、ルイ14世の宮廷に現れた妖獣
AD18C
1701-1800
赤穂浪士
討入事件
1703
四十七人の刺客
その日の吉良上野介
最後の忠臣蔵
忠臣蔵夜咄 池宮彰一郎
池宮彰一郎の忠臣蔵三部作・他
真伝 忠臣蔵 喜安幸夫 新たな「忠臣蔵」像
美男忠臣蔵 鈴木輝一郎 忠臣蔵・異聞
義にあらず 鈴木由紀子 上野介の妻の目から見た忠臣蔵事件
安部式部信旨
1708-1709
火盗改め長官
雲霧仁左衛門(上・下)
 池波正太郎
希代の盗賊一味と、火盗改めの死闘
エカチェリーナ1世
1684-1727
ピョートル大帝の妃 河島みどり 女帝エカチェリーナ一世の物語
徳川吉宗1684-1751 大わらんじの男1〜5 津本 陽 徳川吉宗の一代記
1735年 超高速! 参勤交代 土橋章宏 五日間で江戸まで大名行列しろだと?
1757年 モヒカン族の最後
 ジェイムズ・フェニモア・クーパー
フレンチ・インディアン戦争の中で起きた悲劇
ジェームズ・クック
1728-1779
キャプテン・クック 最後の航海
 ハモンド・イネス
クックが残したかもしれない最後の航海記
マリア・テレジア
1717-1780
マリア・テレジア ハプスブルク唯一の「女帝」 江村 洋 オーストリアの中興の祖の挫折と栄光
1784-1785 王妃の首飾りアレクサンドル・デュマ・ペール フランス革命前夜、宮廷内大事件
ジョン・ハリソン
1693-1776
経度への挑戦 デーヴァ・ソベル 歴史に名を残したある時計職人の物語
エカテリーナ1世
1729-1796
女帝エカテリーナ アンリ・トロワイヤ ロシアを大帝国にしたロシア生まれではない女帝の生涯
1787年 ジョン・ランプリエールの辞書
 ローレンス・ノーフォーク
18世紀を舞台にしたゴシック・ミステリ
アンリ・サンソン
1739-1806
死刑執行人サンソン 安達正勝 6代に渡ってパリの死刑執行人を勤めた家系の第4代
シャルル=アンリ・サンソンの物語
ジュゼッペ・バルサモ
1743-1795
最後の錬金術師 カリオストロ伯爵 イアン・マカルマン 希代の詐欺師の一生
トマ=アレクサンドル・デュマ
1762-1806
黒い悪魔 佐藤賢一 黒い悪魔、皆殺しの天使と呼ばれたフランスの将軍
1780
1781
闇のしもべ(上・下) イモジェン・ロバートスン
亡国の薔薇(上・下)
孤独な解剖学者と提督夫人の事件簿
1780-1785頃 スカラムーシュ ラファエル・サバチニ フランス革命時代・恋と冒険と復讐と
1792 紅はこべ バロネス・オルツィ フランス革命時、仏国貴族を救い出す謎の快男児
1793 赤い館の騎士 アレクサンドル・デュマ・ペール フランス革命時、王妃救出作戦
1790年代- ナポレオンの勇者たち リチャード・ハワード
1 囚人部隊誕生
2 激戦! エジプト遠征
ナポレオン麾下の囚人部隊
ネルソン
1758-1805
炎の提督 -ホレイシオ・ネルソン- 豊田穣 昭和50年に日本で書かれたネルソンの伝記
1792 フランス革命夜話 アン・ペリー 1792年のパリで起きた小さな物語
子午線測定
1792-1799
万物の尺度を求めて ケン・オールダー 1メールトルの長さを決定するまでの7年間
子午線 メートル異聞 ドゥニ・ゲージュ フランス革命の中、地球を測る苦闘と人間模様
世紀 年代 書名  作家名   .   Memo
AD19C(1)
1801-1850
トラファルガル海戦 1805 トラファルガル海戦 ロイ・アドキンズ 英国史に残る海戦の人と時代の記録
ウェリントン
1769-1852
ナポレオン
1769-1821
公爵と皇帝 ジョン・ストローソン ウェリントン卿アーサー・ウェルズリー公爵と、
フランス皇帝ナポレオン・ボナパルトの物語
ナポレオン
1769-1821
ナポレオンは殺された 桐生操 ナポレオンの死因に関する仮説(トンデモ?)
