トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: C011  アガサ・クリスティ Christie, Agatha
 国籍: イギリス 生没年:1890/9/15〜1976/1/12
 イギリス、デヴォン州トーキー生まれの推理作家である。発表された推理小説は世界的なベストセラーとなり、「ミステリの女王(The Queen of Crime)」と呼ばれた。
 フルネームはアガサ・メアリ・クラリッサ・クリスティ(Agatha Mary Clarissa Christie)。
 英国推理作家のクラブであるディテクションクラブの会長(4代目)。
Agatha Christie
管理番号 書  名 メ  モ
C011-008 牧師館の殺人 ミス・マープルの初登場
C011-011 アクロイド殺し 引退したポアロが解いた、ちょっと反則なミステリ
C011-015 オリエント急行の殺人 雪の中の列車内で起きた密室殺人事件を解くポワロ
C011-016 ゴルフ場殺人事件 依頼人の富豪が謎の死を遂げ、ポアロとジロー刑事と捜査合戦
C011-017 カーテン ポアロ最後の事件 エルキュール・ポアロの最後の一幕
C011-018 秘密機関 トミーとタペンスものの第一作
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:C011-008 43 ミステリ近代以前 出版社:早川書房
書名:牧師館の殺人 ミス・マープル ISBN978-4-15-070035-4 C0197
原題:The Murder at the Vicarage (1930) 翻訳者:田村隆一
ハヤカワ文庫HM1-35 ク1-35 早川文庫816 価格:440Yen ページ数:348P 本のサイズ:文庫
初版発行:1978/7/31 第8刷:1984/12/5 購入:1987/1/18 表紙イラスト:真鍋博
牧師館の殺人 私こと、牧師館の主(あるじ)であるレナード・クレメントのぼやきから始まります。
 この牧師とは、英国国教会(Church of England)のものです。カトリックの神父・司祭とは違い、結婚して家庭を持っており、階層社会の英国にあって中流の上の地位の生活をしています。
 レナード・クレメントは、ロンドン近郊の小さな村セント・メアリ・ミードの牧師です。ぼやきたいネタはたくさんあります。メイドのメアリは、料理も家事もまともに出来ない。20歳も年下の妻のグリゼルダは、家の中をとりまとめたりメイドの監督をする気がない。(メイドが仕事ができるようになれば、こんな家を見限って出て行ってしまうはずだから、だとか) 教区では献金の金額が合わないという苦情が出ている。副牧師のホーズは精神衰弱気味で言動がおかしい。
 何よりもの問題は、治安判事のルシアス・プロズロウ大佐という人物。地主で顔役。自己中心で、口やかましく、傲慢。
 ある水曜日の牧師館の昼食の時、誰かがプロズロウ大佐を殺したら、その人は社会に対して多大なる貢献をすることになるだろう、と私がぼやいたときも、予感があった訳じゃありません。日ごろの不満が口に出ただけ。
 まさかそれが事実となるとは誰も思わなかったのですが、次の木曜日にプロズロウ大佐は、牧師館で殺されました。頭をピストルで撃ち抜かれて。犯人はわからない。
 静かな村に起きた大事件です。たちまち騒然となった村。誰が犯人か。なぜ殺されたのか。
 事件に村が混乱しているさなか、プロズロウ大佐の妻アンと不倫関係にあったロレンス・レディングという画家が自首してきます。これで一件落着かと思ったら、今度はアンが自首してきます。なんだこりゃ。

 さて、この本はミス・マープル初登場のミステリです。にこにこ笑いながら何でも見のがさない小柄なオールド・ミスとして登場した彼女、目立たないようですが不思議な存在感があります。嫌う人もいますが、好感を持たれるほうが多いのは人徳か。
 彼女が解き明かしたのは、一見平和な村の底によどむ汚泥でした。

