トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: D002 アーサー・コナン・ドイル Doyle, Sir Arthur Conan
国籍: イギリス 生没年:1859/5/22~1930/7/7
 本名 Arthur Ignatius Conan Doyle
 エディンバラ生まれの小説家。推理小説、歴史小説SFや戯作など、多岐にわたる活躍をした。スポーツマンとしても有名。
 シャーロック・ホームズに関する著作の出版代理人として特に有名。(御意見無用(笑))
 SF分野ではチャレンジャー教授が活躍する作品群を、また歴史小説でも『白衣の騎士団』、『勇将ジェラールの回想』などを著している。
 氏の著作に関しては、 Sir Arthur Conan Doyle Literary Estate を参照されたし。
管理番号 書名 備考
シャーロック・ホームズ聖典 オリジナルのシャーロック・ホームズ譚 地道に少しずつUp (,⌒-⌒) v
D002-009
D002-010
勇将ジェラールの回想
勇将ジェラールの冒険
ナポレオン戦争時代の、勇敢なフランス軽騎兵の物語
D002-012・025 失われた世界 恐竜映画の原点となった異境冒険譚
D002-021・022
D002-023・024
白衣の騎士団(上・下)
ナイジェル卿の冒険(上・下)
中世・百年戦争時代。騎士となった男の物語

D002-026
D002-027
D002-028
D002-029
D002-034
 ドイル傑作選
1 まだらの紐
2 北極星号の船長
3 クルンバーの謎
4 陸の海賊
5 ラッフルズ・ホーの奇蹟
コナン・ドイルの未発表を含めた短編集

上へ
★このページはUnicodeです。★   Ver. 2.17 
管理番号:D002-009 24 近代冒険小説 歴史年表 出版社:東京創元社
書名:勇将ジェラールの回想    
原題:The Exploits of Brigadier Gerard (1896) 創元推理文庫 511-1
翻訳:上野景福 価格:180Yen ページ数:291P 本のサイズ:文庫
初版発行:1971/1/15 第3刷:1972/6/23 購入:1976/3/28 表紙イラスト:山本輝也
 パリでくつろぐエティエンヌ・ジェラール准将の昔語りから始まります。准将はパリで隠退生活を楽しんでいますが、かつては戦場でその名を轟かしたといいます。
 1760年のはじめの頃ガスコーニュで生まれたジェラール准将は、いかにもガスコンらしい頑固さと篤い忠誠心をもった軍人でした。フランスの軽騎兵として軍歴を飾り、1860年半ば頃パリで死んだそうです。
 アーサー・コナン・ドイルは、ユーモラスな筆致で、不思議な生涯を送ったこの軍人を作り上げました。

 ジェラール准将が軍歴についた時代は、かのナポレオン戦争のまっただ中。ガスコーニュの田舎町から青雲の志を持って軍人になった彼にとって、忠誠を尽くし軍人としての人を全うするだけで評価されるナポレオンの時代は、まさに水を得た魚だったのでしょう。爵位も財産もない若い軍人にとっては、ナポレオンこそが神でした。
 軽騎兵とはどんなものなのか。重騎兵、竜騎兵とどう違うのか。素人はなかなかわかりません。
 この本を楽しく読むと、コナン・ドイルの博学から披瀝されるさまざまな説明で、何となくわかってくるのではないでしょうか。ドイルのマニアぶりも、なかなか堂に入ったものですよ。

 実在したフランスの軍人・政治家に、エティエンヌ・モーリス・ジェラール(Étienne Maurice Gérard 1777~1852)という人物がいます。同じくナポレオン時代に活躍し、1830年に軍務大臣及びフランス元帥、1834年にフランスの首相になった人ですが、このお話の人とは別人です。物語の中で一度だけこれに触れて、従兄弟のジェラールといっていますが、たぶんこれでしょう。

