トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号:T034 田中芳樹 たなか よしき
国籍:日本 生没年:1952/10/22〜
 本名・田中美樹(たなか・よしき) 熊本県本渡市出身。学習院大学大学院博士課程(国文学)修了。
 日本SF作家クラブ所属。初期作品に「李家豊(りのいえ・ゆたか)」のペンネームあり。

 08/10/12以後、分類方法を変更しました 
田中芳樹
管理番号 書名 備考
T034-1 スペースオペラ 38 「銀河英雄伝説」1〜10 「タイタニア」1〜4
T034-2 中国歴史小説 10 「紅塵」、「風よ、万里を翔けよ」、「海嘯」、「長江落日賦」など
T034-3 薬師寺涼子の怪奇事件簿 9 ドラよけお涼 泣く子も黙る美貌にして傍若無人の警視庁の悪魔の冒険
↑ 別分類 ↑
T034-017 七都市物語 地軸が移動した、未来の世界の権謀術索(?)
T034-031 アップフェルラント物語 徳間文庫 1905年・ヨーロッパ
T034-035 ウェディング・ドレスに紅いバラ 現代(?) 吸血鬼の活躍する明るいお話(笑)
T034-049 カルパチア綺想曲(ラプソディ) 1898年・ロンドン→オーストリア・ハンガリー
T034-062 晴れた空から突然に 徳間ノベルス 新書
T034-064
T034-063
T034-066
T034-068
夏の魔術
窓辺には夜の歌
白い迷宮
春の魔術
能戸耕平(のと・こうへい)と立花来夢(たちばな・らいむ)の、
異次元世界の冒険 (今のところ、四部作)
T034-069 創竜伝 13 ドラゴン・ブラザーズの冒険
T034-070
T034-079
月蝕島の魔物
髑髏城の花嫁
ヴィクトリア朝怪奇冒険譚シリーズ
T034-081 ラインの虜囚 19世紀初頭、少女がパリから冒険の旅へ

管理番号:T034-017 10 SF一般 出版社:早川書房
書名:七都市物語 早川文庫JA317 2773 タ5-1 発行 1990年
  価格:\540 ページ数:307P 装丁:文庫
イラスト:小林智美
初版発行:90/3/15 第7刷:93/7/31 購入:93/7/11  
 西暦2088年、地球の地軸が変動します。
 北極の座標は、北緯22度04分、西経140度26分となります。カリフォルニアの西、1000kmというところでしょうな。中部太平洋上です。
 どうなるか。
 むろん、地球は未曾有の天変地異に襲われ、豪雨、洪水、地震、暴風、火山噴火、地すべり、山崩れ... 3年間に及ぶ災厄の結果、100億人が死に絶え、地球は死の星と化しました。

 2091年、月面で成すところなくこの災厄を見守っていたわずかな人類は、地球に降り立ち、7つの都市の建造を計画しました。
 月面に残った月政府は、地球に対する支配権を確保するため、続けて「オリンポス・システム」と呼ばれる地上人制圧設備を建造します。
 出力20万メガワットのレーザー砲と衛星軌道に連なる24個の無人軍事衛星は、一定質量と一定速度の物体が地上500メートルに達すると即座に破壊します。地球に取り残された人類には、反論の方法もありません。

 西暦2136年、月からの通信が途絶えます。北極海に着水した無人シャトルから、地球に住む人類は、月に蔓延した隕石からの未知のビールスによる致死性の熱病により、月面都市が全滅したことを知ります。
 しかし、「オリンポス・システム」は生きています。

 かくして西暦2190年、お話は始まります。

 何という狭い舞台。
 見事に世界を矮小化し、わずかな人間が歴史を作ることができる「箱庭世界」を造ってしまったそのアイディアは、なかなかのものですねぇ。

 この世界を舞台に、政治と陰謀と戦争により頭角を現す人々が生まれ、歴史を作ります。
 適度なアクション、楽しい権謀術索。
 娯楽小説とは、こうでなくてはいけない。


 そういえば、これを原作としたアニメビデオが昔出ましたね。
 なかなか面白かったのを覚えています。  (05/3/12)

