トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類


塩野七生へ戻る
塩野七生へ戻る
塩野七生のヨーロッパ中世世界
管理番号 書名 備考
S048-041
S048-042
S048-043
十字軍物語 1
十字軍物語 2
十字軍物語 3
塩野七生の描く ヨーロッパ中世の興亡
S048-045 ギリシア人の物語 1 古代ギリシアではなにが起きたのか
S048-046 皇帝フリードリッヒ二世の生涯(上・下) 「世界の驚異」 と呼ばれた一人の君主
ページのトップへ ★このページはUnicodeです。★   Ver. 3.01 
管理番号:S048-041 53 史書・編年史 出版社:新潮社
書名:十字軍物語 1   ISBN978-4-10-309633-7 C0322
  価格:2500Yen ページ数:296P 本のサイズ:155×210HC
初版発行:2010/9/15 購入:2010/11/6 装画:ベッペ・ルビーニ 装幀:新潮社装幀室
「十字軍物語 1」 塩野七生 ノルマン騎士の地中海興亡史を読んでいて、この本を読みかけのまま放置していたことを思い出しました。ナンテコッタイ 

 11世紀、古代ローマ帝国の東半分を支配下に置いていた東ローマ帝国、通称ビザンチン帝国は、アラビア半島から七世紀に勃興したイスラム教徒による東方の国家により蚕食されていました。この世紀の最後になると、小アジア半島、現在のトルコの領土の大半がイスラムの勢力下に置かれることとなり、版図が縮小したビザンチン帝国の首都、コンスタンティノープルの目の前にまで国境線が迫ってきていました。
 滅んだ西ローマ帝国や西方のカトリック教会を常に一段下に見てきたビザンチン帝国も、ここに至っては背に腹は替えられず、辞を低くして西方に救援を要請したのでした。
 ほんとうは、このときが初めてではなかったのだ。これまでも幾度か、ビザンチンは西欧に助けを求めていたのである。だが、それはいつも、返ってこない山びこで終わっていた。しかし、十一世紀末のこの時期、ローマ法王の座に就いていたのは、カトリック教会の改革派を持って任じていた、クリュニー修道院出身のウルバン二世であった。  (P10-11)
 硬直した社会体制という印象がある中世の歴史の中で、ローマ教皇ほどそのイメージに反するものはありません。教皇というある種の絶対権力者になるには、統率力、血縁、地縁、政治力がその選出基準として高いパーセンテージを示しますが、絶対ではない。才覚と運に恵まれれば、誰でも教皇になり得るのです。
 教会改革の旗手として登場したウルバン二世、ウルバヌス2世(Urbanus II, 1042-1099 教皇在位:1088-1099)は、キリスト教徒の福祉を願い、そのために教皇権の強化こそ正義なりと信じてその政策を推し進めます。時あたかも、神聖ローマ皇帝がイタリア半島北部まで版図とし、世俗の権威が聖域の権威を支配しようとしていた時代。ウルバン二世の二代前の教皇グレゴリウス七世の時、教皇座は神聖ローマ皇帝ハインリヒ四世によって支配され、ローマを逃れた教皇たちは放浪の年月を過ごしつつ、カノッサの屈辱事件などで反撃を試みたりしたのでした。
 この抗争の中で即位したウルバン二世は、教皇の権威の確立を求め、さまざまな経緯の末に東方への聖戦にその道を見出したのでした。西暦1095年11月、現在のフランスのほぼ中央部にあるクレルモンの町で行われた公会議で、ウルバン二世は宣言します。

 キリスト教世界の戦いは許されない、「神の休戦」を宣言する。まずこれが一つ。
 そしてもうひとつ。地中海にまで進出してきたイスラム教徒によって聖地が冒されている。子らよ、立ってキリストの戦士となり異教徒と戦え。戦うものは、たとえその途上で倒れても神の免罪を受け、永遠にその罪を許される。
 期せずして起こった群衆の声。  「神がそれを望んでおられる (Deus lo vult)」

 かくして、1096年のマリア昇天祭(8月15日)を期してパレスティナの地へ遠征軍を送る一大プロジェクトが始動します。遠征軍は「十字軍」と呼ばれ、欧州のさまざまな国から寄り集まった神の軍隊が参集します。無条件で神の戦士となる理想に燃えることが出来た、ある意味幸福な時代でした。

 他人が考えてくれることを我が意志と信じ、それ以上なにも考えず動き出した人々がまず先陣を切ります。隠者ピエールというフランス人修道僧に率いられた貧しい人々が、教皇の宣言に心動かされ、教皇の指定した日付も装備も規律も何も守らず動き出します。フランス北部からも、ドイツ西部からも。その数、五万から十万で諸説あり。つまり、存在はわかっていても規模も構成も不明。いわゆる「貧民十字軍」です。彼らはキリスト教世界では托鉢にすがり、異教徒の世界に入れば略奪を行い、ひたすら聖地に向かいます。
 この企てが、「まとも」な十字軍から見ると無様で無駄で邪魔なものでしたが、無下に排除も否定もできない。この「貧民十字軍」は、砂漠の砂に消えていく枯れ川のように、聖地にたどり着くこともなく消えていきます。多大な迷惑をまき散らして。善意ある無能者とは、かくも世界をややこしくするもの。