 この本は、八つの短編からなります。
(1) まずは、中尉だった准将がポーランドで<陰鬱な城>と呼ばれる古城を訪問する話。1807年2月。
(2) 次は1807年末、准将は皇帝ナポレオンのコルシカ時代から残る怨恨を片付け、大尉となります。
(3) 1810年7月、第三軽騎兵連隊長ジェラール大佐はゲリラに捕らわれ、残酷に殺される直前でイギリス軽騎兵に投降し、あやうく命が助かります。このとき、あまる嬉しくない状況で、ジェラールはウェリントン公爵と出会います。
(4) 1810年8月、ジェラールはイギリスのダートムーアにある捕虜収容所から脱走を企みますが、その顛末は?
(5) 1811年3月、スペインのジェラール大佐は、イギリス人の「ミルフラール元帥」と名乗る男とその一党の山賊退治に派遣されます。
(6) 1813年3月、ロシア遠征からようやく生き延びて帰還したジェラールは、ドイツを通過中、ナポレオンからザックス・フェルシュタイン公へ密書を運ぶ急使を救います。急使は死亡し、ジェラールがそれを引き継ぐ。謎の美女とは何者?
(7) 1814年3月、ジェラール大佐は騎馬擲弾兵少佐と共に秘密任務に就きます。任務は失敗しますが、なぜか勲章を得ます。
(8) 1814年4月、ジェラール大佐は他の二人のフランスきっての猛者たちと共にベルティエ元帥に呼ばれ、恐ろしい申し入れを聞きます。悪魔の誘惑か、最後の忠誠か。沈む船から逃げ出すネズミたちの中で、少数の頑固者が、あるいは少数の馬鹿者が船を守ろうとします。
 このモデルになった人物は、戦記の中で何人も何回も存在したそうです。殺伐とした民族戦争のなかでも、紳士として格好つけの生き方をした男たちがいたとすると、歴史って面白い。ドイルは、現実の汚さを承知の上で、このような人物にあこがれていたようです。

 「ひじょうにたくさんの人々が、ジェラール准将を好きなのを知って、わたしは嬉しい。わたし自身、准将がちょっと好きなのだ」(あとがきより)

 なんか、いいなぁ。  (07/10/28)

上へ
  Ver. 2.17 
管理番号:D002-010 24 近代冒険小説 歴史年表 出版社:東京創元社
書名:勇将ジェラールの冒険    
原題:Adventure of Gerard (1903) 創元推理文庫 511-2
翻訳:上野景福 価格:240Yen ページ数:277P 本のサイズ:文庫
初版発行:1972/6/9 購入:1976/3/28 表紙イラスト:山本輝也
 「勇将ジェラールの回想」の好評を受けて、1900年から新しいジェラール物語がホームズものを掲載していた『ストランド』誌で発表され、1903年に8編の短編が、一冊の本となりました。題名からは、前回はあった“Brigadier(准将)”の文字が消えています。准将ジェラールという名が有名になったので、ジェラールだけで本を買ってくれるらしい。面白い。

 実はこのあと1910年に、ジェラール准将の「中尉の結婚(The Marriage Of The Brigadier)」という一作が発表されたのだそうな。
 これは、まだ邦訳されていなかったのですが、翻訳家・シャーロッキアンの北原尚彦氏のHPの情報によると、創元推理文庫より2007年末刊行予定の、コナン・ドイル傑作選 『ドイル傑作集4 陸の海賊』 に納められる予定だそうです。→北原尚彦の書物的日常

 さて物語は八編。ただし、途中のワーテルローは二つの章に分かれています。
(1) 1805年、ヴェニス。スシェ元帥(Louis Gabriel Suchet)の副官となったジェラール大佐は、フランス軍の当たるを幸いの略奪行為の報いを受けたのか、片耳を失います。
(2) 1807年スペイン。ジェラールはドイツからコンフラン軽騎兵連隊の先任大尉として赴任してきます。実績もあり、剛胆で、なおかつ遠慮を知らぬ自慢も超一流のジェラール大尉はスペインで何をするでしょうか。
(3) 1810年12月、ポルトガルの戦場でジェラール大佐は不思議なものを見ます。狐を追う奇妙な狩りをするイギリス士官たち。これに参加してしまったジェラールは、イギリス軍すべてから轟轟たる非難と憎悪の対象となりました。なんたることか!
(4) 1811年3月、スペインでマセナ元帥(André Masséna)の幕僚を務めるジェラール大佐は、ゲリラを突破して軍を救う任務に就きます。
(5) 1810年10月、捕虜交換の準備のため英国で客として滞在しているジェラール大佐は、ボクシングと銃での決闘をする羽目になります。
(6) 1812年11月、ナポレオンの遠征の帰りをボロディノで待つジェラール大佐は、ミンスクにある食料倉庫を襲う命令を受けますが。
(7) 1815年6月、ワーテルローで奮戦するジェラール大佐の話です。グルーシ元帥を捜しに行った居酒屋でブリュッヘル元帥の作戦会議を聞く羽目になる話と、プロシアの軽騎兵の中を大佐が突破する話の二つに分かれています。
(8) 1821年、ジェラール准将は、ナポレオンを救出するためにセント・ヘレナ島に向かいます。そこで准将の冒険は終わります。

