トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: Y007 作家: 吉田俊雄 Yoshida Toshio
国籍: 日本 生没年:1909/5/7〜2006/12
 長崎県生まれ。昭和6年、海軍兵学校59期卒業。
 終戦時、軍令部参謀。海軍中佐。
吉田俊雄
管理番号 書  名 メ  モ
Y007-016 良い参謀 良くない参謀 日本海軍の参謀たちと敗戦の原因
Y007-017 大本営海軍参謀 最後の証言 日本と日本海軍へのエッセイ

上へ
 Ver. 2.17 
管理番号:Y007-016 52 戦史・戦争ノンフィクション 出版社:光人社 
書名:良い参謀 良くない参謀 8人の海軍サブリーダーを斬る! ISBN978-4-7698-2552-4 C0195
1998(H.9)年9月、光人社よりHC 光人社NF文庫 よN-552
価格:743Yen ページ数:309P 本のサイズ:文庫
初版発行:2007/11/17 購入:2007/11/3
 吉田俊雄さんの本は久しぶりです。前に買ったのは4年前か。
 海軍マニアになりかけたころ、はじめて読んでぶったまげたものです。こんなセキララな書き方もあるのか、と。
 いわゆる「海軍善玉説」は、どうやら陸軍に絶望した司馬遼太郎氏から始まるらしいですが、海軍だって相当間抜けなんだよ、と言う書き方は新鮮でしたね。
 その頃から、氏の視点と筆致ははどう変わったでしょうか。ちょっと楽しみです。

 軍隊には、参謀と呼ばれる職種があります。日本陸軍においては自ら部隊に行き、参謀の名で指揮官に命令を出すこともあったようですが、海軍は違う。あくまで指揮官を佐(たす)ける、つまり手助けするのではなく補佐することが参謀の任務であるという。
 しかし不思議なことに、日本の海軍では参謀の職種をきちんと定義して、その責任と権限を定める事を怠ったのだそうな。指揮官の小間使いとして、指揮官になるまでのステップとしてしか見なかったという。
 その結果、指揮官の下でその暴論に異を唱えることもなくあたら兵を殺した参謀もあり、指揮官をいいように使った参謀もいます。
 だからといって、良いとか良くないとか、価値判断は難しい。

 この本では、まず、有名な四人の士官の参謀ぶりを描き、そして戦争の流れを追いつつあまり目立たない四人の参謀を描きました。
 宇垣纏(うがき・まとめ) 連合艦隊参謀長。終戦時、第五航空艦隊長官・中将。
 黒島亀人(くろしま・かめと) 連合艦隊首席参謀。終戦時、軍令部第二部長・少将。
 草鹿龍之介(くさか・りゅうのすけ) 第三艦隊参謀長。終戦時、連合艦隊参謀長・中将。
 源田実(げんだ・みのる) 第一航空艦隊甲参謀・大本営海軍参謀。終戦時、343空司令・大佐。
 佐薙毅(さなぎ・つよし) 連合艦隊航空参謀・大補運営海軍参謀。終戦時、南東方面艦隊首席参謀・大佐。
 大井篤(おおい・あつし) 海上護衛参謀。終戦時、連合艦隊参謀・大佐。
 中島親孝(なかじま・ちかたか) 第二艦隊、第三艦隊、連合艦隊参謀。終戦時、海軍総隊参謀・中佐。
 田中正臣(たなか・まさおみ) 第三艦隊航空乙参謀、T部隊航空参謀。終戦時中佐。

 参謀とは何をなすべきか、ということについて、さまざまな見方があります。ぬるま湯に入ったままで平然としていた士官たちの中で、ここに上げた士官たちは、みなその職責に対し、真摯に努力し、精魂を傾けました。
 宇垣中将についてはいろいろ言われますが、思うに任せぬ地位について、それでも精一杯なすべき事をしました。
 黒島参謀の独走は、彼を止めようとしなかった指揮艦の怠慢のせいであって、彼個人の責ではない(かもしれない)。
 草鹿参謀長はどうなのでしょうか。自分の精神論が通用しない職に就き、意に沿わぬ役割を果たし、なおかつその能力を疑われるとは。
 源田大佐は、自分の独走がノーチェックで海軍を動かすことに恐れを抱いたのでしょうか?

