トップへ戻る
トップへ戻る
書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号:S048 塩野七生 しおの・ななみ
国籍:日本 生没年:1937/07/07~
塩野七生 本名同じ。七夕生まれなので、父母から「七生」と名付けられる。東京生れの女性。
 日比谷高校出身、1962年学習院大学文学部哲学科を卒業。卒業論文にはボッティチェリを取り上げる。1963年~68年にかけて、イタリアに遊びつつ、学んだ(ちなみに、一般の日本人に外国渡航が許可されたのが1964年のこと)。
 1968年より執筆活動を始め、処女作「ルネサンスの女たち」を「中央公論」誌に発表。初めての書き下ろし長編「チェザーレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷」により、1970年度毎日出版文化賞を受賞。この年よりイタリアに住む。1982年「海の都の物語」により、サントリー学芸賞を受賞。翌83年、これまでの作品活動に対して菊池寛賞を受賞。1988年「我が友マキアヴェッリ」より女流文学賞を受賞。
 2002年3月5日に、これまでの多数の著作を通じてイタリアの歴史と文化を日本に紹介した功績で、イタリア政府から国家功労賞を受賞され、勲章を授与される。現在はローマ在住。
管理番号 書名 備考
S048-001 コンスタンティノープルの陥落 東ローマ帝国の最期・1953年
S048-002 ロードス島攻防記 ロードス騎士団とトルコ帝国・1522年
S048-003 レパントの海戦 トルコ帝国対西欧・1571年
S048-011 愛の年代記 さまざまに生きた中世の女性たち
ローマ人の物語1~15
ローマ亡き後の地中海世界(上・下)
塩野七生の描く
 ローマとローマ人の興亡史とその後 計17冊
S048-013 サロメの乳母の話 西欧史 短編集
S048-037 ルネサンスとは何であったのか 塩野七生のルネサンス概況
S048-038 ローマから日本が見える 「ローマ人の物語」おまけ
十字軍物語 ギリシア人の物語 塩野七生の描く 中世史とローマ前史
S048-044 想いの軌跡 塩野七生の、歴史と自分の著作への想い
★このページはUnicodeです。★
  Ver. 2.3
 S048-001 32 歴史小説・西欧史 歴史年表 出版社:新潮社
書名:コンスタンティノープルの陥落 発行 1983年
  価格:\1500 ページ数:220P 本のサイズ:155×205HC
初版発行:83/9/25 第13刷:87/7/5 購入:87/10/19 表紙イラスト:ベルトランドン・ド・ラ・ブロキエール「海外の旅」
写本 パリ国立図書館蔵
 コンスタンティノープル。
 この都市の名前は、「ローマ帝国衰亡史」を読んだあとでは「コンスタンティノポリス」と読んだ方がヴィヴィッドですね。この町は、AD330年にローマ皇帝コンスタンティヌスによってこう名付けられ、1453年に再び名前が変わります。約1100年もの歴史を誇った街とは、世界にそんなにありません。
 我が国にもそのような歴史のある都市があるのは、誇るべきことかな? 少なくとも異民族に略奪されなかったのは、島国という特異な幸運によるものでしょうね。
 しかし、この街は、幾度となく略奪されました。

 この物語は、衰退しきった帝国の最期であり、長い長い歴史を誇ったこの街が、この名前で迎えた最期の姿を描いたものです。

 「主人公」は、二人。
 一人(?)は、コンスタンティノープルの都。エーゲ海の奥にあるマルモラ海と、そのまた奥にある内海である黒海との狭い通路 ─ ボスポラス地峡の、ヨーロッパ側に座るこの都市は、交通の要所であり、文化・文明の十字路でした。
 もう一人は、マホメッド(モハメドあるいはムハンメド、メフメドなどの表記もあり)という名の青年。1453年当時、20歳。オスマン・トルコ帝国の皇帝にして、若き独裁者。

 「現場証人たち」として、作家はこの壮大な歴史のイベントに関わった実在架空の人物たちを配します。
 海洋都市ヴェネツィアの医師、ニコロ。
 ローマより派遣されたイシドロス枢機卿。
 コンスタンティノープルでギリシャ哲学を学ぶイタリアの若者、ウベルティーノ。
 コンスタンティノープルから金角湾を隔てたガラタにあるジェノヴァ居留地の代官、ロメリーノ。
 東ローマ皇帝コンスタンティヌス11世の秘書官、ランゼス。
 トルコ皇帝マホメッド2世の美少年小姓、トルサン。
 セルビアより参加を命ぜられた貴族ミハイロヴィッチ。
 その他。

 衰亡し、いつ滅亡しても不思議はないと言われつつ存続していたこの都市を指さして、あの青年はこう言いました。

 「あの街をください」

 そして歴史は動きます。強固な、断固とした意志を持った一人の人間の意志によって。

 驚くべきことに、このロマンチックな悲劇を題材にして、塩野さんの筆は涙で曇ることはありません。
 ある時は政治家の視点で、ある時は研究材料を解剖する生物学者の視点で、ある時は過去の戦場を視察する軍人の視点で、冷静に、淡々とこの悲劇を描写します。わき上がってきたであろう熱い思いは、その文体の下でともすればかき消えそうになる。

