トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: S111 鈴木輝一郎 すずき・きいちろう
国籍: 日本 生没年:1960/7/24〜
 兼業小説家、コラムニスト。岐阜県大垣市出身。現在も岐阜県大垣市在住。岐阜県立大垣東高等学校卒業。日本大学経済学部卒業。
 公式ホームページ →小説家鈴木輝一郎は今日もパコパコ
鈴木輝一郎
管理番号 書  名 メ  モ
S111-001 信長と信忠 新しい視点で見た信長像
S111-002 美男忠臣蔵 忠臣蔵・異聞
S111-003 戦国の鬼 森武蔵 鬼と呼ばれた猛将の物語
S111-004 片桐且元 大阪の陣前夜、ある武将の決断
S111-005 金ヶ崎の四人 信長一生の危機のとき、なにがあったのか
S111-006 中年宮本武蔵 あの武蔵が中年になったら、こんなヤツになるのか?
S111-007 対決!! 片桐且元 家康 S111-004の改訂版
S111-008 姉川の四人 信長の逆切れ  姉川で激突した五人
S111-009 長篠の四人 信長の難題 長篠で再び組んでしまった四人

ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:S111-001 30 歴史小説・日本史 歴史年表 出版社:毎日新聞社
書名:信長と信忠   ISBN978-4-620-10747-9 C0093
  価格:1600Yen ページ数:270P 本のサイズ:135×195HC
初版発行:2009/11/25 購入:2010/2/4 画・題字:茂本ヒデキチ 装丁:NOORTH
信長と信忠 おもしろい信長像ですね。こんなのもありか。
 鐵太郎が認識している歴史的背景とはあまり矛盾がないので、お話的に突っ込むところはほとんどありません。たとえば(例に出して申し訳ないけど)童門冬二さんの本などよりは遙かにいい。

 それに、文章の切れがよく、短い。だらだらしない。吟味した言葉が踊ります。
 まず、母と弟を呼びつけた場面。
 母とは、信長を嫌いぬいた生母・土田(どた)の方。弟とは、その母にたきつけられて一度は信長に反旗を翻した勘十郎信行(のぶゆき 信勝(のぶかつ)、達成(たつなり)、信成(のぶなり)の記録もあり)
 「なぜ人並みになれぬのか」
 「とは?」
 「せめて──」
 「勘十郎のようになれ、と」
 勘十郎信行の月代(さかやき)に汗がにじむのがわかった。信長が次に何を言うのかわかったらしい。つくづく勘働きのよい弟である。
 「奇人の兄をつぶすために重臣を集め、倍をこえる将兵を持って攻め、返り討ちに遭うような男になれ、と」
 このあと、血相を変えて息子の命乞いをする実母を追放し、顔色も変えずに弟を殺させる信長。お前の息子はおれの長子の補佐としてふさわしければ生かしてやる、と言われてうなずき、平静のまま殺される実弟。
 ちなみに、この弟の子である坊丸(ぼうまる)のちの津田信澄(つだ・のぶすみ)は、信長の信頼篤く、四男以下の信長の子よりも高い地位についた武将でしたが、この本ではこれ以後扱ってくれません。惜しいな。

 なんとも奇妙な信長像です。と同時に、なんと魅力的な文章なんだろう。こんな醒めた時代小説もあったのですね。
 描かれるのは、これほど人間を信じない信長がいただろうか、という信長像とともに、それを囲むクールな人々。
 クールと言えば、代表格は美濃の方。史実では、実は斎藤道三の娘として輿入れしたとき以後、ほとんど明確な記録がないのだそうな。諱(いみな)は不明。農姫という名も、帰蝶という名も、後世の創作らしい。明智光秀との血縁関係なども、根拠の薄い推定。
 だから、という訳ではないが、作者は思いきりこの人物を大きくしました。
 人間を信じない苛烈で冷酷な信長を、ふわっと包みこむ、度量の大きな不思議な人物として。
 肌を合わせたのは輿入れしたその夜だけ、と言い切る信長が、この正妻には頭が上がらない。口で勝てないというのではない、命に逆らう訳でもない、顔に嘲りや嗤いを浮かべたこともない。常にほんのりと微笑をたたえ、受けとめ、受け流し、時に正鵠を得た言葉を漏らす。
 作者の、信長を領主、為政者、策謀家、革命家として高い評価をつけながら、前線指揮官としてはたいしたことはなかったと評した視点と絡めて、美濃の方とのこんな場面があります。将軍義昭を京に将軍として立てたあと、伊勢併呑の苦戦の時。
 「疲れた」
 「はい」
 「考えうるあらゆる手を尽くし、知恵を絞り、やるだけのことはやっている。だがこの為体(ていたらく)だ。数千までの将兵を扱うのは得意だが、万を超えるとさっぱりだ」
 信長は顔をしかめた。
 「俺には将才がない」
 「はい」
 「正直な奴だ」
 「ありがとうございます」
 「俺を褒めろ」
 「うわべだけでよろしければ」
 「ふん」

 徳川信康とは、家康の長男。信長が家康に強いて正妻と共に殺させたという人物です。その才を恐れたのか、逆心ありと疑ったのか。この解釈がユニークではないかな。優柔不断で心が弱い家康に対し、信長が見せたおそらくただ一つの好意であったとは。
 秀吉を、使える小物として使い切った姿は、今までの評価と共通するところもありますが、この本ではさらにほとんど気を留めていません。思い入れをしない。俺を裏切ったら命がない奴だから、裏切るときにはわかると見切っています。
 明智光秀についても、同じ。秀吉と同じく取り立ててやった道具として扱いますが、その博打的で果断的、時によっては信長のそれを上回る残虐性に一目置きます。しかしひとまわり年上の初老の知将に、特に思い入れもない。
 信長が一番思ったのは、いつか追い越されること。誅されること。乗っ取られること。恐れたのではない、そうなるはずと思っていた。
 その相手となりうる者を、手向かえば容赦なく狩り、隙を見せればつぶしてきた。
 そして長子信忠を、次男信雄、三男信孝と同じように扱い、時には自分の楯として使い切る無情な用兵で死地に追いやったときもありました。その中でこの静かなる長男が大きくなっていく様子を見つめています。
 信忠が次男以下と常に別格に扱われたという歴史解釈が主流ですが、作者はこの三人はそれ以下とは別格だったと解釈しています。
 信長は、『俺を殺しに来い』と伝言し、京のわが宿に招きます。光秀ではない、長子であり、家督を譲り渡した信忠を。
 「お前に俺の悔しさがわかるか、俺の孤独がわかるか」
 わかる、わかるわけがない。
 「裏切られ続け、誰も信じられず、誰からも信じられない。秀吉でさえ俺に信じられなくなるのを恐れて俺を呼びよせる」
 「弟を殺し、母を棄て、忠臣を見殺しにし、親友に裏切られ、うつけと嘲られ、期待されず、のぞまれず、憎まれ、仏敵と恐れられ、生き残ってきて得たものが 『ふつうの子供』 であってたまるか」
 「上様におよびもつきませぬが、すくなくともふつうの子供とは違うのは上様もご承知のとおりではないかと」
 「俺を襲い、俺に叩き潰されてしまえ」
 「いかにも上様らしき奇策にて妙案と存じまする」
 「ひとは、変わりまする」
 「言われずともわかっておる」
 「父上ご自身も」
 「年をとった」
 「否、父上が拙者に苛立ちをを覚えなされるのは、ご自身が凡俗に返事なされたためと気づいておられましょうや」
 その夜、土岐桔梗の旗印が、宿の本能寺の正面に翻ります。

