トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: K072 君塚直隆 Kimizuka Naotaka
 国籍: 日本 生没年:1967〜
 東京都生まれ。90年立教大学文学部史学科卒業。93〜94年英国オクスフォード大学セント・アントニーズ・コレッジ留学。97年上智大学大学院文学研究科史学専攻博士課程修了。98年より立教大学、東京女子大学、中央大学非常勤講師、東京大学客員助教授などを経て、2001年より神奈川県立外語短期大学助教授のち教授。2011年より 関東学院大学文学部教授。
 専攻、イギリス政治外交史、ヨーロッパ国際政治史。
ヴィクトリア女王
管理番号 書  名 メ  モ
K072-001 ヴィクトリア女王 時代を作った女王の一代記
K072-002 ジョージ五世 激動の時代に生きた英国国王
K072-003 女王陛下のブルーリボン 英国最高のガーター勲章とその歴史

ページのトップへ
  Ver. 2.22 
管理番号:K072-001 51 伝記・一代記 歴史年表 出版社:中央公論新社
書名:ヴィクトリア女王 大英帝国の“戦う女王” ISBN978-4-12-101916-5 C1222
中公新書 1916 価格:860Yen ページ数:288P 本のサイズ:新書
初版発行:2007/10/25 購入:2009/3/17 表紙オビ:フランツ・ヴィンターハルター画の肖像画
ヴィクトリア女王 題名のヴィクトリア女王とは、イギリスの女王(在位:1837/6/20 - 1901/1/22)にして初代インド女帝(在位:1877/1/1日 - 1901/1/22)であったヴィクトリア(Alexandrina Victoria 1819/5/24 - 1901/1/22)のことです、むろん。
 この方の生涯については、スタンリー・ワイントラウブ氏の著作で一度読んだのですが、かなり前なのでほとんど忘れています。それを含めた断片的な知識なら、歴史オタ的にぽちぽちとありました。
 幼少期のちょっと可哀想な育ち。いきなり降りかかった王位継承権、王位に就いた若さ(若干18歳!)。
 アルバート王子との出会い、結婚。たくさんの子供たち。孫たち。
Victoria receives the news of her accession to the throne from Lord Conyngham (left) and the Archbishop of Canterbury.
 1837年6月20日、宮内長官カニンガム侯爵(左)とカンタベリー大主教ウィリアム・ハウリ師の訪問を受け、国王ウィリアム4世の死を告げられる。
Young Queen Victoria
 即位の翌年の1838年6月28日に行われた戴冠式にて
Marriage of Victoria and Albert by Sir George Hayter
 1840年2月10日、ザクセン=コーブルク=ゴータ公爵家のアルベルト王子と結婚。
 彼はヴィクトリア女王王配(His Royal Highness the Prince consort)アルバート殿下となる。
Queen Victoria 1842
 1842年当時のヴィクトリア女王
Queen Victoria 1842
 1842年当時のアルバート王子
Victoria Queen of the United Kingdom; Empress of India
 1897年 即位60周年時の英国女王・インド女帝ヴィクトリア
 夫との死別。それ以来公の場では常に喪服をまとっていたこと。
 イギリスの議会制民主主義、重商主義、植民地政策による世界帝国が頂点に達した時代。
 首相・閣僚たちの責任内閣制度が充実し、「君臨すれども統治せず」の原則が固まった近代の幕開けの人。
 英国史上最も長く生き、最も長く王位にあり、少なくとも近代以後では最も多く暗殺の危機にあった英国国王。

 この印象は、この本を読んで、あちこち変わりましたね。
 63年の長きにわたり王位にあり、そのほとんどの間で国政に何らかの形で関与していただけでなく、英国の名誉と利権を守るためにあれほどまでに手を尽くしていたのかとは、知らなかった。
 英国の議会制度の成り立ちと運営、英国王が果たしうる責任と義務、国王が下す指導あるいは命令が、合法非合法にかかわらずどのような権威を持っていたのか、これは驚くべき事です。

 意志の強い、気の強い人だったようです。かくあるべきという信念を持ち、自分が学んで身につけた知識と判断に重きを置き、信頼する側近には耳を傾ける。人に対する好き嫌いもはげしく、人を憎めば断固として許さないが、礼儀上必要であれば会って打ち解けた会話もする。やがてその相手の美点を見極めれば許しもする。
 敵となった人にも味方となった人にも畏敬され、尊敬される。
 距離を置いた人々にとっては謎の人。
 女傑です。単なるお飾りのお婆さんなどではない。
 こんな女戦士を帝王にいただくことができた英国は、幸運と言うべきか、不幸と言うべきか。
 すべては、結果が過去を正当化するものです。それが歴史というもの。