 過去は過去なのだ。悔やんでも嘆いてもしかたがない。顔を背けてはならない。最期までじっと見届けなさい。
 そういっているようです。   (06/1/13)
  Ver. 2.3
 S048-002 32 歴史小説・西欧史 歴史年表 出版社:新潮社
書名:ロードス島攻防記 発行 1985年
  価格:\1500 ページ数:210P 本のサイズ:155×205HC
初版発行:85/10/25 第5刷:87/8/10 購入:87/10/19 表紙イラスト:1480年のトルコ軍によるロードス攻略戦
パリ国立図書館蔵
 かつて十字軍が聖地パレスティナで戦った時代から数世紀を経て、パレスティナの地で勇名を、あるいは悪名を馳せたいくつかの「騎士団」という団体があります。特定の国家に束縛されず、神の前で戦う修道士と言う存在でした。

 たとえとして、日本の「僧兵」と考える人もいるそうですが、厳密にはおかしいかな。たしかに「僧兵」も戦う修道僧ではありましたが、彼らは独立性を持った団体ではなく、あくまで戦わない僧たちの下僕でしたから。
 「騎士団」は違います。そもそもは巡礼のための救護所・診療所としてローマ法王の認可を受けた聖ヨハネ騎士団も、時を経るにしたがって、独立武装集団としてイスラム勢力に対するキリスト教の盾となり、槍となり、蛇ともなりました。
 聖地パレスティナを撤退したあと、彼らの敵は新興のトルコ・オスマン帝国となります。アッコンからキプロスに逃れたあと、1309年にロードス島を占拠した彼らは、ロードス騎士団と呼ばれ、イスラム勢力ののどに刺さったキリストのトゲとなりました。
 1444年にエジプトのスルタン、1480年にオスマン帝国のマホメット2世の襲撃を受け、これを撃退したことで西欧のキリスト教国に勇名をとどろかせますが、後に「大帝」という尊称で呼ばれるスルタン・スレイマン一世が1494年に即位すると、状況は変わります。

 そして1522年、舞台の幕が上がります。時に皇帝スレイマン、28歳。

 カデット、と言う言葉の説明から始まります。
 もともとはイタリア語で、かつては封建貴族の次男以下を指しました。すなわち、相続権も財産もなく、貴族の名前しかない男たちです。後には、候補生という意味の、軍隊の階級用語になりました。
 三人のカデットにスポットが当たります。ジャン・ド・ヴァレッテ・パリゾン、28歳。ジャンバッティスタ・オルシーニ、25歳。アントニオ・デル・カレット、20歳。

 この本は、彼ら若きカデットを中心として、ロードス島の攻防そして陥落という歴史絵巻の中で、人々がどう振る舞ったのかを、主としてアントニオ・デル・カレットの視点で描き出しています。
 さらに、ロードス騎士団長フィリップ・ド・リラダン、60歳代。技師ガブリエル・マルティネンゴ、40歳代など、ロードス島の守りの要となる人々。


 描き方としては、前回の「コンスタンティノープルの陥落」と同じに一つの時代の終わりを描いているにもかかわらず、より感傷的な点が目を引きます。戦う修道僧だったはずの騎士オルシーニの放埒や、アントニオとの怪しい関係などは、いかにも特定読者を意識していますね。(笑)
 こういう歴史小説では、事実あるいは事実と推定される事件と、それを元にふくらませたフィクションとが入り乱れます。この本は、感傷的な内容が比較的多いことから、「コンスタンティノープルの陥落」よりも後者の比重が大きいように思えますが、どうなんでしょう?
 いずれにしても、これは「あったはずの歴史」と「あったかもしれない歴史」との融合体ですが、境目がどこなのだかはわからないし、わからなくて良いのだと思いますね。

 さて、人は戦い、人は死に、ロードス島は当時の軍事力の粋を集めた戦いを繰り広げ、ついに陥落します。
 この中世の宗教戦争のなかで示された、何とも無意味な騎士道精神も見られます。
 歴史とは、人と人とが織りなすもの。自ずから美醜もあります。美必ず正義ならず、醜必ず悪ならず。
 これだから歴史は面白い。  (06/1/20)
  Ver. 2.3
 S048-003 32 歴史小説・西欧史 歴史年表 出版社:新潮社
書名:レパントの海戦 発行:1987年
  価格:\1500 ページ数:235P 本のサイズ:155×205HC
初版発行:87/5/20 第2刷:87/6/15 購入:87/9/10 表紙イラスト:Micheli La Battaglia di Lepanto
Venezia, Palazzo Ducale
 コシマキにあった煽り文句は、

 いつの世も 戦争は血を流す政治であり、政治は血を流さない戦争、であった──。
 
 歴史と戦争と政治を少しでも学んだ人なら、誰にでもわかる名文句です。願わくば、この言葉を吐いた、ただそれだけで「右翼」「軍国主義者」「好戦的帝国主義者」などのレッテルを貼られる時代が、今後一度たりとも来ませんように。

 1453年にコンスタンティノープルが陥落し、1522年にロードス島が陥落します。
 もはや、トルコ帝国の隆盛はとどめようがない。
 この時代、連戦連勝の強敵に対して一矢を報いた男もいましたが、時代の流れの中で衆寡敵せず歴史の中に消えていきました。ワラキア公ヴラド・ツェペシュといいます。

 1571年、西欧はキリスト教の名において連合艦隊を結成し、トルコ艦隊に一戦を挑みます。場所はギリシャ沿岸、レパント沖。
 世に有名な「レパントの海戦」です。
 この本は、この海戦を中心に据え、「血を流さない戦争」から始まり、「血を流す政治」を経て「血を流さない戦争」で集結します。著者がその焦点として考えたのはヴェネツィア。

