トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: A006 阿川弘之 Agawa Hiroyuki
国籍: 日本 生没年:1920/12/24〜2015/8/3
 『私の履歴書』によると、[私の「履歴」を一と言で記せば、「地方の平凡な中流家庭に生まれ、小学校から大学まで、ごく平坦平凡な学生生活を送り、戦争中は海軍に従軍して多少の辛酸を嘗めたが、戦後間もなく志賀直哉の推輓により文壇に登場、以来作家としてこんにちに至る」、これだけである〕
 本籍地は山口県だが広島市生まれ。東京帝国大学を繰り上げ卒業して1942/9海軍予備学生として入隊。1943/8海軍少尉任官。終戦時海軍大尉。
 エッセイ、随筆、戦記文学などで有名。
 2015年8月、老衰で死亡。94歳。
阿川弘之
管理番号 書  名 メ  モ
A006-005 海軍こぼれ話 海軍士官だった阿川氏の思い出
A006-008 私記キスカ撤退 あの戦争への思い・短編集とエッセイ集

ページのトップへ
 

  Ver. 3.01 
管理番号:A006-005 64 エッセイ 出版社:光文社
書名:海軍こぼれ話   ISBN4-334-97033-8 C0095
初出誌:「週刊宝石」(光文社)昭和58/11/4〜59/11/9 価格:880Yen ページ数:320P 本のサイズ:130×190SC
初版発行:85/3/30 第5刷:85/5/15 購入:1986/2/9 表紙イラスト:
「海軍こぼれ話」 阿川弘之 阿川弘之氏の訃報を聞いたあと、物置で見つけたので再読。
 作家・阿川弘之さんは、海軍に奉職していた時期があります。昭和17年8月東京帝国大学文学部国文科を繰り上げ卒業したのち、海軍予備学生として海軍士官の道に入ったのです。
 当時、昭和16年に始まった太平洋戦争はますます激化し、まともな体格の若者はみな軍隊に引っ張られる運命だった時代でした。ご本人は泥臭い陸軍に徴兵されるより海軍士官に憧れたので海軍に志願した、という言い方をしますが、優秀な頭脳を持った若者は、本職の軍人になるルートでなくても、ただの兵隊としてより士官になって部下を率いる方に廻った方がお国のためになるもの。
 その一人であった阿川さんは、あのつらい時代にあって、日本海軍の良いところをたくさん見聞きする幸運に恵まれたのです。

 昭和58年、阿川弘之さんは 「鬼のおくび」 と呼ぶ引退したかつての某雑誌の編集長に焚きつけられ、長期連載の傍らではあるけれど軽いものを書いてみないか、といわれます。
 「鬼のおくび」 とは、講談社の名物編集者、大久保房雄さんのこと。2014年7月に亡くなられたそうです。
 ああだこうだと言っているうちに、海軍時代に体験したことや取材メモに残っていて作品には使わなかったものを、こぼれ話としてエッセイふうに書くことを約束させられたのだそうな。そして50のお話が雑誌に載ったのち、本にまとめられたのがこれ。
 ああそうだ、海軍のあれこれの雑知識は、ほとんどかなりの部分が、この阿川さんの軽いタッチの文章から憶えたんだっけ。

 慶応の塾長、小泉信三(1888-1966)の話。
 小泉塾長は、野球場で突然はげしい夕立になったような場合、学生たちがうろたえ騒ぐのを、かねて苦々しく思っていた。新聞紙を頭へのせて駆け出したり、貴賓室の軒下へわっと逃げ込んだり、
 「たしなみのある人間のやることじゃない。雨に濡れたって死にゃあしない」
 よくそう言っていたが、そのうち息子が大学を卒業し、二年現役の主計中尉として築地の海軍経理学校へ入る。制服の海軍士官は、雨の日でも傘をさすことを許されていない。外出中にわか雨にあったらどうするのか。
 信吉中尉が経理学校で教えられたのは、
 「ゆっくり濡れて来い」
 うんそうかそいつはいい、格段上だと、小泉先生、感心なさった。  (P18-19)
 格好づけのダンディズム、万歳。