 佐薙参謀のスタンスは常に中正。あるべき軍隊としてのあり方が歪んでいることを認識し、それでもどうにもならなかった。
 大井参謀の毒舌は有名です。華々しく死んで行くための油などいらん、一滴でも国家を生かすために回せと正論を吐きます。
 「国を挙げての戦争に、水上部隊の伝統がなんだ。水上部隊の栄光がなんだ。この馬鹿野郎ッ」
 中島参謀は、全く職種にない「情報参謀」を自認します。なんと我が国は、情報を整理する専門の組織も人員もなしに戦争をしました。
 田中参謀の嘆きも、後方の参謀だけでなく戦線指揮官ですら現実を理解しない姿勢を見たところにに端を発します。そして、航空部隊の精鋭を集めて悪天候の中で敵艦隊に攻撃をかけるための秘密部隊、T部隊の壊滅を目の当たりにします。

 「南雲さん(ハワイ、ミッドウェー時の機動部隊司令長官)も草鹿さん(同部隊参謀長)も、おなじようなものだった。大事なときに、決然たる命令を下さない。危ないときにも、泰然自若としている。泰然自若として腰を抜かしている、という印象を受けた」
 彼らは指揮官として一流の腕と実績を持っていた、ともいわれます。過去に実績を上げた戦いの中では水際だった采配をしています。その彼らをして、腰を抜かしているだけとしてしまうという、不適材不適所の人事とは一体何だったのか。

 「訓練をタウィタウィで中断させたことが、命取りになった。そして、部下に難しい戦法をやらせ、戦死させ、まことに申し訳ないことをした」
 日本海軍の航空戦の至宝とされ、最も機動部隊指揮官にふさわしい、いくさと兵と相手を隅から隅まで知り尽くしていたという人、最後の連合艦隊司令長官となった小沢治三郎中将の言葉です。この人にして、この言葉を吐かせてしまったのか、と吉田氏は嘆きます。

 スタンスは昔と変わっていないと思うのですが、吉田さん、切れ味が変わったね。丸くなったとは言わないけれど、貶す一方じゃないし、ほめる一方でもなくなっている。おもしろい。
 この本が最初に出たのは1998年ですが、当時でも80歳近いお年でした。元気でしたねぇ。  (07/11/7)
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:Y007-017 64 エッセイ 出版社:光人社
書名:大本営海軍参謀 最後の証言 海軍の知恵と心 ISBN978-4-7698-2727-6 C0195
光人社NF文庫 よ N727 価格:829Yen ページ数:360P 本のサイズ:文庫
初版発行:2012/3/20 購入:2012/4/2 カバー写真/提供・「丸」編集部
大本営海軍参謀 最後の証言 日本海軍軍令部、大本営海軍部参謀をつとめ、終戦時海軍中佐であった吉田俊雄氏の、海軍とあの戦争を見つめたエッセイ・ノンフィクションです。
 内容は、これまで書いてきたありし日の日本海軍の長所と短所、微風と弊害、成功と失敗、功と罪を、吉田氏の視点で描いたもの。
 この方の海軍への思い、批判、評価などに対しては、一部うなずけないところもありますが、総じて納得できるしわかりやすい論で、好感が持てます。阿川弘之氏の視点は個人の目に偏る傾向があり、それはそれで面白いのだけど、吉田氏の視点はもっと広い。

 序章の 大敗北の理由 から始まり、第一章の 日本海軍の本質 第二章の 作戦と情報 第三章の 指揮と統率 第四章の 戦略と戦術 と続き、第七章の 士官と下士官兵 そして終章の 大陸国と海洋国 まで、いろいろなテーマに沿って書いています。歴史にそってとか、個別の詳細な解説を系統だって行おうとかはせず、思うままに自由に書いている感じ。それでも読みやすく、読んでいて飽きないのはこの方の人徳なのか。

 まず、あの戦争で日本が受けた被害から語り出します。

  軍人軍属の戦死行方不明者
    陸軍 約183万名  海軍 約57万名    計 約240万名
  空襲その他による一般市民の死者
    約70万名  (原爆による死者32万名を含む)
  全死没者  310名以上