 この瞬間、信忠は信長を越え、そして超えた、と作者は言う。
 そうだろうか。ここまで作者のほとばしるような言葉を読みながら、鐵太郎はそうだろうかと思ってしまった。
 父とは違う、あたらしい自分を得たのかもしれない。
 とはいえ、信長だったら持っていた、石にかじりついてでも生き残ろうという執念を、信忠は持たなかった、示せなかった。つくづく残念。
 信長の子という立場による心の縛りがもう少し弱かったら、歴戦の知将光秀の攻めがもう少し甘かったら、歴史は別の道をたどったばず。
 いろいろな読後感が生まれる、面白い本でした。  (10/2/23)
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:S111-002 30 歴史小説・日本史  歴史年表 出版社:講談社
書名:美男忠臣蔵   ISBN978-4-06-208956-4 C0093
「季刊歴史ピープル」1997年盛夏号 価格:1600Yen ページ数:317P 本のサイズ:135×195HC
初版発行:1997/11/5 購入:2010/2/18 装画:深津真也 装幀:菊池哲男
美男忠臣蔵 この本も、もらい物。いらないから上げるとのありがたいお言葉。ビンボ人には神様に見えます。
 鈴木輝一郎さんとは二度目の出会い。この方の歴史解釈には異論もあるけれど、小説、特に時代小説には言葉が大切である、という当たり前の事を思い出させてくれた貴重な作家です。

 これも、忠臣蔵、すなわち播磨の国赤穂藩の城主、浅野長矩が江戸城内で起こした不祥事に伴う旧家臣の仇討ちを元にした時代小説です。こういうものは多かれ少なかれ、過去の史料を抽出し、それを利用して作家それぞれの考えによる解釈を施して新たな「忠臣蔵」を作り上げるもの。この本もその一冊です。
 でありますから、読んでみると必ず、あれ、この話はおかしくないか、という点はあるものです。
 この本にもあります。むろん、鐵太郎ですら気づいたのですから、この時代が縄張りである歴史マニアには自明の「怪」解釈もあるのかもしれない。
 にもかかわらず、面白かった。こういう解釈もあり得るね、と思った。


 「徳川実紀」というものがあります。言ってみれば、江戸時代の正史のようなもの。幕府の公式な日記のようなもので、偉い人の行状を記録したもの。まぁ、基本的には無味乾燥した記録の羅列です。
 この本は三つの章で構成されています。 絶頂 検証 終結 と。
 絶頂 の章は、元禄15年12月5日の「徳川実紀」の抜き書きから始まります。
 松平美濃守吉保(まつだいら・みののかみ・よしやす)がもとにならせ給う。吉保に二種一荷(か)。妻并(なら)びに母に羽二重二十疋(ひき)。箱肴(はこざかな)。伊勢守吉里(いせのかみ・よしさと)にも同じ。吉里が妻。伊織経隆(つねたか)。左門時睦(ときむつ または ときちか)。并びに吉里が生母に羽二重十疋ずつ給う。また吉里こたび昇進の祝いとて、吉保に来国次(らいくにつぐ)の御刀、吉里に志津の御刀、貞宗の御脇差を下され、吉保にまた御筆の画を給う。中庸(ちゅうよう)後講説あり。
 松平美濃守吉保、とは、むろんいわゆる第五代将軍・徳川綱吉の御側御用人だった柳沢吉保(やなぎさわ・よしやす)のこと。この人は出羽守(でわのかみ)という官位で有名ですが、貞享2年(1685年)に従五位下出羽守に叙任されたのち、同14年(1701年)に将軍綱吉より諱の一字を与えられて「吉保」となり、同時に美濃守に遷任されております。だから出羽守の時は保明(やすあき)だったんですよね、正しくは。
 当時の日本人って、自分を特定する名前に驚くほど執着心を持っていませんね。平気でどんどん名前を変えます。不思議。
 伊勢守吉里とは、吉保の嫡男。甲府藩主ののち大和国郡山藩の初代藩主。
 伊織経隆は、吉保の四男。伊織は幼名。後に甲府新田藩初代藩主。
 左門時睦は、吉保の五男。左門は幼名。後に三日市藩初代藩主 。
 徳川綱吉治世の22年目。御側御用人から老中筆頭となって、吉保の権制が絶頂に達したときはまさに今。しかし、ここで章題を 絶頂 としたのは、これだけではない。別な事件が発生し、絶頂を極めた人たちがいたのでした。
 この月の15日、旧赤穂藩士47名が、高家吉良上野介義央の屋敷に奇襲をかけ、義央の首級を上げます。
 作者は、この赤穂浪士たちを、この時が絶頂となったのだと言います。

 かくして作者は、この柳沢吉保の視点と、もう一人赤穂浪士の中でも武名で知られた堀部安兵衛武庸(ほりべ・やすべえ・たけつね)の視点で、この事件は何であったのか、絶頂を極めた人々はどうしたのかを描いています。

 浅野長矩が吉良義央に刃傷に及んだ、いわゆる「松の廊下事件」の原因ですが、この解釈が斬新ですね。1997年にこういう解釈が出ていたとは、知らなかった。
 そして、この事件の後に柳沢吉保がどうこれを処理しようとしたのか。月番老中であったの稲葉丹後守正通(いなば・たんごのかみ・まさみち)の唱える融和策と綱吉の命ずる強攻策の中で、腹を切ることまで覚悟して、いったい何を上申したのか。
 スリリングです。この解釈は、ちょっと無理があるような気もするけれど、面白い。

 そして、言葉。この作家の言葉の使い方が、いいなぁ。
 「吉良の老人は、しきりに『医者を頼み申す』と譫言(うわごと)で言っておられたそうですね」
 「違うな」
 吉保は襟元を正した。
 「吉良の老人が申しておったのは、『浅野殿に医者をお頼み申す』であった。儀典をもっぱらとする高家肝煎は役務からするとかなり暇な部類にはいる。上野介殿はこまめに国元に帰って領地を見聞していたそうな。自分が家や両国を大切にする仁であるだけに、内匠頭が乱心で国を潰すことが、無意識のうちにも気がかりだったのであろう。乱心は誰の罪でもない」
 「それは初耳です」
 「であろう。血にまみれた老人が、譫言でそこまで配慮するとは誰にも思えないからな」
 「──にしても、浅野殿の乱心が、斯程に深刻なものとは存じませんでした」
 「われら老中一同で、内匠頭の乱心に関する証言を、徹底的に握り潰したからの」 (P167-168)
 どこをどう見ても吉良の側に過失はない。吉良はたまたまそこに居合わせ、かつ浅野と接する機会が多かったがゆえの不運にすぎなかった。両成敗どころかとても喧嘩と呼べる事件ではなく、吉良の責任を問うには無理があった。
 だが、吉良を一切お咎め無しとするには浅野内匠頭の乱心を公表せねばならない。けれどそれは絶対に避ける必要があった。刃傷沙汰が単なる浅野の瘋癲によるものだとなれば勅使へ危害を及ぼした可能性を指摘される。となれば幕府の責任は免れない。同時に浅野を御馳走人に指名した老中の責任も免れられない。さらに赤穂の者たちも、主君の乱心を放置したとして責任を問われることになる。赤穂藩が取りつぶしとなった後の、再仕官に深刻な影響を及ぼすであろうことは想像に難くない。
 罪なき吉良に切腹を命じるのは、いかに老中といえども相当の困難をともなう。厳重な箝口令を布いたといっても、事件前後の浅野の異常な様子を見たものは何人もいる。罪ある者の科を不問に付すのは温情として歓迎されるが、罪なき者に故なく責を問うのは、もっとも政道への不信をまねくものである。  (P194-195)
 これぞ、政治。
 政治とは、あるがままにすべての情報を公開して裁断を下せばいいと言うものではない。守らねばならぬものがあれば、陰腹を斬ってでも事なかれを貫く必要がある。
 そして江戸幕府の根幹とは、御政道への絶対の信頼を確保するために、お上は絶対に間違えないというフィクションを維持すること。
 平和を維持する手段としては、こんな方法もあり、か。すくなくとも、当時にあってはこれが正義だったはず。

 そして作者は、剣に生きてある意味で道を究めた堀部武庸でも、その人格がのちに高く評価された大石内蔵助良雄(おおいし・くらのすけ・よしたか)でもなく、為政者の代行の立場になってしまい、絶対者としての将軍綱吉と、自分より下位ではあるが遙かに年上の老中たちとの間に立って、苦渋の政治判断を下した柳沢吉保を高く評価しているようです。

