トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: H015 ジャック・ヒギンズ Higgins, Jack
 国籍: イギリス 生没年:1929/7/27〜
 ニューカッスル・アポン・タイン生れの小説家。本名ヘンリー・パタースン (Henry Paterson) 。
 第二次世界大戦や、イギリス対アイルランドの紛争を題材にした冒険小説を得意とする。
Jack Higgins
管理番号 書  名 メ  モ
H015-007 狐たちの夜 ナチ占領下のジャージイ島で起きた秘密作戦
H015-008 黒の狙撃者 老いたリーアム・デブリンの活躍
H015-009 鷲は舞い降りた(完全版) 「ロマンティックな愚か者」の物語
H015-010 鷲は飛び立った 「鷲は舞い降りた」の続編
H015-012 シバ 謀略の神殿 「シバの女王」の遺跡とナチスの陰謀
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:H015-007 21 戦争・戦記小説 出版社:早川書房
書名:狐たちの夜   ISBN978-4-15-040682-0 C0197
原題:Night of the Fox (1986) 翻訳者:菊池光
ハヤカワ文庫NV682 ヒ1-16 早川文庫3283 価格:620Yen ページ数:389P 本のサイズ:文庫
初版発行:1993/1/31 購入:1993/2/5 表紙イラスト:生頼範義
狐たちの夜 出だしは現代。80年代なかばと思って良いのでしょう。
 「私」ことアラン・ステイシイは、ハーヴァード大学の哲学助教授。アメリカ人。バートランド・ラッセルに、「道徳哲学の分野において最も革新的で天才的な頭脳の持ち主の一人」と評された、ハリイ・マーティノゥという人物の伝記を書いています。
ジャージー島 この私が、彼の遺体が運ばれたジャージイ島に現れたのが話の始め。
 ジャージイ島とは、英国と深い関係にある島ですが、正確には英国領ではない特殊な島です。歴史的にも、イギリスともフランスとも一線を画し、かつて英国を征服したノルマンディー公ウィリアムがこの島を足がかりにしていたところから、英国を征服したのはジャージイ島出身者だ、という冗談も生まれるほど、特殊な歴史を経ています。

 この島に、ハリイ・マーティノゥという人物はなんの関わりがあったのか。
 この人物は、1900年ごろボストン生まれ。ハーヴァードで学び、ハイデルベルクで博士号を取り、ローズ奨学金でオックスフォード大学に学び、ダブリンのトリニティ大学で特別研究員となったのち、38歳でオックスフォード大学で道徳哲学の教授となる。そののちの第2次大戦アラド96 ドイツ空軍練習機勃発と共に大学を去ったという。
 そののち、専門分野の研究を中断したまま、陸軍省から経済戦省に移り、そののちは謎に包まれます。
 公式には、1945年1月に英国空軍の「敵機飛行班」という部門に属して、ドイツ軍のアラド96型練習機の後席に乗って行方不明になったそうです。ここに謎があります。
 通常は英国の管轄下で飛ばした場合、英国国籍マークにするはず。
 しかし、マーティノゥの乗った練習機には、ドイツ国籍マークが付いていた。
 これは、ほんの二週間前にエセックス州の嫉視から発見されたまさにこの飛行機を回収した時に確認されました。これはなぜなのか。
 また、この人物には、1944年1月に、説明なしの叙勲リストにより、殊勲賞を授与されていることもわかります。これは、生半可な功績に対して与えられるものではない。
 彼の遺体が発見された時、身寄りのないその遺体を引き取ることを望んだのは、ジャージイ島に住むドレイトン博士という人物であったそうです。ジャージイ島がドイツ軍から解放されたのは、マーティノゥが死んでから半年のちであり、彼がジャージイ島に行った記録は存在しないのです。しかも、そのドレイトン博士とは、女性。セアラ・ドレイトン博士。
 彼女を訪問した私が見せられたのは、ジャージイ島で撮ったというマーティノゥの写真。さらに驚くべきは、彼女が出してきたマーティノゥのナチス親衛隊の大佐の制服を着た写真。その写真に写っていたドイツ将校団の写真をよく見て、私は息をのみます。
 将校団の前に立つ一人は明らかにマーティノゥ。その横に立つのは、第2次世界大戦でおそらく最もよく知られたドイツ軍人。エルウィン・ロンメル元帥その人。ロンメルがジャージイ島に来た記録も、公式にはない。
 一体これはなんなのか。ハリイ・マーティノゥとはいったい何者だったのか。
 