  海軍軍人戦死行方不明者のうち、昭和20年8月28日現在の官職別で
    大将 2  中将 9  少将 36  (将官合計 47)
    大佐 259  中佐 258  少佐 509  (佐官合計 1,026)
    大尉 2,125  中尉 2,068  少尉 2,089  (尉官合計 6,282)
    特務士官、准士官 計 6,257
    下士官 51,502  兵 90,877

  艦艇の喪失  866隻 うち戦闘艦艇 335隻
    空母 24隻中21隻  (喪失のうち3隻を残存とする見方もあり)
    戦艦 12隻中11隻  (  〃  3隻   〃    )
    重巡 18隻中18隻  (  〃  4隻   〃    )
    軽巡・特巡 25隻中22隻  (  〃  4隻   〃    )
    駆逐艦 177隻中136隻
    潜水艦 186隻中127隻

 さらに、それぞれの戦場において、特に人的被害の多かったガダルカナル戦、ニューギニア戦などの例を挙げてから、
 あまりにも、作戦による味方の被害、特に人的損害が多すぎるのである。負け戦の側では、とかく損害は多いものだが、それにしても多すぎる。それだけ有為の青年の命が奪われたのだ。いったい、どうしたのか。
            ・・・
 こんなに、べた負けに負けなければならない理由はまったくなかった。そのはずなのに、この大被害をなぜうけたのか。受けなければならなかったのか。
 まるで、めちゃくちゃな戦ぶりでもしたかのように、このとんでもない数字は、現実に動かしがたい迫力を持って追ってくるのである。
 以上が、この本を書くに当たっての出発点である。   (P13-14)
 そして、日本画、海軍がどう戦ったか、どう負けたか。なぜあんな戦い方をしたのか、なぜあんなふうに負けたのか。海軍とはなんだったのか。どうあるべきだったのか。
 そんなふうにして、吉田元中佐の思うあの戦いと日本海軍の、生まれ、育ち、そして斃れた姿が描かれています。
 ここの話をより分けて例を出すのは難しい。今まで吉田さんが書いてきたもの、読んだことがなかったものが折り重なるように書かれていますし、海軍の話にしても系統立てて話すと言うより、思いつくままに自由に楽しそうに書いている感じ。

 日本海軍は、たとえその姿がいかに一般の日本の世界とかけ離れた基準の下に構築されたとしても、日本の歴史の中で日本人によって作られた日本の軍隊でした。これは事実。いかように褒め称えられても、少年のような少尉が父親の年代の下士官を罵倒し、殴打して、足蹴同様に死地に送り出して恥じない軍隊でした。これは事実。
 しかしその中で、彼らは少数の例外はたしかにあったものの、与えられた仕事を果たし、守るべきものを守るために苦闘し、戦い、死んでいったたくさんの将兵がおり、それによって一つの歴史が作られました。
 そんな過去を、忘れないことも必要ですよね。

 1958年12月、ド・ゴール内閣の文化相であったアンドレ・マルロー氏が来日し、こんな言葉を残したそうな。
 「たしかに日本は、太平洋戦争で敗れた。だがそのかわりに、なにものにも代え難いものを得た事を忘れてはならない。それは世界のどの国にもまねのできない特別攻撃隊である。戦後、フランスの大臣として日本を訪れたのは私が最初だが、そのときも昭和天皇陛下にとくとそれを申し上げておいた。スターリン主義者たちにせよ、ナチ党員にせよ、結局は権力を手に入れるための行動に過ぎなかった。日本の純真な若い特攻隊員たちは、ファナティックだったとよくいわれる。それは違う。彼らには権勢欲とか名誉欲とかは露ほどもなかったし、ひたすら祖国を憂える尊い熱情があるばかりだった。代償を求めない純粋な行為、底に真の偉大さがある。逆上と紙一重のファナティズムとは、根本的に異質である。人現は、いつも偉大さへの志向を失ってはならないのだ」  (P349)

 はたして日本人に、日本の特攻隊員に、ここまで昇華しきった精神が満ちていたのか、すべての隊員がそうだったといえるのか、疑問です。評価も一面的なところはあります。しかし、過去の日本にはそういわれる人々がいたこと、それは覚えておきたいことかも。

 「最後の」と題されたこの本を出した後、吉田さんはこの先に別な本を書いたのかな。どうだったのかな。 (2012/6/27)