トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: W025 渡邉義浩 わたなべ・よしひろ
国籍: 日本 生没年:1962/1/4〜
 東京生まれ。筑波大学大学院博士課程 歴史・人類学研究科修了。文学博士。
 専門は魏晋南北朝史。三国志関連の著作・活動多し。
渡邉義浩
管理番号 書名 メモ
W025-001 諸葛亮 孔明 その虚像と実像
W025-002 魏志倭人伝の謎を解く 三国志から見る邪馬台国

Ver. 2.5
管理番号:W025-001 51 伝記・一代記 歴史年表 出版社:新人物往来社
書名:諸葛亮 孔明 その虚像と実像 発行:1998年
  価格:\2200 ページ数:248P 本のサイズ:135×195HC
初版発行:1998/2/10 購入:1998/3/10 表紙・題字:森上洋光
 三国志で有名な諸葛亮、字(あざな)孔明は、もしかしたら日本でもっとも人気のある中国史のキャラクターかもしれません。
 その人気は吉川英治の「三国志」に負うものが多いと思います。これは、ご存じの通り正史、すなわち中国の正式な歴史書である陳壽(ちんじゅ)によって書かれた正史・三國志を元に、大衆向けの面白い読み物として書かれた、1400年頃の小説家・羅漢中の三国志演義が元になっています。正しい歴史とは言えないでしょうね。

 では、諸葛亮の真の姿とは何か。
 この本は、真の諸葛亮という人物を追った研究書であると共に、彼の一代記と言っていいでしょう。「演義」の諸葛亮はフィクションの要素があまりに多いのは事実ですが、かといって正史の「三国志・諸葛亮伝」は真の姿と言えるのか。
 作者は言います。

 陳壽の著した「三國志」に基づく諸葛亮像は、すべて正しいのでしょうか。「三國志」もその一つである二十四正史は、中国史を研究する歳の基本資料となっていますが、その資料価値は絶対ではなく、「三國志」も一定の政治的意図を持って編纂された二次資料に過ぎません。陳壽も、当然、ある意図を持って諸葛亮伝を始めとする「三國志」を著したはずです。となれば、陳壽の描いたとおりの諸葛亮像をなぞるだけでは、陳壽以上の三国時代の認識をすること、言い換えれば、陳壽の意図に沿った三国時代の理解を超えることはできないと思います。
 かつて内藤湖南は、自己の政治的抱負と重ね合わせながらも、独自の見識に基づいて、自己の中国史理解の枠組みの中に諸葛亮像を描きました。その顰みにならいつつ、歴史研究者としての独自の三国時代観のなかに、自分なりの諸葛亮像を描くことを試みてもよいのではないでしょうか。


 かくして、渡邉史観による諸葛亮が披瀝されたわけです。こういう視点はいいなぁ。
 第一章で三国時代の基本的な知識と正史の「三國志」の諸葛亮伝を描き出し、第二章で「三国志演義」に描かれる諸葛亮の虚像を追求し、第三章で渡邉史観による諸葛亮の「実像」が描かれます。お見事。
 目からウロコがぼろぼろです。こういう知的な快感は、何度でも味わいたいもの。

 三国志を陰で支えた存在として、「名士」を説明していますね。諸葛亮も属するこの「名士」とは、諸侯の参謀役であると共に、一種の知識階級です。文書貴族といってもいい。
 この「名士のネットワーク」を使いこなした諸侯・豪族が、三国志の中で台頭していくのですが、同時に「名士のネットワーク」を利用しつつそれを使いこなし、なおかつ越えていった男たちこそが真に覇を唱えていった、このあたりが面白い。
 劉備という人物が、落ちぶれて筵を売っていた生活から這い上がるために何を行ったかも面白いのですが、野卑とさえ言えるこの男に、天下の「名士」の嫡流たる諸葛亮がいかに惚れ込み、尽くしていったか、これは読んでいて楽しい。また、「演義」でなんといわれようが、真に劉備が諸葛亮を重く用いたのは劉備が蜀の地を得てから以降のことであったとか。
 また、「水魚の交わり」などといってその親密な間柄が強調される劉備と諸葛亮の間に、常にある種の緊張感があり、互いに負けまいとしてせめぎ合っていたという描写、これはすごい。思わず膝を叩きたくなります。

 知的快感とはこういうものか。   (06/4/7)
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:W025-002 54 歴史点描 歴史年表 出版社:中央公論社
書名:魏志倭人伝の謎を解く 三国志から見る邪馬台国 ISBN978-4-12-102164-9 C1221
中公新書 2164 価格:760Yen ページ数:212P 本のサイズ:新書
初版発行:2012/5/25 購入:2012/6/22  
魏志倭人伝の謎を解く この本は、邪馬台国論争について、三国志時代の研究を専門とする著者が一石を投じたものです。