ページのトップへ
  Ver. 2.18 
管理番号:D002-012・025 24 近代冒険小説 歴史年表 出版社:東京創元社
書名:失われた世界    
原題:The Lost World (1912) 創元推理文庫608-2
翻訳:龍口直太朗 価格:180Yen ページ数:312P 本のサイズ:文庫
初版発行:1970/9/19
 第6刷:1973/1/12
購入:1977/2/? 表紙イラスト:日下 弘
    出版社:早川書房
書名:失われた世界 ロスト・ワールド ISBN978-4-15-011156-1 C0197
原題:The Lost World (1912) ハヤカワ文庫SF1156 ト2-1 早川文庫3905
翻訳:加島祥造 価格:520Yen ページ数:303P 本のサイズ:文庫
初版発行:1996/8/31 購入:1996/8/25 表紙イラスト:影山徹
失われた世界・ハヤカワ版失われた世界・創元版 ドイルの本を整理していて、手に取ってしまいました。
 読み始めたら、面白いんだもの、これ。さすが、ドイル。

 なんとなく、イメージとしてこんなお話だと思っていませんか?
    ↓
 南米の草原の中に巨大な死火山があり、そのカルデラの中で中生代の生物やもっと後の時代の旧人などが隔離されて独自の生態系を保っているという。その世界に迷い込んだ動物学者チャレンジャー教授、生物学者サマリー教授、冒険家ジョン・ロクストン卿、新聞記者マローン(ぼく)。さあ、彼らの活躍やいかに。

 そういう面はあります。でも、最初と最後に出てくるお話は、全然違う見事なドタバタコメディ。そうなんだよ、ぼく(マローン)の目的はこれだったんだ。(笑)
 ヒーローでなきゃ結婚相手とはみとめない、という女性に惚れちゃった23歳の新聞記者マローン君は、アイルランド人の血をたぎらせて何か冒険のネタがないかとさがしています。
 そこに現れたチャレンジャー教授。ジョージ・エドワード・チャレンジャー。1863年生まれ。小柄で可愛い奥さんあり。巨大な頭と胸まで垂れる黒い髭。雄牛のような肩。吠えるようなとどろくような声。短気で暴力的。
 古生物とはすでに絶滅しているものだ、という学会の報告に、「異議あり」と轟くような声で反論する嫌われ者。
 ちなみに、「QUESTION!」という言葉とは、こう言うときに使う言葉なのだとは、この本で教わりました。(だからなに?)

 恐竜と原始人の世界は、今の目で見るとちょっとつらいかな。でも、ドキドキはらはらの冒険は色あせない。
 気がついたのですが、この一場面で不朽の名作「宝島」の筋がなぞられていませんか? ほらあのマローンが単独行するところ。
 読み直すと、いろいろなものが見えてきます。すごい作家だったんですねぇ、彼。

 帰国後の大騒ぎも楽しい。そして、最後のシメ。法律事務所の帳簿係。
 楽しい時間を過ごせました。ドイルに感謝です。    (07/12/5)

  
管理番号:D002-021・022 32 歴史小説・西欧史 歴史年表
書名:白衣の騎士団(上) 発行 1891年
原題:The White Company 原書房
翻訳:笹野史隆 価格:¥1800 ページ数:300P 装丁:46ハードカバー
初版発行:94/4/8 購入:94/3/27  
書名:白衣の騎士団(下) 発行 1891年
原題:The White Company 原書房
翻訳:笹野史隆 価格:¥1800 ページ数:292P 装丁:46ハードカバー
初版発行:94/4/8
 第二版:94/5/30
購入:94/8/1  
 本のオビには、こんな言葉が。
 上巻は、 ドイルが生涯こよなく愛した痛快歴史絵巻

 下巻は、 
気どった文学批評などしないで、ただこう言うべきだろう
             これ、面白いよ!

 見事なアオリ。

 でも、なぜなんだろう。
 なぜこの本は、日本ではほぼ100年の間完訳されなかったんだろう?
 なぜぼくは、上巻を買ってから半年近く下巻を買わなかったんだろう?

 たぶん、どちらの疑問も、答えは同じなのかも知れません。
 この本に周波数があう現代日本人は、あまり多くないのです、きっと。
 若い頃のぼくも含めて、ね。

 今回はじっくり読みました。決して、読むのが苦痛な本ではありません。引き込まれます。
 ドイルの、ストーリーテラーとしての冴えは、現代でも通用すると思います。
 台詞回しだけで、さりげなく舞台と時間を転換し、次の場面に読者を引き込むテクニック。
 重厚な世界を、軽やかに描き出す筆力。
 クライマックスを要所要所におき、破綻なくつなげ、笑いを誘う場面をうまくはめ込むバランス感覚。

 しかし、その世界に引き込まれるのは難しいのでしょうねぇ。昔のぼくも多分そうでした。
 イギリスの読者に、伊勢三郎の視点で見た義経の生涯を見せているようなものではないかな。
 こういう本があったとしたら、日本人の中には面白いと思う人もいるでしょうが、歴史的にマニアックすぎます。日本でもメジャーになりにくいかも知れない。まして、イギリス人にはね。