 では、題名となった 美男 とはどういう意味なのか。
 読んでいると、わかるような気がします。単なるいい男という意味じゃないと思う。
 これは、美しき男が活躍した、忠臣蔵です。こんな忠臣蔵も、いい。  (10/4/24)
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:S111-003 30 歴史小説・日本史 歴史年表 出版社:講談社
書名:戦国の鬼 森武蔵   ISBN978-4-88293-332-8 C0093
  価格:1900Yen ページ数:446P 本のサイズ:135×195HC
初版発行:2007/10/30 購入:2010/4/22  
戦国の鬼 森武蔵 森武蔵とは、戦国時代の武将、森長可(もり・ながよし 1558〜1584)のこと。
 美濃の国、兼山(金山とも)の城主である父・森三左右衛門可成(もり・さんざえもん・よしなり)の34歳の時の子で、次男。長兄・森伝兵衛可隆(もり・でんべえ・よしたか)とは6歳ちがい。
 弟に、乱丸(1565年生まれ)、坊丸(1566年生まれ)、力丸(1567年生まれ)、千丸(1570年生まれ)がいます。
 父は、斎藤道三に仕えていたが、道三が実子斎藤義龍と争って敗死したとき、織田信長側に付きました。信長は長可の24歳年上です。そんな世代の人。
 子どもの頃の通り名は勝蔵(かつぞう)。

 元亀元年(1570)、越前・朝倉義景を攻めに出た信長の命により兵を出した森可成は、まず同道していた19歳の長男・可隆を失い、浅井の離反により形勢が逆転した後、任された宇佐山の砦を守って討ち死にします。時に長可、わずか数えで13。
 信長は苛烈で賞罰がはっきりした人です。元服前の13歳の子どもに森家の家督を継承させ、そのまま大事な東美濃の出城を守らせるはずはない、と誰もが考えたもの。まず領地を召し上げられ、長可自身は信長の近習として育てられ、ものになるとわかって始めてその先があるはず。
 しかし信長の判断は違った。
 自らの次男三男と同い年の子どもに森家の家督を継がせ、可成の遺領は安堵すると宣言するのです。なおも、偏諱として自らの名から「長」の字を与えて長可と名乗らせます。
 なぜなのか。疑心渦巻く織田家中。嫉視。それだけではない、戦国乱世の中で、猛将の下で鍛え上げられた森家中の武将たちが、実績もない子供を当主と仰げるのか。
 ここから、武将向きの体格とは言えない小柄な少年が、鬼と呼ばれる猛将になっていく過程を作者の解釈で描いたのが、この本。

 森長可の弟は、別な意味で有名な森蘭丸です。正しくは元服しているので森成利(もり・なりとし)。彼は信長の寵臣として、武将としてより吏僚として頭角を現したものの、二人の弟、坊丸、力丸と共に本能寺で信長に殉じました。
 イメージが先行しますが、美童と言われた寵児である森蘭丸に対し、その兄の姿は違う。
 苛烈な信長の元で、裏切った敵将のいたいけな人質を殺すことはまだしも、他の武将が目こぼしをした女子供まで殲滅せよという命を滞りなく遂行し、涙ひとつ見せず、嘆息ひとつ漏らさなかったといいます。
 長可は、五尺の短躯と端整な顔立ちで侮られますが、ひそかに体と心を鍛え上げ、信長に許された名乗り勝蔵の名を天下に轟かします。
 信長の長男信忠の与力としてその配下に入り、さまざまな戦場で名を上げて、信忠軍団による甲斐・武田氏征伐の後、川中島四郡を与えられて城を移します。旧領である兼山は、名目上弟の蘭丸(成利)に与えられますが、ここでもいささか軋轢はありました。
 武田領併合の後、北陸の柴田勝家と越後の挟撃を命ぜられますが、本能寺の変で頓挫。そのまま歴史が進んでいれば、武門の誉・上杉家は壊滅し、後世に存在しなかったはず。
 所領を持つとはいえ敵地である信濃に取り残された長可は、土地の武将の人質を連れて脱出し、父の所領兼山に帰還。秀吉の暗黙の了解の元、東美濃を制圧。
 「武蔵」という名を名乗りに使っていたのはそれ以前ですが、「武蔵守」に変わったのはそれ以後。
 この名乗りを取って、「鬼武蔵」とよばれたのでした。
 しかし1584年の小牧・長久手の戦いで、羽柴秀次を総大将とする別働隊の第二陣に参加し、激戦の中で先陣に立って奮戦していたさなかに眉間を鉄砲に撃ち抜かれて戦死します。
 死後、残された遺言状には、幼い末弟仙千代(当時の通り名 15歳)が遺領を継がず、然るべき秀吉の武将に兼山城を与えて欲しいと願います。かつて思いがけなく幼くして家督を継いでさんざん苦労した思いを、繰り返させたくなかったのでしょうか。
 しかしその思いは届かず、秀吉は森家の六男を兼山城のあるじとします。秀吉のために戦い、猛将として戦場に散った将の家を絶やす訳にはいかなかったのでしょう。末弟仙千代は森忠政(もり・ただまさ 1570〜1634)となり、兼山から信濃・川中島藩、美作・津山藩の城主となって江戸時代まで森家を生きながらえさせることになりました。
 時代に翻弄され、時代の頂点には立てなかったものの、鮮烈な名を残した勇将です。

 作家はこの人物を、始め心優しい母に育てられた心やさしい少年として描きます。下の弟が生まれたとき、名も知らぬ花を摘んで持ち帰り、母はその花の名を取ってこの弟を「蘭丸」と名付けたなどという出だしは、なかなかに特徴的。
 当時の時代の中で、この弟が記録に残る限り「森乱」、「乱丸」としか呼ばれなかったという事実に対する説明も面白い。
 しかし父と兄が戦場に倒れ、まだ元服前の自分が海千山千の将兵たちの前に立つこととなったとき、彼は鬼になる道を選んだらしい。
 その後の彼の行動は、優しさを残しながらも剛毅と残虐さの権化となります。短躯の身を侮られまいと、配下の古参の武将に喧嘩を売ってねじ伏せる。鉄の芯の入った槍を釣り回して兵の先頭に立ち、血しぶきを上げて突進する。信長の嫡子信忠の眼前で朋輩の武将が言ったという陰口を責め、その鎧通しをつかみ取って手づかみでねじ曲げる。衆人の見守る中で、取り残された敵軍の女子供の首を、槍を一閃してはね飛ばす。
 父の姿をのちに岳父となった池田恒興(いけだ・つねおき 1536-1584)や織田信長に見たり、兄の姿を嫡子信忠に見たり、心は寂しい人であったという視点は、なんとなく安心します。人間離れした冷酷さを持った信長父子が、長可にたまに投げかける情のある言葉は、ほっとさせられます。そんな人物としてこの猛将を評価するのも、いいかもしれない。

 それとなんと言っても、この作家を読んでいて一番印象的なのは、文章です。とくに、話し言葉。
 当時の歴史的な背景、特に鉄砲の使い方とか防弾の方法とか、長篠の戦いの解釈などで、ちょっと自分の思っていたことと違うところもありますが、はっきりした事実を確認できない中ではこんな解釈もありかな、と思います。
 特に、この作家の信長・信忠父子の描き方は好きです。この本を書いて2年後に、さらに煮詰めて「信長と信忠」を書いたのですね。

