トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: O006  作家: 生出寿 Oide Hisashi
 国籍: 日本 生没年:1926(大正15)/3/3〜2006/12/22
 栃木県生まれ。海兵74期。終戦時、海軍潜水学校普通科学生、海軍少尉。
 東京大学文学部仏文科卒。戦記著書多数。
 肝臓癌にて、平成18年12月22日09:05 死亡。
管理番号 書  名 メ  モ
O006-007 ライオン艦長 黛治夫 赫々たる戦果を上げたある海軍士官の物語

ページのトップへ
  Ver. 2.21 
管理番号:O006-007 52 戦史・戦争ノンフィクション 出版社:光人社
書名:ライオン艦長 黛治夫 ある型破り指揮官の生涯 ISBN978-4-7698-0372-9 C0095
  価格:1500Yen ページ数:254P 本のサイズ:135×195HC
初版発行:1988/1/14 購入:1988/4/3 装画・挿絵: 加藤孝雄
ライオン艦長 黛治夫 光人社NF文庫で、この本の改訂版が出ているようです。そちらは読んでいないので、この本とどう違うのかはわからない。訂正とか削除、付け足しがあるのだとしても、手元にあるのはこの本だけなので、この本について書くこととします。

 先日より引っかかっていた疑問がありました。黛治夫氏とはどんな人間なのか、ということです。
 生出寿(おいで・ひさし)氏はどう書いたのか、確認してみたくなりました。

 まず生出氏のスタンスです。戦後になって出てきた、阿川弘之氏らのいう日本海軍の教育制度への賞賛と、にもかかわらず航空作戦への乗り遅れや、頑迷な大艦巨砲主義者が空の新兵器への理解が遅かったことが日本の敗因の主たるものである、という考え方があります。生出氏らはこれに異を唱え、航空作戦や山本五十六提督への高い評価は正しいのだろうか、とアンチテーゼを上げています。
 日本は、というより山本五十六提督とそのシンパは、世界に秀でていた日本海軍の砲術などを捨てて新規な兵器に走って惨敗した、と考える黛治夫大佐とは、意見が合うのでしょうか。

 阿川氏の著作の中で若き士官として黛氏の名前がありますが、あちらがフィクションなのか嘘なのか、書かれた「活躍」には反論もあるようです。

 黛治夫氏の著作については、今の時点で一冊、「海軍砲戦史談」だけ上げています。
 アメリカ陸軍大将ジョージ・パットンと同じように、いわゆる「戦争屋 War Monger」と呼ばれるタイプの軍人のような感じがします。平時には戦史の研究に血道を上げる跳ねっ返りの士官で、有能であることは疑いはなく重宝されるが、軍官僚としての栄達を望まず、出世仲間とするには違和感があるし煙ったい。戦時になればこれまた大変。次から次へとアイディアを出して実行を迫り、戦えば戦果を上げ、戦友としては頼りになる。しかし部下としては扱いにくいことこの上ない。

 軍艦「大和」(二代目)が建造されるとき、艤装副長の任に当たっていた黛治夫中佐は、この巨艦が致命的な欠陥を持っていることを指摘したそうな。艤装副長とは、軍艦が建造されるとき、海軍に引き渡しされて軍艦として存在するまで副長として内装の指示や乗員の訓練に当たる職務です。普通はそのまま横滑りで副長になるはず。
 黛中佐の指摘とは、第一次大戦の英独海戦の時の独巡洋戦艦ザイドリッツが、英国艦の砲撃を受けて前部に損傷を受け、猛訓練による沈着冷静な応急処置によって沈没を免れた戦訓を引き合いに出して、「大和」が中央部の防御に重点を置いた結果、軽防御となった前部に砲雷撃を受けたら大変な事になる、ということでした。この解決に、前部にある下士官・兵の居住区を明け渡せ、といいます。「大和」用の母船を造って乗員を居住させ、訓練や出撃の時にだけ載せればよろしい。空いたスペースに浮力材としてゴム・スポンジやら桐の板材やらを詰め込んで浮力対策としろという。
ライオン艦長 黛治夫 アイディアは面白いが、実現性に問題はある、といって却下されました。

 開戦前の10月に大佐に昇進した黛氏は、第三遣支艦隊の先任参謀として太平洋戦争の開戦を迎えます。翌年3月に飛行艇母艦「秋津島」(右写真・上)の艦長になるのですが、この艦は飛行艇の母艦として珊瑚礁の海域などで独航する事が多いため、のちに「秋津島流戦場航海術」と名付けられたさまざまな工夫や戦法を艦長が先頭に立って考案し、実施したそうな。その中には、のちに写真で残った迷彩塗装などもありますね。

ライオン艦長 黛治夫 その後、航空艦隊の参謀や軍令部出仕、横須賀砲術学校教頭などを経て、1943年12月に新鋭の重巡洋艦「利根」(右写真・下)の艦長に任ぜられます。ここから一年一ヶ月の間に、マリアナ沖海戦、捷一号作戦を含めた大小の戦闘に参加し、勇猛果敢な艦長として名を上げ、活躍しました。