1812年の雪 両角良彦
セント・ヘレナ落日 ナポレオン遠島始末
ナポレオンのロシア遠征始末記
ナポレオン、落日の日
ナポレオン戦争
1793-1815
ナポレオン戦争全史 松村劭 ナポレオンの生涯と戦争
激闘 インド洋・(インド洋の死闘)
 D・A・レイナー
1808年3月 英仏の帆船による一騎打ち
青銅の巨砲 セシル・スコット・フォレスター 1810年頃 スペイン半島戦争のゲリラたち
勇将ジェラールの回想
勇将ジェラールの冒険
 アーサー・コナン・ドイル
ナポレオン戦争時代に活躍した勇敢なフランス軽騎兵の物語
炎の英雄シャープ バーナード・コーンウェル ナポレオン戦争時代、孤児からはい上がった英国陸軍の暴れん坊の一代記
ホーンブロワー
1776-1861
ホレーショ・ホーンブロワーの生涯とその時代
 C・N・パーキンソン
英国海軍の英雄の生涯!
ヴィゴ=ルシヨン
1774-1844
ナポレオン戦争従軍記
 フランソワ・ヴィゴ=ルシヨン
ナポレオンと共に戦ったある兵士の物語
エヴァリスト・ガロア
1811-1832
ガロア 天才数学者の生涯 加藤文元 フランスの天才数学者ガロアの生涯
1834 ポーリーヌ アレクサンドル・デュマ・ペール オルレアン朝時代のフランスのロマンス小説
ダンテスの復讐
1838
モンテ・クリスト伯 アレクサンドル・デュマ・ペール 世界に名を轟かした復讐譚
マシュー・ペリー
1794-1858
ペリー提督 海洋人の肖像 小島敦夫 黒船と共に現れたアメリカの提督
秋月藩 秋月記 葉室 麟 江戸時代中期、小藩の未来を背負ってしまった男
リンカーン
1809-1865
戦争指揮官リンカーン 内田義雄 史上最悪の内戦を指揮した大統領
遠山景元
1793-1855
遠山金四郎 岡崎寛徳 時代劇の名奉行の実像
デュマ・ペール
 1802〜1870
褐色の文豪 佐藤賢一 文豪アレクサンドル・デュマ・ペールの生涯
AD19C(2)
1851-1900
1857年 月蝕島の魔物 田中芳樹 1857年、ヴィクトリア女王時代の英国青年とその姪の冒険譚
護りと裏切り (上・下) アン・ペリー とある上流家庭で起きた殺人事件の謎
偽証裁判(上・下) アン・ペリー 殺人の容疑をかけられた看護婦ヘスター
生麦事件
1862
生麦事件 吉村昭 幕末、生麦事件とその後
新撰組
1862-1867
壬生義士伝 浅田次郎 幕末に生きた一人の侍の物語
1860年代 犬は勘定に入れません コニー・ウィリス 歴史改編を正すためのドタバタ劇?
坂本龍馬
1836-1867
龍馬史 磯田道史 「日本史最大の犯人捜し」への一石
鳥羽伏見の戦い
1868
鳥羽伏見の戦い 野口武彦 歴史にイフはあるのか
西郷頼母
1830-1903
へその曲げ方 ジェームス三木 会津に生きた偏屈男の生涯
フォッグ氏世界一周
1872
八十日間世界一周 ジュール・ヴェルヌ 1870年代の世界の大きさとは?
切り裂きジャック
1888
ロンドンの恐怖─切り裂きジャックとその時代─ 仁賀克雄 切り裂きジャック研究の聖典の一つ
デュマ・フィス
 1824〜1895
象牙色の賢者 佐藤賢一 大デュマの息子、アレクサンドル・デュマ・フィスの生涯
1850-1900頃 駅馬車 三田村裕 (編) 西部劇の時代
勝海舟
1823-1899
それからの海舟 半藤一利 勝海舟ファンの書いた江戸開城後の海舟の半生
ヴィクトリア女王
 1819-1901
ヴィクトリア女王 君塚直隆 時代を作った女王の一代記
コナン・ドイル
1859-1930
コナン・ドイル ジュリアン・シモンズ ホームズを創造した男の肖像
シャーロック
・ホームズ
1853?-1930?