 「鬼にならねば生きてはいけない。だが、鬼であるだけでも生きてゆけない。私はいったい、どこにいなければならないのだろうか。そなたといると、そのことが、すこし、わかる」  (P134)
  一度だけ、長可は妻、たけに、出がけに訊いたことがある。奥座敷で母恋しさに泣く人質の子供たちに、侍女はつられて落涙することが何度かあったが、たけだけは絶対に涙を見せなかった。
 「なぜだ」
 そうきくと、
 「殿も涙をお見せになりませぬ」
 「もはや私は人ではない。強きに強いが、弱きをも踏みにじっておる」
 「ですが、殿も心で泣いておられます。ここで」
 たけは、具足の上から長可の胸元に指を立てた。
 「ですから、わたくしも、涙は殿と一緒に流すことにきめました」
 「涙は忘れた」
 「思いださせてさしあげます。地獄で、ご一緒に」
 いかにも長可は、極楽とは縁があるまい。
 長可は目指していたとおり鬼になった。ただ、目指したからといって、嬉しくなれるとはかぎらない。
 鬼でいるのは、かなり、かなしい。    (P255)
 (蘭丸、力丸、坊丸の葬儀の席で、臨戦態勢のままの兄に向かって末弟・仙千代が)
 「しかし、蘭丸兄は人をあやめずに城主となりました」
 蘭丸ほどの鋭さはないが、利発で剛胆な弟ではある。だから蘭丸は死んだだろうが、といった長可の反論を待っているのは知れた。
 「能力と可能性を混同するな」
 決して長可は議論は得意ではないが、言うべき言葉は持っている。
 「いかにも、戦国乱世ならば才覚ひとつで生きのびる方策も可能性もあろう。けれども私は、才覚を探す暇もなく槍を手渡されたゆえ、人の生き血をすすり肉を食らい、鬼となって生き延びてきた。それが私の生き方だ。愚かだと笑いたくば笑え。私は家臣たちを守るためなら、喜んで鬼のまま地獄に落ちる」  (P324)
 「殿に、ひとつだけお願いがございます」
 「何だ」
 「今日だけは、泣いてよろしいでしょうか」
 「駄目だ」
 長可は即答した。
 「辛いときには笑え。苦しいときにこそ笑え。運という逆流に棹をさして遡るときに、わざわざ涙という水を増やすこともない」
 「はい」
 「生きて帰還したら、そのときには泣くのを許す。嬉しいときには、溺れるほど涙を流しても構うまい」
 「殿は──」
 「私には肉親の情に包まれる資格はない」
 しばらく、たけは沈黙した。   (P395)
 心に沁みる言葉というものが、あるのですね。この作家の文章は、心に沁みます。  (2011/1/22)
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:S111-004 30 歴史小説・日本史 歴史年表 出版社:小学館
書名:片桐且元   ISBN4-09-379188-0 C0093
  価格:1700Yen ページ数:358P 本のサイズ:135×195HC
初版発行:2000/10/10 購入:2010/4/22  
片桐且元 片桐且元(かたぎり・かつもと)。弘治2年(1556年)〜元和元年5月28日(1615年6月24日)。
 豊臣秀吉の子飼いの将として、賤ヶ岳の七本槍として知られる九人の一人として名を上げる。
 ただし一種の員数合わせのような扱いであり、その後の福島正則や加藤清正らの出世に比較してあまり高い石高は授かっていない。
 秀吉の晩年、嫡子秀頼の守り役に任じられ、羽柴姓を与えられるが、所領は播磨の一万石にとどまった。その後、関ヶ原の戦いでは秀頼と共に中立を守ったことで家康の知遇を得て、家康より直接に大和竜田に2万8千石の所領を得る。
 のちに大阪の陣の前夜、大阪方と江戸幕府、あるいは駿府の大御所である家康との調停役を務めたが、両者の決定的な対立を解消できず、開戦直前に家康方に寝返る。大阪冬の陣の後、夏の陣で豊臣方が敗北した数日後、死亡。死因にはいろいろな説あり。

 こんな経歴の人です。
 歴史小説などでは、概して評判は悪い。
 武将として第一級とはとても言えない。文官としてはまあまあ。外交官としては無能。忠臣と呼ぶのは無理がある。変節漢。三流の人。
 そう評されたら、立つ瀬がない。
 この人を題材にしたのは、作者のいかなる意図があったのか。


 主人公として、作家は飛騨神岡五郎太(ひだ・かみおか・の・ごろうた)という架空の人物を据えました。
 忍びの腕を持った盗賊として、市中や大名の城郭を荒らして回るのを「稼業」にしていた若者です。彼が片桐且元と出会ったのは、慶長19年(1614)2月のこと。いっちょこのでかい城をやったるか、と天守に火を付けてから二の丸に忍び込んだら、皆が血相を変えて火事場に駆けつけたと思ったのに、そこに六尺柄の手槍を携えた老人が立っていたのでした。
 腕に覚えの術で逃げようとすると、あっという間に手もなく取り押さえられてしまう。
 「参った」
 「そんなことは見りゃわかるわい。それよりも聞きたいことがある」
 「何だ」
 「怪我、しとらぬだろうな?」  (P15)
 奇妙な人間的魅力を感じて、彼は大阪惣奉行片桐東市正且元(おおさか・そうぶぎょう・かたぎり・ひがしいちのかみ・かつもと)の配下となったのでした。配下といっても、従者になるのではない。惣奉行直轄の隠密。豊臣の臣下ではなく、片桐且元の手の者。
 東市正(ひがしいちのかみ)とは朝廷の役職で、本来は市場を監督する官庁である市司(いちのつかさ)のうち、左京職を東市司といい、その長を東市正と呼んだのだそうな。位階でいうと正六位相当。ただし且元は従五位下でした。ま、形式的なものですけどね。
 五郎太は、片桐且元にとって自分がどんな存在なのだかよく分からない。わからないというと、且元という人間もよく分からない。
 賤ヶ岳の7本槍の一人として名を上げた武将であり、かつて秀吉の子飼いの臣。現在は、いってみれば豊臣家の筆頭家老であるはず。にもかかわらず大阪城内の且元の邸宅にはあまり人気(ひとけ)もない。つつましい。植木職人として平気で五郎太がずかずか入り込んだり、且元と碁を打って茶飲み話をしたりできるのです。
 やがて市中の女郎屋で五郎太が忍びの者たちに不意に襲われたとき、危ういところを救ったのは往来にいた且元の手槍。何と五郎太を襲ったのは、九度山に蟄居しているはずの真田幸村信繁(さなだ・ゆきむら・のぶしげ)。修理亮の手の者か。修理亮、すなわち大野修理亮治長(おおの・しゅりのすけ・はるなが)。大阪城の執事。大阪城の事実上のあるじである淀殿の乳母、大蔵卿局(おおくらきょうのつぼね)の子。且元の同僚にしてライバル。
 且元は、大阪方から危険視されているのか。
 真田幸村、という名は、正しくは存在しません。彼は死ぬまで信繁でした。これは後世の講談師が、徳川に歯向かった信繁の名を憚ってそう呼んだのが有名になったせいらしい。ま、それはいいけどね。
 また、この真田信繁が忍びの統領であり、本人も上忍として超一流の忍術を備えていたというのは、お話の上でのフィクションでしょうね。
 ついでにいうと、修理亮(しゅりのすけ)とは文字どおり内裏の修理・営繕を行う部署である修理職(しゅりしき)の長。むろん、大野治長がもっこ担ぎの指揮を執ったことなどありませんが。(笑)


 この奇妙な主従が、関ヶ原の戦い(慶長5年・1600年9月)から十数年も経ち、完全に豊臣から徳川の時代になっているこのとき、迫り来る豊臣家の破綻を目の前にして何を考え、何を行ったか。これがこの本の主題。
 メインとなるのは、いわゆる方広寺鐘銘事件ですね。
 右僕射源朝臣家康という文字を、源ノ臣家康ヲ射ルという言葉が隠されているといい、天子萬歳の文字が大檀那豊臣朝臣と同じ高さであるのは不敬だといい、国家安寧とは大御所家康の名を分断しているといい、君臣豊楽豊ヲ君トシテ臣楽シミと読めるという。あきらかに無理無体を押しつけています。これに対する内心汗だくの且元の釈明がすごい。こんな会話があったとしたら面白いですね。

