トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: F037 福田千鶴 Fukuda Chizuru
国籍: 日本 生没年:1961/12〜
 日本の歴史学者。九州産業大学大学院国際文化研究科教授。
 福岡県福岡市生まれ。福岡県立福岡高等学校を経て、1985年九州大学文学部史学科(国史学専攻)卒、1993年同大学院文学研究科博士課程中退、同年国文学研究資料館助手、1997年「幕藩制の確立と御家騒動に関する研究」で九州大学より博士 (文学)を受く。2000年東京都立大学人文学部助教授、首都大学東京都市教養学部准教授を経て2008年4月より九州産業大学国際文化学部教授。福岡市史編集委員会近世専門部会専門委員。
 日本近世政治史・史料学を専攻。幕藩制における御家騒動や武家の奥向に関する研究を行っている。
福田千鶴
管理番号 書  名 メ  モ
F037-001・002 新選・御家騒動(上・下) 【編】 江戸時代の御家騒動に関する研究
F037-003 徳川綱吉 悪名高き「犬公方」の素顔
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:F037-001・002 57 歴史書・歴史解説書 出版社:山川出版社
書名:新選・御家騒動(上)   ISBN978-4-404-03517-2 C0021
  価格:2800Yen ページ数:333P 本のサイズ:135×195HC
初版発行:2007/12/10 購入:2010/4/22装丁:岡田武彦
書名:新選・御家騒動(下)   ISBN978-4-404-03518-9 C0021
  価格:2800Yen ページ数:366P 本のサイズ:135×195HC
初版発行:2007/12/10 購入:2010/4/22 装丁:岡田武彦
新選・御家騒動(下)新選・御家騒動(上) 御家騒動(おいえ・そうどう)とはなにか という序論から始まります。
 著者は、研究者として、20年以上前からその定義を試みてきたのだそうです。
 辞書的な定義だけみるとこんなものがあります。
 広辞苑 第六版: 大名などの家中で、跡目相続や寵臣・愛妾をめぐる派閥争いなどから起こる紛争。加賀騒動・黒田騒動の類。
 Wikipedia: お家騒動(おいえそうどう)とは江戸時代の大名家における内紛のことである。現代においては、企業や家族といった組織における内部抗争をお家騒動に擬えて呼ぶことがある(比喩的用法)。
 しかしこれは皮相的なもの。
 かつて著者は、
幕藩制的秩序と御家騒動 (校倉書房 1999)
御家騒動 大名家を揺るがした権力闘争 (中公新書 2005)
 の二冊の著作によって、ある程度の研究成果を示したのですが、御家とか騒動とか、その引き金になったものとかその原因とか、まだまだ解決できない難問があると考え、この上下二巻の本によってその課題を整理してみたのだそうです。
 この本では、福田千鶴さんはいろいろなお家騒動の記録の一部も書いていますが、主な役割としては編集者として全体を統括しています。

 序論は、御家とはなにか、という定義から始まります。
 江戸時代の御家とは、むろん大名家を指します。近世中期には社会が固定化され、大名家が改易されると家臣も路頭に迷うこととなったため、御家の存続は家臣ひとりひとりのの存続と同じ意味や価値を持つようになります。しかしこれは江戸時代中期以降のこと。江戸時代前期(17世紀)においては、必ずしもそうではなかった。江戸初期に発生した御家騒動には、御家が成立していない、その価値観が認められていない時代にあっても騒動たりうるものがあるのです。となると、近世前期に御家が存在していないのはなぜかについての考証も必要になり、武士とはなにか、中世武士団と近世武士団の違いはなにかまで遡ることになる。
 また、騒動当時の記録史料を見ると、このそれぞれの騒乱を御家騒動として記録したものはないのだそうな。となると、いつからそのような言葉が生まれたのか、と言うことも問題になる。これが公式な言葉ではなく、人形浄瑠璃や歌舞伎、講談といった文芸の世界で生まれた言葉であるとはちょっと驚きですが、現代の例で考えればありそうなことですかね。