管理番号:T034-031 24 近代冒険小説 歴史年表 出版社:徳間書店
書名:アップフェルラント物語 徳間文庫 た5-7 発行 1990年
  価格:\560 ページ数:350P 装丁:文庫
イラスト:ふくやまけいこ
初版発行:95/2/15 購入:96/11/17  
 ルリタニア・テーマ、とこの話をカテゴリーにはめたのは、作家自身。
 「ゼンダ城の虜」などに出てくる架空の国を舞台にしたファンタジー」といったらいいのかな?
 残念ながらぼくは、「ゼンダ城」は読んでいません。いつかそのうち、と思いながら機会を逸した本はたくさんありますが、これもその一つ。

 さて舞台は、ドイツ帝国、オーストリア・ハンガリー帝国、ロシア帝国にはさまれた小さな王国、アップフェルラント。
 時代は1905年。遙かな東洋では、日本と名乗る東洋の国が無謀にも大ロシア帝国に戦争を仕掛けています。
 フランスでは、イジドール・ボートルレ青年が、アルセーヌ・ルパンの秘密を暴かんとしています。
 アルバート・アインシュタインというユダヤ人学者が、「相対性理論」という高邁にして理解しがたい理論を世に問うている時代であり、ライト兄弟というアメリカ人たちが飛行機なるものをとばしてから数年後。

 この小さな国では、誰でもが自由に、のんびりと暮らしていた時代、のはず。
 しかし小さな戦乱がこの国を覆い、八年後の世界大戦に至る動乱はすでに始まっています。

 閉じこめられた少女。入り口に立つ獰猛な黒い怪物と、それを御する男装の麗人。
 少女を救おうとする少年。
 国家の秘密が眠る洞窟。
 謎の科学者と、優しい女王。

 そして、この国の合い言葉。
 「元気(フリッシュ)、自由(フライ)、快活(フレーリヒ)!」

 いいなぁ。

 ところで、この本には出てきませんが、ぼくが連想した話はルリタニアではなくて、「子鼠ニューヨークを侵略」でした。
 「〜侵略」に始まるいくつかの連作は、ヨーロッパのどこかにある、世界で一番小さいグランド・フェンウィック大公国とそこに住む楽しい人たちの物語です。アメリカに中世のヨロイカブトで宣戦布告し、しかも勝利してしまう話など、抱腹絶倒。
 この本は、残念ながら絶版です。復刊リクエスト受付中。

 あ、この本は紹介済みです。 →グランド・フェンウィック大公国シリーズ

管理番号:T034-035 61 童話・ライトノベル 出版社:徳間書店
書名:ウェディング・ドレスに紅いバラ 徳間文庫 た5-6 発行 1994年
  価格:\480 ページ数:252P 装丁:文庫
イラスト:碧也ぴんく
初版発行:94/10/15 購入:97/3/12
 軽い、軽い! (笑)

 吸血鬼の青年と美少女が、次々と起こる事件を力任せに解決するのですよね。
 漫画的で、素敵。
 ストレスのあるときに、お薦めの本ですな。

 まあ、基本的に田中さんがこういう本で描く「敵」の姿について、つっこみたい点は多々ありますが、それこそヤヴォといふものでせう。
 また、機関銃に限らず銃というものは、安全装置というものがついていてむやみに引き金を引いても弾は出ないはずですよ、だって危ないでしょ、などというつっこみも無益なのでせうね?(笑)

 最後は、結局人間(?)の強さって腕力なのね、と納得するだけ。 (05/3/3)

管理番号:T034-049 24 近代冒険小説 歴史年表 出版社:光人社
書名:カルパチア綺想曲(ラプソディ) 光人社文庫 た24-1 発行 1994年3月
  価格:\533 ページ数:302P 装丁:文庫
イラスト:黒田かすみ
初版発行:98/6/20 購入:98/6/14  
 時代は1898年。所は冬のロンドン。
 英国史に名高いヴィクトリア女王 79歳。フローレンス・ナイチンゲール 78歳。オスカー・ワイルド 44歳。アーサー・コナン・ドイル 39歳。H・G・ウェルズ 32歳。ウィンストン・チャーチル 24歳。
 旧時代の終わりです。