 1860年代から1900年頃にかけ、彼女の統治下で保守党と自由党の二大政党が、次々と内閣を組織しては交代しています。議会(下院)で多数を取った政党が政権に就くというルールが固まったのもこの時代。下院は内政と財政と植民地を統括し、上院は外交を統括する、という棲み分けも面白い。ただし、流動的なところはありますが。
 保守党のディズレーニと自由党のグラッドストンが双璧でしょうか。どちらの人物にしても、今まで知らなかった人物像が書かれていましたね。
 英国史上唯一のユダヤ系首相であるベンジャミン・ディズレーリ(1804-1881 1876年・初代ビーコンズフィールド伯)はイタリア系ユダヤ人の子であり、小説家上がり。女王にも内閣にも話を通さずにスエズ運河の株式の買収という離れ業を行うという果断なところがあり、対外的には「強いイギリス」を標榜した強硬姿勢で女王の高い評価と信頼を得ました。女王の与えようとした公爵位を謝絶し、ガーター勲章のみ受けとった人物でもあります。
 ウィリアム・グラッドストン(1809-1898)は保守党員として下院議員になった人ですが、やがて自由党に移ります。選挙によって有権者の支援を得て議会で多数を取るという民意を重んじる議会政治を確立することに功績があり、対外的には「小さな英国」を標榜し、国際紛争には極力傍観姿勢をとって火中の栗を拾わない姿勢を取ることを主張します。国内的にはアイルランドへの自治権の増大などの過激な政策を採り、時にはこれが彼の命取りになったりした人。GOM(Grand Old Man)という異名を持ち、ヴィクトリア女王にとっては不倶戴天の政敵ですが、英国の国政の重鎮でした。

 ほかにも、英国国内ではいろいろな政治家が現れ、ヴィクトリアの味方も敵もありました。国際的にも彼女や英国(これは必ずしも同じではない)の味方も敵もあります。国際的な敵としてはプロシアのビスマルクが最大の好敵手であったかも知れない。

 この女王の長い長い統治下で、史上最高齢の皇太子となってしまったバーティことアルバート・エドワード、のちのエドワード7世が、女王に徹底的に低評価され、中年になっても国政に参加させてもらえなかったという点について、もし正統に次期国王または女王の代行者として扱っていたらどうであったかという議論がありますが、この本ではそこまでは踏み込んでいませんね。これも面白いテーマだと思うのですが。

 単なる国王でしかなかったためにフオーストリア皇帝、ロシア皇帝などの下位に立たなければならなかったことが女王のプライドを偉く傷つけ、そのために公式なインド女帝の称号にこだわったのだそうな。
 今まで公式な国王のサインとして、「V.R.」(Victoria Regina)とだけ書いていたのが、「V.R & I」(Victoria Regina et Imperatrix)と書いて「女王にして女帝ヴィクトリア」を名乗れることが如何に嬉しかったかという記述は、なかなか面白い。

 この人があったればこそ巷間言われる大英帝国は存在し得た、といって過言ではないようです。
 その功罪は別として。

 こういう人物たちが、国家の頂点で丁々発止と国家の権益と名誉のために戦う時代が去り、互いの話を聞けない小物ばかりが残ったとき、ヴィクトリア時代が終わり、世界は大戦争の時代になる。
 国政をゲームのように扱った人々の功罪はあるにしても、総力戦の悲劇を招いたのは彼らの不在だったのか、世界が「進化」してそのような人々の存在を許さなくなったからなのか。
 ヴィクトリア女王とその時代は、歴史として面白い世界でした。この本は新しい視点と知識を与えてくれました。それだけを楽しめばいいのに、こういう余計なことを考えてしまうのは間抜けなマニアのサガなんでしょうかねぇ。困ったもんだな。(笑)

 一つトリビアみっけ。
 1879年、天候不順の年でした。アイルランドの不在地主(イングランドにいます)の一人アーン伯爵が、アイルランドの不作にもかかわらず、従来と同じ地代を払えと差配人(さはいにん)を通して命じます。そんなものを払ったら、みな飢え死にする。一計を案じた農民たちは、差配人自身の農園の奉公人もすべてやめさせ、村では彼らに一切物を売らず、差配人は飢え死にしかかって降参したそうな。この戦術は、その差配人の名前で有名になりました。彼の名は、退役陸軍将校チャールズ・ボイコット大尉。
 これ以後このような行為はボイコットと呼ばれたのだそうな。