 とはいえ有能な働き者たちが社会に有用かというと、はてどうなのか。

 第一次十字軍に参戦した将兵は、そもそもウルバン二世はヨーロッパの軍事力を持つ君主たちに向かってアピールしたものなのですが、君主たちではなくその一段下、公爵や伯爵たちという君主の子弟たちによる諸侯たちに率いられました。
 フランス王フィリップ一世の弟、ヴェルマンドワ伯ユーグ(1053-1101)。1096年には39歳。
 征服王ウィリアムの離反した長男、ノルマンディー公ロベール(1054?-1134)。42歳。
 ノルマンディー公の義弟、参加した諸侯のなかでもっとも裕福なブロア伯エティエンヌ (?-1047)。
 フィリップ一世の義弟、フランドル伯ロベール二世(1065?-1111)。30代。
 トゥールーズ伯、プロヴァンス辺境伯レーモン・ド・サン・ジル(1052?-1105)。50代で、諸侯のなかで最年長者。
 ロレーヌ(ロートリンゲン)伯ゴドフロア・ド・ブイヨン(1060?–1100)。36歳。第一次十字軍の実質的な総大将。
 塩野さんはゴドフロワと共に二人の弟が参加したと書いていますが、そのひとりユースタスとは誰なのかな。調べた限りでは、兄ウスタシャ三世(1059-?)と弟ボードワンが参加したとなっております。謎。
 で、そのユースタスボードワン(1065?-1118)。30代になったばかり。さらに、ゴドフロアの従弟であるもう一人のボードワン
 さらに大物として、ノルマン人でシチリア王の息子ブーリア公ボエモンド・ディ・アルタヴィッラ(1058?-1111)。47歳。
 ボエモンドの甥、ノルマン人タンクレディ(?-1112)。おそらく20代になったばかり。
 そして、法王代理として、アデマール司教

 彼らが、さまざまなルートから聖地に向かいます。彼らが、塩野さんの言う第一世代。
 途中、コンスタンティノープルで何があったのか、カッパドキア(小アジア半島)で起きた事、エデッサ、アレッポ、アンティオキアの戦い、聖都イェルサレムの占領(解放)、エジプト軍との戦い... 第一次十字軍のさまざまな出来事の描写の中で、塩野さんは常に人々を描く。特に、尊敬に値する男たちを。
 知略に優れた冷静な人望ある男だけではない。熱気のままに行動する男たちも、短慮が過ぎる男たちも、度が過ぎる慎重さしか示せない男たちも、ひとりひとり単なる善悪・好悪だけでなくあらゆる面を描こうとします。
 ビザンチン帝国の皇女アンナの目にとまった、うさんくさいフランク人であるにも関わらす目を引く男らしさを示したプーリア公ボエモンドが好意的に描かれますが、彼だけではない。若さで暴走するサマがのちに伝説となった英雄タンクレディだけでなく、年ばかりとって思慮のない様子が嘲笑されたレーモン・ド・サン・ジルでさえ、なすべき事をやるときの剛毅さは讃えています。
 こんな、歴史を人々の物語として暖かい目で見回す塩野さんの筆は、読んでいて楽しい。
第一次十字軍地図
 戦って勝利する過程だけではなく、勝利した後どうするのかという現実的な命題も、塩野さんの筆は冷静に、しかしある種の暖かさをもって書き続けます。
 第一次十字軍によってシリア・パレスティーナの地に打ち立てられた十字軍国家は、これら第一世代が創り上げたのであった。ヨーロッパを後にした1096年からイェルサレム陥落までの三年間で征服し、その後の十八年を費やして確立していったのである。
 皇帝も王も参戦していなかった第一次十字軍の主人公たちは、ヨーロッパ各地に領土を持つ諸侯たちであった。彼らは、ときに、いやしばしば、利己的で仲間割れを繰り返したが、最終目標の前には常に団結した。この点が、利己的で仲間割れすることでは同じだった、イスラム側の領主たちとの違いであった。そして、それこそが、第一次十字軍が成功した主因なのである。  (P285-286)

 もうひとつ、塩野さんの物語の魅力を書くべきですね。
 彼女は、この、たとえば十字軍という行為を、歴史的にも、宗教的にも、軍事的にも、政治的にも、まったく善悪のカテゴリーで捉えていません。正しい、間違っている、といった形容はしません。当時の規準でも、現代の基準でも。
 ただ、どのようにこの歴史が作られたのか、どのような経緯があったのかを描きます。
 絶対とは言い切れないけれど、公平に。
 だから、もっと読みたくなる。  (2014/2/22)
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:S048-042 53 史書・編年史 出版社:新潮社
書名:十字軍物語 2   ISBN978-4-10-309634-4 C0322
  価格:2500Yen ページ数:296P 本のサイズ:155×210HC
初版発行:2011/3/25 購入:2014/2/8 装画:ベッペ・ルビーニ 装幀:新潮社装幀室
「十字軍物語 2」 塩野七生
 人材とは、なぜかある時期に、一方にだけ集中して輩出してくるものであるらしい。だがこの現象もしばらくすると止まり、今度はべつの一方のほうに集中して輩出してくる。
 これより始まる第二巻は、キリスト教側に輩出した男たちを描いた第一巻に次いで、イスラム側に輩出してくる男たちを中心に物語る巻になる。なぜ双方とも同時期に人材は輩出しないのか、という疑問に明快に答えてくれた、哲学者も歴史家もいない。人間は人間の限界を知るべきという神々による配慮か、それとも、これこそが歴史の不条理なのか・・・  (P10) 
 第一章 守りの時代 は、この文章から始まります。
 こうして塩野さんはこの巻で、人を得た第一次十字軍におけるキリスト教徒側が、それ以後人材を失い、イスラム側は英雄を得て反撃するという歴史を描きます・・・ という展開だと思いました。最初のこの文を読んだあとではね。
 しかし、ちがった。塩野さんは、そんな単純な構造では本を書かない。(笑)

