トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号:P029 エリス・ピーターズ Peters, Ellis
国籍:イギリス 生没年:1913/09/28〜1995/10/14
 本名イーディス・パージター(Edith Mary Pargeter)。イギリスのシュロップシャー生まれの作家。チェコ語の翻訳家としても著名。チェコスロバキア国際関係協会金賞を受賞。
 本名で歴史小説を書く一方、エリス・ピーターズの筆名でフェルス一家シリーズ・修道士カドフェルシリーズなどの推理小説を執筆した。
 右写真は、カドフェル役の役者サー・デレク・ジャコビと共に。
管理番号 書名 管理番号 書名
P029-001
P029-002
P029-003
P029-004
P029-005
P029-006
P029-007
P029-008
P029-009
P029-010
P029-011
聖女の遺骨求む
死体が多すぎる
修道士の頭巾
聖ペテロ祭の殺人
死への婚礼
氷のなかの処女
聖域の雀
悪魔の見習い修道士
死者の身代金
憎しみの巡礼
秘跡
P029-012
P029-013
P029-014
P029-015
P029-016
P029-017
P029-018
P029-019
P029-020
P029-021
門前通りのカラス
代価はバラ一輪
アイトン・フォレストの隠者
ハルイン修道士の告白
異端の徒弟
陶工の畑
デーン人の夏
聖なる泥棒
背教者カドフェル
修道士カドフェルの出現
 12世紀、イングランド王位継承戦争の陰で起きた小さな修道院の歴史ミステリ。
 修道士カドフェル・シリーズについて書いていくと、下の巻になるに従いネタバレは避けられません。ご了解ください。

 
管理番号:P029-001  33 歴史小説・ミステリ 歴史年表 出版社: 社会思想社
書名:聖女の遺骨求む 修道士カドフェル Brother Cadfael 発行 1977年
原題:A Morbid Taste for Bones  教養文庫 3001
翻訳:大出 健 価格:\680 ページ数:318P 装丁:文庫
イラスト:春井裕
初版発行:90/11/30 第9版: 96/6/30 購入:00/1/10  
 エリス・ピーターズ女史の「カドフェル修道士」です。
 普通これはミステリに分類されると思います。しかし、ぼくにとってのTasteは、(むろんMorbidではなく、)歴史小説の面白さ、これに尽きます。

 12世紀、イギリス。ウェールズに近いシュロップシャーにある、シュルーズベリという町に、ベネディクト会派の修道院があります。
 むろんこの時代、国王ヘンリーによる国教宣言はなされていませんから、カトリックが唯一の「正しい」キリスト教であり、教会はその教え手であり、修道院はその守り手でした。ルネッサンスに始まる西欧文化の復興まで、あと数百年隔たった中世の時代です。
 5月の朝、修道院のはずれにある薬草園で、ありとあらゆるハーブを調理用、薬用として丹誠込めて育てあげている初老の修道士が働いています。ウェールズ生まれ、小柄で、ややがに股。まるで船乗りのように体を揺すって歩き、体は頑健そのもの。
 これがカドフェル。平修道士として余生を送る、十字軍兵士の隠居姿です。

 修道院は、年老いてすでに気力が失せ欠けたヘリパート修道院長と、貴族の血を引くロバート副院長によって運営されています。ロバート副院長は50才。身長は180cmを超え、やせ形で優雅かつ怜悧な風貌で、野心家です。
 彼の長年の画策によって、修道院の名を高からしめるために、守護聖人の秘跡を、できれば遺骨を手に入れようと言う話がまとまり、紆余曲折の末、カドフェルと元気いっぱいのその弟子、見習い修道士ジョンもこの一行に参加します。
 カドフェルは遺骨のあるウェールズ語が話せるため、ジョンは下働きとラバの世話。
 ロバート副院長に率いられた総勢5人が、ウェールズのグウィセリンに現れ、長く忘れられていた聖ウィニフレッドの遺骨を譲り受けたいと願ったとき、事件は起こります。

 正統的な、ミステリです、これは。
 しかし舞台はきっちりと調べ上げられた中世の世界。そしてロマンティックな愛を願う男女。

 単なるミステリのカテゴリではない、とぼくは思いました。

 
管理番号:P029-002   33 歴史小説・ミステリ 歴史年表 出版社: 社会思想社
書名:死体が多すぎる 修道士カドフェル Brother Cadfael 発行 1979年
原題:One Corpse Too Many 社会思想社 教養文庫 3002
翻訳:大出 健 価格:\640 ページ数:356P 装丁:文庫
イラスト:春井裕
初版発行:91/1/30 第7版:97/9/30 購入:00/1/29  
 時は1138年、初夏。カドフェル 57才。

 歴史上有名なNorman Conquestにより、弱体化していたイングランド・サクソン族のウェセックス王家がウィリアム1世に王位を明け渡し、ノルマン王朝となってから約70年、直系の男子がいないヘンリー1世の死後、王位はいとこ同士によって争われます。

 先王より後継者の指名を受けたのは、ヘンリー王の娘のモード(マティルダ)。
 彼女は、(さあ、ややこしいですよ!)ハインリヒ2世(聖者王 973-1024 ドイツ王:1002-1024 神聖ローマ皇帝:1014-1024)に嫁し、死別後にアンジュー伯ジェフリー(ジョフロワ4世 1113-1151 アンジュー伯:1129-1151)と再婚し、数人の子をもうけていました。しかし、彼女は現時点ではフランスの夫の領地にいます。簡単に動ける状態ではありません。

 ここに現れたのが、ブーローニュ伯エティエンヌ・ド・ブロワ(1097-1154)。
 彼は征服王ウィリアム1世の娘であるアデル(アデラ?)とブロワ伯エティエンヌの間に生まれ、モードのいとこに当たります。彼は英国内の貴族たちを手なずけ、この数年前に英国に上陸し、イングランド王を宣言しました。スティーヴン王の誕生です。

 収まりがつかないのは、むろんモードとその夫。そしてヘンリー王の後継指名に従って見たこともない海の向こうの女帝に忠誠を誓った貴族たち。
 こうして、イングランド国内は内乱状態となり、女帝モードとスティーヴン王の二つに分かれた陣営の戦いの場となったのです。


 さて、戦乱が静かなシュルーズベリにも移ってくると、修道院も戦いの波はかかります。
 戦乱の世であっても、教会を荒らす野蛮人ではない両陣営の間で、修道院はひっそりと平和を祈ります。
 カドフェルの元に、一人の少年が助手として預けられました。名はゴドリック。17才。
 よく働くのですが、ほっそりと貴族的な顔立ち。何か謎がありそうです。

 シュルーズベリの町の執政官ウィリアム・フィッツ=アランは、スティーヴン王に忠誠を誓いながら途中でこれを裏切り、反旗を翻しました。王はその討伐の軍とともにシュルーズベリに現れ、町の砦を陥落させます。
 スティーヴン王は、気まぐれで鷹揚で寛容なところがあり、これが味方を集めるとともに裏切り者を育てるという実例がありました。このため今回は見せしめの意味もあって、やむを得ず最後まで砦に残った94人を処刑するように命じます。

 この死体を処理することを願い出た修道士たちのなかに、カドフェルもいました。彼らは痛んだ死体を清めながら収容しているうちに、一体だけ変わった死体を見つけます。戦支度をしていない服装で、処刑されたのではなく細い紐で首を絞められて死んだ死体です。
 しかも、死体の数が一つ多い。
 戦争は起こってしまったことだから仕方がない。しかし、誰かが卑劣な殺人を犯し、それを隠したとなると話は別です。
 カドフェルの調査が始まります。

 カドフェルの弟子以外にも、二人のユニークな人物が登場します。
 一人は18そこそこの美しい娘。アライン・サイフォード。金髪。黒みがかったブルーの大きい瞳。父を失ったばかりでこの若さながら、領地を一人で切り盛りする切れ者。5人の騎士と40人の兵士を連れてきて、スティーヴン王を喜ばせます。
 もう一人は、反乱の首謀者の一人の娘と婚約していたというマイスベリのヒュー・ベリンガー。年は22才。ほっそりとして中背。色黒で鋭い目鼻立ち。癖のある薄い眉毛。危険な匂いのする青年。彼も兵士を連れてスティーヴン王に味方しに来たと言いますが、すぐには信用されません。しかし、その不信も意に返さず泰然としています。

 この二人は、カドフェルとどう関わってくるのか。カドフェルの弟子の謎は。
 乞うご期待!

