トップへ戻る
トップへ戻る
書籍データへ戻る
読んだ本の分類
52 戦史・戦争ノンフィクション 乱読屋の年表
乱読屋の年表
作家番号 作品名 作家名 メ モ
P010-001 ナチスの懐深く ドゥシュコ・ポポフ 勇名を馳せた二重スパイの自叙伝 102
W010-001 ウルトラ・シークレット F・W・ウィンターボーザム 第二次境大戦を勝利させた情報 101
I035-001 艦隊防空 石橋孝夫 海軍艦艇と防空の歴史 100
N060-001 軍艦と装甲 新見志郎 海上戦闘艦の主砲と装甲の歴史 99
I034-001 軍艦 「矢矧」 海戦記 井川 聰 軽巡「矢矧」の奮戦と、レイテ海戦異説 98
Y006-009 深海の使者 吉村 昭 孤独な海底の遣独使節の物語 97
M110-001
M110-002
ミッドウェー海戦 第一部 知略と驕慢
ミッドウェー海戦 第二部 運命の日
森 史朗 あの海戦の陰にあったもの 96
P005-001・002 高速戦艦脱出せよ! ジョン・ディーン・ポター ドイツ艦隊、英国海峡を突破する! 94
S132-001
S132-002
S132-003
西方電撃戦
エル・アラメインの決戦
スターリングラード攻防戦
斎木伸生 軽やかな筆致で描く戦車の歴史 92
O028-003 海防艦 大内建二 役割を果たせなかった海の姉妹たち 89
I004-001 キスカ 日本海軍の栄光 市川浩之助 昭和18(1943)年7月末、奇跡のキスカ撤退戦顛末 88
H031-022 日本のいちばん長い日 決定版  半藤一利 1945年8月15日、なにがあったのか 87
C067-005
C067-006
C067-007
焦土作戦(上)
焦土作戦(中)
焦土作戦(下)
パウル・カレル ドイツ軍、ソ連の大平原から撤退する 86
C067-008 砂漠のキツネ パウル・カレル アフリカ軍団、かく戦えり 83
C067-002
C067-003
C067-004
バルバロッサ作戦(上)
バルバロッサ作戦(中)
バルバロッサ作戦(下)  
パウル・カレル ドイツ軍、ソ連の大平原になだれ込む 82
H057-003 最強師団の宿命 保阪正康 旭川第七師団の戦記 79
C067-001 彼らは来た  パウル・カレル ノルマンディー上陸作戦をドイツ軍の側から描いた力作 78
I006-002 名艦物語 石渡幸二 さまざまな艦艇の生き様から見える第二次大戦 77
O028-002 航空戦艦「伊勢」「日向」 大内建二 世界に例を見ない奇妙な戦艦とその姉妹たち 76
T074-001
T074-002
海戦からみた日露戦争
海戦からみた日清戦争
戸高一成 あの戦争で何があったのか 75
O034-001 英国軍艦勇者列伝 岡部いさく ロイアルなネイヴィーたちへの哀惜と愛惜 73
T020-001 海の男の艦隊料理 高橋 孟 海軍飯炊き兵のマニュアル本 72
H079-001 零戦 その誕生と栄光の記録 堀越二郎 堀越技師の描く零戦開発史 71
H077-001 戦場の狙撃手 マイク・ハスキュー 世界の狙撃兵の歴史 70
K095-001 祖父たちの零戦 神立尚紀 二人の士官搭乗員と零戦 69
I029-001 まさにNCWであった日本海海戦 伊藤和雄 日本海海戦についての新しい視点 68
Y030-001 日露戦争史 横手慎二 21世紀のいま問い直す、あの戦争の姿 67
I028-001 昭和20年8月20日 日本人を守る最後の戦い  稲垣 武 四万の日本人を救い出したある部隊 66
O030-001 巡洋艦「大淀」 16歳の海戦 小淵守男 日本海軍の防人となった少年兵の物語 65
D010-004 電撃戦 レン・デイトン ナチス・ドイツ軍が世界に名を轟かせた戦略 64
R007-003・004 ヒトラー最後の戦闘(上・下) コーネリアス・ライアン WW2 ヨーロッパ戦線の終幕 63
T067-001 戦艦ウォースパイト V・E・タラント 英国海軍で最も活躍した戦艦 61
K055-003 第二水雷戦隊突入す 木俣滋郎 日本海軍最後の捷報 60
C015-001 空軍大戦略 リチャード・コリヤー 「英国の戦い」を制した者たち  
W029-001・002 イギリス潜水艦隊の死闘(上・下)  ジョン・ウィンゲート 地中海で戦った第10潜水戦隊の物語  
R007-001・002 遙かなる橋(上・下) コーネリアス・ライアン WW2ヨーロッパ戦線での連合軍最大の失態 56
Y006-005 空白の戦記 吉村昭 戦争の時代を切り取った小さな歴史こぼれ話 54
B066-003 帝国海軍の勝利と滅亡 別宮暖朗 帝国海軍に関する二人の山本による批判論 53
A006-008 私記キスカ撤退 阿川弘之 あの戦争への思い・短編集とエッセイ集 52
K018-001 Uボート、出撃せよ!  アレクサンドル・コルガノフ 英国要港に侵入したUボート 51
