トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: I030 磯田道史 いそだ・みちふみ
国籍: 日本 生没年:1970年12月〜
 岡山市出身。京都府立大学中退、慶應義塾大学文学部史学科卒業。2002年同大学院文学研究科博士課程修了、「近世大名家臣団の社会構造」で博士(史学)。2004年茨城大学人文学部助教授、2007年准教授。2008年〜2011年国際日本文化研究センター客員准教授。2007年-2009年読売新聞読書委員、永青文庫評議員、2012年東京歯科大学客員准教授、2012年静岡文化芸術大学文化政策学部准教授、2014年同大学教授を経て2016年より現職。毎日新聞書評委員を務める。
 2003年の著作『武士の家計簿 「加賀藩御算用者」の幕末維新』で第2回新潮ドキュメント賞、2010年には森田芳光監督によって『武士の家計簿』として映画化された。2010年、「専門分野である歴史を視聴者にわかりやすく解説し、放送文化の向上と地域活性化に貢献した」として第15回NHK地域放送文化賞。2015年、『天災から日本史を読みなおす』で第63回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞する。
磯田道史
管理番号 書  名 メ  モ
I030-001 龍馬史 「日本史最大の犯人捜し」への一石
I030-002 武士の家計簿 「家計簿」から見た江戸末期のある武家の経済
I030-003 無私の日本人 記憶に止めたい三人の日本人のこと
I030-004 殿様の通信簿 江戸大名の実録、のようなもの
ページのトップへ   Ver. 3.00 
管理番号:I030-001 51 伝記・一代記 歴史年表 出版社:文藝春秋社
書名:龍馬史   ISBN978-4-16-785801-8 C0195
文春文庫 い87-1 価格:467Yen ページ数:240P 本のサイズ:文庫
初版発行:2013/5/10 購入:2013/6/10 カバー写真:James Nord/Image Source/amanaimages
カバーデザイン:大久保昭子
「龍馬史」 磯田道史 磯田道史さんとは、最近テレビの歴史ドキュメンタリー番組などでよく見る顔です。史料をきちっと調べた上の、硬派の、まっすぐな歴史解釈が気に入っています。こういう研究方法って、いいよね。
 この本は、その磯田氏が描く「龍馬の歴史」です。
 本の題について、あとがきで
 題はあえて「龍馬史」としました。過去を記すとき、帝王は紀、臣下は伝、王朝は史とする伝統的な語法からは、はずれていて、龍馬伝あるいは龍馬記とするほうが正しいでしょう。しかし、個人史、自分史という言葉はありえます。
 幕末、龍馬は諸藩を往来し政局の中枢に喰い込みました。幕末史を物語る道具立てとしては最適の人物です。本書は「龍馬をもって史を語る」ことを目指しました。  (P210〜211)
 と、この本の執筆目的を含めて説明しています。
坂本龍馬
 坂本龍馬(さかもと・りょうま)とは、江戸時代末期の志士、土佐藩郷士。天保6年11月15日(1836年1月3日)生まれ。慶応3年11月15日(1867年12月10日)、没。
 諱(いみな)、つまり正式な名は、直陰(なおかげ)、のちに直柔 (なおなり)。通り名が龍馬。
 江戸時代末期に現れ、この時代に大きな足跡を残した人物です。ここでは、三章に分けて、坂本龍馬という人物を描こうとします。

  第一章 自筆書状から龍馬を知る
 現存する139通の手紙は、宮地佐一郎氏の『龍馬の手紙』に収録されているそうです。ここでそのなかから15通を選び、手紙から見える龍馬の人間像を読み解きます。