 航空主兵・戦艦無用論を上げたのが誰かはともかく、阿川氏らは戦後の「進歩的文化人」が提唱した、軍国主義批判がエスカレートした戦前歴史否定、戦後の無抵抗平和主義賛美、愛国心・国防意識のこき下ろしをしたたかに批判して、堂々と「国を思うて何が悪い」などの著作で国家の過去の歴史を無意味に貶めることに抵抗しました。これは、いわゆる自虐史観へのアンチテーゼとして世間の喝采を浴びました。
 しかし、海軍を懐かしみ、米内光政・山本五十六・井上成美提督等を過度に持ち上げるあまりに、一方的で根拠がうすい航空主兵・戦艦無用論に傾き、一方的に戦艦・巡洋艦などの戦力を過度に貶める結果になったことも事実のようです。
 著名な軍事評論家や作家で、
 「日本海軍はハワイ、マレー沖海戦で航空機が戦艦に勝ったのを見ても、大艦巨砲(戦艦のこと)主義から航空主兵主義に切りかえなかったから負けた」
 と説く人が多いが、それは誤りで、
 「航空主兵主義に切りかえても、とうてい勝てなかった」
 というほかないのである。
 むしろ、具体的なことは後述するが、
 「航空主兵、特に雷撃機、爆撃機などの攻撃機主兵で戦ったために惨敗した。優勢な戦闘機兵力で制空権を確保し、戦艦以下の艦艇と、攻撃機の総合戦力によって戦えば、最後は国力の差で負けたには違いないが、納得がゆく善戦ができた」
 というのが真相である。
 これは生出氏の論ですね。バランス的には戦艦無用論よりわかりやすい。実際の展開を見ても、納得できる。
 しかし、黛氏の論は、これと本当に一致しているのか。ちょっと疑問はあります。
 この本に書かれている言葉は、黛氏の論ではなく生出氏の論ですね。そう割り切る必要がありそう。

 この、1人の「戦争屋」をどう評価すべきかは別として、赫々たる戦果を上げた1人の軍人の生涯は、ある意味爽快なものがあります。
 黛氏のスタンスで見るあまり、解釈が眉唾になってしまったところもありますけどね。  (2008/10/27)

 さて、ビハール号事件の件。
 これは昭和19年2月末に行われた特殊任務で発生した事件です。指揮を執るのは第16戦隊司令官の左近允尚正(さこんじょう・なおまさ)少将。旗艦「青葉」に座乗。一時的に、第7戦隊の「筑摩」、「利根」の二隻を指揮下におきました。目的は、スマトラ島南東岸に本拠を置いてインド洋へ海上交通破壊戦を行うこと。ココス島の200海里南の東西線を境界とし、その北は捕獲、南は撃沈すると定めます。捕虜に関しては、すでに南西方面艦隊作戦命令により「
俘虜は船長、機関長など諜報を得るため必要な二、三人を残し、その他は洋上に於いて処分すべし」とされていました。
 この作戦に於いてもこれを適応すると聞いて、プロテスタントのクリスチャンである黛は憤然としたとのこと。(伝聞)
 大型の貨客船「ビハール号」を発見したのは「利根」でした。奇襲攻撃で制圧し、女性2名を含む白人約30人とインド人約80人、中国人3人を収容します。報告を受けた左近允司令官は直ちに「捕虜ハ数人ヲ除キ、既定ノ方針ドオリ、直チニ処分セヨ」との命令を下しますが、黛は訊問が終わらないなどと理由を付けて、そのままバタビアに入港しました。3月16日に奇襲隊が解体され、「筑摩」、[利根]は左近允司令官の指揮下を離れ7戦隊に復帰しました。
 この後で、女性2名を含む35人を俘虜収容所に送った後、黛指揮下の「利根」は、バタビア出航後の海上で、80人を斬殺して海中に投棄したとされます。戦後の連合軍による法廷は、この件に対し左近允少将に死刑、黛大佐に懲役7年を宣告しました。
 黛大佐は、バタビア寄港後、左近允司令官の指揮下を離れるときに命令違反は自分で責任を取って善処せよ、と因果をふくめられ、やむなく処理したという。左近允少将はそのような会見は存在しなかったという。
 生出さんのこの本で、もっと先鋭的な、我田引水的なことが書かれているのではないかと思ったのですが、そうではありませんでした。
 可能な限り、公平に書こうとしているようです。
 どちらが正しいのか、まだよくわかりません。事実と当事者の真実には、常に微妙な距離がありますからね。

 誰が真に責任を負うべきなのか。誰が不当に得をしたのか。誰が彼らを非難できるのか。
 黛治夫という人物に対し、いろいろと評価すべき部分はあります。賞賛すべき点もあり、非難すべき所もあります。
 刹那的な損得で動くこともあったかもしれない。日本の未来を憂いて刻苦勉学し、大手搦め手からの手段を考えたかもしれない。
 しかし断じて、陰険な陰謀に荷担する人物ではないと思っておりましたし、この本を読み直した限りその考えを変える必要はなさそうです。