 ここから始まる、セアラが語る驚くべき歴史。世界大戦の末期、ノルマンディー上陸作戦前夜に起きた不思議な諜報戦の物語です。
 いま、映画で有名になっているヒトラー暗殺計画ワルキューレ(ヴァルキリー)にも少し絡みますが、時期的にはその少し前。連合軍の軍事機密を持った工兵大佐の失踪、ヒトラー暗殺計画グループとロンメル元帥の接触、ジャージイ島における人間模様。
 そこに、ハリイ・マーティノゥはどんな介入をしたのか。そして歴史はどう動いたのか。

 ヒギンズの軍事スリラーは面白いですね。語尾に長音記号「ー」をつけるのがどうしても嫌いな菊池光さんの翻訳も、切れ味が良い。
 現実的にけっこう無理があっても、マクリーンよりはましだし、それなりに面白いかな。特に、彼の描くある種の男たちは、絶品です。
  (09/7/25)
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:H015-008 20 現代冒険小説 出版社:早川書房
書名:黒の狙撃者   ISBN978-4-15-040662-6
原題:Confessional (1985) 翻訳者:菊池光
ハヤカワ文庫NV662 ヒ1-15 早川文庫3187 価格:580Yen ページ数:394P 本のサイズ:文庫
初版発行:1992/6/30 購入:1993/10/1 表紙イラスト:生頼範義
黒の狙撃者 これは、名作「鷲は舞い降りた」で活躍した名脇役、アイルランド人のリーアム・デヴリンを主人公にした物語です。この魅力ある紳士は、当年とって64歳。とりあえず1918年生まれとなっています。
 とりあえず、というのは、他のヒギンズの物語では1908年生まれの設定もあるから。
 アイルランド北部のアルスター地方の生まれで、カトリックの教育を受け、英文学の才能を示す。現在トリニティ大学英文学部教授。しかしむろん、彼の名を高からしめたのはIRA過激派の戦士として、また、英国に対するテロリストとしてのもの。

 なんとその彼に、依頼があったのでした。
 ここ10年以上にわたって、IRAと英国との間の緊張がほぐれた時を狙ったようにテロが起きて要人が暗殺され、騒乱の引き金になっているらしいことが、英国国防情報本部で調査されました。今まで関連性がないと思われてきた歴史の中の事件が、コンピュータシステムによる解析の結果、同一のパターンをあぶり出してみると、一つにつながったのでした。どうやら、長年にわたり英国に騒乱を与えるために何者かが動いていたらしい。どうも、それは一人らしく見える。
 歴史はさかのぼり、1959年、ウクライナの平原に作られたアイルランドの町。ここにアイルランドと全く同じ姿の住民が生活する世界が作られ、そこで西側に潜入する工作員を養成していたのでした。ここで養成されたテロリストの一人がミハイル・ケリイ、あるいは暗号名クークリンというらしい。
 彼が、アイルランドに侵入し、正体を隠して長年にわたりテロ行為を行っていたらしい。
 そこで紆余曲折の末、リーアム・デヴリン氏にその捜索を依頼したい、という。ただならぬ任務ですよ、これは。
 英国情報部とIRAの一時的な共同作戦を指揮してくれ、というもの。

 ここで、クークリンの正体の謎解きがお話のメインになると思ったら、正体は途中であっさり読者にさらけ出されます。
 そして、デブリンと英国情報部との連絡内容が漏れる理由も、読者にはわかってしまうのです。
 だからこの先のサスペンスは、このテロリストの非道な行為の行き着く先と、なんでこいつら気がつかないんだ、とか、なんでこいつらこんな事を簡単にわかっちまうんだ、とかにやきもきさせられることになる。読み手としてはフラストレーションがたまるなぁ。ピアニストの美女が「真実」を知って西側への亡命を決行するところは、意地悪い目で見てしまったのでしょうか、ちと単純すぎるのではないか。
 しかも最後の場面で、この展開とはなぁ。いささかがっかりしました。