 邪馬台国については、日本ではその神秘的な女王卑弥呼の姿や歴史的実在性、また存在した場所や文化風物などについてさまざまな違和感、謎があり、「日本の古代史最大の謎」 などと言われてきました。特にその所在地については、畿内なのか九州なのかについて二説に分かれて大論争がいまも続いています。これを 「歴史のロマン」 などと持ち上げるのは好事家の趣味的な視点でしょうが、耳目を集めるネタであるのはたしか。
 ところで鐵太郎は、歴史好きではありますが、実は邪馬台国の歴史についてそれほど注目すべきとは思っていません。無視することなどしませんけどね。ともかく、邪馬台国がどこにあるにしても、それに人生を賭けるほどの価値はないと思っています。面白いネタはもっとほかにあるだろうに、と。
 まァ、アマノジャクのたわごとなんでしょうけどさ。(笑)


 さて、邪馬台国については、実は中国の歴史書 「魏志」 に書かれたものがすべて。いわゆる 「魏志倭人伝」、正確には 「魏書 第30巻烏丸鮮卑東夷伝倭人条」 に書かれたものでしか、この日本にかつて存在したかもしれない国家の記録は残っていません。日本には、現在なんの記録も残っていないのです。
 つまり、この中国の史書を読み解く以外、邪馬台国を知るすべはない。
 ところが、ここに書かれている邪馬台国とは、何か変。頭をかしげる箇所が散在するのです。古代の日本はこんな風土の国だったんだよ、といわれても、その後にそんな風物が残っていなければ納得しにくいでしょ?
 しかしこれを偽書、ニセ者と断ずる訳にはいかない。古代の貴重な記録であると共に、その内容には他の記録との整合性も見られ、偽書とは言い切れないのです。
 どういうことなのか。

 「魏志」とは、正史、すなわち中国における国家の「正」当性を示す「史」書のひとつ、「三国志」 のひとつです。
 正史においては、中国に複数の皇帝が濫立したときに、「本紀」 という皇帝の年代記を立てて誰が正統な皇帝であるかを定めるという役割を果たします。
 正史 「三国志」 を著した西晋時代の歴史家・陳寿(233〜297)は、この三国が鼎立した動乱の時代を、魏書30巻、呉書20巻、蜀書15巻という三部構成で表しましたが、この中で魏書にのみ本紀が設けられました。すなわち陳寿は、三国の中で魏国を正統としたのです。
 これは、執筆当時彼が属していた西晋の国が、形式上魏国より禅譲を受けて成立した国家であったため、自国が正統であるためには魏国も正統でなくてはならない、という政治的な理由によります。蜀や呉の国で、皇帝が正式に即位した歴史などどうでもよろしい。
 それが、正史なのです。

 であるから、魏書に書かれた倭国や邪馬台国には、政治的な意図によって書かれた部分が存在すると思わなければならない。しかし同時に、伝聞であっても倭国の情勢について事実を列挙した部分もあるはず。
 三国志の魏志に関して、陳寿は先行する史書、王沈(おうしん)の「魏書」、魚豢(ぎょかん)の「魏略」、韋昭(いしょう)の「呉書」などの、すでに散逸してしまった史書などを参照していたことを著者は確認しています。たとえば、卑弥呼を 「親魏倭王」 とする天子の命が正式に発行されたことなども。
 では、どの記録が「歴史的に」正しい部分で、どの記録が「政治的に」正しい部分なのか。

 倭人伝の記述の中で有名なのは、邪馬台国を始めとする倭の諸国の道程です。
 ほらあの、まともにその方位と距離を足していくと、倭国ははるか南洋の海の中になると言うもの。これの解釈を巡って、邪馬台国論争が起きたのは有名な話。
 また、入れ墨や衣服、髪型、織物などの文化的な倭国の描写、政治機構などについて、そのまま鵜呑みにしにくいところがあります。

 これらは、一部もしくは大半が、中華思想に基づいて魏国の正当性を確立するために作られたものだとしたら、どう解釈したらいいのか。

 「大月氏国」 (クシャーナ朝)が鍵であった、という説明にぶっ飛びました。地理的には、日本(倭国)から見て魏国のはるかむこう、インドの北方。中央アジア。
 この(魏国から見て)蛮族の大国家が徳のある魏国に臣従した、であればそれとバランスする位置にある東の南洋の大国も、当然あるべきだ、という発想。そしてその位置が、現実はどうあれ、正統なる魏国に対立する呉国を扼する位置にあれば、なおいい。
 そんな海の大国家が、倭国として描かれたのだとしたら。

 おお、と膝を叩きたくなる解釈です。面白い。  (2012/10/9)