トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: T008 豊田 穣 とよだ・じょう
国籍: 日本 生没年:1920/03/14〜1994/01/30
 小説家・作家、元海軍軍人(最終階級は海軍中尉)。本名は、字は同じだが「とよだ みのる」と読むとのこと。
 旧満州生まれ。岐阜県で育ち、1937年(昭和12年)4月、海軍兵学校に入校。
 1940年(昭和15年)8月、同校を卒業。海兵68期。
 翌年第36期飛行学生として航空隊への道を進み、1942年6月に卒業。体格と特性から、戦闘機ではなく艦爆(艦上爆撃機)操縦員となる。
 1943年4月、ソロモン方面で撃墜され、米軍の捕虜となってそのまま終戦。
 戦後、新聞記者を経て作家となる。1971年、「長良川」で第64回直木賞受賞。
豊田 穣
管理番号 書名 備考
T008-003 炎の提督 ─ホレイシオ・ネルソン─ ネルソン提督伝
T008-005 撃墜 海軍航空兵の戦いと死
T008-006 出撃 空で戦った海の男たち

  Ver. 2.17 
管理番号:T008-003 51 伝記・一代記 歴史年表 出版社: 毎日新聞社
書名:炎の提督  ─ホレイシオ・ネルソン─   発行 1979年
  価格:\980 ページ数:238P 装丁:46ハードカバー
装幀:加藤孝雄
初版発行:75/5/30 購入:79/11/23  
 旧日本海軍は、その創設にあたって英国海軍を範としました。
 戦後の海上自衛隊は、旧海軍の匂いを残しつつアメリカ海軍の伝統とシステムを導入しましたが、これはのちの時代のこと。

 瀬戸内海の江田島にある、日本海軍兵学校の教育参考館には、日本海軍の輝かしい歴史の象徴である東郷平八郎提督の遺髪と、英国海軍の象徴であるホレイシオ・ネルソン提督の遺髪が納められていたそうです。
 現代の海上自衛隊でも、同じようにこれを大切に所蔵しているとのことですが、これは確認できませんでした。
 06年1月に、さる方々に誘われて広島に行く機会がありました。そのおりに、江田島の記念館に行きましたところ、間違いなくあるそうです。しかし残念ながら見ることはできませんでした。案内の方によって違うらしいのですが、その辺はわかりません。(06年3月追記)

 かくして、日本海軍軍人、特に士官以上はにとって、英国海軍は日本海軍の師匠であり、その象徴たるネルソン提督は、東郷提督とは別の次元ながら同じように深い尊敬の対象であったのでした。

 旧帝国海軍軍人であり、艦上爆撃機の士官操縦士であった豊田穣氏は、愛惜と尊敬と、独自の解釈とを持って、英国海軍の象徴たるネルソン提督の一代記を書き上げました。

 ぼくがこの本のことを知ったのは、ぼくが紅顔の美少年、、、いやさ、高校生だった頃、今はなきさるSFファンクラブの主催者の方(舞鶴におられましたね)と電話で話していた時のこと。なかなか面白いから読んでみては、と言われましたっけ。
 (母上どの、高い電話代ごめんなさい m(_ _)m )

 それから数年後に、多少の知識を得てから買いました。危なかったなぁ。
 といいますのは... 何も知らないときに買っていたら、あとでその知識を正すのが大変だったろうなァという本だから。
 内容は、ネルソン提督本人の評伝、年表的な事実の列挙としてはほぼ間違いないものです。
 丁寧に調べています。
 しかし、ネルソンを取り巻く英国海軍の歴史、戦略、戦術、生活、感情、恋模様などについて、これでもかと言うほど
          、、、、間違っています。 (;゜〇゜)