 まず、第一次十字軍で勝ち取ったパレスティナの土地を、戦いに勝利し神への奉仕が終わったと考えた軍勢が故郷へ帰ったのち、誰が守ったのかを描きます。
 傑出した人材が払底したと塩野さんが言うキリスト教徒側で十字軍国家を守ったのは、騎士団と呼ばれる二つの戦闘集団でした。一つは、聖堂(テンプル)騎士団。もう一つは、聖ヨハネ騎士団。

 この騎士団とは、騎士を中心とする戦闘集団です。そして同時に、聖職者でもある。実は彼ら、修道僧なのです。
 戦う修道僧と言う事で、彼らを日本の僧兵のイメージで捉える人がかつていましたが、それは違う。僧兵とは、寺の中で高位の僧の命令で動く戦闘集団ですが、騎士団とは戦う修道僧の組織。頂点に立つ騎士団長自身がキリストのために戦う修道僧なのです。
 清貧・服従・純潔の誓いを立て、私有財産を教会に捧げ、名前すら記憶されない、一生神にその身を捧げた男たちなのでした。
 西欧の貴族、領主たちの中で相続権を持たない次男三男たちは、キリストの剣となって異教徒と戦うことで名をあげることを夢見て、こぞって十字軍への参加を願ったといいます。その受け皿となったのが、これら宗教騎士団でした。彼らは宗教騎士団に属することで、特定の国王や領主に忠誠を尽くす必要がなく、純粋にキリストの騎士になれたのでした。

 聖堂騎士団とは、シャンパーニュ地方生まれの騎士ユーグ・ド・バイヤンを長とする10人の騎士から始まったといわれます。彼らは、イェルサレム王ボードワン二世の前に現れ、宗教騎士団としてイェルサレムを守ると告げたとか。喜んだ王は彼らにイェルサレム市街の東南部に位置する、紀元前のユダヤ時代の聖堂跡を提供し、そこに彼らは本部を置いたそうな。これにより、彼らは聖堂騎士団と呼ばれることになったとか。
 彼らは、キリストの騎士、修道僧としての誓いと共に、特筆すべき義務があったそうです。異教徒であればただちに殺す、という。
 この時代、他にも宗教騎士団は生まれてきたのですが、問答無用で殺せということを正式な誓いとした騎士団は彼らだけだったのだそうな。これが、この聖堂騎士団をユニークな存在とすると同時に、西欧キリスト教世界において強力な賛同者を輩出することとなったのでした。白い僧衣の上に赤い十字をつけたその騎士としての姿も、耳目を集めるもの。
聖堂騎士(左) と 病院騎士(右)
 聖ヨハネ騎士団とは、元はイタリアの海洋都市国家の一つアマルフィの商人マウロが、十字軍が存在するより半世紀も前にイェルサレム巡礼のための診療所をエジプトのカリフ、すなわちイスラムの有力者に請願して認められた「病院」から始まるそうな。この組織が、半世紀の時の流れの中で、商人による運営からアマルフィという都市国家の衰亡に従って聖職者の、すなわち修道士の手によって運営されるように変貌していき、第一次十字軍の時代にもイェルサレム市内に公式に求められたキリスト教徒の「病院」として存在していたのでした。彼らが、十字軍によるイェルサレムの解放、あるいは陥落ののち、キリスト教徒の王国を守る武装防衛隊として立つ事となります。
 彼らは病院として誕生したというその元々の経歴から、いかなる立場のメンバーでも、騎士ならば週に一度の病院勤務の義務を負うなど、まず治療者、保護者としての姿勢を持つそうな。ホスピタル騎士団という名で呼ばれることもあり、塩野さんは彼らを病院騎士団と呼びます。のちにパレスティナを追われたあとも、トルコ沖のロードス島、地中海中央のマルタ島などに本拠を移して戦い続けた事で歴史に名を残します。
 病院勤務の時は、黒い僧衣に白のアマルフィ十字をつけ、戦闘の時には赤地に白の十字をつけた黒の僧衣の上に甲冑を着けた姿は、聖堂騎士団と好対照であったそうな。
第二次十字軍地図 この時代に咲いた花が、第一次十字軍のあとのパレスティナのキリスト教王国を守り、しかしイスラム側の英雄の台頭と共に撤退していくこととなります。

 イスラムは、メッカ、メディナにつづく聖地イェルサレムをフランク、すなわち遙かなヨーロッパから現れた戦士たちに奪われたことで奮起します。戦闘員の数だけで言えば、キリスト教徒側には数千あるいは数万程度しかおらず、そのほとんどが城塞にこもって守勢に回る状態。対するイスラム側はその数十倍。
 状況を見ればキリスト教徒を海に追い落とすことは造作もないこと、と思えたがそう簡単にはいかないのが歴史の面白いところ。

