トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号:K004 児島 襄 こじま・のぼる
国籍:日本 生没年:1927/1/26~2001/3/27
 
 
児島 襄
管理番号 書  名 メ  モ
K004-007
K004-008
K004-009
K004-010
K004-011
天皇 Ⅰ
天皇 Ⅱ
天皇 Ⅲ
天皇 Ⅳ
天皇 Ⅴ
昭和天皇と時代。誕生から戦後まで。
ページのトップへ   Ver. 3.05 
管理番号:K004-007 51 伝記・一代記 歴史年表 出版社:文藝春秋社
書名:天皇 Ⅰ 1 若き親王 ISBNなし
文春文庫 141-8 価格:400Yen ページ数:368P 本のサイズ:文庫
初版発行:1981/4/25 購入:1981/7/26 カバー:坂田政則
「天皇 Ⅰ」 児島 襄 天皇、とは昭和天皇のこと、むろん。1901(明治34)年4月29日~1989(昭和64)年1月7日。第124代天皇在位1926(大正15)年12月25から没年まで。
 この本が書かれたとき、まだ今上天皇として在位しており、この本が最初にハードカバーで刊行されたのは1974年なので、その生涯すべてを扱った伝記とはいえません──というより、全5巻のこの本では、終戦までの昭和天皇を扱っています。つまり、その生涯のほぼ半分ですので、伝記というには半端かな。
 児島さんはこのあと「昭和天皇と戦争責任」「昭和天皇・戦後(全3巻)」などの著作も刊行していますので、後半生はそっちでフォローしたのでしょう。
 ま、それはそれで。

 この5冊では、児島さんのそのときの執筆姿勢を示してか、昭和天皇を好意的に描いています。それはそれでいいかも。若い頃にこういうものを読んだためか、鐵太郎の中の昭和天皇像は、それなりの欠点もあるが結構いい人。今のところ、その価値観を根底からひっくり返す事にはなっていません。


 第一巻で扱われているのは、章立てで考えると10のテーマ。
 まず、御誕生
 明治天皇がたくさんの側室を持っていたのに比べ、大正天皇は一夫一妻を守りました。ですので、この日、東京青山の東宮御所で午後10時10分に皇太子嘉仁(よしひと)の長男、迪宮裕仁(みちのみや・ひろひと)を生んだのは、当時16歳10カ月の若さであった皇太子妃節子(さだこ)でした。九条公爵家の四女であるお姫様育ちの初産は周囲を心配させたそうですが、無事に体重800匁(3,000グラム)、身長51センチメートルの、当時としては大きめな赤ちゃんを無事出産したそうな。
 しかし当時の皇室の習慣に従って、皇孫たるこの親王は皇太子夫妻の手を離れ、当時66歳であった海軍中将伯爵川村純義の元に預けられます。翌年の6月に生まれた弟の淳宮雍仁(あつのみや・やすひと)、のちの秩父宮も同じく川村家に預けられますが、明治37年に川村中将が病死すると、その長男鉄太郎の辞退により、東宮侍従長侯爵木戸孝正が養育係になります。
 その最初の教師として抜擢されたのが、東京女子師範学校付属幼稚園の教師をしていた当時22歳の足立たか。彼女はのちに昭和天皇に別な関わりを持ちます。
 この二人の親王について、裕仁は叱られるとすぐあやまるが雍仁はやや反抗的、歌は雍仁の方がうまかった、そうな。
 学習院初等科で陸軍大将乃木希典学習院長に出会ったのは、幼い親王に何をもたらしたのか。
 メルトン地で破れやすい制服のひざがぬけたり、靴下に穴があいて、侍女が新品ととりかえようとすると
 「新しくしてはいけない。院長閣下は、穴があいているのはいけないが、ツギがあたっているのはちっとも恥じゃないとおっしゃった。ツギを当ててくれ」 (P41)
 ここに書かれた裕仁親王の言葉は、なぜか一度も忘れたことがなく覚えています。不思議。また、これも。
 冬の沼津御用邸に、乃木大将が参上すると、裕仁親王は、大きな金網を張った火鉢にあたっていた。乃木大将は、親王にたずねた。
 「殿下、お寒うございますか」
 「ハイ、寒いです」
 「では、殿下。お寒いときは火鉢にあたるよりも、あの御運動場に行って二、三回お廻りになったら、いかがですか。すぐ、暖かくなります」
 そうか、とうなずかれるのと、裕仁親王が立ち上がって駆け出されるのは、同時であった。 (P41)
 乃木希典についていいたいことはありますが、このような徳目家に見守られる時期があったのは、市井の子供ならともかく天皇家の親王としては、計り知れない幸運だったのではあるまいか。