シャーロック・ホームズの大冒険
 マイク・アシュレイ編
新しい解釈によるホームズ・パスティーシュのアンソロジー
明治初め
1870-1880
五郎治殿御始末 浅田次郎 明治の初め、江戸の馨を残した武士たちの物語
1880年代? ボートの三人男 ジェローム・K・ジェローム テムズ川で遊ぶ三人男のユーモア道中記
1889/8 クリッブ巡査部長シリーズ ピーター・ラヴゼイ
7 絞首台までご一緒に
ヴィクトリア時代の名刑事のシリーズ
1891-1895? 荒海の英雄 ハーフハイド
  フィリップ・マカッチャン
 1 ベニン湾の戦雲
 2 女王陛下の火山島
 3 ビスマルクの野望
 4 ロシア艦隊の猛追
 5 スペインからの刺客
19世紀末、イギリス蒸気海軍時代のはみ出し者
  (全5冊)
1886-1899 エドワード殿下シリーズ ピーター・ラヴゼイ
殿下と騎手
殿下と七つの死体
殿下とパリの美女
ヴィクトリア女王の長男、プレイボーイのエドワード殿下の迷推理
1898 カルパチア綺想曲(ラプソディ) 田中芳樹 英国男女の中欧での活躍
AD20C(1)
1901-1925
1902 八甲田山 死の彷徨 新田次郎 日露戦争前に起きた、ある冬の日の悲劇
1901?-1910? 隅の老人の事件簿 バロネス・オルツィ ホームズの亜流ミステリ
東郷平八郎
1848-1934
海原が残った(上・下) 相良俊輔 海将・東郷平八郎の一代記
広瀬武夫
1868-1904
魁偉なり 東郷  
日露戦争
1904-1905
日本海海戦とメディア 木村勲 日本海海戦・新解釈
日露戦争 もう一つの「物語」 長山靖生 日露戦争の背後で、人は何を見てきたか
真説/日露戦争 加来耕三 日露戦争史の新解釈
「坂の上の雲」では分からない 旅順攻防戦
「坂の上の雲」では分からない 日本海海戦
 別宮暖朗
司馬遼太郎の「坂の上の雲」への新たな解説
「坂の上の雲」に隠された歴史の真実
 福井雄三
日本の戦後史のタブーへのアンチテーゼ
もうひとつの日露戦争
 コンスタンチン・サルキソフ
新しいロジェストヴェンスキー像
日露戦争史1 半藤一利
日露戦争史2
日露戦争史3
日本を決めたあの戦いを見直す 
1905 アップフェルラント物語 田中芳樹 ヨーロッパ中部の謎の国の物語
イシ
1860?-1916
イシ  北米最後の野生インディアン
 シオドーラ・クローバー
文明の外に生きた誇り高き原始人の物語
1910頃 失われた世界 アーサー・コナン・ドイル 恐竜映画の原点となった異境冒険譚
1910年代 キーストン警官(コップ) ピーター・ラヴゼイ 1910年代のハリウッドを舞台にしたコメディ・ミステリ
1910頃-1914 ランクリン大尉シリーズ ギャビン・ライアル 第一次大戦前夜の英国スパイものシリーズ
第一次
世界大戦
1914-1918
特務艦隊 C・W・ニコル 日本海軍遣欧艦隊などの物語
たった一人の海戦 セシル・スコット・フォレスター 1914年、南太平洋。生き残った男の壮絶な闘い。
鬼将軍 セシル・スコット・フォレスター WW1・ある陸軍軍人の物語
アフリカの女王 セシル・スコット・フォレスター アフリカの宣教師の妹と無頼の船乗りの旅
海の異端児エバラード
ユトランド大海戦
奇襲 Uボート基地
潜航ダーダネルス
 アレグザンダー・フラートン
WW1からWW2まで、英国海軍で戦った海の男の一族
マルタの碑(いしぶみ) 秋月達郎 日本海軍地中海遠征記
乃木希典
1849-1912
乃木希典 福田和也 明治に生きた徳義の男
乃木希典 佐々木英昭 ある日本の軍人の生涯と研究
東郷平八郎
1848-1934
東郷平八郎 失われた五分間の真実
 菊田愼典
東郷平八郎の一代記と、彼の日本海海戦における
指揮への批判らしきもの
ルパン
1874?-1940?
