トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: R005 ダグラス・リーマン Reeman, Douglas
国籍:イギリス 生没年:1924/10/15〜
 主として第二次大戦前後の英国海軍の物語を描く作家。筆致は重厚であり、登場人物の広がりや視点を次々と変える文章、それに雄大なストーリーにはファンも多い。
 女性の描き方に異論のある読者もいないわけではない。(くすくす)
 別ペンネーム、アレグザンダー・ケントで、リチャード・ボライソーを主人公に据えた帆船大河小説群も執筆中。
DOUGLAS REEMAN(Photo by Kim Reeman)
管理番号 書名 備考
R005-001 砲艦ワグテイル 1950年代、中国沿岸。
R005-003 大西洋、謎の艦影 1941年、武装商船巡洋艦ベンベキュラ号のリンゼイ中佐

R005-002
R005-006
栄光の海兵隊
1 緋色の勇者
2 黄土の血戦
1850年以後の、海兵隊士官となったブラックウッド家の物語

管理番号:R005-001 21 戦争・戦記小説
書名:砲艦ワグテイル   発行 1960年
原題:Send a Gunboat パシフィカ 海洋冒険小説シリーズ(8)
翻訳:高橋泰邦 価格:\1000 ページ数:259P 装丁:46ソフトカバー
イラスト:生頼範義
初版発行:79/4/6 購入:79/4/8  
 1950年代、中国。
 共産化が進む東シナ海。
 英国海軍中国艦隊司令官サー・ラルフ・メドウズ中将は、北緯30度線上にあるひとつの島に、英国国籍の物が何人か取り残されていることを指摘され、太い眉をしかめます。
 「わたしにどうして欲しいんだ? わが海兵隊を真っ先に上陸させるのか?」
 「そうではありません、閣下。軍艦を一隻派遣していただければ、真相を探り出すことができると思いまして」
 かくして、砲艦ワグテイル号に白羽の矢が立つ。

 ここで一言。「軍艦」と言ったのは、単に軍用艦艇の意味です。正しい軍隊用語で「軍艦」と言えば、れっきとした大佐が指揮を執る巡洋艦以上の船。日本海軍ではさまざまな理由から「砲艦」も「軍艦」として「菊の紋章」をつけて海軍大佐が指揮を執りましたが、ワグテイル号はちがいます。
 わずか150フィートとフリゲート艦の半分の長さしかなく、分割して英国から輸送され、中国現地で組み立てられ、揚子江とその周辺の通商路を保護監視するのが任務。
 喫水わずか1フィート半。往事のミシシッピ河の蒸気船のような外観。
 1924年就役のこの艦はすでに老朽化し、現存する姉妹艦はもはやない。

 指揮を執るのは、わずか数日前に艦長として就任したジャスティン・ロルフ中佐。
 数ヶ月前、地中海でフリゲート艦の艦長だった彼が、なぜこの老朽船を与えられたのか。
 「さあ、見てみろ。立派な軍歴だ。大戦中は潜水艦勤務、DSC(殊勲十字章)も貰っとる。以来、無傷で来ておる、この前の事件まではな。なぜあんなことが起こったのか、ぜひわけを知りたいものだ」
 挫折した海の男に最後のチャンスを与えた司令官。
 絶望。
 怒り。
 傷ついた女性。         (あーはん!(意味深な咳払い))

 ダグラス・リーマン日本初登場です。

 この本は創元推理文庫で再販されているそうですが、確認していません。 (05/3/19)。

管理番号:R005-002 21 戦争・戦記小説
書名:緋色の勇者 栄光の海兵隊 1 発行 1982年
原題:Badge of Glory ハヤカワ文庫NV349 1704 リ1-1
翻訳:島田三蔵 価格:\560 ページ数:494P 装丁:文庫
イラスト:Paul Wright
初版発行:84/3/31 購入:84/4/7  
 海洋帆船小説では間抜けな道化役にされる英国海兵隊の姿を、海兵隊一家の歴史を通して描くブラックウッド家シリーズの第一作です。