 ちなみに。
 女帝モードの長男が、のちのヘンリー2世(1133-1189 イングランド王:1154-1189)であり、彼はプランタジネット家の開祖となります。
 
 
管理番号:P029-003 33 歴史小説・ミステリ  歴史年表  出版社: 社会思想社
書名:修道士の頭巾 修道士カドフェル Brother Cadfael 発行 1980年
原題:Monk's Hood 社会思想社 教養文庫 3003
翻訳:岡本浜江 価格:\680 ページ数:317P 装丁:文庫
イラスト:春井裕
初版発行:91/5/30 第4版:95/10/30 購入:00/2/6  
 時は1138年、12月初めの朝。

 戦乱も一段落つき、豊作にも恵まれたシュルーズベリの町。
 ヘリパート修道院長やロバート副院長51才。ロバートの秘書のジェローム修道士。
 耄碌しているが物知りのリース修道士、施薬係のエドモンド修道士、見習い修道士の監督ポール修道士。
 だんだんと登場人物たちの役割と個性がはっきりしてきます。
 カドフェルには新しくマークという見習い修道士が与えられます。彼はどうやら長続きしそうです。

 しかし、主要人物たるヘリパート修道院長は、冒頭で舞台から去ります。
 ウェストミンスターの、スティーヴン王の宮廷より召還されたのです。おそらくは、修道院長の解任となるらしい。あわて騒ぐ修道士たちの前を、修道院長はあわただしく去っていきます。
 ほくそ笑むのは、順繰りに上がって行くであろう自分たちの地位を思う、ロバート副院長の取り巻きたち。

 さて、修道院内に住むことを願い出た引退した地主がいます。
 自分の荘園を寄進する変わりに、衣食を与えられる契約を希望しています。
 この家で事件が起こりました。
 どうやら、毒による中毒死らしい。
 毒とは、トリカブト。その形から、「修道士の頭巾」と呼ばれています。
 その家に介抱に行ったカドフェルは、驚くべき事に気づきました。
 荘園主の後妻である50半ばの女性とは、彼が40年前十字軍に行くときにおいていった許嫁(いいなづけ)であるリチルディスだったのです。
 しかも、犯行はどうやら彼女の連れ子であるエドウィンらしい。

 カドフェルの調査が始まります。
 頑迷な執行官に悩まされますが、幸運なことに、途中から新たに任命された新執行副長官、ヒュー・ベリンガーの手を借りることができます。
 このあたりは、頑固な警官に悪戦苦闘する民間探偵のパロディといっていいのかな?

 カドフェルのウェールズ人としての名乗り、あるいは家族名が紹介されたのはこの巻ですね。
 「トレヴリューはダーヴィズのメイリール・アプ・カドフェルと名乗ることもあります」
 と、彼自身の声で教えてくれます。
 
 
管理番号:P029-004   33 歴史小説・ミステリ 歴史年表 出版社: 社会思想社
書名:聖ペテロ祭の殺人 修道士カドフェル Brother Cadfael 発行 2002年
原題:Saint Peter's Fair 社会思想社 教養文庫 3004
翻訳:大出 健 価格:\660 ページ数:362P 装丁:文庫
イラスト:春井裕
初版発行:91/9/30 購入:00/4/25  
 1139年7月30日、聖ペテロ祭前夜祭の前の日からこの話は始まります。

 シュルーズベリ大修道院の正式名称は、聖ペテロ聖パウロ大修道院であり、聖書に名高いキリストの最も優れた弟子二人の名を取っています。この両名の名を並べるのが正しいのですが、しばしば公文書でも聖パウロの方は簡略化されるきらいがありました。
 新しい修道院長ラドルファスは、常識をわきまえた厳格な人ですので、そのような怠惰は許しません。書記となる修道僧たちは、今後の文書を書くとき、いっそうの注意を要求されることとなりました。

 聖ペテロ祭は、修道院のイベントであるとともに、シュルーズベリの町にとっては祭りです。近郊からも、遠方からも商人たちが集まり、市をなします。
 この商人たちが町に入る通行税、セヴァーン川から陸揚げするときの税は、町にではなく修道院に入ります。
 うち続く戦乱で復興もままならない町の商人たちにとって、これが不満の種でした。

 町長を初めとする町の顔役たちの、この税を町の方へも回してもらいたいというラドルファス修道院長への嘆願は、却下されました。法律と慣習がそれを許さないからです。
 これに不満を持つ町の若者たちは、シュルーズベリに入る外来の商人たちに直接これを訴え、町に税金を払うように要求します。
 むろん、このような暴論が通るはずもなく、話し合いは話し合いの形にもならないままで暴動になってしまいました。
 次の日、若者に詰問されてむっとしていた外来の商人が、殺されて発見されます。
 犯人はその若者なのか。

 実は、その裏には女帝モードとスティーヴン王の確執もありました。陰謀の中の陰謀。
 歴史は面白い。

 ラドルファス院長は、その場に居合わせたカドフェルに、この調査にかかるように正式に指示を出します。カドフェルが修道院の命で初めて探偵役となる話ですね。

 
管理番号:P029-005  33 歴史小説・ミステリ 歴史年表 出版社: 社会思想社
書名:死への婚礼 修道士カドフェル Brother Cadfael 5 発行 1981年
原題:The Leper of Saint Giles 社会思想社 教養文庫 3005
翻訳:大出 健 価格:\621 ページ数:320P 装丁:文庫
イラスト:春井裕
初版発行:91/11/30 第二版:93/2/28 購入:00/5/4  
 この本の原題は、「The Leper of Saint Giles」・・・「セント・ジャイルズの癩病患者」
 しかし、日本語題は、何ともおどろおどろしい。

 1139年10月月曜日。カドフェルは修道院の門番を出るとき、ふといやな予感におそわれました。
 行く先は、半マイル離れたセント・ジャイルズ教会付属の施療院。
 そこには、癩病、つまりハンセン氏病患者が収容されており、常に多量の医薬品を必要としています。カドフェルの助手を務める修道士マークが、そこに今います。
 マークは、貧しい農民の出ですが、優れた才覚と優しい心を併せ持った少年です。物静かで、几帳面で、手先が器用。

 カドフェルが施療院についた頃、婚礼の行列が通りかかります。花婿はウォン・ド・ドンヴィル。シュロップシャーとチェシャーとスタフォードとレスターに領地を持つ有力者。年はもう50をゆうに超えて、60に手が届こうかという年齢。
 花婿は18そこそこ。乳母の手を離れたばかりの年齢。

 花婿の行列の前で、よけることができずよろめいた一人の患者。頭巾付きのガウンをまとい、痩せて片足が不自由な老人に、花婿は大声で怒鳴りつけます。
 「道をあけろ、うじ虫ども! その見苦しい姿を金輪際見せるな!」
 振り下ろされる鞭。
 カドフェルより早く身を投げて老人を庇い、次の一撃を受け止めようとしたのはマークでした。

 老人は、かなり病気が進み、苦痛があるはずなのに声に出しません。彼は何者なのか。

 花嫁は、伯爵領にも匹敵する領地を相続したばかり。しかし彼女の叔父と花婿は、この領地を分け取りするためにこの婚礼をたくらんだ...との噂があります。
 花嫁に同情する花嫁の従者ジョスリンは、彼の怒りをかって暇を出されます。

 婚礼の直前に、ドンヴィル卿は殺されました。
 誰に? なぜ?
 花嫁の運命は?
 あの、老患者の正体は?
 「墓石をころがしてどけることなど、考えないほうがよい。
  わしはその下で満足している。静かに寝かせてくれ」

 この話の中で、その後渋い役どころとなる女性、ソーンベリのエイヴィスが登場します。
 なかなか面白い前歴があり、なかなかおもしろいおばさんです。 (05/3/3)