  第二章 龍馬、幕末を生きる
 坂本龍馬の生涯を追いつつ、彼に関わる幕末の歴史を追っています。なぜ、土佐の郷士(下士)、すなわち領主たる山内家の支配の中で、「二流の武士」の立場に落とされていた階層の男が、あれほどまでに幕末で男をあげることができたのか。明治維新で活躍した武士たちの多くが、下級武士であったわけ。西国雄藩と呼ばれた藩の実情。
 龍馬という男の中にある、二つの顔。物事を自ら果敢に実行する実践家と、周りの環境に合わせて思想を変えていく柔軟な男。リアリスト、プラグマティストとしての龍馬。
 新しい日本と言う未来を考えたとき、必要なのはまず海軍であると考えたこと。これだけなら、一人二人ではない多くの人が考えたことですが、個人の立場で船を動かし、その権益を守るために戦力となる海軍を持ち、しかもそれを運営するために交易・周旋を行って経済的な基盤を持つ事まで考え、それを実行してのけた、当時の日本で唯一の男であったこと。
 新時代、新体制を生み出すためなら、将軍暗殺も、武力による強硬手段も辞さなかった、絶対的な平和主義者などではなかった果断な改革者。
 そして何より、明るく人懐っこくて、いかなることがあっても自分は死なないという、大言壮語する自信家の姿。

  第三章 龍馬暗殺に謎なし
 慶応3年(1867)11月15日、龍馬は暗殺されます。
 この事件については様々な憶測がなされ、様々な説が立てられました。
 しかし作者は自らの研究をもとに、この事件の背景に謎は無い、と断じます。
 新撰組黒幕説、紀州藩黒幕説、土佐藩黒幕説、薩摩藩黒幕説と、次々に切り捨て、最後に作家が提示した「犯人」を、
  命令者・会津藩主松平容保、実行者・佐々木只三郎をリーダーとする幕府見廻組
 と断じます。
 なぜこの結論となったかについて、様々な説明を行った後、著者はこう締めくくります。
 本書では、「龍馬暗殺はここまでわかっている」というところを、数々の証拠をならべて突き詰め、あえてはっきりと解答を示してみましたが、歴史の思索に終わりはありません。このあとは読者の皆様が、「龍馬暗殺最終解答」を導き出されることに期待したいと思います。
   平成22年5月17日
                              磯田道史   (P211)
 その言や良し。
 歴史家、かくあるべし。  ・・・と、鐵太郎は思うんだよね。  (2013/6/17)
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:I030-002 58 歴史史料・歴史論・個人史 出版社:新潮社
書名:武士の家計簿 「加賀藩御算用者」の幕末維新 ISBN978-4-10-610005-5 C0221
新潮新書005 価格:680Yen ページ数:224P 本のサイズ:新書
初版発行:03/4/10 第29刷:06/8/30 購入:2013/7/16  
「武士の家計簿」 磯田道史 映画になった、金沢藩の武士の家の歴史を、「家計簿」によって描き出した1冊です。

 古書市場に出た販売目録にある
 「金沢藩楮山家文書 入拂(いりばらい)帳・給禄尚書・明治期書状他 天保〜明治 一函 十五万円」
 という説明を見て、著者は現金をポケットにねじ込んで神田神保町に駆けつけ、埃まみれの古文書の入った温州みかんのダンボール箱を買い込んだのだそうです。その中にあったのが、天保13(1842)年7月から明治12(1879)年までの、和紙に書かれたある武士の家の記録。
 無論これは、そのままではただの私文書の山。これと格闘し、整備・調査してまとめあげたのが、この本。
 販売目録に書かれていた「楮山(こうぞやま)家」ではなく、「猪山(いのやま)家」の、幕末から明治にかけての生活の記録なのですが、この時代、さらに昭和時代にかけて、猪山家は金融破壊、地価下落、リストラ、教育問題、利権と収賄、報道被害など、現在の話ではないかと思われるような様々な問題に直面し、乗り越えていたのでした。

 猪山家は、百万石で有名な江戸時代の大藩・加賀藩の「御算用者(ごさんようもの)」すなわち会計処理の専門家でした。おそらくこれが、このように精緻な一家の会計記録が書かれ、しかも保有された理由なのでしょう、と磯田氏は言います。

 江戸時代における一般的な武士の会計感覚とはどんなものか、実はそれはほとんどわかっていません。武家の経理状態を記録した史料、家計簿などがほとんど見つかっていないから。
 もしかしたら、武家とはそのような記録をそもそも作らない、「どんぶり勘定」でよしとしている人ばかりだったのかもしれません。
 猪山家のような存在が、むしろユニークだったのかもしれません。
 しかし、とはいえ、このユニークな記録によって、江戸末期の武家の、典型的なものかどうかは分からぬまでも、ひとつの経済状態を示した詳細な歴史が浮かび上がっています。