 敵を知らずに、知ろうとせずに憎み、批判する愚かさ。ペンの力で剣を黒く塗りつぶしてしまった暗黒の歴史。
 うちのお嬢さんアシスタントが軍艦旗を知らなかったのも、空母「カールビンソン」の番組を担当した女性アナウンサーに、士官学校と兵学校の区別がつかなかったのも、すべて教育の成果である。
 この人たちの世代は、高校で日本史の勉強をする際、日本の軍隊はすべて悪なり、日本陸海軍のことなんか全部忘れましょうと、この間まで存在したものを、よってたかって棚上げされてしまった。「悪」を批判するにも、まず知らねばなるまいが、知らなくてもいいことに、みんなでしてしまった。  (P33)

 略字、省略文が大好きだった日本海軍のこと。
 入港中の聯合艦隊各艦が、発光信号で忙しくやりとりをしている。或いは手旗信号でしきりに交信している。緊迫した荘重な光景だが、実は大したことを言っているわけではない。秘密の内容でもない。ただ、略語だらけだから、一般の人が読み取っても、何のことかわからない。
 「ム」
 これ一字で、
 「迎えの内火艇送れ」 
 「カヨカ、カコシラ」
 と信号があれば、
 「本艦艦長より貴艦艦長へ。艦長並びに航海士来艦されたし」
 司令官はシカ、軍医長はグチ、砲術士をホシ、先任参謀をセサ、横須賀鎮守府がヨコチンで、佐世保鎮守府はサチンと言った。海軍士官の心得帳に 「海軍士官は時計で闘ふもの」 とある通り、洋上でとろくさいことは厳禁、もたもたしていたら生死にかかわる、そこからこの種の特殊用語がたくさん編み出されたのだと思う。  (P40-41) 

 ヘンな英語もどきを使った例として、かの有名な放送禁止になりかねない用語をいろいろ説明したあとで、
 士官も下士官兵も使った日常語では、風呂がバス、ブリキ罐がチンケース、道具箱がギヤボックス、色々あるけど、いずれにせよ、ことごとく英語みたいなものだから、戦争中世間に 「敵性語廃止」 の声が高くなっても、海軍は英語の全廃など到底出来なかった。
 水兵服の背のよだれ掛のような布をジョンベラ、ひいて水兵服のこともジョンベラ、語源不明だが、やっぱり英語らしい。一説によると、明治初年、英国人が 「ジョンブル、ジョンブル」 と言っているのを聞いて、英海軍の水兵乃至水兵服のことだと思い、それがなまってジョンベラになったのだそうだ。ジャンパーのなまりだという説もある。こちらの方が正しいかも知れない。  (P46)

 ヤクザと海軍士官の共通点。あるいは、にせヤクザ、にせ海軍士官を分ける方法。
 スチュワーデスの話によると、東京大阪間、東京福岡間のジェット機に、何々組の大親分といった感じの客がよく乗りこんでくる。本物の親分か、一見ヤクザ風の堅気か、初めのうちはなかなか区別がつかないけれど、実は見分けるポイントがひとつあって、足元を注意すればいい。ほんものなら、靴が非常にきれいで、必ずピッカピカだという。
 それを聞いて、海軍が靴の手入れにうるさかったのを私は思いだした。  (P130)
 若手士官の靴の磨き方まで身支度のうち、という気障なダンディズム。なるほど。