 
管理番号:P029-006  33 歴史小説・ミステリ 歴史年表 出版社: 社会思想社
書名:氷のなかの処女 修道士カドフェル Brother Cadfael 6 発行 1982年
原題:The Virgin in the Ice 社会思想社 教養文庫 3006
翻訳:岡本浜江 価格:\621 ページ数:316P 装丁:文庫
イラスト:春井裕
初版発行:92/3/30 第五版:97/2/28 購入:00/5/28  
 うーむ、なかなか意味深な日本語題。原題も同じ、「The Virgin in the Ice」です。

 1139年11月初め。女帝と国王の内乱が、ウスターの町をおそいました。
 生き残ったものの一部は、命からがらシュルーズベリの町に逃げ込みます。
 厳しい顔のヒュー・ベリンガーはカドフェルに、シュロップシャーの執行長官ギルバート・プレスコートの副官として、断固として治安を守ることをカドフェルに誓いますが、戦乱は容赦なく迫ってきます。

 ウスターの貴族の子供、イーヴ少年とその姉のアーミーナが、行方不明になったと言う連絡が、ベネディクト修道院を驚かせます。彼らに付き添ったヒラリア修道女も行方不明。
 彼らの叔父は、アンジュー王家の血を引くローランス・ダンジュー。女帝側です。
 しかし、シュロップシャーの町は、王側。

 12月5日の昼頃、傷ついた修道士が発見されます。ウスターの修道院の修道士らしい。
 ナイフで刺されています。何があったのでしょうか。

 イーヴ・ユーニゴンが発見されますが、その姉はまだ行方不明。
 捜索が続く中、池の氷の中に若い女の死体が発見されました。

 半狂乱となった謎の修道士。
 イーヴの姉。
 カドフェルの捜査が始まります。

 読み終えたとき、もう一度題名を見ると、ああ、とうなずくことでしょう。

 アーミーナの叔父の従者で、オリヴィエ・ド・ブルターニュという青年が登場します。
 カドフェルの表情が歪みます。

 そして、別れ。
 生まれたばかりの息子を自慢する親バカぶりが微笑ましいヒュー・ベリンガーの横で、心満たされた表情で見送るカドフェル。

 あと11日でキリスト降誕祭です。 (05/3/3)

 
管理番号:P029-007  33 歴史小説・ミステリ 歴史年表 出版社: 社会思想社
書名:聖域の雀 修道士カドフェル Brother Cadfael 7 発行 1983年
原題:The Sanctuary Sparrow 社会思想社 教養文庫 3007
翻訳:大出 健 価格:\660 ページ数:330P 装丁:文庫
イラスト:春井裕
初版発行:92/9/30 第四版:95/10/30 購入:00/6/25  
 1140年のイースターが終わってまだ四週間も経っていない穏やかな春の真夜中。
 南部では王と女帝の争いは続くけれど、とりあえずシュルーズベリ周辺は安泰です。
 「夜半の祈り(マタン)」の祈祷を行う修道院の礼拝のさなか、轟音と共に扉が開き、一人の男を追ってなだれ込んでくる集団を修道院長ラドルファスのかかげる蝋燭が照らします。
 追っ手たちは、祭壇の前に倒れ込んだ男を踏みつけ、殴りつけます。哀れな男はすでに血だらけ。
 ラドルファスは僧衣の端を鞭のように一閃し、怒号します。
 「無礼もの、控えよ! 神に対する冒涜であるぞ。この聖なる場所から失せよ、そして恥を知れ。さがれ、おまえたちの魂を、わしが永劫に地獄へ追放する前に!」

 いい訳文だなぁ... いや、そういう話はおいといて。
 落ち着きを取り戻した追っ手たちは、その男が盗賊であると告発しますが、ラドルファスは宣言します。神の前の聖域(サンクチュアリ)に助けを求めた雀を、ここから連れ出すことは許さない、と。
 修道院長は、法の守り手である執行長官あるいは執行官をつれて明朝来るようにと素っ気なく言い渡したのでした。

 助けられた若い男は、見知らぬ男でした。告発に心当たりはない、と聖イレリウスの遺骨に誓います。
 リリウィンと名乗る放浪芸人は、結婚式場で芸を見せた後、金細工職人であるその主人を殴って怪我をさせ、金箱の硬貨や金細工品を盗んだと言われています。

 死人船(しびとふね)のマドックという男が登場します。セヴァーン川のことはすべて知り尽くした船頭で、洪水で流された人や川に投げ込まれた人の打ち上げる場所を誰よりもよく知っている男です。カドフェルとマドックは、錠前屋のペッシュがの死体を川端で発見します。
 だれが、なぜ殺したのか。

 結婚式のあった金細工職人、オーリファーバー。彼の家で不幸が始まろうとしています。
 自分の家族を持つ幸せを捨てて家のために尽くしたスザンナ。その地位を奪う若い嫁。
 錠前屋と、金細工職人の老祖母を殺したのは誰か。
 悲しい結末です。  (05/3/19)

 
管理番号:P029-008  33 歴史小説・ミステリ 歴史年表 出版社: 社会思想社
書名:悪魔の見習い修道士 修道士カドフェル Brother Cadfael 8 発行 1983年
原題:The Devil's Novice 社会思想社 教養文庫 3008
翻訳:大出 健 価格:\621 ページ数:317P 装丁:文庫
イラスト:春井裕
初版発行:92/11/30 第四版:95/10/30 購入:00/8/1  
 1140年9月半ば、シュロップシャーの二人の荘園主が、自分たちの下の息子をシュルーズベリ修道院に預けたいと申し出ました。
 一人は断られ、一人は受け入れられます。断られたのは5歳の幼児であり、受け入れられたのは19歳の少年でした。
 それが事件の始まりでした。

 すべて過ぎ去ったあとでは、あと知恵で賢者ぶることはたやすい。
 カドフェルは苦い思いをかみしめます。

 領主レオリック・アスプレーの次男、メリエットは、奇妙でした。
 修道士としての見習い期間を短縮し、一日でも早く後戻りのできない世界に入りたいと声高に求めます。

 通りかかった執行副長官ヒュー・ベリンガーは、カドフェルの懸念に気づきます。
 「なにが気になるんですか?」
 「あの従順さが気がかりなのだ。というのも、根は放縦だからだ。鷹かキジみたいに指すような鋭い目を持ち、眉は大きく張り出した岩のようだ。それなのに両手を組み合わせ、伏し目がちにして、まるで小言を言われている召使いのようだった!」

 「ヒュー、自分の背後で扉がしまることを望む者は、中へと逃げ込みたい者か、それとも外の世界から逃れたい者のどちらかだ。この二つはちがうんだが、君はそれを区別することができるかね?」
 少年たちは一番奥の僧坊で寝ます。これは院長の指示で、年かさの修道士が誘惑の心を持たないようにと言う配慮です。
 深夜、その奥深い僧坊で、暴力的な叫びが響き渡り、修道院中がたたき起こされました。
 メリエットでした。彼は、カドフェルの見立てでは、まったく熟睡した状態のままで、魂が絞り上げられるような声を張り上げていたのです。
 それも、一夜では収まりません。次の夜も。そしてその次の夜も。
 誰言うともなく、院長のにらみにもかかわらず、「悪魔の見習い修道士」という言葉が流れます。

 メリエットと、その兄、ナイジェル。
 隣の荘園の娘、ロスウィザ。
 近隣の荘園の相続人、アスイーダ。

 幼なじみの友人たちの、ねじれた愛。無邪気な野心。

 スティーブン王は、新しい王国を作ろうとする裏切り者の征伐に動き出しました。

 戦乱の足音が、再び近づきます。  (05/3/19)

 
管理番号:P029-009  33 歴史小説・ミステリ 歴史年表 出版社: 社会思想社
書名:死者の身代金 修道士カドフェル Brother Cadfael 9 発行 1984年
原題:Dead Man's Ransom 社会思想社 教養文庫 3009
翻訳:岡本浜江 価格:\760 ページ数:311P 装丁:文庫
イラスト:春井裕
初版発行:93/1/30 第五版:00/6/15 購入:00/8/25
 1141年2月の7日。
 戦争は再び燃え上がりました。
 北方では、スティーブン王の異母兄弟であるチェスター伯とリンカーン伯が王権を認めず、王に反旗を翻しました。スティーブン王は討伐の軍を出します。シュロップシャーでも、州の執行長官ギルバート・プレスコートが、王の命により副長官であるヒュー・ベリンガーと軍勢を率いて参戦します。
 両伯爵はモード女帝に取り入っているとの情報もあります。