 10何年ぶりに読み直したのですが、デブリンの活躍も何となくさえない気がします、この話。残念。

 この本は、最初ハリー・パターソン名義で出版されたそうです。  (09/6/25)
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:H015-009 21 戦争・戦記小説 出版社:早川書房
書名:鷲は舞い降りた(完全版)   ISBN978-4-15-040834-3 C0197
原題:The Eagle Has Landed (1982) 翻訳者:菊池光
ハヤカワ文庫NV834 ヒ1-19 早川文庫4025 価格:966Yen ページ数:574P 本のサイズ:文庫
初版発行:1997/4/15 購入:1997/4/17 表紙イラスト:生頼範義
鷲は舞い降りた(完全版) これは、あまりにも有名な冒険小説です。第二次世界大戦、ヨーロッパの片隅で行われたとされる架空の作戦の顛末を描いたものですが、それ以後の多くの冒険小説及び作家たちに、大きな影響を与えました。
 大なり小なりはあるにしても一般的な悪役でしかなかったナチス・ドイツの軍ですが、彼らは悪魔ばかりではない、中にはこんなロマンティックな愚か者もいたかもしれない、という。
 これは、一人のロマンティックな愚か者と、彼のために戦った、あるいは彼に対して戦ったロマンティックな愚か者たちの物語です。
 かつて1975年にこの本の骨格となる「鷲は舞い降りた」が刊行され、1982年になって登場人物のその後などを補完した「完全版」が刊行されました。これはその「完全版」の方。ハヤカワ文庫より両方とも訳出され、両者を読み比べましたが、やはりこちらの方がいい。

