トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: P042 アン・ペリー Perry, Anne
国籍: イギリス 生没年:1938/10/28~
 ロンドンで高名な天文学者で、リヴァプール大学教授、王立グリニッジ天文台副所長、海軍作戦分析官、空軍科学顧問官などの要職を歴任したヘンリー・レインズフォード・ヒューム博士(1908年8月9日 - 1991年1月8日)の娘として生まれた。
 1948年、父ヘンリーがクライストチャーチのカンタベリー大学学長に就任したのを機に、一家揃ってニュージーランドへ移住。少女時代の名は、ジュリエット・マリオン・ヒューム。
 1954年、親友ポーリーン・イヴォンヌ・パーカーと殺人事件を引き起こす。事件後、すぐに逮捕されたが数年で仮釈放されてイギリスに帰国し、転職を繰り返した後、歴史小説を執筆しはじめる。しかし、認めてもらえず推理小説に転身し数々の賞を受賞する。
 二つの人気ミステリシリーズによってイギリス、アメリカで300万部以上売れたベストセラー作家になった。
アン・ペリー
管理番号 書  名 メ  モ
P042-001・002 護りと裏切り (上・下) とある上流家庭で起きた殺人事件の謎
P042-003・004 偽証裁判(上・下) 殺人の容疑をかけられた看護婦ヘスター
P042-005 娼婦殺し 無残な姿で殺された娼婦の謎
P042-006 十六歳の闇
P042-007 フランス革命夜話 1792年のパリで起きた小さな物語
ページのトップへ   Ver. 3.00 
管理番号:P042-001・002 43 ミステリ近代以前 歴史年表 出版社:東京創元社
書名:護りと裏切り (上)   ISBN978-4-488-29503-5 C0197
原題:Defend and Betray (1992) 翻訳者:吉澤康子
創元推理文庫Mヘ6-3 295-03 価格:960Yen ページ数:384P 本のサイズ:文庫
初版発行:2013/1/31 購入:2013/2/13 カバーイラスト: 浅野勝美
カバーデザイン: 勝田和子
書名:護りと裏切り (下)   ISBN978-4-488-29504-2 C0197
原題:Defend and Betray (1992) 翻訳者:吉澤康子
創元推理文庫Mヘ6-4 295-04 価格:960Yen ページ数:384P 本のサイズ:文庫
初版発行:2013/1/31 購入:2013/2/13 カバーイラスト: 浅野勝美
カバーデザイン: 勝田和子
「護りと裏切り (下)」 アン・ペリー「護りと裏切り (上)」 アン・ペリー 読み始めてしばらくして違和感を感じ、あとがきを読んでみたら、この本はシリーズの途中らしい。なんだ、料理侍と同じパターンじゃないか。(爆) ま、面白ければいいんだけどね。

 時はヴィクトリア時代。今、英米ではこの時代を舞台にしたお話が流行っているようです。日本の江戸時代と同じく、(体験していないにもかかわらず)彼らの琴線に触れる懐かしいものがあるのでしょうか。
 そして江戸時代が実は200年以上の長期にわたっていたと同じように、ヴィクトリア時代も長い。その治世は1837年から1901年にまで、英国国王在位期間として最長の63年にも及びます。
 ちなみに、現女王であるエリザベス二世があと3年在位すれば、かろうじてそれを追い越します。しかし、充分に長い。
 1857年4月21日から始まるこの物語の時代は、どのようなものだったのでしょうか。

 主人公ヘスター・ラターリィは看護婦。かつてクリミア戦争(1853~1856)で戦場に行き、かのフローレンス・ナイティンゲール女史の元で仕事をしたこともあるのですが、この時代のこととて看護婦と言っても仕事がそうそうあるわけではない。紆余曲折を経てティップレディ少佐という負傷した退役士官の世話で、とりあえず生計を立てています。
 頭が良く当世の女性に珍しい理性的な判断ができる彼女ですが、無能な人に対していささか短気なところが欠点か。