 むかし読んだ記憶があるし、ドラマとかで見ているので、展開はわかっていました。今回はクリスティの描く人間模様に注目して再読。
 細かいところで展開に納得できないところ、突っ込みたくなるところ、つじつまが合わないところが目に付いたのは、長年いろいろ読んだ結果でしょうか。そうはいっても、たとえばホームズの贋作として一時スポットを浴びたさまざまなミステリのように、時代と一時の流行の化粧を取ったらどうにもならないものとは一線を画しています。さすがは、ミステリの女王。この時代の一断面を生き生きと描いています。
 また別なものも読んでみたくなりました。  (09/6/15)
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:C011-011 43 ミステリ近代以前 歴史年表 出版社:早川書房
書名:アクロイド殺し エルキュール・ポワロ ISBN978-4-15-070045-1 C0197
原題:The Murder of Roger Ackroyd (1926) 翻訳者:田村隆一
ハヤカワ文庫HM1-45 ク1-45 早川文庫1598 価格:560Yen ページ数:353P 本のサイズ:文庫
初版発行:1979/2/28 第22刷:1992/2/29 購入:1992/12/2 表紙イラスト:真鍋博
アクロイド殺し 本棚の整理をしていて見つけました。
 考えてみると、クリスティってあまり買っていないなぁ。当時はミステリ以外のものに興味があったせいでしょうか。我ながらちょっと不思議。

 フェラーズ夫人が死んだのは、9月16日から17日にかけての夜 ─ 木曜日だった。私が呼び出されたのは、17日、金曜日の朝。もう手のくだしようがなかった。すでに死語数時間たっていたのだ。
 と語る、「私」ことジェイムズ・シェパード医師の一人称でこのミステリは始まります。9月17日が金曜日になるのは、1909、15、26、37、43、54、65、71年ですが、この本の刊行は1926年6月ですので、1926年が妥当でしょう。刊行時から見ると、ほんのちょっと未来のできごとですね。(笑)
 この物語は、クリスティの長編としては6作目、エルキュール・ポアロものとしては3作目に当たるそうです。ミステリとしての価値もさることながら、サイトなどを見れば必ず書いてある、「アンフェア論争」の火種となったものですので、ネタバレを恐れずまず言っておくべきなのでしょう。
 この物語に出てくる事件の犯人は、ポアロの臨時助手となった語り手なのです、と。
 この情報化社会の中ですから、このネタバレは重大だけど、これを隠してもしかたがない。それを踏まえた上で、じっくり謎解きのしかたや舞台背景、人間模様を楽しむしかないんじゃないでしょうか。

 さて、舞台となるのは、とある小さなキングズ・アボット村。人口はどのくらいだろう。
 のちにミス・マープルの活躍するメアリ・セント・ミード村と同じような、ロンドンから半日程度の距離の村でしょうか。
 静かな田園の村で、農民や商人の夫婦者や、地主やオールド・ミスなどが住んでいます。
 ここで、いささか我が儘者だった地主、ロジャー・アクロイドが短剣で殺されたのです。発見者はシェパード医師と執事のパーカー。部屋は内側から鍵がかかった状態です。見事な、密室殺人事件。
 アクロイドの家族は、まず20年近く前に死んだ妻の連れ子、ラルフ・ペイトン大尉。25歳。義子で、相続人です。それからロジャーのろくでなしの弟の未亡人、セシル・アクロイドとその娘フロラ。
 その他には、ロジャーの秘書、ジェフリー・レイモンド。アクロイド家の権力者、家政婦のミス・ラッセル。執事のパーカー。小間使いのアーシュラ。
 この中で、ラルフが容疑者として警察に追求されます。
 彼と婚約していたフロラは、それを信じることができない。引退した名探偵ポアロ氏に、この事件の捜査を依頼したいと考えたのです。
 ポアロ氏は、シェパード医師の家の隣にある「からまつ荘」という家で悠々自適の生活を送りつつ、カボチャ作りを楽しんでいるふう。
 シェパード医師から見ると、なんともキザで奇妙な、礼儀正しいけれど独りよがりな変わり者に見えますが、一緒に依頼に行って欲しいというフロラの願いによって、気が進まないままにポアロ邸に行くことになります。

 さて、引退して煩わしいことはもう嫌だと言っていたエルキュール・ポアロは、この事件にどのように取り組むのか。

 クリスティの描くミステリを見直すと共に、描写された時代背景のいろいろなどを見て、ちょっと面白い事に気付きました。
 子供の数が少ない。若い人のカップルが少ない。オールドミスが多い。
 土地柄というか、たまたまそういうところだったのかも知れないのですけどね。考えてみるとクリスティの作品では、こういう世界が多いような気がしてきた。考えられるのは、1920年代という時代。第一次大戦で、恐るべき数の若者が死んでいきました。ミス・マープルも、若い頃に戦争による悲恋を体験していましたよね。(不倫でしたけど。)
 ほかの本ではどういう風に描写されているんだろうか。これを含め、背景となる社会についての興味などが出てきました。
 根性曲がりな読者ですねぇ、まったく。 ┐(´ー`)┌