 ─ 准士官室は艦長室のある上甲板の下の中甲板にあった。サイモン(レーゾナブル号の三等兵曹? 操帆係?)の案内で准士官室に入ったネルソン(12歳、新任の候補生)は、室長のチーフ・ペティ・オフィサーのウッドに引き合わされた。 ・・・ 准士官室では古参の准士官は二段ベッドに寝るが、新米の少尉候補生はハンモックであった。そして、不思議なことに、海軍の制度では、少尉候補生は、少尉の下、兵曹長の上という特殊な階級を持っているのであった。 ・・・
 「候補生、しっかり勉強して早く士官室に入りなせえ。向こうは、スープの前にオードブルが出るし、メーンディッシュもローストビーフや、スモークドサーモンが出やすぜ。食後のデザートも南米から送られたバナナが出るという話ですぜ」
 ウッド兵曹長はそんな話をして、少尉候補生を激励? してくれた。 ─

 ─ コリングウッドの射撃ぶりをみたネルソン
(当時キャプテン号艦長。キャプテン号には提督は座乗していない)は、砲術参謀メンドーサ(だれ、これ?)の方を向いて怒号した。
 「急げ! 砲撃始め!」
 メンドーサは砲術長ヤードリーの方に向かって顎をしゃくった。ヤードリーは大声で叫んだ。
 「撃ち方始め!」
 砲手は手にした松明(たいまつ)を即刻砲尾の火栓に移した。 ─

 ─ 戦艦シーホースの艦長は新婚の妻を艦内に伴っていたというのである。いかに新婚とはいえ、妻を同伴して海戦にのぞむとは、英国海軍にも風変わりな人物がいたものである。 ・・・ かつての日本海軍としてはとても考えられないことである。 ─

 まあ、情報の少ない昔のことですから。

 これは、帆走時代の英国海軍はこうであった、というより、その弟子である我々がこうなんだから、かくあったに違いない、という思いこみで書かれているのだと思います。そう考えないと納得しようがない。
 それにしても、こういうふうに自分の額縁で相手を見ていることに、本当に気づかなかったんだろうか?

 他山の石、ですね。
 豊田さんの戦記小説は、高く評価したいものもあります。最初の紹介がこれというのは、ちょっと申し訳ないかなぁ。 (05/3/26)

ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:T008-005 21 戦争・戦記小説 歴史年表 出版社:集英社
書名:撃墜 太平洋航空戦記 ISBなし
集英社文庫 78A 価格:280Yen ページ数:344P 本のサイズ:文庫
初版発行:78/8/30 第7刷:80/4/30 購入:1980/6/28 表紙イラスト:生頼範義
撃墜 作家、豊田穣氏は軍事関係のフィクション、ノンフィクションで有名な作家です。まぁその他のものもいろいろ書いていますが、鐵太郎の認識としては戦記ものの方がメイン。
 前大戦に参加しています。それも、海軍兵学校卒業の正規士官として。しかも、死亡率の高い飛行機の操縦士としてです。
 戦闘機パイロットと書いている資料もありましたが、氏は戦闘機ではなく艦上爆撃機の操縦員です。戦闘機の方が華々しく思えますが、実は敵艦隊に襲いかかる攻撃部隊は、艦上爆撃機が先頭です。
 戦争中、ソロモン方面で撃墜され、アメリカ軍の捕虜として終戦を迎えました。それによって命を長らえたのだとすれば、是とすべきか。
 その経歴を生かした海軍航空隊の描写には定評があります。実際に空中で敵機と空中戦を行い、引き金を引いた作家は、凡百のシッタカ作家の追従を許さない。
 この本は、在りし日の若鷲たちを描いた短編集です。実在の事件・人物をモデルにしていますが、仮名を使ったりしていますし、基本的にフィクションです。

  空の剣
 ニューブリテン島、ラバウル。ミッドウェー海戦で左手の指が親指を残して癒着する負傷をおった仲谷上等飛行兵曹(上飛曹)が主人公。
 左手というのは、戦闘機パイロットにとってスロットルを操作し、20ミリ機銃のレバーを操作するもの。彼は必死の努力で負傷を克服しました。支那戦線で、剛胆の岸村、細心の岩堀、緻密の仲谷を呼ばれた三羽烏の中で、生き延びたのは彼だけ。どのように戦い抜いたのか。
 所属する20戦闘飛行隊とは、フィクションです。日本海軍では、200番代の飛行隊は戦闘飛行隊でしたが、201から205、そして210、221と言うナンバーが記録にあるだけ。
 この彼の、戦友たちの死、慰安所での出会い、「五つ星」と名付けた敵機グラマンを駆るエースパイロットとの戦いを描いたのがこの小編。
 筆者得意の生き生きした空中戦の場面が展開しますが、一箇所、
 グラマンの火力でこわいのは、エンジンのプロペラシャフトに装備された十三ミリである(P24) 
 の所はいただけませんな。プロペラシャフトの中に機関銃を仕込むいわゆる「モーターカノン」は、零戦を含めF4F、F6Fなどの空冷星形エンジンでは構造上搭載できませんし、日本とアメリカではWW2中にそのような飛行機はありません。13ミリ機銃は主翼に装備されています。