 ヴェネツィアの、宗教の名を借りた危機の到来の訴えに答え、法王ピオ5世は十字軍を提唱します。
 しかし、西欧のキリスト教国の反応は鈍い。ドイツ、オーストリア、ハンガリーを統治する神聖ローマ帝国マクしミリヤン2世はトルコと不可侵条約を結んだところ。フランスは、実質的な統治者である摂政カトリーヌ・ド・メディシスはユグノーとの抗争のさなか。イギリスは、メアリ・スチュアートを支持する法王を憎むエリザベス女王の治世下。ポルトガルも、否。ドイツ・プロテスタント諸侯も、むろん否。
 参加した大国は、スペインとヴェネツィア、そして法王庁のみ。そして、マルタ騎士団、イタリアの小国たち。

 戦争を企画しつつトルコとの外交関係を維持するヴェネツィアの、行き詰まるような外交戦争もひとつの見どころ。
 そして、妥協の産物として浮上した、総指揮官オーストリア公ドン・ホアン。

 話は、ヴェネツィアの海将アゴスティーノ・バルバリーゴにを軸に描かれ、この雄々しく戦った海の男を中心に据えています。レパントで戦った船と船、兵と兵、将と将は、いつもの塩野タッチで冷静に、かつドラマチックに語られます。お見事。

 しかし、どうでしょうね。
 半可通の愛書家の私見ですが、著者は「コンスタンティノープルの陥落」では「戦い」を、「ロードス島攻防戦」では「情熱」を描いたように思えます。そしてこの三部作の最後で、著者は「政治」を描いたのではないでしょうか。
 ひとさまざまなので、取り方はいろいろですが、だとすると面白いバランスではないかな?  (06/1/26)
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:S048-011 32 歴史小説・西欧史 出版社:新潮社
書名:愛の年代記   ISBN4-10-309603-9 C0093
  価格:1117Yen ページ数:248P 本のサイズ:135×180HC
初版発行:75/3/30 第10刷:90/11/10 購入:1992/11/29 装幀画・本文挿絵:藪野 健
「愛の年代記」 塩野七生 ヨーロッパ中部の中世の時代、歴史の片隅で生きた女性、生きていたはずの女性、生きていたかもしれない女性を9人選び、その時代と共に描写します。ちょっと肩の力を抜いた短編集。

  大公妃ビアンカ・カペッロの回想録
「愛の年代記」 塩野七生 1827年のフィレンツェ、出版業だったヴィンチェンツォ・バテッリは、買ったばかりの家の地下室で古い文書を見つけます。見つけたのは、さらに四世紀むかしに遡る文書。とある貴婦人の手稿。1548年に生まれ1587年に死んだビアンカ・カペッロ(Bianca Cappello)という女性。
 活字にして150ページにもなると言う長い文章で、しかもくどくどと締まりのない文章であるので、刈りこんで逐語訳ではなく自由にわかりやすい文章にした、と説明が入り、彼女の生涯が彼女の一人称で語られます。
 ヴェネツィアの名門貴族の家に生まれながら、ゆえあって疎まれた少女時代。一度の羽目を外した結果の、フィレンツェへの逃避行。トスカーナ大公の嫡子フランチェスコとの出会い。
 彼女については、美女という評価と共に、悪女という声もあります。しかし本当は、こんなピュアな人だったのかもしれない。

  ジュリア・デリ・アルビツィの話
 1562年かその翌年、フィレンツェの旧家アルビツィ家の三男坊と召使いの間に生まれたジュリアは、認知はされたものの主家からは疎まれる存在。なにしろそういう私生児はたくさんいたそうだから。その彼女の運命が大きく曲がったのは、21歳の時。
 時のマントヴァ公国の世継ヴィンチェンツォ・ゴンザーガは、最初の結婚で嫡子をもうけることができませんでした。それどころか花嫁と交わることさえできなかったのでした。これは若妻の身体的な問題とされて彼女は離婚し僧院に入りますが、では婿殿の男性としての能力はどうなのか、と疑われたとか。
 その疑いを晴らすために、そこそこの地位でもあるジュリアと試しに交わってみてはどうか、という妥協案。むろん、地位にふさわしい次の妻との婚姻前に。
 かくして、歴史の中でたったそれだけのために表面に現れたジュリア・デリ・アルビツィ。その生涯は本当はどうだったのか。
 彼女の没年は、1580年半ば以降で1600年より前、らしい。それだけしかわかっていません。

  エメラルド色の海
 1559年の春、サヴォイアのヴィッラフランカ付近で領国の巡航を行っていたサヴォイア公爵の一行に、ウルグ・アリ率いるトルコ海賊が襲撃をかけます。戦い慣れした海賊に対し、たちまち追いつめられる公爵一行。屈辱に震えつつも、四万スクードを越える身代金で方を付けることとなったのですが、相手のさらなる要求に青くなります。サヴォイア公妃はトルコの同盟国であるフランス王家の人であるから、統領のウルグ・アリ自身が挨拶したい、といって来たのでした。
 この窮状に、フランス王女、サヴォイア公妃マルグリッドの扮装で自分が行こう、と申し出たのがピアンカリエリ公爵夫人マリア・デ・ゴンディ(1542-1603)。公妃の女官であった彼女の勇敢な申し出は、一時サヴォイア宮廷の手柄話になりますが、それだけのこと。
ウルグ・アリ この女性も、この一件だけで歴史の中に沈みます。そのかわり、どちらかというとこの一編でクローズアップされたのはその相手。
 ウルグ・アリ、とこの本では書かれていますが、クルチ・アリという日本語表記もあるらしい。英文のWikiですが、Occhiali、Uluç Ali とも表記されており、最終的にパシャすなわち太守の称号を与えられています。
 1519年に南イタリアの漁師の家に生まれ、16歳の時、村がトルコの海賊に襲われて捕らえられます。その後イスラム教に改宗して奴隷の身分から這い上がり、1559年の時点では5隻のガレー船を率いていただけですが、数年後に要港アレキサンドリアの司令官となり、1571年のレパントの海戦ではトルコの三艦隊の一つを指揮する海将としてトルコ帝国で重きをなす存在とななりました。1587年にトルコの英雄として天寿を全うします。
 塩野さん好みの快男児、といってもいい。

