トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: N060 新見志郎 にいみ・しろう
国籍: 日本 生没年:1953〜
 成城大学中退。若年の頃から船舶に興味を持ち、特に19世紀後半の黎明期蒸気船を中心に調査、研究を続けている。
新見志郎
管理番号 書  名 メ  モ
N060-001 軍艦と装甲 海上戦闘艦の主砲と装甲の歴史
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:N060-001 52 戦史・戦争ノンフィクション 出版社:潮書房光人社
書名:軍艦と装甲 主力艦の戦いに見る装甲の本質とは ISBN978-4-7698-2975-1 C0195
光人社NF文庫 に N-975 価格:760Yen ページ数:256P 本のサイズ:文庫
初版発行:2016/11/19 購入:2016/11/12   
「軍艦と装甲」 新見志郎 軍艦の装甲とはなにか、というところから話が始まります。
 作者はまず装甲というものの定義を定めてみます。
 T、船体そのもの、すなわち浮力を守る目的を持つ
 U、船としての行動手段を守る
 V、戦闘艦としての攻撃手段を守る
 W.乗組員を守る  (P10)
 で、このそれぞれについて説明を加えます。とはいえ、この最後の乗組員を守るという装甲の目的は、実はあまり意味がないらしい。というのも、これを最優先すれば船は簡単に沈んでしまう上に、TからVまでを重視すれば、そもそも船体という器の中にいる乗組員は自動的に守られることになるから。
 守るための装甲とは、何から守るか、によって変化します。矢や投石の時代であれば盾や厚板で防げたし、初期の炸裂しない鉄球や岩石などを打ち出す前装砲となっても、厚い木の板や薄い鉄板で充分でした。
 帆走する木造戦闘艦の時代になると、Uの守備は意味がなくなる、と作者はいいます。推進機関である甲板上の帆、及び帆柱や索具は水上に高々と無防備に露出しており、守る事など考える必要もない状態ですから。
 19世紀中葉に蒸気機関を備えた帆走戦列艦も登場しますが、機関自体が補助的なものであるためその状況は変わりません。
 また当時は、敵水上艦船は破壊するより拿捕する方に主眼が行き、そちらの方が功績として認められる時代だったので船体そのものを破壊するという発想に至っていなかったのです。
 であれば、この時代までの船のまもりは、装甲とはいえない、という。なるほどね。

 19世紀の中ごろ、砲弾のなかに炸薬を仕込んで導火線などをとりつけ、大砲で撃ち出して敵艦あるいは目標に命中させて炸裂させる方式が登場すると、状況は変わってきます。これが実質的な効果も含め、恐怖感を煽る兵器として発達していくと、それに対応することが戦闘継続のために必要となります。これが、作家の定義するTからVの装甲として発達していきます。
 同時に、それを装備する軍艦の発達をも促し、さらにこれを破壊する砲弾、大砲の発達をも促すこととなるのです。

 その発達史は、まず1797年に建造された、オールド・アイアンサイズと呼ばれた新興国アメリカの木造純帆走フリゲイト「コンスティテューション」かが語られます。この艦は、当時圧倒的な勢力で海を支配していたイギリス海軍に対し、果敢な勇気と従来より分厚い舷側材で対抗し、無敵と思われたイギリスのフリゲイト艦ゲリエールに完勝したことでその名を得ました。

 ここから、装甲と砲弾の歴史が語られていきます。
 クリミア戦争における実質弾(shot 鉄のかたまり)と炸裂する榴弾(shell)、これを洋上で活用するために最初に建造されたのがフランスの「グロワール」(1859年 5,600トン)、そして英国の「ウォーリア」(1860年 9,137トン)。
 南北戦争の「モニター」と「ヴァージニア」。フランスで建造され、南北戦争終結と共に日本に売却された「ストンウォール」→「甲鉄」。
 錬鉄による装甲から鋼鉄、複合甲鉄の装甲の時代へ。
 史上初めて戦艦(battleship)と呼ばれた「ロイヤル・ソヴリン」。その流れを汲む日本海軍戦艦「富士」、「八島」、そしてそれを改良した戦艦群。装甲板の建造技術の進歩により、対弾防御をより軽い材料で行えるようになり、新しい艦種の船が作られます。速力を重視した巡洋艦の防御力を高めた防護巡洋艦、装甲巡洋艦、そしてそれに戦艦と同じ大砲を載せた巡洋戦艦。
 榴弾、徹甲弾、榴散弾。
 そして、ドレッドノート級戦艦から始まった新時代の弩級戦艦、弩級巡洋戦艦。中間砲を全廃したことは、はたして成功と言えたのか。

 こうして進化した超巨大な新時代の戦艦、巡洋戦艦群は、第一次世界大戦のジュットランド海戦で激突します。ここまで、さまざまな海戦が描写されますが、この海戦が戦艦時代の終焉だ、と作者は断じます。
 そのあとの、40センチ砲搭載戦艦群、46センチ搭載艦「大和」級、そしてイギリスの「ヴァンガード」とフランスの「ジャン・バール」は、結局この長い歴史の中で付け足しなのか、あだ花なのか。

 これだけの歴史をこの本に詰め込んだらスカスカになりそうなものですが、内容は驚くほど充実していて、しかも読みやすい。いいね、これ。よい本でした。  (2017/1/25)


 読書メーターの記録より  読了:2016/12/3