トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: U012 冲方 丁 うぶかた・とう
国籍: 日本 生没年:1977/2/14〜
 岐阜県各務原市生まれ。4歳から9歳までシンガポール、10歳から14歳までネパールで過ごす。早稲田大学第一文学部中退。
 家族は妻と息子。自宅は福島県福島市にあるが、2011年3月11日に発生した東日本大震災により母と妹夫婦の住む北海道池田町に避難、そのまま移住する意向とか。
冲方 丁
管理番号 書  名 メ  モ
U012-001・002 天地明察(上・下) 暦の改正に人生を賭けることとなった男の物語
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:U012-001・002 30 歴史小説・日本史 歴史年表 出版社:角川書店
書名:天地明察(上)   ISBN978-4-04-100318-3 C0193
角川文庫 う20-6 価格:552Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:2012/5/21 購入:2013/9/26 カバーデザイン:高柳雅人
書名:天地明察(下)   ISBN978-4-04-100292-6 C0193
角川文庫 う20-7 価格:552Yen ページ数:304P 本のサイズ:文庫
初版発行:2012/5/21 購入:2013/9/26 カバーデザイン:高柳雅人
「天地明察(下)」 冲方 丁「天地明察(上)」 冲方 丁 映画になった作品です。その中で見せられた世界が魅力的だったので、映画化された作品と原作本とはあまり関連がないことを承知でこの本を探してみました。
 ほう、なかなか奥が深いね。


 46歳の渋川春海(しぶかわ・はるみ 1639〜1715)が、土御門泰福(つちみかど・やすとみ 1655〜1717)と共に改暦の儀の決する時を待つ場面から、始まります。時に、貞享(じょうきょう)元年三月三日。西欧グレゴリオ暦でいう、1684年4月17日。
 この日、かつて中国より輸入され、実に823年間にわたって使用された宣明暦(せんみょうれき)が廃止され、日本独自の暦が施行されたのでした。
 この新しい日本の暦は、「大和暦」の名で他の二つの暦と共に候補とされ、採用と共に年号に会わせて貞享暦(じょうきょうれき)と名付けられます。それ以後、この暦は70年間使用されました。

 この渋川春海、またの名を安井算哲(二世)が、この本の主人公。
 安井算哲(やすかわ・さんてつ)とは、江戸時代に囲碁の四大家元の一つ安井家を創設した先代の名前。彼も囲碁の才を発揮し、幕府に碁打ちとして出仕し禄を食む身分でした。その彼が、その地位に飽き足らずめざしたもの、それは何だったのか。

 彼が算術に興味を引かれたのは、天分だったのかもしれません。
 当時、算術の才のある者は、特定の神社に算術の成果を描く絵馬を奉納する習わしがありました。元々当時の算術とは、実学すなわちそれを行う事が実際に役に立つ技術・科学ではなく、純粋な趣味や娯楽であったのだといいます。算盤が普及して全国に数字に堪能が老若男女があふれる時代になったとき、その精華の一つとして現れたのが、算術家たちの研鑽の成果を神社への奉納という姿で納めること。これが「研究発表」から、「問題提起」・「出題」になっていったのはいつの時代からか。
 絵馬に提起された問題に、別人が解法や解答を記し、それに対して正解ならその答えをこう評します。「明察」と。
 誰が考えたルールなのか。

 冒頭のあと時代が戻り、江戸の町で二十歳を少し過ぎた春美が息もつかず見つめたのは、この絵馬でした。
 ここから、物語が始まります。

 とはいえ、まず出会ったのが、神社の絵馬の前で正座して一心に算術の道具を広げて計算に没頭する春美に
 「憚(はばか)りながら、お立ち退き下さいますようお願いいたします」  (上巻 P27)
 と、箒(ほうき)を小脇に彼を睨みつける十六、七の娘、えん。そして、刀を忘れたことに気づいてあわてて戻った春美の目に入った、わずかな時間の間に絵馬に次々と解答を記した人物の署名。その名は、関=B
 この娘と、関≠ニいう名が、彼の生涯に大きな影響を与える事となりました。

 彼の算術への才を使いたいと考えたのは誰だったのか。そしてそれはいつだったのか。
 彼が囲碁で身を立てる家に育ち、自らもたぐいまれな天分を持ちながら、碁を打つ己への飽きを感じたのはいつだったのか。
 しかも、碁が退屈であると告白してしまった相手が、名家の末裔である若い老中、酒井雅楽頭忠清(さかい・うたのかみ・ただきよ 1624〜1681)となると、話は変わってきます。春美に破格の扱いとして帯刀を許して士分扱いさせることを決めたらしい、この茫洋とした政治家は、手の平に載せた春美になにを期待していたのか。
 春美に期待していた大物は、ほかにもいます。
 保科正之(ほしな・まさゆき 1611〜1673)。第二代将軍・徳川秀忠の庶子、すなわち家光の異母弟。保科の姓のまま、会津松平家の始祖となった人物で、甥である四代将軍家綱の後見役として幕閣に重きをなした人物がいます。当時の呼び名で言えば、会津肥後守(あいづひごのかみ)。碁で名を成す安井家の後援者であり、春美になにかを期待しているらしい。
 それから、徳川光圀(とくがわ・みつくに 1628〜1701)。家康の孫にして水戸徳川家の第二代藩主。水戸中納言。中納言の中国名をとって、通称、黄門(こうもん)。
 彼らは、いったい何を考えていたのか。