 この本ではまず、第一次十字軍ののちの、イスラムの反撃から始まります。その結果、キリスト教徒の伯領となっていたエデッサが陥落し、それを知ったフランスの修道僧ベルナールの声により始まった第二次十字軍の顛末、そしてイスラムのゼンギ、ヌラディンの登場と話を進めます。
 最後に現れたのが、サラディン。

 サラディン。イスラム世界の少数民族であるクルド族のサラーフ・アッ=ディーン。彼がイスラム世界を席巻し、惨憺たる結果に終わった第二次十字軍ののち衰退した十字軍国家のほとんどを海に追い落とし、イェルサレムを奪回、あるいは解放します。
 この巻は、ここまで。
 次は、世界史に名高い西欧の男たちが登場する、“花の第三次”と呼ばれる第三次十字軍から始まります。
 次の巻で終わりということは、駆け足の歴史なのか?

 この巻でも、さまざまな歴史上の人々にスポットライトが当たります。

 才において凡人と評されながらも、13年間イェルサレムの王として職務を全うしたボードワン二世。
 事実上第二次十字軍を組織した修道僧、クレールヴォーのベルナール。
 イスラム世界を奮起させた名将ヌラディン、ヌールッディーン・マフムード。
 第一次世界大戦の直前、十字軍兵士の建てた城塞について新しい解釈をした歴史学者、「アラビアのロレンス」。
 わずか24歳で病死した、ライ病に冒された病弱な身にもかかわらずイェルサレムを守り抜いた名高い国王ボードワン四世。
 鎖を解かれた犬、といわれたキリスト教徒の武将、ルノー・ド・シャティヨン。

 歴史は、面白い。塩野さんの筆にかかると、もっと面白い。そう思うのは、ぼくだけだろうか。そういう視点で見る歴史も、あっていいのじゃないかな。  (2014/3/21)
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:S048-043 53 史書・編年史 出版社:新潮社
書名:十字軍物語 3   ISBN978-4-10-309635-1 C0322
  価格:3400Yen ページ数:512P 本のサイズ:155×210HC
初版発行:2011/12/10 購入:2014/2/9 装画:ベッペ・ルビーニ 装幀:新潮社装幀室
「十字軍物語 3」 塩野七生
 「ハッティンの戦闘」で防衛力の大半を失い、その上パレスティーナ地方の海港都市のほとんどを失ったことで援軍到着の望みまで絶たれたイェルサレムは、1187年9月20日、勝者サラディンの前に城門を開く。第一次十字軍によって「解放」されて依頼キリスト教徒のものでつづいてきたイェルサレムも、88年が過ぎたあとにふたたびイスラム教徒の手に帰したのだった。  (P10)
 第3巻は、この情勢から始まります。
 この巻では、花の第三次と呼ばれた三度目の十字軍から、最後となった第八次十字軍まで、そしてそのあとの歴史の流れまで描いて終わります。
 十字軍の時代とは、いったいどんなものだったのか。

 表紙絵は、この十字軍時代を飾った歴史の花、聖堂(テンプル)騎士団の名もなき騎士だそうな。彼はおそらく騎士として立派な過去があり、キリストの戦士として優れた実績を残したのであろうけれど、その生涯も功績もなにも記録されていません。
 それが、彼ら騎士団の平騎士の定めでした。そんな男たちが肉と血で守る聖地は、八回の十字軍とその間の期間、なにがあったのか。

 第三次十字軍(1188-1192)は、リチャード一世、すなわち1189年に父王ヘンリー2世との戦いに勝利して英国王の座についたイングランド王を中心に描かれます。
 サラディンが「聖戦(ジハード)」の名において利害の対立で分裂していたイスラム勢力を一枚岩にし、エルサレムを奪還してその他のキリスト教国家を崩壊寸前に追い込んだことを受け、教皇クレメンス三世はイェルサレム奪還の十字軍を提唱します。これに応じたのは、今までの国王・皇帝の配下であった諸侯ではなく、ヨーロッパの国王・皇帝たちでした。
 参戦したのは、イングランドのリチャード一世、獅子心王、33歳、フランス王フィリップ二世、尊厳王(オーギュスト)、25歳、神聖ローマ皇帝フリードリッヒ一世赤ひげ帝(バルバロッサ)、63歳、らを頂点とする三つの国家を上げての遠征軍。
 この軍勢は、紆余曲折の末指揮権の統一という戦争において最大の利点を得たリチャードの指揮下でアッコンの包囲戦を戦い、53歳になったサラディンとがっぷり四つに組んでイスラム勢力を押し返すことに成功します。イェルサレム奪還はならなかったものの、互いの立場を尊重した講和が結ばれたのでした。
 しかし激闘の末に双方の指揮官の、おそらく互いに対する敬意から生まれた休戦は、戦って勝利を得なければ正義ではない、と言う宗教的原理主義者の怒りをかうことに。
 リチャード一世への過度の好意を見せる塩野解釈が、新鮮です。ほお、こう言う考え方もありか。