 明治天皇崩御
 明治天皇は、当時不治の病であった糖尿病の悪化で病死します。明治45年7月30日午前零時43分。
 この「おじい様」について、のちに雍仁親王、秩父宮殿下はこんな言葉を残しています。
 「このおじい様は、世間のおじい様が眼に入れても痛くない、というような孫の可愛がり方は一度だってされたことはない。したがって祖父に対して甘える気持ちなど夢にもわいたことはなく、ただ、物心もつかないころから周囲の人々によって、先入主的に教え込まれた形式的の敬慕、といったものがあっただけである。いつわらないところは、むしろ、『こわい』『おそろしい』といったものであった。
 こんなことを書いたら、だれもが信じられない、というかもしれない・・・が、僕は一度も、祖父明治天皇の肉声をうかがったことはないのだ・・・御前に行ってお辞儀をすると、かすかにお唇の動くような気はしたが、ついぞお声は聞かなかった」 (P54)
 「おじい様」の死後、敬慕する院長閣下、乃木大将が殉死します。この衝撃を裕仁親王はどう受け止めたのか。

 帝王学講義
 明治帝が崩御すれば、大正帝が天皇として即位し、裕仁親王は皇太子となります。一つ違いの弟雍仁だけでなく、4つ年下の光宮宣仁(てるのみや・のぶひと)(のちの高松宮)と別れて暮らすこととなります。末弟の澄宮崇仁(すみのみや・たかひと)(のちの三笠宮)は大正4年の生まれなので、この時はまだいません。
 裕仁親王は、学習院の初等科を卒業したのち、東宮御学問所に入ります。だから、厳密な意味で彼の学歴は小学校卒。その後は、乃木希典の提案した教育案を骨格にしたカリキュラムが組まれ、東郷平八郎海軍大将(元帥)を総裁におく御学問所で、ただ一人教育を受けます。
 裕仁親王の生活は、厳密なほどに規則正しく、朝は遅くとも午前6時には必ず起床し、伊勢神宮、九条を拝礼した。就寝は午後8時半~午後9時。冬もせいぜい火鉢一個程度の暖房で、毛のシャツなどは一度も身につけぬ〝スパルタ生活〟だったが、健康には注意をはらわれた。
 背の高い椅子は姿勢を悪くするというので、両ヒジの高さに背もたれを切り、遠くを見ると近視眼防止に役立つときくと、視界をさまたげる樹木を切らせて、毎朝、御所の庭から品川沖を眺めて、欠かされなかった。
 「まことに、みごとなまでに克己のご生活であった」と、侍従の一人、甘露寺受長は感銘をこめて回想する。(P85)
 杉浦重剛という倫理担当教師を得たこと、さまざまな学問はもとより軍事学に至るまで、該博な知識と理解をこの若い少年が吸収し得たこと、などがちゅうもくすべきことか。

 宮中某重大事件
 裕仁親王の配偶者の選定に当たって、その第一の候補と目された良子(ながこ)女王、当時第15師団長であった久邇宮邦彦王の第一王女と、色弱、色盲の疑いによる騒動のこと。久邇宮家の家系に色弱の男子が数名いたため、その徴候はまったくない良子女王に遺伝的欠陥があるのではないかと騒がれたのでした。メンデルの法則を強調するこの論調は、いまの視点で見るとどうなのかなと思うのですが、この事件そのものがなにかコップの中の嵐に感じられてしまう読後感。
 この騒動の中、裕仁親王は御召艦「香取」供奉艦「鹿島」で欧州外遊に出発します。

 欧州御外遊
 大正10(1921)年3月、皇太子裕仁親王は東宮御学問所を「卒業」し(東宮御学問所はそのまま閉鎖)、スエズ海峡経由で欧州へ旅立ちます。主な目的地は第一次世界大戦の惨禍がまだ癒えぬイギリス、フランス、ベルギー、オランダ、イタリア。皇太子がこの時点でテーブルマナーを全く身につけていないことに御用掛の山本信次郎大佐が激怒する場面が、Wikipediaに描かれたままなのが面白い──Wikiはここを原典としているらしいのですが。
 山田大佐が激怒したのは、むろん皇太子殿下に対してではなく、会食という大事な「外交」の場において当然身につけて然るべき紳士のマナーを教えてこなかった側近たちに対してです。あわててマナーを「進講」すると、裕仁皇太子は実に素直に喜んでそれを身につけたのだそうな。
 ペルシア湾沖や紅海では、随員の中で侍医が体調を崩して帰国するほどの猛暑の中で、ひとり平然としていたのだそうな。これはたぐいまれなる克己心のせいなのか、単なる体質の問題か。

 原敬暗殺
 欧州で、ひそかに随員や日本関係者を心配させていた、列席の人々の前での式辞の発声もつつがなくこなし、国威を発揚させて帰国した皇太子を待っていたのは、大正天皇の体長悪化による摂政就任、良子女王の色盲問題、そして政情不安。その政情不安の頂点が、平民宰相と呼ばれた原敬総理大臣の暗殺事件。軍人政治家の跋扈する日本にいたる道。