 シュルーズベリ修道院の祈りはいつになく重く、参加者も数多くなっています。
 ヒューの息子ジャイルズの名付け親であるカドフェルは、留守宅を守るアラインと共に年若い友人の帰宅を待ちます。
 ようやく帰ってきたヒュー・ベリンガーは、痛む右足を庇いつつ疲れ切って座り込みました。
 持ち帰ったニュースは、暗いものでした。スティーブン王はモード女帝に囚われ、執行長官プレスコートは生きていればウェールズ人の捕虜となっているらしい。

 落ち着かない修道院を、一人の修道女が尋ねてきます。
 同じベネディクト派の黒い僧衣をまとい、徒歩で油断なく辺りを見回す4人の従者を従えて小さなラバに載った彼女は、なんと、カドフェルの旧知の女性。
 「あれからもう2年過ぎたとは... さっそく修道院長にエイヴォス修道女がご来院をたまわったと伝えましょうかの?」
 「マグダレン修道女ですわ」
 かつて、「死への婚礼」の中で領主の愛人であった女性でした。その後、シュルーズベリから数マイル南西にあるポールズワース女子修道院に入った彼女は、どうやらどこにいても存在感がある女性らしい。
 戦乱の中でウェールズ人の一団が、ついでに小さな女子修道院をおそう誘惑に駆られたとき、どうやら彼女の陣頭指揮のもと、驚くべき事に、修道院は村人たちと共にそれを追い払ったらしい。
 さらにどうやら身分のあるウェールズの若者を捕虜にしたが、その処理について執行副長官の指示をもらいたいとのこと。これまた、女性しかいない修道院の一団とただの村人たちとしては驚くべき話です。
 このおばさん、ただものではない。(くす)

 さていろいろなごたごたの後、この若者と、生きていることがわかったプレスコート長官を、捕虜交換しようと話はまとまります。
 しかし、その前日、捕虜として連れてこられたプレスコートは、何者かに殺されます。
 最後に彼と会ったらしいウェールズの若者、イリス・アプ・キーナンが疑われます。

 彼が疑われた理由とは何か。そして、彼は無実なのか。
 見事なミステリですね。  (05/3/19)

 
管理番号:P029-010 33 歴史小説・ミステリ 歴史年表 出版社: 社会思想社
書名:憎しみの巡礼 修道士カドフェル Brother Cadfael 10 発行 1984年
原題:The Pilgrim of Hate 社会思想社 教養文庫 3010
翻訳:岡 達子 価格:\621 ページ数:309P 装丁:文庫
イラスト:春井裕
初版発行:93/3/30 第4版:97/2/28 購入:00/10/20  
 1141年5月25日の昼下がり、カドフェル修道士と州の執行長官となったヒュー・ベリンガーが話し込んでいます。話題は、身の回りのことから国家の大事にまで。
 スティーブン王は、ブリストル城に幽閉されています。勝利したモード女帝が、もはや王位に不安のない状態になったことで、時代はどう進むのか。スティーブン王の側にいたこの地方は、今後どのようになるのか。王の弟で、これまでも何度も立場を変えてきたブロワのヘンリー司教は、どうするつもりなのか。ロンドンはモード女帝を王として迎えるのか。
 そして話題は一転します。
 「つねにある疑問がつきまとって、わしを悩ませておるのじゃ。もしも彼女の願いを読みちがえておったら?」
 「その場合は告解をして悔い改めるより仕方がないのでは?」
 「マーク修道士が一人前の司祭になるまでは、それはできん!」
 カドフェルの心にわだかまっている悩みとは何か... 第一巻を読めばわかるのですけれどね。(くす)

 さて、老修道士の心を悩ませる対象である修道院の守護聖人、聖ウィニフレッドの移葬祭が行われます。たくさんの信者、巡礼が修道院の門を通ります。
 この純潔の乙女に祈り、その遺徳を偲び、その恩恵にあずかろうとする人々。
 その中に、二人の青年がいます。
 一人は、重い十字架を首からぶら下げ、血だらけの素足で歩き、それ歩くことを誓った青年。
 もう一人は、その付添でしょうか。厚い底の靴を履いています。
 二人の間には、いたわりよりも憎しみが感じられます。

 ルーンと言う16歳の少年がいます。幼いときから右足が曲がり萎えてしまったので、松葉杖なしでは歩けません。この敬虔な少年も、聖ウィニフレッドを礼拝に来ました。
 ここにひとつ、そしてもうひとつ、ささやかな奇跡が起こりました。
 女帝モードの使者として、一人の騎馬の青年が登場します。伸びやかな四肢を持つ、長身の青年です。
 迎えたヒュー・ベリンガーは、まじまじと彼を見ます。
 「どうもあなたを知っているようだ! こうしてお目にかかってみると、確かに知った顔だ」
 使者はにっこり笑います。彼は、オリヴィエ・ド・ブルターニュと名乗りました。

 「それにしても不思議だなぁ、カドフェル!」
 ヒュー・ベリンガーがつぶやきます。そしてかたわらのカドフェルの、返事とも独り言ともつかない言葉を聞き、雷が鳴ったような驚愕に立ちすくみます。

 たくさんの小さな話が絡み合い、もつれ合い、最後に静かにほどけていきます。
 これは、そういうお話です。  (05/3/19)

 
管理番号:P029-011 33 歴史小説・ミステリ 歴史年表 出版社: 社会思想社
書名:秘跡 修道士カドフェル Brother Cadfael 発行 1985年
原題:An Excellent Mystery 社会思想社 教養文庫 3011
翻訳:大出 健 価格:\680 ページ数:325P 装丁:文庫
イラスト:春井裕
初版発行:93/5/30 第三版:96/6/30 購入:00/10/22  
 1141年、夏。
 八月初めの三日間に行われた聖ペテロ祭も無事終わり、空は晴れ、何年ぶりかの豊作で、人々の顔に笑顔が見られる日々が続きます。
 二月にスティーブン王がリンカーンの戦いで女帝モードの捕虜となり、女帝の王位は揺るぎないかと思われたときもありました。しかし、女帝モードのあまりにも傲慢な態度に、ロンドン市民はウェストミンスターでの戴冠式を拒否し、スティーブン王の妃マチルダを迎え入れたのです。この結果、王の虜囚の身は変わらないままでも、国家の帰趨は混沌としたままで動乱の時は終わりません。
 王の弟、ブロワのヘンリー、ウィンチェスターの司教は、一時兄を裏切り女帝側につきましたが、この様子を見て再び鞍替えして領地にこもります。ウィンチェスターの町に戦雲が広がります。

 しかし、たまさかの平和なひとときを、シュルーズベリの人々は堪能しています。
 助手を務めてくれたひたむきな修道士マークもようやく助祭となり、カドフェルの心にも平安が満ちています。

 セント・ジャイルズ療養所に薬品を届けに行った帰り道、カドフェルは二人の修道士に出会いました。ラバに乗り、疲れ切った二人は、シュルーズベリと同じベネディクト派の黒の僧衣をまとっています。
 一人は白い立派なラバに乗り、奇妙にかすれた声をした威厳のある男で、長年欠けて日に焼けた肌は浅黒く、体を痛めているがじっとそれに耐えている様子。おそらく四十代。カドフェルはめざとく、この修道士の左の額に、トルコの円月刀によると思われる刀傷を見つけます。
 もう一人は、小柄なラバに乗った二十ぐらいの青年で、男に従者のように付き従っています。目鼻立ちは整い、卵形の顔を頭巾でおおっています。
 年長の男は自分をヒュミリス(謙虚な)修道士と名乗り、若いフィデリス(忠実な)修道士は口がきけないと紹介しました。