 陸軍嫌いだった海軍のこと。
 豊田副武提督は、「馬糞」 と称して陸軍を嫌ったが、実際馬糞臭い、泥臭い、独りよがりで理知的でない、無教養、かつ押しつけがましい感じがする。泥だらけの長靴で人の領分へズカズカ踏み込んでくる──。思想的には正反対のようだが、こんにちの国労勤労、日教組とよく似ている。これは、人間の自由とか品位とかを多少とも考える者に、好かれる体質ではなかった。
 その点海軍は、無意識にもせよ、若い知識層の心をつかむコツを心得ていた。  (P187)
 こりゃあまあ、阿川さんが海軍びいきだからね、割り引いて考える必要はあります。
 実はこの話、題名は海軍馬鹿なのですが、とある結婚式場で阿川さんはそんな海軍馬鹿に会ったのだそうな。
 「私のところに、聯合艦隊の模型が揃ってるんですがネ」
 「聯合艦隊?」
 「ええ。戦艦霧島、駆逐艦島風の、三百分の一フルモデルをはじめ、国際スタンダードの六百分の一模型で、聯合艦隊の艨艟およそ六百隻が揃えてありますが、一度見にいらっしゃいませんか」
 「へえ...。あなたは、その、海軍の主計か何か」
 「いやァ、そんな齢じゃありません。もう少し若い戦後派です」  (P188)
 それが、当時の龍角散社長の藤田康男氏(1930-1996)。そして後日案内された龍角散ビルの特別室で見せられたものは、日本海軍の戦艦群、重巡、軽巡、航空母艦、潜水艦。観艦式のかたちで並べられた約百隻の艨艟たち。これでも全体の約六百隻のほんの一部だという。代表艦だけではなく、すべての軍艦が揃っているのだそうな。軍艦だけでなく、一等、二等の駆逐艦、波号潜水艦、はては運搬船の蜻洲丸(せいしゅうまる)()まで揃っていたのだそうな。
 船体は朴の木で、設計製造は若い宮内晴美という人、とありました。
 龍角散の本社ビルには、今もなおこの艦船模型が所蔵されているのでしょうか。
 調べてみましたところ、この方はその道では有名な方だったそうです。昭和58年頃、38歳くらいかな。千葉在住だったのですが、残念ながら2011年3月11日の東日本大震災による津波で亡くなられたとか。 参考 → 工房はるみ

 昭和18年12月末、海軍通信解読斑に属していた阿川少尉は、暇な勤務の途中、課長である江口中佐にジョニー・ウォーカーを振る舞われます。藤平田少尉という同僚と共に戦局について聞いた話。
 ことし一年間だけで、山本聯合艦隊司令長官戦死、アッツ島玉砕、マキン・タワラの守備隊全滅と、容易ならざる事態が続いておりますが、日本は一体、この趨勢をどこでどうやって盛り返して最後の勝利を....。
 無表情に聞いていた中佐が、愛用のパイプを置いた。
 「海軍には、もう少しマシな人間もおるんだが」
 私の方を見ずに言った。
 「嶋ハンがまるきり東條の副官だからナ、どうにもなるもんか」  (P231)
 このあと、君は正月に国へ帰らんのか、と課長に言われるシーン。広島? 日がない? じゃあ君、明日から風邪を引け、という。
 こんな人もいた、と言われたのは、のちに空母瑞鳳の副長として、フィリピン沖海戦で戦死した江口穂積中佐 (海兵51期)。

 それから、岡田啓介さん.を匿った女中さんたちの話、宮内晴美さんの軍艦工場 「工房はるみ」 を訪問した話、天皇陛下の階級とは本当は何だったのか、軍服はどのように仕立てられていたのか、満艦飾とは万国旗の事ではなく信号旗を並べるのだということ、遺体を水葬するときは上甲板に上げるときも海中へ投じるときも足を先にしたこと、ラッタルは駆け足で上がるべし、海軍の考課表とは評価された方だけでなく評価する方も見られるのだと言うこと、日付変更線のことを考えず陛下に変な奉答をした永野修身大将のこと。
 面白い話、真面目な話、色々な話。

 こんな本を残してくれた阿川さん、ありがとう。いまでも楽しく読ませていただいていますよ。  (2015/10/18)
ページのトップへ     Ver. 2.23 
管理番号:A006-008 52 戦史・戦争ノンフィクション 出版社:文藝春秋
書名:私記キスカ撤退   ISBN4-16-714606-1 C0131
文春文庫 146-6 価格:340Yen ページ数:240P 本のサイズ:文庫
初版発行:1988/6/10 購入:1989/1/8 表紙イラスト:倉田明典
阿川弘之「私記キスカ撤退」 戦記ものの短編集です。フィクションではない。
 まず三編は、戦記ドキュメンタリー。それから後2/3は、海軍の伝統と気風について と題して小エッセイが十編。阿川さんの、あの時点での戦争体験の総決算みたいなものかな。