 1850年8月、夏のスピットヘッド港から開幕します。
 艦隊旗艦の白いカッターに載って、緋色の海兵隊士官の上衣を着たフィリップ・ブラックウッド大尉の向かう先は、90門艦オーダシアス号。850人の将兵が乗り組んでいます。ナポレオン戦争を戦い抜いた戦列艦とさほど違わないその姿は、軍隊の先進的な面ではなくて保守性の面を象徴しています。
 まあ、保守的という点ではその名も高きイギリス海軍ですから。
 先進性の面でも人後に落ちないイギリス海軍でもある。(笑)

 ブラックウッド大尉は、除隊したいという願いを一蹴され、いささか憮然として乗艦します。そこで聞いたニュースは、彼の次席を務めるクリーブランド中尉が酒の上の失態で足を骨折したこと。
 そして、新任の司令官が、海軍中将ジェイムズ・アシュリ=チュート卿であること。
 あだ名は、猿。
 そばに寄りたくない人物。
 しかも、新たに乗艦した三等海尉は、ジェイムズ卿のご子息、ときた。
 華麗なる儀式と共に、鳴り響く「ハート・オブ・ヨーク」の演奏のさなか、旗艦に搭乗しようとするアシュリ=チュート。それを危ういところでよけたボートに乗っていた間抜けな士官は、緋色の上衣を着た少尉でした。
 困ったことに、それはハリー・ブラックウッド。フィリップの異母弟でした。
 なんともはや、結構な出だし。

 この時代、英国は戦争をしていません。
 艦隊は、戦争ではなく奴隷貿易の取り締まりに出動します。
 ブラックウッドの生涯は、戦乱と負傷の繰り返し、そして女運が悪いこと、かな。

 1953年、クリミア戦争が勃発します。
 旧態然の海軍が、新しい技術と出会う戦争です。
 新型の蒸気船が艦隊戦の概念を変えると共に、海兵隊もその姿を変えます。艦隊や戦闘艦に随伴する艦上歩兵から、敵前に上陸する最先端の歩兵部隊にと変貌します。
 その時代のさなか、ブラックウッドは栄光をつかみ、倒れます。

 リーマン節、ハヤカワ文庫初登場です。 (05/6/25)
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:R005-003 21 戦争・戦記小説 出版社:早川書房
書名:大西洋、謎の艦影   ISBNなし
原題:Rendezvous -South Atlantic- (1972) 翻訳者:高永洋子
ハヤカワ文庫NV360 リ1-2 早川文庫1758 価格:600Yen ページ数:534P 本のサイズ:文庫
初版発行:1984/7/31 購入:1984/8/9 表紙イラスト:Chris Mayger
大西洋、謎の艦影 ダグラス・リーマン48歳の時の作品です。リーマン名義での第二次大戦モノとしては8冊目。

 1941年、英国海域。主人公はアンドルー・リンゼイ。英国海軍中佐。33歳。
 V・W級駆逐艦ベンジャー号を指揮していたのですが、アメリカ行きの船団の護衛中に喪失し、衝撃を受けた敗残者、あるいはそう思われた男。金筋一本追加されて陸に揚げられていたのですが、このたび新しいフネをもらったところ。
 そのフネとは、HMSベンベキュラ号。
 時代遅れした直立した艦首材から艦尾の張り出しまで、500フィート。12,500トン。1919年にクライド湾で進水。かつてのロンドンとブリスベーンを結ぶ定期貨客船。なぜか、いつも右舷にちょっと傾いています。
 英国海軍に徴用されて何度か輸送任務に就いたのですが、大きさが中途半端でもてあまされた結果、その耐候性と航続力を生かして武装商船巡洋艦として哨戒任務に就くこととされました。
 元の旅客船の外形はすっかり手を入れられました。艦首部と艦尾部にあった凹甲板は鉄骨で補強され、艦首には両舷に二門ずつ合計四門の、艦尾には両舷に一門ずつ6インチ砲が据えられ、艦尾楼の最後部に年代物の12ポンド砲が置かれています。またボート甲板に新式のエリコン砲(20ミリ対空機銃)四門。この艦の兵装はこれだけ。
 乗組員は、多種多様。
 副長は、もとはこのフネの船主だったアバディーン・パシフィック航海汽船会社の航海士だったジョン・ゴス。今は英国海軍予備役少佐。有能な船乗りのようだが、かつての船会社の勤務の記憶からまだまだ抜け出られない人。
 えへん、とゴス副長が大きく咳払いをした。「損傷の件ですが」
 「ああ?」
 「こいつはドック入りですな、艦長」
 リンゼイは、体中の神経が、焼けた針金のように引きつるのを感じた。ゴスにわからせるために、できることなら体を揺さぶりつけ、ぶん殴ってやりたかった。
 そうもできずリンゼイは、抑えた声で、「いや、ちがう、副長。きみの仕事だ、帰投命令が出ない限りな」
 砲術長のマックスウェル大尉。正規の英国海軍軍人で、規律重視の堅物。しかしどうやらそれが原因で過去に何かあったらしい。
 機関長はドナルド・フレーザー機関少佐。50歳。8ヶ月前はこのフネの姉妹船エリスケイ号の機関士だったらしい。普通の機関士官は機械を愛する孤高な男であることが多いのに、この男は有能なのに自分の仕事や勤務した艦を侮蔑しているらしい。
 航海長はスタナード大尉。予備役士官で、戦争前は同じ船会社に勤務していたオーストラリア人。
 その他、主計長にしても軍医にしても、何かしら心に傷を負った予備役や志願兵、あるいはなにかしら問題があった正規士官ばかり。
 同じく問題があったとはいえ、リンゼイ艦長はちょっと別格なのは主人公の主人公たるところか。