 彼女には、イーディス・ソーベルという二年前に夫を失った未亡人である友人がいます。この女性が、家を出て働きたいという愚痴話を持ってきたことが、事件の発端。名家である実家のカーライアン家に身を寄せているのですが、夫の財産がほとんどないまま住んでいるので、自由もなにもなく悶々としているらしい。
 このイーディスから、家の中のいやなニュースを聞きます。彼女の15歳年上の兄サディアス、カーライアン元陸軍大将が昨夜死んだのだそうな。しかも、
 「まあ! なんてひどい。お気の毒だわ。いったいどうしてそんなことに?」
 イーディスは眉をしかめて、おもむろに語り始めた。「階段から落ちたの。もっと正確に言うと、踊り場の手すり越しに甲冑(かっちゅう)の置物の上に落ちたの。それで、甲冑の手にあった矛槍(ほこやり)が兄の胸を貫いたらしくて・・・」  (P15)
 という不気味な死に方だったらしい。
 このサディアスという兄は、イーディスの年からして48歳ぐらいとのこと。するとこの年で陸軍大将ということになる。よほど赫々たる功績をいくつも積み上げたのか、よほど軍や政界に顔が利いたのか。父親のカーライアン大佐の押し、名家の財産という後ろ盾はあったようですが。
 一つ考えられる解釈としては、「GENERAL」という言葉は、海軍の「ADMIRAL」と同じく、頭に「FULL」がつかない限りは「将軍・提督」としての呼称と「大将」としての階級の区別がつかないのです。
 つまり、翻訳のミスという可能性がある。よくわかりませんけどね。

 夫を亡くした未亡人のアレクサンドラに会いに来てほしい、という誘いと、イーディスの職探しの返事が欲しいというお願いに従って、数日後にカーライアン家を訪問した彼女は、そこで驚くべきことを聞かされます。
 サディアス・カーライアン将軍は事故で死んだのではない、誰かに殺されたのだという。しかも、犯人はあきらかに、間違いなく、そのとき私的な晩餐会で家にいた人々の中にいるはずだ、ということ。
 そしてなんと、未亡人であるアレクサンドラが、自分が犯人だと名乗り出たのです。

 事の流れで、刑事事件を担当する名高い法廷弁護士オリヴァー・ラズボーンを紹介することとなったヘスターは、ラズボーンが捜査のために雇った探偵ウィリアム・モンクと共に、事件の解明に参加する事となってしまいました。その訳には、
 「アレクサンドラは有罪かもしれません」 笑顔を向けずにヘスターは言った。 「ですが、この件で気になるのは、カーライアン将軍の妹であるイーディス・ソーベルが、絶対にアレクサンドラの仕業ではないと強く感じている点なのです。イーディスは、アレクサンドラが娘のサベラ・ポールをかばって自首したのに違いないと固く信じています。サベラは精神的にとても不安定で、父親を憎んでいるそうですから」  (P77-78)
 という事もあるらしい。
 ウィリアム・モンクとは、元警官。かつて事故のために記憶をなくし、かつていささか傲慢なところもある有能な刑事だったのに、結局警察をやめざるを得なかったという前歴があり、ヘスターとも知り合いでした。

 捜査が始まると、アレクサンドラの有罪は間違いないとしか思えない状況です。しかも、牢にいるアレクサンドラは、一切の自己弁護をしない。最初に言った、夫の浮気を責めているうちにかっとなって突き落とし、階下に横たわる夫に矛槍を突き刺したという自分の主張を翻す気はない。それを覆す材料も見つからない。

 しかしやがて発見された、驚くべき、戦慄すべき真実。
 「──こんな事は言うべきではないのですが、わたしがあなたの立場だったら、同じことをしたと思います」  (P113)

 はたして、真の犯人は誰か。それをどうやって証明するのか。どうやって陪審員に納得させられるのか。
 そう、陪審員。彼ら、「良識あり社会的地位もある男たち」に、どのようにして理解させ、共感を得させるのか。