 第四次十字軍(1202-1204)は、若き秀才教皇インノケンティウス三世の提唱により起こります。
 前回の反省(?)により、現場で独断専行する国王にゆだねるのではなく、お目付役である「法王代理」を同行させ、フランスの諸侯たちを中心に編成されます。しかしヴェネツィアの「援助」なしにはヨーロッパから出陣できなかった足腰の弱さが、運命を決しました。
 彼らはイスラムの穀倉地帯であるエジプトを攻めようとしますが、ヴェネツィアへの旅費の支払いが滞ったことなどさまざまな要因が重なり、ギリシャ正教ながらも同じキリスト教の東ローマ帝国の首都コンスタンティノープルを攻撃することとなります。
 帝国首都を陥落させて「ラテン帝国」を建国したこの十字軍は、結果として後世の評価としてはもっとも恥ずべき遠征となりました。
 しかしその当時、その直後の年代記にも記録にも、悪評はないと塩野さんはいう。現場での判断としては恥ずべきものは何もなく、キリスト教徒の聖地巡礼が自由に、安全に行える平和を確保できた以上、何の問題があるのか。異教徒を殲滅させて神の勝利を得る、という不可能な目標の完遂こそ正義、と考える原理主義者たちの愚かさを、塩野七生は嗤う。
 この解釈、面白い。プラグマティックな男たちへの塩野さんの傾倒ぶりは、素敵です。
 ドイツ貴族のみで構成される「チュートン騎士団」が、この直前の1199年に結成されます。制服と盾には、白地に黒の十字。こうして聖地を守る三大騎士団がようやく揃ったのでした。

 第五次十字軍(1218-1221)は、リチャードとサラディンの間で結ばれた講和が、両者の後継者がいなくなった後で発生します。
 この時代、有力な王たちは参加せず、参集したのはノルウェー王、ハンガリー王、オーストリア公など。そして、のちに聖人として列せられることとなる修道僧フランチェスコ。むろん、戦力にはならない。率いるのは、名目上のイェルサレム王、ブリエンヌ。
 この烏合の衆に近い軍勢に対して、内紛が続いていたイスラム側のスルタン、アル・カミールは一つの提案をします。エジプトから出て行くのなら、イェルサレムを返還する、と。
 この平和的な解決案を、勝利によって正義は貫徹できると考えた十字軍側は蹴ります。そして決戦に持ち込み、あえなく大敗。
 この失敗に対して、神の導きによる十字軍というタテマエ上、誰も責任は取られませんでした。むろん失敗とは認識されない。

 第六次十字軍(1228-1229)は、神聖ローマ皇帝フリードリッヒ二世の主導によって行われます。教皇グレゴリウス九世に波紋をちらつかされて督戦されても動かず、ついに破門されてようやく動いたフリードリッヒは、大軍を率いてパレスティナに向かい、イスラム側のアル・カミールと交渉して戦わずして交渉によりイェルサレムの統治権を得たのでした。
 この皮肉な結果に対して、教会は正義のために戦わなかったことでフリードリッヒを非難し、彼に対して十字軍を編成しますが撃退され、破門を解きます。歴史とは皮肉なもの。
 この皇帝フリードリッヒを、十字軍史の世界的権威とされてきたイギリス人の歴史家ランシマンは、次のように評している。
 「残酷で、エゴイストで、狡猾な男であった。友人としてはまったく信用ならず、敵に回せば執拗をきわめた」

 ローマ法王の側に立つならば、当然な評価というしかない。  (P358)
 と、塩野さんは皮肉な筆致でこの章を締めます。

 第七次十字軍(1248-1254)は、理想の君主として名高い、のちに聖人に列せられたルイ九世の主導で行われます。敬虔なキリスト教徒で、しかも温和な紳士であった彼は、人間として尊敬に値する立派な人物であったであろう事は間違いありません。
 彼の無残な失敗は、政治家、軍人としての無能によるものと断ずるのは酷でしょうが、それ以外にどう評すべきなのか。
 軍勢ごとイスラム側に捕虜とされたルイは、ビザンチン金貨で百万という身代金を払って解放されます。
 帰国したルイに対して、その非を鳴らす人は誰もおらず、責任はむろん追及されていません。世の中はそんなもの。

 第八次十字軍(1270)は、ルイ九世の再戦となります。彼の率いた軍は、二人のフランス王子、イギリスの王子、ナヴァーラの王、そして妃たちを伴って華やかに出港します。イェルサレムでもエジプトでもなくカルタゴをめざした軍勢は、戦いもしないうちにルイ九世の病死と共に敵地で消え去ります。
 フランス王ルイ自らが強く望んで実現したこの第八次十字軍は、1270年の7月1日にフランスから出発し、25日のルイの死までの一ヶ月足らずで終わったことになる。
 この十字軍に、どれだけの数の将兵が参加し、そのうちでどれだけの人々が帰国できたのか、については、まったくわかっていない。
 いずれにしても、前回の第七次のときは、王を初めとする十字軍全体が捕虜になったようなものであったから、中近東ではトップ・ニュースになったが、この第八次は、ローカルなニュースでしかなかった。イスラム側の記録のほとんどが、無視、である。 (P410)
 壮大な無駄、であったということか。
 しかもただの無駄でなく、歴史を大きく動かしたという点で、その上になんと評すべきなのか。
 そして西と東は、この歴史を踏まえて新しい扉を開き、中世の後半に入ります。