 普通の大阪の陣の歴史ではほとんど見ることのない、ある人物が表に出てきます。織田常真(おだ・じょうしん)。出家する前の名前は、信雄(のぶかつ)。信長の次男。前(さきの)内大臣という地位で、大阪城には食客という立場で住んでいます。取り次ぎさえ雇えぬほど困窮しておりながら、国が買えるほどの茶器を手放さない。一見風流人ですが、腹の中には何があるのか。
 大阪城のあるじは豊臣秀頼。しかし実質上は生母である淀君といわれています。
 その秀頼が宣言します。大阪方に、大阪城に衆参した10万にも及ぶ将兵を采配できる人物はおらぬ、と。
 単なる人形と思われていた彼は、実は最も現実を見つめていたのか。
 しかしそこで淀の方が口をはさむ。ひとりおります、わらわの従兄、織田常真入道信雄どのが。
 
 史実では、片桐且元も、織田信雄も、大阪冬の陣の前夜大阪城を去ります。この本でも、むろんその史実は変えていない。
 しかしそこに至るまでに何があったのか、この本は新しい物語を紡いで見せてくれました。

 描き方は、かかわったすべての人が、賢者も愚者も、みなそれなりに達見を持ち、高い志を持ち、そして失敗もしたし視野も狭かったし愚かでもあった、というスタンスです。なんだか、暖かい視点ですね。こういう視点で人を描く作品って、好きです。

 鐵太郎は歴史上の人物に関して、あまり善悪好悪の感情を持たないようにしていますが、それでもこんなヤツいなければよかったのに、と思う人はいます。この時代では淀君がまず筆頭でしょうか。片桐且元もそれに近いかも。大蔵卿局ごときは、単なる無能な女。
 しかし、少なくとも片桐且元に関しては、こんな視点で見れば嫌う理由はないなと思わせてくれました。
 現実のこの人を見たら、どうかわかりません。すくなくとも、こんな人間離れした武勇を発揮できる人とは思えないけど。

 この人が、秀吉が死んだ後に、なぜこれほどまでに大阪城の人々に憎まれながらも、ついにどうにもならなくなるまで忠誠を尽くそうとしたのかと言う点について、作家はこんな言葉を使います。

 「忠誠とは、領地を受けるとかの反対給付があって始めて成立するものでしょう? 死人に義理を立てて、何が返ってくるんです?」
 「満足」
 「屁のつっぱりにもなりませんね」
 「男には二つの子供がある。一つは女房が生んで育てた子供。もう一つは自分が生んで育てた仕事。子供のためなら死ねる」
 「生きるか死ぬかの戦国乱世なんて、とっくに終わってる。普通に生きて普通に宮仕えをしていれば、普通に俸禄が貰えて普通に天寿を全うできるんですよ。何が面白いのか、手前にはわかりませんねぇ」
 「お前にわからせるために生きているわけではない」
 「でも、思いっきり笑ってさしあげますよ。時代遅れだ、ってね」
 「何万人に笑われても構わない。だが、自分で自分を笑う生き方はしたくない」
 そのとき闇のむこうで梟が、ほう、と鳴いた。  (P127-128)

 そんな解釈もあるよね。そういう解釈ですべての人を語れれば、世の中捨てたもんじゃないのかもしれません。  (2011/2/5)
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:S111-005 30 歴史小説・日本史 出版社:毎日新聞社
書名:金ヶ崎の四人 信長、秀吉、光秀、家康 ISBN978-4-620-10776-9 C0093
  価格:1600Yen ページ数:328P 本のサイズ:130×185SC
初版発行:2012/1/30 購入:2012/10/26 装画:井筒啓之 装幀:NOORTH
金ヶ崎の四人 元亀元年4月28日、太陽暦で1570年6月1日、日本海に面する敦賀湾岸、敦賀。織田信長本陣。
 室町幕府第15代将軍・足利義昭の上洛命令を拒否した越前国守・朝倉義景の討伐にかかった織田信長。そもそもその朝倉家の反抗自体、信長の専横を嫌う足利義昭の焚き付けであることは常識でしたが、それでも信長の意志は揺るがない。
 しかし、同盟を組んだ浅井長政の離反という信じられない事態が判明したのが、この日。

 副題のとおり、スポットが当たるのは四人。織田信長、木下秀吉、明智光秀、そして徳川家康。
 信長最大の危機のひとつであると共に、完璧に行われた撤退戦の見本とも言われる金ヶ関の退き口を舞台にして、鈴木輝一郎はこんな物語を作りました。
 主人公と言っていいのは、徳川家康か。彼の眼で見たこの戦いと四人の人物像が、この本のすべてか。

 まず、「序」 において、急展開するクライマックスが描かれます。信長の盟友中の盟友であり。猜疑心のかたまりのような信長が無条件に信頼した二人の大名のうちのひとり、浅井長政の離反が確認された瞬間。
 その、二人のうちのもう一人である徳川家康が信長の陣幕に入ると、そこにいたのは信長と、わずかな馬廻衆と、織田家中の中で屈指の早耳二人、木下藤吉郎と、明智光秀。
 家康の顔を見るなり、信長は言い捨てる。 「もはやこれまで」
 そもそも家康は、越前朝倉とも北近江浅井とも、なんの怨怨(おんえん)もない。ここにいるのは、織田と徳川の同盟による出兵にすぎないのだ。勝っても負けても、家康にはなにひとつ利することはない。
 三河の地で戦死するならいざ知らず、こんな、何十里と離れた異境の地で敵に包囲されて戦死するわけにはいかない。
 そして、織田は、信長ただ一人の個人的な力量でかろうじて維持しているのだ。
 「俺は、ここで腹を切る」
 信長が、そういった。
 次の瞬間、家康は、明智光秀と、木下秀吉と、目が、あった。
 ──信長を、逃がせ──
 三人の意見が、目で一致した。  (P11)

 このとき、(輝一郎さんの設定上で。以下同じ)家康、29歳。
 本来、戦国時代の武士はあまりたしなまない刀術に長けています。それでなく、馬術、弓術、鉄砲術、そして水泳まで一流の師に教えを請うていたのでした。
 身を守るためと、家中で縁の薄い家臣との、君臣の絆をなんとか確保しようとする必至の演技。
 そして今、その家中と、自分自身の武名、それから自分の命を守るためには、信長との縁を維持する以外にはない。

 信長、37歳。
 小規模な、何百人単位の兵で戦う手腕と、圧倒的な資金力を背景にした大兵力による戦争のプロデュースにかけては、天才。しかし、その間の千単位、万単位の兵を運用する用兵と、戦術の才はない。
 なぜか。それは信長に、組織的行動能力と、人材管理能力と、意志疎通能力の三つが、絶望的なまでに欠けていたから。

 秀吉、34歳。
 草履取りの雑人からその才を愛でた信長に引き上げられ、現在奉行の一人。
 口べたな信長の気質を飲み込み、つねにその先を読むことに専心して今の地位を築いた男。人間的に希な器量人、と家康は評価するけど、今の時点で武将としては下の下。武芸のたしなみはなく、その配下の兵は軍のかたちをなしていない。

 光秀、55、6歳か。
 学者顔、風雅の道にも通じる才人、と家康は見る。しかし同時に、すさまじい猛将でもあるのでした。その兵は、家康を絶句させるほどの高いレベルに訓練されていており、その戦術眼も実戦指揮官としての能力も問題なし。まれにみる武辺ものであることは疑う余地もない。
 そしてその信長への忠誠心は、家康の見るところが、どうやら自身の年齢による自らの未来へのあきらめらしい。

 つまり、信長にたいしてどういう思いをもっているにしても、他の三人は今、信長に死んで貰っては困るのでした。同時に、できれば自分たちも生き延びたい。できるものなら。
 さあ、どうするのか。
 こんな舞台を設定して、輝一郎さんはどう描くのか。

 うむ、題材は面白い。鈴木さんの作り出した人物像も、なかなか鐵太郎のイメージに合う。
 信長が逃亡したときの三人の発した言葉 (P199) などは、吹いちゃいます。いい意味で。
 しかし... 物語が破綻していないか、これ?
 「序」 のシーン、信長を逃がせ、と三人が心を決めるシーンは、物語を語り直して再び後半に出てくるのですが、情景や設定が変わっているのです。ストーリーが変わっているのです。
 これは、変だ。