 磯田さんのペンによって軽やかに描かれたこの武家の経済と生き方。面白い。明治時代の海軍主計士官となった子孫に至る、ある家系の歴史としても面白い。

 同時にこの本では、巨大な変革、動乱の時代をむかえた中で、時代の先頭に立っていたわけでもないある家族が、新しい時代に生きるための苦闘も描いています。そしてその流れを追いつつ、最後にこんな風にまとめています。
 大きな社会変動のある時代には、「いまいる組織の外に出ても、必要とされる技術や能力を持っているか」 が人の死活をわける。 ・・・ 私は歴史家として、激動を生きたこの家族の物語を書き終え、人にも自分にも、このことだけは確信を持って静かにいえる。恐れず、まっとうなことをすれば、よいのである...。 (P218)
 心にしみる締めくくりでした。  (2013/11/20)
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:I030-003 58 歴史史料・歴史論・個人史 出版社:文藝春秋社
書名:無私の日本人   ISBN978-4-16-790388-6 C0195
文春文庫 い-87-3 価格:590Yen ページ数:384P 本のサイズ:文庫
初版発行:15/6/10 第7刷:16/4/25 購入:2016/5/14 表紙:2016 「殿、利息でござる!」製作委員会
「無私の日本人」 磯田道史 無私の日本人と題して、なによりも古文書を読んでいる時が一番幸せ、という著者の磯田氏が史料の中から見つけ出した三人の江戸時代の日本人の物語です。

 まず最初は、穀田屋十三郎(こくだや じゅうざぶろう)()(1720〜1777)。陸奥国今村(現:宮城県黒川郡大和町)の人。困窮し、疲弊しきった村をなんとかしようと驚くべき方法を思いつき、様々な困難にもめげずにやってのけた男。
 と書けば簡単なのですが、磯田さんはこれだけの 「美談」 を単純には描かない。
 歴史的な背景、十三郎という人物の生まれ、育ち、考えたであろうこと。領内で参勤交代させ、「石高」 ではなく戦国時代そのままの 「貫高」 を使う伊達藩の姿。なぜ吉岡宿が疲弊したのか。
 千両というとてつもない、貧しい農民から見たら天文学的な大金を集め、それを藩に貸し、毎年その利息一割をとってそれを吉岡宿の再建資金にする、という常識では考えられない考えは、いったいどこから生まれたのか。前例踏襲、問題先送り、責任の所在を明確にしない、それが当たり前だった時代の役人たちとどのように交渉したのか。
 それだけではない。磯田さんはこんなところにも目を向けます。
 江戸時代、とくにその後期は、庶民の輝いた時代である。江戸期の庶民は、
 ──親切、やさしさ
 ということでは、この地球上のあらゆる文明が経験したことがないほどの美しさをみせた。倫理道徳において、一般人が、これほどまでに、端然としていた時代もめずらしい。  (P87)
 美しい文章だ、と思いました。磯田さんは、面白い学者、テレビ映りの良いコメンテーターと思われかねないひょうきんな人柄で知られていますが、この文章では数分の間手が止まりました。司馬遼太郎ふうだけど、いい。
 さて、一時ほとんど知られていなかったものの、今もなおその業績を称えられたあの時代の人々は、なにを行ったのか。
 このエピソードを元に映画が作られたそうです。本のカバーはその絵になっています。見た感じ、コミカルな演出の映画のようですが、あの悲惨な世界、歯を食いしばって初志を貫徹した穀田屋十三郎の物語が、どうやったらコメディにできるのか。わからんな。