 結婚勅許
 良子女王との婚姻の儀が公式に発表されたのは、皇太子の訪問の答礼として英国皇太子エドワード殿下が訪日し、帰国した直後。急がれたのは、英国側随員のなにげない言葉から、大正天皇の姿が見えないことによる日本の皇室に対する不安がうかがえたから、という理由もあったらしい。
 とはいえこの、皇太子でありかつ天皇の摂政であることで生じる激務により、学問が進みようもないという不安が側近たちから起きた事も事実らしい。とおり一編の「御進講」は行われているものの、試験のない聴講に過ぎなければ身につくはずもない。このままでは未来の天皇が高等学校程度の学力敷かないことになるが、はてどうするか、と。

 虎ノ門事件
 難波大助という男が、大正12(1923)年12月27日に虎ノ門付近で皇太子を狙撃しましたが、命中しませんでした。これが世に言う虎ノ門事件。児島氏は、この難波大助というテロリストに陥った若者の姿をじっくり追い、当時の世相が世の中の流れを丁寧に描写します。
 この年の9月には関東大地震が起き、不安な世相が反映された一つのあらわれであったのか。

 御成婚の儀
 良子女王との婚姻は大正13(1924)年1月26日に行われます。妙齢の女性と気の効いた会話などしたこともなかった皇太子と、真面目な努力家ではあるけれど深窓の令嬢であった良子妃が、どのような家庭を作ったのか。
 結果としてのちの日本にとってさまざまな意味で理想的な統治者夫婦になったようですが、それに至るまでに何があったのか。この場合、この夫婦に市井の意味での「家庭的」な間柄を期待するのは愚かですが。

 大正天皇崩御
 その間も大正天皇の病状は悪化したまま一進一退をくり返しています。書かれている描写を読むと、40代後半という若さでありながら、一種の痴呆、認知症の症状を示しているようです。適確な病名が出てこないのですが、その人柄の高評価が残るにしても脳力を含め病弱な人であったらしい。
 大正15(1926)年12月25日午前1時25分、大正天皇崩御。枕元にはロンドンに外遊している雍仁親王を除く皇室のすべて共に、大正天皇の生母である柳原愛子(やなぎわら・なるこ)まで駆けつけたそうな。ちなみにこの柳原様、側聞するに、当時の皇居の中で筆頭お局さま(笑)として権勢をふるっていたらしい。
 そして、これから新時代が到来するのでした。 (2019/2/18)

 読書メーターの記録より  読了:2019/1/31 
ページのトップへ   Ver. 3.05 
管理番号:K004-008 51 伝記・一代記 歴史年表 出版社:文藝春秋社
書名:天皇 Ⅱ 2 満州事変 ISBNなし
文春文庫 141-9 価格:400Yen ページ数:368P 本のサイズ:文庫
初版発行:1981/4/25 購入:1981/7/26 カバー:坂田政則
「天皇 Ⅱ」 児島 襄 第二巻は、11の章で構成されます。

 昭和の曙
 大正天皇の崩御。裕仁親王が第124代天皇として即位し、元号が「昭和」となった経緯。大喪の礼。生前ついに訪れることができなかった新御用邸に、せめて一夜でいいから遺体を横たえなさい、と命じた新帝の心配り。
 1927〈昭和2〉年9月10日、第二皇女久宮祐子(ひさのみや・さちこ)が生まれます。これが皇室及び国家に対して慶事になるかと思われたのですが、この薄幸の皇女は半年の命でした。
 天皇として国家の方針の裁可の際、
 「いいのか・・・これで・・・いいのか・・・」 (P34)
 と呟いてためらったことが、老練な武官長・奈良武次陸軍大将を喜ばせます。ただ言われるままの人ではないのだな、自分で理解して判断しようとしているんだな、と。

 張作霖爆死事件
 張作霖(ちょう・さくりん)とは、馬賊から成り上がった満洲・北支を支配する軍閥の頭領。自分を三国志の英雄になぞらえた、人望を集め屢風雲児であり、中央に覇を唱える蒋介石(しょう・かいせき)を退けて中国全土を支配しようと企んだ野心家。この男を利用しようとしていた日本陸軍は、制御しきれないと手のひらを返してこれを排除したのでした。それが、1928(昭和3)年6月4日に行われた張作霖爆死事件。日本陸軍はこれを蒋介石側の謀略と擬装しましたが、事実は異なります。
 天皇はこの事件の裏にあるものを疑いますが、その思いはなかなか伝わりません。その逼塞感が、40歳近く年上の田中首相への叱責となり、田中義一の死に至りました。その後の天皇自身の権威の重さへの反省となります。

 軍縮をめぐる暗闘
 葉山の御用邸で裸で水泳を楽しむ昭和4年夏の天皇。飛行船ツェッペリン伯爵号の寄港。そしてロンドン軍縮会議。
 世界との融和を目指す天皇は、統帥部を統べる立場のためその思いを声には出せません。帷幄上奏、つまり統帥部の加藤寛治軍令部長の天皇への直接報告を阻止せんとする鈴木貫太郎侍従長、末次軍令部次長の「御進講」ののち天皇に
 「先ほどの御進講は(次長が)研究的に申しあげましたもので、事務的な奏上とは全然別個のものでございます」(P93)
 とささやく奈良武官長。天皇の「良識」を支え、見守る人々。

