トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: M030 松永市郎 Matsunaga Ichiro
 国籍: 日本 生没年:1919/2/18〜2005/3/31
 佐賀県三養基郡三川村に生まれる。昭和12年4月、江田島・海軍兵学校入校。昭和15年8月、海軍兵学校卒業(68期)。戦記作家・豊田穣(とよだ・じょう)と同期。
 軍艦香取・陸奥・榛名・古鷹・那珂・名取・葛城に乗艦。内海航空隊岩国基地通信長にて終戦。
管理番号 書  名 メ  モ
M030-001・003 先任将校 195人の15日間漂流記 指揮官の責任
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:M030-001・003 52 戦史・戦争ノンフィクション 出版社:光人社
書名:先任将校 軍艦名取端艇隊帰投せり ISBN4-7698-0233-1 C0095
  価格:1200Yen ページ数:277P 本のサイズ:195×135HC
初版発行:1984/5/8 第5刷:1984/7/16 購入:1984/8/9 表紙イラスト:下高原千歳
書名:先任将校 軍艦名取端艇隊帰投せり ISBN978-4-7698-2003-1 C0195
光人社文庫 ま N-3  価格:762Yen ページ数:329P 本のサイズ:195×135HC
初版発行:2009/7/17 購入:2009/6/27 表紙イラスト:下高原千歳
「先任将校」松永市郎先任将校 「名取(なとり)」とは、日本の軽巡洋艦です。1922(大正11)年に就役したいわゆる5500トン級と呼ばれた軽量・快速艦であり、第2次世界大戦にあっては老嬢と呼ばれるほど年数が経っていました。しかし、第一線の決戦勢力ではないにしても、太平洋の戦場をその高速を利して駆け抜け、多くが功労艦となって戦没しました。
 「名取」もその一隻です。
 何度か攻撃を受けて修理し、改装され、1944年8月18日にフィリピン、サマール島東方で米潜水艦「ハードヘッド」の雷撃により沈没しました。

 1943年1月、チモール島沖で敵潜の雷撃とB24の空襲により艦尾を中破した「名取」は、シンガポールで応急修理ののち内地に回送され、母港である舞鶴で大修理と改装を行います。この本の著者である松永大尉が赴任したのちの44年4月、修理は完了し、慣熟訓練もそこそこに再びマニラ方面へ向かう事となりました。
 南洋のマリアナ諸島にアメリカ軍が上陸を始めたのは43年6月です。戦線はだんだんと後退しつつあります。
 決戦兵力ではない旧式軽巡である「名取」は、主に輸送任務に就きます。兵員を終結させると共に、南洋開拓団をフィリピンに避難させるという。その中で、カロリン諸島のパラオから婦女子を引き上げる任務で、艦内で子供が生まれ、艦長が名付け親になると言うエピソードもあったそうな。子供は「洋一(太平洋の洋に横一)」と名付けられたそうですが、その後の運命はおそらく長くなかったらしい。また男たちは義勇軍として島に残ったため、東京の豆腐屋だったというその父親も、やがて戦乱に巻き込まれて帰らぬ人となったようです。これも運命か。
名取端艇隊・漂流ルート
 フィリピンからパラオへの緊急輸送任務を三回も果たした「名取」でしたが、第三号輸送艦と共にマニラを出向した1944年8月18日、ついに敵潜水艦の雷撃を二度まで受け、大破沈没しました。艦齢23歳の老嬢の最期でした。
 物語は、ここから始まります。

