トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: I001 ハモンド・イネス Innes. Hammond
国籍: イギリス 生没年:1913/7/15〜1998/6/10
  
ハモンド・イネス
管理番号 書  名 メ  モ
I001-005 銀塊の海 第二次大戦末期、謎の陰謀に巻き込まれたわたし
I001-007 キャプテン・クック 最後の航海 クックが残したかもしれない最後の航海記
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:I001-005 24 近代冒険小説 出版社:早川書房
書名:銀塊の海   ISBNなし
原題:Gale Warning (1948) 翻訳者:皆藤幸蔵
ハヤカワ文庫NV98 早川文庫315 価格:330Yen ページ数:340P 本のサイズ:文庫
初版発行:1975/7/30 購入:1975/8/1 表紙イラスト:林幸蔵
銀塊の海 わたしはジェームズ・ランドン・バーディー。陸軍伍長。
 1945年3月、第二次大戦中の、英国からソ連への援ソ船団の一員としてムルマンスクにいます。
 故国への帰還の船を三週間うんざりしながら待っていたのですが、急にトリッカラ号という船に乗船するよう命令されます。わたしを含む小さな部隊を指揮するのは、ランキンという飲んだくれの海軍兵曹長。
 特殊任務なのだそうです。トリッカラ号に積み込まれた鉄鉱石と別に運び込まれたのは、「補充用のハリケーンのエンジン」と記された大きな四つの箱。これが積み込まれた倉庫に寝泊まりして警備しろというのが任務。。うさんくさく、なんとなく気分がよくない。
 出港間近に乗船してきたのは、ジェニファー・ソレルという若い娘。彼女はスコットランド生まれで、ポーランドで捕虜になっていた過去があり、英国に帰国しようとしていたのだそうな。
 出航後、不満を抱えたわたしの部下となった兵士たちは、このエンジンと称する箱を開けてみます。そこに入っていたのは、なんと銀の塊。どうやら、極秘に英国に運ばれることとなった援ソ物資の代金らしい。50万ポンドの銀塊を、こんな形で運ぶとは。
 むろんこのことは酔っぱらっていたランキンにも知られてしまう。彼らはどうなるのか。

 航行中、わたしは怪しい会話をいくつも聞き、なにやらこの船のハルジー船長、ヘンドリック一等航海士らに不審を抱きます。その極めつけが、救命ボートで発見した外板のゆるみ。危険ではないか。
 それを指摘して無視された夜、船は爆破の衝撃に震えます。機雷ではないかという声の中、退船命令が出ます。ミス・ソレルらと共に乗れといわれたのは、先ほど破損していると報告した救命ボート。
 血相を変えて拒否するわたし。砲手のハーバート・クック、ミス・ソレルもわたしと共に、ランキン兵曹長とハルジー船長らの命令に反して救命いかだを選ぶ。
 脱出ののち、暗夜の中で爆音を聞き、漂流し始めた三人は、コルベット艦に救出されます。唯一の生存者と思って帰国した彼らは、しかし英国で驚くことを聞きます。ランキン兵曹長、ハルジー船長らの数人のグループも奇跡的に助かり、わたしとバーディー(ハーバート)は上官反抗で告発される事となったのです。
 軍事裁判の末、有罪を宣告された二人。わたしは懲役4年、バーティは懲役3年。

 ダートムアでの煩悶の中で、わたしはある新聞記事を目にします。日付は1946年3月6日。
 トリッカラ号の船長であったハルジーが、沈んだ船を捜索して50万トンの銀塊を引き上げる計画を立てているという。相棒は、かつての一等航海士ヘンドリック、海軍を退役したランキンなのだそうな。
 これを読んで、今まで運命に振り回されていた過去を思い直すと不信感がこみ上げ、ついにわたしの中でなにかがはじける。
 わたしはバーディーと共にダートムアを脱走する決心を固めます。今までの、彼らを翻弄した謎を解くために。
 はたして、いったい何があったのか。彼らはなにをすればいいのか。