 浜口首相狙撃
 ロンドン軍縮会議から帰国した若槻礼次郎全権を熱狂的に迎え、神戸から東京までついに一睡もさせなかった民衆の喜びは、不況にあえぐ国民の声だったのか。これに反発する海軍の二人の元帥、伏見宮と東郷平八郎へ、冷ややかな目を向ける天皇の思い。
 そのさなかに、右翼の暴徒が時の首相浜口雄幸を狙撃します。そして陸軍によるずさんなクーデター「三月事件」の失敗。「上のものがそういうわけだから、下のものにたいする押さえがきかなくなっている」と嘆く声。

 満州事変
 なにかキナ臭い、と思う西園寺公秘書・原田熊雄。軍の綱紀粛正を願う元老たち。ライオン首相、浜口雄幸の狙撃の衰弱から来る闘病死。安保清種海軍大臣の人事内奏に答え、
 「近頃、青年将校団結等ノ噂アリ。軍紀ノ維持ハ確実ナリヤ」(P132)
 と下問して大臣を恐懼させた天皇。
 しかし同じ言葉を陸軍大臣南次郎に投げると、しれっと開き直ります。陛下のご心配に及ばず、と。
 南満州鉄道が爆破され、昭和6(1931)年9月18日、満州事変が勃発します。国境の小競り合いのはずだったものが、あっという間に大侵攻となるのはなぜか。天皇がいくら問うても、答えは出ません。
 そして昭和7(1932)年3月1日、満洲国が成立します。日本の傀儡国が誕生したのでした。

 五・一五事件
 上海事変(第一次)が起きたのは昭和7(1932)年。この外患のさなか、内憂となるクーデターの残滓が息を吹き返します。同年5月15日、陸軍の一派を中心とした将校たちが犬養毅首相を暗殺します。しかし、彼らの思いはともかく、あまりにも杜撰な計画は彼ら自身の何に原因があったのか。
 これに対する昭和天皇の果断な思いは、犬飼の後継首相に対する厳しい条件にうかがえます。それは元老西園寺侯爵の目をむかせることに。曰く、人格立派なる者、陸海軍の軍紀を振粛しうる者、ファッショに近いものは絶対に不可、憲法を絶対に擁護せよ、綱紀粛正に努めよ、などと。

 国際連盟脱退
 満洲国成立に関するリットン報告書が国内に与えた衝撃。アメリカで意外に好評を得ていた「越中ふんどし」が、日本の満州国承認によってボイコットされた顛末。
 世界を敵に回し、ついに国際連盟脱退に至る道を進む日本。苦悩する政府首脳、歓呼する群衆。

 皇道問答
 詔書とは、天皇の声明文。普通、これは関係者の作文を注文もつけずに天皇が読み上げ、意味も考えず国民は難解な〝宮廷漢文体〟をありがたく受けとるだけ。しかし昭和8(1933)年3月27日に国際連盟脱退についての詔書は、起案されたものに天皇自身が再三再四修正と加筆を指示したもので、国際平和への意志を強調したものだったそうです。これを無視せんばかりの陸軍大臣への不満も、露わにしたのだそうな。
 天皇の憂慮のなか、陸軍は青年将校たちを甘やかし、その威信ばかりを高めます。ゴー・ストップ事件、大阪市内での兵士と警官の衝突が起きたのも、この年6月。
 陸軍を中心に、天皇を国家の中心にたてて〝昭和維新〟を断行しようという思想が蔓延します。帝国陸海軍を「皇軍」と呼び始めたのもこのころ。その言葉を言い出した荒木貞夫陸相の唱える日本精神とは〝大乗的共産主義〟であるという自論。日本はいったいどこへ曲がっていくのか。

 陸軍士官学校事件
 昭和8(1933)年12月23日、明仁(あきひと)と命名された赤ん坊が産まれます。生まれた瞬間から皇太子、将来の天皇となる皇子です。この時歌われた歌を、うちの母は今もなお歌えます。国民の喜びはこれほどだったのか。
 この祝賀ムードのなかで、何事にもスジとケジメを尊ぶ天皇はなにか世間の風潮に上っ調子なものを感じたという。
 翌年に起こるやりきれない事件、共産党リンチ事件や帝人疑獄事件はその憂いによるものだったのか。
 しかし昭和9年11月に起きた、陸軍士官学校の候補生5人が逮捕された事件はそういうものではない。陸軍にひそかに流れる革新気分をうながす空気には、5.15事件の処分への不満が根底にあります。君側の奸を討ち、国家歪曲の元凶を絶つ、という言葉に酔う軍人たちの憤懣。
 この5人への処分が軽かったことが、未来に何を残すことになるのか。