 上巻で、多少もたつく(と鐵太郎が勝手に思った)ところはありましたが、下巻P116から始まる法廷シーンは、まさに圧巻。
 そして、
 「陪審は納得のいく評決に達しましたか?」 判事が聞いた。
 「はい、達しました」 陪審員長が返事をした。その声には粛とした響きがあった。
 「全員一致で評決したものですか?」
 「そうです、裁判長閣下」
 「では、どのような評決に達しましたか?」  (P374)

 判決で、彼らはどんな結果を得たのか。見事な時代ミステリです、これ。  (2013/7/21) 
ページのトップへ   Ver. 3.00 
管理番号:P042-003・004 43 ミステリ近代以前 歴史年表 出版社:東京創元社
書名:偽証裁判 (上)   ISBN978-4-488-29505-9 C0197
原題:The Sins of Wolf (1994、2000) 翻訳者:吉澤康子
創元推理文庫Mヘ6-5 295-05 価格:1000Yen ページ数:352P 本のサイズ:文庫
初版発行:2015/1/30 購入:2015/7/4 カバーイラスト: 浅野勝美
カバーデザイン: 勝田和子
書名:偽証裁判 (下)   ISBN978-4-488-29506-6 C0197
創元推理文庫Mヘ6-6 295-06 価格:1000Yen ページ数:352P 本のサイズ:文庫
初版発行:2015/1/30 購入:2015/7/4 カバーイラスト: 浅野勝美
カバーデザイン: 勝田和子
「偽証裁判 (下)」 アン・ペリー「偽証裁判 (上)」 アン・ペリー 前作の 「護りと裏切り Defend and Betray」 は、ウィリアム・モンクが主人公(意外に見えますが事実です)のシリーズの第三作で、この作品は第五作です。この間に、第四作として “A Sudden, Fearful Death”が刊行されているのですが、創元ではとばしています。
 理由はわかりません。面白くないのかな。


 1857年の10月、ヘスター・ラターリィは新聞広告でとある仕事を見つけます。エディンバラに住むミセス・メアリ・ファラリンという老婦人がロンドンに旅し、6日ほど滞在して帰宅する間の付き添い役という。
 看護婦であり、しかもかのフローレンス・ナイチンゲールの指導を受けたという経歴のヘスターは、相手方のお眼鏡にかない、雇われることとなります。女性の地位が低い当時の英国の中では、戦場でさまざまな苛酷な経験をしてきたヘスターにとって、いろいろ障碍はあります。新しい看護法、現場の女性にもっと権限と知識を与えてより優れた医療をしたいというヘスターの望みはなかなかハードルが高く、短気な彼女にとってさらにこの世は過ごしにくい。
 そんな中で、ナイチンゲールを尊敬してくれる女性の仕事が出来るのは嬉しい驚きでした。
 またファラリン夫人はエディンバラでも一二を争う名家の現当主であり、ヘスターの未来にとってもイイコトになりそうな気配。

 しかしヘスターがエディンバラにむかいファラリン夫人と共に汽車に乗ってロンドンに着いたとき、この女性が死んでいたのでした。
 さらにそれは毒、正確に言うと夫人が常用していたジギタリスの過剰摂取による不自然な死なのだという。だれかがこれを行ったとすれば、ヘスター以外にはありえない。さらにヘスターのトランクに、ファラリン夫人が服に合わないから持って来ないと話題にしていた黒真珠とダイヤモンドがちりばめられたブローチが入っていたのでした。
 このどうにも申し開きができない状況で、ヘスターは逮捕されます。彼女の友人であり後ろ盾になってくれているレディー・キャランドラ・ディヴィオットの家で。
 さっそく、ヘスターを巡って微妙な三角関係にある私立探偵のウィリアム・モンクと名高い弁護士であるオリヴァー・ラスボーンが駆けつけますが、裁判がロンドンではなくエディンバラで行われるとなると、彼らでも手を出しにくくなります。