アルセーヌ・ルパンシリーズ モーリス・ルブラン 希代の怪盗紳士の物語
アルセーヌ・リュパン ジャン=クロード・ラミ 怪盗紳士の生涯と謎
1916-1918 エバラード(1-3) アレグザンダー・フラートン 第一次大戦で活躍した海の男たち
1921 赤い舘の秘密 A・A・ミルン ミルン唯一の長編ミステリ
出羽重遠
1856-1930
出羽重遠 日本海海戦の勇者 星亮一 逆賊の子として生まれ、海軍大将に上り詰めた明治の軍人の物語
AD20C(2)
1926-1950
1926年? アクロイド殺し アガサ・クリスティ 引退したポアロが解いた、ちょっと反則なミステリ 歴史年表
1930- ボニーと砂に消えた男
 アーサー・アップフィールド
オーストラリアのアボリジニとの混血・ボナパルト警部シリーズ
1930-1960頃 ミス・マープル・シリーズ
牧師館の殺人 アガサ・クリスティ
 
英国王
ジョージ五世
1865-1936
ジョージ五世 君塚直隆  
1860-1950
頃の期間
闘う皇族 ある宮家の三代 浅見雅男  明治-大正-昭和を騒がせたある宮家の歴史
1933 オリエント急行の殺人  アガサ・クリスティ 雪の中の列車内で起きた密室殺人事件の顛末
2.26事件
1936
二・二六 天皇裕仁と北一輝 矢部俊彦 昭和期の謎への一つの解釈
1934-1938 消え失せた密画
雪の中の三人男
一杯の珈琲から エーリヒ・ケストナー
ケストナーが描くWW2直前のドイツを舞台にしたユーモア小説
1939/3 シバ 謀略の神殿 ジャック・ヒギンズ 「シバの女王」の遺跡とナチスの陰謀
1939/5 ノモンハン戦争 田中克彦 ノモンハン事件の影にあったもの
1939/6 パイド・パイパー ネビル・シュート 見知らぬ子供を連れて戦場を脱出する老人
1939/8 われらが英雄スクラッフィ ポール・ギャリコ ジブラルタルのサル担当士官ユーモア奮戦記
1940-1943 エバラード(4-9)
 アレグザンダー・フラートン
第二次大戦で活躍した海の男たち
山下奉文
1885-1946
山下奉文 福田和也 運命に翻弄された野戦指揮官
1873-1945 皇族と帝国陸海軍 浅見雅男 軍務に服した皇族たちの物語
1920頃-1945 富嶽 前間孝則 超巨大爆撃機を開発した航空技術者の苦闘
1932-1943 事変 リットン報告書ヲ奪取セヨ
 池宮彰一郎
満州事変、日本外交秘史と謀略
1939-1942 弁護士ジョン・ジョゼフ・マローンシリーズ
 クレイグ・ライス
弁護士マローン、ジェイク&ヘレン・ジャスタスの迷推理
1930-1990 巨人の素顔 石井代蔵 双葉山と力道山、二人の相撲界の巨人の物語
天下盗り狼 石井代蔵 九重部屋の三人の横綱の物語
大相撲親方列伝 石井代蔵 名物親方風雲記
大関にかなう  石井代蔵 頂点に立てなかった土俵の勇者たち
1940年代 居合わせた女 クレイグ・ライス ライスの描くニューヨークのミステリ
1930頃 犬になりたくなかった犬 ファーレイ・モウワット カナダの平原で生きる作者のユーモア自叙伝
1939-1945 悲劇の発動機 「誉」 前間孝則 中島飛行機と天才技術者の夢と挫折
1944? スイート・ホーム殺人事件 クレイグ・ライス
スイート・ホーム殺人事件(新訳版)
小さな三人姉弟の名捜査と名推理
もうひとりのぼくの殺人 クレイグ・ライス 灰色の男、メイヴィル・フェアのミステリ
山本五十六
1884-1943
山本五十六の生涯 工藤美代子 新しい視点で書かれたある軍人の伝記
中島知久平
1884-1949
中島知久平 高橋泰隆 「中島飛行機」をつくった男の物語
E・ロンメル
1891-1944
ロンメル将軍 デズモンド・ヤング 砂漠のキツネと呼ばれた名将の物語
砂漠のキツネ パウル・カレル アフリカ軍団、かく戦えり
岡田啓介
1868-1952
岡田啓介回顧録 岡田啓介 動乱の時代を生きた一人の人物の口述記
第二次
世界大戦
欧州
1939-1945
呪われた海 カーユス・ベッカー ナチス・ドイツ海軍の苦闘
ラプラタ沖海戦 ダドリー・ポープ 1939/8 ポケット戦艦グラフ・シュペーの戦いと最期
Uボート、出撃せよ!