  パシリーナ侯爵夫人の恋
 パリシーナ・マラテスタ(1404-1425)は、ヴェネツィアの南にあるフェラーラ侯領の当主、エステ家のニコロ三世の後妻。名君と讃えられたフェラーラ侯爵ニコロの最初の、年代記作者が一致して貶すブスでひねくれ者の妻が死んだのちに、15歳で嫁ぎます。夫との年の差は20歳とのこと。
 この一編は、彼女が、わずか一歳しか年が違わない侯爵の庶子のひとりウーゴ伯爵と恋に堕ちてしまったことによる悲劇。
 しかし塩野さんの筆にかかると、単なる女の悲哀にならないのが不思議。(笑)

  ドン・ジュリオの悲劇
 パシリーナ侯爵夫人の悲劇から約百年後、公爵に昇格したエステ家の統治するフェラーラ公国でおきた事件。のちにマキアヴェッリにイタリア君主の名君中の名君のひとりとして讃えられたアルフォンソ(1476-1534)が領主となった1505年に、それは起きます。
 その三年前にローマからかのルクレツィア・ボルジアが嫁いできます。こちらは再婚、あちらは三度目。まァ政略結婚なのですがこれはそこそこうまくいっています。問題はその女官アンジェラに、アルフォンソの弟たち、妾腹で美男のジュリオと末弟の枢機卿のイッポーリトの二人が恋してしまったこと。その果てに、イッポーリトが手勢を集めてジュリオを襲撃し、その目をえぐってしまったのでした。
 この決着が、煮え切らなかった。アルフォンソ公爵としては、のちにイタリア戦争に至るこの動乱の時機、遊び人のジュリオよりイッポーリトの方がはるかに役に立つ。兄弟仲良くととりあえず納めます。
 陰謀を企んだのは、ジュリオと、ないがしろにされていた次弟フェランテ、それにかねて不満を持っていた二人の貴族。この陰謀はあっさり露見し、二人の貴族は処刑されて弟二人は終身刑。フェランテは34年の幽閉ののちに獄死し、美男のジュリオは53年後に、アルフォンソの次の次のアルフォンソ二世が公爵になった祝いに80歳で釈放されたとか。

  パンドルフォの冒険
 このお話は実際にあったのかな? 民話か説話みたいな感じです。
 パンドルフォという美男で女に目のない青年が、キアラという40手前の貞淑な人妻を愛人にします。パンドルフォとしては遊びなのですが、女の方は真剣。このキアラがふとしたことで病死してしまう。自分は死んでしまうが、若い愛人がまた自由になってほかの女のところへ行くと思うと、生真面目な女には堪えがたい。
 で、彼女は何を企んだのか。
 実をいうと、このオチが塩野さんらしくないなぁと思うのです。だからこういう話があったのかもしれない。(なんだよw)

  フィリッポ泊の復讐
 1300年代のローマにいたという、フィリッポ伯という傭兵隊長のお話。
 百の騎兵と百二十の歩兵を持っていた、というから小回りのきくそこそこの戦力だったらしい。その武力をつなぎ止めようとサヴェッリ家のイザベッタが妻となっていますが、この甘やかされて育ってきた娘は、20歳も年の違う夫の、生きるための覚悟や本性が理解できなかったのでした。女子をひとり生んだのち、彼女は愛人を作り始めます、一人二人ではない。
 誇り高く現実を見据えて生きているフィリッポ伯爵は、これをうわさに知っても戦場を駆け回るのに忙しいこともあって、とりあえずは放置していました。
 しかしその浮気の相手が自分の部下である若者だと気づいた時、伯爵の冷たい怒りが爆発します。
 ローマでは、二十世紀の今でも、古い家の改築工事の折などに、壁の中から白骨が発見されることがある。  (P163)
 こっちのオチは前の話よりはるかに凄惨。でもこっちの方が塩野さんらしいと思うんだよね。(笑)

  ヴェネツィアの女
 1620年代の頃の、ヴィチェンツァ生まれのガレアッツォという22歳の青年の物語。
 公証人を父として育った彼の、読み書き能力が優れていることに気づいた教区の司教が、私設の秘書として次の教区に連れて行きたいと言いだします。父親にはむろん異存はない。パドヴァの町で彼は勉学に励んだのですが、ヴェネツィアの総主教からの招待により司教についてこの文化の町に着いた時、ビアンカ・グリマーニという美しい30くらいの女性に出会ってしまったのが運の尽き。むろん相手は人妻。大商人グリマーニの奥方で、気品と才覚と貞淑さで社交界でも有名。
 高嶺の花に恋をした青年が、取った行動とは何だったのか。
 この話は、一人の司祭が書き残した、『ミラノの庶民の話』 から取ったものである。  (P186)
 あら、元ネタがあったのか。