 この時代、エディンバラのあるスコットランドは、連合王国のもとでイングランドと同じ王、正確にはヴィクトリア女王の下にありますが、実際は別な国です。法律も慣習も違う。イングランドの弁護士であるラスボーンでは弁護に当たることが出来ない。
 モンクも、探偵ですから捜査権はむろんありませんが、敵側といっていいエディンバラでは自由に探偵として調査することなど出来ません。絶体絶命か。

 裁判は、むろんヘスターにとって圧倒的に不利。好意的だと思っていたファラリン家の人々にとっても、証拠が指し示す以上ヘスター以外に疑いようがない状態です。
 なんとかしようと奮戦するモンクとラスボーンの努力は実を結ぶのか。 ・・・しかしこの二人、意外と短気ですな。
 裁判で白眉となるのは、ヘスターの上司だったフローレンス・ナイチンゲール自身の、火を吹くような証言か。Florence Nightingale
 「・・・ええ、ヘスター・ラターリィは尋常ではない女性です。たいていの人が想像もできない状況に、適応できたのです。ええ、彼女は強情ですし、ときには不遜ですとも。だからこそ、勇気も熱心さもさほどなく、抑えがたい同情に動かされにくい多くの人たちが尻込みするような決定を、下すことができるのです」 彼女はわずかながらひと息ついた。「尋ねられる前に言っておきますが、彼女が殺人を犯すとしたら、自分の命を守るためであり自分が担当する患者の命を守るためでしょう。どれほどひどく耐えがたい不当な行為をされようと、腹いせに殺人を犯すような女性ではないと考えたいところですが、そこまでは宣誓しません」 そこでついにナイチンゲールは身を乗り出し、炎と化した目でギルフェザーに面と向かった。「ですが、これだけは神の前で誓います。ヘスターは取るに足らない宝石ひとつを手に入れ、問われてもいないのにそれを返すために、患者を毒殺したりしません。この点を信じられないなら、あなたは人を見る目がなく、裁き人でいる権利も、携わっている仕事も続ける視覚もありませんよ」  (P171)
 作者は、フローレンス・ナイチンゲールとはこういう人であり、こんな言葉を残すはず、と考えているようです。それはそれで、痛快なものがありますね。
 この証言だけで判決がひっくり返ったわけではないのですが、そんなこんなでヘスターは証拠不十分を勝ち取ります。
 しかしそれは、有罪ではなかった、というだけのこと。疑いが残ったままでは、彼女のように後ろ盾もない反骨精神むき出しの女性ですから、社会的に抹殺されることは時間の問題。
 このままでは終われません。終わってしまったら負け。ここからつぎの戦いが始まります。

 やがてモンクとヘスターが見つけ出したのは、狼の罪。 The Sins of Wolf。
 「どういう意味? 狼って?」
 「地獄の最下層圏のことなんだ」 モンクの口から言葉がひとつひとつ、ゆっくり出てきた。「地獄の最後の部分だよ。ダンテが書いた。地獄の最下層は大きく三圏に分かれていてね。豹の地獄、獅子の地獄、狼の地獄があるんだ」  (P302)
 この、おぞましい罪とは、いったいどんなものだったのか。だれの罪だったのか。