 主人公ジョー・アッテンボローは新聞記者。ロンドン絵入り新聞(ジ・イラストレイテッド・ガゼット・オブ・ロンドン 略してIGL)に勤務。
 (子孫に面白い冒険をした(?)男がいるようですが、これは偶然とは思えない(笑))
 この新聞社のモットーは、「新聞記事こそ最大の娯楽だ!」「血わき肉おどり鳥肌たつ」です。内容は推して知るべし、ですな。
 なお、この場合の「鳥肌たつ」という言葉は、むろん田中さんのことですから、正しい日本語の用例で使用しているはず。となると、歓喜のあまり、とか、感動的、とかのはずはない。

 霧のロンドンで先輩のアラン・マクスウェルと不毛な取材をしていた主人公は、不審な男に呼び止められます。インバネスコートを着込んだ長身の男に「ジョセフ」と呼ばれて切れます。
 「ジョセフと呼ぶな! あたしの本名はジョセフィンだ!」
 彼女は父親をにらみつけ、かぶっていたハンチング帽をたたきつけました。
 もと自由党下院議員、ジェラード・アッテンボロー氏は平然と、つれの再婚した女性、中国系のランファを紹介し、ジョーの祖母を激昂させます。
 なんたる親。
 むろん、その娘たるジョー・アッテンボローが清廉潔白な人生を送るとは思えませんけれどね。(わはは)

 さて、むろん物語は波瀾万丈へと突進します。

 舞台となるのは、オーストリア・ハンガリー二重帝国。
 雪に閉ざされた峡谷の、古城。何ともゴシック・ロマン。
 そこに至る方法が、このお話の目玉なのですが... まあ、多少の非現実性は寛恕いたしましょうね。
 わくわくどきどきの冒険です。

 時代が1900年直前なのに「冒険小説」のカテゴリーにしてしまったことについては、お詫びいたします。どう考えても、歴史となるような小説ではない。こんな面白さは、数年の誤差を無視させる価値がある。(へへへ) (05/2/25)

管理番号:T034-062 61 童話・ライトノベル 出版社:徳間書店
書名:晴れた空から突然に 徳間ノベルス 発行 1990年
初版発行:04/7/31 購入:04/9/21 価格:\800 ページ数:190P 装丁:新書
 1990年に出版された本です。
 舞台は飛行船。田中さん好みの、男を顎で使う女傑あり、全身筋肉男あり、自信でふくれあがった策謀家あり、愚劣な評論家あり。
 主人公は相変わらず、やむをえずヒーローを演じてしまうやや三枚目。美少女付き。

 今から14年前で、これを舞台にして、何ともはや七転八倒の冒険活劇を描き、そのギミックやガジェットが見事に時代に先駆けてしまった、となると、やっぱり田中さんは天才ですかしらん?(笑)

 カナダ沿岸バンクーバーは、某ドラよけお涼(サマ)の活躍の舞台になったところですね。巨大飛行船が着水するイメージとしてはジャストフィット... なのでしょうか?
 ちなみに、あちらもそうですが、田中さん、コナン・ドイルが晩年傾倒した方向に傾いているのではなかろうかと、ちょっと疑心暗鬼になりかけております。
 ま、痛快なお話を描いてくれたので、些細なこだわりはやめた方がよろしいのかな?

 褒めるだけで終わるのも業腹なので(なんだそれ)、最後のプロペラの場面がいただけませんなァ、と突っ込んでおきます。力学的に、あり得ません。(きっぱり)

 それと、田中さんには、飛行船というガジェットに対する「愛」はなさそうですね。(くすくす)

管理番号:T034-064 61 童話・ライトノベル 出版社:講談社
書名:夏の魔術 講談社文庫 た56-21 発行 1988年
初版発行:03/7/15 価格:\495 ページ数:283P 装丁:文庫
  購入:04/12/18 メモ:4部作の1。新書版として出ていたものの改訂版
 最初は、長編ゴシック・ホラーといううたい文句だったそうですね。
 新書版は読んでいません。文庫になって、始めて読んでみました。