  女法王ジョヴァンナ
 13世紀、三人の年代記作者がこの時代に、ローマ法王の座に女性が座ったことがある、と記録したそうです。ローマ法王庁の公式記録ではそんな事は書いておらず、今世紀初めまで女法王について書いたものはカトリック教会を破門されたそうな。
 にもかかわらず、プロテスタントの人々などがこの話を伝えており、カトリックが単なる〝伝説〟だと言い切っても消えなかったらしい。
 時は九世紀、ジョヴァンナという娘が、イングランドの小さな領主のアヒル番であった女と、当時妻帯が認められていた修道士の間に生まれます。生まれたのは、この修道士が妻と共にインゲルハイム、現在のドイツとフランスの国境辺りをうろついていた頃の818年。
 ヒッピー的、と塩野さんが描写する両親の間で育った利発な娘が、当時の時代の中でどのような流れでローマの至高の座に就いたのか。この辺りのお話が、なかなか面白い。
 ドナ・W・クロスが「女教皇ヨハンナ」という本を書いていますが、あちらを読んでどうも納得できなかったのは昔こちらの塩野版を読んでいたせいらしい。個人的にはこっちの方がありそうな気がします。
 いずれにしても、歴史の中の単なるエピソードだし、史実であったのかなかったのかは、おそらく確認できないでしょうけれどね。

  フィリッポ泊の復讐 ヴェネツィアの女 女法王ジョヴァンナ はこのハードカバー用の書き下ろしで、他は雑誌 「ジュノン」 掲載だそうです。  (2016/11/3)

 読書メーターの記録より  読了:2016/10/24

    Ver. 2.8
 
管理番号:S048-013 32 歴史小説・西欧史 歴史年表 出版社:中央公論社
書名:サロメの乳母の話   ISBN4-12-201294-5
中央公論社HC(1983) 中公文庫 し4-3
  価格:\420 ページ数:250P 本のサイズ:文庫
初版発行:1986/1/10 第5刷:1991/3/25 購入:1992/12/5 表紙イラ/スト:東逸子
 サロメ、とは、西暦20年頃、現在のイスラエルのあるあたりにあったユダヤ王国にいたとされる女性です。父親は、当時ユダヤの王ヘロデ。つまり、サロメとはユダヤの王女様です。
 彼女の話は、キリスト教の聖典である新約聖書に出てきます。彼女は、始めてイエスをキリスト、救世主、神の子と名指しした聖者ヨハネ(キリスト教的には「洗礼者ヨハネ」と呼ばれます)の首、それも文字通り切り落とされた首を父王に要求した悪女として記録されています。
 ただし、聖書の中では彼女の名は示されていません。当時のユダヤの王の娘は彼女しかいないので、サロメが聖書の悪女であると言われているだけです。
 彼女はなぜ民衆に人気のあった聖者の首を望んだのか。
 ヨハネはなぜ死なねばならなかったのか。

 このささやかな歴史を、塩野さんはサロメという娘を見守ってきた乳母の視点という新しい切り口で、展開して見せます。単なる新しい歴史解釈と言うよりは、塩野さんの手すさび、それも歴史小説家としての見事な手すさびです。歴史に遊ぶとはこういう事か。

 これは、このお話のようなさまざまな歴史のこぼれ話を集めた短編集です。
 オデッセウスの妻の文句、ダンテの妻の嘆き、聖フランチェスコの母の話、ユダの母親の愚痴、カリグラ帝の馬のひとりごと。
 その他、もろもろ。
 10編の小品と共に、おまけの地獄のパーティふたつ。

 日本人の書いた西欧の歴史小説というと、どうも大上段に振りかぶったものが多いのですが、これは軽い。楽しい。
 塩野七生という作家の新しい魅力ですね。

 さて、鐵太郎としての言い分としては、最後の「饗宴・地獄編 第一夜」「第二夜」。
 一番気楽に楽しんで書いたものと思います。楽しい小編です。
 しかし、あくまで個人的感想ですけど、面白くありません。ここに出てくる人物については、彼女の歴史解釈というか、歴史への視点について、周波数が合わないようです。
 こんなこともあるさ。  (06/6/12) 

ページのトップへ
  Ver. 2.21 
管理番号:S048-037 53 史書・編年史 出版社:新潮社
書名:ルネサンスとは何であったのか 新潮文庫 し12-31  8039 ISBN978-4-10-118131-8 C0122
伊題:Scritti Sul Rinascimento 価格:522Yen ページ数:338P 本のサイズ:文庫
初版発行:2008/4/1 購入:2008/3/31 表紙:ミケランジェロ 「アダムの創造」(部分)
「ルネサンスとは何であったのか」 ルネサンスから始まるイタリア世界の歴史をライフワークとしていた塩野七生さんが、平成13年(2001年)に刊行したルネサンスの総括です。執筆したのは、「ローマ人の物語」が一段落ついて、10巻の「すべての道はローマに通ず」を刊行していたときです。
 これが塩野式のイタリア史、ルネサンス史への思いと思えば良いんでしょうか。
 人物史という形でまとめたのが面白い。
 しかも、後の人物紹介をのぞくと、対話方式で書かれています。これもわかりやすさのための一つの手法だそうな。
 素人にとってはわかりやすいまとめ方なんですが、プロにとっては異端的なやり方なんでしょうかね。
 しかも、ルネサンスという歴史の嚆矢となる人物として塩野さんが上げたのが、これまたプロにとっては異端的だったようです。