 事前の打ち合わせに従って第三号輸送艦はそのまま去り、残された乗組員は必死の防水作業に取り組みますが、ついに午前6時頃、艦長久保田大佐は機関長を呼んで打合せをしたのち、艦長休憩室で純白の第二種軍装に着替え、艦橋で命じます。
 「手空き、筏(いかだ)作り方、上甲板中部」
 マニラ司令部で、輸送搭載量を増やすために短艇を陸揚げせよと言う勧告を突っぱねて、攻撃力となる予備魚雷を降ろして短艇を残し、さらに上甲板に木材を積み上げた久保田艦長の判断が、ここで生死を分けます。内火艇(うちびてい 機関付きボート)2隻とカッター3隻、ゴムボート、さらに慌ただしく作られた筏が海に降ろされ、
 「総員退去」
 の命令に従って乗組員は海に入りました。
 しかしそこは味方の来るあてのない海のまっただ中。時化と風浪の一夜が明けると、3隻のカッターといくつかの筏以外は視野にはありません。
 カッター群の中で、最先任だったのは航海長小林英一大尉。彼は「先任将校」としてこの短艇隊の指揮を執ることを宣言します。
 このカッターとは、全長9メートルの長さで、定員45名。12本の櫂で漕ぐボートです。海軍の規定に従っても、それでも長い航海ができるシロモノではない。しかし先任士官は筏の兵員も全員載せるよう命じ、合計195名が3隻に分乗したのでした。
 さらにここで、先任士官は決断します。このままここで救助を待っても無駄である、と。
 「命令。軍艦『名取』短艇隊は、本夕19時この地を出発し、橈漕(とうそう)、帆走をもって、フィリピン群島東方海岸に向かう。所要日数15日間、食料は30日に食い延ばせ。誓って成功を期す」
 この時3隻のカッターあった食料は、乾パンなどを含めせいぜい5日分。しかも露天のカッターで、航海用具はコンパスも六分儀も一切なし。
 軍律厳しい軍艦の将兵でさえ、思わず無茶だ、無理だという声を上げる状態でした。しかし先任士官は断固とした姿勢を崩さず、情理を尽くして説き、それを押し通します。

 通信長であり、短艇隊の中で先任士官の次席であり、小林大尉を補佐する立場となった筆者は、その立場でこの恐るべき航海を記録しました。漂流記、ボートによる航海という意味では、英国史に名高い1789年のバウンティ号の反乱の時、ブライ艦長と18名が23フィートのランチで42日間、3700マイルの航海の果てにチモール島に到着した事があります。また、1870年にアメリカ海軍サギノー号が座礁した時、航海長タルボット大尉以下5名がカッターで30日間、2500マイルを航海してハワイまで達した事もあります。
 それに比べれば、距離は近かったかもしれません。しかし「名取」短艇隊には、食料もわずかしかなく、何の航海用具もなく、また読んでいるうちにわかりますが、海の伝統が浅い日本海軍では、海軍兵学校で教育を受けた正規士官以外には、わずかに動力船で魚を捕る漁師がいたぐらいで、ボートで航海する知識が驚くほどありません。英国海軍なら有能な下士官たちがたちまち段取りを整えてくれるような状況、たとえば荒天下や深夜でも、知恵を出すのは士官たちばかり。戦闘要員としては勇敢な日本兵ですが、海の男とは言えないようです。
 その男たちが、指揮官の断固とした意志によって昼間は寝て、ほぼ毎晩オールでボートを進める航海を行い、重傷者以外には死人を出さずにフィリピンに到着できた航海は、決して軽いものではない。しかも、栄養失調状態で立つ事さえままならない彼らが、迎えに出てきた陸軍のボートの前で背筋を伸ばし、ふらふらになりながらも整然と歩いて上陸する姿は、誇らしいとさえいえる。
 負けじと、岡の上の陸軍の司令部まで歩けもしないはず状態の筆者は自転車に乗って漕ぎ上がり、着席を進める陸軍参謀中佐の前で起立して報告したとのこと。海軍士官の意地ですね。

 ハードカバーの本では、たしか先任士官の名ははばかって出していなかったような記憶があります。小林大尉がご存命だったのでしょうか。この文庫版でははっきり書かれていますね。25年の間に何があったのでしょうか。前の本を捜してみましょう。
 2015/7/22 物置でハードカバー版発見。やはり先任将校としか書いてありません。小林大尉の名はありませんでした。ふむ。

 手をいっぱいに伸ばして親指と人差し指を広げると約15度、という言葉は、この本にあったのか。読み直して、やっと思い出しました。手のひらを大きく広げると約23度になり、これは全周(360度)の約1/16つまり2点に当たるというデータは、この文を元に自分で調べたんだっけ。

 この年で読み直してみると、いろいろなことが新たに読み取れます。こんな歴史も、日本にはあったんだよね、と。  (09/7/2)