 のんびりと時間を過ごすには良い本です。楽しめます。
 関東から会津若松に抜ける列車の旅の中で起こった不思議な世界への束の間の旅。
 別世界への入り口、というのは、ファンタジーの基本ですね。

 主人公が19才の不幸な家庭の大学生、相手が10才ぐらいの女の子。そして、謎の老人。

 踏み込んだ世界が、なぜかキリスト教の異端派の悪夢の中。

 なんだか、国籍がおかしいなぁ。宗教的にもおかしいなぁ。
 出てくる登場人物の、いささかステレオタイプ的なことは、あまり気にしなくてよろしいのでしょうね。

 楽しい時間を過ごせればいい、と言うことですね。

管理番号:T034-063 61 童話・ライトノベル
書名:窓辺には夜の歌 講談社文庫 た56-25 発行 1990年
初版発行:04/11/15 価格:\552 ページ数:284P 装丁:文庫
  購入:04/12/18 4部作の2。新書版として出ていたものの改訂版
 舞台を学園祭にして、またまたゴシック・ホラー。(あはは)

 なんとなく、薬師寺涼子サマの世界ですね。(ぷぷ)
 変な権力意識に燃える脂ぎった中年は、もちろん出てきます。
 それとなにか、変な宗教観に毒されていますねぇ、田中さん。
 ま、あまり真面目に突っ込んではいけない。のんびり楽しみましょう。

 しかし、ばかでかい蝸牛(かたつむり)には笑った。

管理番号:T034-066 61 童話・ライトノベル 出版社:講談社
書名:白い迷宮 夏の魔術 四部作の三 発行:1994年
講談社ノヴェルズ タK-18 価格:\740 ページ数:213P 装丁:新書
イラスト:ふくやまけいこ
初版発行:01/1/10 購入:04/11/31
 「夏の魔術」、「窓辺には夜の花」ときまして、第三作目は冬の...長野かな?

 スコットランドの古城を解体し、わざわざ石材や木材を日本まで運びこんだ広大な城、トゥミントール(Toumintoul)。12月26日の夕方、この玄関をくぐった能戸耕平(のと・こうへい 19歳)と立花来夢(たちばな・らいむ 小学校六年生)の二人は、例によってここでおどろおどろしい冒険に巻き込まれます。
 もしあなたが、のんびりとした1時間半を過ごしたいのなら、この本は最適です。
 青年と少女の織りなす不思議な旅路につきあいましょう。

 物語は、遠く70年前のハルピン、当時の満州国の一都市にさかのぼり、当時そこに流れ込んでいた日本で尾羽を散らした父と娘と、白系露人(エミグランテ)の「魔女」との出会いが発端となります。
 野心と功名心、名誉欲、征服欲。成り上がって百万の人々の上に君臨する成功者の秘密とは。

 田中さんは例によって、こういう野心を持つ人はすべて卑しいものと決めつけて、淫蕩に残酷に無様に描写しますね。(笑) 悪いやつは一人の成功者をのぞくとすべてその追従者にして卑しい僕(しもべ)となる、と言うパターンですね。そしてその僕は、より下に対しては腹いせのあまり暴君となる。そしていじましく感情的に行動する。
 なんだかなぁ。
 違うと思いますよ、田中さん。
 まあ、たかがライトノベルではとやかく言ってもしかたがないことはありますけどね。  (05/12/6)

上へ
  Ver. 2.12
管理番号:T034-068 61 童話・ライトノベル 出版社:講談社
書名:春の魔術 夏の魔術 四部作の四 ISBN4-06-275346-4 C0193
講談社文庫 た56-29 価格:\552 ページ数:282P 本のサイズ:文庫
初版発行:2006/3/15 購入:2006/11/3 表紙イラスト:ふくやまけいこ
 夏から始まった能戸耕平(のと・こうへい)と立花来夢(たちばな・らいむ)の冒険、最終章です。
 表紙絵は、小学校を卒業する来夢ですね。

