トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: L018 ジョン・ル・カレ le Carré, John
国籍: イギリス 生没年:1931/10/19~
 イングランド、ドーセット出身。スパイ小説家として有名。
 スイス・ベルン大学、オックスフォード大学で学び、イートン校で教師として教鞭をとったあと、英国情報局秘密情報部(SISあるいはMI6)に所属し、主として西ドイツで勤務。外交官としても活躍した。
 1961年、「死者にかかってきた電話」で作家デビュー。 
管理番号 書  名 メ  モ
L018-002・003 ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ ジョージ・スマイリー三部作の1
L018-004・005 サラマンダーは炎のなかに(上・下) テロと諜報活動に明け暮れた男たちの記録

上へ
    Ver. 2.12
管理番号:L018-002・003 26 スパイ・諜報小説 出版社:早川書房
書名:ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ    
原題:Tinker, Tailor, Soldier, Spy (1974)  
翻訳:菊地光 価格:¥1500 ページ数:349P 本のサイズ:46HC
第8刷発行:1984/8/15 購入:1985/2/2 表紙イラスト:真鍋博
書名:ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ   ISBN4-15-041118-2 C0197
原題:Tinker, Tailor, Soldier, Spy (1974) ハヤカワ文庫NV1118 ル1-21 5866
翻訳:菊地光 価格:¥1000 ページ数:582P 本のサイズ:文庫
初版発行:2006/5/31 購入:2006/5/27 表紙イラスト:釆澤聰
ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ本が見つからない... 最初に読んだのは1985年ですか。
 20年たって読み返してみて、同じ感想を持ちました。成長していないと考えるべきでしょうか?(笑)

 情報部というゲームから引退したジョージ・スマイリーに不意に与えられた仕事は、組織の中の「もぐら」、すなわち敵の潜伏工作員を探ること。ソ連諜報部の大物カーラの配下にあるらしい。カーラとは、かつてのスマイリーの好敵手だった男。
 容疑者には、コードネームが付いていました。
 鋳掛け屋(ティンカー)、洋服屋(テイラー)、兵隊(ソルジャー)、水兵(ソルジャー)。イギリスの古歌からとった言葉。

 「アレリンが鋳掛け屋、ヘイドンが洋服屋、ブランドが兵隊、トビー・エスタヘイスが貧者(プアマン)、水兵(セイラー)は洋服屋と似ているからやめたのだ。きみは、乞食(ベガマン)だった」
 「へえ、わたしがね?」とスマイリーは言った。


 軽妙なユーモア、重厚なストーリー構成、イギリスという国家を背負う伝統。常に一歩離れて韜晦する人々。
 陰謀の中の陰謀。ゲームの中のゲーム。
 スパイ、カウンタースパイ。もぐら。
 謎の中の謎。引退した元スパイの正体とは何者。悪夢が終わったとき、残ったのは新たな悪夢であったのか。

 さて、感想とはどういうことだったのか、というと...
 衒学的すぎるような。ゲームのルールが難しすぎるゲームで、高すぎるレートで勝負することを求められているとしたら。
 少なくともそれを注視することを求められ、注視しなければ受け入れられないとしたら。
 ゲームは面白いのです。しかし、奥深すぎるような。
 楽しむには時間がかかりすぎるゲームです、これは。
 だから昔、この次のスマイリーの物語は図書館で軽く読んだ程度で逃げてしまいました。グログできないものは、楽しめないのです。
 あ、これってオタッキーな用語ですね。(笑)   (06/9/15)
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:L018-004 25 軍事・政治スリラー 出版社:光文社
書名:サラマンダーは炎のなかに(上)   ISBN978-4-334-76187-5 C0197
原題:Absolute Friend (発行) 翻訳者:加賀山卓朗
光文社文庫 ル1-1 価格:648Yen ページ数:368P 本のサイズ:文庫
初版発行:2008/11/20 購入:2010/6/15 表紙デザイン:岩瀬聰 表紙写真:Jan Bruggeman
書名:サラマンダーは炎のなかに(下)   ISBN978-4-334-76188-2 C0197
光文社文庫 ル1-2 価格:648Yen ページ数:364P 本のサイズ:文庫
初版発行:2008/11/20 購入:2010/6/15 表紙デザイン:岩瀬聰 表紙写真:Jan Bruggeman
サラマンダーは炎のなかに(下)サラマンダーは炎のなかに(上) Absolute ・・・絶対的な。
 Absolute Friend とは、「親友」という意味でしょうか。もっと高位のものでしょうか。よくニュアンスがわかりません。


 主人公はテッド(エドワード・A)・マンディ。1930年代にパキスタンで生まれる。父親は、イギリス陸軍歩兵少佐。戦争の英雄だったのに、マンディが少年時代にいささか不名誉な状況の中で1956年に退役し、不遇な生涯を送った人。
 マンディは、植民地の悲哀とアジアの文化の痕跡を記憶の断片にとどめながらオックスフォードに入り、60年代の学生運動のさなか、西ベルリンに行く。
 そこで出会ったのが、サーシャというドイツ人の青年でした。
 サーシャとは、小柄で奇妙なカリスマ性と魅力を持つ痩せた男。左右不釣り合いな肩。不自然な歩き方をするが肩を貸されても見向きもしない。

 二人が意気投合し、ベルリンの壁の向こうの「同志」と共にこの世界の資本主義のファシストたちへの怒りを共有し、左翼活動家として正義の戦いに邁進したのは、歴史の必然か。
 そののち、奇妙な運命の流れの中、彼らは東の諜報員としての活動を開始し、さらにその後英国情報局の手に取り込まれることとなり、さらに運命は錯綜し、優秀な二重スパイとして10年の時を経たのち、ベルリンの壁崩壊と共に彼らは放逐されます。

 年月を経て、イラクに対するアメリカの宣戦布告とそれに盲従したイギリス、さらに9.11を経て起きた湾岸戦争。
 結婚し、離婚し、語学学校を経営し、相棒に逃げられて貧窮するマンディ。さまざまな風雪は彼をどう変えたのか。
 運命の変遷ののち、再び出会ったサーシャと彼は、一体どうなっていくのか。
 若き政治青年たちは、数十年の時の中で一体どのような最期を迎えたのか。

 ル・カレのたたみかけるような文章と、切れのいい現代型を主体にした翻訳文。数奇な歴史を送った男たちとその奇妙な友情を上下二巻に余すところなく描き出しています。

 ちょっと違う世界を描いていたら楽しめたのに、惜しいな。
 何が違うかというと、学生運動とか共産主義とかに関して、鐵太郎は一切好感を持たないままで来てしまったから。
 興味がない訳ではない。好きではない、それだけ。
 その思想がすべて無意味で間違っていたはずはない。資本主義、アメリカ式民主主義だって欠点は山ほどあるから。
 それと、一つのイズムを他のイズムと対立するものと考え、どちらかが正しいと断ずる考え方が苦手だと言うこともあるかな。
 当時のヨーロッパで生きた訳じゃないから、そんなことを言えるのかもしれないけどね。
 ま、ともかく、残念ながらこの本はあまり楽しめなかった。
 それだけでなく、鐵太郎はル・カレの本がなぜか苦手です。これは不思議ですね。  (10/7/16)