イングランドの中のノーフォーク郡
 出だしは、私ことジャック・ヒギンズが、ノーフォーク郡(左)で歴史のシリーズものを書くための史料集めをするところから始まります。スタドリ・コンスタブル村という小さな村の教会の墓地で、17世紀にこのあたりに葬られた人の墓をさがすうち、不思議なものに出会ったのでした。土まんじゅうに埋め込まれた墓碑石の下に、別な板があり、そこに書かれていたものは、ドイツ語でこんな言葉。
 1943年11月6日に戦死せるクルト・シュタイナ中佐とドイツ落下傘部隊員13名、ここに眠る
 棒立ちになる私。
 イギリスに葬られたドイツ軍人の墓が、ここにあるはずがない。まして、戦死、つまりここで戦闘があったとは。そんなはずがない。そんな記録はない。
 不審に思った私が調べようとすると、教会の神父も村の人々も口をつぐみ、睨みつける。銃さえ突きつける。いったい何があったのか。なぜみながそれを隠したがるのか。
ノーフォーク郡北岸
 スタドリ・コンスタブルという村がどこにあるのかわかりません。ノーフォーク郡の北に向いた海岸のどこかにあるはずです。地形(右地図)を見ればわかるように、この土地は北海にむいており、海を隔ててオランダは目の前にあります。第二次大戦において、ドイツ軍の上陸の恐れがある土地の一つとして、イギリス軍だけでなく土地の人間も警戒に当たっていました。
 しかし1943年になると、戦争の帰趨は徐々にヨーロッパに移り、ここに上陸することなどまず考えられなかったのです。
 国防軍情報部( アプヴェール )の長官であるヴィルヘルム・カナリス提督は、オットー・スコルツェニーのサーカス的なムッソリーニ救出作戦の成功ののち、ヒトラーに冷ややかに言われます。君の組織でもそのくらいの事はできるのではないか、たとえばチャーチルを誘拐することぐらいは、と。
 微妙な力関係にあったヒトラーを取り巻くグループの力関係の中で、カナリスは部下にその作戦の検討をさせます。ヒトラーの気まぐれから始まったこの不可能と思われるアイディア、そのまま流されるはずでした。
 しかし、ドイツのスパイとしてスタドリ・コンスタブル村に住んでいた老婦人ジョウアナ・グレイがもたらした情報が、すべてを一変させます。
 ウィンストン・チャーチルその人が、その村にお忍びで来るのだという。
中央にいるのがユルゲン・シュトロープ少将
 主人公となるのは、クルト・シュタイナ中佐というドイツ軍人。
 ブルターニュ地区司令官であるカール・シュタイナ砲兵少将の一人息子であり、ロンドン、パリで教育を受けたあとで軍人となり、落下傘部隊の英雄となった歴戦の勇者。特攻作戦を成功させ、わずか30数名となった部下と共にワルシャワに帰着したときが1943年4月19日。ワルシャワのゲットーに住むユダヤ人を殲滅せよと言う命令を受けてナチス武装SS(親衛隊)が虐殺を始めた現場に、シュタイナと彼の部下がいたのです。
 唖然としつつも、ナチスの事を知り抜いていた彼らは、傍観せざるを得ない。しかし、隠れていたぼろぼろの服の少女が目の前に飛び出してきたとき、彼女の髪を吊し上げたSSの少佐の襟首をつかんで引きずり倒したのは、シュタイナの手でした。
 少女を逃がしたあと、ふりむいた彼らの前に立ったのは、銃を構えたSSの一隊と、その指揮官であるユルゲン・シュトロープSS少将。
 (実在のナチス軍人です。上写真の中央の男)
 恐怖の一瞬、ここでシュタイナが示したのが、のちに数々の場面で再現される真の「ロマンティックな愚か者」らしさ。
 「・・・ことのついでに伺うが、あなたがここの虐殺を指揮しているシュトロープ少将であろうか?」
 「そうだ、わたしが指揮官だ」
 シュタイナが鼻筋にしわをよせた。「そうではないか、と思っていた。あなたを見てわたしが何を思いだしたか、おわかりか?」
 「いや、中佐。聞かせてもらいたい」
 「どぶの中で時折、靴にくっつくものだ」 シュタイナがいった。「暑い日にはとくに不快なものだ」
 そして、自分の数少なくなった部下が後にいたことを思い出して、
 「彼らは、なぜか、わたしには理解できない理由で、ある種の忠誠心をわたしに抱いているのです。あなたが、わたしだけで満足して、彼らがしたことを見のがしてくれる可能性はないだろうか?」
 「まったくない」 ユルゲン・シュトロープ少将がいった。
 「そうだろうと思った」 シュタイナがいった。「わたしは、つねづね、一目見ただけで犬畜生のような人間の見分けが付くことを、自慢にしているのだ」
 そして彼らは軍法会議にかけられ、即座の処刑は免れるものの自殺的な任務に就かされます。いつ死んでも不思議はない、特攻作戦に近いものです。