 二人はウィンチェスターの町が、教会ごと灰燼に期したという恐ろしい知らせを持って現れたのです。その言葉に、心を撃たれる修道院。

 とはいえ、二人がわざわざこの地に来たのには別の理由がありました。修道士ヒュミリスが十字軍に旅立つ前に婚約した、当時わずか6歳の少女の行く末を見たいとの願いがあったのです。
 しかし彼女が入ったという尼僧院は、戦乱の中で暴徒に襲われました。
 彼女の運命は。彼女は生きているのか。

 すべてが終わったとき、真実のみを伝えることで嘘を庇ったマグダレン修道女の機転があり、小さな奇跡が起こり、Excellent Mysteryが解き明かされます。
 大きな歴史のうねりの中の、小さな幸福がそこにありました。 (05/4/2)

 
管理番号:P029-012 33 歴史小説・ミステリ 歴史年表 出版社: 社会思想社
書名:門前通りのカラス 修道士カドフェル Brother Cadfael 発行 1986年
原題:The Raven in the Foregate 社会思想社 教養文庫 3012
翻訳:岡 達子 価格:\621 ページ数:308P 装丁:文庫
イラスト:春井裕
初版発行:93/7/30 第二版:95/10/30 購入:00/11/19  
 1141年12月、シュルーズベリのラドルファス修道院長は、浮かない顔でした。
 修士会で、通常の業務を済ませたあと、皆の前で修道院長は、教皇の遣外使節であるブロワのヘンリー、スティーブン王の実の弟であるウィンチェスターの司教から、12月7日にウィンチェスターで開か 公会議に出席するようにと命ぜられた事を話し、旅立ちました。
 国王が女帝にとらわれたことにより、王位を確信した女帝でしたが、その暴慢な振る舞いでロンドン市民の拒否され、王の妃マチルダが兵を集めて女帝に戦いを挑みます。女帝の軍隊は一敗し、モードのもっとも頼りになる異母兄グロスター伯ロバートがマチルダ王妃の軍にとらわれました。このため、スティーブン王との捕虜交換に応じざるを得なくなり、女帝の勢力は大打撃を受けます。一時は兄王を裏切ったこともある機を見るに敏なブロワのヘンリーが何をしたいのか、心ある者には明白でした。
 彼は、再び旗幟を変えようとし、その大義名分を得る場所を、聖職者の公会議に求めたのです。
 宗教が国家の根幹を成したこの時代、国家の運営もまた宗教の姿を借りて正義を唱えるのでした。
 不謹慎と言うにはあまりにも現実的な話です。無意味な虚飾がないだけ、わかりやすい。

 本当に中世にこのような考えがあったのか、実はわからないのですけどね。お話としては、生々しくて良いですね。

 問題は、修道院長が戻ったとき、連れてきた聖職者から発生します。
 この司祭、ヘンリー司教の書記を務めた有能な男です。
 このエイノルス司祭を、修道院の教区内で教会の運営に当たっていて、一週間ほど前に神に召されたアダム神父の後任として教区司祭に抜擢する事になったのです。
 たとえるなら、中央で事務官僚として上司の覚え目出度いキャリアが、一種の箔付けとして地方の行政局長を勤めるようなものと考えるといいのかな?

 素朴で愛すべき人柄ながら、学もなく粗野だった老アダム神父に変わって、教養も行動力もあり、神の教えに厳格な若い神父が現れたことで、教区民はとまどいながらも歓迎の色を示しました。
 しかし、キャリアというのはいいたとえだったのかもしれません、このエイノルス神父は問題がありました。
 彼が大事にしたのは、庶民の生活と神への敬虔な祈りではなく、地獄へ堕ちる恐怖と自分と他人の厳格な規律でした。
 自由民で生まれたはずの男が、些細な理由で農奴とされました。
 司祭館の壁で遊んでいた子供が、杖で殴られて血まみれになりました。
 パン屋の職人が、目方の軽いパンを売ったとして非難されました。
 ある夫婦に生まれた子供にすぐ洗礼してやらなかったため、その子がわずか1時間で死んでしまった後、聖別された墓地の葬ることを拒否されました。神父は定められた祈りの時間に教区民の洗礼など、もってのほかと考えたのです。
 最後に、ちょっとふしだらで頭の軽い少女が責められ、自殺に追い込まれます。

 誰言うともなく、この神父は「門前通りのカラス(Raven in the Foregate)」と呼ばれ、その黒い姿が見えると誰もがドアを閉ざすようになったある日、何とこの神父が、池に落ちて死んでいるのが発見されます。しかも、後頭部に殴られたような傷がある。
 これは事件なのか。
 犯人はいるのか。
 いるとしたら、だれが。

 「公平にみて」ヒューが考え深げに言った。「院長ほどの才覚のある人物にとっても、教皇の遣外使節が推薦する司祭を拒否するのはきわめて難しい問題だったろう。それにあの司祭は見かけも堂々として、口は立つし、学問もあった・・・ きっとラドルファスはすばらしい人物を連れてきたつもりでいたのだろう。どうかつぎに来るのが、慎み深く謙遜な、平凡な男でありますように」
 良い締めくくりです。餅は餅屋、ですか。  (05/4/2)

 
管理番号:P029-013 33 歴史小説・ミステリ 歴史年表 出版社: 社会思想社
書名:代価はバラ一輪 修道士カドフェル Brother Cadfael 発行 1986年
原題:The Rose Rent 社会思想社 教養文庫 3013
翻訳:大出 健 価格:\621 ページ数:313P 装丁:文庫
イラスト:春井裕
初版発行:93/9/30 第四版:97/2/28 購入:00/10/9  
 修道士とセックスの問題について、このシリーズでは再三きっちりと描こうとしています。
 現代の視点で解釈していますし、そして現代の多様化した価値観で見ていますので、中世の硬直した(といわれる)考え方から、できるだけ自由な、寛容な目で見ようとしています。そのため、問題が甘く解決する傾向があるのではないか、そんな気がします。
 でも、それはそれ、お話だと割り切るしかないでしょうね。どろどろと醜く書けばきりがないのですが、所詮900年近くも昔のことです。
 現代の価値観で描かざるを得ないのも、しかたがないかも知れない。

 1142年の五月です。春の訪れは遅く、イングランドも解放されたスティーブン王の病の噂になりを潜めています。
 女帝モードの期待を裏切り、スティーブン王の健康が回復する六月になると共に、シュルーズベリにも春が訪れます。王の軍が次々と国内を平定していく様子を語るヒュー・ベリンガーのそばで、カドフェルは忙しく畑の世話をしています。カドフェルには何人もの助手が順番に付けられ、次々と巣立っていったのですが、今は助手がいません。大忙しのカドフェルでした。
 二人が歩いてきた先に、バラ園がありました。
 このバラが、聖ウィニフレッド移葬祭までに咲くことが、カドフェルの一つの気がかりです。
 といいますのも、夫と子供に不幸な別れをしてしまった未亡人がおり、彼女の財産の一つである家が修道院に賃貸される代わりに、ほんの象徴的な賃貸料として、聖ウィニフレッド移葬祭にその家のバラを一輪送ることが契約で定まっていたからです。
 なんともロマンチックな話ですが、こういう象徴的な代価という行為は結構あったらしいですね。
 守らなければならない契約という概念と共に、日本人には理解しにくい考え方の一つでしょうか。

 さて、この未亡人のことはこんなふうに描写されています。

 ジュディス・パール、旧姓ジュディス・ヴェスティアは町一番の服地屋の跡取り娘であり、決して美人ではなかった。だが、身体つきには威厳がそなわっていて、市場の群衆のなかにあっても目をひき、ふつうの女性より背が高く、痩せ形ですらっとしていて、物腰にはどことなくなみではない優雅さがあった。明るい茶色に輝く髪は乾いたオーク材のような色合いを持ち、青白い顔の上に載っていた。広くて高い額の下には頬骨が突き出し、落ちくぼんだ頬を通って尖ったあごに達していた。口元は表情ゆたかで、美しいというには少し大きすぎたが、形はすばらしかった。目は濃い灰色、非常に澄んで大きく、なにものも打ち明けないが、なにものも隠さない様子だった。