 さて出だしは、来夢の保護者である、怪奇幻想文学館の館長、北本行雄氏と来夢が失踪したという知らせから始まります。あわてて北本氏邸に駆けつけた耕平の携帯が鳴る。メッセージは、
 「タソガレショウエンニコイ」
 のひと言で切れます。
 黄昏荘園とは、夏に巻き込まれた冒険の場所。あわてて上野から北へ行く電車に乗る耕平。
 冒険の始まりです。

 電車の中で出会ったのは、かつての冒険の時にどちらかというと敵として出会った元タレントの若い美女。そして彼女を見つけて狂喜する、耕平と同期生であるオタク青年。
 彼女はなぜか、今回耕平の味方になるらしい。
 そしてオタク青年の方は、田中節の「悪いヤツ」ですね。卑怯で、身勝手で、僻みっぽくて、他人を引きずり下ろすのが当然と考える被害妄想。毎回思うのですが、その次で登場するヤクザのお兄さんと共に、人間性をここまで貶めたキャラクターを作って何が楽しいのだろうかと考えてしまう。

 お話は、冒険者が結束してがんばり、悪い奴らが追っ払われます。うまくまとまっており、軽く読めます。
 しっかりした可憐な少女が可愛い。健気な主人公に肩入れしたくなる。
 こういう本では、楽しい時間を過ごさせてもらえればよいのですけれど、それはかなえられます。
 でも、それだけ。余りにも軽く読めてしまって、ちょっと損をした気分。
 贅沢ですかね?  (06/11/5)

上へ
  Ver. 2.17 
管理番号:T034-069 18 ユーモア・ジュブナイルSF 出版社:講談社
書名:創竜伝 13   ISBN978-4-06-275425-5 C0193
講談社文庫 た56-30 価格:648Yen ページ数:388P 本のサイズ:文庫
初版発行:2007/5/15 購入:2007/5/25 表紙・挿絵:CLAMP
 富士山を始めとする山々が噴火し、関東が灰と噴煙におおわれて壊滅しました。
 京都から偵察と称して東京へ向かう竜堂家年少組二人は、軽井沢上空で立ち往生です。飛行機ではない。空飛ぶ蛇、崑崙(クンロン)の彼方に住む騰蛇(とうだ)と呼ばれる生き物に乗っています。そもそも竜である兄弟が、わざわざこんな旅をするのには訳があります。 ─ といっても、たいしたことではない。
 かれらは、簡単には竜の姿に戻れないから。それだけ。

 途中で見つけたのは、この国の元首相。名前はありません。言語明瞭、意味不明瞭をモットーとし、無責任で言い訳がましく立ち回ることで功成り名を遂げた人。

 ふん、竹下登氏の田中式カリカチュアですな、これ。
 上に立つ人を思想が気に入らないからと言って貶めるにしても、あまりにもステレオタイプ。
 ピント外れの官僚批判や、陰謀史観的に我が国はアメリカの奴隷にされていると「喝破」するその姿勢は、相変わらずですね。
 他にも、いろいろと我が国の根幹を貶すのが田中調なのではあります。田中式の礼儀はそれなりに良いものだと思いますけど、自由を標榜しつつ自分の道徳観を売りつけるのはいかがなものかなぁ。(笑)
 むろん、そんなことを考えるようになった人間がこの本を楽しむのは、これぞアンビバレンツなんでしょうが。

 この巻の最大のウリは、この元首相を助け出し、小早川奈津子嬢と竜堂兄弟が手を結んだ事でしょうか。
 うそじゃありません、本当のことです。疑うなら読みなさい。(爆笑)
 なんと、京都に××を作ると言うんですから。何百年ぶりだと思います、日本に××ができたのは?(笑)
 さて、世界の悪の帝国アメリカ合衆国を支配する謎の「閣下」を相手に、竜堂兄弟の活躍はいかに...