 もう一つ。シェパード医師の姉のキャロラインは、変わったオールドミスです。部屋の中で編み物などをしているだけのはずですが、村の中で起きることを洗いざらいなんでも知っています。好奇心が強く、他人の秘密を根掘り葉掘り聞き出すのが好き。使用人や出入りの商人たちを情報源にしてうわさ話を集め、たちまちのうちに村中に情報を振りまくらしい。
 のちにミス・マープルの原型になったのだそうです。クリスティ本人もそういっているらしい。
 でも、この本から見えるこの老嬢は、ミス・マープルが示す人間の愚かさへの同情や暖かさや、もの静かな人を安心させる容貌などなにもない、自惚れが強く詮索好きで、自分の思いつきを名推理と誇り、毛を吹いて疵を求める不快な人としか思えないのですが。見当違いの断定はかなりありますしね。  (09/6/1)
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:C011-015 43 ミステリ近代以前 出版社:早川書房
書名:オリエント急行の殺人 エルキュール・ポワロ ISBN978-4-15-131008-9 C0197
原題:Murder on the Orient Express (1934) 翻訳者:山本やよい
クリスティ文庫8 早川文庫6856 価格:860Yen ページ数:413P 本のサイズ:文庫
初版発行:2011/4/25 購入:2011/4/23 装画:谷口ジロー 装幀:ハヤカワ・デザイン
オリエント急行の殺人 シリア、アレッポ駅の冬の朝から始まります。駐在するフランス軍内部で起きた事件を解決したエルキュール・ポアロは、のんびりと帰国しようと考え、アレッポ駅からイスタンブールにむかいました。当時はむろんボスポラス大橋はありませんので、ボスポラス海峡はフェリーで渡ります。
 イスタンブールのホテルで、かかっている事件が急展開したのですぐ帰国して欲しいとの電報を見たポアロ、肩をすくめてその場でシンプロン=オリエント急行に予約を取ろうとします。
 ところがなぜか、シーズンオフのはずの冬のオリエント急行なのに、一等寝台が満室です。困惑するポアロは、出会った旧知の国際寝台車会社のブーク氏の計らいでベオグラードまでは二等の一室に入り、それ以後はこれもブーク氏の計らいでカレーまで一等寝台に移る事となりました。ほっと安心する一幕。
 同じ客車に乗り合わせたラチェットという60代のアメリカ人の、護衛をして欲しいという依頼を断ったのち、ベオグラードを出た列車が雪で足止めを食らった列車の中で事件が起きます。このラチェットが真夜中に殺され、死体には10以上のナイフによる傷があったのでした。しかも、その客室は内側から鍵がかけられ、密室状態。
 困惑したブーク氏は、列車長や車掌たちと相談した上で、乗り合わせたエルキュール・ポアロに捜査を依頼したのでした。
 ポアロは、車両の状態から犯人はこの一台の客車の中にいたに違いないと絞り込んだ上で、国籍も経歴も階層も多種多様な乗客を一人一人尋問し、現場を検証し、証拠を集め、ついに事件を再構成します。
 しかしそこでポアロが示したのは、二つの解決法。そして彼は、その判断をブーク氏らにゆだねます。

 世界に名を轟かしたミステリですし、ほぼ同じ構成、同じ解決法で映画化もされた作品ですから、ネタバレしようがしまいがたいしてかわらないでしょう。でもそういう意味では、ネタバレしなくても同じ事。結果まで全てわかっているお話を現代の新訳で読み直して、その伏線の張り方や社会情勢の描写などを楽しむのが今回の読書ですから、そのどんでん返しはどうでもいいよね。

