トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: H073 細川重男 ほそかわ・しげお
国籍: 日本 生没年:1962年
 東京都生まれ。東洋大学大学院文学研究科日本史学専攻修士課程修了、立正大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程満期退学。
 現在、國學院大學・東洋大学非常勤講師、日本史史料研究会主任研究員。
 博士(文学)。日本中世政治史専攻。
細川重男
管理番号 書  名 メ  モ
H073-001 頼朝の武士団 源頼朝の新しい顔
ページのトップへ   Ver. 3.00 
管理番号:H073-001 54 歴史点描 歴史年表 出版社:洋泉社
書名:頼朝の武士団 将軍・御家人たちと本拠地・鎌倉 ISBN978-4-86248-950-0 C0221
歴史新書y 031 価格:890Yen ページ数:224P 本のサイズ:文庫
初版発行:2012/8/20 購入:2012/9/29  
「頼朝の武士団」 細川重男 源頼朝とは、むろん平氏を倒して鎌倉に幕府を開き、以後700年以上になる武家政権による日本支配という歴史を開いた人物です。従来この人には、本文にあるように、 「猜疑心が強くて陰険」 というイメージがつきまとっています。
 源平合戦で勇名を馳せた異母弟・源義経を没落させた上に死に追い込んだこと、奥州藤原氏を攻め滅ぼした手法、その他の親族や与力した豪族たちを粛正した手腕。どうしても暗いイメージでしかくくれない。長女・大姫に対する仕打ちなども、幕府将軍家の悲劇として伝わります。

 しかし、史料を読み直して新たな解釈を試みると、違う姿も見えて来るじゃないか、というのがこの本です。と同時に、その紹介のしかたが面白い。
 出だし、河村義秀(かわむら・よしひで)という、かつて平家方にいた武将を赦免するエピソードから、始まります。
 これを進言したのは、古参の御家人である大庭景能(おおば・かげよし)。この義秀を囚人として十年も預かっているけど、どうしましょ、と頼朝に尋ねたもの。
 「そいつは 『バラせ(殺せ)』 と、おめェに言ったはずだ。今も生きているてのは、どーゆーこった?」
 (件の男は斬罪に行うべきのよし下知しおはんぬ。今に現存するは奇異の事なり)  (P12)
 しかし、その時が神事の流鏑馬の最中で、欠員がでてどうしようかというさなかであったため、頼朝はとりあえず、上手く射れるか見た上で考えようか、となったらしい。
 義秀が見事な腕前を披露したので、頼朝は喜んで赦免を与えたのですが、しかし話はここでは終わらない。それから半月後景能が、
 「河村をバラしましょうか?」
 (河村三郎義秀、今において梟首(きょうしゅ)せらるべきか)
 と言ったものだから、頼朝は
 「何言ってンの?! おめェ!」
 (申し状、はなはだその意を得ず)
 とビックリして、
 「オレが 『バラせ』 と言った時に匿って、こっそり長年世話していたのは、おめェじゃねェーか?! それに、この間の流鏑馬で許しただろォーが?! 今さらなんでバラすことがある?!」
 (早くその刑に処すべきのよし仰せ付けらるるといへども、景能、潜かにこれを扶(たす)け多年を歴(ふ)るなり。流鏑馬の賞に依りて厚免しおはんぬ。今更何ぞ罪科に及ばんや)
 と聞いた。頼朝のこのセリフには、
 「何言ってンの?! このジィさん! ついにボケたの?!」
 という彼の呆れた様子がよく現れている。
 すると景能は、
 「(河村は)今までは囚人でしたから、ワシが世話してたンで、生きていられました。でも、もうお許しが出たンで、ワシは世話ができませんから、飢え死にしそうです。今のような状態でいるなら、バラしてやった方が、ヤツも喜ぶでしょう」
 (日ごろは囚人たるの間、景能が助成をもって命を活(い)く。なまじいにもって免許を蒙るの後、すでに餓死せんと擬す。当時のごとくんば、誅せられんが事、還りて彼のために喜びたるべきか)
 これを聞いて、頼朝は自分の配慮の至らなかったことに気付き、大笑いして、河村は本領である相模国河村郷に帰り住むように命じた(時に二品(にほん 頼朝のこと)頗(すこぶ)る笑はしめたまひ、本領相模国河村郷に還住すべきのむね、下知すべし)。 ・・・今度こそ、めでたし、めでたし。  (P14-15)
 この、大笑いする頼朝という描写が作者の気に入ったところらしい。たしかに頼朝は数々の残虐な行為を行ったし、彼の時代もまたさまざまな点で悲惨であった。それは事実。しかしそのなかで、おおらかさ、諧謔、ぬるさなども、あったのではないのか。
 そしてなによりも、頼朝とは、もっと洒脱で親分肌の男だったのではないか。
 そんなわけでこの本が書かれたようです。

 文体がきっちりと真面目なものから、くだけた今どきの学生のようなもの、ヤクザっぽいものに縦横無尽に入り乱れます。これもまた、面白い。ちょっと行き過ぎのような気もしますが、こういう書き方も面白いね。

 「吾妻鏡」とは、果たして頼朝の姿をそのままで描写したのか、という疑問を呈した歴史解釈の説があります。その視点から見ると、この本のような考え方はどうなんだろう。
 とはいえ、いろいろな視点は、視野を広げ、歴史への楽しみを増やします。こんなのもあっていいんじゃないかな。  (2013/01/18)