 アレクサンドル・コルガノフ
1939/10 ドイツUボートのスカパ・フロー侵入
電撃戦 レン・デイトン 1939-1940 ナチス・ドイツ軍が世界に名を轟かせた戦略
空軍大戦略 リチャード・コリヤー 1940/8-9 バトル・オブ・ブリテンを制した者たち
決断 ビスマルク号最後の9日間
 セシル・スコット・フォレスター
1941/5 独戦艦ビスマルク号の最後
大西洋、謎の艦影 ダグラス・リーマン 1941-1942 武装商船巡洋艦ベンベキュラ号の航海
Uボート(上・下)
 ロータル=ギュンター・ブーハイム
1941年後半の、Uボートの戦いを描いた名著
駆逐艦キーリング セシル・スコット・フォレスター WW2・護送船団を守る米国駆逐艦長の物語
極北の海戦 木俣滋郎 1942/6 援ソ船団PQ17の壊滅の物語
巡洋艦アルテミス
 セシル・スコット・フォレスター
1942年、地中海。マルタへの護送船団
北緯73度 バレンツ海 ─ 海戦
 ダドリ・ポープ
1942/12 北海の海戦
女王陛下のユリシーズ号
 アリステア・マクリーン
WW2、援ソ船団護衛イギリス海軍の戦いを描いた傑作
狙われた秘密輸送船団
 W・ハワード・ベイカー
ソ連向け輸送船団でのスパイ事件
砂漠の戦争 アラン・ムーアヘッド 1940-1943 第二次大戦の転機、北アフリカ戦線の戦い
バルバロッサ作戦(上)
バルバロッサ作戦(中)
バルバロッサ作戦(下) パウル・カレル
ドイツ軍、ソ連の大平原になだれ込む
焦土作戦(上)
焦土作戦(中)
焦土作戦(下) パウル・カレル
ドイツ軍、ソ連の大平原から撤退する
鷲は舞い降りた(完全版)
鷲は飛び立った ジャック・ヒギンズ
1943年11月、「ロマンティックな愚か者」の物語
戦艦ティルピッツを撃沈せよ!
 レオンス・ペイヤール
1942/1-1944/11 北欧に潜伏した大戦艦への攻撃
眼下の敵 D・A・レイナー WW2 英国海軍vs独Uボート
Uボート113 最後の潜航 ジョン・マノック 1943年8月、メキシコ湾で戦ったUボートと男たち
トロイナの橋 ジーノ 1943年8月、シシリー島における特殊作戦
狐たちの夜 ジャック・ヒギンズ 1944年6月、ノルマンディー上陸作戦前夜のナチ占領下のジャージイ島で起きた秘密作戦
海の異端児エバラード・シリーズ
フィヨルドの死闘
クレタ島救出作戦
スラバヤ沖の血戦
マルタ潜航作戦
大西洋の囮作戦
奇襲ティルピッツ
 アレグザンダー・フラートン
WW1からWW2まで、英国海軍で戦った海の男の一族
彼らは来た パウル・カレル ノルマンディー上陸作戦をドイツ軍の側から描いた力作
遙かなる橋(上・下) コーネリアス・ライアン 1944/9 ヨーロッパ戦線での連合軍最大の失態
バルジ大作戦 ジョン・トーランド 1944/12-45/1 ヒトラー最後の反撃作戦
バンド・オブ・ブラザース
 スティーヴン・アンブローズ
1944/6-45/5 アメリカ陸軍・第101空挺師団のE中隊の物語
Uボート・コマンダー ペーター・クレーマー 大西洋、Uボートの墓場を生き抜いた艦長の物語
バルト海の死闘 ドブスン、ミラー、ペイン 1945/1 末期ドイツ海軍のバルト海撤収作戦の悲劇
凶鳥<フッケバイン> 佐藤大輔 第二次大戦末期・ドイツでおきた不思議な事件
ヒトラー最後の戦闘 コーネリアス・ライアン WW2 ヨーロッパ戦線の終幕
太平洋戦争
1941-1945
空白の戦記 吉村昭 戦争の時代を切り取った小さな歴史こぼれ話