 天皇機関説
 天皇機関説とは、国家を法律上一つの法人とみなせば、君主、議会、裁判所なども国家という法人の機関となる、というもの。そういうことで、国土・国民を支配する主権または統治権についても、その権利の主体は国家にある事になるのだという。だから天皇は日本国家の機関であるのだ、と。
 近代国家の枠組みの一つの説明とすれば、こういう説明もありか。しかし天皇を無条件に絶対の、無条件に至高のものと考える人々にとって、それはおぞけをふるう唾棄すべき考えでした。説を唱えた貴族院議員・美濃部達吉帝国大学教授は、次第に敵視され、排除されることに。
 皮肉なことは、この天皇機関説に最も高い評価をしたのが天皇その人だったことか。

 相沢事件
 昭和10(1935)年8月12日に、陸軍の皇道派に属する相沢三郎陸軍中佐が、統制派の永田鉄山軍務局長を、陸軍省において白昼斬殺します。世に言う相沢事件。
 陸軍のなかで、なにが起きているのか。
 不穏な状態になってしまった在京の軍の中で、歩兵第一師団が来年満洲に派遣される決定が注目されたのでした。

 この巻は、ここまで。(2019/4/24)

 読書メーターの記録より  読了:2019/3/22 
ページのトップへ   Ver. 3.05 
管理番号:K004-009 51 伝記・一代記 歴史年表 出版社:文藝春秋社
書名:天皇 Ⅲ 3 二・二六事件 ISBNなし
文春文庫 141-10 価格:420Yen ページ数:384P 本のサイズ:文庫
初版発行:1981/6/25 購入:1981/10/10 カバー:坂田政則
「天皇 Ⅲ」 児島 襄 第三巻は、10の章。

 その前夜
 前夜、というのはむろん二・二六事件の前夜ということ。昭和10(1935)年秋の陸軍大演習に風邪で統制官としての職責を果たせないことを悔やむ天皇の責任感の描写から始まり、地方行幸、11月28日の第二皇子・義宮正仁親王が誕生します。のちの常陸宮殿下。
 12月には天皇の四弟、崇仁親王が成年式と友に三笠宮家を創立し、皇室には慶事が続きますが、天皇機関説の余波で牧野内大臣、一木枢密院議長らの辞任などがあり、翌一月には相沢中佐の公判が行われ、統帥権干犯問題をめぐる不穏な空気が漂っています。

 二・二六事件
 昭和11(1936)年2月26日、自重を望む安藤大尉らの声さえ押し切り、陸軍の青年将校たちは蹶起します。今回は5.15事件などと異なり、安藤をはじめ中隊長などとして実質的に将兵を率いる指揮官クラスがいたことで、帝都内で1,500名近い実戦部隊が動き、武装蜂起ともいうべき騒動に膨れあがったのでした。
 この行動が正義の、天皇を中心とする正しい、あるべき国家を再建しようという行動であると信じる青年将校等にとって、天皇のこの言葉は想像すらできないものだったのでした。
 「朕ガ股肱ノ老臣ヲ殺戮ス。此ノ如キ兇暴ノ将校等。其精神ニ於テモ恕スベキモノアリヤ」(P64)
 上下さまざまな人々の曖昧さ、場当たり的、機械主義的な関係者のコウモリぶりを叱咤するような、明確な意志の現れ。

 蹶起者処刑
 2.26事件の関係者、反乱将校やその精神的支柱だった者たちへの処分は苛酷を極めました。それは天皇の意を汲んだものではありません。だれかにとってその方が得だったから。軍法会議の場でその意図するところを伝えようとした被告たちにはその場は与えられません。責められる側となった皇道派の保身だったのか。
 7月12日、天皇に万歳を献げて処刑された青年将校たちの思いとは別に、天皇はこの日ようやく2.26事件が収束したと思い、事件発生以来ほぼ連日来ていた陸軍軍服を脱いで海軍軍服に替えたのでした。

 倒閣抗争
 2.26事件直後の3月9日に成立した広田弘毅の内閣は、事件が一段落を迎えるとさっそく内外の倒閣運動のターゲットとなります。浜田代議士による「ハラキリ問答」が起きたのもこのころ。ついに首相の座を退いたのは翌年2月2日ですが、そのあとの組閣も難航します。前朝鮮総督宇垣一成陸軍大将に白羽の矢が立ちますが、陸軍の反対により流産。林鉄十郎陸軍大将の組閣も難航のあげくようやく成立します。しかし早くも4月の総選挙の結果を受けて退陣。
 ここで、陸軍の標的が政党政治であることが明白になったのでした。
 これではまずい、という判断を下したのは、元老西園寺公望公爵。で、誰を俎上に挙げたか。
 「陸軍大臣を総理にするのはあきまへんな。どうでも、今度は近衛に出てもらいまひょ。そのために死んでもかめへんやろ」(P161)

 盧溝橋事件
 近衛文麿が大命を拝受したのは、昭和12(1937)年6月1日。6日には組閣を終えます。しぶしぶ、という言葉がぴったりする情勢ではありましたが、国民はこの若い軍人ではない、わずか47歳の華族筆頭プリンスの登場に歓呼の声をあげます。
 政党政治家、官僚、軍人のすべてが軍部を抑えることができないとなると、閣僚、政治家の経験はまったくないとしても皇族に一番近い近衛しか適任者がいなかったというのが現状でした。
 兵一人の行方不明という不測の事態から始まった盧溝橋事件が、近衛としては最初の試練となります。このときの北京在住の歩兵第一連隊長が牟田口廉也大佐、兵が行方不明になった第3大隊長が一木清直少佐だったのは、運命なのか。
 この事件を予測したのではないのですが、天皇は北支の情勢に懸念を示していました。そのまさかの思いに沿うかのように、この事件は終息しなかったのでした。これが運命なのか。