 ベンベキュラ号は、まず北大西洋の哨戒任務に就きます。ここで偶然出会ったドイツの仮装巡洋艦が、彼女の航海に深くかかわることとなります。この展開は、多少歴史を知っている立場から見るとちょっと怪しいけど、お話的には因縁が付いて面白いかな。
 このフネに乗り組んでいる士官候補生ジュリアン・ケンプが父親と折り合いが悪く、子供を馬鹿呼ばわりするだけのその父親マーチン・ケンプ海軍准将がベンベキュラ号に乗り組んでくる展開は、リーマン的ですね。変わらんなぁ。
 変わらないと言えば、ほとんどのリーマン節に出てくる、主人公に絡む他人の人妻、だれかの婚約者が登場しません。その代わり、英国海軍婦人部隊に勤務する美女が現れます。その後の展開を見るとできすぎの感がありますし、こういう都合のいい女を出せるのは、海洋冒険小説だから許される展開じゃなかろうか。

 北大西洋から、運命の1941年12月を経て、ベンベキュラ号は輸送船団を護衛して東洋の難攻不落のジブラルタル、シンガポール要塞に派遣されます。しかしその途上でシンガポール陥落を聞き、また運命は変わる。
 軋轢は、ケンプ准将を起点にして起きます。気に入らんと決めたヤツを破滅させるために、真面目にコツコツと骨身を惜しまず長い間かかって取り組む悪役ってのは、なんだかなぁ。これもまた、リーマン節か。

 クライマックスの戦いで、ベンベキュラ号はヒッパー級と思われるドイツ巡洋艦と対決します。絶体絶命の彼我の戦力差の中で、むろんリンゼイは逃げない。どのように戦うのか、その結果はどうなるのか。戦いのあと、誇らしげに旗を揚げたのはどのフネか。

 良くも悪くもリーマン節です。そのパターンを嗤うこともできますが、面白い。引き込まれます。  (2011/4/4)
 武装商船巡洋艦 という単語に関してですが、知っている範囲ではこのような訳語はないと思います。
 原語がわからないのではっきりは言えませんが、武装商船(Armed merchantmen)の一種であるに補助巡洋艦(Auxiliary Cruiser)ではないかと思われます。武装商船にはいくつか種別がありますが、防御力を高めた武装輸送船のようなものから通商破壊用、哨戒艦、船団護衛艦などや、偽装して囮用の特務艦となったものもあります。
 ベンベキュラ号はその中で哨戒・船団護衛艦として巡洋艦に準ずる扱いで運用されておりますし、HMSつまりスーパーマリン ウォーラス水陸両用偵察機英国海軍正規軍艦となっていますので、補助巡洋艦と呼ぶべきじゃないかな。
 この本の翻訳当時に補助巡洋艦という単語が一般的でなかったのかどうかわかりませんが、そのほかにもノルウェーの激戦地ナルヴィクをナービク、艦載の偵察機ウォーラス(Walrus 右写真)をワルラスとするなど、訳語にいささか問題があるような気がしますね。