  飛竜攻撃隊長の愛と死
 ミッドウェー海戦で戦死した航空母艦「飛龍」の飛行隊長、友永丈市(1911/1/9-1942/6/5)海軍大尉が愛した芸者とその遺児がテーマ。
 珍しく実名の海軍士官が登場しますが、お話はそのあとの顛末。豊田さん、この本で空母の名前を「飛竜」としますが、「飛龍」が正しい。
 友永大尉は、ミッドウェーの二回目の出撃の際、片翼の燃料タンクに穴が空いたままの97艦攻(97式艦上攻撃機)で出撃し、そのままアメリカ空母に体当たりしたとされています。その彼に芸者に生ませた男の子がいたらしい。

  ワレ本日二機撃墜
 南国で小料理店を開く高杉義三という男に、作家となった正木が話を聞くという筋立てで、高杉もと海軍中尉の昔語りが始まります。
 兵隊から昇進していき、九六艦戦、零戦、紫電改、雷電などを乗り継いで撃墜王となり、大戦を生き抜いた男。戦争が進み、戦友たちが次々と消えていく中で、彼が生き残った訳は、そのずば抜けた操縦技術と共に、一日に二機の敵機を撃墜した後は空戦空域の上で味方機の援護に徹すること。
 撃墜王であった赤松貞明という兵隊上がりの海軍中尉がモデルと言います。

  若桜最後の撃墜王
 かつて予科練の分隊長兼教官であった浮田信家元海軍大佐と、予科練第一期生の数人が集まっての昔語り。昭和47年といいますから、昭和5年で横須賀航空隊の門をくぐった少年たちも、もう60近く。
 思い出は、予科練から育って斜め銃で一世を風靡した撃墜王、遠藤幸男のこと。海軍大尉として夜戦・月光を駆り、昭和20年1月にB29迎撃に向かって戦死しました。

  艦爆・染谷サーカス
 筆者が空母・飛鷹乗り組みの海軍中尉として昭和18年に鹿児島・鴨池の海軍航空隊にいた時、挨拶に来たのが染谷岩夫飛行兵曹。
 「降爆の秘訣はなにか」 と聞かれて、木訥に 「教えられたとおりやることです。それに、迷わないことですね」 と平凡な答を返す名人。
 鈍重な艦上爆撃機でグラマン戦闘機を撃墜してのけた飛行機の達人の飛行術は、艦爆サーカス、染谷サーカスと呼ばれたそうな。

  飛行機と口紅
 ラバウルからガダルカナルに飛んで空中戦をする零戦パイロットの中に生まれた伝説。ロッキードP38のパイロットの中に、手練れの女のパイロットがいるらしい。空戦が一段落付いたときカノピイ(風防)を開き、飛行眼鏡を額の上に上げてディートリッヒのような眉と真っ赤な唇を見せて手をふったという。この「女」を生け捕りにしてやろうと企むラバウルの面々。
 ちょっと笑っちゃうお話です。ああ、お話として楽しんで書いたのでしょうが、荒唐無稽すぎてね。