 次は、中根東理(なかね とうり)()(1694〜1765)という儒者。村儒者として生き、村儒者として死んだ人、と磯田さんはいう。
 同時代の文人たちに 「詩文において中根にかなうものはおらぬ」 とまで讃えられたこの人物は、どんな人となりだったのか、どんな志を持っていたのか、どう生きたのか、なぜ自らの作品をことごとくかまどにくべて灰としてしまったのか。
 この人の生涯は、壮絶、としかいいようがありません。
 子どもの頃から親に孝養を尽くす神童、できすぎのその身の将来を思って母親が出家させると、読経を和語で読むのはおかしいのではないかと唐音、つまり中国語を学びたいと願う。19歳の若さで五千余巻あるという大蔵経を全巻読破する。
 荻生徂徠という野心とはったりで学者の評判を取っている儒者に見出され、門下生となってそのたぐいまれな才を食い物にされます。本人はいたって真面目に精進していましたが、やがて僧から還俗する揉めごとから袂を分かつことに。このとき、書きためた詩文をすべて燃やし、慶元以来絶後の名文と言われた彼の詩文すべてが失われたそうな。
 室鳩巣の門下となり、仕官の道を示されるとそれを断ります。若者にありがちな謙遜と自負かと鳩巣は思ったそうですが、そんな安直なものではなかった。
 鳩巣は東里のことを 「硬い玉のようだ」 と思った。世の中で蹴飛ばされ、土石ばかりのざらざらの地面を転がされれば、たいていの玉は澄明(ちょうめい)()な光を失ってしまうが、東里には「()()れる」 ということがまったくない。むしろ、苦労すればするほど、心が磨かれて美しくなる。若い頃の苦労で人間が駄目になっている荻生徂徠とは大違いだ、と鳩巣は感じている。  (P229)
 東里は、ただ書を読み学問を続けることのみ望み、壮絶な清貧の中でその生を終えます。
 それはおそらく彼本人にとって幸福な一生であったのでしょう。無私の生涯といってもいい。立派な方、といわれればそうなのかも。
 しかし、鐵太郎は共感できない、と思う。心が狭いのかな。(笑)

 最後は、大田垣蓮月(おおたがき れんげつ)()(寛政3年・1791年〜 明治8年・1875年)。尼僧・歌人・陶芸家。
 つまり、女性です。
 京の都、御所に近い三本木の遊郭の芸妓の子として生まれた蓮月は、伊賀上野の藤堂家の重臣の落とし胤ではないか、というのが磯田さんの研究結果。このあたりは推測の域を出ないのですが。
 お(のぶ)()と名付けられたその子は、赤子のうちからそこはかとない気品を備えた子で、このままいけばいかなる絶せの美女になるか、といわれたそうです。五歳で文章を書き始め、六歳で大人顔負けの和歌を詠む。八つ年上の兄の真似をして木刀を振るう。
 八歳で亀山城の奥向き奉公に上がり、諸芸に励み、容姿の美しさも群を抜いたそうですが、殿様のご寵愛を受けることはなかったという。その訳は、あまりに男勝りにすぎる、というからこれまたすごい。奥女中のたしなみである薙刀では飽き足らず、木刀から鎖鎌を使い、馬を乗りこなし、竹竿を使って城の堀を飛び越える。柔術で狼藉をはたらく男どもを投げとばす。
 この飛び抜けた女性が、出家したのちその美貌で人に知られることを畏れて自分の顔を醜く砕き、和歌と陶芸で名をなし、市井の賢人として生き、維新の混乱のさなかで官軍の総大将となった西郷隆盛に直談判して江戸城総攻撃をやめさせたという。何があったのでしょうか。
 壮絶な、という形容はちょっとおかしいかもしれません。しかしこういう人もいた、として記憶に止めておきたい。

 磯田さんは、こういうとんでもない人々を、優しい視点で描きます。日本人、というくくりで良いのかと考えてしまいますが、それはそれでいいのかな。  (2016/10/12)

