トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: Z002 ジーノ Zeno
国籍: イギリス? 生没年:?-?
 英国第一空挺団の軍曹として北アフリカ、中部地中海を転戦し、1942年から44年までこの師団の先導部隊である独立パラシュート中隊に所属した。その中隊でアルンヘム奪取作戦に参加。
 戦後作家活動に専念する。
ジーノ
管理番号 書  名 メ  モ
Z002-001 トロイナの橋 WW2中期、シシリー島における特殊作戦
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:Z002-001 21 戦争・戦記小説 出版社:早川書房
書名:トロイナの橋   ISBN なし
原題:The Four Sergeants (1976) 翻訳者:田中昌太郎
ハヤカワ文庫NV221 早川書房1080 価格:380Yen ページ数:322P 本のサイズ:文庫
初版発行:1980/4/15 購入:1980/6/1 表紙イラスト:依光隆
トロイナの橋 1943年8月、アフリカでの戦争が終結し、連合軍はいよいよ、チャーチルがいささか下品に形容した「ヨーロッパの柔らかい下腹」を目指して北上し、シシリー島に上陸しました。
 モントゴメリイ(サー・バーナード・モントゴメリイ 1887-1975 当時英国陸軍大将)による英第8軍はシシリー島の東海岸を北上し、シラクサ港、アウグスタ海軍基地を占領しますが、ヘルマン・ゲーリング装甲師団に食い止められています。パットン(1885-1945 ジョージ・スミス・パットン 当時米国陸軍中将)の米第7軍は首都パレルモを占領したのちまっすぐメッシナを目指しますが、独軍第15機甲師団、第29機甲師団に阻まれます。なかなかにしぶとい。

 この中央部に兵力を集中して独機甲師団を殲滅すると共に、その背後トロイナにある橋を爆破して退路を断つ作戦が考案されました。この作戦を実行するために選ばれたのが、現在アフリカ、チュニスの南に駐屯する英軍第一空挺師団の中の志願兵だけで結成された特殊部隊、特務パラシュート中隊でした。
 この特殊な中隊は200人以上で編成されており、その中にヨーロッパ各地からのユダヤ人が26人含まれ、そのうち20人はドイツ系だったのだそうです。

「トロイナの橋」関係地図 作戦のために選抜されたのは43人。36人の兵と4人の最優秀の軍曹。それと指揮官の将校と従卒、通信兵。4人の軍曹は、それぞれ個性があると共にいつでも士官になれる能力の持ち主。
 指揮官となるのは副中隊長であるピーター・スチルウェル大尉。軍曹たちは、愛国者であるラルフ・ディキンズ、生粋の軍人のボブ・ヒル、近代語の学者フランク・コール、芝居の演出家だったモーリス・ブラック。ブラックはどうやらユダヤ人が嫌いらしい。
 作戦は、シシリー島の中で隠然たる勢力を持つ地元マフィアとの連携が重要となります。彼らは、ナチスに敵対して抵抗組織となって破壊活動をしているようですので、ぜひとも利用したい。しかし彼らは犯罪組織でもある。
 さまざまな軋轢を抱えながら、作戦はスタートします。しかし発動直後、パラシュートで降下した直後、指揮官のスチルウェル大尉が死にます。事故死にしては不審な点がある。事故にあったらしい彼に最後に会ったのが、この将校を指揮官としては無能であると言い放ったヒル軍曹ひとりしかいないとなると、なおさら。
 この、プロフェッショナルな軍人を具現するヒル軍曹が代理指揮官となり、作戦は続行されます。

 先発したコール軍曹が銃撃で重傷を負い、マフィアの中に、身代金を取るために誘拐されたユダヤ系の娘が発見され、話はさらにややこしくなっていきます。そんな中で、ナチスに捕虜にされたら大変な事になるドイツ系ユダヤ人を多く抱えたこの部隊は、どのような方法で任務を果たすのか。
 軍人に徹したヒル軍曹の最後の作戦と、ブラック軍曹の隠された過去などが絡み、事態は二転三転します。

 泥臭い戦い、泥臭い筆致です。普通の単純な、といったら失礼かもしれませんが、普通の戦争冒険小説を期待するとちょっと味わいが違いますね。ヨーロッパの中の人種問題に絡んだ、日本人にはなじみの薄い世界を描いています。
 ファージング・シリーズを読んでいて、ユダヤ人問題に関してこんな話があったと思い出して読み直しました。   (10/12/19)