 カナリスを飛び越して、直接ヒムラーの指揮下でこの自殺的な作戦を考案することを強制されたのはマックス・ラードル中佐。彼もまた歴戦の勇者で、いまだにその頭脳は健在ですがすっかり健康を害しています。軍人としてなすべき事は果たす男だが、彼なりの道義はは持っている。しかし、この時代ではその自由はない。
 ラードルが義手を差し出した。「これが見えるか、シュタイナ、この目も? このほかにも、人には見えない傷がある。運よくて二年だ。彼らがそういった。おれのためじゃないのだ。妻と娘たちのためにしているのだ。妻子がどんな目に会うか、考えて、夜中に汗びっしょりになって目がさめるのだ。それが、おれがここへ来た理由だ」
 ラードルはこの作戦を成功させるために、もう一人の人物を選びます。英国に潜入してジョウアナの手助けをする人物。アイルランド人のリーアム・デヴリン。1908年7月生まれのテロリストで、この時35才。この男もまた、「ロマンティックな愚か者」。
 「この世は、万能の神様が、頭がどうかしているときに思いついた下手な冗談事にすぎないんだ。わたしはいつも、神様はその朝、たぶん二日酔いだったのだろう、と考えている。」
   ・・・
 「断る理由はないな、中佐。どの道を通って行っても、結局地獄に行き着くことになるのだ。そうだろう?」
 他にも男たちがいます。改装した高速砲艦の指揮官ケーニヒ少尉、第七夜間戦闘航空団のペイター・ゲーリケ大尉。
 連合国側にも男たちがいたし、愚劣な卑劣漢もいた。でもこの話の中では、このドイツ側で戦う「ロマンティックな愚か者」たちの生きざま、死にざまが光ります。軌道が外れてしまったデヴリンのロマンスも、面白いのですがただの付け足しにしか見えません。
 不可能と思われた作戦が、この男たちの懸命な戦いで何とか繋がりかけますが、一人の兵の無私の献身がそれを破綻させます。
 そして、発覚したとき、シュタイナはなんといったか。
 「なにかね、わたしたちが村人全員を人質にして、女たちを先頭に立てて銃を撃ちながら脱出を計る、とでも思っていたのか? 残虐なるドイツ兵、というところかね? ご期待に添えなくて申し訳ない」 振り向いた。「ベッカー、村人を外へ出せ、全員だ」
 そして、少年とのやりとり。
 「彼は勇気のある子供ですよ」 シュタイナがいった。「一瞬のためらいも見せませんでした。すぐさまとび込みました。勇気がなければできないことだし、勇気というのは、いつの夜でもすたれることのない大事なものです」
 男の子が目を丸くして彼を見上げていた。「おじさんはどうしてドイツ人なの?」 彼がきいた。「どうしてぼくたちの側につかないの?」
 シュタイナが声たからかに笑った。「さっ、早く連れて行きなさい」 彼がベティ・ワイルドにいった。「わたしが彼の誘惑に負けないうちに」
 そして、銃を構えた彼らはそこを戦場とし、物語は伝説となりました。

 この続編として、この本では銃弾に倒れで死んだはずのシュタイナがまた活躍する「鷲は飛び立った」が書かれました。
 内容は、(幸運にも)覚えていません。読み直してみたくなりました。   (10/1/5)
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:H015-010 21 戦争・戦記小説 出版社:早川書房
書名:鷲は飛び立った   ISBN978-4-15-040835-1 C0197
原題:The Eagle Has Flown (1991) 翻訳者:菊池光
ハヤカワ文庫NV835 ヒ1-20 早川文庫4026 価格:680Yen ページ数:377P 本のサイズ:文庫
初版発行:1997/4/15 購入:1997/4/23 表紙イラスト:生頼範義
鷲は飛び立った まえがきとして、こんな文章が。
 1943年11月6日、土曜日、午後一時に、SS長官兼警察長官、ハインリッヒ・ヒムラーは、短い電文を受けとった ── <鷲は舞い降りた>。 その意味は、クルト・シュタイナ中佐に指揮された少数のドイツ落下傘部隊員が、IRAのガンマン、リーアム・デヴリンの助けをかりて無事イギリスに降下し、イギリスの首相、ウィンストン・チャーチルが海辺で静かな週末を過ごす予定にしているノーフォークの貴族の邸宅から彼を拉致すべく体制を整えた、ということである。その一日が終わる頃には、スタドリ・コンスタブルにおけるアメリカ軍レインジャー部隊とドイツ兵の凄絶な戦いの結果、任務は失敗に終わった。どうやらリーアム・デヴリンが唯一の生存者であった。クルト・シュタイナに関しては・・・
 物語は「鷲は舞い降りた」の終わったあとから始まるのですが、まずは1975年に飛ばなくてはならない。
 「・・・舞い降りた」を刊行した直後の作者・ジャック・ヒギンズのもとに、アメリカ人らしい小柄な若い女性が現れたのです。うさんくさいものを感じた作者に、彼女は驚くべき事を言う。
 「・・・あなたにとってこの上なく重要な情報を持っているのです」
 「何について?」
 「スタドリ・コンスタブルの後で起こったことです。あなたが知らないことがたくさんあります」
 ある書類の入ったフォールダーを渡されたのでした。載っている名前は、まずドゥガル・マンロウ准将。そしてクルトシュタイナ。リーアム・デヴリン。それから、ある陰謀の、百年間非公開とされた記録。
 そしてその夜、作者の元を警官が尋ねて伝えます。その女性、ルース・コーエン博士が轢き逃げ事故にあったと。作者が彼女の死体を確認に行ったのち帰宅すると、あのフォールダーは彼の家のコーヒー・テーブルから忽然と消えていました。
 作者は最後の期待を込めて、もうたった一人になった関係者に会いに行きます。リーアム・デヴリンに。
 そして作者は、もう一度1943年への旅をすることとなります。
 あのあと、何が起きたのか。生きていたシュタイナは、何をしたのか。デヴリンはどう関わったのか。
 もう一人の人物が現れます。ヴァルター・シェレンベルクSS少将、ヒムラーの配下にあった有能な軍人。彼は何をしたのか。