P015-001 戦艦ティルピッツを撃沈せよ! レオンス・ペイヤール 最強の独戦艦をどうやって沈めたのか 50
B041-001 呪われた海 カーユス・ベッカー ドイツ海軍の戦いの記録の、古典的著作 49
H069-001 太平洋戦争のif 秦 郁彦 あの戦争にイフを持ち込む試み 48
C029-001 Uボート・コマンダー ペーター・クレーマー 大西洋、Uボートの墓場を生き抜いた艦長の物語 47
H043-001・002 敵対水域  P・ハクソーゼン&I・クルジン&R・A・ホワイト 米ソ冷戦末期、大西洋で沈んだソ連原潜の物語  
T060-001・002 軍艦武蔵(上・下) 手塚正己 日本で最後に作られたの戦艦とその乗組員 44
S107-001 零式艦上戦闘機 清水政彦 もう一度見直したゼロ戦の正体  
M030-001・003 先任将校 松永市郎 195人の15日間漂流記 指揮官の責任  
T007-003・004 バルジ大作戦(上・下) ジョン・トーランド ヒトラー最後の反撃作戦  
N011-002 巡洋艦インディアナポリス撃沈 リチャード・F・ニューカム WW2で沈んだアメリカ巡洋艦の顛末記 37
J014-002 空母瑞鶴 神野正美 エンガノ沖で沈んだ栄光の武勲艦の最期  
O006-007 ライオン艦長 黛治夫 生出寿 赫々たる戦果を上げたある海軍士官の物語 35
J014-001 台湾沖航空戦 神野正美 陸海軍初めての共同航空戦と、虚偽と現実の世界  
S101-001 空母「飛鷹」海戦記 志柿謙吉 飛鷹の副長を勤めた海軍士官の奮戦記  
O023-001 8月17日、ソ連上陸す 大野芳 日本の防波堤となった占守島の戦い  
A034-001 バンド・オブ・ブラザース スティーヴン・アンブローズ アメリカ陸軍・第101空挺師団のE中隊の物語  
Y007-016 良い参謀 良くない参謀 吉田俊雄 日本海軍の参謀たちと敗戦の原因 30
K060-001 図説 イングランド海軍の歴史 小林幸雄 中世からネルソンまでの英国海軍編年史  
K061-001 日本海海戦とメディア 木村勲 日本海海戦・新解釈  
D016-001 バルト海の死闘 ドブスン、ミラー、ペイン ドイツ バルト海撤収作戦の悲劇  
Y006-006 海軍乙事件 吉村昭 時代の闇に消えかけた戦時史  
Y006-002 陸奥爆沈 吉村昭 戦艦「陸奥」沈没の謎 25
R018-001 硫黄島 勝利なき戦争 ビル・D・ロス 1945年2月、東京の南の孤島で行われた戦い  
S093-001 わが重巡「鳥海」奮戦す 諏訪繁治 武勲に輝く重巡洋艦「鳥海」乗り組みの作家が描く名艦の奮戦記  
K055-001 極北の海戦 木俣滋郎 WW2 援ソ船団の物語  
P009-001 ラプラタ沖海戦 ダドリー・ポープ ポケット戦艦グラフ・シュペーの戦いと最期  
K053-001 真説/日露戦争 加来耕三 日露戦争史の新解釈 20
M013-001 砂漠の戦争 アラン・ムーアヘッド 第二次大戦の転機、北アフリカ戦線の戦い  
Y004-001 戦艦大和 吉田満 予備士官の見た大和沈没  
H060-001 パールハーバーの真実 兵頭二十八 日本海軍の兵器と戦略・新解釈  
H035-001・002 男たちの大和(上・下) 辺見じゅん 軍艦「大和」の乗組員の生と死 16
H057-001 あの戦争は何だったのか 保阪正康 日本の「15年戦争」の総括「論」  
A027-001 「名将」「愚将」
大逆転の太平洋戦争
新井喜美夫 新たな解釈による、戦争の人物史  
W030-001 彗星夜襲隊 渡辺洋二 太平洋戦争・日本海軍  
H031-002 ルンガ沖夜戦 半藤一利 1942/11 ガダルカナル島沖で行われた日米の海戦  
B066-002 「坂の上の雲」では分からない
 日本海海戦
別宮暖朗 司馬遼太郎の「坂の上の雲」への新たな解説 10
Y019-001 防空駆逐艦「秋月」爆沈す 山本 平弥 商船学校卒予備士官のWW2  
F001-020 決断 ビスマルク号最後の9日間 セシル・スコット・フォレスター 1941年5月 独戦艦ビスマルク号の最後  
R006-002・003 激闘 インド洋・(インド洋の死闘) D・A・レイナー 1808年3月 英仏の帆船による一騎打ち  
P009-002 北緯73度 バレンツ海 ─ 海戦 ダドリー・ポープ 1942年12月 北海の海戦 5
Y006-001 戦艦武蔵 吉村昭 戦艦「武蔵」建造秘話  
K008-001 栗田艦隊 小島清文 レイテ沖海戦 栗田提督の謎の反転  
M015-001 海軍砲戦史談 黛治夫 元重巡「利根」艦長の描く日本海軍史  
B066-001 「坂の上の雲」では分からない
 旅順攻防戦
別宮暖朗 司馬遼太郎の「坂の上の雲」への新たな解説