私記キスカ撤退
木村昌福(きむら・まさとみ)少将 キスカ撤退とは、昭和18(1943)年7月に行われた日本海軍の作戦行動の一つで、公式には「ケ号作戦」と呼ばれたいくつかの作戦の一つです。そのなかでもこれは、「キスカ島撤退作戦」として、北太平洋アリューシャン列島のキスカ島を占領した陸海軍の将兵を、成功裏に安全に撤退させた数少ない作戦として「奇跡の作戦」と呼ばれた名高いものです。
 この作戦を、気象予報の任務について苦労した竹永少尉らの視点で描き直したのがこの短編。今では周知のこととなった第五艦隊の干渉や、実働部隊の指揮官であった第一水雷戦隊の木村昌福(きむら・まさとみ)少将(右写真)の決断、米軍がなぜ包囲を解いたのかの事情などが、阿川さんらしい生き生きした文章で描かれ、いま読んでも面白い。
 この作戦が奇跡だったと言うことは、日本海軍が戦うことは重要視したが、いかに将兵の生命を守る事に鈍感であったかという現実を突きつける事となるのですが、はたしてこの事実は認識されたのか。少なくともあの当時は、当事者がそれを認識して活用したという記録は皆無のようです。困ったことに。

アッツ紀行
 キスカ島と共にアリューシャン列島で日本が占領したアメリカの領土は、アッツ島でした。
 この経緯は、1942年6月に発動されたかの有名なミッドウェー攻略作戦(MI作戦)と同時に行われたAL作戦によります。北方の島々などまったく意識していなかったアメリカは、あっさりと占領を許してしまったのですが、戦略的に無意味とはいえ一応正規のアメリカ領土を占領されたということでプライドがいたく傷つき、1943年5月、2650名の日本兵が守るこの島に、戦艦三隻などに援護された1万人以上のアメリカ兵を上陸させたのでした。17日間に及ぶ激戦ののち日本軍は、負傷した20数名の兵士を残して玉砕します。
 キスカ撤退作戦は、その2ヶ月後に起きます。
 この島々をぜひとも見たいという思いで、阿川氏は1970年になってあの手この手を尽くしてアンカレジ周りでここにむかったのだそうな。無人島となっていたキスカ島には着陸できず、上空から民間機のDC6で見おろすだけだったそうです。ところがたまたま乗客が少なくなっていたこともあって、パイロットが協力してくれて、高度を落として何度も何度も旋回してくれたのだそうな。そのあとアッツ島に着陸し、激戦地をめぐって慰霊したそうです。

二十八年目の真珠湾
 1955年の暮れに阿川氏は、一度真珠湾軍港に行ってみたことがあったそうです。しかし当時はさすがに中に入れなかったそうな。
 それから18年たって、真珠湾を訪問し、上空を小型機で日本艦隊の航空機と同じ軌道を描いて飛行してみたのだそうです。その時の思いを綴ったもの。
 昭和初期、満洲へ行く旅行者は、途中の旅順の町をバスを連ねて戦跡あとめぐりに行ったのだそうな。ハワイを訪れる観光客はそれに似ているとのこと。なるほど、そんな見方もありか。

 そのあとじは、海軍の伝統と気風と題したエッセイ集。つらいながらも、当時の社会の中ではBetterな世界であった海軍士官となったことで、楽しいとは言えなくても日本海軍のよい面のなごりを見ることができたので、それが阿川氏の戦争観の基礎になっています。
 戦争を肯定的に見る、などと言うことはありません。文学者らしく、人を殺し合う不幸な歴史の悲惨さをちゃんと伝えています。
 しかしそのせいで、阿川氏の姿勢がいわゆる海軍善玉説に傾いているのもしかたないのかな。

 阿川さんの見た海軍は本当にこうだったのか、という面で疑問を持つことはないのですが、阿川さんの見た日本海軍の顔は、必ずしも日本海軍の全てではないよな、などと知識ばかりが増えていった半可通のマニアとして、ちょっと思いました。 (2011/4/16)