 この物語には、不満がいくつかあります。
 シュタイナは撃たれたが九死に一生を得て捕虜となった、という設定はそんなに無理はない。
 問題は別にあります。伝説となった物語に、再び埃を払って新しい酒を注ぎ込む。飲むに耐えられるのか。
 残念ながら人物や物語が小粒になった感は否めません。英国側に登場するサブの人物たちが、同じパターンを繰り返してしまっています。
 英国に潜入したまま身分を隠していたスパイたち、デヴリンに惚れる娘、武器・装備を仕入れることができるギャングたちとその裏切り。
鷲は飛び立った
ヴァルター・フリードリヒ・シェレンベルク(Walther Friedrich Schellenberg)
1910〜1952
デジャブか、これは?
 
 しかし後半、物語は急展開を見せます。飛び立った鷲が、ナチス・ドイツの中枢が集まる場所に現れて、驚くべき陰謀を起こします。あるいは、陰謀を防いだともいえます。
 1960年代、1970年代に書かれたこの手の小説なら絶対になかった話が、1991年には書かれたのですね。驚くべきことというべきか。

 小粒になった感じがした物語の中で、右に示した人物、シェレンベルク少将が生き生きと活躍していますね。いい男でしょ? この人物は、SSの高級将校で諜報機関の長でありながら処刑されず、戦後に亡くなっています。こんなナチス軍人もいたのですよ。
 それに引き替え、主人公であるはずのシュタイナの影が薄いですね。
 あ、この人は例の「ワルキューレ作戦」で有名になった片眼のクラウス・フォン・シュタウフェンベルク大佐とは別人です。日本人の目からは名前が似ていて紛らわしいけれどね。

 佐藤大輔の仮想戦記「レッドサン・ブラッククロス」シリーズでは、シェレンベルク少将とシュタウフェンベルク大佐が活躍します。魅力ある人物なのですね。  (09/1/9)
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:H015-012 20 現代冒険小説 出版社:早川書房
書名:シバ 謀略の神殿   ISBN978-4-15-040913-7 C0197
原題:Sheba (1994) 翻訳者:黒坂敏行
ハヤカワ文庫NV913 ヒ1-24 早川文庫4391 価格:600Yen ページ数:291P 本のサイズ:文庫
初版発行:1999/5/15 購入:1999/5/14 表紙イラスト:生頼範義
シバ 謀略の神殿 この作品は、作者ヒギンズが1963年の時(34歳)、ヒュー・マーロウ名義で書いた“Seven Pillars to Hell”に手を加えて、1994年になって新作として発表したものなのだそうです。そのせいかどうかわかりませんが、妙に軽いタッチの冒険小説ですね。
 あ、右の本のオビの文字、「伝説の古代遺跡に隠されたナチス千年王国の野望」という言葉を読むと、ナチス幹部の一部がオカルトに傾倒し、古代の伝説だの聖なる遺物だのを使ってナチスのパワーにしようとしたという、そのテの趣味の御仁には楽しいネタのように思えますね? そう、たとえば映画「インディ・ジョーンズ」シリーズのような。
 ところがね、このオビはまったく見当違いなのですよ。おそらく内容を読まないで作ったのでしょうね。