 このお話はこの巻では終わらないのです。以下次号になるんですが、新書版の13巻が出版されたのは2003年5月、その文庫版ができたのが2007年5月。しかしいまだに14巻が出る様子はありません。
 どうなっているのかな?  (07/7/10)

ページのトップへ
  Ver. 2.18 
管理番号:T034-070 24 近代冒険小説 歴史年表 出版社:理論者
書名:月蝕島の魔物 英題:The Devils of the Eclipsed Island ISBN978-4-652-08610-0 C0093
  価格:1400Yen ページ数:388P 本のサイズ:B5SC
初版発行:2007/7 購入:2007/8/3 表紙イラスト:谷川彩子
 発行日が2007/7とだけなっているのは、手抜きじゃありません。本にそうとしか書いていないのです。
 なぜなのかわかりません。
 と、しょうもないネタで初めてもしかたがない。(笑)

 この本は、エドモンド・ニーダムという青年を主人公とする「ヴィクトリア朝怪奇冒険譚」三部作の一作目なのだそうな。10歳から80歳までの子供たちに捧げる冒険物語って、なんかうきうきします。

 主人公「私」ことエドモンド・ニーダムは1826年に生まれました。この冒険は1857年ですので、31歳。
 クリミア戦争に従軍してようやく英国に帰還したのは、戦争が終わったのは1856年3月なのに、ずっと時間が経った1856年の7月でした。生きて帰っただけまし、という凄惨な戦争で疲れ切った彼を、泣き笑いで迎えたのは、田中作品にはある意味パターンである若い少女。1840年生まれの姪のメープル・コンウェイ。
 独身のニーダムも彼の姪も、親戚もいないひとりぼっちです。中流家庭で一人のメイド、50歳になるマーサと三人暮らしを始めます。
 ミューザー良書倶楽部(セレクトライブラリー)という会社に入社したところから、冒険が始まります。

 この会社は、当時としては珍しい貸本屋でした。150万冊という膨大な量の本を所蔵し、5万人の会員に貸し出しています。また出版のプロデュースのような仕事も行っており、作家や出版社とも深いつながりがあります。ニーダムは、姪のメープルと共にここに勤めることとなります。

 同時の人物、事件、社会背景がたくさん出てきますね。クリミア戦争。フローレンス・ナイチンゲールと軽騎兵の突撃。桂冠詩人アルフレッド・テニスンがこの悲惨な栄光を詩にして、バラクラーヴァの戦場で行われた無謀な突撃を朗々と朗読したとき、その突撃に参加した673名の騎兵の一人、生き残った195人の一人だったニーダムはショック状態になったりします。彼は、戦場の勇者だったのですね。
 その他にも若き日の保守党のディスレーニと自由党のグラッドストーン。カラブー内親王事件を起こしたメアリー・ベーカー。
 今回のゲストとなるのは当時45歳であった文豪チャールズ・ディケンズと、52歳のハンス・クリスチャン・アンデルセン。アンデルセンはこの時点でもうデンマークの童話作家として国の誇りとなっていますが、性格はいささかエキセントリック。彼らの旅のお供をしてスコットランドにむかう旅で、いったい何が起きるのか。

 現実と、夢のような怪奇現象。月蝕島という島で発見された、氷付けになった中世のスペイン無敵艦隊の船とはなんだったのか。
 その調査を拒む島のあるじである大地主のゴードン大佐の正体とは。

 面白いですね。文字通り、血湧き肉躍るドキドキハラハラの、しかしそれほど残酷でもなくセックスシーンも出ない「健全」な冒険です。
 細かく見ると、ささいな突っ込みどころはありますが、素直に楽しみましょう。10歳から80歳の子供に還って。  (07/12/8)
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:T034-079 24 近代冒険小説 出版社:東京創元社
書名:髑髏城の花嫁 ヴィクトリア朝怪奇冒険譚シリーズ ISBN978-4-488-02484-0 C0093
英題:The Bride of the Castle Skull   
  価格:1700Yen ページ数:336P 本のサイズ:135×195SC
初版発行:2012/6/6 購入:2012/6/24 装画・挿絵:後藤啓介
髑髏城の花嫁 「ヴィクトリア朝怪奇冒険譚」 三部作の第二巻。
 第一巻が出てから、ご本人にも出版社でもいろいろ事情があったようですね。四年もかかってしまい、今度はなんと東京創元社から。

 お話はまず13世紀初頭にさかのぼります。悪名高い第四回十字軍に参加したユースタス・ド・サンポールという騎士が、敵中でたった一人生き延びた奇妙でおどろおどろしい話から。

