トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: T085 高殿 円 たかどの・まどか
国籍: 日本 生没年:1976/4/1〜
 
高殿 円
管理番号 書  名 メ  モ
T085-001 シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱 女性となったホームズとワトソン
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:T085-001 42 シャーロック・ホームズ・ノベル 出版社:早川書房
書名:シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱   ISBN978-4-15-031257-2 C0193
ハヤカワ文庫JA1257 タ11/4 7895 価格:640Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:2016/12/25 購入:2017/1/1 表紙イラスト:
「シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱」 高殿 円 オリジナルストーリーから男女を入れ替えた世界、ってのは、私見ですが、つまらんものが多いもの。ましてホームズ・パスティーシュでは。ひどい例をいくつも読みましたから。ホモレズネタに至っては吐き気がするものすらあったっけ。
 でもって、ここに登場する男女入れ替えたホームズとワトソンは、マンガに出てくるような美貌の持ち主ときたもんだ。とりあえず買ったので読み始めたのですが、内容によっては(ぶっちゃけて言うと)そのまま廃棄もありうると思っていました。
 でもまあ、こういうふうに裏切られることもあるんですね。気に入りました、これ。

 「アフガニスタンでは多くの傷兵の命を救いました」  (P9)
 と、聖バーソロミュー病院の面接試験で人事部長以下三名に向かって自分の経歴を語る 「私」、ジョー・H・ワトスン。そう、このとき、つまり2012年8月7日にも、アフガニスタンで軍務に服した軍医はいたわけです。イギリスって、色々な意味で面白い国ですな。
 さて、その面接に失敗した私は、折りしも行われているロンドン・オリンピックの喧騒の中で今日の宿をどうしようと考えます。両親はとうに死に、職もなく、収入はわずか6年間分の年金が年に七千ポンド(約百万円)。しょうもない(しかし意外に人気があった)ハーレクインもどきを書いていたときに知り合ったデジタル・ストランド誌の編集者、ミカーラ・スタンフォードの紹介で、なにやら変な評判があるというシャーリー・ホームズという女性がフラットシェアする相手を求めているという話を聞きます。
 そのまま、宿がないので私は戦地で慣れていたように、死体が転がる聖バーソロミュー病院のモルグ、死体安置所にもぐり込みます。あいたストレッチャーの一つに新品の遺体袋を拡げてひと晩の宿にしたのですが、朝になって驚いた。
 隣の死体袋の中からチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲が鳴り響き、それから人の声が。どうやら携帯電話で会話をしているらしいのです。昨夜ちらっと見たときは、若い娘の死体としか見られなかった人物ですが、どうやら私と同様にここを宿にしたらしい。
 「すまないが、ファスナーを開けてくれると助かる」  (P29)
 といわれて死体袋のファスナーを下げると、そこにあったのは青い瞳のはっとするような美人。
 これが、シャーリー・ホームズとの出会い。なるほど、そうもってきたか。

 ぶっちゃけ、この本は単に男女を入れ替えただけでなく、赤裸々な女性視点の描写が続きます。経血のこと、ブラジャーをするかしないか、タンポンがどうたら。
 それが、生まれたときからガッチガチに男という性の中でしか人間を見ることができない鐵太郎にとって、ヴィヴィッドであると共に性を売りにしていないことが驚き。ああ、そういう描写のしかたがあるのか。
 うーん、女性をターゲットにしている小説類にはこういうものが多いのかもしれませんが、不肖鐵太郎はこういうものをほとんど読まないので実に新鮮でした。

 お話は、男女入れ替えでホームズの物語が語られます──ってことは、ほとんどが女性ってこと。ベーカー街221bの家主はミスター・ハドソンだし、ロンドン警視庁の警部はグロリア・レストレード、シャーリー・ホームズの姉の一人はミシェール(マイキー)・ホームズ。天才数学者のヴァージニア・モリアーティも出てきます。
 ほおお。

 無論この物語は原典の緋色の研究のパスティーシュなのですが、女性が書いた女性向きのお話を楽しむと共に、元のお話をどのようにひねったのか、どのように利用しているのかなど興味は尽きません。そして現代医学を基本にした心臓(ハート)()のない女性≠ニいう言葉、RHCHEと書いたのではなくAChEと書いたのだということ、電脳体であるミセス・ハドソンなどのネタがバランスよくはまっています。
 また、この物語の題名を緋色の憂鬱≠ノした理由などは実に女性的なのですが、性を売り物にしている感覚がなく実にいい。
 こういう女性向け方向の物語を鐵太郎が楽しみ、また誉めることはめったにないのですよ、実は。
 うん、楽しめました。  (2017/2/24)


 読書メーターの記録より  読了:2017/1/3