トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号:S083 白石一郎 Shiraishi, Ichiro
国籍:日本 生没年:1931.11.9〜2004.9.20
 釜山の生まれ。早稲田大学卒業。主に戦国時代の海洋物を得意とする作家。
 早稲田大学在学中より、懸賞小説に応募を始めた。卒業後はタイヤ販売に従事するが、性に合わずに帰郷。父の経理事務所で働くかたわら、創作活動に励んだ。1955年、『臆病武者』が地方新聞の懸賞に一席入選。作家デビューを果たす。2004年9月20日死去。
白石一郎
管理番号 書名 備考
S083-001 海狼伝 戦国末期 対馬、瀬戸内の海の男たち
S083-002 海王伝 戦国末期 瀬戸内、南洋の海の男たち
S083-003 戦国武将伝 戦国時代から江戸初期までの武将点描

 
管理番号:S083-001 30 歴史小説・日本史 歴史年表
書名:海狼伝 文芸春秋 文春文庫 し5-5 発行 1987年
  価格:\629 ページ数:475P 装丁:文庫
イラスト:西のぼる
初版発行:90/4/10 第28版:04/3/20 購入:05/3/12  
 1500年代末ごろの対馬、阿須(あす)湾。朝鮮半島を隔てた先は朝鮮ですが、こちらは対馬海峡越しに壱岐の島を見る地方。
 「大将」と呼ばれる青年がいます。別に頭だっている訳ではない。
 風貌が物腰で、そう呼ばれているのでしょうか。
 名は、笛太郎。
 対馬の漁村で暮らしますが、母ともども、どうやら生まれはもっと別らしい。妙な矜恃を持っています。

 村上水軍の船大将、という地位が、当時の海の世界においてどれだけの重きを成したのか、今の時代からはわからないかもしれません。日本が基本的に陸上国家であったことと、無縁ではないのかも知れません。
 笛太郎は、その村上水軍の船大将の一人の息子として生を受けました。この物語は、数奇な運命を背負ったこの青年が、何も知らないままに海の男として遍歴を重ねる、そんな物語です。

 対馬の漁師から、朝鮮の海賊の配下となり、村上海賊衆にとらえられてその手下となり、商才のある水軍の男に預けられ、南蛮貿易を目指すまで、この本ではそこまでの遍歴、冒険を描いています。
 父親の謎を追い、同時にまだ見ぬ父に違和感を感じつつ海を目指すこの男。
 あり得たかも知れない日本の若い冒険家の、スリリングな一代記です。

 物語としての波が、週刊小説を思わせます。雑誌に掲載されていたのでしょうね、きっと。
 こういう形態のものは、うまく波に乗れないと、読みにくくなります。
 女性の描き方が、ちょっとぎこちないなぁ。もうすこしがんばれ、と声援したくなります。
 あの時代の女性を描くのは、難しいのかもしれませんね。 

 なお、このなんとも魅力的な冒険は、情けないぼくのサイトをご訪問いただいたTakeahero様に教えていただきました。
 感謝の至りでございます。こんどボートをこぐときは、ぜひとも水軍のかけ声をやりたいものです。   (05/4/16)

 
管理番号:S083-002 30 歴史小説・日本史 歴史年表
書名:海王伝 文芸春秋 文春文庫 し5-11 発行 1989年
  価格:\629 ページ数:475P 装丁:文庫
イラスト:西のぼる
初版発行:90/4/10 第28版:04/3/20 購入:05/3/12  
 海を目指す作家は、数が少ないそうです。
 海洋国家であるべき日本にとって、嘆かわしいという声があります。
 徳川260年の鎖国政策が、日本人を海から遠ざけたのだという話はよく聞きます。
 そうなのでしょうか?

