トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: T007 ジョン・トーランド Toland, John
国籍: アメリカ合衆国 生没年:1912/6/29〜2004/1/4
 本名:ジョン・ウィラード・トーランド(John Willard Toland)
 ウィスコンシン州ラ・クロス生まれ。アメリカの作者・歴史家。
 アドルフ・ヒットラーの伝記などで有名。
John Toland
管理番号 書  名 メ  モ
T007-003・004 バルジ大作戦(上・下) ヒトラー最後の反撃作戦
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:T007-003・004 52 戦史・戦争ノンフィクション 出版社:早川書房
書名:バルジ大作戦(上)   ISBN978-4-
原題:Battle: The Story of the Bulge (1959) 翻訳者:向後英一(こうご・えいいち)
ハヤカワ文庫NF18 早川文庫747 価格:380Yen ページ数:314P 本のサイズ:文庫
初版発行:1978/3/31 購入:1978/4/10 カバー写真:ワーナー映画提供
書名:バルジ大作戦(下)   ISBN978-4-
ハヤカワ文庫NF19 早川文庫748 価格:380Yen ページ数:323P 本のサイズ:文庫
初版発行:1978/3/31 購入:1978/4/10 カバー写真:ワーナー映画提供
バルジ大作戦(下)バルジ大作戦(上) バンド・オブ・ブラザース(スティーヴン・アンブローズ)を読んだ時、この本のことを思い出したんですよ。そのとき引っ張り出したのですが、読むのがずっと後回しになりました。なんだろね。(笑)
 前記の本は、第二次大戦に途中から参加して戦い抜いたある中隊の物語です。新しい史料による解釈や情景などが書いてありましたが、総じて、悲惨だったが勇敢に戦った父祖の戦いを等身大の視点で描いていますね。
 この本は、あちらより30年以上前に書かれたものですが、はるかに広い視野で、大戦争のなかの一つの戦争を描いています。書き方の問題ですから、どちらがどうとは言えません。
 あえて言うのなら、「バンド・オブ・ブラザース」はこれからも書けるかも知れないが、「バルジ大作戦」のような本は、二度度書けないのではないだろうか、ということかな。


 バルジ大作戦とは、1944年12月16日から1945年1月25日に西ヨーロッパで起きた一連の戦闘、と定義できます。これは、第三帝国総統アドルフ・ヒトラーの意志によって起きました。
 「バルジ bulge」とは出っ張りのことであり、軍隊用語では戦線にできた大がかりな突出部のことです。
 そもそもこの戦いが始まった時点では、この名は使われていませんでした。

 史上最大の作戦と呼ばれたノルマンディー上陸作戦が1944年6月に行われ、ヨーロッパの戦場でドイツ軍は徐々に本国へ追い込まれて行きます。この戦線がついにドイツ=フランス国境まで下がったとき、ヒトラーはこの不利な情勢をひっくり返せるような反撃作戦を考えます。
Unternehmen Wacht am Rhein  それが、この左図の作戦計画。英名:Ardennes Counteroffensive、ドイツ名:Ardennenoffensive。「アルデンヌ反攻」ですね。
 ドイツでの作戦名は「ラインの守り」 (Unternehmen ”Wacht am Rhein”) 。
 膠着した戦線(青線)のなかで、北部の英国軍と中部の米国軍の境目に兵力を集中してここを突破し、連合軍の物資集積所があるアントワープ(アントウェルペン Antwerp、Antwerpen)を占領して、連合軍の脆弱な物資補給線を破壊し、西部戦線で一時的な優位を得て講和に持ち込もうと考えたのです。
 この考え、レイテ沖海戦(捷号作戦)を考えた日本軍と似ていますね。最後に一発喰らわして引き分けに持っていこうという。
 同じように無理な賭に出て、同じように敗退した訳です。

 作戦の推移は、左図のオレンジ色の線のところまで押し込んだが、そこで足が止まり、撤退しました。連合軍は全体としては優位でしたが、総じてドイツ軍の戦意は高く、総参加兵力では2.5倍の差があったにもかかわらず、数字だけの比較では死傷者の数は連合軍の方が上回っています。