 この歴史を見て、歴史とは壮大な無駄なのか、と思ったこともありました。いささか絶望的な気分に陥ったこともあります。
 しかし塩野さんは、歴史の中で浮沈する人々を生き生きと描くと共に、次の歴史に至る流れを丁寧に描写し、絶望的な断絶など描きません。歴史の中で滅びゆく敗者の悲哀と栄光などここにはありません。
 こんな歴史の読み方って、いいね。

 この本を読んでいて、勝利を得ることは不可能と承知の上で、あえてラインハルト帝と戦うことで自分たちの存在価値を示そうとしたユリアン・ミンツの決断を連想したのは銀英伝ヲタのサガか。(笑)
 平和とは、戦争を知り尽くした人々が築き上げるもの、という解釈もあります。歴史の偶然の空白が平和をもたらすこともある。
 しかし断じて、平和を祈って平和を叫んだから平和を維持できたのだ、という脳天気な考え方は、塩野さんの頭にない。

 この考えは正しい、と鐵太郎も思う。これは、未来への教訓とすべき。
 たとえ千年前の歴史であっても。  (2014/4/18)
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:S048-045 53 史書・編年史 出版社:新潮社
書名:ギリシア人の物語 1 民主制のはじまり ISBN978-4-10-309639-9 C0322
Ίστορια τών Έλλήνων 価格:2800Yen ページ数:360P 本のサイズ:155×205HC
初版発行:15/12/20 第2刷:16/1/15 購入:2016/1/30 カバー:テミストクレスの肖像(ヴァチカン美術館蔵)
装幀:新潮社装幀室
「ギリシア人の物語 1」 塩野七生 十字軍の時代を過ぎ、中世の華フリードリッヒ二世を描いた後、塩野さんは時代を大きく戻してギリシアの人々を描く事にしました。なぜか。

 長いローマの歴史の中で見ると、ギリシアが輝いた歴史は短い。ローマが地中海世界に勃興した時代に、すでにギリシアは燃え尽きてしまっていたのです。
 しかしこの時代は、のちにギリシア・ローマ時代と総称された時代です。ギリシアの輝きは小さいものであったはずがない。

 「ローマ人の物語」の第1巻の冒頭で、ローマの元老院議員が最盛期のギリシアを訪問する場面があります。紀元前453年のこと。このときギリシアは、ローマなど歯牙にもかけない文化大国でした。ローマはギリシアからさまざまな事を学び、その中で独自の文化を創り上げています。
 であれば、こ.の時代をもっと取り上げるべきではないか。
 こうして、この本は作られました。
 とはいえ、ローマと比較すれば短距離ランナーであったギリシアです。この本はシリーズとしても3巻程度ですむであろう、とのこと。

 今ギリシア人を書く気になった理由として、もうひとつ上げています。民主主義について、世間の声が大きくなっていること。民主主義とはなにか。民主主義のリーダーとはどうあるべきかについての議論もやかましい。メディアに登場する 「有識者」 の議論も五月蠅い。
 そんなことでは有効な対案など出るはずがない、と塩野さんは考えます。どうでもいいことではないか。
 その代わり、なぜ彼らは、それまで誰一人考えつかなかった、民主政を創り出す気になったのか。また、いつ誰が、どのようにしてそれを機能させ、また国家存亡の危機に際しても有権者はどう関与し、なぜそれが可能であったのか。そしてその後はどのような結果につながっていったのか、という事柄のすべてをたどることになるだろう。  (P4)
 そう考えて、この本を書き進めます。

 第一章 ギリシア人て、誰? で描かれるのは、まずオリンピックの起源。そして常に戦争ばかりしていた都市国家(ポリス)()のなかで、それが象徴するもの。神々の国。ギリシアの風土、地形、産業。
 「アルカイックなギリシア(ギリシアの中世)()」が終わって、アテネやスパルタが活躍する「古典(クラシック)()ギリシア」の時代の到来。

 第二章 それぞれの国づくり
 まずギリシアに覇を唱えた都市国家スパルタの物語。紀元前八世紀の末に現れたリクルゴス(Licurgos)()の改革と、その呪縛。
 スパルタに一世紀遅れて改革を行ったアテネ。五人の傑出したリーダーによってリレーされて継続した改革。ソロン(Sólon)()ペイシストラトス(Peisistoratos)()クレイステネス(Kleisthénés)()テミストクレス(Themistoklés)()ペリクレス(Pericles)()は、なにを行ったのか。
 ここで塩野節をひとつ。
 この半世紀余り、西洋史上のルネサンス、中世、古代ローマと書いてきてつくづく思うのは、時代を画すほどの本格的な改革を成し遂げる人は、既成階級からしか出ないのではないか、という想いである。
 既成階級に属する者が皆、自分たちが享受してきた既得権を以後も堅持することしか考えない、単なる保守主義者とは限らない。この階級に属す者の中には時に、自分たちの属す階級のどうしようもない欠陥を直視できる人が出てくる。
 改革は、既得権階級のもつ欠陥に斬りこまないことには達成できない。斬りこむには、欠陥を知りつくす、というか肌で知っている者の方が有利にきまっている。どこに、どう斬りこめば成功するかを、ローマ人の言葉を使えば 「食卓の話題」 で自然に会得してきたからである。  (P81)
 ・・・ 古代アテネの 「デモクラシー」 は、 「国政の行方を市民(デモス)()の手にゆだねた」 のではなく、「国政の行方はエリートたちが考えて提案し、市民(デモス)()にはその賛否をゆだねた」 からである。・・・