  神雷部隊始末記
 桜花、というのはロケット付きグライダー。先頭に1.2トンの爆弾を装備し、敵機に追われれば9秒だけ動作するロケットをふかして、敵艦に激突して自爆することがその任務。
 この自殺兵器を、わずかな護衛機を連れて、鈍重で防御力も低い一式陸攻で運び、警戒厳重なアメリカ機動艦隊にぶつける。
 わずかでも戦果が挙がると、本気で上層部は考えていたのか。
 「非理法権天」の旗を振りかざす野中少佐。こんなもので可愛い部下を無駄死にさせるなどできん、陸攻18機で出撃するのだから、最低護衛機は80機よこせと怒鳴る。しかし出撃の時にいた零戦は30数機。
 史実の神雷部隊出撃を、名前を少し変えてなぞっています。

  海軍衛兵司令日記
 衛兵司令とは、ある程度の規模以上の司令部の風紀を守る取り締まり責任者のこと。要するに、隊内の警察です。
 初級士官が任じられ、老練な下士官の補佐のもとで、治安の維持に当たる。先任衛兵伍長っていう役職が英国海軍にありましたな。
 K航空隊の新任の予備学生である大竹少尉は、ある日航空隊司令に呼び出され、明日から本航空隊が出撃するまで衛兵司令を命じられました。半数以上がミッドウェーの生き残りであるこの隊では、隊員の気分は荒れているので要注意なのだそうな。
 若い士官の奮闘記です。

 昔、楽しんで読んだこともありました。今読み返すと、たしかに面白いんだけど細かいいろいろが気になってきます。
 何度も繰り返される、インメルマンターン、スローロール、ひねり込み。巴戦にばかりこだわる空中戦。下士官兵の搭乗員も扱いますがどうも士官目線な描写。その他。
 ほかの本もあるけど、ちょっと時間をおいてからにしようかな。  (2011/10/14)
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:T008-006 21 戦争・戦記小説 歴史年表 出版社:集英社
書名:出撃 海軍航空隊決戦機 ISBNなし
集英社文庫 78C 価格:300Yen ページ数:368P 本のサイズ:文庫
初版発行:79/8/25 第3刷:80/4/30 購入:80/7/20 カバー:生頼範義
「出撃」 豊田 穣 これも、豊田さんが描く、空で戦った海の男たちの物語。
 表紙絵は三菱重工の「雷電」。大出力のエンジンを胴体の真ん中に据えて、駆動軸を伸ばして前後を絞った独特の設計による、高機動局地戦闘機(迎撃機)。
 言ってみれば、ドムのような戦闘機ですな。パワーはあるが航続距離は短く格闘戦は苦手。(しかも国籍マークはなぜかでかいw)


  本土防空戦
 厚木302空、第三〇二海軍航空隊のお話です。これは、終戦まで小園安名中佐のち大佐の指揮下にあり、関東の空を守るために1945年3月1日に設置された部隊です。来寇するB-29に立ち向かい、曲がりなりにも戦果を上げたこの部隊ですが、その間の苦闘も。 
 小園司令の侠気(おとこぎ)で343空の源田司令に紫電改を譲り渡したことをぼやく士官の姿、B-29だけでなく陸軍戦闘機のP-51に対抗するために必死の努力をする搭乗員の姿、リアルですねぇ。
 最後まで戦い抜いた士官が、終戦ののちこんな場面を迎えます。
 八月二十一日の午後である。人気のない飛行場で寺村大尉が泣いていた。
 「どうしたんだ、寺さん」
 「隊長、飛行機が谷間につき落とされている。私の雷電も、隊長の零戦もです」  (P35)

  紫電改戦闘機隊
 四国松山の343空、かの有名な紫電改を主兵装とした航空部隊のお話。主として視点は、菅野直海軍大尉。343空の三人の戦闘機中隊長の一人。この生一本で直情的な空の天才を中心に、343空の苦闘を描きます。
 他の二人の中隊長、菅野より二年先任の林大尉と最先任の鴛淵大尉、この三人の指揮官による獅子奮迅の戦い、そして櫛の歯が抜けるように次々と去って行った搭乗員たちと、指揮官たち。
 「ワレ空中分解ス、諸君ノ協力ヲ感謝ス、コチラカンノ一番」  (P76)
 「カンノ一番」という無電の呼び出し符合は、アメリカ軍パイロットにとっては恐怖と敬意の的であったとか。