 シャーロック・ホームズの事件簿に、「第二の汚点」という事件があります。
 ヨーロッパの某国(おそらくプロシア)の君主が感情にまかせて書いてしまった手紙を英国外務省が受け取り、首相・植民地担当大臣は血相を変えて箝口令を敷きます。この手紙が紛失し、国際間に緊張が走る事件なのです。当時の時代情勢が如何に脆弱なものであったか、フィクションの世界で描いています。
 この事件を、内容に鑑みワトスン博士は、年代の10の位まで曖昧にしていますが、ベアリング=グールド氏は1886年10月のことだとしています。この年、7月にグラッドストンがアフリカでの敗戦による英雄チャールズ・ゴードン将軍の見殺しなどの失政などにより辞職し、対外強硬派である保守党のソールズベリが政権を取った時でした。こんな所にも歴史が見えてきます。面白い。

 日本において、特に昭和天皇は、如何にこれを学びどのように実践しようとしたのか考えるとちょっと面白い。明らかにこの歴史のうちの何かを取り入れようとした節がありますから。
 むろん、歴史も国体も違うのだから同じ事はできません。近代の議会に対する帝王の立場というのは、そういう意味では全くの新興国であった日本で同じ事はできない。同じく天皇制が千年以上存在した日本では、天皇が自らの責任で決断を下して命令することは、慣習上も法制上もできなかった。
 類似点より差異が多い日英の王室ですが、象徴として君臨しようとしていることでは似ています。
 見習えることは少ないのですが、学べることが皆無ではありません。こういう事もまた、面白い。   (09/4/24)
  
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:K072-002 51 伝記・一代記 出版社:日本経済新聞出版社
書名:ジョージ五世 大衆民主政治時代の君主 ISBN978-4-532-26127-6 C1222
日経プレミアシリーズ127 価格:890Yen ページ数:240P 本のサイズ:文庫
初版発行:2011/6/15 購入:2012/3/31 表紙写真: Granger/PPS通信社
ジョージ五世 英国王ジョージ五世とは、英国近代史に名高い二人の女王、ヴィクトリアとエリザベス(二世)の間に君臨した四人の国王の一人です。
 その前後の英国国王とは、こんなかんじ。
   国王・女王 生没年 (享年) 即位期間 
  ヴィクトリア女王 1819/5/24-1901/1/22 (満81歳没) 1837/6/60-1901/1/22
  エドワード七世 1841/11/9-1910/5/6 (満68歳没) 1901/1/22-1910/5/6
  ジョージ五世 1865/6/3-1936/1/20 (満70歳没) 1910/5/6-1936/1/20
  エドワード八世 1894/6/23-1972/5/28 (満77歳没) 1936/1/20-1936/12/11
  ジョージ六世 1895/12/14-1952/2/6 (満56歳没) 1936/12/11-1952/2/6
  エリザベス二世 1926/4/21-   (満86歳 2012年現在)  1952/2/6-

 ジョージ五世の統治期間は25年7ヶ月。そんなに短くはありませんが、前後の女王二人が長いので、短く見えますね。
 20世紀の初頭に皇太子となり、日露戦争の直後に王位に就き、ヒトラーがドイツの首相に就任した事(1935年)を見届けて死んだわけですから、彼の生涯は苦闘の連続といってもよかったのかも。
 この人の生涯を追ったのがこの本。基本、好意的です。「ヴィクトリア女王」のときも思いましたが、そういう暖かい肯定的な視点もいいんじゃないか?
 1865年、バッキンガム宮殿にほど近い英国皇太子私邸マールブラ・ハウスで生まれた皇太子アルバート・エドワードの次男は、同年7月7日にウィンザーのセント・ジョージ・チャペルで行われた洗礼式で、ジョージ・フレデリック・アーネスト・アルバートと名付けられました。王室内でこの少年は、「ジョージー」と呼ばれます。
 兄である長男は、アルバート・ヴィクター・クリスチャン・エドワード。同じく王室内では「エディ」と呼ばれていました。この兄が、27歳の若さで病死します。死因はインフルエンザと肺炎の併発による、と発表されます。
 これにより26歳の「ジョージー」は皇太子の長男として、英国王位継承者第二位になりました。
 長男エディについては、いろいろな評判、主として悪評があります。「男娼宿通い疑惑」、「知能がまともではない、白痴疑惑」、はては「切り裂きジャック事件犯人疑惑」まで。これらの悪評について、君塚さんは言及はしますがコメントはしません。風評はあるけど取り合わないよ、というスタンスは好感が持てます。