 この戦いを、その計画段階から主要な戦場におけるさまざまな情景を描いたのがこの本です。
 著者が取材期間は2年以上、インタビューした人は10ヶ国・一千人以上、歩いた距離は10万マイル以上、アルデンヌの一帯、ルクセンブルク、ベルギー。陸軍・空軍の全面協力の元に取材を重ね、点描の集合の形でこの戦いをまとめ上げました。
 登場するのは独・米・英の政治家から将星たち、高級指揮官たち、現場の最前線の士官、下士官、兵。そして戦火の中の住民、子供、看護婦、聖職者たちまで。

 1944年9月16日、ヒトラーは高級将校のみを集めた会議で戦況報告を聞いたあと、西部戦線のアルデンヌにおいて大反攻をすると宣言します。そして第6戦車軍(装甲軍)の編成を命じます。9月25日にヒトラーは、ヨードル上級大将(ドイツ陸軍参謀総長)にこの方針に従った作戦計画の立案を命じます。
 ヨードルは10月11日に、<クリストローゼ>作戦と名付けた反攻作戦を立案し、これは多少の訂正の上、ヒトラーによって<ラインの守り>作戦として裁可されました。第6戦車軍、第5戦車軍、第7軍を使い、総兵力として戦車師団12、歩兵師団18によって7日間で米英30個師団を壊滅させるという案です。
 これを渡された西部戦線の最高司令官ゲルト・フォン・ルントシュテット元帥と、この反攻作戦の司令官とされたヴァルター・モーデル元帥は驚愕します。あまりに無茶ではないか、と。
 それぞれ、もっと「現実的」な作戦案、<マルチン>作戦と<秋の霧>作戦を提出しますが、ヒトラーは押し切ります。

Die Ardennenoffensive 新設の第6戦車軍の司令官は、ヨーゼフ・“ゼップ”・ディートリッヒ上級大将。兵隊にとっては人気のある指揮官で、ヒトラーの党時代からの盟友であり信任篤かった人物です。しかし参謀長クレーマー中将の補佐を得てようやく役に立つ程度の、大部隊を率いる司令官としての能力には欠ける人物と言われています。
 この軍は、初戦突破ののち、アントワープへ血路を開く任務を負っていましたが失敗し、一部の師団はマントイフェル指揮下に移されて西方へ進撃しています。
 唯一戦功を上げたのは、ヨアヒム(ヨーヘン)・パイパーSS中佐率いるパイパー戦闘団でしょうか。彼らは単独で突進して血路を開き勇名を馳せますが、燃料不足と後続の遅れによってついに撤退します。右図、上の方の黄緑円です

 第5装甲軍の司令官は、男爵ハッソ・フォン・マントイフェル大将。冷静でいくさ巧者の知将。小柄な人物ですが馬術の名手であり、ヒトラーに直接反論できる数少ない人物の一人です。
 この軍は第6装甲軍の南を連動して進み、ルクセンブルクを突破して最終的にブリュッセルを確保する任務を負います。
 しかし、予想外のアメリカ軍の粘りに足を止められ、また第6戦車軍が突出しないために軍を進められず、ムーズ(マース Meuse)川まで達することができずに進撃は止まりました。この撤退時にあっても大多数のドイツ兵が崩れることなく転進できたのは、マントイフェル司令官の采配によるものといわれます。
 交通の要所であるバストーニュの包囲戦(右図の下の方の黄緑円)で、防衛に当たった101空挺師団がドイツ軍の降伏勧告に対し、師団長代理のマッコーリフ准将が「Nuts! (ふざけるな!)」と答えた話は有名ですが、戦力が十分でないのに恫喝による降伏勧告を行った現地指揮官の軽率な判断に、マントイフェル司令官は激怒したとか。

 第7軍はエーリッヒ・ブランデンベルガー大将に率いられた2個師団編成の軽装備の軍で、第5装甲軍の南を併走する役目を負いました。学者風の風貌を持ち、緻密で優れた指揮能力を持ったブランデンベルガーは、南方より北上する救援軍を食い止める役を果たすことを期待されましたが、ジョージ・パットン中将の第3軍の猛攻を支えきれず、敗退することとなります。