パールハーバーの真実 兵頭二十八 日本海軍の兵器と戦略・新解釈
真珠湾<奇襲>論争 須藤眞二 真珠湾奇襲陰謀説を検証する
零式艦上戦闘機 清水政彦 もう一度見直したゼロ戦の正体
戦艦武蔵 吉村昭 戦艦「武蔵」建造秘話
ミッドウェイの刺客 池上司 1942年6月、ミッドウェイ海戦で戦った潜水艦の物語
ルンガ沖夜戦 半藤一利 1942/11 ガダルカナル島沖で行われた日米の海戦
陸奥爆沈 吉村昭 1943/6 柱島で爆沈した戦艦「陸奥」の謎
わが重巡「鳥海」奮戦す 諏訪繁治 武勲に輝く重巡洋艦「鳥海」乗り組みの作家が描く名艦の奮戦記
キスカ 日本海軍の栄光 市川浩之助 昭和18(1943)年7月末、奇跡のキスカ撤退戦顛末
空母「飛鷹」海戦記 志柿謙吉 1943/8-1944/6 飛鷹の副長を勤めた海軍士官の奮戦記
アラスカ戦線 ハンス=オットー・マイスナー WW2 日本軍のアラスカ侵攻作戦の顛末
海軍乙事件 吉村昭 1944/3 時代の闇に消えかけた戦時史
先任将校 松永市郎 1944/8 軽巡名取沈没後、ボートで生還した195人とその指揮官
軍艦武蔵 手塚正己 1944/10 シブヤン海に沈んだ日本最後の戦艦
空母瑞鶴 神野正美 1944/10 エンガノ沖で沈んだ栄光の武勲艦
栗田艦隊 小島清文 1944/10 レイテ沖海戦 栗田提督の謎の反転
防空駆逐艦「秋月」爆沈す 山本平弥 1944/10 エンガノ海戦で沈んだ「秋月」と商船学校卒予備士官
台湾沖航空戦 神野正美 1944/10 陸海軍初めての共同航空戦と、虚偽と現実の世界
第二水雷戦隊突入す 木俣滋郎 1944/12 日本海軍最後の捷報
硫黄島 勝利なき戦争 ビル・D・ロス 1945/2 東京の南の孤島で行われた戦い
彗星夜襲隊 渡辺洋二 大戦末期、特高を拒否して戦った美濃部少佐と芙蓉部隊
巡洋艦インディアナポリス撃沈
 リチャード・F・ニューカム
1945/7 WW2で最後に沈んだアメリカ巡洋艦の顛末記
雷撃深度19.5 池上司 1945年7月、太平洋戦争最後の、日本海軍潜水艦大戦果の顛末
太平洋戦争のif 秦 郁彦 あの戦争にイフを持ち込む試み
良い参謀 良くない参謀 吉田俊雄 日本海軍の参謀たちと敗戦の原因
私記キスカ撤退 阿川弘之 あの戦争への思い・短編集とエッセイ集
「昭和」を点検する 保阪正康&半藤一利 あの時代を、5つのキーワードで再点検
「名将」「愚将」
大逆転の太平洋戦争
 新井喜美夫
新たな解釈による、戦争の人物史
帝国海軍の勝利と滅亡 別宮暖朗 帝国海軍に関する二人の山本による批判論
八月十五日の開戦 池上司 千島列島 占守島攻防戦
巡洋艦「大淀」 16歳の海戦 小淵守男 日本海軍の防人となった少年兵の物語
撃墜 豊田 穣
出撃
艦爆搭乗員で捕虜となった豊田穣さんの戦記小説群
最強師団の宿命 保阪正康 旭川第七師団の戦記
玉音放送顛末
1945/8/14-15
日本のいちばん長い日 決定版 半藤一利 1945年8月15日、なにがあったのか
戦艦大和
1941-1945
戦艦大和誕生 前間孝則 日本の造船史に革命をもたらした造船士官の物語。
戦艦「大和」の建造 恩田重宝 もの作りの視点から見た、巨艦建造史
戦艦大和 吉田満 予備士官の見た大和沈没
男たちの大和 辺見じゅん 軍艦「大和」の乗組員の生と死
戦艦大和の遺産 前間孝則 真藤恒と戦後造船史
1945-1946 銀塊の海 ハモンド・イネス 第二次大戦末期、謎の陰謀に巻き込まれたわたし
黛治夫
1899-1992
ライオン艦長 黛治夫 生出寿 赫々たる戦果を上げたある海軍士官の物語