 事変拡大
 関東軍は盧溝橋事件を積極的に「援助」します。不拡大の方針を何度もくり返す天皇の意向は見事にスルー。この根拠となるものは、ソ連は立たないであろうという希望的観測以外、なにもないはず。
 そして青年貴族宰相のもろさも、だんだんと表面化します。話し相手になる閣僚もおらず孤立し、下の者もいうことを聞かないため鬱積が続いているという。あまりにも孤独ではないかと西園寺の私設秘書・原田熊雄(男爵)は歎きます。しかし児島さんは冷ややかにこう評します。
 閣僚間の意思の疎通が不十分であれば、それを積極的に是正するのが、首相の役目であり、また手腕というものであろう。それを、自分の話し相手がいないからといって傍観し、その結果、もし自分の意に反する政策決定がおこなわれるのさえ見逃すというのでは、首相としては職務怠慢となるからである。
 あるいは、近衛首相は貴族の生活習慣、つまり何事も目下の者の世話または処理でことをはこび、自分自身は誰からも批判されぬ立場を維持する処世を、首相としての公務にも適用しようとしたのか。(P196-197)
 近衛首相の奇妙な〝正義論〟のまま、事変は中国全土に拡大し、次から次へと兵力増加の親裁を求められて天皇は困惑するばかり。昭和12(1937)年12月、この混迷の中で起きたのが、南京事件。敵意むき出しの中国民衆の中に逃げ込んだ中国兵を掃討するために数万に上る中国軍民の犠牲者が出たのでした。これは、歴史的事実。
 西園寺公爵は、秘書・原田につぶやきます。
 「あきまへんな。これで戦争はどっちかが倒れるまで続きますやろなア」(P215)

 徐州作戦
 支那大陸へ16個師団、約70万人を投入したため、北の守りとなる関東軍は5個師団しか残らず、それがソ連の狙撃20個師団と戦車・飛行機それぞれ1,500台に対峙しています。南京陥落で意気が上がる陸軍としても、冷静に見れば一刻も早く戦争をやめないと国防に差し支えることは百も承知。しかし戦勝国であるという8驕りが、広大な中国からの撤兵という現実判断を妨げます。参謀本部に勤務する秩父宮殿下まで巻き込み、継戦を望む世論に後押しされた政府・軍と、国防の限界を見極める参謀本部との激論さえ発生するありさま。
 ついに御前会議で軍拡路線が採択され、天皇の不満もなんのその、徐州への侵攻作戦が開始されることに。

 ソ連軍進出
 ソ連の極東軍の動きに刺激され、朝鮮軍隷下の第19師団が警備出動します。ここで、この際ソ連軍に一撃を加えるのが得策である、と考えたのが参謀本部作戦課長稲田正純大佐。昭和13(1938)年7月20日、天皇の命令ないままに兵が動く。
 後付けでその報告を聞いた天皇の激怒が伝えられます。
 「元来陸軍のやり方はけしからん。満州事変の柳条溝の場合といい、今回の事件の最初の盧溝橋のやり方といい、中央の命令には全く服しないで、ただ出先の独断で、朕の軍隊としてはあるまじきような卑劣な方法を用いるようなことも、しばしばある。まことにけしからぬ話であると思う」(P263)

 「今後は朕の命令なくして一兵だにも動かすことはならぬッ」(P264)
 とはいえ、一度出兵した以上何らかの収拾をつけないと引くに引けないのが軍事作戦。

 汪兆銘脱出
 日本占領地域内で政権を築いた汪兆銘は、むろん傀儡。政権どころか対日屈服以外実質的に何も出来ないまま、ハノイに逃走することとなったのはどうにもならない流れか。
 ここに来てようやく遺留を押し切って近衛首相が政権を投げ出し、枢密院議長平沼騏一郎男爵がそのあとを継ぎます。この内閣はどうなるのか、湯浅内大臣をはじめとする宮廷側には懸念があります。外交に不安があるのが大きな理由。
 おりしも、軍部、政・官界の一部に高まりはじめた日独伊三国の紐帯を固めようという動きへの警戒感からか。

 ノモンハン事件
 そしてノモンハン事件が起きます。昭和14(1939)年5月。ここで歴史の表舞台に登場したのが、関東軍作戦参謀辻政信少佐。実質的に彼の主導により、「とりあえずソ連に舐められないように叩いておく」作戦が刊行されたのでした、
 その結果は、無惨なもの。
 数字だけから見ると死傷者の数はソ連の方が上回っておりますが、戦略目的を果たしたか、敵戦力を圧倒したか、敵兵力を駆逐したのか、という帰順からすれば、惨敗といっていい。しかも、一人の参謀が主導したにもかかわらず、敗戦の責任は彼に振りまわされた現場指揮官たちに押しつけられ、自決を強いられたものも多かったとか。
 これが、日本というものか。
 この内容は、天皇にどれだけ伝えられたのか。