 ぼくは、否定的に歴史を見たいと思わない、何かしら歴史の流れにはそれなりの必然があるはずだと思う人間です。
 だから、こう考えました。半可通の笑説です。

 日本を巡る海の、潮流の強さは世界有数といわれます。わずかな油断で、黒潮の流れは、鹿児島沖の漂流船をアメリカ沿岸にまで流します。
 そんな海の中で育った民族です、我々は。しかも、国内は山紫水明、限定的な意味ですが農業生産高は群を抜き、鉱工業的には驚くほどバリエーションに飛んだ産物が得られました。掘り尽くすまでは、日本は世界に名だたる資源産出国でもあったのです。
 であれば、体に鞭打って海を目指す必要はなく、国民が死にものぐるいで他国に武力の手を伸ばす必要も必然もなく、有り余る資源を元に国内で戦乱に明け暮れることさえできたのです。
 それが、中世・近世の日本だったのではないかな。
 だから、大多数の日本人が海を目指さなかったことに、何の恥ずべき点もない、と思うのです。
 むしろその歴史の中で、わずかながらでも荒海を渡った人々がいたことに驚嘆し、歴史の意外さを楽しめばいいのではないか、そう考えたい。
 お隣の国には、日本を倭寇と罵り、略奪民族だと非難し、謝罪を要求する人さえいます。倭寇という少数の海賊が、なぜ発生したのかを理解せず、後期倭寇には日本人になりすました中国、朝鮮倭寇が多数いたことに目をつぶります。あるいは、そんなものは存在しないという人もいます。そして何よりも、それが日本人全体のほんのわずかであり、日本人は基本的に内国的な農耕民族であったことを理解してくれません。まあ、それはしかたがない。


 さて、「海王伝」。(意味のない前ふりだな(笑))

 牛之助と呼ばれる、動物の心がわかる青年から始まります。
 彼は、山村に生まれ育ち、父親は熊狩りの名人でした。その息子が、殺生を嫌い、それだけではなく罠にかかった獣を逃がしてしまうとなれば、もう山には住めません。
 というより、基本的に生きる権利がないと思われてもしかたがない。
 彼が村から逃げ出し紀伊の山を越えて海に出て、紆余曲折の末、笛太郎の船に救われるところで、前編とつながります。そう、この本は「海狼伝」の続編です。
 と、前作とは違った展開から始まったのだから、牛之助の視点で話を進めればいいのに、なぜか主人公の笛太郎の視点で冒険は進みます。せっかくの魅力あるサブキャラが泣くぞ。(笑)

 南洋から、ビルマに占領されたシャムへの旅を経て、笛太郎は異母弟と出会い、父親と出会います。その出会いが彼を育てたか、というと、そういうパターンにはならないところがこの作者らしい。皮肉などんでん返しが待ちかまえています。
 こんな人生もあり、か ・・・と思わせる、父親の一生ですね。

 笛太郎の一生は、まだこれから。
 続編はあるのでしょうか?

   
  Ver. 2.8
管理番号:S083-003 59 日本・戦国史 出版社:文藝春秋
書名:戦国武将伝 リーダーたちの戦略と決断 ISBN4-16-737009-3
単行本 1988年10月文芸春秋・刊 文春文庫し5-9
  価格:\457 ページ数:290P 本のサイズ:文庫
初版発行:1992/3/10
 第11刷:2001/11/15
購入:2006/4/27 表紙イラスト:西のぼる
 フィクション仕立てのノンフィクション、というか、エッセイのようなものですね。
 あとがきもありませんので、この本からだけではよくわかりませんが、雑誌か何かに連載していたものをひとつにまとめたのではないでしょうか。19編の短編集のような造りで、内容もあちこちダブっています。もう少し整理しても良いような気もしますが、手遅れですね。
 いや、かえって整理してしまったら面白くないのかな

 まずは、「秀吉の人間管理」から始まります。
 次に、竹中半兵衛と黒田官兵衛。武田信玄と上杉謙信。
 秀吉の末路と後継者。家康と信長。信長の家族愛のこと。毛利元就。
 目立った逸話が何もない小西行長。いまいち人物像がつかみにくい柴田勝家。
 幸村などと名乗ったこともない真田信繁。実は名将であったかもしれない島津義久。
 謀略家、大友宗麟。変節漢の人生を貫いた藤堂高虎。
 黒衣の宰相といわれた崇伝と天海。家を守った真田信之。
 謎の島原一揆の首領である謎の天草四郎。講談の英雄、岩見重太郎。
 くじ引きで選ばれた6大将軍足利義教。損だったのか徳をしたのかわからない本多正重。

 解釈的に違う意見のものもあります。しかし、多彩な人物に新しい光を当てて新しい解釈を試みる本ですね。
 こういうエッセイって、好きです。  (06/6/27)