 何ともはや、印象的な。
 こういう端正な女性と出会ったとき、ものごころつく前から修道院で育ち、女性に免疫のない若い修道士の心には、何が発生するでしょうか。決して欲情ではないが、ただの憧れでも、羞恥でもないなにかでしょう。
 いたたまれない自分の感情に、意味もわからず煩悶する若者がいても不思議ではない。

 三歳の時から修道院で暮らし、外の世界を知らず、熱烈な信仰心に燃える20歳のエルーリックが、ここ数年のあいだジュディスにバラを届ける係でした。
 決して悪かれと思って命ぜられたのではなかったのですが、若い修道士の煩悶は想像の域を超えていました。
 跪いてラドルファス修道院長に懇願する青年に、修道院長はもはや彼女の所に使いに行かなくて良いと命じますが、このことが青年の精神の平衡をさらに狂わせることになろうとは、神ならぬラドルファスにはわかりません。

 ある朝、バラの木が切り倒されているのが発見されました。
 傍らには、エルーリックの死体が。
 何があったのでしょうか。
 そして、契約はどうなるのか。

 これまではいかなる意味も持たないように思われた出来事の細部から、カドフェルはいまや、恐るべき意味の糸をたぐりよせていた。

 何を?
 小さな幸せを求める人々に、どのような決着がつくのでしょうか。

 
管理番号:P029-014 33 歴史小説・ミステリ 歴史年表 出版社: 社会思想社
書名:アイトン・フォレストの隠者 修道士カドフェル Brother Cadfael 発行 1987年
原題:The Hermit of Eyton Forest 社会思想社 教養文庫 3014
翻訳:大出 健 価格:\680 ページ数:325P 装丁:文庫
イラスト:春井裕
初版発行:93/11/30 購入:00/9/24  
 1142年10月18日、イートンの荘園主リチャード・ルーデルという人物が亡くなりました。
 ルーデルは、シュルーズベリ城の領主だったウィリアム・フィッツアランが女帝モード側についてスティーブン王と戦い、ついに一敗地にまみれたとき、王の側についた一人でしたが、その戦いで受けた傷が元で寿命を縮めたようです。
 その息子、リチャードは、まだ10歳の年齢で、シュルーズベリの修道院に預けられています。どうやら読み書きを教えるためと言うより、恐るべきその祖母から遠ざけるためらしい、という噂があります。
 イートンの荘園が王の側の荘園主の手によって管理されていることは、シュロップシャーの治安を守るヒュー・ベリンガー執行長官にとって大事なつとめでした。安定した勢力を守り、均衡を保つことが、この国内が二分された動乱の時代にあってはもっとも大事なことだったのです。
 となると、ヒュー・ベリンガーの関心事は、荘園を管理する執事がどんな人物であるかを知ることであり、それを知る早道はカドフェルに聞くことでした。

 さて、荘園に戻るリチャードを待っているのは、さっそくにも彼をどこかの荘園の娘と結婚、少なくとも婚約をさせようとする陰謀家の祖母ダイオニシア。
 彼女は、なぜかアイトンの森の中に、カスレッドという聖人気取りの隠者を住まわせています。この男も謎です。
 やがて、森の中で次々と事件が発生します。

 ただの通り魔的な事件なのでしょうか。
 それとも、荘園の権益を狙った犯行なのでしょうか。
 あるいは、女帝側の策謀なのでしょうか。

 謎は深まります。
 この隠者は、一体何者なのでしょうか。

 
管理番号:P029-015 33 歴史小説・ミステリ 歴史年表 出版社: 社会思想社
書名:ハルイン修道士の告白 修道士カドフェル Brother Cadfael 発行 1988年
原題:The Confession of Brother Haluin 社会思想社 教養文庫 3015
翻訳:岡本浜江 価格:\544 ページ数:266P 装丁:文庫
イラスト:春井裕
初版発行:94/3/30 第三版:97/2/28 購入:00/10/15  
 1142年冬。9月いらいモード女帝の軍はオクスフォードに立てこもり、包囲したスティーブン王の軍に取りまくられて陥落寸前でした。しかし、なんということか、彼女は数人の従者と共に脱出してしまったのです。
 おそらくは、最後のつめが常に甘いスティーブン王の意図があって、逃がすことになってしまったのではないか、ヒュー・ベリンガーは主君の寛容さをいまいましく思い返します。それが王の魅力の一つであることを承知で。
 ベリンガーは、三年前のクリスマスに生まれた我が子ジャイルズと愛妻アラインをおいて、王のいるウィンチェスターに旅立つ必要があるのか悩んでいます。

 この政情の中で、シュルーズベリの聖ペテロ聖パウロ修道院は不思議な事件に巻き込まれました。
 最初の事件は、雪に閉ざされて不機嫌な司教の使節が泊まる宿泊所の屋根が、雪の重みで崩れ、使節に自然の洗礼を施すという喜劇に似た事から始まります。
 建築物に詳しいコンラディン修道士の見立てで、一刻も早い修理をしないと南半分の傾斜屋根の半分を作り替えることになりかねない、ということになり、急遽修理が始まりました。
 この厳しい作業は、病気や体の弱いもの、それに老人を除くすべての修道士に、順番に割り当てられます。かけがえのない写本彩色師であるハルイン修道士は、
  手の届くところに苦行の衣をみつければ真っ先に自分から着る男
 であったので、厳しい寒さの日暮時も労を惜しまず働いていました。最後に雪を払っているとき、不意に多量の雪が彼の梯子を倒し、落下した修道士の上に足場の板と梯子と雪がなだれ落ちました。

 悲鳴と共にカドフェル修道士が大急ぎで呼ばれ、診察に当たります。
 しかし、落ちた高さは40フィート以上。
 もはや助かるまい、彼を運んだすべての修道士が、心を痛めます。
 気がついた修道士は、苦しい息の中で最後の懺悔を願いました。その懺悔は、ラドルファス院長が聞き届け、たっての願いによりカドフェルもそれを聞きます。それが気の毒な修道士の最後の願いでしたので。
 しかし、奇跡的に、彼は何とか回復します。

 回復すると共に、彼は過去の過ちに許しを得ようと、かつて住んでいた町に懺悔の旅に出ることを希望し、許されました。カドフェルも同行を命ぜられます。

 しかし、行ってみて驚く事になります。彼が、許しを得るために修道院に入らなくてはならぬと心に誓った事件が、存在しないというのです。そんなことはなかったと。

 謎を解きほぐすカドフェルの前に、18年前の悲劇がよみがえります。
 ハルイン修道士の悲しい過去と、残酷な結末。

 「それで」とカドフェルが静かに言った。「過去をふりかえらずともよいのだな?」
 「はい」とハルインは穏やかに答えた。「その必要はありません。あとに残してきたものはすべてうまく行っています。何もかも。今のところ、何一つわたしが心配することはありません ・・・ 
 ・・・ 家に帰るって、いいものですねえ!」

 帰る家があるって、良いことですね。冬の夕暮れです。   (05/4/9)

 
管理番号:P029-016 33 歴史小説・ミステリ 歴史年表 出版社: 社会思想社
書名:異端の徒弟 修道士カドフェル Brother Cadfael 発行 1989年
原題:The Hretic's Apprentice 社会思想社 教養文庫 3016
翻訳:岡 達子 価格:\738 ページ数:381P 装丁:文庫
イラスト:春井裕
初版発行:94/7/30 第三版:97/2/28 購入:00/11/29  
 1143年6月19日、聖ウィニフレッド移葬祭を控えた慌ただしい日、カドフェル修道士はラドルファス院長ご自慢の、いつもは他人にまったく手を触れさせないバラ園の剪定をしています。本来は院長は他人に任せたくはなかったのですが、多忙を極めていればそうもいかない。
 やむなく、正式な役職を持たないカドフェルに任せたという次第でした。
 なにやら慌ただしい雰囲気に気づくと、どうやら重要な来客があるらしい。カドフェルがさりげなく見るところ、馬の怪我のためしばらく修道院に逗留せざるを得ないようです。