  ラバウル最後の爆撃機
 この本唯一の、ちょっとコミカルな一作。
 オーストラリアの北東の太平洋上にあるソロモン諸島、ニューブリテン島の北東端に、通称ラバウル航空隊が基地を構えていました。二千機の実働機数を誇り、十万の将兵が所属していたこの基地も、アメリカ軍の攻勢が進み西部太平洋にその進攻先が移ると、取り残されて遊軍化すると共に基地自体が有名無実化し、昭和19年6月になるといつの間にか可動機数ゼロとなってしまいました。
 ここで腐っていたわずかな将兵たちが、一機の大破した彗星艦爆をなんとか修復してビスマルク海のむこうのマヌス島に在泊するアメリカ軍艦戦に最後の攻撃を試用と企みます。はたしてうまくいくのか。
 慰安婦の女たちのささやかな願いと慰安所でのズッタンバッタンを経て、作戦は着々と進行。はたしてその結幕は。

宇垣纏海軍中将  宇垣司令長官突入す
 宇垣司令長官とは、開戦時に連合艦隊司令長官山本五十六海軍大将の参謀長を務めた宇垣纏海軍中将のこと。終戦時、1945年2月に編成された海軍第五航空艦隊司令長官。
 作者の豊田さんは昭和46年の秋、特攻隊の遺書をLPレコードに吹き込む仕事をしていたのですが、戦死した同年配の将兵に加えて、終戦の日に沖縄に突入した宇垣中将と、その翌日自決した大西中将の遺書も朗読することになったのだそうな。重い気持ちでそれを読む豊田さんは、宇垣纏という人物のことを描いていきます。
 暴れん坊だった少年時代。貧しいながらも勉学と日記・記録を書き綴ることに打ちこんだ中学時代。海軍兵学校の反骨漢。バリバリの大艦巨砲主義者だった秀才官僚。航空第一主義を唱える連合艦隊司令長官を補佐する有能な参謀長。黄金仮面の異名を取る傲岸な振る舞いの、剛毅果断の人。心の中の思いを誰にも漏らさず、「戦藻録」という貴重な記録で心情と歴史を残した韜晦の人。九州地方を防衛する艦隊司令長官として多くの若者を死に追いやり、その責任を取って終戦の日に最後の特攻部隊を率いて沖縄に突入し、還らなかった情と責任感の人。
 「君らだけは死なせん。あとで俺も追う」 といって若者を特攻に追いやった将官たちの中で、実際に特攻に飛び立ったものはわずか。宇垣纏はそのわずかな例外の一人。しかし、一人で死んだのではなく、22名の若い搭乗員たちと共に飛んだことが、のちに批判されます。豊田さんはどうこれを描いたのか。
 ちなみに鐵太郎は、あの時代、あの情勢の中で宇垣中将の判断と行動は正しく、彼がああしなければ海軍は収まらなかったという豊田さんの見解に全面的に賛成すると共に、他に22名が一緒に死んだことについて、現代ならばなんとでも批判できるが、あの時代ならばやむを得なかった、と考えています。あくまで個人としての意見ですが。

  厚木航空隊の反乱
 終戦の日、関東の空の守りを担当する厚木航空隊司令の小園安名(こぞの・やすな)海軍大佐は、天皇による玉音放送を受けた終戦・降伏命令を拒否します。この経緯にはいろいろあり、小園さんの言い分も理解できる。
 しかし豊田さんの視点は、やや冷ややかな気がします。
 そして鐵太郎も、この小園安名という神がかった傲慢自儘な自分の正義だけを信じる男が好きになれません。
 そもそもこの手の正義というものを振り回すヤツがいるから、戦争はいつまでたってもなくならないと思うし。
 ただね、この戦争を戦い抜いた将兵の一人としてとして、彼の名前もその人物のことも、一方的に否定せずに受け入れたいものです。そんな時代だったのですから。

 豊田さんの視点は、今読み直しても現場の人らしくヴィヴィッド。その体験をしるしたこの記録は、その視点が一方的に見えるとしても、それはそれでひとつの見方です。こう言う貴重な作家が、今はもうほとんど残っていない。時の流れですね。 (2014/5/22)