トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: S085 ガチアン・クウルティルス・ド・サンドラス de Sandras, Gatien de Courtils
国籍: フランス 生没年:1644-1712
 フランス・パリ生。軍人として大尉にまで昇進したのち、文士となり、歴史ものを執筆。しかし、暴露物を書いたりして投獄されることも数回に及ぶ。1702年バスティユ監獄に投獄され、1711年漸く釈放される。歴史小説ジャンルの先駆を成す。
 ダルタニャン(本名:シャルル・ド・バッツ・カステルモール)とも面識があった。
ガチアン・クウルティルス・ド・サンドラス
管理番号 書名 備考
S085-001 恋愛血風録 デュマ”ダルタニャン物語”外伝

★このページはUnicodeです。★    
管理番号:S085-001 32 歴史小説・西欧史 歴史年表
書名:恋愛血風録 デュマ ”ダルタニャン物語” 外伝 発行 1700年
原題:Vie de D'Artagnan par Lui-même ブッキング刊 (復刊.com)
翻訳:小西茂也 価格:\2000 ページ数:390P 装丁:B6ソフトカバー
イラスト:森屋江美子
初版発行:05/1/11 購入:05/6/17
 オビには、佐藤賢一氏のこんな言葉。
 「なるほど、抜群に面白い」
 そう、面白い本です。

 ただし、ダルタニャンというキャラクターを理解し、デュマの描く「銃士隊長ダルタニャン」に思い入れのある人に限るかな?
 「ヴィタ・セクスアリス」と評した文章も見受けられますが、残念ながらぼくは浅学にして「ヴィタ・・・」の方は読んだことがないので、何とも言えません。
 赤裸々な恋模様、と言ったらいいのか、ともかく全編ひたすら名誉と女に明け暮れます。8人の女性とのとっかえひっかえの色模様。やれやれ、ぼくはフランス人になれそうもないなぁ。

 この本は、1955年に河出書房より『ダルタニャン色ざんげ』の名前で出版され、長らく絶版となっていました。このたびめでたく復刊ドットコムよりこの名前で復刊された次第。まずは、めでたい。

 作品は、「三銃士」及びその続編、つまり「二十年後」、「ブラジェロンヌ子爵」の原典になったといわれる、ダルタニャンの自叙伝です。しかし、本人の手になるものではなく、当時流行した代作家によるニセ物、キワ物です。
 僕、つまりダルタニャンが青雲の志を胸に、つまり女と名誉を(どちらが主だろう?(笑))得るためにパリの銃士隊長トレヴィル氏を頼る道すがら、サン・ディエという小さな町で数人の貴族にみすぼらしい身なりをからかわれたことから始まります。そう、デュマの「三銃士」そのまま。
 というより、デュマはこれをさらにひねった訳ですが。
 ポルトス、アトス、アラミスに出会い、友情を結ぶ流れも「三銃士」にほぼ添っています。というより、デュマがうまくなぞっていますね。
 恋愛というか、いかに女(たち)と懇ろになったか、についてはこちらの本の方が遙かに濃厚ですねぇ。ミラディと名乗るイギリス婦人とその小間使いとのさや当てなど、うわぉ! と叫びたくなるような展開。いやはや、参った。

 のちのダラメダ公爵となるデルブレー大司教、つまりしゃれ者で気位の高い陰謀家のアラミスは、ある一つのキャラクターとなって日本の漫画やアニメにその傍流が多数出演していますよね。冷血でありながら女にもて、キザで天才で武道の達人、と言うキャラ。
 このアラミスのファンの方々が読んだら悲鳴を上げたくなるアラミス像が、笑えます。
 体調を直すため下剤を飲んで横になっているおりにダルタニャンに呼び出され、そのまま服を着て決闘におもむく。内蔵はゴロゴロ言って、ついにこらえきれずに・・・。しかしそのままの姿で敵を叩きのめす。当然下半身は・・・。
 色男の場面じゃありませんなぁ。

 また、さる女性の名誉を守ろうと決闘に及んだダルタニャンに、相手の剣士が、
 「銃士隊にいた時分、一日に20人もの回しを取ったという豪の女ぞろいを、君は抱えていたそうじゃないか。だから一生のうち20人しか恋人を作らなかった女を、君は貞女の亀鑑のように思っているんだろう。お望みとあらば、その色男どもの名や姓を教えてあげてもいいぜ。コンチ公は19人目だということだ。だから俺があの女にもし失礼なことをしたとしたら、それは彼女の情人の数を多く見積もりすぎたと言うよりは、少なく数えた点にあるだろうよ」
 とかなんとか。またこんな言葉もぽんぽんと。
 パリにいるご婦人がとかく罹りやすいあの腹部膨張症を直すためにこっそりと蟄居している。
 とか、
 ほかの国と同じように、イギリスにもかなりと角の生えたけだものは多かった。
 おやまあ。

 なんともはや...
                        ・・・・面白い! \(~o~)/

 ただし、あの時代に生きたほんとうのダルタニャン像を見たければ、佐藤賢一氏の「ダルタニャンの生涯」を読むべき、かな? (05/7/2)