 「ジョージー」の生涯は、祖父でありヴィクトリア女王の夫君であったアルバート公の死(1861年)から始まった王室存続の危機、共和制運動の激化などの洗礼で始まり、その後も常にさまざまなドラマチックな動乱の中でした。一つ間違えれば王室の危機、英国の壊滅、欧州政治の崩壊につながりかねない事件が目白押し。如何に危ない橋を渡ったのか、如何に難しい判断を行ったのか、振り返るとそら恐ろしくすらなります。
 しかしその中で、彼はときには間接的に、ときには積極的に政治の世界に介入しました。ここが、日本とは違うところ。
 ジョージ五世という国王は、確かに外交は不得手であった。それが第一次世界大戦の勃発に少なからぬ影響を与えたということができる。しかし貴族政治の時代から大衆民主政治の時代へと移り変わるイギリスの議会政治・政党政治を 「立憲君主制」 のもとで守り、世界中での国民主義の台頭により大英帝国が溶解していく中でも、その 「紐帯(ちゅうたい)」 として各地とのつながりを維持し続けている際に、彼は並々ならぬ力を発揮したのである。  (P224)
 彼の思いは、
 「あの坊やは、私が死んだあと12ヶ月以内に、身を破滅させるだろう」  (P5)
 と苦々しく言われた長男である皇太子ではなく、当時ヨーク公の爵位を与えられていた次男バーティ(のちの英国国王ジョージ六世)とリリベット(バーティの長女・のちの英国女王エリザベス二世)に引き継がれた、と君塚さんは最後を締めます。
 たとえその間に、スキャンダラスな行為で英国を破滅させかねなかった無能な王が短期間挟まれたとしても、ジョージ五世はたしかに英国を支え、次の時代にそれを引き継いだ王の一人であった、と。

 なんか、いいな。こんな暖かい視点の伝記って。

 ミリオタ的には、この人とその息子たちの名は、第二次大戦の艨艟たちの艦名として記憶されます。
 キング・ジョージ五世級戦艦の最初の三隻。
 一番艦「キング・ジョージ五世」、略称KGV。二番館「プリンス・オブ・ウェールズ」、略称POW。三番艦「デューク・オブ・ヨーク」、略称DOY。
 英国の旧弊な設計思想が災いして、防御力は優れていたものの兵装でも機関でもぱっとしなかったことは確かですが、DOYは北海で独戦艦「シャルンホルスト」を撃破する功績をあげています。
 しかしPOWは、モデルとなった王の呪いか(笑)あまりよい戦歴はなく、むしろ史上初めて航空機の攻撃によって撃沈させられた戦艦として有名です。撃沈したのは、むろん日本の海軍航空隊。
 何か皮肉を感じたのは、鐵太郎だけではないはず。(にやり)   (2012/06/14)
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:K072-003 56 宗教史・文化史 出版社:中央公論新社
書名:女王陛下のブルーリボン 英国勲章外交史 ISBN978-4-12-205892-7 C1131
中公文庫 き39-1 価格:914Yen ページ数:344P 本のサイズ:文庫
初版発行:2014/1/25 購入:2014/1/26 カバー写真:ガーター・セレモニーのエリザベス2世女王(PPS通信社提供)
カバーデザイン:中央公論新社デザイン室
「女王陛下のブルーリボン」 君塚直隆 ブルーリボンとは、英国のガーター勲章のこと。英国にある九つの勲章の中で最高の権威を持つものです。その大綬(たいじゅ)、つまり勲章を肩からかける帯の色から、そう呼ばれています。
 この本は、このかつてイングランドで生まれたブルーリボンの歴史を、その成り立ちや政治的な意味、そして日本との関わりまで絡めて丁寧にわかりやすく説明したものです。
 はじめに、と題されて1998年5月にロンドン、バッキンガム宮殿で行われた晩餐会のことから始まります。この日、女王エリザベス二世は、イブニング・ドレスの上に日本の最高の勲章である大勲位菊花大綬章の大綬(サッシュ)を右肩から左腰にかけ、その横に座る当日の主賓、日本国第125代天皇明仁(あきひと)が燕尾服の上着の下に、左肩から右腰へ鮮やかなブルーの大綬を身につけていたのでした。
 注意してほしいのは、記念章(Medal)や十字章(Cross)は勲章ではない、ということである。両者は戦争に従事した軍人に与えられたり、国王や女王の即位記念などの特別の機会にのみ出されるものなのだ。これに対して勲章は (外国人にああ照られる特別の機会を除く)、年初の 「新年の叙勲」 と六月第二土曜日の女王公式誕生日に行われる 「誕生日の叙勲」 の年二回、功労者たちに与えられる栄誉のことを指す。 (P20)
 第一章の冒頭、前書きのように書かれた一ページの小文の中で、こんな事が書かれています。あ、そういやそうだっけ。
 それはともかく。

