トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号:P011 C・N・パーキンソン Parkinson, Cyril Northcote
国籍:イギリス 生没年:1909/7/30〜1993/3/9
 イギリスの歴史学者・政治学者。
 「パーキンソンの法則」(仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する)で官僚を批判し、「パーキンソンの第二法則」(支出の額は、収入の額に達するまで膨張する)で経済を茶化し、「パーキンソンの成功法則」で経営学を風刺した才人。
 「デランシーもの」などの海洋帆船小説もも執筆している。
C・N・パーキンソン
管理番号 書名 備考
P011-001 ホレーショ・ホーンブロワーの生涯とその時代 英国海軍の英雄の一代記

上へ
管理番号:P011-001 51 伝記・一代記 歴史年表 出版社: 至誠堂
書名:ホレーショ・ホーンブロワーの生涯とその時代  
原題:The Life and Times of Horatio Hornblower (1970) 至誠堂新書 59
翻訳:出光 宏 価格:950Yen ページ数:437P 装丁:B6ソフトカバー
イラスト:
第二版発行:1976/4/5 購入:1977/8/10  
ホレーショ・ホーンブロワーの生涯とその時代 あえて、これを「伝記・一代記」とします。
 理由は、特に申すまでもないこと。
 ぼくにとって、ホレイショ・ホーンブロワーはある意味で実在の人物ですから。
 むろん、シャーロック・ホームズ氏の実在性には若干劣りますが。(笑)

 さて。
 C・S・フォレスター氏によって描かれた英国子爵ホレイショ・ホーンブロワー海軍元帥の生涯を、元資料を綿密に調査して、一代記として書き上げられたのがこの本です。謎が多い英国海軍のヒーローを、生まれたその日から死後のバーバラ夫人による追悼の手紙に至るまで丁寧に追っています。お見事。

 表題である「〜の生涯とその時代」とは、原題の「The Life and Times of 〜」と同じく特定の人物による一代記・伝記によく使われる言い回しであることは、周知のことと思います。

 故ホーンブロワー提督の生涯と活躍は、パーキンソン氏によれば、フォレスター氏は四代目ホーンブロワー子爵が1927年にグリニッジ海軍大学校に寄贈した書簡集及び通信文書集に基づいて描き出したものだそうです。これはこれで、故提督の活躍を十分に伝えています。
 しかしここでパーキンソン氏はこれ以外に、故提督がかつてメイドストンのホッジ弁護士に委託した書簡集が存在することを知り、苦労の末にこれを手に入れることに成功したのでした。
The Life and Times of Horatio Hornblower この書簡集、二つの鉄製書類箱の中にあったのは、財産に関する書類がほとんどでしたが、故提督が海上で書かれたか受け取った書類が未整理のまま多量に存在しました。これによりパーキンソン氏は、フォレスター氏が知り得なかった詳細な歴史資料を得ることができ、ホーンブロワー提督の詳細な伝記を書く決心をしたのだそうです。
 実はその鉄の箱は、本当は三個あったのだそうですが、パーキンソン氏の努力にもかかわらず三個目はついに入手できなかったことが心残りだとか。

 何か御異議は? ありませんね? (ありませんように)

 というわけで、1776年7月4日に、イギリス、メイドストンで薬剤師であったジェイコブの息子として生まれたホレイショ・ホーンブロワーは、82年1月に母マーガレットを失い、93年1月11日に父を失いました。マーガレットの兄、トマス・ローソンは、義理の弟の葬儀の後に、自分の妻のいとこロバート・キーンが指揮を執る74門級戦列艦ジャスティニアン号へ、士官候補生としてこの孤児を送り込むこととしました。これによりこの少年は、海軍生活の第一歩をしるしたのです。(そう書いてあるんですから、そうなんですって)
 1857年1月12日、かねてより健康を害していた英国海軍元帥ホレイショ・ホーンブロワー卿は、安楽椅子で眠ったように目を閉じている姿を、バーバラ令夫人によって発見されました。かたわらには、愛読書だったギボンの「ローマ帝国衰亡史」の最終巻が開いたまま落ちていたそうです。

 彼の時代の最も優れた士官の一人として、イギリス海軍は彼を永く記憶にとどめるでしょう。今は、砲は沈黙し、彼の旗はおろされ、彼が安らかに横たわる教会の墓地はもの皆静かです。
 He will always remembered in the Royal Navy as one of the finest officers of his day. The guns are silent now, his flag is lowered, and all is quiet in the churchyard where he is laid to rest.
 バーバラ夫人が故提督の死の直後に友人に宛てた手紙の結びです。彼女は、1861年になくなりました。夫妻ともに、享年80歳でした。

 ヒーロー、かくあるべし。  (05/9/10)