 この本の主役たるベンベキュラ号は、もともと民間の貨客船です。英国海軍は多種多様の民間船を徴用して英国海軍籍に入れましたので、モデルになったフネというものは出しにくい。
 あえて同じようなフネということで、ジャーヴィス・ベイ号を例にしてみます。ベンベキュラ号よりひとまわり大きいフネです。
スーパーマリン ウォーラス水陸両用偵察機
建造:ヴィッカース バロー・イン・ファーネス造船所
進水:1922年  就役:1940/10
総排水量: 14,164 long tons (14,391 t)
要目 (補助巡洋艦として)
 全長: 549 ft (167 m) 全幅: 68 ft (21 m) 吃水: 33 ft (10 m)
 最大速度: 15 knots (28 km/h) 乗組員: 254
 兵装: 6インチ(152mm)砲×7 3インチ(76mm)対空砲×2

最後:
 数回の護衛任務ののち、カナダのハリファックスを1941/10/28に出港した輸送船団HX84の護衛に付きます。11/5、船団はドイツ海軍装甲艦アドミラル・シェーア号に発見されました。ジャーヴィス・ベイ号は、船団を逃がすために圧倒的な戦力差をものともせずドイツ艦に突進し、交戦後撃沈されました。
 船団はこの間に大多数が脱出に成功し、ジャーヴィス・ベイ号の行為は高く賞賛されましたが、同艦の乗組員は艦長エドワード・S・フェーゲン大佐を含め、約200名が戦死したのでした。

管理番号:R005-006 21 戦争・戦記小説
書名:黄土の血戦 栄光の海兵隊 2 発行 1984年
原題:The First to Land ハヤカワ文庫NV397 1962 リ1-5
翻訳:高津幸枝 価格:\520 ページ数:419P 装丁:文庫
イラスト:Chris Mayger
初版発行:85/11/30 購入:85/11/30  
 原題、"The First to Land" ── 最初に上陸する者。
 以後、海兵隊の誇りとなる標語となります。
 すなわち、海兵隊とは海上から真っ先に敵前に上陸し、最後に撤退する軍隊となったのです。

 時は、1900年、11月。ハリー・ブラックウッド海兵隊少将が、ハンプシャーの自宅でくつろいでいます。功成り名を遂げた彼の心痛の種は、腹違いの兄の息子、ラルフ。ラルフ・ブラックウッド海兵隊少尉。
 兄フィリップはハリーにとって英雄ですが、すでに戦死しています。
 ラルフは甘やかされたならず者となっています。ハリー少将としては、なんとか彼を立ち直らせたい。ヴィクトリア十字勲章をもらった自分の長男デビッド・ブラックウッド大尉の配下に置こうとします。
 香港にいるデビッドは、弟ニール・ブラックウッドの戦史の連絡を受けたところ。本国から来た従兄弟を迎え、なんとか力になろうとします。
 しかし、にもかかわらず、、、、、、 パターンですな。

 日清戦争(1894/7〜1895/4)から五年たったこのとき、中国は清帝国でした。歴史の中に突然登場した新興国日本に戦争で敗れたこの国は、もはや西欧帝国主義の蚕食する草刈り場と化しています。
 なにが正義か、なにが罪かは歴史の流れの中では無意味です。
 西欧諸国にとって、自国の安寧と発展のためにアジアに植民地を築き、それを守り抜くことが国是だった時代です。

 この軋轢の中で、「義和団の乱」がすでに勃発しています。
 西欧から見る限り、これは野蛮なアジア人の反乱です。
 中国人から見ると、ある意味では西欧と妥協しつつ生き残ろうとする祖国の敵であり、同時に祖国を圧政と凶暴な外国人から救い出す味方でもあります。
 歴史は、重々しく進行します。

 イギリスの歴史にとってこれは、祖国の居留地を守り抜いた偉大な戦争だったのでしょう。
 時の日本にとっても、これを機会に南下するロシア帝国から国家の生命線を守る戦いでもあり、遠く日露戦争へ至る道程の一つでした。
 現代の時点では、何とでも言えます。

 しかしこれを、純粋にブラックウッド家の歴史と考えたとき、戦い抜き、生き残ったことが栄光なのだ、といっていいのでしょうね。  (05/6/25)