1911-1939頃のオリエント急行・部分 まず、オリエント急行ということで、昔なにも調べずに読んだ時は、なんとなくブダペスト、ウィーンを経由するルートだと思い込んでいたのですが違いましたね。シンプロン=オリエント急行という言葉と、途中で出てくる寝台車に付けられたプレート、
  イスタンブール → トリエステ → カレー
 という言葉で、イタリアを経由する南回りのルートであることがわかります。このルートで、ベオグラードを過ぎた山中で事件が起きるのです。
 両大戦の間のつかの間の平和なこの時代、オリエント急行でイスタンブールからカレーへの旅は、一体いくらぐらいかかったのでしょうか。三日間という短い時間ですが、狭いながらも豪華な調度と豪華な食事を堪能し、東西ヨーロッパの景観を楽しみながらすごす旅はどうだったのでしょうか。
 手近な資料ではいい加減な情報しかなかったので、そこは調べられませんでした。しかし当時このミステリを楽しんだ普通の階層であろう読者にとって、このオリエント急行という言葉は雲の上の別世界をかいま見せてくれたのでしょうね。

 それと、多種多様なヨーロッパの国の人々が出てきてその人物像が描かれますが、これがまた見事なまでにステレタイプ。
 冷静で感情を出さず実務的なイギリス人、金持ちで人なつっこいアメリカ人、陽気でしゃべり出すと止まらないイタリア人、堅苦しく専制君主的な元ロシア貴族、おとなしく堅苦しく控えめなドイツ人。(第二次大戦前のドイツ人とは、こんなイメージだったのかな?)
 イギリスふうの服装をしているが、後ろ姿の頭の形と肩の格好を見ればイギリス人でないことは明らか、という文章に苦笑しました。それだけで国籍を言い当てられたら世話はない。クリスティの狙いもこの苦笑させるところにあるとすれば、まんまとのせられた訳ですが。

 このお話の下敷きになったリンドバーグ事件は1932年に起きたものだそうです。初めて単独大西洋無着陸横断飛行を行ったチャールズ・リンドバーグの息子(当時1歳8ヶ月)が誘拐され、身代金を払ったのに殺された事件です。これはのちにリンドバーグ自身への誹謗中傷にまで発展したりして、世界中で有名になりました。
 このホットなネタを盛り込んだ訳ですが、それだけのシロモノではない。驚かせ、怖がらせ、くすっと笑わせ、スリルに興奮させ、最後にほっとさせてくれる素敵なミステリです。さすが、アガサ・クリスティ。

 一つ気になったのは、この本の中のアーバスノット大佐の軽さなのですが、これは映画でショーン・コネリーが演じた渋い陸軍大佐の映像が頭に残っているからに違いない。ファンですから。(笑)

 今回読んでいて、つじつまの合わない穴を二箇所見つけちゃいましたが、気にしないことにします。(くすくす)  (2011/5/22)
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:C011-016 43 ミステリ近代以前 出版社:早川書房
書名:ゴルフ場殺人事件 エルキュール・ポワロ ISBN978-4-15-131002-7 C0197
原題:Murdes on the Links (1923) 翻訳者:田村義進
クリスティ文庫2 早川文庫6898 価格:840Yen ページ数:384P 本のサイズ:文庫
初版発行:2011/7/15 購入:2011/12/10 装画:安西水丸 装幀:ハヤカワ・デザイン
ゴルフ場殺人事件 ポアロものの一冊です。クリスティの初期の作品なのだそうですが、クリスティには詳しくないのでこの作品だけで判断するしかないな。とはいえ、語り手でポアロの友人のヘイスティングズが恋に落ちる様子は、若さを感じます。なるほど、たしかに初期作品なんだね。

 さて出だし、パリからロンドンに帰るために乗ったカレー急行の中で、わたしヘイスティングズは
 「くそったれ!」
 と窓の外に叫ぶ17歳くらいの娘と出会います。化粧が濃くてけばけばしい唇の色。この娘と話が弾んで別れますが、別れ際に聴いた彼女の名前はシンデレラ。
 この娘が、事件の中で奇妙に関わってきます。

 事件は、ルノーというフランスに住む富豪からポアロに来た捜査依頼から始まります。なにやら急を要するらしい。報酬はいかほどでも、という。
 ヘイスティングズと共にロンドンを発って現地に着きますと、なんとムシュー・ルノーは夜半に殺されたという。驚いたポアロは現場にいた署長に身分を明かし、捜査に参加させてもらいたいと願います。
 パリより派遣されたジロー刑事のライバル視の中で、捜査を始めるポアロ。