 普通、ルネサンスとは14世紀、フィレンツェの詩人ダンテ(1265-1321)より始まる、と言うのが一般的な考え方のようです。中世ヨーロッパの、宗教的な硬直した文化に対するアンチテーゼとして、古代の文化を当時の現代の趨勢の中で見直して復興させようとする運動であり、イタリアから始まりました。宗教革命家であったジョルダーノ・ブルーノ(1548-1600)の火刑によりイタリアでのルネサンスは終わったとされます。文化的に後塵を拝していた他の諸国では、やや遅れ、やや違った意味で進行し、イタリアと同じように終わりの時を迎えたと考えられています。

 塩野さんは、ルネサンス、というかルネサンスに連なる思想は、いまだ十字軍の狂熱が冷めない13世紀前半に生きた二人の人物、聖フランチェスコ(1181-1228)とフリードリヒ二世(1194-1250)が嚆矢である、といいます。
 聖フランチェスコとは、イタリア・アッシジ商人の父とフランス・アヴィニョンの母の間に産まれ、修道士の道を選んだ人です。中世の、恐怖で人々を縛ったキリスト教の中から、愛の宗教としてのキリスト教を生み出し、教会の階層をぶち抜いて法王の下の平等を提唱しました。
 フリードリヒ二世とは、神聖ローマ皇帝。法王が太陽で皇帝は月であるという教会が要求した社会制度を突き崩し、新しい社会を模索したのでした。
 二人とも、既成概念から飛翔し、新しい世界を夢見て羽ばたいたという点でルネサンスの先駆に値すると塩野さんは考えたのでした。
 彼らから始まり、マルコ・ポーロ、ダンテ、ペトラルカ、ドナテッロ、ボッティチェリ、コロンブス、レオナルド・ダ・ヴィンチ、アメリゴ・ヴェスプッチ、マキアヴェッリ、エラスムス、マゼラン、ルター、ティツィアーノ、セルバンテス、そしてシェークスピア。この三倍近い人々とその業績を描き、ルネサンスとはなんだったのかを総括しています。

 これを、二人の会話の形で、フィレンツェ、ローマ、キアンティ地方のグレーヴェ、そしてヴェネツィアで語りあいます。一人が尋ね、一人が答える形式で。
 難しい歴史だと思いますよ。でも、こんなに軽やかに描けるのは、この人だからできるんでしょうね。
 この人の語り口、好きです。  (08/8/20)

ページのトップへ
  Ver. 2.22 
管理番号:S048-038 57 歴史書・歴史解説書 出版社:集英社
書名:ローマから日本が見える 2005年6月、集英社よりHC ISBN978-4-08-746347-7 C0195
集英社文庫 し47-1 価格:648Yen ページ数:413P 本のサイズ:文庫
初版発行:2008/9/25 購入:2008/9/19 カバーデザイン:大森裕二 写真:Julius Caesar・Erich Lessing/PPS
ローマから日本が見える 「ローマ人の物語」という塩野版ローマ史を書いている途中、その解説のような形で、この本は書かれました。
 最初のハードカバーが発売されたのは、「ローマ人の物語13 最後の努力」(2004/12/25刊行)と「ローマ人の物語14 キリストの勝利」(2005/12/30)の間です。本編である歴史物語をなぜ書いたのか、振り返ってみたくなったのでしょうか。

 「私は歴史は苦手で」という世間一般の「立派な大人」に、作者はこう言うそうです。
 「失礼ですが、そういうことはおっしゃらないほうがよろしいのではないでしょうか」
 そしてぽかんと口を開けた相手に、こう続けるという。
 「なぜなら、歴史って人間です。だから、『歴史が苦手』なんて言うと、『人間が苦手』と告白していることになりますよ」

 その見識やよし、と思う。鐵太郎も、ある意味でそう思う。
 でも、歴史とは衒学的な守旧派のお遊び、としか考えない人も多いのです。社会の重鎮たる人々にも、目先の過去や自分に通じるささやかな歴史以外何も知識も興味もない方々も多いと思いますけどね。日本だけではなく、世界にもね。そして、それ故に彼らが劣った見識しか持たないとも、必ずしも言えないと思うのです。
 ひとさまざま、ですよね。

 なぜローマ、日本の歴史にとってなんの関係もない1500年以上昔に滅びたローマ人の歴史を語るのか、という説明として、作者は
 「ローマ人くらい面白い人たち、素敵な人はいなかったから」
 と答えます。それもまた、歴史に対する見識の違いが出てくるでしょうね。ローマ帝国、正式に言えば西ローマ帝国が滅びたあと、約千年後にヨーロッパはルネサンスの時代に入る。この原動力となったのが、千年の間ヨーロッパ人の精神を支配してきたキリスト教へのアンチテーゼとして、古代ギリシアと古代ローマのリアリズム精神であったのだという。
 ルネサンスの旗手として、塩野さんが語るのはやはりマキアヴェッリ。キリスト教をもってしてもヨーロッパ人の人間性は向上しなかったではないか、という問いに対し、マキアヴェッリはこう考えた、と塩野さんは言います。
 人間とはそもそも宗教によってさえ変えようがないほど「悪」に対する抵抗力がないからではないか。だとすれば、そうした人間世界を変えていこうとすれば、まずこうした人間性の現実を冷徹に直視する必要がある...
 これに対し、ルネサンスの時代にもう一つの思想が生まれます。人間性が改善しなかったのは、神と信者の間に、聖職者というフィルターがあったせいではないのか、神と信者がダイレクトに結びつけば人はもっと高みに上がれるはずだ。
 こう思った修道士マルティン・ルターが、プロテスタンティズム運動を起こし、キリスト教を震撼させます。しかしこの思想をもってしても、この思想へのアンチテーゼによるカトリックの改革にしても、そののちの啓蒙主義思想をもってしても、自由・平等・博愛のフランス革命精神をもってしても、人間社会は進歩したとは言えない。
 となれば、やはり現代に生きる我々にとっても、マキアヴェッリと同じように、古代ローマの人々の生き方を知ることは大いに参考になるのではないか。私はそう考えます。