 時代ミステリのひとつのお手本と思っていいのかな。時代背景まで見事に再現した見事な一作でした。  (2015/9/18)
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:P042-005 43 ミステリ近代以前 出版社:集英社
書名:娼婦殺し ヴィクトリア朝ミステリー ISBN978-4-08-760337-7 C0197
原題:Pentecost Alley (1996) 翻訳者:浅羽莢子
集英社文庫 へ7-1 価格:895Yen ページ数:576P 本のサイズ:文庫
初版発行:1999/8/25 購入:2016/8/23 装画:涌井光昭 装丁:村田忠夫
「娼婦殺し」 アン・ペリー ヴィクトリア時代を舞台にしたミステリ・シリーズとして、トーマス・ピット夫妻の連作は有名らしい。アメリカ、イギリスではかなり評判になっているそうです。2016年現在、原作は30作も出ていますが日本ではわずか2作しか翻訳されていません。日本人向きではない何かがあるのでしょうか。
 主人公は警察官のトーマス・ピットと、彼と第一作目で出会い、その求愛を受け容れて妻となったシャーロットの二人。この二人がどのように活躍したのかは、読んでいないのでわかりません。
 この「娼婦殺し Pentecost Alley」は、このシリーズの第16作目。脂ののりきった頃と考えていいのかと思いますが、なぜこの話が邦訳の第一作になったのか。考えられるのは、この第16作の事件が娼婦を異常な方法で殺す犯罪を描いていること。
 そう、1888年に起きた悲惨な切り裂きジャックの事件が下敷きにあるミステリなのです。この話の中では、時代背景的にその数年後という設定なので、何度か言及されています。そのため日本人が食いつきやすいと考えたのかも。だとすると、ちょっと姑息かなぁ?
 とはいえ、このシリーズのほかの作品が切り裂きジャック事件を意識していないものばかりなのかどうかは、わかりませんけどね。


 ボウ街の警察署を統括する地位に上がったトーマス・ピットが、とある深夜、娼婦が死んだからといってユワート警部に午後二時にホワイトチャペルの貧民街に呼び出されたのには訳がありました。場所は、袋小路になっている五旬節横丁の向かいのオールド・モンタギュー街。この五旬節街(ペンテコスト・アレイ)()というのが、この本の原題となっています。
 まず、警察医のレノックスが報告する死んだ娼婦の死後の無残な様子。
 レノックスの顔は辛そうにひきつっていた。「手足の骨が折られています。左手の指が三本、右手のが二本。足の指も三本、脱臼しています。左足」
 ピットは氷のような悪寒を覚えた。室温が急低下したかと思うほど。
 「折れたのは最近ですか?」 と尋ねたが、答えはもうわかっていた。古傷であれば、レノックスが口にするわけがない。おそらく気づきもしなかったろう。  (P10)
 しかし、この悲惨な犯行より重大だったのは、犯人の遺留品らしきもの。
 「物証というのは?」 なおも見つめおろしながら尋ねた。これまで見たところでは、苦痛と不安を与えるのが趣味の男がやり過ぎた程度のことしか示唆されていない。
 「紳士の会員制クラブのバッジです」 ユワートはそこまで言うと言葉を途切らせ、一息吸い込んだ。「なまえがほってあって。あと、カフスボタンもありました」
 身を翻して見つめる。
 レノックスが見つめていた。目を大きく見開き、催眠術にでもかけられたかのように。
 「何て名前だ?」 静寂をピットの声が破る。
 ユワートは襟に指を一本差し込んで緩めた。顔は蒼白(そうはく)()
 「フィンレイ・フィッツジェイムズ」  (P11)
 それは、紳士の名前。しかも、名家の若者。
 上流階層の男が下層の娼婦を利用する例はなくはない。しかし殺したとなると、普通の警察官では手がつけられない。そこでピットに報告が上がったというわけ。
 憮然として捜査に当たるピットは、フィッツジェイムズ家と<業火クラブ>というものの調査を始めます。
 この<業火クラブ>というのは、5、6年ほど前、当時仲の良かった独身の若者が放埒な遊びとしてつくったもの。メンバーはフィンレイ・フィッツジェラルド、ノーバート・ヘリウェル、モーティマー・サールストーン、ジェイゴ・ジョーンズの四人だけ。フィンレイは今、富裕な銀行家の息子として外交官となっており、ヘリウェルは貴族生活を満喫、サールストンは芸術家、ジョーンズは牧師となり貧民を救う仕事を行っています。過去はまったく忘れたよう。彼らの誰かがこの反抗に関係があるのかどうなのか。