 うーむ、正直言って最後の次々起こるどんでん返しは、パズルとしては面白いけどリアルとは言えない気はしますね。無茶いうない、という展開が何度も続きます。でも面白い。やはりクリスティは、言葉で楽しませ、トリックで意表を突く楽しさですね。
 男どものいい加減さと、女たちの必死さの対比がいいです。

 ところで犯罪現場となるゴルフ場ですが、描写がほとんどない。当時の世の中では、ゴルフ場は詳しく説明してみても受けないネタだったのかもしれません。あるいは、当時のクリスティはゴルフに興味がなかったのか。   (2012/1/7)
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:C011-017 43 ミステリ近代以前 出版社:早川書房
書名:カーテン ポアロ最後の事件 エルキュール・ポワロ ISBN978-4-15-131033-1 C0197
原題:Curtain -Poirot's Last Case- (1975) 翻訳者:田口俊樹
クリスティ文庫33 早川文庫6933 価格:860Yen ページ数:384P 本のサイズ:文庫
初版発行:2011/10/15 購入:2012/8/17 装幀:鈴木成一デザイン室
カーテン ポアロ最後の事件 1975年、クリスティーの晩年に発表されたこの作品は、よく知られているように、真の意味でエルキュール・ポアロの最後の事件であるとともに、クリスティーが絶好調だった1940年代初めにすでに書かれていたものとして有名です。
 舞台としたのは、ポアロが初登場した、とともにクリスティーが始めて世に問うたミステリである 「スタイルズ荘の怪事件」 と同じスタイルズ荘です。今回は、あれから何十年も経って古びたホテルとなったという設定です。
 この版のあとがきで、作家の山田正紀さんは、この本の寂寞感、陰影などの暗い印象は、これが (山田氏の独断ですが) 一種の 「戦争小説」 だから、と言う。ふうん。
 しかし、鐵太郎の受けた印象は、戦争より、過剰なまでに強調されたいささか大げさな 「老い」 です。
 これは、人生に追われたまだ若い作家が、その苦難を 「老い」 に置き換えてみた結果じゃないだろうか。真に年を取ったときの 「老い」 の重みは、ちょっと違うんじゃないだろうか。


 語り手となって登場するのは、いつものヘイスティングス大尉。妻を失い、たった一人残された娘ジュディスは成人し、すっかり親離れした様子。その彼を、ポアロはこう迎えます。
 「モナミ・ヘイスティングス!」
 ポアロは頭を後ろに反らせ、小首を傾げて私を見た。
 「ああ、変わっていない ── まっすぐな背中、広い肩幅、白髪 ── まことに立派なものです。わが友よ、いい歳の取り方をしましたね。これでは、ご婦人方(レ・ファム)がまだまだ放っておかないでしょう。ちがいますか?」  (P21)
 いやいや、変わっていませんね、という言葉は歳を取った人への挨拶ですすよ。さらに、いい歳の取り方をしましたね、といったら相手を十分年寄に見えるよといっているようなもの。
 そういうポアロは、関節炎に苦しめられ、車椅子から動けない病人。恰幅のよかった体はすっかり痩せ細り、顔にはいくすじも線が刻まれています。黒々とした頭髪と口ひげが、白髪染めを使っていることをヘイスティングスは知っているだけに、よけいつらい。
 しかし、
 「・・・幸いなことに、殻は朽ちても芯はまだ無傷ですが」
 「まったくそのとおりです。あなたは世界一の心の持ち主だ」
 「心? そうかもしれないが、私は心のことを言ったわけではありません。私が芯と言ったのは、きみ(モン・シェール)、脳のことです。私の脳はまだ立派に働いてくれている」
 少なくとも、彼の脳が謙虚という方向に向かって衰えていないことだけはよく分かった。  (P22)
 ポアロの灰色の脳細胞は、いまだ健在らしい。
 さてこのポアロが今スタイルズ荘にいる理由、そしてここにヘイスティングスを呼んだ理由は、犯罪が起きる可能性あり、とポアロが判断したため。この犯罪は、過去にも行われたらしい。一見犯行した者がはっきりした事故、あるいはやむを得ない状況で犯してしまった悲惨な事件に見えますが、ポアロはその影に、重大で残酷な真犯人が起こした殺人事件を見ていたのでした。
 その犯人、とポアロが断定した人物が、いまこのスタイルズ荘にいるという。そして近いうちにここで殺人事件が起きる、とポアロはヘイスティングスに言い切ります。
 犯人の名は分かっている、しかしヘイスティングスには(あまりに正直な人だから)その名を明かすつもりはない、と言われてがっかり。