 そして最後の場面、信長の行動。
 こいつぁ、ちょっと。こんなどんでん返しは、ひどすぎる。
 信長の行動としても、歴史の整合性にしても、あまりにも飛躍しすぎている。
 面白いと思う人もいるかも知れないが、鐵太郎は時代小説としてこう言うのはダメです。

 途中の展開にある無理は、輝一郎ワールドだと言うことでよしとしますが、この最後は不満です。ふう。  (2012/11/9)
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:S111-006 30 歴史小説・日本史 出版社:双葉社
書名:中年宮本武蔵   ISBN4-575-23482-6 C0093
  価格:1700Yen ページ数:320P 本のサイズ:135×195HC
初版発行:2003/10/25 購入:2014/1/19  
「中年宮本武蔵」 鈴木輝一郎 寛永13年1636年というと、宮本 武蔵 玄信(みやもと・むさし・はるのぶ 1584?〜1645)は数えで53歳。「巌流島の決闘」というものが仮にあったとしても、1600年頃とか1612年とかの説をどうとってもそれ以後数十年経っています。その時点では、一通り名は通った剣士ではあっても、どの大名にも仕官しない単なる浪人の武芸者。
 その時代の宮本武蔵を、養子としてその後継者となった宮本 伊織 貞次(みやもと・いおり・さだつぐ 1612〜1678)の視点で描いたのがこの本ですが...
  なんというハチャメチャな時代劇や! (なぜ関西弁?w)

 時代背景はしっかり抑えられています。登場する剣豪たちの無類の強さだけはちょっとアレですがまぁ納得できる。しかしこの物語の武蔵の、なんという強さ。それとともに、なんという傍若無人、無頼、我が儘、奇人変人ぶり。養子伊織のはからいで、一種の隠居道楽のように急襲小倉藩・小笠原家の城下に円明流新免(えんめいりゅうしんめん)道場を建ててもらってそこに客分として住んでいるのですが、覚えの悪い門弟をすぐ殴る。しかも、まともに教えない。
 『何でこんな簡単なことができぬのだ!』 と、左手一本で三尺竹を振り、素振りの風圧でもってその竹を簓(ささら)のように割ってみせ、門弟がそれを出来ないのを怒った。 ・・・簡単じゃないぞ、それは。  (P7)
 門弟が居着かないだけならいいが、逃げた門弟が駆け込んだ柳生新陰流道場や一刀流道場に単身で殴り込みをかけたり、仕合を挑んでくる兵法者を片手であっさり斬り殺したり。おかげで小倉城下では夜盗・空き巣のたぐいが皆無となったのはよいことですが、街のあちこちに武芸者らしき死体がごろごろ転がっているとなると、伊織の立場も安楽ではない。
 当時20代半ばの若さでありながら、宮本伊織はこの小倉藩の中で首席家老という重責を担う身。養父が、いくら名高い伝説の武芸者であっても、こんな乱暴ものではちと困る。
 なぜ若い伊織がこの地位にあるのかというと、血縁関係もありますが、関ヶ原、朝鮮出兵、そして大坂の陣までの戦乱で中堅家臣がごっそり失われたための人材不足。そうであればこその外様の伊織の地位ですから、武蔵の無茶は困る。

 こんな武蔵の元に、新しく賄い役の下女が来ることになります。ここが物語の始まり。
 そもそもこういう武士の元に仕える下女となれば、身のまわりの世話だけではなくお手が付くのは常識。まして宮本家となれば、本人の人格はともかく、名の知れた名家。運良く武蔵の子を宿せばその実家にとっては大儲け。
 問題は武蔵の、人間の食物とは思えないすさまじい食事や糞尿にまみれて平気な人間離れした生活ぶりとか、男色一筋の性生活。最近は年のせいか後者の方はないようですが。
 そして、事件が起きます。登場するのは、柳生十兵衛光巌(やぎゅう・じゅうべえ・みつよし)。そしてその弟子に当たる、荒木又右衛門保知(あらき・またえもん・やすとも)。このお忍びで旅する主従を武蔵が襲い、なんと十兵衛を叩きのめしてしまう。
 道場剣法を、武蔵の実戦経験がぶちこわしたわけですが、このあたりの理屈づけが面白い。鈴木輝一郎さんの面目躍如か。
 武蔵が真剣勝負をしなくなったのは、何のことはない、殺生を嫌ったのではなく、武器としての真剣の限界を痛感したためであった。 ・・・ 間合いを詰め、鍔競り合いに持ち込んでも。刃と刃をこすり合えば、それだけで刃はなまくらになる。打ちつけてくる相手の刀を自分の刀で受けると、実に簡単に折れ曲がり、鞘に収まらなくなる。 ・・・ 結局のところ、武器としての真剣は、あまり使い勝手の良いものではない。一人二人を相手にするのならまだしも、多数の敵に対するのであれば、樫の木剣の方が威力があるのだ。さもなければせめて一間柄の手槍でもって、杖のように穂の根元で打ちつけるか。  (P117)
 ここまではリアルっぽくて面白い。
 しかしこの先の展開は、リアルっぽい土台の上に積み重ねられたハチャメチャな時代劇。
 越中ふんどしの由来とか、肥後熊本の前藩主・細川忠興の介入とか、ちょっと真面目そうなネタの中に次々繰り出されるネタの数々。うーん、笑うしかない。
 この決着は、どこに落ち着くのか。

 たまには、こんな肩の凝らない時代劇もまた、いいかな。  (2014/1/28)
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:S111-007 30 歴史小説・日本史 出版社:竹書房
書名:対決!! 片桐且元 家康 真説大坂の陣 ISBN978-4-8124-8990-1 C0193
竹書房文庫 す6-1 価格:950Yen ページ数:436P 本のサイズ:文庫
初版発行:2014/7/31 購入:2014/7/25 イラストレーション:伊野孝行
カバー・本文デザイン:日下潤一+赤波江春菜
「対決!! 片桐且元 家康」 鈴木輝一郎 読み始めてなんだと思ったら、小学館から出たハードカバーの「片桐且元」とほぼ同じ。でもまぁ、いいか。また輝一郎節を堪能できたんだから。
 あの大坂の陣において、豊臣秀吉の忘れ形見であり後継者である秀頼に誠心誠意つくしながら、時流に合わない浅薄な変節漢と蔑まれた片桐且元(かたぎり・かつもと)が主人公。

 この作家って、馬鹿だけな 人、腹黒いだけの人、卑怯だけの人を描く事は決してしませんね。常にそれぞれの登場人物の、欠点と長所、それなりの正義、それぞれの理想をきちっと語って くれます。片桐且元という人物についてのやりきれない、しかし面白い歴史解合わない釈と共に、あらゆる人の生に意味があったのだと示してくれました。
 そして、端々にきらきら光る言葉をちりばめています。
 いいなあ、こ んなお話。

 「賤ヶ岳の七本槍」の一人という美名でのみ地位を築いた凡庸な武士、というイメージの片桐且元に、武道の腕はずば抜けたものをもちながら政略には疎く、しかし世間の機微には通じた勘のいい初老の男という形をのせます。そこに現れたのは、豊臣家の一員でありながらその勢力が時代の趨勢で衰えてもそれを甘受し、いかにして主家を存続させるかに精力を傾ける真摯なサムライ。
 その目的のためなら、淀君を、あるいは秀頼その人まで暗殺することも否とは思わない剛毅な人。
 狂言回しとして現れる、この且元の隠密である飛騨神岡五郎太(ひだ・かみおか・ごろうた)の口を借りて描く且元の生き様が、素敵。
 ──殿というお方は、つくづく馬鹿な御仁ですね──
 五郎太が存命して天井裏なり床下に侍していれば、そう言って嘲笑したろう。その時の且元の答えは一つ。
 『いかにも、わしは、馬鹿だ』
 と。
 『だが、おのれに恥じて生きる賢者でいるより、誇りをもって死ぬ愚者でいたい』
 ともこたえたであろう。  (P416-417)
 徳川家康率いる19万4千の大軍が、大阪城を包囲した慶長19年11月の前夜のこと。
 