 ・・・ アテネの民主政は、高邁なイデオロギーから生まれたのではない。必要性から生まれた、冷徹な選択の結果である。このように考える人が率いていた時代のアテネで、民主主義は力をもち、機能したのだった。それがイデオロギーに変わった時代、都市国家アテネを待っていたのは衰退でしかなくなる。  (P82)
 現代の 「民主主義」 を絶対視する人々から見れば目を剥いて激昂しそうな考え方でしょうが、これもありじゃないかか。

 第三章 侵略者ペルシアに抗して
 かほども根本的に異なる民族が、かほども歴史をともにした例はない。  (P102)
 と評されたのは、むろん紀元前六世紀に勃興した二つの国家、ペルシア帝国とギリシア。この二つは、ほぼ二百年後にとどめを刺されて歴史の表舞台から去ります。ペルシア帝国は、マケドニアのアレクサンドロスに完敗したことにより。ギリシアはその五年前にマケドニアに敗北したことで。
 しかしその規模は東西で文字どおり桁違い。古代においてこの時代までに最大の版図を誇ったペルシア帝国が、それまで勢力を集中していた東方から西方に目を向けたことで、この二つの国家は激突することとなります。一撃で飲み込まれるはずだったギリシアが、なぜ反抗し、駆逐することができたのか。それも、第一次ペルシア戦役だけでなく、さらに強大な遠征軍と戦った第二次ペルシア戦役。
 マラトンの会戦の勝利。穏健派(モデラート)()過激派(ラディカル)()の対立。テミストクレスの政敵追い落とし作戦と、対ペルシア戦略。アテネ海軍の創設。
 テルモピュレーの戦い。スパルタ王レオニダスの意地。サラミスの海戦。そしてプラタイアの陸戦。世界一不味(まず)()いスープの話。

 視点を主にアテネ、そしてスパルタにおいてギリシア都市国家群の対応を描いているのは、塩野さんの身びいきといえばいえます。のちに覇を唱えるテーベ、コリントはほとんど描かれません。それもまたよし。

 第四章 ペルシア戦役以降
 ペルシア戦役から約百年間、ギリシアとペルシアの間には戦争状態は起きませんでした。この平和は、自然に得られたものではなく絶え間ない安全保障対策の結果である、と塩野さんは断じます。この視点も、面白い。
 民衆の心を読み切ったテミストクレスの処世術も、なるほどと思わせます。
 第二次ペルシア戦役のかなめとなったプラタイアの会戦で勝利したスパルタのパウサニアス(Pausanias)()の失脚と、後世の人々を2300年にもわたって騙し続けた歴史家ツキディデスの残した嘘。
 古代のギリシア人の肖像が現代にまで遺ることができたのは、古代のローマ人が数かぎりとなく模作させたからである。ギリシアを尊敬していたローマ人は、公共の図書館であろうと自宅の書斎であろうとギリシアの偉人たちの肖像を置くのを好んだからであった。
 パウサニアスの像だけが存在しないのは、あの戦闘巧者のローマ人でさえも、パウサニアスを、「裏切り者」としか見ていなかった証しである。

 おかげで、ペルシア帝国を完膚なきまでに叩きのめした 「プラタイアの戦闘」 への後世の評価までが、「サラミスの海戦」 と並ぶものにならなかったのだ。
 スパルタが主役の戦闘は、レオニダスと三百のスパルタ兵によるテルモピュレーの玉砕だけが、後世に名を遺すことになってしまったのである。
 玉砕して敗れるよりも、玉砕しないで勝つほうが、どれだけの難事であるかを考えもせずに。  (P329)
 そして、もう一人の対ペルシア戦の英雄テミストクレスもまた、失脚。彼はパウサニアスとは異なり、殺されるより早く脱出してなんとペルシア宮廷に逃げ込むことに。

 愚かさと栄光を重ねつつ、第一巻は終了。第二巻は来年かな。  (2016/7/2)
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:S048-046・047 51 伝記・一代記 歴史年表 出版社:新潮社
書名:皇帝フリードリッヒ二世の生涯(上)   ISBN978-4-10-309637-5 C0322
De Imperatoris Friderici Secundi Vita 価格:2400Yen ページ数:312P 本のサイズ:155×210HC
初版発行:2013/12/20 購入:2016/6/10 装画:『鷹狩りの書』 (De Arte Venandi cum Avibus ヴァティカン図書館蔵)
装幀:新潮社装幀室
書名:皇帝フリードリッヒ二世の生涯(下)   ISBN978-4-10-309638-2 C0322
De Imperatoris Friderici Secundi Vita 価格:2400Yen ページ数:296P 本のサイズ:155×210HC
初版発行:2013/12/20 購入:2016/6/11 装画:『鷹狩りの書』 (De Arte Venandi cum Avibus フランス国立図書館蔵)
装幀:新潮社装幀室
「皇帝フリードリッヒ二世の生涯(下)」 塩野七生「皇帝フリードリッヒ二世の生涯(上)」 塩野七生 いずれ、フリードリッヒ二世のことを本に書きたい、と塩野七生さんが口にしたのは昭和43年のことだったのだそうな。西暦1968年のことですから、2016年の現代から見ると48年前のこと。半世紀前、といってもいいくらい昔。
 そして2013年にこの本は上梓されました。執念を感じますが、塩野さん的にはいつの間にか順番が来ただけ、ということなんでしょうかね。