 紀元前24年、ローマ帝国(ただし初代皇帝アウグストゥスが即位したのは紀元前27年であり、この時期は帝政が始まったばかり)の将軍アエリウス・ガルスは南アラビアに遠征し、砂漠で多くの兵を失って敗退しました。このとき、この軍にアレクシアスという名のギリシャ人の百人隊長がおり、部下たちを失って砂漠から帰還しましたが、砂漠の中で驚くべき遺跡を発見したという記録を残しました。
 なんと、旧約聖書に記されているだけの古代国家シバが存在するという。
 これはその女王がイスラエルのソロモン王(紀元前1035年?〜紀元前925年?)を訪問したというお話で、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教それぞれの聖典の中で有名な物語です。しかし、歴史的には他の史料にその記事はない。
 将軍アレクシアスというのはヒギンズによるも架空の人物です。
 1930年代になって、ドイツ人のムラーという考古学者がアラビアを調査していた際、偶然にこの遺跡を再び発見したのだそうな。

 1939年3月、ドイツ国防軍情報局(アプヴェール)長官であるヴィルヘルム・カナリス提督は、ベルリンの首相官邸に呼び出されます。行ってみるとそこにいたのは第三帝国の総司令官。空軍のゲーリング、陸軍のブラウヒッチュ、海軍のレーダー、そして親衛隊長ヒムラー、外相フォン・リッベントロープ、それからヨードル、カイテル、ハルダーといった陸軍の将星たち。
 ヒトラーは彼らを前に宣言します、半年後の9月1日にドイツはポーランドに攻め入ると。そしてカナリス一人を残して全員退出させたのちに、極秘命令を与えます。その日に、スエズ運河を爆破せよ、方法はまかせると。
 カナリスは補佐官のリッター大尉の進言を受けて、一つの作戦をまとめます。ムラーが発見した遺跡を基地にして、そこからスエズ運河を攻撃する方法を。ムラーは、カナリスを介して総統ヒトラーその人に会見して感激し、愛国心の高揚のままに、この貴重なシバの遺跡を発見した名誉より第三帝国の戦争目的を優先する事を誓います。
 ね、千年王国を作る野望とシバの遺跡は関係ないでしょ? あくまで作戦のための基地の場所なのです。
 本の扉絵にある飛行艇カタリナは、この作戦のために使われるものです。

 さてそこに、登場するのが主人公、ギャヴィン・ケイン。アラビアに巣くうアメリカ人。挫折した元考古学者で、いざとなると密輸でも何でもやる小さな郵便船の船長。彼のもとに謎の美女が現れ、ミセス・カニンガムと名乗る。砂漠に消えた考古学者の夫を捜して欲しいという。
 この夫ジョン・カニンガムの捜索が、このお話のメイン・テーマとなります。
 美しいルース・カニンガムがちょっとヨロメいてお話のヒロインになるのかと思ったら、主人公には別な女がいます。途中から現れるマリー・ペレという25歳の娘。アラブとフランスの混血で、紅海から太平洋にかけて商売を展開しているペレ商会の経営者。ただの知り合いだった彼女がやがて彼に急接近。フム。
 今の基準だと短めの冒険譚は、複雑に絡まったプロットもなく、謎また謎の二重三重の陰謀もなく、シンプルでスリリングな流れのままに一気に展開してフィナーレを迎えます。1970年代くらいまでの冒険小説といったおもむきでしょうか。
 突っ込みどころはあちこちにあるし、消化不良なところは多いけど、本のオビの嘘っぱちを別にして、まぁ気楽に楽しめる一作でした。
 主舞台となると思ったシバの遺跡の扱いが軽いのが残念だけど、所詮キリスト教世界の中でもフィクションとわかる話なのですから、卑弥呼の墓の遺跡のようなものであまり意味はないし、これ以上掘り起こしようがないのでしょうね。

 この話の最初、カナリス提督がヒトラーの命令のままに作戦を進めながら補佐官のリッター大尉につぶやく場面があります。開戦ののちの戦争の流れを予測し、今度の戦争は何をやっても負けだと。
 ヒギンズは「鷲は舞い降りた」の中でも同じようなカナリス提督を描いています。そういうイメージなのでしょうか。
 実際にカナリス提督にこれだけの見識と覚悟があったのかについては、かなり疑問があるのですけどね。わかっていてそんなイメージを抱くのなら、それはそれで面白いかも。  (10/12/11)