 またここで、いわゆる御家騒動が起きた原因についてもいろいろ考察があります。
 これは突き詰めると、風聞を元にした芝居的な解釈による単純な虚構、儒教的解釈による勧善懲悪史観による評価、幕府・関係諸藩による恣意的な処分を正当化した事による事実の歪曲などといった虚構を如何に打破するか、という方針に行きつきます。また、現代人の先入観を持ち込まないで、当時の武士の心象を読み解きながら騒動を理解する必要がある。ともいい、武士の主従関係、性意識(男色)、武士の意地(名誉)といった問題を分析の視座に置きます。
 さらに時代と共に幕藩関係が変わっていったこと、強力な権力を持っていた幕府は常に大名家の疲弊や取りつぶしを狙っていた訳ではない、などといった事も考慮する必要があるそうです。
 歴史の解釈とは、かくも奥が深いもの。こういったさまざまな視点から、本書では江戸時代の中で代表的な16の御家騒動について、多数の執筆者の手によってまとめられています。上げられたのは、下記の騒動です。
蒲生騒動 絶え間のない御家騒動 藤田達生 蒲生氏郷の死後、子・孫の元で頻発した家臣の造反と、その果ての蒲生家断絶事件
黒田騒動 寛永期における出頭人と家老 福田千鶴 藩主黒田忠之治世下での新旧家臣の対立と、筆頭年寄栗山大膳を手討ちにしようとした事件
柳川一件 大名家からの独立を試みた重臣 中野 等 対馬藩宗家の重臣柳川調興が、大名として独立を計って朝鮮国書の改竄を提訴した事件
相良騒動 出頭人政治から職制確立へ 武井弘一 人吉藩における五代もの藩主の早世と、権力を持ちすぎた家臣団の軋轢
南部騒動 新史料から暴君重直像を読み直す 兼平賢治 盛岡藩で藩政改革を行った南部家藩主と、それに対する譜代家臣の反発・幕府による大藩の細分化
内藤家の御小姓騒動 近世前期の譜代藩における家中対立 日比佳代子 陸奥国・磐城平における小姓頭と小姓らの確執・対立と、幕閣を巻き込んだ仇討ち事件
越後騒動 藩政・家臣団の視点を含めた再検討 中野豊大 徳川一門の大名松平光長の越後高田藩でおきた、家老・小栗美作正矩と家臣団の対立、領主の切腹事件
柳沢騒動 まぼろしの御家騒動 福留真紀 五代将軍綱吉の寵臣・松平美濃守(柳沢)吉保が起こしたとされる、まったくフィクションの陰謀劇
伊達騒動 一門の藩政介入 吉田真夫 伊達家三代目領主綱宗の改革と一門との対立、そして綱宗の強制隠居事件
井伊家騒動 藩士76名追放・帰参事件 堀 智博 二度も幕府の大老となった四代目彦根藩城主井伊直興の施政下で起きた、大阪合戦に遡る家臣団との確執
榊原騒動 榊原政岑の不行跡 花岡公貴 高尾太夫を落籍した、不器量とされた播磨・姫路藩主・榊原政岑の改易と転封事件
加賀騒動 八家を軸に騒動を再考する 木越隆三 加賀藩の中にある八家と呼ばれる門閥年寄衆に運営される藩政を、改革しようとした先代寵臣の排除事件
蜂須賀騒動 重喜の改革をめぐる君臣抗争 根津寿夫 徳島藩十代藩主蜂須賀重喜による、改革及び専制政治に対する、江戸幕府による粛正事件
仙石騒動 幕府が介入した最後の御家騒動 福田千鶴 但馬出石藩における、藩政改革をめぐる守旧派と改革派の対立と、幕閣の権力闘争による奇妙な解決事件
お遊羅騒動 事件の首謀者は誰か? 松尾千歳 風説により先代藩主の愛妾の関与とされた、薩摩藩主島津斉彬の藩主就任をめぐる騒動
鍋島猫騒動 御家騒動の物語化と怪異性 高野信治 佐賀藩鍋島家で起きた、猫とも猫又ともなんの関係のない、鍋島家の主家・竜造寺家の怨念