 フリードリッヒ二世は、1194年12月26日、イタリア半島のふくらはぎにあたる地点にあるイエージという小さな町で生まれました。母であるコンスタンツァ(1154-1198)はシチリア王国の正統な継承者。父は歴史上 「赤ひげ」 として知られる神聖ローマ皇帝フリードリッヒ一世の嫡男、皇帝ハインリッヒ六世(1165-1197 在位1191-1197)。この銀のスプーンをくわえて生まれた皇子が、なぜこんな田舎町で生まれたのか。
 このへんの奇妙な運命の交差からはじまる、一人の異端児の物語が、これ。
 神聖ローマ皇帝フリードリッヒ二世。
 皇帝戴冠、1220年。死去、1250年12月13日、56歳まであと13日。
 世俗権力たる皇帝の地位を大きく高め、歴代の教皇を嘲弄し、政治によって十字軍を勝利させてそれによって教皇に地団駄を踏ませ、ドイツとシチリア、ローマを挟む二つの王国を統治し、文芸と教育を後援し、異教徒に寛容であった男。フリードリッヒ二世を、塩野さんはこう描きます。
 塩野さんの筆は、常に惚れた男には優しい。
 それは、徹底的に研究し尽くした上での惚れ、萌えであるように思えます。ただの感情ではない。断じて、カワイイ、などではない。

 この本を元にして、書きたいことは無数にあります。
 自身は学問に淫することなく、生涯を通じて学芸の奨励に熱心であった人。
 剣と熱情にとってではなく、外交と妥協によって平和を築こうとした人。
 中世の時代の中で、最初に法治国家としての礎、神ではなく為政者が責任を持つ 『メルフィ憲章』 を制定した人。
 ちいさな戦乱が絶えず、誰もが武器をかまえ一種即発の状態だった時代に、常備兵力を削減した人。
 教皇より三度破門され、キリストの敵と指弾されても屈しなかった人。
 正妻だけで四人、愛人を含めると11人の女性を愛し、嫡出子だけでなく多くの庶出子をもうけ、育て上げた人。
 配下となった人々に多くのことを期待し、優れた人材を選び出し、使いこなした人。
 中世という重苦しい時代に風穴を開けようとし、死がそれを為し得させなかった人。

 こんな時代だったんだ。こんな事をフリードリッヒはめざそうとしたのか。もっとこういう存在を許す時代であったなら。
 でもこの時代は、13世紀。いまだ頑迷な中世の動乱の中。
 「世界の驚異 STVPOR MVNDI」と讃えられた人を、塩野さんは熱い筆致で描きます。

 1250年11月、皇帝フリードリッヒは南国プーリアで行った鷹狩りの途中、強烈な腹痛に襲われます。彼は近くの村にある小さな城、カステル・フィオレンティーノに担ぎ込まれ、そこで病床に伏します。
 皇帝はここで、高官たちに集まるよう命令を下します。一進一退の病状はやがて悪化し、12月7日に遺言が口述され、12月13日嫡子マンフレディ、側近たちの見守る中で死にました。

 最後の言葉は、 「死ねば何もない post mortem nihil(ポスト・モルティム・ニヒル)()」 であったと年代記に伝わります。
 ほんとうにそう言ったのだろうか、と塩野さんは疑問を呈します。しかし彼ならばありえる言葉だろう、とも。

 彼の死は何を残したか。彼の死で何かが変わったのか。
 中世は、まだ終わらなかった。ルネッサンスが中世の時代を終わらせるまであと一世紀。

 西暦2000年12月13日、フリードリヒ二世の死より750年を記念して彼の終焉の地カステル・フィオレンティーノに八角形の石の柱が建てられたそうです。この本の終幕は、とある夏の日にここを訪れた塩野さんのコラムでした。
 廃墟には、腰を下ろせる場所さえもなかった。一本だけ立っているひょろりと伸びた樹の下の地面に、(じか)()に座るしかなかった。
 見るものは何一つなくても、考えることはできる。
 皇帝フリードリッヒ二世は、彼を専門に研究した人の何人かがいうように、歴史上の敗者であったのか。
 彼自身は皇帝のままで死んだが、彼の子孫はシュワーベンの公爵でさえもなくなったのだから、家系の継続が一門の家長の最重要事とするならば、それに失敗した彼は敗者であったとするしかない。  (下巻 P257)

 と考えたら突然、ある想いに襲われた。死んだフリードリッヒは鷹に変わって、ここから飛び立って行ったのではないか、と。
 生前に、あれほども愛していた鷹である。死後にその鷹に変身するのも、本望ではなかったか。小高い丘の上に立つフリードリッヒ終焉の地は、それこそ鷹が飛び立って行くには最適の地であった。

 そして、飛び立っていく鷹にとっては、勝者か敗者かなどということは、関係なくなっているのではないか。生ききった、と言える人間にとって、勝者も敗者も関係なくなるのに似て。  (下巻 P258)
 見事な締めくくりじゃありませんか。

 読書メーターの記録より  上巻読了 2016/7/4  下巻読了 2016/7/25   (2016/9/24)