 ここでこの巻は終わり。(2019/6/9)

 読書メーターの記録より  読了:2019/5/8
ページのトップへ   Ver. 3.05 
管理番号:K004-010 51 伝記・一代記 歴史年表 出版社:文藝春秋社
書名:天皇 Ⅳ 4 太平洋戦争 ISBNなし
文春文庫 141-11 価格:440Yen ページ数:416P 本のサイズ:文庫
初版発行:1981/7/25 購入:1982/6/6 カバー:坂田政則
「天皇 Ⅳ」 児島 襄 第四巻は、13の章。

 第二次大戦勃発
 ノモンハン事件の損害は、苛酷なものであった。 (P9)
 という言葉でこの章は始まります。後日いろいろ言われますが、この戦闘がどんな定義に従うにせよ「負け」であったことは、いまさらくつがえらない。戦場清掃、すなわち遺体収容のための一時的進出まで否定された現地軍は、中央の手のひら返しを食らって痛憤の記録を残すばかりでした。
 この情勢を作った要因の一つが、独ソ不可侵条約の締結、1939年8月23日。日独伊三国同盟の目的の一つが対ソ軍事同盟であったはず。このとんでもない情勢の変化は、日本では平沼首相の退陣という結果、そして陸軍のさらなる台頭をうながすこととなりましたが、世界的にははるかに重大な結果をもたらします。
 独ソ条約の情勢を確認し、ドイツ軍がポーランドに電撃攻撃をかけ、それに呼応してフランス、イギリスがドイツに宣戦布告します。第二次大戦の勃発でした。

 世界の孤児
 昭和15年元旦の天皇の朝食メニューは、
 陸軍兵士用の飯盒に小豆混じりのコーリャン飯が盛られ、同じく飯盒蓋に羊の焼肉少々、もやしのごま和えとタクアン漬数片がのっている。(P35)
 と言うものだったと報道されます。味付けはさすがに大膳寮で調理したものであるから兵士と同じであるはずもないが、かつてない粗食であったらしい。天皇としては、そののちと同じに国民に寄り添った姿だったのでしょうが、それを理解できる人々はいませんでした。
 陸軍大将の阿部首相への失望から倒閣運動がわき起こります。これで何度目なのか。後継候補に万策尽きて、白羽の矢は米内光政海軍大将に。その就任に期待する天皇の思いを踏みにじる陸軍。「桐工作」によりアジアはさらに不穏な空気に包まれ、日本はますます孤立の道へ進んでいきます。

 桐工作
 第二次大戦初頭、オランダ国境で進攻を停止したドイツ軍の動きを、
 「ヒトラーはバスに乗り遅れた」 (P61)
 と評したのは時の英国首相チェンバレン。この言葉を言い始めたのが彼だったとは、知りませんでした。
 しかし4月9日、東京で皇太子明仁新王がランドセルを背負って学習院初等科に初登校している頃、ドイツ軍はデンマーク、ノルウェーに侵攻します。ヒトラーのバスは走り出し、翌月、オランダ、ベルギー、ルクセンブルクはドイツに席巻されました。ウィンストン・チャーチルが英国首相に登り詰めたのはその結果か。
 桐工作という、日本に有利な和平工作が日中間で進められますが、相手の蒋介石夫人宋美齢の弟・宋子良が本物かどうかも疑わしい。結果から見るとずさんきわまる「外交交渉」の行方は。

 陸軍の倒閣工作
 満州国皇帝溥儀の来日は6月26日。率先して天皇の当惑を無視して平身低頭し、のちに著書でその時の屈辱感をめんめんと語ったそうな。児島さんはこれを〝利己哲学〟と呼びます。言い得て妙か。この機会主義的な変節漢は、こうやって生き延びたんだよねぇ。ある意味偉いといってもいいかも。(笑)
 この陰で、陸軍の暴走はますます激化。米内内閣は退陣に追いこまれ、国民の期待を担って自信に満ちた「青年宰相」近衛文麿が第二次内閣を組織することに。この近衛のラジオ放送を聞いた西園寺公爵、ぼそりと言ったそうな。
 「声はよかったが、内容はさっぱりわかりまへんな。うまくやってくれればようおすがなァ・・・」(P109)
 木戸内大臣らの思いも同じだったらしい。

 三国同盟
 近衛文麿は、当時日本国民にとって文字通り希望の星だったのだそうな。その風に乗って第二次近衛内閣は国民の歓呼の声の中で誕生しますが、日本のなかで物資の窮乏から来る社会の歪みはどんどん進行します。それと平行して、天皇を現人神として思想教育をする動きも加速されます。政党もつぎつぎと解体され、8月15日には最後の民政党が解党を宣言。
 近衛としては、新党を立ち上げて民政党との二大政党で政治を運営するつもりだったのだそうですが、時すでに遅し。日本は〝一国一党〟の国家となり、党のもっとも強力な〝株主〟は軍部ということに。
 三国同盟の締結は、この流れの中で行われます。今までの抵抗は何だったのか。