日本の15年戦争
1930-1945
あの戦争は何だったのか 保阪正康 日本の「15年戦争」の総括「論」
響兵団の戦い
1945/8/20
昭和20年8月20日 日本人を守る最後の戦い 稲垣 武 四万の日本人を救い出したある部隊
占守島攻防戦
1945/8/17-24
8月17日、ソ連上陸す 大野芳 日本の防波堤となった占守島の戦い
音速の壁突破
1947/10
ザ・ライト・スタッフ 七人の宇宙飛行士
 トム・ウルフ
「正しい資質」を持った男たちの物語
1942-1951? セントラル・パーク殺人事件
エイプリル・ロビン殺人事件 クレイグ・ライス
ビンゴ&ハンサム 凸凹コンビの冒険
1946? 新世界 柳 広司 ロバート・オッペンハイマーとヒロシマ
広田弘毅
(1878-1948)
落日燃ゆ 城山三郎 外交官・官僚・閣僚・A級戦犯だった男の生涯
AD20C(3)
1951-1975
出光佐三
1885-1981
出光佐三 反骨の言魂 水木 楊 「海賊」と呼ばれた男の一生
1950年代初め 幽霊が多すぎる ポール・ギャリコ 幽霊が出た舘の物語
1950年代 砲艦ワグテイル ダグラス・リーマン 1950年代の中国沿岸。
1949-1960 英雄たちの朝
暗殺のハムレット
バッキンガムの光芒 ジョー・ウォルトン
英国がナチスに降伏したイフ歴史
1950年代半ば 深夜プラス1 ギャビン・ライアル ボディーガードとなった元工作員
1955-1981 グランド・フェンウィック大公国シリーズ
小鼠 ニューヨークを侵略 
小鼠 月世界を征服
小鼠 ウォール街を攪乱
小鼠 油田を掘り当てる
 レナード・ウイバーリー
ヨーロッパの小国、グランド・フェンウィック大公国の物語
1960年頃 もっとも危険なゲーム ギャビン・ライアル フィンランドの荒野で行われたゲーム
ちがった空 ギャビン・ライアル ダコタと秘宝と友情と海
本番台本 ギャビン・ライアル カリブ海に浮かぶジョン・ウェインの影
航空救援隊 ジョン・ボール スーパーコニーでの救援任務
1960年代 拳銃を持つヴィーナス ギャビン・ライアル ギャビン・ライアル
オデッサ・ファイル フレデリック・フォーサイス 1960年代、旧ナチスSSとの戦い。
船になりたくなかった船 ファーレイ・モウワット カナダの平原で生きる作者のユーモア自叙伝
樋口敬七郎
1893-1971
師団長だった父と私 樋口大成 あるエリート軍人を父に持った若者の物語
1945-1970頃 マン・マシンの昭和伝説 前間孝則 日本軍用機開発の終焉と自動車の黎明
技術者たちの敗戦 前間孝則 戦争と技術者たちの戦後物語
1955-2006 名機 YS-11 前間孝則 国産旅客機YS-11奮闘記
1967-1975 鬼警部アイアンサイド ジム・トンプソン アメリカの有名な刑事ドラマのノヴェライズ
1970年頃 死者を鞭打て ギャビン・ライアル 船舶保険の陰謀に巻き込まれた元情報部員
裏切りの国 ギャビン・ライアル 中世の宝剣と裏切りと二人のパイロット
1970年代 ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ
 ジョン・ル・カレ
英国情報部のスパイ ジョージ・スマイリー
パンドラ抹殺文書 マイケル・バー=ゾウハー 東西冷戦期、スパイ戦に巻き込まれた男女の冒険
緑の地に眠れ ダンカン・カイル ボルネオの密林で死んだ父の謎を追って
あさま山荘事件1972/2 浅間山荘事件の真実 久能 靖 記者の立場から見たあさま山荘事件