 ともかく今回は、歴史マニアとして修行を積んだ幾星霜のおかげをこうむりまして(おいおい)、ようやく入り込めました。

 時は1366年、百年戦争の時代。
 ポーツマスに近いビューリー大修道院から現れた二人の男。
 一人は、細面の金髪の青年。20歳になって修道院から俗世に戻る、修道院長がかわいがっていた青年です。名は、アレイン・エドリクスン。ミンステッドの郷士だった父親によって、成人の日までと言う約束で修道院に預けられました。読み書き、彫刻、楽器、声楽、宝石加工などのさまざまな職を身につけた素直な男で、今後は兄を頼って旅立ちます。
 もう一人は、楽しい男です。ジョン・オブ・オードル。ふてぶてしく一本気な男で、修道院の厄介者。破門され、放逐されて修道院を出ます。

 二人はなぜか気が合い、宿屋で一緒になったサムキン・エイルワードという弓兵と出会います。
 そして、彼ら三人が兵士として、「白衣団」に入り、首領たるサー・ナイジェル・ローリングに忠誠を捧げてフランスに遠征する... 最低限のネタバレで言うと、ストーリーはこういうものです。

 主要な会話や、登場人物や、主人公アレインの憧れの先を見る限り、この本は中世の華である騎士のものだと言って差し支えないかも知れません。この時代すでにアナクロになりつつあった騎士という美名は、ロマンチックな響きを現代でも輝かせています。ドイルの筆致は、セルバンテスが笑劇に叩き落とした中世の騎士の姿を、じっくりと描いています。
 にもかかわらず、です。
 この本が主に描いているのは騎士だけではない。サムキン・エイルワードが象徴するような、下層階級からたくましい腕一本で戦場の花形に躍り上がってきた英国長弓兵たちが、重要な役どころを占めます。「白衣団」とは騎士たちの特権グループではなく、彼ら、戦場の歴史を変えた、30インチの矢を射る弓兵たちなのです。
 とはいえ彼らも、厳密に言えば最下級の「農奴」ではなく、その上の階級なのですけどね。

 「双頭の鷲」の最初の場面、ポアティエの戦いで戦場の帰趨を決めたのは、華やかな騎士たちの突進ではなく、6フィートの長弓をかまえ、鍛え上げた腕で灰色雁の矢羽根を耳まで引き絞り、気合いと共に200歩の距離から鋼鉄の鎧を射抜いた弓兵たちでした。時代は変わりつつあったのです。

 ドイルは、この本の中で、尊い血統と名誉のために生きた騎士たちと、庶民上がりの弓兵たちと、理不尽な領主に反抗する農奴たちと、爽やかな恋模様を描きました。
 一面しか読み取れなかったぼくの若い頃が情けない。(わはは)

 ところで、なんとこの本の後半、かのフランスの偉大なる戦士、ベルトラン・デュ・ゲクランその人が、いささか怖い姿なのですが、出演していました。サー・ナイジェルと豪快に語り合い、肩を並べて戦い、やがてイギリスの敵として再び現れます。彼の奥さん、レディ・ティフェーヌ・デュ・ゲクランが予言者であるという風聞も、どうやら本当にあったらしい。
 サー・ジョン・チャンドスと黒太子エドワードは、ほとんど名前だけ。
 ドイルが英国史の中で最も高く評価したというエドワード三世は、さわりだけご出演。

 一見さんお断りとは言いませんが、ちょっと敷居が高い、しかし面白い歴史小説でした。 (05/3/26)

  
管理番号:D002-023・024 32 歴史小説・西欧史 歴史年表
書名:ナイジェル卿の冒険(上) 発行 1906年
原題:Sir Nigel 原書房
翻訳:笹野史隆 価格:¥1800 ページ数:296P 装丁:46ハードカバー
初版発行:94/8/8 購入:94/9/3
書名:ナイジェル卿の冒険(下) 発行 1906年
原題:The White Company 原書房
翻訳:笹野史隆 価格:¥1800 ページ数:283P 装丁:46ハードカバー
初版発行:94/8/8 購入:94/9/3
 前の顰みに習わなくてもいいのですが、本のオビ。

 上巻は、  うきたつような青春を
      まっすぐ生き抜いた青年騎士の
        試練と挑戦の物語

 下巻は、  巨匠ドイルが、高らかに
          うたいあげる
       偉大な時代の、偉大な魂

 これもまた、見事です。

 始まりの時は、前作より一世代前、1348年7月。
 東から黒い雲がわき上がり、人々は立ちつくしてその雲を見上げ、教会に入って神に 対面し、うち震えている司祭に告解を聞かれています。
 それから、雨が降り始めました。一週間、ひと月。9月になっても雨は降り続けます。
 秋になって、弱々しい太陽が照らしたのは、腐り、菌類に覆われた水浸しの大地でした。
 そして、何も残らない冬が来ます。