 西園寺公爵の死
 昭和15年11月10日と11日、紀元2600年の奉祝が行われ、その華々しい描写がヴィヴィッドです。そのさなか、自分が蒋介石だったらこの時を狙う、と考えて臨戦態勢を下命し、軍艦「長門」の環境でずっと空を睨んでいた山本五十六連合艦隊司令長官がいたことも、また記憶にとどめるべきか。日本は戦争をしていたのです、すでに、ずっと。
 この11日、最後の元老・西園寺公望公爵は病魔に倒れます。腎盂炎、と診断されます。政界、皇室の切なる思いを裏切り、最期の時を迎えたのは24日午後9時54分。
 最後の歯止めを失った日本の政界は、どこへ行くことになるのか。

 昭和16年春
 この年、日本は日独伊三国同盟にともなうフランス領インドシナ進出などを控え、国際的発言力はいよいよ増し、さらに高みへのぼっていくと確信する者も多かったそうな。しかし国力は限界点に近づき、国家財政は破綻寸前。
 ではどうすればいいのか。ここで、南進論が頭をもたげます。日本に資源がないのなら、南方に求めようという。
 海軍で山本五十六が、陸軍で東條英機が、それぞれの立場で慎重論を唱えますが、流れは止まらない。

 開戦前夜
 松岡外相が訪欧し、ヒトラー、ムッソリーニ、スターリンとつぎつぎ会談し、電撃外相の名を取る外交的偉業を達成した──と自分では思いこむ。その結果日本の政策はどう動いたのか。ゾルゲというスパイは何を見抜いたのか。
 そして天皇は。
 天皇はポケットから紙片を出し、「よもの海みなはらからと思ふ世に など波風のたちさわぐらむ」という明治天皇の御製(ぎょせい)を二度朗詠した。
 「私ハ毎日、此ノ御製ヲ拝誦シテオル。ドウカ」(P235)
 しかし。

 12月8日
 太平洋戦争が始まったとき、天皇はどうしたのか。始まった以上、国家の大元帥として最高指揮官の任に当たります。
 緒戦の快進撃を、彼はどのように見ていたのか。どう思っていたのか。

 ミッドウェー
 捷報がつぎつぎと届く中、国民はだんだんと厳しくなる窮乏生活の中で熱狂します。深刻な食糧難が目の前に迫っていることを知っているのは、わずかな人々。天皇はどれだけそれを知っていたのか。
 押されまくっていた米軍が、ドゥーリットル隊の逆襲を行ったことで発生したミッドウェー海戦。これは分水嶺になったのか。

 天皇と東條英機
 東條英機は開戦の英雄となりましたが、はたしてそのまま宰相の役割を果たし得るのか、と声は、政府関係者だけでなく陸軍の中からも湧き上がっています、ただまじめで隙の無い努力家で忠実な臣下であるからと言って、リーダーたり得るのか、と言う疑問。その権力を笠にした保身は我こそは正義という思いの発露でしょうが、それは日本にとってどうなのか。
 ミッドウェーの敗戦ののち、ガダルカナルが失陥し、山本五十六が戦死します。天皇の憂慮は増すばかり。

 アッツとキスカ
 北方の守りとして占領したアリューシャン列島のアッツとキスカ。アッツ島守備隊が全滅して玉砕という言葉が生まれ、キスカ島からは奇跡の生還を果たす。もう、北の守りはないのか。
 終戦、という言葉が心あるものの脳裏をよぎりますが、それには段取りがいる。
 「斯ンナ戦ヲシテハ、ガダルカナル同様敵ノ志気ヲ昮ゲ、中立、第三国ハ動揺シ、支那ハ調子ニ乗リ、大東亜兼内ノ諸国ニ及ボス影響ハ甚大デアル・・・」
 「何トカシテ何処カノ正面デ米軍ヲ叩キスケルコトハ出来ヌカ」(P351)
 天皇の声に、陸海軍の重鎮たちはうなだれるばかり。

 中野正剛自決
 中野正剛(なかの せいごう)とは、国家主義政党である「東方同志会」の主宰者。衆議院議員。反東條英機の立場から彼を首相から退陣させ、国家にとってより役だつ陸軍参謀総長に据えようとする迫水久常らの工作に荷担します。しかし独裁職をますます強める東條の網に引っかかります。しかし8彼を逮捕起訴すべき法律上の裏付けはない。
 憲兵隊の取調で造言を「自供」した彼ですが、かといってそれ以上拘留すべきいわれはない。この時点で釈放された彼は、憲兵隊も死んでもらう必要などはなかったはず。その彼がなぜ自決を選んだのか。
 閉塞していく日本の姿を描いて、この巻は終了。(2019/7/27)

 読書メーターの記録より  読了:2019/6/23