高山捷一
1915/1/4-
戦闘機屋人生 前間孝則 零戦の時代から日本の国防を見てきた技術士官・高山捷一の物語
AD20C(4)
1976-2000
1980年頃 黒の狙撃者 ジャック・ヒギンズ 老いたリーアム・デブリンの活躍
日航機事件
1985/8/12
壊れた尾翼 加藤寛一郎 日航ジャンボ機墜落について、ひとつの仮説
1980-1985頃 マキシム少佐シリーズ ギャビン・ライアル 英国首相の護衛官マキシム少佐の諜報戦
坂井三郎
1916-2000
零戦の秘術 加藤寛一郎 不世出の零戦パイロット、坂井三郎氏の秘術を解明
1960-1980 超音速飛行 加藤寛一郎 音の壁を越えた男たちの挑戦の記録
1980 ファイアフォックス
ファイアフォックス・ダウン クレイグ・トーマス
ソ連の最高機密、MiG31の争奪
フォークランド戦争 1982 SBS出動指令 アレグザンダー・フラートン フォークランド戦争時、エグゾセ破壊活動をするSBS部隊
1986/10
喪失
敵対水域
P・ハクソーゼン&I・クルジン&R・A・ホワイト
米ソ冷戦末期、大西洋で沈んだソ連原潜K-219の物語
本田宗一郎
1906-1991
本田宗一郎との100時間 城山三郎 ホンダを作った本田宗一郎との会話
昭和天皇
生没年
1901 -1989
昭和天皇 三十二の佳話 加瀬英明 神として生まれ日本の象徴として死んだある紳士の逸話集
昭和天皇伝説 松本健一 昭和という時代と昭和天皇の判断
湾岸戦争
1991/1-4
山・動く W・G・パゴニス 湾岸戦争の兵站補給を指揮した男の物語
後藤田正晴
1914-2005
情と理 後藤田正晴 後藤田正晴への一問一答による政治史
フェルマーの定理
証明
1994/10
フェルマーの最終定理 サイモン・シン 数学界最大の謎を解明する300年の物語
天才数学者たちが挑んだ最大の難問
 アミール・D・アクゼル
フェルマーの最終定理が解けるまでの歴史
1990年代 東京の優しい掟 佐藤大輔 東京で起きた諜報戦の顛末
ヨーロッパ イラスト紀行 1〜3
 グリム ありますか
 アンデルセン ください
 マザーグース ころんだ
ひらいたかこ+磯田和一
による、ユーモアヨーロッパ貧乏旅行記
世紀 年代 書名  作家名   .   Memo
AD21C(1)
2001-2050
2002年頃 無音潜航 池上司 黄海上の日本vs中国戦争サスペンス
SAS特命潜入隊 クリス・ライアン フォークランド戦争と、その20年後
2003年頃 究極兵器コールド・フュージョン
 クリス・ライアン
イラク戦争の舞台裏で起きた陰謀劇
2005年頃 亡国のイージス(上・下) 福井晴敏 現代日本の国家と自衛隊へ問題を提起した軍事アクション
2006- アマンダ・リー・ギャレット シリーズ
 ジェイムズ・H・コッブ
近未来(執筆時)の戦争アクション
2008 ファイアファイト偽装作戦 クリス・ライアン CIAのエージェントだったアラブ人の裏切りと謎
「はやぶさ」
2003-2010
小惑星探査機「はやぶさ」の超技術
 川口淳一郎(監修)
奇蹟の帰還を可能にした人々の記録
2010頃? アインシュタイン・セオリー マーク・アルパート 天才の残した遺産を巡る争奪戦
2003/5-2010/6 小惑星探査機 はやぶさ物語 的川泰宣 日本の宇宙探査機はやぶさの航海
AD22C(1)
2101-2150
2131年 宇宙のランデヴー アーサー・C・クラーク ラーマ、太陽系を通過