トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: K073 ジョン・ケリー Kelly, John
 国籍: アメリカ合衆国 生没年:?
 
ジョン・ケリー
管理番号 書  名 メ  モ
K073-001 黒死病 中世のヨーロッパの暗黒史
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:K073-001 54 歴史点描 歴史年表 出版社:中央公論新社
書名:黒死病 ペストの中世史 ISBN978-4-12-003988-1 C0022
原題:The Great Mortality (2005) 翻訳者:野中邦子
  価格:3200Yen ページ数:409P 本のサイズ:135×195HC
初版発行:2008/11/10 購入:2009/4/1 表紙:ニコラ・プッサン「アシドドのペスト」(ルーヴル美術館)
黒死病 見開きのページの地図に、唖然とします。
 14世紀半ば、ヨーロッパを襲った黒い死、黒死病の伝搬経路を描いたもので、伝えられてきた有力な説と、それを補完する考えうる経路を図示しています。
 モンゴル、イシク湖より伝わったと考えられる疫病が、黒海・エーゲ海を通り、一つは沿岸を南下してエジプトに行き、一つはペロポネソス半島を回ってアドリア海からシチリアのメッシーナを経てピサ、ジェノヴァ、マルセイユなどから上陸してヨーロッパに入ります。数年後には、ほぼ全ヨーロッパがこれに埋め尽くされるのです。例外は、わずかな地方だけ。この恐るべきパンデミック(世界的な流行病)に関して、実にさまざまな視点で描いたのがこの本です。

 作家の執筆意図としては、HIVに関する著作を書き上げたあと、その後に注目したさまざまな疫病、エボラ熱、マールブルグ病、ハンタウィルス肺症候群、SRS、鳥インフルエンザなどがもたらす危険を描くことだったのだそうな。ところが気づくと、テーマはいつのまにか黒死病に収斂していたらしい。疫病の歴史をたぐっていくと、この中世の文明社会を危うく壊滅に追いこむところであった疫病こそが、さまざまな意味でもっとも注目すべきものであったのでしょう。

 19世紀後半のロシアの考古学者クヴォルソンは、キルギスの地域に、1338年及び1339年という没年を刻んだ墓石が異常に多い事を発見したそうです。ペスト(plague)という文字がある墓碑銘もあったとか。
 1347年、クリミア半島のカッファにタタール軍がせまった時、町を守るジェノヴァ人は異教徒がペストの猛威に晒された事に快哉を叫びます。しかし、タタール軍が病死した死体を投石機に載せて城内に打ち込むと、腐敗の進んだ死体は空気を汚し、飲み水を汚染し、町にペストが蔓延したのだそうな。この伝説を元に、タタール人ジャニベクこそが細菌戦の創始者と言われたのだそうですが、真偽のほどは定かでないそうです。ところで、これがずっと歴史家によって語り継がれていたとすると、アレクサンダー大王が疫病で死んだ死体を城内に打ち込んだとどこかに書いたトム・クランシーは、何をもとにアレクサンダーが世界最初の細菌戦の創始者だというのでしょうか?

 ペストの原因、そしてなにがペストを伝播させたか、から語り起こされます。
 ペストとは、わずか1500年から2万年前ぐらいの、非常に新しい細菌なのだそうな。その遺伝子構造には、無理な不規則性も見られ、偶然の産物であった可能性もあるとか。他の病原菌と異なって、特別な酵素により生物の抗体をかわす技術を身につけたことが、ペスト菌に恐るべき伝染力・致死性を与えたそうな。
 ペストを媒介する蚤は31種類あり、この中のヒトノミが人類に害を与えたという説が有力だそうですが、異論もあるそうです。

 ペストは、怪物とされたこともあります。神の罰とも言われました。罪を着せられて無慈悲な拷問の末に処刑されたテンプル騎士団の呪いとも言われます。むろん、ユダヤ人の呪いとされて虐殺の引き金にもなりました。
 新しい歴史と、新しい医学と、新しい国家の誕生も促しました。
 何が原因にせよ、どう説明されたにしろ、誰のせいにされたにしろ、1347年の秋に罹病したジェノヴァ人がシチリアに上陸してから、ペストが凍結したバルト海を渡ってロシアに到達するまでの約1500日の間に、ヨーロッパの歴史はこの疫病によって変わりました。
 ペスト菌が「死の円」を描ききるのに要した三年半のあいだに、ペストの影響を受けなかったヨーロッパ人は一人もいなかった。三分の一が犠牲になり、残る三分の二が悲嘆と涙に暮れた。
 以下の章で語られるのは、そのような史上最大の惨事をめぐる物語である。
 そしてその物語が終わったあと、約11年後の1361年、ヨーロッパは再び震撼します。
 「ペスティス・セクンダ(二度目のペスト)」と呼ばれる、疫病の再発が起きます。
 人の少ないノルマンディーでさえ、人口の20パーセントというすさまじい致死率が駆け抜けたのでした。
 イングランドでは、地主階級でさえ25パーセントを超える人々が死んだと言います。

 この第二のペストは、最初のペストと違って弱いものを特にターゲットにしました。「子供たちのペスト」と呼ばれた所以です。
 最初の黒死病のあとに生まれた子供たちは、一時的な免疫が出来る前にその猛威に屈したのだという。

 そしてそれ以後も、ペストは何度も西欧を襲います。1369年の「ペスティス・テルティア(三度目のペスト)」、そしてそれから。
 1347年の最初の被害から1450年までの一世紀の間、ヨーロッパの人口は少なく見積もって30から40パーセント、多くて60から75パーセントを失ったのだとか。
 この結果、社会は不思議な変化を始めます。
 兵士、職人、農民、召使いなどの労働者の賃金と価値が否応なく高くなり、富裕層が没落し、固定化された最低の階層の人々が這い上がるチャンスを得たのです。労働力不足は耕地の衰退を招くと共に、科学、医学、技術の発展も促します。戦いでは、農民を徴発した軍隊ではなく訓練を積み価格の高い装備を持った傭兵隊が戦場を支配します。
 世界は、この惨劇によって新しい門を開いたのです、良きにつけ、悪しきにつけ。

 日本の歴史にはなぜか縁のないこの疫病の歴史は、日本人としてはどう受けとめたらいいのでしょうか。鐵太郎は、これを単なる中世の歴史の一コマとしてイメージしていましたが、西欧人にとってこの事件は全く別な意味になっていたのでしょうね。
 現在日本にも新型インフルエンザが蔓延し始めています。しかしこれを「パンデミック」と呼ぶのなら、まず死亡者数が4桁を越えてから言うべきではないのかな。少数が死ぬのはニュースではない、という言うつもりはないけれど、現代文明人の考える「パンデミック」とは、どのようなイメージなのでしょう。
 人類は過去にこんな歴史もくぐったのです。それを乗り越えて新しい歴史が刻まれたのです。
 この程度でオタオタすんない、と言いたいな、鐵太郎はね。   (09/9/2)