 男は死んだ。そして、女、子供、領主、郷士、修道士、木の枝と泥とで作った小屋の農
奴も死んだ。皆が皆、同じ汚染したもやを吸い、皆が皆、同じ腐敗の病気で死んだ。病気にかかった者で回復した者は一人もおらず、病状は常に同じだった ─ 大きなはれ物ができ、精神が錯乱し、この病気の名前の由来となった黒い発疹ができた。冬のあいだじゅう、埋葬する人がいないために、死体は道ばたで腐っていった。多くの村では一人の生き残りもいなかった。


 1348年、中世の歴史に詳しい人なら知っているキーワード。
 黒死病、黒き死の仮面、線ペストと肺ペストが、ヨーロッパを席巻した年。
 イギリスの人口は、ある統計によれば3/5に激減したと言います。

 ドイルはこの本で、この悲劇が、この災厄が、イギリスを離島の後進国から、あらゆる階層に活力ある自由の民がいるさっそうたる国家に生まれ変わらせたのだ、といいます。イギリスと言うより、イングランドを、かな。
 むろん、その時代にあっては、社会制度は崩壊し、産業は壊滅し、貴族は没落し、貧農は餓死する状態の中で、みな生きることに精一杯なだけで、何か未来に希望を託せるものは何もなかったのです。
 しかし、中世の封建体勢を支える領主の、権力基盤である荘園からの農業収入及び労役がなくなると、戦うことと領民を締め付けることしかすることがなかった中小貴族は、もはや自治を保てません。
 あらゆる階層の、真に力のある者が台頭し、そして一度権力をつかんだ新興勢力はもはやそれを手放そうとはしませんでした。
 そして、新しいイングランドが生まれます。
 大陸の傭兵に蹂躙され、支配者を次々と変えるイングランドではなく、自由意志で戦う兵士たちが勇躍して大陸に乗り込む時代になったのです。これ以後、国王として迎え入れた時を除くと、もはや大陸の王侯がイギリスに領土を持つことはありません。その逆に、イギリス王がフランスなどの諸外国に領土を持つ時代になるのです。

 没落した貴族の家系に、元は肥沃な広い土地を所有していたローリング家がありました。戦乱と疫病と、新しい法律の時代の中で、いつの間にか近隣のウェイヴァリー大修道院にその領土の大半を(合法的に)獲られ、もはや財産とてほとんどない。
 この家の当主は、レディ・アーミントルード・ローリング。そして孫のナイジェル。今はたった二人しか残っていません。
 このナイジェル少年は、むろん、ウェイヴァリー修道院とはむろん犬猿の仲。
 何度か小競り合いの末、ついに借用書をナイジェルが破り捨てたことで、国王の召還者に引き立てられ、死か、没落と謝罪という死よりも大きな屈辱かを選ばせられます。
 このあわやの場面を助けてくれたのが、一人の弓兵と一人の騎士。
 弓兵は、ナイジェルの忠実な友となるサムキン・エイルワード。
 騎士は、その名も高きサー・ジョン・チャンドス。サー・ジョンはナイジェルに、当地を旅行中のある騎士がローリング家を訪れると伝えます。
 その騎士の名とは、エドワード。エドワード・プランタジネット。

 若きナイジェルの恋と冒険の物語です。
 最後は、かの有名な「ポワティエの戦い」(1356年)で幕がおります。

 この本は、出版されて今年(2005年)で99年、来年は100年目ですね。
 いろいろと時代に合わないところもあるけれど、1世紀を経た冒険小説の味わいは、素敵です。 (05/4/2)

  
管理番号:D002-026 42 シャーロック・ホームズ・ノベル
書名:まだらの紐 ドイル傑作選 1 日本オリジナル短編集
原題:Arthur Conan Doyle Collection 1 創元推理文庫 Mト1-15 10110
編集:北原尚彦・西崎憲 価格:¥720 ページ数:348P 装丁:文庫
初版発行:04/7/23 購入:04/7/27 表紙イラスト:影山徹
 コナン・ドイルの、あまり知られていなかった、もしくは、名前だけしか知られていなかった作品を集めた、日本オリジナル短編集の第一作です。