 この本では出てきませんが、実際は支援のため最北端に第15軍が配置されています。しかし戦術的にはほとんど役割を果たしていませんね。なぜこの本で割愛されたのかはわかりません

 これに対する連合軍の将帥たちも、むろん描かれますが、最初の時点でこの奇襲攻撃を迎え撃った軍の司令官は誰なのかがはっきり書かれません。惨めに敗走する将兵、包囲されてやむなく降伏する将兵、食料も弾薬も衣料品もないながら絶望的な抵抗を試みる将兵などや、降伏を命令して疲れ切った兵に「べっかんこう(ブロンクス・チアー)」をされるアメリカ軍師団長などが描かれます。
 暴行、略奪、汚職、軍需品の横流しなどは、混乱した、あるいは膠着した戦線でなら横行していたのですが、この描写がドイツ軍のそれより連合軍のものが多く書かれているのがこの本の特徴でしょうか。前線で勇敢に戦う将兵と共に、目を覆わんばかりの醜い所業を行う将兵が描かれ、その大半が処罰されなかったことを記録されます。これによって著者は、戦争という異常行為への警鐘を鳴らそうとしたのでしょうか。

 英米の将帥たちの不協和について、かなり突っ込んで書いていますね。これほど執拗にえぐり出しているとは、読み直して驚きました。
 とくに、イギリス陸軍大将・第21軍集団司令官バーナード・モントゴメリー元帥に関してはすごい。彼は基本的には緻密で綿密な作戦計画を得意とし、大軍を精緻に配置して殲滅する作戦では実績がありましたが、このように遭遇戦に近い突発的な、しかも強大な奇襲への対応は不得手であったように思えます。にもかかわらず傲岸不遜で自信にあふれていた彼は、戦線が自分の掌握できる整理されたものになるまで後退することを命じ、戦闘禁止と戦線整備を要求して見敵必戦の闘志を持ったアメリカ軍司令官たちを切歯扼腕させます。しかもその方針を全線で守らせるために、自分を連合軍総指揮官にするように執拗にドワイト・アイゼンハワー大将に要求して総司令部を辟易させたとか。
 さんざん理不尽な要求を繰り返したあげく、最終的にアイゼンハワーが指揮系統に関してモントゴメリーの提案を正式に拒否したあと、モンティが第12軍集団オマール・ブラッドレー中将に出した 「私は元々君を尊敬しているし、我々の間に重要な軋轢がなかったことは喜ばしい」 てな文面の手紙には、返す言葉もありませんな。言ったもの勝ちとは、こういうものを指すのか。
 第3軍を率いたジョージ・パットン中将などの功績が有名ですが、連合軍内でのさまざまなトラブルや、ドイツ軍の司令官、指揮官、将兵らの活躍と敗退の方に目が行ってしまうのも、この本の特徴のようです。

 かくしてヒトラーの賭は失敗し、ドイツ軍は敗退し、この戦いによって消耗した軍備によって戦争終結は半年早まりました。
 では、どうすればよかったのか、などを妄想する事も面白いのですが、まずは史実を押さえることも大事ですね。
 この本が書かれた時点で判明していなかったことはたくさんあります。しかし、戦争が終わって10数年の時点で、これだけのものを調査し、これだけの記録にまとめ、読み物としても面白い本に仕上げた作家の技量に感謝したいものです。  (09/5/26)

 この本を元に「バルジ大作戦」という映画ができました。それなりに評価されたようですが、原作の本が「戦争」を描いたのに対して、映画はひとつの「戦闘」を描いたにとどまります。それはそれとして高い評価は得たようですが、スケールの小ささや主役となる戦車が別ものだったこと、戦闘の流れがあまりにもステレオタイプだったことなど、「戦争映画」ファンはともかく「戦争」ファンにとっては満足できるものではありませんが、これはしかたがないか。
 ただひとつ、パイパー中佐をモデルとした独軍ヘスラー大佐が、新型戦車と共にまだ若い戦車兵を預けられて憮然としたとき、若い戦車将校が士気の高さを示すために歌う「戦車隊の歌(パンツァー・リート)」が秀逸でした。先日街中でこの歌を鼻歌でうたってしまい、自分に驚いたものです。洗脳されたかな。(わはは)