 これだけの謎ならばこのほんの厚さでは中だるみになります。しかしそうないかない。
 フィッツジェラルド家の人間模様、過去の忌まわしい犯罪行為、ピットの妻シャーロットの妹エミリイ・ラドリイの余計な思いつきがもたらした混乱、フィンレイの妹タルーラ・フィッツジェラルドの奇妙な行動、四人の若者は成長してどんな人間になったのか。
 犯人らしい人物を絞り込んで逮捕し、裁判が進行中に、さらに事件は起こる。同じ手口で。
 いったいこの事件はどんな様相になるのか。追いつめられたピットは解決できたのか。

 見事だ。
 分厚い本ですが中だるみもなく、二転三転したミステリを見事にまとめています。
 あえて難点をいうと、犯人がわかってからの展開が早すぎるとことかな。もっと引っ張ってもよかったのに。

 とはいえ、面白い。
 良いミステリに巡り会えました。感謝。  (2016/12/16)


 読書メーターの記録より  読了:2016/10/8
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:P042-006 43 ミステリ近代以前 出版社:集英社
書名:十六歳の闇 ヴィクトリア朝ミステリー ISBN978-4-08-760453-5 C0197
原題:Bluegate Fields (1984) 翻訳者:富永和子
集英社文庫 へ7-2 価格:895Yen ページ数:464P 本のサイズ:文庫
初版発行:2004/1/25 購入:2016/8/25 装画:影山徹 装丁:守先正
「十六歳の闇」 アン・ペリー 「娼婦殺し」(第16話) から少し時間をさかのぼって、これはトーマス・ピット警部シリーズの第6話。
 現在は、1886年。最初の事件で妻となるシャーロットに出会ってから5年目のこと。今はピットの人となり、捜査手腕に反感を持っているダドリー・アセルスタン署長の下で現場に立つ立場。ハーコート・ギルヴレイ巡査部長というにやけ男を部下として押しつけられていますが、どうやらこの男は出世志向で署長の提灯持ちらしく、かんに障る困ったヤツ。
 こんなピットが呼び出されたのは、ブルーゲートフィールズ街の下水道。なんとこの、テムズ川の潮の流れをせき止める大水門に、若い男の死体が引っかかっていたのでした。15歳くらいの、少年から大人になりかかった程度。そんなに強い流れの中で、服ひとつない全裸。
 あと数日見つからなければ、ネズミたちに食い裂かれてしまっていたでしょうが、運良く下水道の掃除人に見つかったもの。しかし警官たちの注目を集めたのはそこだけではない。貧民の集まるこのあたりにはとても見かけない、清潔で栄養の行き届いた体だったこと。
 さらに警察医のカトラーによると、さらにおかしなことがあるという。その死因が想像通り溺死だったのは間違いなかったのですが、下水道で死んだのではない。肺の中に入っていたのは、石鹸混じりのきれいな水。つまり、彼は浴槽の水で溺れ死んだらしい。(かかと)()(あざ)()があり、強い力で足を上から押さえつけて湯の中に沈められた形跡がある。
 その上、さらにピットを幻滅させることが。
 「あの若者は殺されたと言うんですか?」 彼は確認するようにゆっくりと尋ねた。
 「ホトケは明らかに健康状態のきわめて良好な、元気のよい若者だった」 ──カトラーはそこでためらい、かすかに表情をくもらせた── 「ひとつだけ問題があったが、その話はあとにまわすとして、踵の痣以外は傷や痣はどこにもない。倒れて脳震盪を起こした形跡もない。風呂で溺れる理由があるかね?」
 「その問題というのはなんです? そのせいで気を失った可能性は?」
 「ないな。あのホトケには、梅毒のごく初期の段階であることを示す──二、三の病変が見られた」
 ピットはカトラーを見つめた。「梅毒? しかし、さっき育ちのよい若者だと──それにたった十五、六ですよ!」
 「ああ。しかもそれだけではない」
 「まだ何かあるんですか?」
 カトラーは急に老け込み、悲しそうな顔になって、まるで痛むかのように片手でこめかみを揉んだ。「あの若者は同性愛者と性的な交渉を持っていた」 彼の声は静かだった。
 「たしかですか?」 理屈には合わないかもしれないが、ピットはこの事実をすんなり受け入れることができなかった。頭では理解できても、心がそれに反発した。
 カトラーの目に苛立ちがよぎった。
 「もちろん、たしかだ。こういうことで、単なる推測を口にすると思うかね?」  (P16-17)