 そして時代は1857年に飛びます。前回の冒険の少し後。
 9月16日、主人公エドモンド・ニーダム(31歳・独身)は、ミューザー良書倶楽部社長ロバート・ミューザー氏に呼ばれます。名門フェアファックス伯爵家が代替わりすることになり、後継者たる新伯爵は書籍に興味があるらしいとのこと。なんと三千冊の最上質の本を、収納する図書室、書棚ともどもそろえたいと考えたのだそうな。
 その新伯爵が、その調達と設置の手配を、ミューザー良書倶楽部のミスター・ニーダムに任せたいと名指ししてきたそうです。なぜ?

 姪のメープル・コンウェイ(17歳・天涯孤独・ニーダムと同居中)とともにロンドン高級邸宅街メイフェアにあるフェアファックス伯爵邸にむかうと、現れた新伯爵とはなんと、つい昨年ニーダムがクリミアの戦場で戦友マイケル・ラッド兵長とともに奇妙な手助けをした、ライオネル・クレアモント少尉ではありませんか。
 彼らの手助けで、当時病魔に侵されて半死半生だったクレアモント青年は、ワラキアの貴族の後継者となることができたのでした。
 ニーダムにとってはそのときの奇妙で怪しげな記憶も残りますが、クレアモント、いやフェアファックス新伯爵はあの時の感謝の気持ちなのか彼に仕事をまかせたのでした。単純な、本好きにはたまらない、商売的にも実入りがいい仕事に思えたのですが、これがあにはからんや、ちがった。なにしろ、田中ワールドだもの。 (笑)

 今回おそるべき歴史が暴かれるワラキアとは、ヨーロッパ中世、ダニューヴ(ドナウ)河にあった小国家。スースタス・ド・サンポールが悪魔に魅入られて領土を得た地ですが、歴史的にはむろん、かのドラキュラ伯爵のモデルとなった東欧の異端児、ワラキア公ヴラド・ツェペシュが君臨したことがある、東洋と西洋がせめぎ合う地方。
 このワラキアに起源がある話となれば、妖怪・怪物なんでも来いなんでしょう。(笑) 翼のある謎の魔物が物語の舞台を横切り、ニーダムとメープルは命がけの冒険に巻き込まれます。
 面白いよ、これ。うそと分かっているから、ますます面白い。
 大団円のどんでん返しがまた、お見事。冒険小説はこうでなくっちゃ。

 面白さを踏まえて、二点ほど指摘。

 まず、14歳年下の姪ってのは、他の田中ワールドの女の子と同じように、「安全」 なヒロインだよね、ということ。
 よほどのシチュエーションでない限り、二人に恋愛感情が生じることはない、そのためにお話がこじれることはない。しかも実の子ではないだけに、二人の関係もより自由になれる。フム、なるほどね。

 それと、髑髏、どくろ、頭蓋骨。
 日本人はこれを、おどろおどろしいもの、忌むべきもの、穢れたものと考える。この作品でも同じようなくくりです。
 でも、──西欧文化に精通しているという自信はありませんが──彼らは日本人が考えるレベルで考えてはいないんじゃないだろうか。
 なんと言ったらいいのか分かりませんが、頭蓋骨を、おぞましいものと言うよりもっと身近なものと認識しているんじゃないだろうか。なんといっても、彼らには日本人が心の奥底に持っている「穢れの文化」を持っていないもの。
 カタコンベの骨の山の中に礼拝堂を設けたこととか、ハムレットの墓掘りのシーンとか読むとね。
 もう少し研究と考察が必要だろうけど、なんかしっくりしないんですよ。  (2012/10/3)
ページのトップへ   Ver. 3.00 
管理番号:T034-081 24 近代冒険小説 出版社:講談社
書名:ラインの虜囚   ISBN978-4-06-182814-8 C0293
講談社NOVELS タK-30 価格:880Yen ページ数:272P 本のサイズ:新書
初版発行:2012/10/3 購入:2012/10/21 カバー&本文イラスト:鶴田謙二
「ラインの虜囚」 田中芳樹 1830年、フランス、パリ。
 主人公は、コリンヌ・ド・ブリクール、16歳。ギイ・ド・ブリクール伯爵の孫娘。
 1804年に父である伯爵の意に反してカナダに移住し、そこで先住民の娘と結婚したモーリスの娘。
 モーリスの死後、その遺言に従って老伯爵に会いに生まれて初めてパリに現れたコリンヌは、伯爵が息子を憎んでいることを知らされて唖然とします。さらに、自分の孫であることを証明するために、ライン川の向こうにある 「双角獣(ツヴァイホルン)の塔」 に行ってこいと命じます。自分の、つまりブリクール伯爵家の財産がざっと数えて五千万フランにのぼるとご丁寧に告げたあとで。