 この第一作は、シャーロック・ホームズ・ノベルが多い。
 まず、ほぼ全体の4割をしめる戯曲「まだらの紐」。
 ワトスン博士描くオリジナルを、出版代理人であるドイルがうまく展開して戯曲化しています。登場人物の顔ぶれも面白いし、結末までうまくまとめています。
 Sir CAM ─ チャールズ・オーガスタス・ミルバートン氏がゲスト出演していますね。

 その他、ホームズ・ノベルの数作と、関係のないミステリ作品が2点。
 なんといっても楽しいのは、ドイル自身がホームズの推理方法をパロディ化している「ワトスンの推理法修行」でしょうね。この作品は、1920年にジョージ6世のアン王妃へ英国国民が贈った「王妃の人形の家」の書斎に納めるミニシュア本のために書かれたものだそうです。

 巻末には、「シャーロック・ホームズのプロット」として作品にならなかった構想が一遍。
 それと、「シャーロック・ホームズの真相」という、珍しいインタビューによるドイルのホームズへの考えの一文。本邦初公開。

 シャーロッキアンも、シャーロッキアンもどきも、ぜひとも目を通すべき一冊です。  (05/3/12)

  
管理番号:D002-027 41 ホラー・怪奇・サスペンス
書名:北極星号の船長 ドイル傑作選 2 日本オリジナル短編集
原題:Arthur Conan Doyle Collection 2 創元推理文庫 Mト1-16 10111
編集:北原尚彦・西崎憲 価格:¥700 ページ数:350P 装丁:文庫
初版発行:04/12/10 購入:05/2/6 表紙イラスト:影山徹
 ドイル傑作選第二作目は、ホラーミステリです。
 心霊術に傾倒しつつあるドイルの心が反映されているのか。

 でも、お話によってストーリーの結末が、「合理的説明」がされる場合と「超自然の不可思議」に逃げる場合と、両方あるようです。
 無理にドイルと心霊術を結びつける必要はないのかもしれない。

 後書きにもある「深き淵より」などは、非常におどろおどろしいのですが、ちょっと強引でも「合理的」な説明がされています。
 「ジョン・バリントン・カウルズ」「寄生体」などは、後者ですかね。

 実を言うと、出だしの作品「大空の恐怖」で、あやうく積ん読本に戻すところでした。短編集の最初にこれを持ってくるのは、ちょっと選定を誤っていないかな?
 ま、個人的な趣向かもしれませんけどね。  (05/3/12)

上へ
  Ver. 2.17 
管理番号:D002-028 41 ホラー・怪奇・サスペンス 出版社:東京創元社
書名:クルンバーの謎 ドイル傑作選3 ISBN978-4-488-10112-1 C0197
原題:Arthur Conan Doyle Collection Vol.3 創元推理文庫 Mト-1-17 10112
編集:北原尚彦・西崎憲 価格:720Yen ページ数:333P 本のサイズ:文庫
初版発行:2007/5/11 購入:2007/5/19 表紙イラスト:影山徹
 ドイル傑作選3 は、東洋の神秘ですね。
 世界に版図を広げつつあるヴィクトリア女王統治下のイギリスを背景にして、英国人はインドやエジプトなどから入ってくる文化、遺物、風俗への興味を持ち、さまざまな想像をめぐらしたようです。
 それが、東洋イコール神秘の恐怖 という短絡的、ステレオタイプ的な解釈となるのは、まあ必然かな。
 名ストーリーテラーのドイルとしては、どの程度のめり込んで書いたのでしょうか。知りたい。

 「競売ナンバー二四九」「トトの指輪」は、エジプトのミイラがモチーフです。
 「血の石の秘儀」は、ウェールズのドルイド教ですから、ちょっと毛色が違うかな。これは、ハッピーではないけれど神秘性が消えた終わり方ですね。不思議?(笑)
 「茶色い手」はインド。おどろおどろしい展開をコミカルにまとめたのはドイルらしさなのかな。
 「クルンバーの謎」もインド。これは長い。この短編集全体の6割ぐらいになります。過去の罪を問われた昔の英国軍人、というとホームズ譚のひとつ「四人の書名」という感じでしょうか。インドの偉大な聖賢が、巨大な力を発揮しますね。

 ぶっちゃけて言うと、ストーリーテラーとしてのドイルの手腕で読むことはできますが、現代のぼくが認識している科学的・歴史的知識からすると、全く現実的ではない話ですね。ジャンルとしては趣味に合いません。当時、情報の少ない庶民が、いかに東洋のエキゾチックな文明にあこがれ、恐れていたのかを読み取ればいいのでしょうか? 深読みしすぎ?
 現代でもこういう話を愛好する方々がおられるようです。まあ、個人の趣向はさまざまですけどねぇ。  (07/8/24)