 ひとつひとつ、面白い話ばかりです。面白いと言っては失礼かもしれませんが、類型化できないばらばらな御家騒動と、幕府のさまざまな対応が興味深い。時の将軍の判断もあるのでしょうが、大藩を事あらばつぶそうと鵜の目鷹の目であった訳ではない、という解説の話を踏まえて見てみると、大藩というものは閨閥で他の大藩や幕閣、そして将軍家そのものにまで太い絆を持っていることが多い。多少の藩内のごたごたがあっても、幕府につけ込まれても受け流せるように政治的な基盤を持っていたようです。
 また、風聞によってあることないこと話が膨れあがり、当時の時代では一笑に付すような事件もしくは何も起きていなかったことが、勝手な想像などで針小棒大に膨れあがり、あたかも重大事件があって隠蔽されたかのように記憶されるものもありました。研究している方々にとっても面白いテーマだったんでしょうね。
 鐵太郎は浅学の身でありますし歴史を面白いかどうかで見たりして、真摯に学ぶ姿勢に欠けるところがあります。ひとつひとつの内容について、きちんと読み切れていないところはあります。しかしこの本は、歴史の読み物として意外に楽しめました。
 なるほどねぇ、こんな研究をする世界もあったのか。  (10/9/23)
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:F037-003 51 伝記・一代記 歴史年表 出版社:山川出版社
書名:徳川綱吉 犬を愛護した江戸幕府五代将軍 ISBN978-4-634-54849-7 C1321
日本史リブレット 人 049 価格:800Yen ページ数:90P 本のサイズ:140×210SC
初版発行:2010/7/20 購入:2010/9/4 表紙写真:犬を追い払おうとする座頭の姿
(『江戸名所図屏風』部分)
徳川綱吉 徳川綱吉(とくがわ・つなよし)  正保3/1/8(1646/2/23)〜宝永6/1/10(1709/2/19)
徳川綱吉画像 江戸時代の、徳川第五代将軍です。第三代将軍家光の子供ですが、四男として生まれたので徳川宗家、あるいは将軍職を継ぐことになるとは考えられず、宗家の「若君」として育てられます。幼名は徳松(とくまつ)。戌年生まれです。
 1651年(数え6歳)の時に15万石の賄料をあたえられ、1661年に10万石を加増されて25万石となり、参議に任ぜられます。加増されたのは上野館林(こうずけ・たてばやし)。これ以後綱吉は、館林宰相と称されます。当時は松平姓でした。
 病身で世継がいなかった長兄・第四代将軍家綱(いえつな)の養子になることを言い渡されたのは1680年5月6日。家綱が死んだ8日以後、正式な第五代将軍となります。

 若い頃から儒学を学び、「孝経」、「大学」に慣熟し祖先を祀る時は一晩中諳んじたとか。
 武芸も乗馬剣術などを一通りこなし、能狂言を好んで自分でも舞い、学問・芸事の師には礼を尽くし、親や祖先に対する崇敬の念おこたりなく、人物としては非の打ち所なし。
 この人物が、なぜに犬将軍、暴君、専制君主と断ぜられて低く扱われたかというと、いくつかの原因が伝えられます。

 まず、いわゆる生類憐令(しょうりあわれみのれい)と称せられるいくつかの法令と、それによる過度な犬の保護、そしてそれによる悲喜劇です。
 また、綱吉在位期間に起きた大量の大名取りつぶしがあります。江戸時代に除封・減封された大名家は349家ですが、このうち家光までの三代で232家が処分されているので、これを差し引くと117家あります。綱吉の時代にこの約4割に当たる45家が処分されたのでした。これと赤穂事件の公正を欠く処罰などを持って綱吉の不公正な人命軽視とされたのです。
 さらに、側用人(そばようにん)として辣腕をふるった柳沢吉保(やなぎさわ・よしやす)などの重用や、勘定奉行(かんじょうぶぎょう)荻原重秀(おぎわら・しげひで)による質を落とした貨幣の改鋳による経済混乱。
 これらの、綱吉を悪将軍とする史実は、はたして真実なのか。

 この本は、本と言うよりも冊子、パンフレット程度のものですが、面白い視点で綱吉という人物を見直しています。
 古いイメージに疑問を呈して、教養豊かな文人政治家の施政を見直してはいるものの、この人の人物像を、塚本学(つかもの・まなぶ 日本の歴史学者 1927/4/14〜)氏の評価、
 「日本社会の文明を推進した理想主義者であるが、小心の専制君主」 「偏執狂(パラノイア)的性格がうかがわれる」
 にそった見解で、この多芸で死ぬまでわが正義を信じていた人物を論じています。
 こんなに薄いのに、考える事がたくさんできた本でした。  (10/9/9)

 血の穢れ、という一節があります。江戸時代の考え方として、血が流れることを極端に嫌う風潮がありましたが、綱吉はことのほかこの穢れを嫌ったそうです。そのため、三滴以上血が流れたら、その人だけでなく部屋も穢れたものとして即座に清めると共に、そこではしばらく公式行事ができなくなる、などというルールが徹底されたとか。
 浅野長矩が吉良義央に斬りかかった事件の際の、綱吉の喧嘩両成敗に対する片手落ち裁定がのちの赤穂事件を引き起こしたという批判はよくあります。しかしこれを綱吉の視点から見ると、彼は喧嘩のことなど考えていないことがわかります。大事な勅使の通る通路を血で穢したという言語道断な重罪を綱吉は見たのであり、だからこそ大名の名誉から見るとあり得ない即日の、庭先での切腹となったという。
 題名は忘れましたが、昔の赤穂浪士を扱った映画で、吉良上野介に言われるままに浅野内匠頭が白い烏帽子の紐を使ったところ、当日になって正しくは赤だと知らされ、家来が屈辱の涙をこぼしつつ血で主君の紐を染める場面があります。見ながら吹いちゃったのですが、なるほどこうして無知の連鎖で風聞ができていくものなのだろうな、などと考えたものです。