 当時の一フランは現代の日本で言うとだいたい千円、一フランは20スーで、1スーは約50円というありがたい田中さんの説明がこの後につきます。P16です。
 岩波文庫の「モンテ・クリスト伯」を高校生の頃読んだ記憶がありますが、その頃換算係数として同じくらいと見積もったことを思い出しました。でも、当時と今の日本の物価は二倍以上優に上がっているはずですから、もっと高いんじゃないか、とふと考えました。でもまぁ、このへんは曖昧なんですけどね。

 さてコリンヌは、
 「わたしは爵位も領地も財産もいりません。わたしの故郷はカナダなんですから。わたしはただ父の名誉を守りたいだけです。おわかりいただけますか?」  (P18)
 とタンカを切り、旅費千フランを貰って旅立つことに。
 老伯爵の要求は、その塔にナポレオン・ボナパルトが幽閉されているという噂があるので、そこに行ってナポレオンがいるかどうか確認して、50日以内で返って来いというもの。
 この時点で「元」となるフランス皇帝ナポレオンは、9年前の1821年5月に南太平洋のセントヘレナ島で死んだこととなっています。しかしフランスではそのころ、政情不安もあってナポレオン待望論がくすぶっていたのでした。そのなかで 「双角獣(ツヴァイホルン)の塔」 の噂もあり、反ナポレオン派であるブリクール伯爵としては、その真偽が気になっていたらしい。

 旅費は貰ったもののそのまま未知のはるかな地へ行くのはあまりに無謀。なにしろ 「双角獣(ツヴァイホルン)の塔」 とは、パリの南東に直線距離で100里の彼方にあるのですから。

  ちなみにP15で「里」と書いて「リーグ」をルビをふっていますが、リーグ league とは英米の長さの単位。フランスなら リュー lieue を使うべき。1リーグは約4.8kmで、1リューは4km。ジュール・ヴェルヌの「海底二万里」の単位は、むろん後者です。

 さてコリンヌは仲間を捜しに街に行きます。
 このあたりは子供向けのお話なので、ほかのあちこちのつじつまが合わない点など無視して、頼りになりそうな、ちょっと怪しげなおじさんたちを見つけた経緯を楽しみましょう。
 この個性豊かな三人が、少女の旅に同行してくれるのです。
 そして集まったのはこの四人。
  ジャン・ラフィット  1782年生 - 1854年没
  エティエンヌ・ジェラール  1782年生 - 1858年没
  アレクサンドル・デュマ(ペール)  1802年生 - 1870年没
    そして
  コリンヌ・ド・ブリクール=オーリック  1814年生 - 1891年没

 非常に有名な、実在した人。ちょっと有名な、実在した人。一部の世界の人たちの心の中にだけ実在した人。
 それと、冒険物語の中に初めて出てきた人。
 この四人が、どんな活躍をしてくれたのか。

 ライン川の向こうに、ナポレオンはいたのか。
 パリの夜の世界に暗躍する、『暁の四人組(パトロン・ミネット)』 という悪漢たちの正体は。

 終章で、60代となったコリンヌが、遠い昔の事を孫娘にちらっと語る様子が、ホンワカとしていて素敵。
 8歳から80歳までの読書付きな子どもたちに、この本は楽しい時間をくれますよ。

 田中芳樹さんのこういうお話は、今もなお大好きです。  (2013/01/10)