 来客の名は、ジェルベール。アウグスティノ修道会員でカンタベリーの大聖堂参事会員でもある重要人物です。カンテベリー大司教の配下である彼は、スティーブン王の命でチェスターのレイナルフ伯の所へ行く途中です。
 スティーブン王とモード女帝の内乱が続くこの情勢では、政治的な意味合いでも、こういった人物の接待はおろそかにできません。

 もう一人、というか二人というか、修道院は客を迎えます。
 7年前シュルーズベリから巡礼の旅に出た羊毛商とその徒弟がいました。羊毛商のウィリアムは残念ながら病死した死体となっての帰還ですが、徒弟であるイレーヴは26歳の若者となって戻ってきたのです。イレーヴは主人を修道院の墓地に埋葬してもらうため、それを願い出ています。

 しかし、7年という月日は、残された家族にとっても大きなものでした。ささいな嫉妬、利害、反目。
 団欒の席で、イレーヴは主人の宗教観について、ある主張をします。
 それは、異端である、と賢しらな顔で指摘する、ウィリアムの甥の番頭オールドウィン。
 そしてそれが、狷介なジェルベールの耳に入ります。

 中世の教会にとって、「異端」、すなわち教義上の路線の違いとは、生死を賭けるほどの一大事でした。現代の視点から見て、あり得ないような行為が行われ、異端審問官による拷問なども行われた時代です。
 混乱は大きくなります。
 皇女テオファノの詩編入り祈祷書という宝物も関係します。
 カドフェルはどう介入できるのか。

 大人物、コヴェントリーのロジャー・ド・クリントン大司教の、大岡裁きが最後を引き締めてくれます。 (05/4/9)

 
管理番号:P029-017 33 歴史小説・ミステリ 歴史年表 出版社: 社会思想社
書名:陶工の畑 修道士カドフェル Brother Cadfael 発行 1989年
原題:The Potter's Field 社会思想社 教養文庫 3017
翻訳:大出 健 価格:\720 ページ数:342P 装丁:文庫
イラスト:春井裕
初版発行:94/11/30 第二版:96/6/30 購入:00/10/9  
 1143年秋、修士会の席上で、ブラザー・マシューはある提案を持ち出しました。
 修道院の土地に関する事柄です。
 ホーモンドにあるシュルーズベリ修道院の土地は、周りをホーモンド小修道院の土地に取り巻かれ、しかも彼らの修道院からは遠く離れています。それに対し、ホーモンドはロングナー荘園のこちら側、わが修道院からわずか二マイル程度の所に土地をもっています。
 互いの土地はほぼ同じくらい。交換することで、互いの労力が節約でき、まことによい取引であるとブラザー・マシューは締めくくります。むろん、すでにラドルファス修道院長とロバート副修道院長には示してある話です。
 良い取引です。しかも修道院には、俗世でこの土地を借りて耕していたブラザー・ルアルドがおり、いつもの控えめな口調で良い土地であることを保証しました。
 「陶工の土地か!」
 ロバート副修道院長のつぶやきだけが、気がかりなところ。
 陶工の土地とは、聖書の裏切り者ユダが、主イエスを売った銀貨で購ったとされる土地のこと。イエスが処刑されたあと、報酬として与えられていた銀貨30枚を神の神殿に捨ててユダは首をつったのですが、神殿の祭司はこの汚れた金を扱いかね、陶器職人の土地を買って墓地にしたとのこと。
 そして、ルアルドは俗世では陶工でした。ほんの2ヶ月前に修道士の誓いをした中年の男です。

 この土地を鋤で耕し始めた修道士は、驚愕に打たれます。
 土の下から朽ちた毛布に包まれた女の白骨化した死体が見つかったのです。
 誰の死体なのでしょうか。なぜここに埋められていたのでしょうか。
 謎です。

 この、黒髪の女の正体を調べるうちに、カドフェルは次々と謎に取り巻かれていきます。
 戦いが始まり、また王の命で戦場に行くヒュー・ベリンガーが帰宅するまでに、謎は解けるのか。

 もの静かなブラザー・ルアルドの、悲しい過去がよみがえります。           (05/4/30)

 
管理番号:P029-018 33 歴史小説・ミステリ 歴史年表 出版社: 社会思想社
書名:デーン人の夏 修道士カドフェル Brother Cadfael 発行 1991年
原題:The Summer of th Danes 社会思想社 教養文庫 3018
翻訳:岡 達子 価格:\760 ページ数:366P 装丁:文庫
イラスト:春井裕
初版発行:95/3/30 購入:00/12/26  
 デーン人とは、当時北方から渡ってくる民族の総称。交易だけではなく、略奪・襲撃も日常茶飯事だったこともあります。しかも、イングランドやアイルランド、はてはヨーロッパ大陸をぐるっと回り、地中海にまでも足を伸ばしたものもいました。後世には、シチリア島に王国を築いた記録もあります。
 彼らは、8世紀の中頃から9世紀後半にかけては、イングランドの大半を占拠しました。ロンドンとチェスターを結ぶ線より東側には、デーンロー、つまりデーン人の法が支配した土地という名が残っています。
 そう、ヴァイキングのこと。ユトランド半島に定住して王国を作ったものは、その国をデンマークと称しました。

 1144年春の終わりのこと。
 修士会の終わり近く、平信徒の門番が発言を求めました。ド・クリントン大司教の使者が宿を駆りたいと申し出ている、とのこと。ラドルファス修道院長は、果断な能力を発揮して忘れがたい印象を残したロジャー・ド・クリントンの使者とあらば喜んで迎えよう、と返事をします。
 現れた使者は、ベネディクト会士の僧衣をまとい、16歳の少年かと思えるような若者でした。
 カドフェルは小さな奇蹟にふるえます。その使者は、かつて彼の助手を務めたあのマーク修道士でした。
 彼は、ウェールズの司教区に赴任したギルバート司教への使者として遣わされたとのこと。

 ヒュー・ベリンガーと共にマークを待っていたカドフェルは、うれしいニュースに驚かされます。
 マークは、ウェールズへの旅に、通訳としてカドフェルの同行をラドルファス修道院長に願い出て、許されたとのこと。ついでに、と言うわけでもないが、ヒューが、愛妻アラインと4歳になるカドフェルの名付け子ジャイルズを、毎年夏は領地であるマイスベリに連れて行っているのだが、ちょうどいいので一緒にマイスベリまで行こう、と誘います。
 楽しいことになりそうな出だし。

 しかし、ウェールズには部族間の問題がありました。
 族長であるオエイン・グウィネスは、罪を犯した弟のキャドウォラダの財産を取り上げて追放したのですが、このキャドウォラダが登場します。
 この、名誉を守れない男に忠誠を捧げる片腕の男がいます。
 嫁入り前の娘に反抗される聖堂参事会員の僧がいます。
 そして、デーン人の部隊が、海の向こうからやってきます。

 入り組んだ事件が起こり、入り組んだ愛憎劇が起こります。
 カドフェルはゆっくりと一つずつ、このもつれた糸を解きほぐしていきます。          (05/4/30)

 
管理番号:P029-019 33 歴史小説・ミステリ 歴史年表 出版社: 社会思想社
書名:聖なる泥棒 修道士カドフェル Brother Cadfael 発行 1992年
原題:The Holy Thief 社会思想社 教養文庫 3019
翻訳:岡本浜江 価格:\760 ページ数:337P 装丁:文庫
イラスト:春井裕
初版発行:95/7/30 第三版:99/6/19 購入:00/12/28  
 1144年8月末、エセックス伯ジェフロワ・ド・マンデヴィルが死にました。
 彼は神をも恐れぬ乱暴者として、スティーブン王よりすべての爵位を取り上げられてはいましたが、沼地にいる無法者、反逆者、捕食者などを配下として、あたりに恐怖と破壊を広めていたのです。しかし、ほんのわずかな油断が命取り。暑い日に、甲冑だけでなく鎖かたびらまで外して涼を取っていたとき、名も知らぬ兵士の矢にあたり、感染症であっけなく息を引き取ったと言います。
 彼に荒らされ尽くしたラムゼーのウォルター大修道院には、やっと人の声がするようになります。しかし、修道士たちは絶望します。建物はあばら屋同然、土地は耕されず、壁板は燃やし尽くされ、屋根からは鉛板が剥がされ、鍋一つ、祈祷書一つ、羊皮紙一つ残っていない。