 ダートムアからの脱出行、荒海の情景、マドンス・ロック。財宝。取り残された水夫。財宝。古い船のエンジン。そして、恋。
 面白いネタてんこ盛の、みごとな冒険小説なのですが、なにしろ古い。
 舞台が古いということではなく、ストーリー仕立てが古い。最初の段階で展開が予想できる謎、まだるっこしい恋模様。無理な設定。
 なんだかなぁ。ま、この作家の未来を期待させる作品といえば言えますが、この時代ならこんなものなのかな。  (2011/8/21)
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:I001-007 22 帆船・海洋冒険 歴史年表 出版社:東京創元社
書名:キャプテン・クック 最後の航海   ISBN4-488-22501-2 C0197
原題:The Last Voyage (1978) 翻訳者:池 央耿
創元推理文庫 225-1 価格:400Yen ページ数:282P 本のサイズ:文庫
初版発行:1986/3/28 購入:1986/3/30 表紙イラスト:山野辺進
キャプテン・クック 最後の航海 キャプテン・クックとは、ジェームズ・クック(James Cook 1728/10/27〜1779/2/14)のこと。18世紀の英国海軍士官であり、探検家であり、海図製作者です。
ジェームズ・クック その経歴として特筆すべき事はたくさんありますが、なんといっても第一は探検家としての名声、それから道半ばにして太平洋での現住民との争いの中で死んだことは有名です。歴史海洋マニアとしては、民衆の出身で英国海軍に熟練水夫として入隊し、貴族に支配された時代の中で功績を上げて累進し、正規艦長の地位にまで達した事が、特に記憶されるべきひとつでしょうか。
 左が、有名な肖像画によるクック。
 真面目で意志が強そうな、引き締まった顔立ちですね。
 まさに、こんな人だったらしい。
 傲岸ではないけれど、自分の意志をしっかり持ち、目標を立ててそこに向かって一心に進む。そこに至るために何が必要なのかを幅広く考え、手を抜かずあらゆる手立てを考える。反対は許さない。頑固親父です。
 いろいろな軋轢もあったことでしょう。しかしその意志強固と、それによってなした功績によって、彼は信頼され高く評価されたのでした。
 しかしその最後も、責任ある全てのことを自分の目で見て判断しようとしたその頑固さのために起きた事だったらしい。皮肉です。

 ジェームズ・クックは、三度の探検航海を行いました。その目的は、歴史教科書などに載っているような科学的な探検と未知の探索などという脳天気なものではありません。
 英国は、市場を広げ生産地を確保するために植民地となる世界、新交易ルートを必要としていました。そこで新世界が見つかる可能性を模索した結果、世界の地図をみると大陸は北半球に多すぎる、南半球にもっと大陸があっていいはずと言う説に注目したのです。南氷洋、南太平洋はあまりに広すぎ、空虚すぎるのではないか。
 そしてもう一つ、英国からアジアに脱ける航路は、スエズ運河、パナマ運河がなかった時代では、長大なアフリカ周り、南米周りのルートしかなく、距離による問題が指摘されていたののです。仮にもし、北米大陸の北端を脱ける航路があれば、航路は格段に短縮されます。
 そこで優れた統率者・航海者として知られたクックに、この世界を探索せよと命じたのでした。
 今の視点で見ると、結果を全てわかっていますから、そんなものはないと断言できます。しかしこれを断言できたのは、クックが探求したからでした。先駆者なくして、人々の視点は広がらないもの。
 クックは期せずしてその先駆者となったのでした。
 この功績に加え、航海というものの本質を研究した成果である壊血病・疫病対策、船員の健康対策など、クックの功績は驚くべきもの。

 クックは三回の大航海を行い、三度目の途上で死にました。その航路の概略は下の地図の通り。
キャプテン・クック 最後の航海

クックの航海航路。赤は第1回航海(1768-1771)、緑は第2回航海(1772-1775)、青は第3回航海(1776-1780)。
青の点線は、クック死後の航海。

 英国の冒険小説の大家の一人であるハモンド・イネスは、英国海軍に保管されている公式の航海日誌だけでなく、じつはクックは私的な航海の日誌を付けいたという設定を作りました。そしてこれを偶然発見したため、これを解読すると共に、これを元にしてクックの最後の航海をクック視点でまとめた、という体裁で、この本を書きました。
 だからこの本は、正確には歴史冒険小説ですが、クックが残した日記をまとめたノンフィクションだといわれても何ら不思議ではない、読みやすいみごとな一作になっています。
 クックとはこんな人だったのかもしれない。
 彼がもし、こんな気持ちであの辛い航海を統率者として一瞬も気を許さずにすごし、心を打ち明ける友人もなく耐えぬいたのだとすれば、この世界には見習う価値のある人はいるのだと思わせてくれます。

 1779年2月14日の日記のあと、ゴシック体で二行。
     日記または私記はここで終わっている。
     この翌日、クックは死亡した。


 しかし航海記は終わらない。
 ハワイで現住民との揉め事によって指揮官が死んだあと、クックの指揮する<ディスカヴァリー>に随伴していた<レゾリューション>艦長であるチャールズ・クラークは、すでに床からほとんど起きることのできないほどの重病であったにもかかわらず、躊躇なく遠征隊の指揮権を引き継ぎ、クックの衣鉢を継いで再度アリューシャンへの航海を行って「北西航路」が存在しないことを確認し、その地で死にます。遠征隊はさらに下級の士官たちが受け継ぎ、クックの不屈の意志をそのまま受け継いで故国へ帰還します。
 偉大なるクックは、船乗り、探検家、統率者としてだけではなく、教師としても超一流だった。

 クックの行った探検調査は、結果として英国が抱いた夢を二つとも打ち砕きました。南半球には、植民地候補となりうる豊穣な、人々が居住できる大陸は存在しませんでした。北アメリカの北方には、船が安全に航海できる凍結しない航路は存在しませんでした。
 落胆した人々も多かったはず。
 しかし彼が先駆者として残した数々の海の遺産は、彼の功績として英国が海を持つ限り讃えられます。

 この本は、冒険小説ですが、そんな歴史を教えてくれる素敵な一作です。  (2011/7/10)