トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: N011   リチャード・F・ニューカム Newcomb, Richard F.
 国籍: アメリカ合衆国 生没年: 不明
 元AP通信記者。戦記ノンフィクション作家。
 第二次世界大戦中は従軍記者として活躍。1958年に本書のオリジナル版を発表し高い評価を得る。 
リチャード・F・ニューカム
管理番号 書  名 メ  モ
N011-002 巡洋艦インディアナポリス撃沈 WW2で沈んだアメリカ巡洋艦の顛末記

ページのトップへ
  Ver. 2.22 
管理番号:N011-002 52 戦史・戦争ノンフィクション 出版社:ソニー・マガジンズ
書名:巡洋艦インディアナポリス撃沈   ISBN978-4-7897-1837-9 C0197
原題:Abandon Ship! :The Saga of the U.S.S. Indianapolis, the Navy’s Greatest Sea Disaster (1958→2002) 翻訳者:平賀秀明
ヴィレッジブックス N-ニ1-1 価格:820Yen ページ数:434P 本のサイズ:文庫
初版発行:2002/3/20 購入:2002/4/1 表紙写真:浅野信美(模型:TAMIYA)
巡洋艦インディアナポリス撃沈 アメリカ海軍軍艦インディアナポリスは、1932年11月15日に就役した排水量9800トン、8インチ(20センチ)3連装砲3基搭載の重巡洋艦です。第二次大戦に参加した軍艦としてはいささか老朽化しており、第一線と言うにはいきませんでしたがそれなりに前線を駆け回り、戦歴を積みました。
 1945年3月、特攻機の攻撃により損傷した修理にメア・アイランド(サンフランシスコ北の海軍造船所)に向かいます。修理後に原子爆弾を搭載してテニアンに運び、7月26日に到着しました。
グアムからレイテまでのインディアナポリスの航路
インディアナポリスの航跡
 そののち、レイテ島で戦闘訓練の標的曳航の任務を受領して7月28日出航します。
 その航路上でインディアナポリスは、日本海軍の潜水艦伊58によって雷撃されます。沈没したのは7月30日・月曜日 午前零時14分でした。第二次大戦で最後に沈んだアメリカの大型戦闘艦でした。

 乗組員約1200名のうち、この攻撃で死んだのは約300名。
 彼らが発見されたのは8月2日・木曜日午前11時で、救助された生存者は8月5日までに316名。他は漂流中に死んだそうです。
 これは、アメリカ海軍史上最大の海難事故として大問題になりました。戦時下とはいえ、900名近い海軍将兵が一瞬で失われたことは前例がなかったという。
 指揮官であった海軍大佐チャールズ・B・マクヴェイ3世(Charles Butler McVay III 1898/7/30〜1968/11/6)はこの災厄に生き残り、のちに軍法会議にかけられました。

 筆者のリチャード・F・ニューカムは、その顛末をまず1958年に書きました。
 戦争が終わって13年経ち、ある程度過去を冷静に見られるようになり、墓に埋められたはずの亡霊が生き返ったのでした。
 死んだ戦友のことを思ってひっそりと暮らしていた生存者は、不当に評価されたことに気づき、インディアナポリス戦友会が1960年に発足します。その第一回大会にリチャード・F・ニューカムは招待され、「名誉生存者」の称号が授与されたとか。
 しかしその後、生存者ではなく太平洋で死んだ将兵の遺族からの悪意に満ちた手紙などのプレッシャーに耐えられず、マクヴェイ元大佐(退役時少将)は、1968年11月、拳銃で自殺しました。

 この本は、最初にニューカムによって書かれた部分を中心に据え、まえがきとあとがきの形でノンフィクション作家ピーター・マースが、オリジナルの本が起こした騒動とその結果を描いた部分を追加して、2000年に再刊行されたものです。
 その結果、それまで艦長の警戒ミスという形で決着が付いたように見えた趨勢は、事故の存在を、誰かがどのような意図かで隠蔽しようとした背景が浮き上がってきます。海軍は何を守りたかったのか。誰が本当の加害者なのか。
 インディアナポリスの乗組員は、マクヴェイ大佐は、責任はあったのか。落ち度はあったのか。
 なかなかスリリングな展開の歴史ドキュメントです。

 さてそこで、別な本(雷撃深度19.5)を読んだとき、この本があったことを思い出して読み返したんですが、最初に読んだときと同じ感想を抱いたのに気がつきました。頭の程度は変わらないのかなぁ。(笑)

 それがどこかと言いますと、アメリカって国にとってこの事件は大災厄なんだろうけどね、ということが第一点。
 日本海軍はこれとは桁の違う災厄もあったし、不手際があったんだよなぁ。そりゃあ、しょせん敗戦国ですし、アメリカより組織化されていない面が多々あったから、あちらとは違うのかもしれないのだけどね。とはいっても、国家を叩きのめされた日本の歴史に浸った視点から見ると、この程度の事に共感できない。
 それに、悲劇だ惨劇だと言われても、戦争の被害の一つをそこまでいつまでも騒がれても、っていう違和感があったのです。

 もう一点は、責任論。
 災厄の原因、誰による被害なのかを知りたいといいう欲求はわかる。誰かのせいにすることで事件を終結させ、一件落着としないと気が済まない気質もわかる。その過程で、自分の責任ではないと逃げ回る発想もわかる。自分に責任がないと思う事については、とことん戦うべきと言う考えもわかる。
 マクヴェイ艦長を恨んでいるのは事情を知らない遺族の家族・関係者たちであって、元乗組員は一致して彼らの艦長や上級士官を支持していたが、声を上げることを許されなかったという。
 しかし海軍は面子が大事、艦長のせいにすれば海に放置されて忘れられた被害者の死まで一人のせいにできる。よしんばまずくても、グアムやレイテの下級担当士官の責任にすればいいとする。いわゆるマッカーサー海軍とニミッツ海軍と呼ばれた、ライバル視どころか敵視していて分裂状態だった当時のアメリカ軍のことなど、おもてに出したくない。

 ここで、ここまでで良しとみんなが納得できる妥協点を模索し、「大人の判断」で事を丸く収めようとする努力を、なぜしないのか。
 それが日本的な曖昧なあなあ思想であり、西欧人のメンタリティにそぐわないことは承知しています。しかし、とことん対立するだけでは恨みの連鎖を生むだけではないのか。
 2000年10月12日に、海軍上層部による猛烈なロビー活動による妨害のなかで、アメリカ上下両院はマクヴェイ艦長にはインディアナポリス喪失の責任はなかったと議決したという。
 その議決は、1996年に、ある少年がTVで映画を見ていたときに、その映画「ジョーズ」に出てきた、インディ乗組員の生き残りに扮した俳優のセリフで疑問を感じて活動を開始したことに始まる、という市民の涙を絞り出すおまけ付きです。

 なんだろなぁ、この展開。これがアメリカ人の琴線に触れる話なのでしょうけど、鐵太郎は共感できないお話でした。  (09/3/14)