 そりゃあ嘘だろ、と思いつつ、輝一郎節を楽しませてもらいました。  (2014/11/20)
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:S111-008 30 歴史小説・日本史 出版社:毎日新聞社
書名:姉川の四人 信長の逆切れ   ISBN978-4-620-10791-2 C0093
  価格:1600Yen ページ数:352P 本のサイズ:130×185SC
初版発行:2013/8/15 購入:2015/1/2 装画:井筒啓之 装幀:NOORTH
「姉川の四人 信長の逆切れ」 鈴木輝一郎 金ケ崎の撤退戦(1570年4月)で、なんともまァ輝一郎さん的な漫才を披瀝してくれた四人が、舞台をそのあとの姉川の合戦(1570年6月)に移してまた漫才してくれます。
 いやいや、歴史ドラマしてくれる、が正しい日本語なのだけど、漫才みたいに見えるんですよ。
 面白いもの。

 お笑い的で面白い、と言うのとは違う。輝一郎さんの歴史解釈が面白いんですよ。うんうんとうなずけることもあるし、そりゃやり過ぎだよと思うところもあり。そんなこんな、すべてひっくるめて面白い。

 五月、近江から伊勢の桑名に至る間道を馬で通っていた信長を、銃で撃ったものがいました。
 杉谷善住坊、とその名は残ります。その経緯については、いろいろありますが、ともかく彼が信長を狙撃し、激怒した信長の手の者にとらえられて処刑されます。これは、史実。
 しかし、なぜ、は残る。背後には誰がいる、と考えるものもいる。
 信長撃たれると言う報告を持ってきた服部半蔵を前にして、家康は頭をフル回転させます。そして信長を暗殺するとしたら誰か考え、恐るべき結論に。
 「浅井長政は、自分が死んだとしても、密殺や暗殺をするような男ではない」
 「ならば何者が信長様を狙ったのでございましょうや」
 「織田が邪魔で、浅井長政に罪をなすりつけても困らず、千草越に刺客を置ける者」
   ・・・
 家康のことばに、服部半蔵もことの重大さに気がついたらしい。『鬼半蔵』ともよばれる、般若の面によくにた鬼面を蒼白にして家康をみた。
 「お──御屋形・・・」
 おぼえず家康は声を荒げた。
 「わしじゃない!」   (P10-11)
 なるほど、こういう解釈もありか! 思わず手を叩きそうになりました。
 しかし、どうするのか。そこへ現れたのが、金ケ崎の撤退戦でともに戦った木下秀吉。
 信長を狙った銃弾が喰い込んであるじを守った干し餅を供養するから出席あれかし、という。
 「『身代わり餅供養』を考えたのはお前だな、木下」
 「御意にございまする」
 秀吉は、どうだ、と顔に書いて胸を張った。
 ──何を考えとるかわカランときは、たいてい何も考えとらんのだが──
 家康は身構えた。秀吉の真意がわからないのだ。
 ──単純に聞き流すのは無理がある──
 場の空気を読むことだけならば、おそらく木下秀吉は武田信玄を上回っている。
 身分こそ織田の重臣、柴田・丹羽・佐久間・森らに次ぐ奉行格ながら、調略と交渉術は織田随一の男なのだ。
 しかも、秀吉は自分の才覚ひとつでのぼってきたのだ。
   ・・・
 秀吉は、人間どころか、信長の自動車のシフトレバーの歯車のひとつになることから織田での生活をはじめた。そして運転手を経て、いまは後の重役席に座れる立場になった。
   ・・・
 秀吉が有能であることはみとめる。だが、秀吉がこの年になっても、いまだに信長から拳骨で顔面を殴られるという理由も、組んで戦ってよくわかった。
 要するに、この種のことに無駄にさといのだ。  (P13-15)
 この供養の席には、足利義昭将軍の名代として、将軍家と信長の両方に仕えている奇妙な武将、明智光秀も参加しています。
 この男の出自は、木下秀吉より輪をかけて怪しい。
 土岐源氏の末流だといいながら、東美濃衆との交流は聞かない。老齢だと言う事はわかっても、どのくらい年長なのかもわからない。
 才人として名をあげたところはあるにしても、単なる舌先三寸の徒ではない。武功については、個の戦いでも少人数の警備でも大軍を率いた野戦でも、一流と言っていい。文についても、政治的駈け引きにしても統治能力にしても、他の諸将に一歩先んじています。
 苦労人で、一見学者肌で、無類の賭事好き。

 こんな三人が、信長の茶番のような法要に顔を揃えます。しかも、ほかの武将はそれぞれの任地でとどめおかれ、誰も来ない。なんのためにこの三人が。
 そこで三人はぎくりとします。抹香を干し餅に叩きつけて 「許さん!」 と怒鳴り、ぎろりと三人を睨む。
 家康は必死で考えます。
 家康、秀吉、光秀の三人の誰かが信長の命を狙った、と、信長があやしんでいるからこそ、信長は家康たちをあつめたのだ。
  ──信長殿は、どうするつもりなのだ──
 信長は、対人関係をつくりあげるのが絶望的に下手糞な男なのだ。家康のように 『そこそこ信じてそこそこまかせ、そこそこ裏切る覚悟をする』 ということが出来ない。信長の人間関係には、『徹底的に信じる』 『敵』 『道具』のみっつしか存在しない。
 なにより信長は、妥協と我慢をしらない。戦国武将の例に漏れず、信長は苛酷な生き方をしてきた。生母を追放し同母弟を殺し、異母兄に謀反をおこされかけ、暗殺されかけたことも無数にある。だが、それらすべては、もとをただせばすべて信長が好き勝手に生きてきた結果の自業自得なのだ。家康が織田信孝の手の者に誘拐されたのとは事情が違う。  (P31-32)
 信長の拳が高く掲げられ、 「浅井長政を、ぶっ殺す!」 と怒号。
 家康は、いや信長の前の三人は、気づいたのです。
 信長は自分たちを疑っている。しかし、疑いだけで重臣・盟友を処罰は出来ない。とりあえずいまは、怒りの爆発先を前回惨敗した相手の浅井に向けているだけだ。
 では、なんとかして疑いを晴らすためにも、全力で信長の下に結集して浅井長政討伐にむかうしかない。かくして、この四人が再び出陣することに。
 なるほど、ただ信長に引きずられて家康が加勢した戦いという一般的な解釈に対し、こんなシチュエーションもありか。
 浅井勢九千、朝倉の援軍一万から一万五千に対し、織田軍二万八千、徳川五千。士気の面から言っても、野戦に持ち込めば織田連合軍の圧勝になるはず。なにしろ、援軍である朝倉勢には、まったくやる気がなかったから。
 ところが、違う。
 浅井勢は、浅井長政自身の人徳と常人ばなれした身体能力、そして高い士気によってその劣勢をものともしない。
 この激突が、姉川の合戦場で起きます。歴史の示すところに拠れば、勝利したのは織田方。浅井の猛攻を受けて退く織田方を、朝倉勢を蹴散らして回り込んだ徳川勢が救援に入り、潰走させた、というもの。
 しかし、輝一郎節はちょっと違う。
 特異とする華麗な言葉で、新しい歴史を語ってくれます。

 後半、激闘のさなか、織田軍を蹴散らして浅井勢が進軍する横、四町か五町はなれた鉄砲の射程外ですれ違う徳川軍の場面。
 徳川軍には、たまたまですが、光秀と秀吉もいます。ここで家康は迷う。
 この二人、信長の重臣を手土産に浅井に降ることも出来るのではないか。はるか彼方、表情も読めない騎乗の長政が、請うようにこちらを見てる。
 浅井長政が、家康の反応を寛大に受けとめるように、さわやかに微笑むのが家康にははみえた。
 「できるかっ!」
 浅井長政がもっと威圧的だったならば、あるいはもっと嫌な奴だったなら、家康は自分にあれこれ言い訳をしながら信長に見切りをつけられただろう。織田信長と武田信玄にはさまれて今日まで生きてきたのは伊達ではない。高圧的で強権的な人物の扱いはわかっている。
 だが、浅井長政はこのどちらでもなかった。
 カラスは食い殺されぬために鷹に媚びへつらうことができるが,、生き残るために孔雀を崇める屈辱を受け容れられない。天の配剤の不公平を知るには家康は汚れすぎ、浅井長政は華麗すぎた。
 「全軍、転進させよ。浅井長政を討つ」  (P297)
 そして、どうなったか。