 老中酒井との江戸城内における碁の席で、春美は何の意図かわからぬうちに、算術のこと、測地(測量実地)のこと、天を測る技法のことなどを聞かれます。そして、何の気なしに言われます。
 「お主、北極出地は知っているな」  (上巻 P146)
 北極出地とは、測地の術の一つ。土地の測量を成すとき、その緯度、すなわち北極星の高度を求めて距離算出・方角確定のデータを取る手法。むろん、春美は熟知しています。そして不意に命が下りました。
 「星は好みか」
 「日、月と同じく好んでおります」
 「北極星を見て参れ」
 にわかに来た。まさに下命だった。緯度を計測し、地図の根拠となる数値を出してこいというのである。
 春美は碁盤から退き、謹んで伏して訊(き)いた。
 「は ・・・ どちらの北極星でございましょう?」
 「山陰、山陽、北、南、東、西、いずれの土地も通行に支障なく致す」
 何でもないことのように酒井は言う。だが春美は伏したまま愕然とした。下手をすれば日本中である。明らかに一人の仕事ではない。おそらく既に北極出地にための人選は完了し、そこに春美が組み込まれたのである。  (上巻 P146-147)
 建部昌明・伊藤重孝という二人の人物を柱とする観測隊の一員として永代橋の富岡八幡宮から小田原に向かって旅立ったのは、寛文元(1661)年十二月朔日(ついたち)。この観測旅行が、春美の数奇な運命の始まりとなります。

 算術、測量、そしてなにか。
 この本は、この生真面目で一本気で奥手な青年が、暦の改正という重大な事業に取り組むさまをゆっくりと描いていきます。

 暦とはなにか。生活を律するものですが、それだけではない。
 かつて中国の皇帝は、暦を制することによって時間を制し、そして人民の運命も制しました。
 暦が作る行事の段取りは、元は産業の根幹である農業の作業日程のためのものでしたが、いつしか礼の世界を律するものとなります。このため、中国においても日本においても、暦とは政治の中枢に立つ者が定めるべきものとされました。これが問題だったのです。
 それまで日本で使われていた暦、宣明暦とは、実は中国、唐の時代に作られたもの。日本にこれが「下賜」され、施行されたのは、平安時代初期の西暦862年。それ以後中国では数十年程度の単位で改暦が繰り返されていたのですが、日本ではなんと、それ以後800年間以上そのまま使われていたのでした。
 その事情はいろいろあります。正式な中国との国交、すなわち当時の社会体制の中にあっては中華帝国への冊封が成されなかったこと。旧態依然とし、前例踏襲で既得権を守ることが天性となった京都の公家たちが、暦の技術的問題に無関心でただひたすらに改暦に応じなかったこと。
 なんと彼らは、織田信長の高圧的な「要望」にさえ逆らったのです。本能寺の原因の一つにこれがあると考える学者もいるとか。
 数学大系がこの長い年月の間に長足の進歩をしたこと、宣明暦が現実の天体の動きと明らかなズレを生じたこと、などさまざまな要因があり、江戸幕府の為政者たちは暦の改定に踏み切ったのでした。
 しかしでは、どの暦に換えればいいのか。どうやって京の公家たちに納得させればいいのか。どうやって周知徹底させるのか。
 どうやってその必要性を万人に納得させるのか。

 ああ、こんな歴史があったのか。
 そうか、経度によって日蝕、月蝕の位置はずれるんだ。
 太陽と惑星は、単純な円形軌道でめぐっているのではないから、それも考慮しなければならないんだ。
 一年という期間を定めるために、こんな事まで計算の要素としなくてはならないんだ。
 そう、日本人のための日本の暦を作るには、こんな事も考えなくてはいけないのか。

 そして、神社で出会った娘との再会。映画の中の出会いと二人の仲は、原作ではこう言うふうに描かれたのか。
 関孝和は、なぜあれほどまでに春美を叱りつけたのか。
 「馬鹿者!」
 この天才から馬鹿呼ばわりされた。それが春美を予想以上に大いに打ちのめした。真っ暗闇の淵に落っことされる思いがした。正直言って逃げ出したくなるほど、しんどかった。
 「も ・・・ 申し訳も ・・・」
 「数理のことごとくを、あれほどつぶさに理解し得たお主が、なぜにわからぬ!」
 「う ・・・」
 思わずうめき声が零れた。ついでに情けなさで涙まで零れそうになって必死で耐えた。将軍様の御前で平伏していたときにも増して、魂魄を打ち砕かれる思いに、ぶるぶると激しく震えた。
 「よ、よ ・・・ よもや ・・・」  (下巻 P195)

 こんなふうに描かれた歴史は、おそらくは起きなかったのでしょう。
 しかし、これにも増してドラマチックな歴史が、もしかしたらかつて行われたのかもしれません。
 面白いね。  (2014/2/7)