トップへ戻る
トップへ戻る
書籍データへ戻る
読んだ本の分類
58 歴史史料・歴史論・個人史 乱読屋の年表
乱読屋の年表
歴史の一次史料、二次史料に当たる本(写本、編集付きも含む)を、このカテゴリーとします。
自分史・オーラル・ヒストリーも含んでみます。
作家番号 作品名 作家名 メ モ
S072-020
S072-021
S072-023
私を通りすぎた政治家たち
私を通りすぎたマドンナたち
私を通りすぎたスパイたち
佐々淳行 佐々氏の最後の言葉と、未来への思い 33
I030-004 殿様の通信簿 磯田道史 江戸大名の実録、のようなもの 30
M112-001 後藤田正晴と矢口洪一 御厨 貴 戦後の警察・司法官僚の基礎を作った男たち 29
I030-003 無私の日本人 磯田道史 記憶に止めたい三人の日本人のこと 28
S072-022 重要事件で振り返る戦後日本史 佐々淳行 佐々氏の目で見てきた戦後の事件いろいろ 27
O035-001 岡田啓介回顧録 岡田啓介 動乱の時代を生きた一人の人物の口述記 26
C056-002 ガリア戦記  ガイウス・ユリウス・カエサル ガリアを制覇したカエサルの名文 25
 M105-001 マリス博士の奇想天外な人生 キャリー・マリス 破天荒なある学者の自伝 24
I030-002 武士の家計簿 磯田道史 「家計簿」から見た江戸末期のある武家の経済 23
S072-001
S072-002
S072-003
S072-005
S072-008
S072-011
S072-012
S072-013
S072-014
S072-015
S072-016
S072-017
S072-018
S072-019
目黒警察署物語
東大落城
美人女優と前科七犯
連合赤軍「あさま山荘」事件
わが上司 後藤田正晴
危機の政治学
焼け跡の青春
後藤田正晴と12人の総理たち
危機管理最前線
「六男二組」の太平洋戦争
軍師・佐々淳行
菊の御紋章と火炎ビン
わが「軍師」論
日本赤軍とのわが「七年戦争」
佐々淳行 護民官を目指した人・佐々淳行氏の半生 22
O029-001 戦国武将の手紙を読む 小和田哲男 古文書学から見た武将たちの言葉 8
H067-001 師団長だった父と私  樋口大成 あるエリート軍人を父に持った若者の物語 7
G028-001・002 情と理(上・下) 後藤田正晴 後藤田正晴への一問一答による政治史 6
C056-001 内乱期 ガイウス・ユリウス・カエサル 共和制ローマ末期の争乱。「ガリア戦記」の続編。 4
H062-001 史記の「正統」 平勢隆郎 「史記」に見る歴史史料の誤謬についての小論 3
V013-001 コンスタンチノープル征服記 ジョフロワ・ド・ヴィルアルドゥワン 目的を失った十字軍・顛末記 2
J012-001 聖王ルイ ジャン・ド・ジョワンヴィル 第7回及び第8回十字軍にその身を捧げたフランス王の記録 1