 読書メーターの記録より  読了:2016/8/1
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:I030-004 58 歴史史料・歴史論・個人史 出版社:新潮社
書名:殿様の通信簿   ISBN978-4-10-135871-0 C0195
新潮文庫 い94-1 価格:520Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:08/10/1 第8刷:16/7/5 購入:2016/9/10 カバー装画:瀬知エリカ
「殿様の通信簿」 磯田道史 江戸時代の元禄年間、「土芥寇讎記(どかいこうしゅうき)()」という書物が書かれました。江戸大名の紳士録とでもいうべきもので、全42巻で構成され、第1巻は徳川・松平家の始祖とされる新田義重から家康までの略伝で、第2巻以降は大名家、いや大名の人物評です。対象となる大名は譜代・親藩・外様の別なく網羅されており、明らかに幕府側、公儀の隠密か幕府高官によってまとめられたようなのに筆致は外様に対してむしろ好意的なのだそうな。
 この書物は書き写すことを厳しく制限されていたらしく、かつて二冊のみ写本が残っていたのですが、旧広島浅野侯爵家にあった一冊は原爆で失われ、今は東京大学史料編纂所に一冊残るのみなのだそうな。
 東京大学史料編纂所の金井 圓(かない まどか)()教授はこのように説明し、この書物を世に出しました。
@ おそらく幕府高官が隠密の「探索」にもとづいて書いたものである
A 元禄3年(1690年)頃に書かれたもので、当時の大名243人の人物評価を載せた希有な書物である
B 現存するのは東京大学史料編纂所所蔵の一冊であること

 土芥寇讎記とは、『孟子』の一節より取ったものだそうな。
  君の臣を視ること手足の如ければ 則ち臣の君を視ること腹心の如し。 君主が家臣を 己の手足のように大事に扱えば、 家臣は君主を己の腹や心のように思うもの
  君の臣を視ること犬馬の如ければ 則ち臣の君を視ること国人の如し。 君主が家臣を まるで犬か馬を飼っている程度に扱えば、 家臣は君主をその辺の民と 同じ程度にしか考えない
  君の臣を視ること土芥の如ければ 則ち臣の君を視ること寇讎の如し。 君主が家臣を 土くれやゴミのように扱いをすれば、 家臣は君主を仇か敵のようにみなすもの
 当時、江戸時代の教養人は 「四書五経」 をそらんじているのが当然とされていましたから、土芥寇讎という題名を見れば知識人ならすぐ当たりがついたのでしょう。

 というわけで、この書物をもとに、大名たちの「通信簿」をつけてみたのがこの本。
 その子孫や配下の武士たちにとって神様のような殿様の、幕府隠密方から見た実像、なるほどなるほど。
 趣旨は面白いんですが、ちょっと扱う人物が少なすぎます。

 とりあえず、扱った人物を目次で拾ってみますと、こんなかんじ。

  徳川光圀 ・・・ ひそかに悪所に通い、酒宴遊興甚だし
  浅野内匠頭と大石内蔵助 ・・・ 長矩、女色を好むこと切なり
  池田綱政 ・・・ 曹源公の子、七十人おわせし
  前田利家 ・・・ 信長、利家をお犬と申候
  前田利常 其之壱 ・・・ 家康曰く、其方、何としても殺さん
  前田利常 其之弐 ・・・ 百万石に毒を飼うべきや
  前田利常 其之参 ・・・ 小便こらえ難く候
  内藤家長 ・・・ 猛火のうちに飛び入りて焚死す
  本多作左衛門 ・・・ 作左衛門砕き候と申されよ

 扱われているのは、大名は5人だけ。内藤家長は息子が大名になったものの本人は関ヶ原の前哨戦で死に、本多作左衛門重次も息子は大名ですが本人は家康麾下の旗本として生涯を終えています。大名の通信簿というのなら、もっと別な人にスポットを当てるべきじゃないのかな。
 取り上げるのが面白いだけに、ちょっと残念。

 ちなみに、のちの江戸時代、内藤家は鳥居家と共に陸奥国磐城平(いわきたいら)()城をかわるがわる守る藩主となったそうです。そう、あの 「超高速! 参勤交代」 に出てきましたね。領民に愛される殿様のような書かれ方ですが、譜代の「鉢植え」大名として次はどこに飛ばされるか分からないのですから、地元とはつながりを持たない家柄だったらしい。

 まァ、もう少しボリュームがあるページ数で広く様々な殿様たちを取り上げた方がいいのでは。惜しいな。  (2016/12/18)


 読書メーターの記録より  読了:2016/11/9