 如才なくて観察眼はあるが分析能力はからっきし、、というキャラクターはワトスン役としては最適なんでしょうね、やっぱ。
 ところで、ポアロ譚の最後として、この物語でポアロは死を迎えます。これを唐突と見るか必然と見るかは読者の姿勢次第ですが、探偵ポアロというエキセントリックな人物の幕引きとしては、こう言う舞台しかなかったのかも知れません。
 執拗なまでに繰り返される 「老い」 については、年月を経た老探偵の最後ということによる必然なのでしょうけど、どうも違和感を感じるなぁ。


 さて、現れた真犯人、そしてこの事件の幕引き。どちらもトリックは精緻なのでしょうけど、どうも展開に無理が見られるような基がしました、一つ一つの事件のなかの人物の動き、なんだかぎこちなくないか。
 容疑者を一堂に集めて、快刀乱麻で犯人をあぶり出す場面がないだけに、よけいそう感じるのか。うーん、消化不良。

 別なクリスティを読んでみないと行けないのかな。考え中です。  (2012/8/27)
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:C011-018 43 ミステリ近代以前 出版社:早川書房
書名:秘密機関   ISBN978-4-15-131047-8 C0197
原題:The Secret Adversary (1922) 翻訳者:嵯峨静江
クリスティ文庫47 早川文庫6811 価格:920Yen ページ数:464P 本のサイズ:文庫
初版発行:2011/1/15 購入:2015/10/9 装幀:和田 誠
「秘密機関」 アガサ・クリスティー NHKでドラマとして放映されました。なるほど、こういうふうに映像化されたのか。

 プロローグは第一次世界大戦のさなかの1915年5月7日、ルシタニア号が大西洋上でドイツ帝国のUボートによって沈没するシーンから始まります。ここで、沈没寸前の船の上で、見知らぬ青年に重要な書類を託された18歳ほどの若い女性。

 ここでシーンが変わります。大戦後のロンドンの町で久しぶりに出会った昔なじみの二人、タペンスことミス・プルーデンス・カウリーと、トミーことトーマス・ベレスフォードの二人は、元気とやる気はあるが金がない自分たちはどうすればいいかを話し合います。
 二人の年を合わせても45にならない、という若い二人。なりふりかまわずお金になる仕事をしようと考えた彼らが、なんの気なにしに思いついたのが、冒険的な合弁会社を作ろうというもの。
 会社の名は、ヤング・アドベンチャラーズ。なんとも子供っぽい。(笑)

 二人がその秘密結社めいた会社を作ろうといって別れた直後、タペンスは見知らぬ男に声をかけられます。明日の午前11時に自分の会社に来てもらえば、ある申し出をすると。
 さあ、さっそく始まった。喜ぶ二人。まさか、これが国家機密にまつわる重大な事件になろうとは。
 ジェーン・フィンとは誰か。ブラウン氏とは何者か。

 でも、読み返すとミステリとしてもサスペンスとしてもちょっと甘い気がします。クリスティの語り口の面白さに救われているけど、なんだか読んでいて退屈。むろん、個人の感想ですけどね。

 初あわせとなった二人ですが、しゃかりきのタペンスと慎重だが勘がいいトミーは、この冒険ののちに結婚し、さらにコンビ探偵として活躍することになります。エルキュール・ポワロやミス・マープルに比べて人気では負けるけれど、根強いファンがいたシリーズだったのだそうな。
 そうそう、これを買って蔵書ファイルに記入したら、なんと1993年に同じハヤカワ文庫でこの本を購入していたことがわかりました。
 しかし買った記憶もなく、読んでみても前に読んだ覚えがない。まるっきり忘れていると言うことは、鐵太郎には前回も興味を引かれない本だったと言うことですね。
 これに対し 「そして誰もいなくなった」 などは、1976年に買った記録があるのですが、いまだに読んだことを覚えています。
 まぁ、こんなこともあるか。(笑)  (2015/12/27)