 ゆっくりと、断固として改革を押し進めるローマ人は、日本人の性急さとは違う。日本人にはこの考え方は合わないかもしれない。
 しかし、守旧派のかたまりであり、何度も何度も動脈硬化をおかしたにもかかわらず数百年間国家を保ち続けたローマを、もっと日本は学ぶべきではないのか。
 敗者を自らと同化し、植民地を本国と同格とし、蛮族にさえも元老院に席を与え、また皇帝となしたローマ人は、偏狭な19世紀20世紀の植民地帝国のなにものもなしえなかった長期の国家繁栄を甘受し得た。
 古代の歴史であり、過ぎ去った、滅び去った国家ではあるけれど、いま混迷の時を迎える日本人は、ローマに見習えとは言わないが、ローマの歴史に何かを見出すべきではないのか。

 こう言って、塩野さんはもういちどローマ史を、その王制の時から始めて、共和制、カエサル、帝政のはじめまでを描き、第9章でもう一度「ローマから日本が見える」と題して日本と比較します。
 一例として、55年体制と言われる、いわゆる「自民党独裁」の時代は、共和制ローマの元老院の支配の時代と似ている、という説をまた書いています。面白い。人材のプールとして「自民党」があり、首相たちはやるべき任務を与えられてその中から指名され、なすべき任務を果たして退場していったという。しかし、元老院と同じく党に人材を育てて補充する能力がなくなったとき、この制度は必然的に崩壊せざるを得ない。
 というより、崩壊させねばならない。
 過去に良かったことが未来によいかどうかはわからない。時代の流れに沿ってそれを冷静に判断し、時代にあわないと思ったら改編、あるいは廃止しなければならない。
 ローマ人はそれをやってのけた。日本人はなぜできないのか。

 ひとつの考え方として、面白い。すべてが正しいかどうかは別として、過去を「前向きに」見て、未来を「前向きに」考える、そのために歴史を学ぶ、という考え方は好きです。鐵太郎の場合、「学ぶ」の前に「楽しんで ─ 」という言葉がつきますけどね。(,⌒-⌒)v  (2008/12/20)
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:S048-044 64 エッセイ 出版社:新潮社
書名:想いの軌跡 1975~2012 ISBN978-4-10-309636-8 C0095
  価格:1300Yen ページ数:320P 本のサイズ:135×195SC
初版発行:12/12/20 第2版:13/1/25 購入:2014/2/19 Photo:(C)Manfred Idem / Corbis
「想いの軌跡」 塩野七生 読者に と題されたまえがきで、この本が出来上がった経緯が作家自身の言葉で描かれています。塩野さんの愛するイタリアの歴史の著作の値段が高いことで、なにか批判があったのでしょうか。その説明をしています。歴史、地理に不案内な読者にわかりやすい資料をそろえ、図表や地図を用意すれば、手間ひまがかかるし費用もかかる、ということ。
 聞き方によっては言い訳や愚痴にも聞こえかねませんが、これは本音だと思うし、しかたがないことだと思います。こう言う文章を読めば、あだおろそかに読み飛ばしたり、古本として安くなるのを待って買うなどとは
(ぎくっ)できませんなぁ。あは。

 この話は、実は作家塩野さんが敬意を払う著作家、小林秀雄氏が、自分の本は高いけれど、二度読んで楽しめる優れた本だからそれでいいのだ、という言葉から始まったもの。だから高いのはしかたないのだけど、と振っておいてこの本の生まれた経緯を説明します。

 塩野さんの担当の編集者、その時二人いたそうですが、そのうち1980年生まれの若い方が、こんな提案をしたそうです。今まであちこちに書-いてきたコラム、ミニエッセイのようなものを整理して、一冊の本にしませんか、と。
 いや実はそんな提案はしなかった。していたら忙しい塩野さんは一蹴したはずだから。
 なんとこの編集者、国会図書館にまで足を伸ばし、塩野さんの文章を探し出して整理して、これで本になりますよと持ってきたのです。この悪賢い(塩野さん曰く、これはマイナス評価ではないらしい)手腕に乗って、この本は出来上がったのだそうな。
 二度読み直して楽しめる本ではないから、この本はできるだけ安くソフトカバーで作りましたよ、というのが前の話に繋がるところ。
 すいません、一度読みで。