 納得できる歴史解釈、人物解釈から始まって、え、と言う展開。おい、という戦国武将の性格付け。
 そしてなぜか家康の前に次々と現れるあの人この人。
 無茶いうない、と言いたいんですか面白い。なるほど、こんな戦国小説もおもしろいね。
 ほとんど仮想戦記の世界に入っちゃっている気がするけど。(笑)  (2015/5/4)
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:S111-009 30 歴史小説・日本史 出版社:毎日新聞社
書名:長篠の四人 信長の難題   ISBN978-4-620-10816-2 C0093
  価格:1600Yen ページ数:320P 本のサイズ:130×185SC
初版発行:2015/9/25 購入:2016/2/17 装画:井筒啓之 装幀:NOORTH
「長篠の四人 信長の難題」 鈴木輝一郎 今度は、天正三年五月十四日、つまり1575年6月22日から始まります。前回の5年後。場所は、岡崎城。長篠城救援のための、織田・徳川の軍議を終えた直後。
 顔をあわせたのは、いつもの四人。この城を支配する徳川家康、その同盟者である織田信長、木下から姓を変えた羽柴秀吉、畿内で後詰めをしているはずの明智光秀。
 ここで信長はさわやかにほほえんで、家康に爆弾を落とします。
 「織田の兵を一人も損ぜずに武田に勝て」  (P7)
 この、信長の無茶ぶりから、物語が始まる。
 でもってこの信長という人は、
 織田信長は他人の顔色を読めないし読まない。他人に自分がどう思われるか、まったく関心がない。ここまで露骨に嫌な顔をされても、まるで気づかないところが唯一の救いといえば救い、と言いたいところだが、それ以外のところでぜんぜん救いがないのだから、救われたことにならない。
 なんといっても。
 織田信長は 「一人も損ずることなく」 どころか、この時点で武田勝頼に勝ったことがないのだ。  (P8)
 どーすればいいのさ。

 で、話ははるか昔、家康が6歳だった頃の信長と秀吉、当時日吉と名乗っていた小物との出会いから、二年前の天正元年(1573)五月から。
 前年の三方ヶ原の戦いで信玄の軍に惨敗した家康は、守りを固めて信玄の撤退を待つ。そして武田勝頼の台頭と、遠江-駿河国境の紛争。名将の名にふさわしい実績を残した信玄の後継者は、父に似合わぬ凡将かと思えばなんと父を越える猛将であったという。
 さぁ、戦史上有名な長篠合戦で、この四人がなにをしやがったのか。

 いやぁ、面白いですなぁ。歴史からその結果はわかっていますが、陰でこういうありえない暗躍が、こんなとんでもない陰謀が、こんなにくだらない名プランがあったのか、と一瞬でも信じられたら、それをなんとも楽しい漫才で語られたら、こんなに面白いものはない。

 ところで輝一郎さんは、信長の嫡男・織田信忠だけでなく、家康の嫡男・信康の才覚にも高い評価を与えているようです。
 「いかにも信康の申す通り、高天神城を勝頼に渡せば当座はしのげるが、肝腎のことを忘れとるのではないか」
 「いかなる」
 高天神城をわたせば勝頼の武田家中での地位は堅固なものになりはすまいか」
 「なりまする。それのどこが問題でございましょうや」
 「敵が強くなるんだぞ」
 「織田信長殿が放置できなくなるほどに武田勝頼が強くなるわけです」
 軍議の席の一同が、息を呑む気配があった。岡崎信康の指摘に意表を突かれたのだ。
 「それにくわえて」
 岡崎信康は、しずかに続けた。
 「勝頼の足元が固まれば、徳川にとっては同盟相手が織田一辺倒ではなく、武田につくこともできるようになりまする」
 軍議に同列している者たちは、おう、と、喉をそっと鳴らして驚嘆した。  (P87-88)
 不穏な、しかしある意味正鵠を射た言葉。織田と徳川の同盟関係は、対等ではなくても、一方的な臣従ではないはず。仮想敵国への防壁として、そして都合の良いときの援軍として使われるだけの存在ではないはず。
 それしか要求されないのであれば、離反をちらつかせて条件闘争をしてみてもいいではないか、という。あの信長相手に。
 ほう、なかなか。
 こんな事があったら、面白いな。

 このとき、武田勝頼率いる武田軍は総数およそ一万五千。徳川方がこれを迎撃できる兵力は、せいぜい八千。今まで二度、武田の来寇にあたって織田に援軍を求めたのですが、色よい対応は行われなかったという経緯もあります。織田がどう対応するか、それによって徳川も立場を考えねば、と。
 重臣、酒井忠次、榊原康政たちは家康に献策します。最後に本多忠勝は家康の問いに答えて、一万の加勢であれば織田方でいようという。根拠は、と問われてこういう。家康の考えはこれに後押しされます。
 「徳川・織田で一万八千あれば、武田勝頼の一万五千はとりあえず長篠から退散させることだけはでき申すゆえ」
 本多忠勝は徳川随一の用兵の名手である。押してよし、引いてよし、率いてよし、みずから突撃することもうまい。
 この三人の言葉で家康の腹は決まった。
 「よかろう。信長殿の援兵が長篠楽城前に到着し、なおかつ一万を越えていれば引き続き織田につく。織田が遅参した場合、あるいは援兵が一万に足らない場合、織田との盟約を破棄して武田勝頼につく」  (P16)
 ああ、これはあり得る。歴史はその方向に行かなかったのですが、陰でこういうやりとりがあったことは、ありえる。
 しかしなんと信長は、今度こそ武田と前面決戦に挑もうと、三万もの大軍を投入してきたのでした。

 で、このまま史実の結果に一気になだれ込むのかというと、そうはいかない。ここは輝一郎ワールドだもの。(笑)
 三千の鉄砲の一斉撃ち方、馬防柵などの虚説も絡めつつ、元の木阿弥、の語源などのトリビアも交え、輝一郎解釈による信長、家康、秀吉、光秀が疾駆し、漫才を交えます。
 どえりゃー面白れぇ。

 「なんでお前らがここにおるんだ」
 羽柴秀吉はあかるく笑った。
 「いやー、上様に 『お前らはおると邪魔だからこっそり徳川様の手伝いに行け』 と」
 「明智、本当はどうなのだ」
 「現状の織田では多くを割けぬゆえ、私と藤吉郎でなんとかしてこい、と 『本國寺(ほんこくじ)()よりは楽だろが』 と」
 難題をあちこちに振りまいている織田信長である。
 とはいえ、明智光秀は少数で守りきる防衛戦の名手である。永禄十二年(1569)正月、京都六条・本國寺において、わずか五十ほどの手勢で、包囲していた三好三人衆二千人の襲撃をしりぞけた。知恵と経験では充分である。
 「信長のお気持ちはありがたいが──それにしても」
 「へえ」
 「戦歴充分で鉄砲術の名手である明智光秀と、圧倒的な情報収集力と土木作業の名手である羽柴秀吉のすごさとを見せつけられたばかりなのに、おまえら二人の安定した不安感が絶大なのはなぜだ」
 「いやー、徳川様に誉めてまうと(もらうと)嬉し...」
 「誉めとらん」
 「いや、お気持ちはわかりますが、徳川様、ここは大船に乗ったつもりで」
 「大船でも漕ぎ手が悪けりゃ敵の港に横付けされる。わしは子どもの頃にそれをやられて懲りた」
 「うまい!」
 「いかにも!」
 家康はなんだか頭痛がしてきた。  (P145)
 まぁ、こんな感じなんですから。

 さて、この次はあるんでしょうか。まさか、「本能寺の四人」じゃないよね。その前に何回かあるよね?
 楽しみなんですが、どうかな?  (2016/6/5)