 ガーター勲章、正式には The Most Noble Order of the Garter KG とは、フランスとの百年戦争のころにできたそうです。1340年代らしい。時のイングランド国王はエドワード三世(在位1327-1377)。1344年に王がウィンザー宮殿で「アーサー王と円卓の騎士」の故事にちなんで円卓の饗宴を催した年なのか、1348年に王が「黒太子(Black-Prince)」の異名を持ったエドワード王太子と24人のガーター勲爵士をウィンザーに召集したときなのか、見解は分かれているようです。
 この24という数字は、アーサー王が12人の騎士を選んだことに由来し、王と王太子がそれぞれ12人ずつ、合計24名と言う事なのだそうな。現在でも王族や海外の王族を除くと英国国内では勲爵士の数は24人以下とされているそうです。
 この勲章がなぜガーターの名が付いたかというと、国王主催の舞踏会でとある貴婦人が王自身と踊っている時に靴下止め(ガーター)を落としてしまったことが発端といわれます。まさにその時、のちに騎士道精神の権化と讃えられたエドワード三世は、羞恥に身の置き所もないくだんの貴婦人のガーターを拾い、平然と自分の膝に留め、「悪意を抱く者に災いあれ(Honi Soit Qui Mal Y Pense)」と呟いたそうな。これが伝説となり、ガーター勲章の元となった、と。
 真偽のほどはわかりませんが。

 この勲章は、元々は地方領主に過ぎなかったイングランド王が自らの権威を高めるために作り出したこの勲章が、イングランドがその勢力を伸ばして伸張し、連合王国となって世界の四分の一を支配する超大国にのし上がる過程でこの勲章がどのように使われ、どのように政治的・外交的な道具として利用されたかを描いています。
 なるほど、面白い。

 そして、異教徒でしかも一度は対等な、不倶戴天の敵となったこともある東洋の一国家、日本が、どのような経緯で明治帝から始まり代々の天皇にこの勲章を授与させることができたのか。
 キリスト教徒ではない国家の君主にこの勲章を贈ることはなぜ難しかったのか、という原因の一つに、この勲章は国王、女王の積極的な意志あるいは同意がなければできなかったというルールがあります。さらに欧州の近世・近代史の中で起きたように、国王がミーハーなら、内閣あるいは摂政が歯止めをかけます。彼らは基本的に保守勢力ですので、原則は守る方にいくもの。
 にもかかわらず、エドワード七世時代(在位:1901-1910)に海外の異教徒の君主に贈ったガーター勲章は、ペルシャ皇帝(1902)とムツヒト、すなわち明治天皇(1905)のみ。
 ジョージ五世時代(在位:1910-1936)は、ヨシヒト、すなわち大正天皇(1912)とヒロヒト、すなわち昭和天皇(1929)のみ。
 ジョージ六世時代(在位:1936-1952)は、異教徒君主への贈与なし。
 エリザベス二世時代(在位:1952- )は、アキヒト、すなわち今上天皇(1998)だけ。エチオピア皇帝ハイレ=セラシュ一世にも贈られています(1954)が、これは実はキリスト教徒。
 保守的な英国王室の流れがくっきり見える中、日本の天皇だけがなぜ例外となり得たのか。
 ああ、こんな歴史があったのか。なるほどねぇ。

 巻末の「外国君主のガーター勲章受章者一覧」と「近現代イギリス歴代君主が授与された外国からの勲章一覧」などの資料も含めて、歴史の一ページを、楽しめる本でした。  (2014/6/14)