ページのトップへ
  Ver. 2.20 
管理番号:D002-029 41 ホラー・怪奇・サスペンス 出版社:東京創元社
書名:陸の海賊 ドイル傑作選4 ISBN978-4-488-10113-8 C0197
原題:Arthur Conan Doyle Collection Vol.4 創元推理文庫 Mト-1-18 10113
翻訳:北原尚彦・西崎憲 価格:880Yen ページ数:372P 本のサイズ:文庫
初版発行:2008/4/11 購入:2008/5/20 表紙イラスト:影山徹
「陸の海賊」 ドイル傑作選4は、スポーツ・冒険編です。ドイルの愛した各種スポーツと、歴史冒険の物語ですね。

 クロックスリーの王者(1899)、バリモア公の失脚(1912)、ブローカスの暴れん坊(1921)、ファルコンブリッジ公(1909)の四作は、ボクシングが題材です。
 1867年ジョン・チャンバースは、保証人であったクィンズベリー侯爵ジョン・ショルト・ダグラスの名を冠した「クインズベリー・ルール」(Marquess of Queensberry Rule)を定め、1ラウンド3分で1分のインターバル、投げ技の禁止、グローブの着用、10秒のダウンでノックアウト負けなどの現代につながるルールを確定しました。しかし、かつての無法に近い状態を懐かしむ考えも多かったようです。ドイルは、1899年から1921年までに発表されたこの4作で、いまだに完全には定着していない様子を描いています。
 単にボクシングという舞台の上での活劇ではなく、さまざまな人間ドラマを描いているのはさすがにドイルか。

 狐の王(1898)と言う作品は、狐狩りという英国独特の「スポーツ」の中で起きた奇妙な事件です。怪奇、といってもいい。あとがきで、「バスカヴィル家の犬」(1901)との類似性を上げていますね。どうでしょうかねぇ。

 スペディグの魔球(1928)は、意外でしょうが、クリケットとは現在世界で二番目にプレイヤーが多いスポーツなのです。インドが入るから。
 この、摩訶不思議なゲームがこの短編のネタです。魔球とは、なににたとえたら良いんだろう? 大リーグボール3号かな?(笑) それほど異常なものじゃないのですけど、ルールの意表を突いた魔球です。くわしくわかっていれば、もっと面白く読めただろうに。ちょっと残念です。

 准将の結婚(1910) これは「ジェラール准将」シリーズの一冊で、未訳だったものです。いかにもジェラールらしい、自惚れと出たとこ勝負と稚気愛すべき自慢話に終始していますが、結婚相手にとってどうなのでしょうね。そもそも、ちゃんと結婚したの、彼ら?(笑)

 シャーキー船長行状記(1897) 三編あります。連作と言えるかな?
 時代は1713年に終わったイスパニアの王位継承をめぐるいくさの直後と言っていますので、スペイン継承戦争(1701~1714)のあとの時代だそうな。スティーヴンスンの「宝島」が単行本になったのは1883年で、これは1700年代なかばの海賊を扱った物語でした。このころ、こういうジャンル自体が当時の英国の少年たちをわくわくさせていたのかも知れません。
 シャーキーという悪逆非道な海賊の船長の「活躍」とその因果応報な最後を描いています。ストーリーは陳腐に思えたし、テーマ自体が面白くなかったのは確かですが、あくまでこれは鐵太郎個人の感想ですよ。
 英国人の考える「公正」という概念が、異質です。

 陸の海賊(1911) ひとつの公正を正すために悪を演じた男の物語です。
 なんというか、不思議な物語です。公正とは何か、正義とは何か。自分の思う不公正感を正すために、人は悪をなしてよいのか。
 ドイルが書いたこの物語の考え方の、もっと極端な、あるいはもっとはっきりした例が、ホームズが正義を通すために法を無視した例なのでしょうか。どうなんだろう。

 良い悪いは言いづらい。でも、これがドイルの理想だとしても、日常的に行われてはいけないよな。そんな気がします。  (08/6/13)
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:D002-034 41 ホラー・怪奇・サスペンス 出版社:東京創元社
書名:ラッフルズ・ホーの奇蹟 ドイル傑作選5 ISBN978-4-488-10114-5 C0197
原題:Arthur Conan Doyle Collection Vol.5 創元推理文庫 Mト-1-19 10114
翻訳:北原尚彦・西崎憲・編 価格:900Yen ページ数:336P 本のサイズ:文庫
初版発行:2011/12/22 購入:2011/13/30 カバーイラスト:影山徹 カバーデザイン:藤田知子
ラッフルズ・ホーの奇蹟 コナン・ドイル傑作集の最終巻。この巻には、空想科学小説と分類すべき8編が収められています。今の視点で見ると、これはSFというよりあとがきにあるように、当時呼ばれていた名前 「科学ロマン」 の方がふさわしいかも知れません。

