トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: A016 秋月達郎 あきづき・たつろう
国籍: 日本 生没年:1959/5/15〜
 愛知県半田市出身の作家、小説家。
 早稲田大学卒業後、東映株式会社の映画プロデューサーを経て、作家に転進。おもに歴史を題材に取った作品を発表。また故郷半田市においては「まちづくり」を率先し、中埜半六邸などの江戸・明治期の民家の整備復元に努める。
管理番号 書  名 メ  モ
A016-003 マルタの碑 日本海軍地中海遠征記
上へ   Ver. 2.12
管理番号:A016-003 21 戦争・戦記小説 歴史年表 出版社:祥伝社
書名:マルタの碑(いしぶみ) 日本海軍地中海を制す ISBN4-396-33291-2 C0193
2002年12月 46判HC 祥伝社文庫 あ23-1
価格:¥933 ページ数:665P 本のサイズ:文庫
初版発行:2006/6/20 購入:2006/6/17 表紙イラスト:松原健治
 マルタとは、地中海のほぼ中央にある島です。
 地中海を舞台にした大きな戦争のたびに、この島はいろいろな形で巻き込まれました。
 ここには今も、蒙古斑のある赤ん坊が生まれることがあるそうです。どうしてでしょうか。
 かつてここに、日本人がいたのです。彼らはこの島の周りで戦い、そして去っていったのです。邪悪な侵略者としてではなく、友を守る使命を持って。彼らはそう信じ、島の人々もそう思っていたらしい。
 歴史のペンは残酷です。WW2後の日本の一般的な歴史においては、この事実は好意的に解釈されることはありませんでした。あるいは、全く無視されました。
 しかし、別な光をあてて見直してはどうだろうか。作者はこう考えて、この本を書きました。

 1914年に始まった第一次世界大戦において、東洋の日本は漁夫の利を得たとされます。ある意味でそれは事実かもしれない。しかし、歴史はそんな単純ではないのです。時の日本政府は基本方針として、日露戦争の痛手が癒えない状態だった当時、できれば戦争に介入したくなかったのでした。しかし日英同盟という形でこの戦争に巻き込まれ、激戦地であるヨーロッパほどではないにしろ、さまざまな戦争を行い、多くの犠牲を払いました。
 このとき、日本にこんな言葉が投げつけられたとか。
 「金を出すだけではなく、汗をかけ。血を流せ。我々はこの戦争に若者を捧げている。日本は何を捧げるのか」

 80数年後に、全く同じ言葉が投げつけられなかったでしょうか? 歴史とは、やはり繰り返すものなのか。
 かくして日本は、陸においては東洋のドイツ植民地、租借地を占拠する戦いを行い、意外なほど多くの血を流します。海では、第一特務艦隊が編成され、インド、オーストラリアの船団護衛が行われます。
 しかし、まだ足りない、Uボートで締め上げられて窒息寸前のヨーロッパを救ってもらいたい、という。むろん、華々しい戦果を上げる前線部隊ではなく、後方支援として。
 かくして第二特務艦隊が編成され、数百トンに過ぎない駆逐艦たちが遙かな地中海に送られました。そこで彼らは、地中海の中央に位置するマルタ島を中心に、主として船団護衛を行い、いかにも当時の日本人らしく、地道に果たすべき義務をなしました。

 この本は、この戦争の経緯を、主として日本から見回す形で描いています。そして、日本海軍を代表して地中海に遠征する任務を負った数人の若い海軍軍人を主人公として、その働きを描いています。

 主たる主人公としては、山口多聞(やまぐち・たもん 海兵40期)。そして彼の同輩先輩に当たる士官たち。
   金子養三(かねこ・ようぞう 海兵30期)
   安曇十兵衛(あづみ・じゅうべえ 海兵31期)
   小澤治三郎(おざわ・じさぶろう 海兵37期)
   藤村弥市郎(ふじむら・やいちろう 海兵38期)
   五木喜久松(いつき・きくまつ 海兵40期)
 この若き軍人たちの中には、数十年後の太平洋戦争において勇名を轟かしたものもいます。しかし、彼らのあるものはそこまで永らえず地中海の爆風の中で生涯を終え、あるものは慣れぬ気候の中で病に倒れました。戦後も後処理のためにさらに欧州にとどまったものもいます。
 青春と言うには苦い、一つの時代を生きた男たちの物語です。

 題名の「マルタの碑(いしぶみ)」とは、マルタ島に建日本海軍遠征隊の戦死者の墓標です。
 大正7年に竣工し、WW2においてナチス・ドイツの爆撃によって破壊され、昭和48年(1973年)に日本の国費によって再建されたものですが、その土台は往事のまま、こう書かれているそうです。

 “Sacred to the memory of the officers and men belonging tohis Imperial Japanese Majesty's 2 Detached Squadron who gloriously fell in the Mediterranean during the great war 1914-1918”

 こんな歴史も、あったのです。  (06/11/2)