 というわけで、副題のように、この本は1975年から2012年までの、塩野さんの思いが読み取れるさまざまな文章を並べたものです。
 地中海に生きる という第一章では、地中海と言いつつイタリアのこと。イタリアで生活する昔と今。そして日本のこと。
 日本の総選挙の結果をイタリアで知り、一年ぶりに帰国した私を唖然とさせたのは、自民党内の争いではなく、野党の指導者の楽観的な言動であった。
 自民党の醜い内紛は、長年権力に居つづけたものは必ず堕落し、それによって自滅の道をたどるという、もはや言い古された真理を示す一例にすぎないから、憤慨する気にもならない。自民党の堕落は、彼らの責任ではなく、われわれ有権者と野党の責任である。交替可能な政党を育てる必要性の認識と、それを進める努力を怠っておきながら、政権担当者にふさわしい責任を感ぜよ、などと要求するのは、人間の本性に全く無知な人々がしばしば犯す、ないものねだりにすぎない。
    「非統治国家回避への道」  1980/1  P46

 第二章では 日本人を外から見ると として、イタリアに住む日本人としての日本の姿。
 日本は能力をもっている。そして、昨日までは運にも恵まれてきた。だが、これからもこの状態をつづけていかれるかどうかは、まだ未知数である。
 未知数はわれわれ自身にとってだけでなく、われわれが関係を持たねばならない世界のほかの国々も、この面での日本の能力を未知数と思っている。だからこそ、日本を怖れたり悪く言ったりするのである。すべては「未知数」ゆえにである。
 だが、未知数とは、若者特有の性質であって、おとなのものではないことは誰でもわかるだろう。幸か不幸か、国家としての日本は、親ばなれする時期にさしかかっているらしい。
 おとなになれるかなれないか。1990年代は、それを決める時代のような気がする。
    「おとなになること」  1990/4   P126
 はたしてそれから四半世紀たった今、同じ事は言えるのか。

 第三章は ローマ、わが愛 として、「ローマ人の物語」の舞台裏のようなもの。
 古代末期、世界の首都(カプトゥ・ムンディ)と呼ばれていたローマの力が衰え始めると同時に、最大消費市場としても、ローマはそれを背負う状態でなくなりつつあった。
 草原を通ろうと砂漠の道であろうと、また海路を利用しようと、東西物産の交流路としての「シルク・ロード」も、下り坂を転げ落ちるような速度で衰退しはじめる。
 絹も香料も陶磁器も、それに多量のお金を払える人間がいなくなってしまっては、わざわざ危険な遠路を運ぶ〝ウマ味〟もなくなる。西ローマ帝国崩壊直後の西欧をおおった暗黒の中世は、シルク・ロードにとっても暗黒であったにちがいない。
    「〝シルク・ロード〟を西から見れば...」    1988/4   P189

 忘れ得ぬ人びと と題する第四章では、マキアヴェッリ、高坂正堯(こうさか・まさたか)さん、天谷直弘(あまや・なおひろ)さん、映画の黒澤監督、フェデリコ・フェリーニ監督、そしてヴィスコンティ、信長、などについての追悼、雑感。
 掘越しの三味線の音も、緋ちりめんも、そして毎朝かけひの水を飲みに来る一羽のうぐいすも、私には賞味する余裕がなかったわけではない。私の目は充分にそれらの日本的な美を愉しんでいた。
 しかし、心と肉体は、五百年前のルネサンス時代のイタリアにいたのである。そして、わが主人公チェーザレ・ボルジアは、手をのばせばふれられる私の日本の男友達の誰よりも、当時の私にとっては現実感のある男であった。
 私は、彼の浅黒く引きしまった腕の感触さえも知っていたし、卑屈な相手に対した時の彼の浮かべる皮肉な微笑も知っていた。馬を駆る時の馬と一体になった動きの美しさも、女を見る時の冷たい眼ざしも、私にはすでに見なれたものであった。
   ・・・
 作家としての私は、この悪の持つ魅力が書きたかったのである。
    「信長の悪魔的な魅力」    2007/11   P255

 最後の第五章は 仕事の周辺 として、もの書きとしてのあれこれ。
 しかし、それでいて、書きはじめた頃から今に至るまでの十五年間、私の頭から、史実とされていることが、はたして、どの程度に史実なのであろうか、という疑いが消えたことはなかった。私は、鴎外とちがって、縛(いましめ)の下にあえぎ苦しんだことはない。なぜなら、縛の手応えを、常に計らざるをえなかったからである。
 いつ、どこで、誰が、何をしたか。
 この四つまでは、歴史上の出来事であろうと現代に起こったことであろうと、真実を知ることは容易であろう。だが、
 いつ、どこで、誰が、なぜどのように、何をしたか。
 と、傍点をつけた二つを加えた時、この二つについて真実を知る作業は、容易であろうか。昨日起こったばかりの事件であってもそうは簡単でないのは、警察の捜査ひとつとってもわかることである。だが、いかに困難な作業であろうと、「なぜ」と「どのように」の二つから逃げるわけにはいかない。
    「鴎外が書き遺さなかったこと」    1984/1   P285

 塩野七生さんの歴史観に、実は鐵太郎は百パーセント同意はできない。鐵太郎はそんなに素直じゃないから。(苦笑)
 しかし、この方の文章は好きです。この方が紡ぎだす歴史絵巻が好きです。
 そして、こんな考えを心に抱いて歴史物語を書きしるそうとしているのなら、これからもずっと追っかけていきたいと思うし、今まで追っかけていた自分に自信が持てます。この人を追っかけて間違いはなかったな、と。
 こんな作家を見つけ出した27年前の自分に、乾杯。(自画自賛かよw)  (2014/7/14)