 修道士たちは周辺の修道院に懇願の旅に出ます。シュルーズベリの修道院にも、その一隊はやってきました。副院長補佐のヘールイン修道士と、若いチューティロ修道士。
 チューティロとは、200年ほど前に死んだ聖人の名です。美術、絵画、音楽に秀でていたという伝説があります。彼もまた、その才能を受け継いでいるようですが、厳格な修道院の中でその才能は生かされているのか。カドフェルはふと疑問を抱きます。

 不意に雷雨がシュルーズベリ修道院を襲いました。セヴァーン川も氾濫しています。修道院では、急ぎ大事なものを水の浸らない所へ移動する作業に大わらわとなります。
 もちろん、修道院の宝、聖ウィニフレッドの遺骨も、その対象です。
 しかし水が引き、修道士たちが移動したものそれぞれを戻そうとしたとき、驚くべきことが分かりました。
 聖ウィニフレッドの遺骨箱が、亡くなっていたのです。

 この時代、聖者の遺品、遺骨などは、修道院や教会の箔付けに欠かせない宝でした。そのため、格の高い遺品を持つことは名誉であり、それを得ることは神への信仰の証しでもありました。ヴェネツィアのサン・マルコ寺院が聖マルコの遺骨を得た物語は、それだけでも一大サーガといえます。

 「なにゆえ、このようなことになったのだ? 誰が望むだろうか? また、望んだにせよ、誰にやってのけられたのだ? カドフェル修道士、考えてくれ!」
 ラドルファス修道院長は叫びます。

 なにゆえ、については考えるまでもないこと。しかし、そのあとの質問に答えるすべはない。
 カドフェルの調査が始まります。

 修道会が求める人間と、修道院に未来を託したい人、修道院では自分の未来がないと思う人。
 人さまざまです。
 この物語では、中世という時代を背景としながら、おそらくはあり得ないであろう自由と未来が与えられた若者たちがたくさん出てきます。時代背景を考えると、無理はあるのは承知。でも、幸福になる人を見るのはよいことです。

 「吟遊詩人に必要なものは、楽器と、馬と、恋人と」
 重病に冒された女性が、ある若者に贈った言葉です。彼は何をつかむことができたのでしょうか。     (05/4/30)

 
管理番号:P029-020 33 歴史小説・ミステリ 歴史年表 出版社: 社会思想社
書名:背教者カドフェル 修道士カドフェル Brother Cadfael 発行 1992年
原題:Brother Cadfael's Penance 社会思想社 教養文庫 3020
翻訳:岡 達子 価格:\760 ページ数:376P 装丁:文庫
イラスト:春井裕
初版発行:96/1/30 第二版:96/2/28 購入:01/1/8  
 1145年11月、8年に及ぶ内乱に疲弊したイングランドに、光が見えてきます。双方に和解の兆しが見えています。チェスター伯ら、中立を保っていた諸侯などがスティーブン王に忠誠を誓い、あとはいかにモード女帝の顔を立てて事を納めるか、という点に情勢は絞り込まれて行ったとも言えます。
 女帝の忠実な配下であったグロスター伯ロバートの息子、フィリップ・フィッツロバートがスティーブン王側に走ったのもこのころのことでした。
 この、父と子のあいだに何があったのか。

 そして、もっとささやかな父と子の物語がそれに絡まります。

 フィリップが父の元を離れてクリックレード城をスティーブン王の手に渡したとき、女帝モードに忠誠を誓うおよそ30名の騎士や従者などが捕らえられ、武装解除され、捕虜となりました。あるものは身代金を提示され、あるものは忘れられました。
 身代金も付かなかった不幸な、あるいは憎まれた捕虜のなかに、ひとつの名前がありました。
 情報を手にしたシュロップシャー執行長官ヒュー・ベリンガーは驚愕して、このリストを手にシュルーズベリ修道院のカドフェルを訪れます。
 「あなたにこんなニュースを届けることを許してほしい。オリヴィエ・ド・ブルターニュはあのときファリンドンにいた。そして現在、オリヴィエ・ド・ブルターニュは捕虜になっていて、どこにいるかわからないのだ」

 カドフェルは、修道院長にすべてを話し、ヒュー・ベリンガーと共にコヴェントリーの会議に赴くことを許されます。
 会議に参加し、その期間中、そしてその帰投の時までは修道院長の許可の元であり、神の命令です。しかし、その期限を過ぎて彼が戻らなかったとき、彼の意志で修道院長の、すなわち神の命令に反したとき、カドフェルは神に逆らったもの、背教者となります。

 カドフェルのコヴェントリーでの探索は、やはり無駄となりました。
 彼は一人のキリスト教徒ではなく、一人の父親として心を決めます。
 この父子に、幸福は来るのか。

 そして、グロスター伯父子に和解はあるのか。


 ご存じのように、エリス・ピーターズはこのカドフェルを書いたあとほどなく亡くなられました。
 自分以外の誰もその作品に結末を付けてはならない、という指示が残されています。
 「私は誰かが彼を手に入れるかと思うと我慢ならないのです」
 次回作に取りかかっておられてとのことです。残念。          (05/5/7)

 
管理番号:P029-021 33 歴史小説・ミステリ 歴史年表 出版社: 社会思想社
書名:修道士カドフェルの出現 修道士カドフェル Brother Cadfael 発行 79・81・85・88年
原題:A Rare Benedictine 社会思想社 教養文庫 3050
翻訳:大出健・岡本浜江・岡達子 価格:\520 ページ数:222P 装丁:文庫
イラスト:春井裕
初版発行:97/2/28 購入:00/10/15  
 修道士カドフェルの物語の、落ち穂拾い的な短編集です。
 作者ピーターズは年代記としてカドフェルを書きつづりましたが、時には昔を描いてみたいときもあったのでしょう、雑誌などにこれらを発表し、後に一冊の短編集としてまとめられました。
 カドフェルものの最後の一冊としてふさわしい一品です。

  「ウッドストックへの道」 1985年
 1120年晩秋。
 イングランドに帰還したヘンリー1世麾下に、ロジャー・モウデュイットという騎士がいました。彼は帰郷と共に部下たちに給料を払って解放しましたが、二人の兵士だけは手元に残しました。一人は元神父ではないかと思われる書記で、ラテン語にも堪能です。もう一人は40代のぶっきらぼうなウェールズ人で、十字軍にも参戦していたらしい練達の戦士で、カドフェルと名乗っていました。
 これは、兵士カドフェルがいかにして修道士カドフェルとなったのかという、昔々の物語です。

  「光の価値」 1979年
 1135年のクリスマス。
 老荘園主が軽い脳卒中に襲われたあと、善行を積みたいと考えて、美しい装飾の施された銀の燭台をシュルーズベリの修道院に寄贈しました。この燭台が紛失します。
 窃盗か?
 農奴と領主、強欲と裏切られた信頼。
 カドフェルの控えめな捜査が行われるこの話は、ヘリパート修道院長の時代に起きました。

  「目撃者」 1981年
 オズウィン修道士がカドフェルの助手になっている時代ですから、1140年ごろでしょうか。
 修道院の地代を集めた金が紛失しました。
 だれが、どうやって?
 三人の若者たちの人となり、言動。人間とは奥が深い。


 字が大きいな、とか、行間が広いな、などと思ってはいけないでしょうね。(笑)
 カドフェルの最後の推理です。のんびりと中世のシュルーズベリを楽しみましょう。

 この時代に人々はこんな考え方をしたのかということについて、少々疑問があります。こういう言葉遣いで会話したのかについても、疑問があります。
 日本でもそうです。わずか200年前の会話ですら、そのまま現代人が再現すれば違和感がありすぎて現代風にアレンジせざるを得ない。まして、900年前です。
 日本で言えば、平安末期。平氏が台頭した時代。
 方言とかイントネーションはともかくとして、会話、雰囲気、考え方は、あまりにも現代的ではないかと思います。
 しかし、それらを踏まえて、こういう解釈もありかな、と考えて楽しめばいいのではないのかな。
 優れた歴史小説とは、こういうものですよね。            (05/5/7)