 やがて、この若者の父親は準男爵サー・アンスティ・ウェイボーンの長男、アーサーであることが確認されます。
 貴族ではないにしても世襲称号を持つ上流階層の嫡子の死は、社会を震撼させると共に警察の捜査を阻む障壁が生まれます。断固として息子の死が不自然なものとは認めたがらないウェイボーンとその家族。

 捜査の末、家庭教師の、傲慢なジェロームが犯人と疑われて逮捕されます。
 彼が犯人だとすると色々なつじつまも合う、ようにみえます。裁判が行われ、問題なく死刑の判決が出ました。

 しかし、ピットの胸にひっかかるものが。とはいえ捜査を続けようとしても、ウェイボーン家や上司のアセルスタン署長からの圧力がかかります。これですんなりまとまりそうなのに、余計なことをするな、という。
 ジェロームの死刑まで、時間がない。
 苦悩するピット。それに感づいた妻シャーロットは、どうするのか。

 面白いです、これ。
 唯一の難点は、決着がついたあとでのエピローグ部分があまりに短いこと。お話的にはもっと余韻が欲しいね。  (2017/2/5)


 読書メーターの記録より  読了:2016/12/21
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:P042-007 32 歴史小説・西欧史  歴史年表 出版社:ソニー・マガジンズ
書名:フランス革命夜話   ISBN978-4-7897-1900-6 C0197
原題:A Dish Taken Cold (2000) 翻訳者:大倉貴子
ヴィレッジブックス F-ヘ2-1 価格:500Yen ページ数:144P 本のサイズ:文庫
初版発行:2002/8/20 購入:2016/10/19 装画:涌井光昭 装丁:村田忠夫
「フランス革命夜話」 アン・ペリー 1789年、バスティーユ襲撃で始まったフランス革命が三年目を迎えたパリの町で起きた物語。
スタール夫人
スタール夫人 アンヌ・ルイーズ・ジェルメーヌ・ド・スタール(Anne Louise Germaine de Staël)

1766/4/22-1817/7/14
フランスの批評家、小説家。フランス革命からナポレオン・ボナパルト時代までフランスの文壇で活躍。ナポレオンと対立していたことも有名。フェミニズムの先駆者。
 主人公は若い未亡人、セリー・デュラール。一年前に夫を失って以後、スタール夫人という文筆と社交に長けた才媛に仕えています。子持ち。
 いや、子持ちだった。

 出だしは、友人アマンディーヌ・ラトゥールに預けていた幼い息子、ジャン=ピエールが急死したという報せに唖然となるセリーから。あわててアマンディーヌの家に行き、変わり果てたわが子を抱きしめるセリー。
 ようやく気を取り直し、とりあえず翌朝スタール夫人の屋敷に戻ります。そこでメイドのテレーズに驚くことを聞かされたのでした。

 アマンディーヌは最近、若い恋人ジョルジュに夢中らしい。その恋人とうつつを抜かして、あずかった幼い子供を見殺しにしたのではないか、と。
 最初は気にとめなかったセリーですが、だんだんと心に疑惑の雲が湧き上がります。
 その結果、なにが起きたのか。

  短い短い。本文が実質100ページちょっとであるだけでなく、1ページが13行で1行32字。ですからささやかな短編にすぎません。しかも、バスティーユ襲撃で始まったフランス革命が三年目を迎えたときに、パリの街角で起きた市井の小さな事件。読みごたえは軽すぎるけど、なかなか面白かった。アン・ペリーはこんなものも書いていたんですね。


 読書メーターの記録より  読了:2017/1/5