ラッフルズ・ホーの奇蹟 The Doing of Raffles Haw (1891)
 バーミンガムから14マイルほど離れたタムフィールドに住むある一家。破産して酒浸りの父マッキンタイア氏、絵を描く趣味を生活の糧にしなければならなくなった息子ロバート、海軍中尉と婚約していることを心のよりどころにしている妹のローラの三人。母方の伯父の遺産から上がるそれぞれ年200ポンドの収入がなければ困窮の極みになるはず。
 年200ポンド×2というと、ホームズ時代の換算目安としては、年間約800万円。親子三人が水準より上の生活を送るには十分すぎる金額に思えるのですが、これで没落状態だというのなら羽振りがよかった時代はどのくらいの収入を得ていたんでしょうね?
 その前に現れた謎の男、ラッフルズ・ホー。無尽蔵とも言える金を持ち、惜しみなく慈善の金を振りまくが、人とのつきあいに用心して居る男。マッキンタイア氏に対しては、彼の事業と称するものには一切の出資はしないきっぱりとした所を見せますが、ロバートとは懇意になり、ローラに対し恋愛の感情を抱いている様子。
 しかし彼の出現、存在によって信頼するロバート、ローラの姿が変貌する様子に気づき、このホー氏は何を考えたのか。
 フム、SFチックな諸科学の描写は面白いのですが、やはり今の眼で見たら「科学ロマン」としか言いようがない。原子変換の描写で、化学と物理学の混同が見られますが、これは当時の科学としてはやむを得ないものか。当時はヴィヴィッドなネタだったんでしょうけどね。
 とはいえ、ドイルの語り口は、お見事。

体外遊離実験 Great Keinplatz Experiment (1885)
 ドイツを舞台にした、博学なるアレクシス・フォン・バウムガルテン教授と、その娘エリーゼに恋心を寄せる不良学生フリッツ・フォン・ハルトマンのドタバタコメディ。ひょんなことで体から精神だけ入れ替わってしまったらどうなるの、というネタは、この短編が嚆矢なのかな?

ロスアミゴスの大失策 The Los Amigos Fiasco (1892)
 凶悪犯ダンカン・ウェーナーを、新しい技術である電気の力で処刑してしまえ、という声が上がったロスアミゴスの町。ときあたかも、大陸のかなたのニューヨークで、2000ボルトの電圧で処刑しようとして失敗した事件があった直後(これは史実なのだそうな)。
 ニューヨークの6倍の電圧をかければいいのではないか、という提案が採用された結果、何が起きたのか。

ブラウン・ペリコード発動機 The Great Brown-Pericord Motor (1892)
 理論家の電気技師フランシス・ペリコードと、実地的な才に優れた機械技師のジェレミー・ブラウンが作り上げた、世界最初の羽ばたき式飛行機。はたしてこの装置の、真の製造者はだれなのか。
 ライト兄弟の飛行機械が現実の地上を離れて飛行する、10年前に発表された一作です。

昇降機 The Lift (1922)
 30歳になったばかりの若い空軍中佐スタンゲイトは、美しいフィアンセ、メアリー・マクリーンと共にいながら、なぜか憂鬱です。その原因は不明。しかし、メアリと共に600フィートの高さにそそり立つ展望塔の昇降機に入った時に起きた事件で、何かが変わった。
 メカのメンテをする職人が、どんなトラブルでもハンマーでボルトを叩き込んでなんでも直してやるというセリフに時代を感じます。

シニョール・ランベルトの引退 The Retirement of Signor Lambert (1898)
 有名なテノール歌手シニョール・チェチル・ランベルトがどうやってその年に二万ポンドを稼ぎ出す美声を失ったのか。
 ポーツマスの整備工から身を起こしたスパーター氏、当時は週給24シリング(約二万四千円)だったのだそうな。階層社会だねぇ。

新発見の地下墓地 The New Catacomb (1898)
 舞台はローマ。ユリウス・ビュルガー氏がローマの地下で発見した最古の地下墓地。そこにいた先客は、いったい誰だったのか。
 恋愛潭としてはまあまあでしょうが、当時はショッキングな一作だったのでしょうね。

危険! Danger! (1914)
 大英帝国に戦争を挑まれたヨーロッパの小国が選んだ作戦とはなにか。
 仮想戦記、未来戦記の嚆矢となり、発表直後に勃発した第一次世界大戦の海の戦いの一端を、驚くべき正確さで予見した一作として有名な作品です。しかも、英仏海底トンネルの必要性を、その政治的な問題まで含めて論じた作品でもあります。

 いろいろなドイルを楽しめる短編集ですね。  (2012/1/5)